死んだら綺麗な海に散骨してほしい

レス133
(トピ主2
お気に入り205

家族・友人・人間関係

はな

タイトル通りですが、自分が死んだらお墓に入って重い石を頭の上にのせられるのがなんだか変な感じがします。

それならば 死んだら、使える臓器は使いたい方に使ってもらって、あとは燃えたら綺麗な青い海に粉々になって 食物連鎖の一部にでもなりたいです。ちなみにヤケになっているとかではなく、人生は丁寧に生きているつもりです。

長男長女の結婚ですが、お墓お墓言われると嫌になり、名字も捨てたい気分です。

無縁仏なんて言葉があるけど、現在無縁仏だからといってお墓があろうが無かろうが、その方々の人生も同じ価値ですよね。

散骨委託業者もいるみたいだし、遺言にかこうと思いましたが、こういう方 他にもいらっしゃいますか?

私は目をキラキラさせて話していた気がするのですが、うちの旦那さんは驚いて無言でした。

旦那さんとは死んで一緒のお墓に入りたいんじゃなくて、生きているときにずっと一緒に生きていきたいんです。

こういう考えの方いらっしゃいますか?

ユーザーID:9964960429

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数133

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 気持はわかるけど

    海に散骨は無理では?
    下手すれば死体遺棄になりますから、手続きがものすごく難しいでしょう。

    お墓に対するこだわりのなさは私も同じです。
    逆にいえばこだわりがないからこそ、どこに葬られようと、頭に石を載せられようとどうでもいいです。

    ユーザーID:9487216644

  • 素直に骨壺にに入って数世代後に土に還ってください。

    アラフィフ主婦ですが、
    「死んだら綺麗な海に散骨してほしい」なんて止めて下さい。

    貴女が入る前は綺麗な海かもしれませんが、貴女の骨が散らばった後も第三者からしたら綺麗な海とは思えないです。

    自己満足で「綺麗な」としているのだと思います。
    素直に骨壺にに入って数世代後に土に還ってください。

    ユーザーID:9965088070

  • う〜ん??

    「綺麗な海」というのはやはり綺麗なだけあって、ゴミ等捨てる気にはなりません。

    トピ主さんの気持ちはわかります!批判じゃないんです。夢がないと思われるかもしれませんが、海への散骨はやっぱりそこに住む人の承諾が得たほうがいいと思うし、やっぱり海を守ってる住民の方々はいい気持ちにはならないのかな〜?とも思います。
    それに骨は骨ですが焼いた骨は食物連鎖の一部にならないと思います。

    私もトピ主さんと同じく、使える臓器があれば使ってもらって、これは日本では無理ですが、どこかの国のようにコンドル葬みたく鳥に食べられたいと思います。その国はコンドルが食べて空に舞って魂を天国に運ぶ・・・と言われてるそうですが、私はただ単に火葬と土葬が怖いのと先ほども書いたように食物連鎖の一部になりたいと思うからです。


    まぁこれを誰かに話すと変人扱いされますがね・・・!!

    ユーザーID:0934049451

  • ええっと

    散骨って確か、条例で禁止されている都市もあるみたいだし、法律的にちょっと難しいことも多いんじゃなかったでしたっけ。
    (法規外という扱いらしいので、グレーゾーンに近いですけど)
    まあ、うっかり私用地とかに撒いちゃったら訴訟の原因になるでしょうし、散骨をする者に迷惑がかからんよう、きちんと段取りを踏めばできるのであれば、いいんじゃないすか。別に。
    配偶者や家族とは一緒の墓に入りたいという人だっているでしょうし、そういう人の説得にも手間がかかるでしょうけど。

    私なんか死んだら何処に埋められようと一緒なので、身内に手間かけるだけ面倒くさいと思っちゃいますけどね。正直。
    散骨のどのあたりにロマンを感じるのか正直わかんないです。ごめんなさい。

    ユーザーID:2162188285

  • 同じです

    夫も同じ考えです。

    子どもが娘2人で、私達のお墓の事で悩ませたくありません。

    私の親の墓も、時々一緒に連れていく娘たちくらいは参ってくれるかもしれませんが、孫の代までは無理だと思います。

    一番悩ましいのが、お寺の敷地にある夫の祖父母の墓です。 ど田舎である事も合わせて娘たちにはとても頼めません。
    そのうちどうにかしなければ…。

    ユーザーID:7024292071

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • いいんじゃないですか?

    仏教と神道が知らず身体に染み付いて、死後はお寺で葬式をし骨は代々の家のお墓に入る。

    そういうものは、以前の文化習慣のひとつです。

    それではない考え方で、死後の弔いの方向を考える人がでてきてもおかしくないと思います。

    スイスではお墓があっても、30年経つと更地にされるって知っています?
    無宗教で散骨する人もいます。

    貸し金庫のような小部屋に骨を入れて何段にも重なった建物もスペインにあります。

    いろいろな考え方に基づいて人間は子を迎えていました。だからとぴ主さんのような考えもあり、かと思います。

    ただ、それをみんなに同意を求めて納得してもらえるかは周りの人の理解によるかと思います。

    青い綺麗な海に散骨されて、その後、散骨した海が汚染されると悲しいですし、まあでも自然を綺麗に保ちたいという意識になっていいかもしれません。

    ありだと思いますよ。そういう考え方。

    ユーザーID:1429096276

  • わかる!わかります。

    一言一言が心に響きました。
    私の場合は、まだ三十代なんですが、死んだら骨壺に入れられるのではなく、自然に還りたいという気持ちです。
    名字も名前もすべて捨てて、余計なものをぜんぶ脱ぎ捨てて、自由になって、自然のなかに還りたいのです。
    実は仏教のお葬式と戒名も違和感あるので、遺言でそれについても書きたいです。
    こういうことを考え始めたのは、最愛の母を突然亡くしてからです。
    母はお墓にもどこにもいないから。
    自然の中に還りたいというのは、私にとっては母のところに還りたいのかもしれません。
    夫に言うと、まだ若いのに何を言ってるんだと、相手にしてくれませんけれど。

    ユーザーID:5455607608

  • 色々

    私は風船葬ってのに憧れてます。テレビで紹介されてたんですが費用は20万位で、灰を特殊なバルーンの中に入れて空に放つんです。速やかに天国に行けそう(笑)大気圏だか成層圏で割れる様になってるみたいです。その時のバックミュージックも決めてます
    因みにまだ31才ですが人生何が起きるか分からないので  ※海に散骨も憧れてました☆

    ユーザーID:9697339567

  • 私も、青い海に還りたい。

    しかしそれは、死の恐怖を紛らわすための希望なのです、私の場合は。

    ぶっちゃけ、死んだ後のことなんて知ったこっちゃないし、どうにもできません。
    残された者たちに任せるしかありませんね。

    ユーザーID:0404780347

  • はい、います

    私がそうです。
    息子(長男・次男)には「母が死んだら散骨」と言ってます。
    仏壇は簡素なものでいい。部屋の片隅にでも置いとけばいい。
    お位牌も石碑もいらない。
    散骨時に船の上で読経してくれたらそれで良い。
    継続してかかる費用、主に墓地の維持費、檀家の費用、読経の費用など捻出する必要はない。

    など、細かな事ですが伝えてあります。

    死んだ後の魂が石に宿ることもないし、位牌に取り付くでもない、仏壇に居座るでもないので、もろもろにかかる費用を死んだ人間に費やす労力は惜しめと言ってあります。

    長男が私と同じ意見で賛同してくれたので、私の死後はそのようにしてくれると思います。
    次男はまだ未成年で、そこまでの事は考えられないようですが。

    ともすれば非常識だと言われそうな考え方ですが、同じ方がココにおられると知って、少しホッとしました。
    ありがとうございます。

    ユーザーID:3773194601

  • 私もです

    きれいな海じゃなくてもいい。
    人の迷惑にならないところならどこでも。

    葬式は残された人の儀式として
    申し訳程度にやってくれればいいです。

    でも夫は大反対です。
    「だからお前はダメなんだ」と言われます。

    夫は長男です。
    田舎育ちなので家やお墓を守って欲しいとか
    そういう思いがあるみたいですね。

    ユーザーID:1146307180

  • 分かります


    >食物連鎖の一部にでもなりたいです。
    凄く共感します。


    私が考えているのは「鳥葬」です。
    日本ではまず無理ですが。

    ユーザーID:1233721484

  • うう…

    気持ち解りますよ〜。ただ…食物れんさという発想はちょっと…(冷汗) すみません。

    ユーザーID:8592939955

  • 自分が誰かを散骨すると想定して

    お気持ちわかります。
    なので、ご自身で業者を探し、会員になるなり仮契約をするなり
    いざそのときになったら例えば赤の他人がいきなり直面しても手続きの方法が手に取るように
    わかるようにしておかなければいけないと思います。

    今年に入って連続して親族の不幸があり、そのドタバタを見てきました。
    普通の家庭です。でも子供は独立していて遠方から会社を休んで駆けつける。
    ある家はいわゆるニュータウン暮らしで檀家などにはなっていなくて
    まずはお経を上げてもらうお寺さん探しから。
    別の家では娘は孫を出産してすぐだったので運転などの人手にもなれず。
    そうそう経験することではありませんので結局は葬儀屋さんのアドバイスを元に
    みんながやっていることをなぞる様に。

    これが少数派の方法ですとさらに大変だと思います。
    葬送は気持ちや思いだけではできません。具体的な方法、時間、人、お金。
    自分が親に「死んだら散骨してね」だけ言われたら、と想像して方策を講じておきましょう。
    遺書には業者の連絡先、行動スケジュール、見積もり金額等も書きましょう。

    ユーザーID:6452413855

  • 私も

    私も主さんと同じ考えです。

    修学旅行で心が洗われるような海を生まれて初めて見た時、一番に思ったのは死んだらこの海のチリになりたいでした。

    35歳の今もその気持ちは変わりません。

    結婚前にも後にも夫にそんな話をしてきましたがなかなか理解してもらえないでいました。

    ですが、私の考えが変わらないので最近では少し理解してくれてるような気がします。

    子供たちはまだ小さいので「もしママが死んだら…」という話をするだけで号泣しちゃうと思うので伝えられないでいます。

    まだ自然葬は一般的でないのでやっぱり遺言は書いた方がいいですかね。

    細かく要望を言うなら散骨ではなく砕いて灰にしてもらって大自然に消えたいです。

    お墓参りもいらない、心に思い出してくれる瞬間があり、それも年々少しずつ薄れていく。それで私は充分です。

    ユーザーID:7703611062

  • 私自身ではないですが・・・

    こんにちは。私の母と全く同じ考え方をお持ちですね。その考え方について父がかなり渋い顔をしているというのも同じです(笑)。散骨で商売してる業者さんも増えてるようですし、一般的ではないにしろ、今の日本ではそれほど突飛な考え方ではないのでは。

    ユーザーID:0931560544

  • 仲間がここに

    はなさん、私も全く同じことを考えています。

    自分が死んだら、体のどの部分でも切り刻んで役に立てて頂きたいと、臓器提供意思表示カードを平成11年から常に携帯しております。(長子のサイン済み)

    亡骸は海に散骨してもらい、世界中を自由に飛び回ってやろうと計画中(笑)

    後に残った子供達に煩わしい事をさせないよう、上記の事は言い置いて有ります。

    生きている間、思い残す事の無いような充実した人生を歩みたいものです。

    ユーザーID:1100893898

  • 賛成に1票

    賛成です。戒名や墓石にお金もかかるし、死んだ後にお金をかけるなら生きているうちにそのお金で楽しみたいと思います。死んだあとは子供たちが幸せに暮らし、たまに私の事を思い出してくれればそれでいいです。

    ユーザーID:4457328049

  • それもいいけど

    魚が骨を食べてさあ 私たちの口に??? うわああ気持ち悪いです。

    ユーザーID:7417003122

  • 私も〜

    墓とかめんどくさい。死んだ後まで大切にされたくない。
    息子に墓守りしてもらうのもなんか悪いし。
    遺言でのこしても、ちゃんと実行してくれるのかな〜??

    ユーザーID:0618048828

  • 結構、お金要るよ〜

    私も!遣える部位は、内臓でも骨でも何でも遣ってちょうだいな〜と考えています。カードも所持しています。
    私は夫を見送る自信が無いので、先に逝きたいんですよ。
    男は一人だとショボクレルだろうから、一年後には新しい人を迎えてもらって。その時に、私の影は見え無い方が良いでしょう。
    逝った後は故郷の海に散骨してほしいです。
    両親を見送ったら、帰る用事も無くなってきました。死んだら帰る場所になったな〜と、しみじみ。
    でも、船をチャーターしたり結構お金が要るみたいですし、遺った人は手続きなどやってくれるでしょうか?(笑)
    トピ主さんは、具体的にイメージした海、ありますか?

    ユーザーID:2699883452

  • おんなじです!

    全く同じ考えです!潮の流れに乗って世界中の大地の一部になりたいです。

    ユーザーID:2855932397

  • 散骨は‥

    響きはいいですし、ご本人にとってはいいですが、海水浴する側からすると、かなり気持ち悪いです。。。
    汚染されますし。
    ましてや、キレイな海に‥なんて。
    散骨が流行ったりすると、ペットの骨まで散骨する方が出てきそう。
    他人の骨が流れる海で、海水浴したいですか?

    ユーザーID:4206292293

  • 同感です!

    私も全く同じ考えです。40代前半ですが、子供もいないので、お墓はいらないです。私も、土に還りたいんですよね〜。理想は、土葬で植物の栄養になりたいです。

    でも、法律的に駄目でしょうから、骨を土に埋めて欲しいです。そうしたら、甥や姪に迷惑もかからないでしょうしね。スペース的にも迷惑がかからなくていいかなぁ〜と思っています。

    ユーザーID:8157657768

  • うちの父がそうです

    死んだら海に散骨してほしいと、本気で言っていますし、そうするつもりです。海、川はつながってるからいつでも海に行けば会える。素敵じゃないですか。

    ユーザーID:2021955885

  • タイムリー!

    つい先日私もその話を夫にしたばかりなので驚きました!
    私も以前より海に散骨してもらいたい派です。
    「千の風になって」の歌詞にもありますが、「そこに私はいません」と思ってしまうのです。
    また、残されたものにお盆の酷暑の時期などに大変な思いをしてお墓参りをさせたくないという思いもあります。
    祖母がその考え(散骨の方ではなく)の人で、よく「今生きている人が一番大事なのだから、(お墓参りは)そんな暑い時でなく、その人の都合の良い時でいいのよ。思い出してあげるだけでも十分なのだから」と言っていました。
    散骨から話がズレて申し訳ありません。

    つづきます

    ユーザーID:5794993096

  • 自然なこと

    太古の昔は庶民のお墓なんて無かったわけで、宗教やらなんやらでそういう習慣が根付いたのですよね。

    次男以下がず〜っとお墓を作り続けていったら、遠い将来狭い日本は墓地だらけってこともありえますよね。

    勿論宗教や風習を大事にするのは素晴らしい事ですが、人それぞれだし嫌なら無理にお墓に入らなくてもいいと思います!

    私の亡き母も、散骨して欲しいと言っていたのでお墓には入っていません。場所等はまだ未定です。

    歌、『千の風になって』のような考えもありますから!

    ユーザーID:6822804108

  • 私も同じことを考えています。

    兄弟なしの海外在住です。両親の遺骨はすでに永代供養しました。墓も仏壇もありません。私が死んだら、目の前にある海に散骨してほしい、と、家族に頼んであります。

    あななたち、時にはこの海にサーフィンしに来るでしょう。私はずっとここにいて、あななたちを守ってあげるからね、と。

    死んだあとに何も残らないのが理想です。墓参りや墓掃除で、死んだあとまで人の手を煩わせたくありません。

    私の死後の事務手続きに必要な書類等、ファイルにしてあるのですが、そこに、散骨委託業者の連絡先も明記してあります。死んでから指図はできませんから、遺言に書いておくのはいいアイデアかもしれませんね。

    ユーザーID:7552972577

  • タイムリー! つづきです

    先日、夫の祖母のお墓参りの帰りに「私は死んだら家族葬で、あとは海にでも散骨して欲しい。あなたは?」と聞くと、「俺は普通に先祖代々の墓(分家なので両親が入る予定で買ってある田舎のお墓)に入りたい。でも○○と話し合いかな。」と言われ、「私はどこのお墓にも入りたくないの」と言うと、「・・・俺と一緒のお墓には入ってくれへんの?」と言われました。
    夫曰く、死んでも私と一緒にいたいので、一緒に入ってくれるなら先祖代々のお墓でなくても構わない(妥協案)そうです。
    そこまで言われると、正直迷いが生まれてしまいました。
    でも、元々入りたくない上に、何の思い入れもない田舎のお墓に入るのも気が進まないし、新しく夫と二人のお墓を作るのも狭い日本ではもったいないですし、夫が本来入りたがっている両親とのお墓から離すのも気が引けます・・・

    はなさんはご主人がどうしても一緒に入りたいと切望されても、迷わず散骨を選ばれますか?

    ユーザーID:5794993096

  • 死んだ後くらい自由になりたくて

    自然葬の生前予約をしました。
    勿論お葬式も何も望まないですし。
    死んだ跡は小さな骨を一つだけ拾ってくれたらいいから。
    後は予約をした業者さんへお任せしてくれたらいいから。
    と、ちょこっとした事を息子へ伝えて、詳しい資料をまとめておいています。
    死んだ後は、ある場所へ散骨される予定です。

    ユーザーID:2350283742

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧