医師試験について

レス32
(トピ主0
お気に入り63

キャリア・職場

アーヤ

開いていただいてありがとうございます。
アーヤと申します。
現在医師試験、浪人生の彼氏と結婚の話が出ています。
しかし、医学部にストレートで合格し、成績も上位だったのに
現役で医師試験を落としました。
翌年は病気で、受けられず
今年の2月に受けたのですが、合格しませんでした。
来年も受けるのですが、合格率は年々高い数字なのに、
一般的に浪人生は現役生より不利だと言われていますよね?

何故不利なのでしょうか?
現役生より勉強する時間も多いと思うのですが・・・
彼は「浪人枠」というのがあるのかも・・・と言っていますが(予備校の先生も言っていたらしいです)
試験に現役生と浪人生を差別するような事があるのでしょうか?
私はただ彼の合格点数が足りなかっただけだと思うのですが・・・

こう何度も落ちると、もう受からないのでは・・・
と思っています。

医師試験にお詳しいかた宜しくお願いいたします。

ユーザーID:1692564868

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数32

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 7度目で合格した医師を知っています

    やっと医師になった時、同級生は経験を積んだ先輩医師に。
    でもその七度目の正直医師は、「よ〜、○○!久しぶりだな!」と呼び捨て・タメ口で話しかけてました…。
    医局内で、「あの先生、何か小細工して合格手に入れたんじゃないだろうね〜?」と言われてましたが。
    その医師も、今はもうベテランですけどね。古い話です。

    ユーザーID:7569806735

  • 医師です

    医師10年目です。医師国家試験の合格率は例年90%以上ですので、普通に勉強していれば問題なく合格します。医学部は入学するのは大変ですが、医師になるのはそう難しくはありません。

    一般的には知られてはいませんが医師国家試験には過去問集があります。各種予備校が開催する予想問題の模試も何度もあります。通常は医学部5年生頃より友人達と勉強会を始め、症例を検討しながら疾患毎の知識を深めていきます。友人が周りにいないと独りよがりの知識になってしまいがちです。

    また、試験には禁忌肢とよばれる問題があります。もしも合格点に達していても禁忌肢を踏めば不合格となります。禁忌問題は医学界では非常に常識的な事項であったり、生命に関わる重要な問題です。

    医学の知識は日進月歩ですので浪人されると知らない事も増え不利だと思います。

    医師になられたとしても「国浪生」と聞くと「友達がいなかったのかな」とか「常識的な考えができない人なのかな」とか思ってしまいます。高校卒業後の浪人生は多いですが、国試浪人はごく少数です。彼氏さんが無事に合格できますように。

    ユーザーID:9297925985

  • 医師です。

    浪人枠なんてないと思いますよ。
    ただ、留年も浪人も、癖がつく?みたいです。
    留年・浪人に対しての意識が低くなるというか・・。
    たとえ私立であろうと医学部に合格できる頭があれば、普通に勉強すれば国家試験は合格すると思うんですけどね。
    あと、医師国家試験予備校に通う方々は、ほとんど勉強してない人が多いですよ。学費高いのに。
    当然合格率悪く、浪人枠というのは予備校と浪人生の言い訳としか思えません。
    残念ながらあなたの彼は、実際はあまり勉強していないか、医師の適性を判断する禁忌問題を落としているのではないかと思います。
    何年も浪人生活できていることから考えると、お金持ちのお坊ちゃんでしょうか?
    危機感がないんでしょうね、口で言っているほど。
    まあ、国家試験に合格しさえすれば何浪していようが医師ですが、合格しない限りただの人以下です。いい年して脛かじりで。
    浪人枠という言い訳はとても卑怯だと思います。

    辛口ごめんなさいね。

    ユーザーID:1891440980

  • 答えはひとつ

    そりゃ、勉強が足りないからです。
    浪人のくせに結婚話をするほど浮かれてれば、落ちて当然。
    浪人枠なんてあるわけないでしょ!

    国家試験はとにかく勉強すれば受かるんです。
    受かった人がどれほど勉強したか、彼は解ってないんでしょうね。
    私は昔、主人が受験前の半年はデートなんてしませんでした。
    女どころじゃない、すごい集中力で勉強してました。

    浪人生が「不利」だとすれば、まともな友達が減って
    落ちこぼれの中で安住しちゃうからです。
    右を向いても左を見ても、同じなら自分の不勉強に気がつかない。
    惰性に流されて、ダメになるんですよ。予備校には
    さらに上の浪人もいますよ、たぶん。

    あなたも、獲らぬ狸の皮算用で彼と将来の話なんかしないことです。
    ますます現実逃避や勘違いをさせるだけです。

    ユーザーID:9653619380

  • もう無理かも

    基本的に現役で落ちてしまうと無理だと思います。
    1年目の合格率が90%以上に対して

    2年目の合格率が30%以下
    3年目の合格率が5%以下
    4年目の合格率は…

    っと2年目からは極端に合格率が落ちてしまうと聞きました。
    これは自分で勉強をされている方の話で、
    予備校に通われているのなら少しは違いがあると思いますが、あまり変わらないと思います。

    ユーザーID:7943540072

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • ただ単に、

    >>>彼は「浪人枠」というのがあるのかも・・・と言っていますが(予備校の先生も言っていたらしいです)
    >>>試験に現役生と浪人生を差別するような事があるのでしょうか?
    >>>私はただ彼の合格点数が足りなかっただけだと思うのですが・・・


    国家試験で、現役とか浪人とかの点数以外の要素がある訳がないでしょう?
    医師国家試験ってそんな馬鹿げた馬鹿げた制度でじゃないです。

    一言、『学力不足』それ以外の何物でもないです。

    ユーザーID:3005508735

  • 医学部のレベルが低い

    浪人だから受からないのではなく、もともと通った医学部のレベルが低いのでは有りませんか?

    国公立と有名私大の医学部以外で、何だか聞いた事無く、やたらに入学金の高い私大だと、ストレートで合格してももともとのレベルが低いので、かなり勉強しないと医師免許試験、落ちますね。

    彼氏の通った医学部のレベルと医師免許試験の現役合格率を調べてみては?

    それだけ落ちてるなら、彼氏、医者の適性が無いどころか、その頭脳で患者を診るなんて、失礼ですよ。

    医者の卵だからって飛び付いて、研修医期間が終わって、地方の地域病院勤めで手取り25万円もあれば御の字。もっと少ないかな。主様も働かなければやっていけませんね。

    見切りをつけて、せめて医師免許を持った別の方を探されては?

    ユーザーID:0808597494

  • 在籍した大学によりけりでは?

     受験制限をかける大学とかけない大学がありますから。
    これがどう言う意味かと言うのは他の方が解説してくれると思います。
     
     受験制限をかけないで済む大学なら、1度目を大ミスで落ちても、
    予備校に行かずに2度目でうかります。


    「表面合格率のからくり」です。

    ユーザーID:9875360387

  • お答えします

    トピ主さんの彼は、医師国家試験に3回合格出来なかった、ということですよね。そのうち1回は受けていないとしても・・。

    確かに合格の可能性は低くなります。それはなぜかというと、現役ならではの『勢い』がどんどん減っていくからです。
    現役生の猛勉強の集中力と、がーっと知識が増えていくその勢いで合格を勝ち取るのが一番なのです。
    彼、ものすごい勢いで、猛勉強しているように見えますか?きっと、現役生の頃の集中力は、もう無いでしょう?
    もう何となく知っている知識ばかりを前に、惰性で勉強を続けているのではありませんか?でも、テストでは正解できない。

    知識が追いつかなかった人でも、1回の浪人で合格する人がほとんどを占めます。3回となると正直、かなり厳しいでしょう。

    模擬での成績はいかがですか?70点台位なら、本番の合格は難しいと思った方がよいです。

    浪人枠は聞いたことはありません。医学部受験の際には、年齢も考慮されるというのは聞いたことありますが、もう医学部の教育を受け卒業した人が受ける試験ですから、数回浪人したからといって別枠を設けるというのは
    あり得ないと思います。

    ユーザーID:2190819457

  • 単に点数が足りないだけ

    医師です。
    浪人枠は、聞いたことがありません。
    私が受験した頃は、成績がハガキで送られて来ました。また、合格基準は発表されます。
    さらに、私の時代は全て試験問題は回収されましたが、最近は持って帰れるはずで、自己採点も可能です。解答は予備校が作成するはずです。
    それを突き合わせれば、自分が何点足りなかったか一目瞭然ですよ。
    浪人枠は、言い訳では?

    国試の問題は簡単ですが、勉強しない人と医師として著しく不適格な人は合格できないようにできています。
    私の周囲では、不合格が意外だなという人は2回目で通っています。逆に2回以上落ちる人は、落ちるべくして落ちたという人ばかりです。

    結婚に関してはトピ主さんが決める事ですのでよく考えて下さい。

    ユーザーID:1284368692

  • 医師国家試験

    数年前に医師国家試験を受けたものです。
    合格率はいつも90%程度、現役生に至っては95%というとても広き門です。学年でもトップクラスの成績でありながら、受からないなんてことはほとんどありません。

    浪人枠も存在しません。各項目での正答率で合否が決まります。
    ちゃんと自分の正答率を示したハガキが送られてきますよ。

    ちなみに浪人を重ねるごとに受かりにくくなっていくのは、医学は日々進歩していて5年前の常識が今日の非常識になるからです。特に公衆衛生の分野は変化・改訂が多いです。
    勉強の仕方次第ですが、何年も独学では受かりにくくなってしまうので、予備校(都市部にしかありません)に通うのも一つの手段ですかね…。

    ユーザーID:7741444096

  • 医師ですけど

    医師国家試験は純粋に点数だけです。
    現役、浪人に差をつけるなんて面倒なこと、厚労省の連中がやるとは思えません。単純に6割とればいいだけです。(最近は落としちゃいけない問題とかもできたみたいですが)

    浪人の方がきついってのはモチベーションを維持できない、有り余る時間を有効に使えないってのが大きいのでは?
    まあ、彼女と遊んだり、結婚がどうのなんて考えてる時点で来年も厳しいかも?です。

    ひとつ言えるのは医学部卒業しても国家試験に受かってない人はなんの意味もありません。就職もきついです。結婚するなら受かってからにしましょう。

    ユーザーID:0246773942

  • 浪人だからどうとかはないと思います、、、

    医師国家試験ですと個人の試験結果も合否判定基準も公開されているはずなので浪人だからどうとかはありえないと思います。

    学校にもよるんですが、国家試験を受ける浪人には“国試浪人”と“卒試浪人”の二種類がいますが、合格率で見ると“卒試浪人”のほうが国家試験の合格率は高いです。

    原因は色々あるのでしょうが、年に何回かある卒業試験の勉強をその都度必死にやったうえで国家試験の勉強する人と、年に一回の国家試験の勉強をする人の間で緊張感に違いがあるのではないかと。
    自分が試験を受けたとき、同じ学校出身の国試浪人も一緒でしたが、初めて国家試験受ける人と比べると緩い雰囲気を感じました。

    年に一回の目標のために一年緊張を維持するのは大変ですが、落ちた試験の結果がどうで、何が足りなかったかを検討し、対策を練るのは彼の仕事、“浪人枠”などとほかに逃げ道考えてる暇があったら勉強しろって話です。

    ちなみに合格さえしてしまえば出身大学に入局でもしない限り浪人をとやかく言われることはありませんよ(自分は大学入試一年浪人、在学中留年二回でした)
    彼が頑張ってるなら応援してあげてください。

    ユーザーID:3429561693

  • 医師です

    医師国家試験は合格率90%以上ですので普通に勉強すれば合格します。医学部というところは入るのは難しいですが、出るのは案外簡単です。
    医学部5年生頃より友達と勉強会を開き、過去問題を解きつつ疾患の理解を深めていきます。また、予備校の模擬試験も多数開催されます。

    特殊な問題としては「禁忌問題」でしょうか。禁忌肢を踏めばその他が合格点に達していたとしても不合格になります。禁忌肢の内容は医師として常識的な内容だったり、間違えると生命に関わってくるような問題です。

    医学は日進月歩ですので、国試浪人されると最先端の知識を得るのが難しく不利だと思います。勉強量ではなく内容が重要です。

    「国試浪人」していたと聞くと「一緒に勉強する友達がいなかったのかな」とか「変わり者なのかな」とか思ってしまいます。

    彼氏さんが無事に合格しますように。

    ユーザーID:9297925985

  • 昔の話ですが

    国家試験ですから枠とか無いです。合格点取れていれば必ず合格です。予備校・・・。1年間で数百万〜かかる所でしょう?裕福ですね。

    普通、国試より入試のほうが大変なので医学部に入学できたなら国試は合格できます。
    しかし何年も国試浪人する人はいます。何年たっても合格せずフラフラしている人は数人いました(国立大です)。不思議でしたがやはり勉強不足のようです。
    国試に落ちれば免許も有りませんから次の国試まで1年間ヒマで、ついぐうたらしてしまうそうです。一度勉強しているので次は3〜4ヶ月も勉強すれば合格できるのに、だらけてしまって結局勉強不足のまま受験し、不合格になるようです。そしてそれを繰り返し何浪もします。でもいつか合格してました。元は勉強できる人達ですから。

    確かに「まさかの不合格者」はいます。私の同級生でも普通の真面目な女子学生が不合格で驚きました。でもそういう人は次の国試で合格します。

    結婚となると一念発起して合格するかも。友人(男)は別の国試(医師免より合格率は低い)に2浪していましたが、結婚が決まった途端スパッと合格しました。愛は素晴らしい。
    やる気の問題です。

    ユーザーID:2324364738

  • 浪人枠はありません

    医師国家試験に「浪人枠」はありません.
    そもそも資格試験なので,基準をクリアすれば全員合格でもいいのです.
    アーヤさんのおっしゃる通り,残念ながら点数が足りなかったのだと思います.

    浪人生が不利と言われているのは,主としては「受験生の約80%が受かる試験に落ちる時点で,他人より勉強の効率が悪いから」だと思います.
    もちろん試験は水ものですから,凡ミスで惜しくも落ちてしまった人,体調不良でベストを尽くせなかった人もいるでしょう.が,その人たちにとっては,二回目の試験は不利でも何でもありませんから,気にすることはないと思います.
    但し,人間ですから,同級生みんなが受かる試験に落ちることで,気持ちが落ち込んでしまうことがあるかも知れません.
    また,浪人生になってしまうと,一緒に勉強する仲間が少なかったり,雰囲気がだれてしまったり,最新の動向がわからなくなってしまったりという不利な点もあります.
    予備校に通われているようなので大丈夫だと思いますが,心身の健康に気をつけて,合格されることを祈ります.

    ユーザーID:4108287987

  • 理由はただ一つ

    >彼の合格点数が足りなかっただけ

    落ちた理由は、これだけです。

    合格率についてですが。
    私の通った国立大学では、同級生のほぼ全員が同時に卒業し国家試験を受け、90%以上が合格しました。

    高校時代の親友が通った、あまり名門ではない私立医大は、こんな感じだったそうです。
    先ず一筋縄では進級できないし、卒業できない。
    多くの人が、何度かの留年を乗り越え、やっと卒業して、国家試験を受けられる。

    要するに、国家試験に受かりそうな人しか、卒業させてもらえないわけです。
    となれば、受かりそうな人しか受けていないのだから、当然合格率は高いわけです。
    つまり、その高い合格率の裏には、何度も留年している人が沢山いる、というわけだそうです。

    当の友人も、10年かけて医学部を卒業し、3度目の国家試験で受かりました。

    医学部を卒業して国家試験に受からなければ、潰しがききません。
    次は彼氏さんが無事受かりますように。

    ユーザーID:0429986245

  • 緊張感が足りない? それとも

    予備校に行ってるなら試験の傾向などの情報は入ってくると思うので、情報不足ということはなさそう。
    となると、一つは一発落ち問題にひっかかっているのかな?と思います。
    これは医の倫理に関する問題のため、間違えるようなら医師の資格なしと見なされ、
    どんなに点数が良くても一発で落ちるという問題です。
    もしこれを間違えているようなら、医師として以前に人格に問題があることになるので、
    何度受けても受からないかもしれません。

    もう一つは緊張感の無さ。
    浪人が長くなるほど合格率が下がるのはこのためかなと思います。

    今3浪ですよね?
    統計的に見ると受かる見込みは低いんですが、
    十年越しで受かる人もいるので可能性はゼロではないと思います。
    あとはトピ主さんがどこまで支えてあげられるか、ですよね。
    頑張ってください。

    一つ気になったのが
    >病気で受けられなかった
    ですが、なんの病気だったのでしょう?
    術後で動けなかったのならわかるんですが、発熱程度で受けなかったのなら
    彼氏は医者になっても使い物にならないかもしれません。

    ユーザーID:8629427147

  • 医師です

    11年目の医師です。

    勉強すれば受かります。私は私立であまり成績も良くありませんでした。留年もしませんでしたが、毎年ギリギリでした。
    それでも全く問題無く受かりました。
    かなり勉強しました。

    彼は勉強していないのだと思います。
    勉強すれば必ず受かります。偶然できなくて落ちるのは1回だけです。

    また誰か私立とか国立とかレベルがどうだとか言ってますが、ほとんど関係ないですね。もし偏差値で国家試験の合格率が違うと思うなら調べてみてください。

    有名国立大学が下から3番目とざらにありますから

    ということは、医学部を卒業できる頭があれば合格可能な試験なのです。
    偏差値で人を判断しないようにね

    社会人は結果が命です。
    頑張ったとか寝ずに勉強したとか関係ありません。
    やはり結果で物事を判断します。

    結婚を考えるならちゃんと合格してから。
    医学部卒で国家試験に落ちたら就職先ないですよ。いやあるか。。塾の先生なら雇ってくれるかも。。。。

    ユーザーID:9152181247

  • ぜんぜんオッケー!

    1)浪人枠はありません。資格試験だからです。
      医師不足が叫ばれる中、点数が達している人を落とす意味が
      認定する側にあるかどうかを考えれば明らかです。

    2)結婚するのはオススメです。
      もし医師になれなくても、医学部を卒業している以上
      就職先はあるのでは?

      一方、研修医になれた場合、独身だととんでもなくモテます。
      どんなに性格や容姿に問題があってもです。
      他に女性が出来てしまう可能性が結構あります。
      
      結婚のリスクよりメリットが上回っている
      可能性のほうが高いのでは??

    ユーザーID:4511026715

  • 6年浪人して合格した例も

     医師国家試験には「気合とノリで合格!」みたいなところがあって、浪人すると仲間がいないので不利かもしれません。でも、具体的に考えてみると、そんなに役立つ情報が来るわけでもなく、一人一人が受ける試験ですし、やはり一緒に勉強する人がいないという程度のことかと思います。

     浪人枠は…会場の座席が「浪人席」にされていたりしますが(一般の受験生にはわからないと思いますし、すべての会場で行われているかはわかりません)、合格には関係ないと思います。

     病気ということですが、私の知っている例では、病気で6年浪人した例も。

     それと、合格率は大学によって操作されていますので騙されないようにしてください。合格率が高い=優秀な大学と早とちりする人がいるので、合格できそうにない人は受験させない(進級させない)などして、合格率を上げている大学もあります。もちろん、勉強していて100%ならすばらしいですが、何の操作もしなければ合格率は90〜95%くらいだと思います。

    ユーザーID:7648893670

  • 全く無関係な者ですが

    その理屈だと、大学受験や司法試験などのあらゆる試験は浪人のほうが合格率が高いことになりませんか?でも実際は違いますよね?

    医学部出たって他の仕事についてもいいんじゃないの?

    ユーザーID:3674538379

  • 横レスですが、、、

    あのぉぉ、すいません。

    医学部を卒業されて、何回か国家試験に落ちてしまって、医師免許を得られないという方は
    いらっしゃるのでしょうか?

    自分の意思で、免許はいらない。他業種とか、厚労省等の公務員、研究だけをしたい。という
    人もいらっしゃるかもしれませんが、そういう形じゃなくて、医院を継ぐとか臨床医になりたい
    という希望があるにも関わらず、落ち続ける方はいらっしゃいますか?

    医学部卒で、医師免許を取得されていない方のことに興味あります。

    ユーザーID:5104490796

  • 医師免許とらない人も意外といます

    私が通っていた高校の数学教師が、医学部卒でした。

    (しかも旧帝大の。)

    本人は、「6年間で自分は医師に向いてないことが分かった。だから国家試験は受けていない。」って言ってました。

    そんな例もあるということで。

    ユーザーID:5648628791

  • いますよ

    >kazzさん

    少数ですが、医師免許を取れない人はいます。
    東大医学部だって、合格率は100%ではないですから。

    身内が某国立を出て医師をやっていますが、
    一流の国立大学でも、医師免許が取れずにニート、引きこもりになってしまう
    ケースがごく少数ですがいるようです。

    私大のことは分かりませんが、受験制限(どう見ても受からない学生は最初から受けさせない)かけてる大学もあるくらいですから
    底辺の医学部だと、免許取れない学生も結構いるのでは?と思います。

    ユーザーID:8027682470

  • 独りよがりはダメ

    現役と同じようなめりはりをつけた勉強(ほとんど暗記のみ)をすることです。私の場合、当初は落ちたショックで地に足がつかない状態でしたが、元の同級生が研修してるところなんかに遊びに行って、現場の刺激を受けてモチベーションを維持し、秋ごろまではテキトーに流していましたが、冬にかけて追い込みなんとか合格できました。求められている標準に到達するためには独りよがりは厳禁です。

    ユーザーID:9483900761

  • 勉強不足ですね

    普通は授業などをサボらない限り国試に落ちることは、まず無いです。
    相当遊んでいると落ちます。

    留年は出世などにも不利ですし医局からも弾かれる可能性が高いですね。

    医師でもピンキリなので免許があれば仕事はありますが選ぶほど無いと思いますよ。

    国試験や卒業試験の成績は付いて行きますよ。

    ユーザーID:1477010474

  • いますよ

    慶応大学ですが、何十年も前に卒業して医師ではない職業を選択したけど道楽で毎年受けてるじいさんがいました。
    今も存命か分かりませんがね。

    その人がいるかぎり慶応の合格率は100%にはならないって話でした

    ユーザーID:0246773942

  • 学生はお客さんだから

     大学にとって学生さんはお客さん。授業料や寄付金をちゃんと支払って下さるなら、学力的にやや難があっても入学してくださってかまわないわけです。
     特に今は18才人口が減っていますからね、大学は贅沢を言えません。
     でも国民としては、まともに勉強しない人が医者として仕事をされると困るわけで、国家試験でそういう人を落としてもらっています。
     うまくできています。

     医師国家試験、数年受からないと、どうも落ち癖がつくのか、そのまま受からなくなってしまう人は昔から一定数います。やはり私学に多いようです。

     しかし合格したからといって安心というわけでもありません。
     お医者は一生勉強の必要な仕事です。就職してから、その世界についていけずにやめてしまう人を何人も見ました。特に女性は、専業主婦になる人が多いですね。

    ユーザーID:3887966207

  • 内科医8年目

    たしかに合格率は高いのですが。私個人によってはかなりつらい
    試験勉強でしたよ。コメントされている皆様は、なかなか余裕の
    合格だったようで。凄いですね。

    私も現役合格ですが、浪人覚悟だった大学入試時とは比べ物に
    ならない勉強量だったと思います。

    さて、浪人枠ですが私も聞いたことがありません。
    そして現役生の方が合格率の高い理由ですが、浪人生の方が
    勉強時間が長いとは私は思いません。
    私はこれで受からなかったら、もう私は無理だというくらいには
    現役のときに勉強しましたし、それができた理由は同期と
    朝から夜中まで一緒に勉強していたからです。
    一人では、精神的にもたなかったと思います。


    何浪しても受かる方はいますが。確率は低いでしょうね。

    ユーザーID:6147969716

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧