流産処置後の主治医の一言(長文失礼します)。

レス4
お気に入り4
トピ主のみ0

クッキーママ

子供

もうすぐ2歳になる子供の母です。

待望の第二子を授かって、お腹の中の子供との一体感を楽しみにしていた9週の頃の健診で、心拍停止が分かり、稽留流産と診断されました。
11週の頃に予定された子宮内容除去術(掻爬)までに自然流産も待っていましたが、なんの兆候もなかったので、予定通り入院手術となりました。
もともと私は心配性であり、自分では社会不安障害かなぁなんて思っているのですが(周りに言うと驚かれます)、手術の処置をしてくれた主治医の言葉について皆さんならどう思われるかなと思って、トピを作成させて頂きました。

流産と診断された時は現実味がなく涙が出なかったのですが、そこでのクリニックの指示で、分娩予定だった総合病院で再度受診して、主治医から手術の内容を聞いた時に静かに涙がこぼれました。大泣きしたい気持ちは我慢していました。
そして入院後に既に子宮を広げる処置をした後、同じ主治医から手術の詳しい説明やリスクを聞いた時に、処置には掻爬と吸引の2種類があるが、この病院では掻爬はやりません。吸引の機械はここにはありませんし、と話を聞いた時に、勉強不足でもありましたが、2種類あったことを初めて聞き、もっと自分で納得してから病院を受診すれば良かったと後悔しました。でも先生に詳しく話を聞き、納得出来たので、お願いすることにしたのですが、短い時間で悩んだ動揺で涙が出ました。

そんな私を主治医は「心配症ですか?」と。「初めての経験ですし、処置のリスクを考えると心配になります」と答えたのですが、無事手術が終わった退院診察でまた「心配症ですか?損をすること多くないですか?」と。「楽観的な方もいますから」とも。なんでそんなことを言われなくちゃいけないのか、主治医の人間性を疑いました。流産という悲しい現実を受け入れている時にいう言葉でしょうか。

ユーザーID:7156679611

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数4

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 居ます居ます

    心無い医者が居るのは事実です。
    医者も一人の人間ですからね。
    その医者の事を周りに聞いても人格の問題なので答えにはならないと思います。

    まず、心配症と聞く時点でおかしい医者という事は明白です。

    ユーザーID:0157867134

  • 産婦人科は当たりハズレが大きいですよね・・・

    そんな病院イヤですね。本当に悲しい。

    私は二度流産していますが、最初の病院の対応は最低でした。
    医者からは「赤ちゃん死んでるね」と言われ動揺して廊下で泣いてしまったのですが、それを見た事務員からは「泣くなんて迷惑〜」と言われました。
    会計では「これで終わりですのでお帰りください」と言われ追い出されるように病院を出ました。

    手術当日は「これであなたの出産はなくなりましたね」と言われ頭の中が真っ白になりました。

    今でも根に持っているし、地域のコミュニティサイトに病院名をあげて対応の悪さを書き込みたいくらいだったけど、逆恨みが怖いので特に何もしませんでした。

    でも、知り合いには止めた方がいいよと強くアドバイスしています。

    次の病院は本当に親切で今でも感謝しています。流産を告げる先生は気を使ってくれ
    「妊娠できたんだから、あとは育てる環境を整えるだけだから、
     流産の原因を調べることもできるし、希望なら大学病院も紹介できるから」
    と励ましてくれ、別室をあけてくれて泣き止むまで看護師さんが付き添ってくれました。
    これが普通の対応だと思いますよ。

    ユーザーID:6245201179

  • 私も流産したとき‥

    医師や看護師さんは大変気遣ってくれてありがたかったのですが、処方された薬をもらいに行った病院隣の薬局の薬剤師に「諦めたんですかー?」と中絶であるような前提で言われて心底傷つきました。その時は呆然としてしまいましたが、今度見かけたら殴りかかってしまいそう(笑)

    幸い数ヶ月で再び妊娠できましたよ!トピ主さんもお身体お大事に。

    ユーザーID:3834236335

  • それはちょっとひどい

    こんにちは

    私も二人目が欲しいのですが、二回連続で流産してしまいました・・・

    本当にショックで、心拍が止まったと聞かされた時には、お医者さんの前で泣いてしまいました

    その時のお医者さんは最初の流産の時も見てくれたので、とても優しく、「受精の時にきちんと合わさらなきゃいけないのに、何かがずれちゃっただけだから、どうかあんまり心配しないで」と言ってくれました

    本当に悲しくつらい時って、お医者さんの言葉にすがりつくような気持になりますよね、そんな時にそんな「心配性ですか?」なんて・・・

    どうかお互い悲しみを早く克服して、今度こそ元気に妊娠・出産できるようになりたいですね

    ユーザーID:4757959849

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧