面白いオムニバス作品を教えてください

レス13
(トピ主1
お気に入り12

趣味・教育・教養

まめまめ

面白いオムニバス(?)作品を教えてください。

私は……
漫画はくらもちふさこが大好きです。
映画はブライアン=デ=パルマが好きです。
「キサラギ」と「運命じゃない人」は最高でした。
「パルプ・フィクション」も好き。
小説は「阪急電車」は読了しました。
海堂尊もときどき読みます。

正確に言うと、「オムニバス」じゃないのかもしれないのですが、
いろいろなところにリンクしていたり、
ストーリーの構成が立体的な感じのものが大好きです。

こんな私に、皆さんのおすすめを教えてくださいませ。

ユーザーID:5983574877

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • タランティーノつながりで

    「FOUR ROOMS」という映画をおすすめします。
    4話からなるオムニバス映画です。
    確か4話目がタランティーノ作品だったはず。
    ホテルのベルボーイが4話に共通して出演しております。
    たしかティム・ロスが演じていましした。
    おもしろいですよ。

    ユーザーID:8811238868

  • 地味ですが

    木内昇さんの「茗荷谷の猫」がとても良かったです。
    ソメイヨシノを生んだ植木職人、映画監督を夢見る男・・・江戸時代から昭和の東京を舞台に一見何の関連もないようで、一軒の家が関わり合ってたり、あちらとこちらがつながってたり・・・・そんな連作短編集です。
    派手さはないですがとても味わい深い小説集でした。

    私としてはあまり読後感は良くなかったんですが、好きな人は多いと思われるのが伊坂幸太郎さんの「グラスホッパー」
    「押し屋」「自殺させ屋」などダークな人種が出てきてそれぞれの話を語るのですが、それがラストに向かって集約されて意外な展開を見せます。
    ダークな世界、グロテスクな描写もあったりしてちょっとげんなりしましたが、別々に見えていた物が一つに集約していく爽快感がありました。
    伊坂作品は登場人物が他の作品にも出てくるとか。
    そういう楽しみ方もあるそうです。

    ユーザーID:9625111989

  • 私も好きです!

    有名処の『ラブアクチュアリー』
    類似作品?の『バレンタインデー』『ノエル』

    立体的では無いかもですが…短な作品の寄せ集めの『ニューヨークアイラブユー』
    (岩井俊二監督とナタリーポートマン監督の話しが個人的に大好きです!)

    『クラッシュ』
    一つの交通事故に絡むいろんな人間模様。全てがハッピーエンドでは無いですが感動的でした。


    小説では…
    伊坂幸太郎の『ラッシュライフ』
    同時並行のバラバラな話が最後に一気に集約される話だったような…。
    すごく面白かったです。

    アニメ『秒速五センチメートル』

    既にご存知なものばかりかもしれませんが。

    ユーザーID:7630298496

  • 私も

    くらもちふさこ、ブライアン・デ・パルマ、内田けんじ作品大好きです


    最近見た『40』という映画、時間軸が交錯するサスペンスで面白かったです
    イスタンブールを舞台に3人の数日間の人生が大金に絡んで交錯します


    本で思い出したのがミュリエル・バルベリ著『優雅なハリネズミ』
    自殺願望のある12歳の天才少女と高級アパルトマンの管理人の未亡人女性のそれぞれの独り言が交互に綴られていきますが(それぞれ印刷の字体も違うのがユニークでした) それぞれの世界が一人の男性を通して一つになります


    内田けんじ作品は『ウィークエンド ブルース』も時間の使い方が面白かったですね!
    ご覧になりましたか?

    ユーザーID:4669754993

  • タランティーノ、いいですよね!

    くらもちふさこ、懐かしいです!
    漫画は古谷実の稲中卓球部やグリーンヒルで止まってます。

    本なら村上龍の「限りなく透明に近いブルー」が私のバイブルです。
    五木寛之の「生きるヒント」も、たまに読み返します。
    亡くなってしまったナンシー関も忘れる事は出来ません。

    映画はパルプフィクションも大好きで、丁度きのう夫とパルプフィクションの話をしていたところです。

    私が好きなのは
    ●タランティーノの「デス・プルーフ」

    キル・ビルとかレザボアドッグス、ジャッキーブラウン、フォー・ルームス…タランティーノ作品は多分全部観てますが、どれもこれも大好きです !

    それから
    ●ジム・ジャームッシュ
    「コーヒー&シガレッツ」「ナイト・オン・ザ・プラネット」

    ジャームッシュも多分全部観てますが、この作品は特に好きです。

    上に挙げた作品はどれもこれもオムニバスだったり構成が立体的な作りになっている物です。

    気に入って頂けたら嬉しいです★

    私はそろそろ「コーヒー&シガレッツ」がまた観たくなって来ました。

    ユーザーID:2086403044

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 「ラッシュライフ」伊坂幸太郎

    伊坂幸太郎さんの「ラッシュライフ」はいかがでしょう。
    本自体はひとつのお話なのですが、その中でいろいろな人間模様がリンクしていて、まさにトピ主さんのおっしゃる「ストーリーの構成が立体的な感じ」を私もこの本から受けました。
    他に「終末のフール」や「死神の精度」もオムニバス構成のお話です。
    伊坂さんは、ご自身の著書に別の作品の人物を登場させることもよくされており、その発見もまた楽しみのひとつです。

    ユーザーID:9045431798

  • オムニバスか分からないけど

    短編集で面白い小説は、
    原田宗則の「海の短編集」おすすめです。

    あと、映画なら、中国(台湾だったかな)・日本共作の
    「関於愛(邦題:ABOUT LOVE)」がいいかなと思います。

    ユーザーID:5561852153

  • ナイトオンプラネット

    タクシーでの話です。
    オムニバスです。
    15年以上前の話です。

    私は盲目美女の乗客の話が好きだったなぁ。

    ユーザーID:6685867831

  • オムニバスというよりグランドホテル?

    オムニバスというより所謂“グランドホテル形式”がベースの作品という事だと思いますが、
    コーエン兄弟の「ファーゴ」や「バーン・アフター・リーディング」がそんな趣でとにかく面白いのでお勧めです。
    ニキータミハルコフ版「12人の怒れる男」も似た雰囲気が有りました。
    単一作品内ではないですが、
    アンジェイワイダの「鷲の指輪」(1992年)は同監督の名作「灰とダイヤモンド」(1958年)とバーのシーンでリンクします。
    「灰とダイヤモンド」のファンならゾクッと来ますよ。

    ユーザーID:3160926809

  • 映画「ショート・カッツ」

    10年以上前に観た作品なのに、トピのタイトルを見て一番に頭に浮かびました。本当はタランティーノ好きのはずなのに・・・

    ユーザーID:7613712065

  • 皆さん、ありがとうございます! トピ主です

    こういうのは「オムニバス」ではなくて「グランドホテル」形式というのですね。
    勉強になりました。

    「ナイト・オン・ザ・プラネット」「フォールームズ」は見たことがあります。
    「ジャッキーブラウン」「ラブアクチュアリー」も好きです。

    伊坂幸太郎はいくつか読んだのですが、
    「ラッシュライフ」は未読です。
    複数の方に挙げていただいているので、
    絶対読みたいと思っています。

    また、アニメ「秒速五センチメートル」は、
    私には、完全にノーマークの分野でした。


    挙げていただいた作品のほとんどは、知らないものばかりです。
    リストアップして、これからしばらく楽しみたいと思います。

    あ〜っ、ワクワクしてきました!

    ユーザーID:5983574877

  • オムニバス

    「ラブアクチュアリー」「ショートカッツ」は群像劇と言います
    オムニバスではありません。オムニバスは短編小説なんです、テーマは同じでもパートごとに完結していること。「ナイト・オン・ザ・プラネッツ」は監督も同じジャームッシュでありながら完璧なオムニバスですね、普通はパートごとに監督が違うし。

    ところでヨーロッパの映画は好きですか?「パリところどころ」「パリ ジュテーム」とか。オムニバスはヨーロッパを舞台にしたものが良いと私は思います。
    アメリカものなら「アメージング・ストーリー」「ニューヨーク・ストーリー」とか

    「世にも怪奇な物語」っていうのもあります

    群像劇も好きならロバート・アルトマン作品がお勧めですね、その流れでポール・トーマス・アンダーソン作品はどうでしょう

    タランティーノの群像劇といったら「パルプ・フィクション」
    は絶品ですね。

    ユーザーID:1494209273

  • お〜デ・パルマですか

    落差の激しい監督ですね

    まずは「キャリー」ですかね
    「殺しのドレス」「ミッドナイト・クロス」「スカーフェイス」
    「カリートの道」「ファム・ファタール」

    めちゃくちゃ有名な「アンタッチャブル」

    私の好きなデ・パルマ作品です

    ユーザーID:1494209273

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧