• ホーム
  • 働く
  • 昔『新聞配達少年(少女)』だった方〜!

昔『新聞配達少年(少女)』だった方〜!

レス3
(トピ主0
お気に入り1

キャリア・職場

てんさん

私は33歳の女性です。

私の幼い頃の思い出と言えば、兄と母の新聞配達を毎日手伝っていた事です。

私が小2の時、小5の兄が夕刊を、母が朝刊の新聞配達を始めました。

まぁ、貧乏だったんです。でも我が家は明るかった。

お金が無いなら働きましょう、って事で、私も朝夕と半分ずつ分担して手伝いました。私の地元は雪国で、朝も夕方も真っ暗で、吹雪の中でも皆頑張りました。私は子供だったので、配達先の方からお菓子を頂いたり、友達の家に配達して少しお喋りしたり、逆に意地悪な子にはバカにされたり、辛くて面倒だと思った事もあったけど、今は良い思い出です。五年間やりました。

今でも、小学生で新聞配達してる子はいるでしょうか?昔は『新聞少年の日』というのがあって、てっぺんに新聞配達の少年の飾りが付いたトロフィーを兄が頂いたりしました。今もあるのかな?

ユーザーID:2983053308

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数3

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私も

    小学6年の時ですかね、夏休みにディズニーランドに行きたくてその旅費を稼ぐため妹と二人で新聞配達をしました。

    毎朝4時半起きは辛かったですが、新聞屋のおばあちゃんに手作りの袋を作ってもらったりして、嬉しいこともたくさんありました。
    結局高校生になるまで続けましたよ。

    今もいるんですかね?新聞配達少女(少年)。
    初めてお給料を貰った時は物凄く感動しました。
    是非今の子供達にも体験して頂きたいです。

    ユーザーID:4241963075

  • 半年程、やりました!

    中学の時、母が他界し父と突然の二人暮らしになりました。それが、苦痛で苦痛で(笑)
    なるべく家で顔を合わせないように〜と考え、やり始めました。
    私も雪国です。日が暮れるのが早いわ、雪が積もった日は遠回りだわ、一度は猛吹雪の日に遭難しそうになりましたよ。(笑)
    心配した父が、未開の地の足跡をたよりに探しに来てくれました。
    見開き1ページだけの薄い地元紙なので、小脇に抱えて80件配りました。
    たまにチラシが入ると、給料日に数百円プラスされました。
    ああ、あの頃の私って頑張ってたわ〜(笑)

    ユーザーID:2955628281

  • 私もしていました!

    小学3年生から毎朝、新聞配っていました。田舎で、その地域(300世帯ほど)は小学生が新聞を配る風習で、6年生が卒業するときに3年生が引き継ぐのです。(過疎化で子供の数が少ないため、3年生から強制参加・笑)
    朝5時に起きて新聞屋に行き、チラシを挟んで、次の新聞屋に行き、チラシを挟んでいざ配達。雪の日は2時間かけて歩いて配っていました。親の助けは台風の日だけだったかな・・・。物凄く鍛えられました。

    2,30件配って月の給料?駄賃?は5000円弱。当時は大金でしたね。

    現在もあるのでしょうか?私の田舎でももう、大人が配っています。

    ユーザーID:9181452650

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧