このまま30代もトップスピードで働きたい。でも。

レス16
お気に入り11
トピ主のみ1

ゆみこ

働く

33歳女性。結婚5年目です。就職して8年、コンサル会社で働いてきました。30代に入った頃から、プロジェクトに抜擢してもらうことが増え、結果も出て、寝食を忘れて仕事に熱中してます。これまで会社に無かった規模の受注を取った日のチームメンバーとの満たされた感じとか病み付きになってます。子供も作らなきゃ…と思いつつ、飲んでるピルをやめられません。来月の出張が終わったら…来月のプレゼンが終わったら…という感じで引き延ばしています。
仕事が充実してるときに妊娠に踏み切った皆様のきっかけを教えていだだけないでしょうか。また、こういう状況を経験し、結果、子供を持たなかった方のご意見も伺いたいと思います。義理の両親に孫を…と思っているし、すぐに妊娠できる訳じゃないと分かっているものの、妊娠、育児期間に一線から離れるのが惜しくて、決心がつきません。
ちなみに彼からピルをやめて欲しいとハッキリと言われたことはありません。仕事に没頭してるのはわかっているので、言い出しにくいのだろうと推測してます。

ユーザーID:1352695388

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 32歳で技術総合職です。

    トピ主さんほどではありませんが、そこそこ仕事に没頭していた者です。
    30で結婚、半年は避妊していましたが、主人と今後について話し合って、避妊するのはやめました。最近は30代で初産は珍しくないとはいえ、生物学的に妊娠出産に適しているのは20代前半。

    いくら医療が進歩しようともこれは変えることはできません。私は仕事も大事ですが、やはり子供が欲しかった(できれば複数)ので。妊娠したら嬉しいし、もし不妊だったら早めに対策ができし、それでも子供ができなければ仕事を頑張って、夫婦二人の生活を満喫すればいいよねという結論です。

    その後子作りをして運よくすぐに授かることができ、もうすぐ出産予定です。
    産休・育休が取れる会社に就職できたのは本当によかったと思います。キャリアは止まりますが、働く場が残っているのはありがたいです。今後子育てとの
    両立していくことで違った働き方を模索できればと思っています。

    まあまだ産まれてないのでまずは無事に産むことからですが。
    要はトピ主さんが子供がほしいか欲しくないかだと思います。

    ユーザーID:3163644696

  • 残念ですが

    男は子供を産めません。
    私も結婚して3年、子供はほしくはありませんでした。
    はっきりいって子供きらいでした。

    それが子供出来てから人生かわりました。経済的にはきつく
    なりましたがそれを上回る幸せをもらいました。

    カミサンのけなげな不妊治療のおかげです。

    二人の男の子は高校生になってもいまだにカミサン大好きですよ。
    悔しいです。こんなに大好きなのに。

    男に生まれてきた事が残念です。

    ちなみに私の職場は2/3が女性ですが皆さん何回も出産して復帰
    してますよ。それが働く女性のステータスのように。

    ユーザーID:1236404070

  • 良いときも悪いときも

    20代後半、結婚と同時に責任ある仕事を任されたものの
    半年後に妊娠し、途中で降りたという経験があります。

    私の場合は舅が病気で余命宣告を受けていたため
    孫を見せることが嫁としての急務だったので、迷いはあまりありませんでしたが。
    それでも妊娠が分かったときは、やっぱりショックでしたね。
    仕事にやりがいを感じていましたし。
    やっと巡ってきたチャンスだったので。

    現在、二人の子どもは小学校高学年になりました。
    子育てと仕事の両立を約10年間やってきた中で感じたことは
    確かにとても大変だし、仕事が中途半端になってしまう時期もある・・・
    だけど仕事はうまくいく時ばかりじゃなく、自分の意志や頑張りとは無関係に
    トラブルに巻き込まれたり、うまくいかなくなる時期があります。
    そういう時、心の支えになってくれたのは家族でした。
    特に子どもの存在は大きかったと感じます。

    仕事をどんなに頑張ったとしても、職場では所詮、歯車の一つに過ぎません。
    でも家庭の中で母親って、換えのきかない存在です。
    そして妊娠は、自分の思い通りには行きません。ご忠告まで。

    ユーザーID:7447614103

  • やりたいだけ仕事をすればいい

    今妊娠しても(すぐに出来るかは別として)仕事内容がかわることはトピ主さんのストレスになるのでは?

    子どもと仕事を天秤に掛けている時点で「子どもがいなければもっと仕事出来たのにな」と思うのは確実。

    子どもは授かり物ですから、仕事のように自分のイメージ通りに出来ませんし子育ても予定を崩されてばかりです。気づいたら妊娠しにくい体になっているかもしれませんが。←私はそうだった

    今のトピ主様はまだ仕事しか出来ないと思います。子育ては難しいです。

    ユーザーID:2527117842

  • 36歳医療技術職です。

    33歳で結婚するまで、とにかく仕事は十分過ぎるほど頑張っていましたので迷い無くすぐに子供を作りました。
    運よくすぐに妊娠できて、結婚1周年記念日が娘の誕生日です。
    子育てには体力が必要ですし、仕事復帰にはなおのことです。
    復帰に困らないスキルと体力があるうちに出産されることを経験者としてオススメします。
    年齢が上がる程、実際に妊娠中や出産のリスクは上がります。
    病気ではないですが、私は前置胎盤で4ヶ月安静でした。
    現在は育休から復帰し、自宅近くの職場に転職(キャリアアップ)も果たし、フルタイムで働いています。
    これも主人の協力があってこそです。
    保育園の問題もあるので二人目はもう少し後ですが、40歳前には産むつもりなので、今は職場での地位確立に努めています。
    ご夫婦のライフプラン、きちんと話し合われた方が良いのでは?
    いつでもできる、とは思わない方がいいですよ。

    ユーザーID:9881561859

  • 人生長い目で見てね

    子持ちです。長年仕事をセーブして頭を下げて働いてきました。
    来年には下の子供が中学生になるので、自分の中での仕事の割合が増え
    るのだろうなあ、とは思っています。

    トピ主さんがよければどちらでもいいと思うんですが、出産のタイム
    リミットは迫りつつありますよね。

    今月来月の仕事じゃなくて、10年先、20年先のご自分の人生を
    考えてみてください。
    このまま夫婦2人で楽しく仕事できていればそれでヨシ!と思えれば
    それでいいと思います。
    どちらかと言えば仕事の方に背中を押して欲しそうに見えるので
    そうレスします。

    私ですか?
    子供に出会えたことは自分の人生で一番素敵なことだったと思っています。
    仕事は自分がいなくても回りますけど、お母さんは世界でただ一人ですしね。

    ユーザーID:7627346217

  • 気持ちわかります、が

    私も会社での評価があがってこれからというとき30歳で妊娠しました。
    ようやく掴んだ担当は他の人のものになりました。
    当時は本当に悔しかったです。

    仕事をしたかったのにどうして避妊してなかったのかというと、
    当時子どもを積極的に欲しいとは思ってはいなかったけどそもそも私が妊娠しづらい体だったし、歳をとると更に妊娠しづらくなるし、それでも子どもはいつかは欲しいと思っていたからです。
    いつか子どもが欲しいなら、まずは自然に任せて子どもが来てくれたときに考えようと思っていました。
    結婚してから1年経ってました。
    今思うと30歳だったからできた考えだと思います。
    私は今34歳。学生時代の友達には主さんのように仕事に没頭している人が多いのですが、今第一子出産ブームです。
    そしてみんな産後復帰予定です。

    確かに子どもができてからは、仕事は妊娠前と同じペースではできません。
    でも、仕事ができない訳ではありません。
    同時に、今では子育てほど建設的な社会参加はないのではすら思います。
    仕事も子育てもどちらも楽しいです。我が家に来てくれた息子に感謝。

    主さんはまずは彼の正直な気持ちを聞いてみては?!

    ユーザーID:9059446210

  • トピ主です

    皆様、コメントありがとうございました。ひとつひとつ有り難く拝見しました。
    皆様、やはり妊娠に踏み切るときにはひとつ覚悟を持たれて進まれているのですね。
    私はやはりまだ仕事に未練があるうちは時期尚早なのかなぁと思いました。
    自分が産む性では無かったらなぁ。妊娠、出産の負担のない男性が羨ましいです。私も平均的イクメンなら頑張れる範囲なのに。悔しいです。

    ユーザーID:1352695388

  • ダンナさんと話し合わないとだめですよ。

    推測じゃなくて、ダンナさんと話合わないと。
    主さんが子供が出来ない年齢になってから若い女に乗り換えられても遅いですよ。

    私自身は妊娠ではなくてギア全開→結婚だったのですが、ある日フト「結婚してみるべ」と思ったんですよね、なぜか。月半分は海外、月半分は午前様だったので結婚は考えてなかったんですが。
    で、結婚して海外移住し、会社は変わったものの同業界でギア全開で仕事をしてました。夫との話し合いで不妊治療はしない、仕事は続けて自然妊娠したら考える、ということで落ち着きました。
    その後妊娠し、ギア半開・部署移動し、第二子妊娠中ですが経過が悪く半年以上入院中です。自分・子供の経過によっては退職ですが今のところ休職扱いです。。。。ギア全開に戻れたとしても数年後ですね。
    今は子供にギア全開なのでそういう人生もありかな〜と思います。

    子供を産むのは女性の権利ですが子供を持つ持たないは夫婦の権利なのでダンナさんと腹をわって話すことをお勧めします。
    もし彼が子供が欲しいと思っているなら手遅れにならないうちに子作り始めた方がいいです。
    彼に去られてもいいのならまあいいですけど・・

    ユーザーID:4018099524

  • レス見ましたが

    同じHNの方がおられますが、ひよこマークののんたんです。
    女性であることが悔しいのですか?
    もしそうなら無理に産まなくても良いと思いますよ。負担に感じながら産み育てた子供が幸せかはわかりませんから。
    ただ、共働き12年さんがおっしゃっているように、会社員は所詮一つの駒に過ぎません。何時だって変わりは効くのです。
    仕事が上手く行っていて評価の高い時の方が、ブランクがあっても復帰しやすいのではないですか?
    それに、出産の経験は女性にしか出来ない特権です。私自身は産後の物事の見方や考え方が仕事の幅も広げてくれました。
    悪い事(負担)ばかりではありませんよ。
    まあ個人の価値観の違いでしょうが、私は仕事以前に家庭ありきだと思うのですが、主様はいかがでしょうか?

    ユーザーID:9881561859

  • わかる

    分かりますよ。
    赤ちゃんを授かるとき…同じ人間なのに、片や仕事を休むことなく、片や仕事を休まないと子供を授かることはできない。
    得られる結果は同じなのに、犠牲になるのは片一方。

    仮に育休を夫がとるとしても産前産後はお休みですしね、男性が育休をとるのは現実難しいでしょうから…。

    不公平感はありますよね。

    産む性に生れついた故の喜びもあれば苦しみもある。
    今は、苦しみしか目が向きませんね。

    実際、産前産後、育休だけでなく、場合によっては初期の段階から安静=休暇が必要になる場合もあります。

    仕事に生き甲斐を見出だすタイプの人が妊娠を躊躇するのはよく分かります。

    これは人生設計ですから、やはり旦那様とよくよく話し合ってください。
    どちらにせよパートナーの理解と協力は欠かせませんから。

    私も仕事人間でしたが、妊娠で仕事が出来ない状態でした。
    キャリアも今のところ諦めています。

    おまけに自分の時間なんて母にはありません。

    けど、やっぱり可愛いですよ。

    ユーザーID:0416243493

  • トピ主夫の気持ちは?

    将来の家族設計って、夫婦で話し合うものだと思うのですが違いますか?
    トピ主さんは今仕事が楽しいから、まだ待ってほしいというのはいいと思うんです。でもそれを話し合わないのはちょっと違うんではないかと思います。他の方もおっしゃっていますが「いいらしにくいのだろうと推測」してるのであったら、きちんと話し合うべきだと思いますよ。

    ちなみに、男性でも育児休業は法律上とることができます。育児休業給付金ももらえます。妊娠中の調子が良ければ、臨月まで働き、産後は6週間産休(8週間取れますが、法律では6週間は勤務させてはいけないとなっています
    )、育休を取らずに復帰ということもできないことはないですよ。夫もしくは近くにいればご両親の協力は不可欠ですが。

    現状の日本では、キャリアを考えると女性の方がどうしても負担が大きいのはいたしかたないのが残念ですね。それで子供をあきらめる人が多い現状が勿体ないです。

    ユーザーID:3163644696

  • いいと

    良いと思いますよ、ただリスクマネジメントは必要かと、それに伴う事への覚悟は必要だと思います。

    ・子供がいない事での冷え込み、いずれ仕事が下火になってきた年齢での虚無感、自分が欲しくなっちゃったけど出来ない体への不満 等。

    ・同じ様な人でコンサルを結婚で中断して、会社で重要案件任されなくなって病んでやめて、その後ブログを書き続けて、講演を依頼されて、自社を立ち上げて成功した人いましたね。
    スキルがあれば会社での自分にこだわらなくてもいい気がするのですが?それにアスリートでも出産復帰する時代ですから、直前までやっていればそんなにブランクは無いかと、ただご主人や機関、両親とうのサポートで復帰した後の就業時間を確保する準備は必要だと思いますが。

    ユーザーID:8409554256

  • 全く同じ状況でした。(現在、もうすぐ二児の母)

    3年ほど前、笑っちゃうくらいトピ主さんと同じ状況・心境でした。
    33歳、結婚5年目、楽しくて仕方ない責任ある仕事、、、

    はっきり言って、リミットなどなければまだ子どもなんて全く欲しくありませんでした。幸い、夫の両親は理解あるし、夫とは仲が良く趣味も同じで、共働きなのでお金にも困っていないという、これほど楽しいディンクス時代もないわけで(笑)。
    私の場合、きっかけは一重に「リミット」でしたね。
    35歳までには産まなくてはと自分の中で思っていたので、考えなくてはいけない年齢でした。

    結果からすると、33歳から子作りを始めたはいいがなかなか出来ず、また何度か流産を経てどんどん焦り出しました。まだ欲しくないと思っていたのに、厳しい現状を知ると狂ったように欲しくなる勝手な自分がいました。
    その後、息子を出産し、今は第二子妊娠中で、来年また職場復帰の予定です。

    ひとつだけ言えるのは、仕事は才能とやる気があれば復帰できます。ですが、妊娠はある程度の若さがないと出来なくなります。残念で残酷なことですが、これは事実です。
    これをふまえて、トピ主さんの後悔しない選択をしてください。応援します!

    ユーザーID:2990365224

  • 一番のってるときにこそ、決断が必要です。

    妊娠出産や転職といった人生最大の決断は、のってるときこそ躊躇するものです。

    一番のっている時って、一つのサイクルの中ではピークであることが後で振り返ってわかるものです。

    たぶん、2,3年後に。

    それから妊娠に踏み切ったとして、良い結果を得られればいいのですが、人生は思うように行かないものです。時間をかければ、得られるものを、みすみす時間を無駄にするような結果に終わりがちです。

    私は、会社が最高利益を上げ続けているときに大企業から小企業に転職しました。今では、その大企業は不況に苦しみ、私は小企業ながら日本の代表として安定した人生を歩んでいます。落ち目になった会社の従業員は転職も至難の技です。

    今が人生のピークと考えて、決断すべきです。

    ピークはあっという間に過ぎ去り、つかの間のわが世の春が終わり、長い冬を耐え忍ばねばなりません。

    そのためのリスクヘッジは良いときに考えるものです。

    子供を持つということは、人生においては負担ですが、その何倍もの幸せをもたらしてくれたと思います。

    ユーザーID:3004894685

  • 仕事なんて働きたい人がすればいい

     30代1歳の子供あり兼業主夫(WF)です。

     子供、欲しいんですか?
     仕事に注力したいというのと子供が欲しいというの、どちらが優先度が高いですか?

     私は仕事が大嫌いですので一線から離れたいと思った事はありません。むしろ仕事なんか1日も早く辞めたいです。妻も同意見。
     子供は欲しかったので一生懸命つくりました。できた時は夫婦して大喜びでした。現在1歳。かわいくて仕方ないです。


     仕事が好きで仕方ないなら子供は諦める事です。


     自分で子育てするとなると仕事は制限せざるを得ないでしょう。正確にはオーバーワークは無理でしょう。
     私は上述のように仕事が嫌いなので、育児への参加を理由に仕事はセーブしています。もし、仕事を中心に生きていきたいなら子供は考えませんでした。

     自分で何をどうしたいのか。そんなもんは自分で考えるもんです。

     トピ主が自分とパートナーにとってベストの選択をされる事を願います。

    ユーザーID:1902676980

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧