妻に片想いしています

レス63
(トピ主8
お気に入り179

男性から発信するトピ

十郎

はじめまして。30代、十郎と申します。3歳下の妻と結婚2年目です。

妻とは10代の頃から友人関係でした。私の方は当初から彼女が好きで、一度は告白するも玉砕。彼女曰く「お兄ちゃんみたいで恋愛対象として見られない」時期がその後続き、冴えない私をよそに華やかで才気煥発な彼女には何度か彼氏も出来ました。

お叱り覚悟で申せば、その間私はずっと変わらず彼女を想っていました。
しかし今から2年前、彼女に当時の彼氏と結婚話が持ち上がって私も観念し、「妹」の幸せを見届けたら「兄」を引退しようと、想いを断ち切るため私自身も婚活を始めました。

ところが彼女の結婚話は一転破局。お互い愛情はあるものの価値観や家庭環境のあまりの違いが明らかになり…という事情でした。

当時、ボロボロの彼女につけこもうなどとは微塵も考えませんでした。心で血を流しつつ気丈に振舞う彼女が心配で、時間薬が効くか次の彼氏を見つけるまで「兄」として支えようという一心で彼女の悩みを聞く日々。
それでも婚活で色々な女性に会うにつれ、あらためて彼女への想いの強さに気づくばかりでした。

事態が動いたのは3ヵ月後。私に転勤の辞令が下りました。伝える前なのに彼女が「あなたが遠くへ行ってしまう夢を見た。置いていかないで。こんなに大事な人に気づかなくてごめんなさい」と。彼女の傷が癒えたとは到底言えない時期でしたが、転勤に合わせて結婚しました。

現在、おかげさまで暮らしも順調で仲も良好ですが、妻の方では私に対して恋愛感情は一度もわいたことがないと思われます。私を「尊敬できる」と言ってくれますが、私が妻に抱く愛情とは少し違うように感じます。
説明が難しいのですが。

恐らく妻の心にはまだ「彼氏」が居るのでしょう。偶々私も彼を知っています。おしゃれでスマートで私とは違うタイプです。

一体私はどうしたら妻の心を溶かすことができるでしょうか。

ユーザーID:0722644200

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数63

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • あなたの事が、本当に好きなのよ

    でなければ、女はあなたと結婚しません。
    心底、好きなのよ。
    心底好きな気持ちは、時に「友情」と錯覚されるの。
    それだけなのよ。
    あなたは、彼女にとって「一番いい男」なの。
    「必要不可欠で、一番いい男」なのよ。

    聡明な彼女なんでしょ?
    好きでなければ、絶対にあなたとは結婚しません。
    恋愛感情は、一時の脳内物質の異常分泌。

    ユーザーID:6541145016

  • どうしたら分かってもらえるのでしょうね

    きっと奥様はトピ主さんをとても好きだと思いますよ。

    私は、今思うと逆(奥様)の立場でした。
    とっても大好きだったのに、その気持ちが分かってもらえなく、ずっと辛く当たられていました。
    当時はなぜ彼(夫)が私に対してそんなに冷たいのか理解できませんでした。
    結局、私が耐えられなくなり別れを伝えました。

    新しい彼が出来、その彼から「ずっと片思いをしていると思っていた」と言われて、初めて気が付きました。

    今はまだどうしたら伝わるのか模索中ですが、トピ主さんも壊れてしまう前に奥様とちゃんとお話しをする事をお勧めします。

    ユーザーID:3991292183

  • 尊敬から生まれる愛は駄目ですか?

    あなたは奥さんが自分を愛してくれないと思っているのかもしれませんが、奥さんも自分のことを夫が信じてくれないと悲しんでいるとは思いませんか?

    あなたと奥さんの愛の何が違うのか、あなた自身よくわかっていないでしょう。
    愛にもいろいろありますよ。

    ぼうぼうに燃えて、燃え尽きてしまう愛もあれば、ゆっくりとあたためてくれる愛もあるでしょう。

    あなたが好きだった人があなたの傍で、あなたに微笑みかけてくれるんでしょう。
    だったら、奥さんの心はあなたによってとっくの昔に溶かされていると思いませんか。

    ユーザーID:4754552900

  • 愛情は比べられないから。。

    尊敬しているというのも愛情の一つですよ。

    色々とあったのでしょうが、彼女はあなたを選んだわけです。
    どんな状況でも。乗り越えようと、一緒に頑張ろうと結婚に踏み切ったのだと思いますよ。

    愛情無くして結婚はあり得ませんから。。
    どんな形でも彼女なりの愛情ってもっているはずですから。
    過去にとらわれてしまっているのは主さんでは??
    彼女の中では過去のことになっているはず。
    もっとご自身で自信を持ってくださいな。
    そうでないと彼女も気の毒。

    何か疑問になるような箇所があるのですか??

    過去は過去。現在の素敵なご家庭を未来まで築き上げてくださいね。

    愛情も色々です。。そればかりは本人にしか分からないことです。
    ああでもないこうでもないと勘ぐっても仕方のないことです。

    あなたは彼女に選ばれた唯一の人。それは紛れもない事実ですよ。

    ユーザーID:1832432218

  • 頑張ってください。

    根拠もなく、大丈夫かどうかが不安だから相談しているのですよね?
    失恋して気持ちが落ち込んだ時にタイミングがあってしまって結婚、でも年月が経つとその結婚を後悔…という話は実際問題としてあります。
    男女問わず「なんで結婚してしまったんだろう?」という愚痴を聞かされることが何度かあります。
    トピ主様も奥さまがそうなんじゃないかと思って不安なんですよね?

    個人的にはこう思います。
    トピ主様は奥様から「愛してる」とはっきり言われたことがありますか?
    あるなら大丈夫だと思います。
    「大事な人」「尊敬できる人」が必ずしも恋愛対象として一番愛している人とは限りません。
    でも「愛してる」と言えるようなら問題ないと思うんです。
    言葉を濁されたら、言葉に出してくれないと不安なんだと正直に言う方がいいです。

    あと、結婚してからも愛を育んでいくことも出来ます。
    実はそれほど好きな相手との結婚じゃなかったのかも…?という相談をしてきた相手も、数年経って子供も出来て幸せな家庭になると、過去のお前の発言は何だったんだ!?という愛妻家になっていたりします。

    いずれにしても、夫婦として年月を積み重ねることですかね、

    ユーザーID:0618443920

  • 片思い

    私は主人から片思いされているので、あなたの妻の立場になります。

    私は主人を彼が私に抱く愛情と同じ力量で愛することはできません。過去に好きだった人を忘れられないのも事実です。でも、それでも彼と結婚してすごく幸せです。

    結婚って、恋愛とは違うのです。ドキドキ、ワクワクときめく恋愛感情ももちろん大切ですが、信頼関係や相手を尊敬・尊重することが本当に重要なのです。

    あなたはまだ結婚2年目だから分からないかもしれませんが、私は20年になります。20年も結婚生活を続けていると本当にそのことが良く分かります。あなたが彼女を愛し続ければ、彼女も信頼・尊敬できる夫を持った幸運を必ず実感するはずです。

    それに、結婚生活において女は愛される方が幸せだと思います。あなたの奥様は間違いなく幸せ者です。

    私の主人は自分が片思いだと分かっています。それでもめげることなく「緑茶は私にこんなに愛されてものすごい幸せ者だー」と屈託なく言い続けています。

    自己満足の世界です。

    このくらいの方が却っていいのかもしれませんよ。とても愛らしいです・・・。

    ユーザーID:5729593216

  • 安心感、信頼感

    元彼への思いとあなたへの思いが同質である必要はありません。奥様は心底あなたを信頼し安定して満ち足りた結婚生活を送っているでしょう。私の夫への気持ちと似ています。ときめきやいわゆる恋愛感情とは違いますが、独身時代に出会ったどの男性(スマートでおしゃれでときめいた)と比べても夫(真逆のタイプ)と結婚して良かったと心から思います。私はとても幸せです。奥様もお幸せだと思いますよ。そんなに一途に思われて、大切にされて。

    ユーザーID:3700411270

  • 自信を持って!

    主さんのことを「尊敬できる人」と言って結婚された奥様。
    本当に主さんのことが好きなんですね。

    どうして奥様が主さんに恋愛感情がないと思われるのですか?
    不躾ですが夫婦生活はありますか?
    結婚までの経緯から、どうしても不安な気持ちになってしまうのでしたら
    一度奥様にお話してみては如何でしょうか?
    きっと主さんの不安を拭い去ってくれる言葉が返ってくると思います。

    まだお互いに男女の間柄になって月日も浅いと見受けました。
    お二人の夫婦としての生活はこれからですよ。
    「尊敬できる大事な人」という言葉、愛がなくればどうして出ましょう?

    不安にならずとも大丈夫ですよ。
    変わらずに奥様を愛してくださいね。

    ユーザーID:4136359786

  • 手紙でも書いてみては?

    手紙でも書いてみてはいかがでしょうか?

    >傷が癒えたとは到底言えない時期
    >つけこもうなどとは微塵も考えませんでした
    でも、転勤がそんな時期に重なり結婚に至ったことで後悔してないのだろうかという不安がある

    >「尊敬できる」と言ってくれますが、私が妻に抱く愛情
    とは違うのかもしれない。「彼氏」のことが心にあるのかもしれない。

    そんな思いがある。
    が、奥さんへの愛情はずっと昔から変わらないこと。

    これらは例えですが、
    トピ主さんの奥さんに対する愛情を手紙として綴ってみてはいかが?

    ユーザーID:9007228278

  • 疑ってはだめ

    あなたは自分に自信が無いのですか?
    奥様の心は既に溶けていると思います。
    「あなたが遠くへ行ってしまう夢を見た。置いていかないで。こんなに大事な人に気づかなくてごめんなさい」って奥様の方から言われ、結婚したんでしょう。

    あなたは一方的に、”私を「尊敬できる」と言ってくれますが、私が妻に抱く愛情とは少し違うように感じます。恐らく妻の心にはまだ「彼氏」が居るのでしょう”と思っているようですが、あなたがそのように心の中で思っていると奥様が知ったとき、どれだけ悲しまれるかわかりますか?

    今の生活幸せなんでしょう?
    だったらあなたが後ばかり振り返っていてもしょうがないじゃないですか。
    女性は一旦前へ進みだしたら後は振り返りません。
    以前おつきあいしていた人は思い出としてはあるでしょうが、あなたのように捕われてはいないと思います。

    これから二人で幸せな人生を歩めるように、二人で前を向いて歩んでください。

    ユーザーID:8082023440

  • 尊敬は愛情に変わります。

    奥様、私のことかと思いました(笑)
    トピ主様程長くはありませんが、私も夫に長年想いを寄せられ、何度も何度も断り続け・・・今年突然結婚しました。
    夫からのプロポーズを承諾した時、夫はとてもビックリしていました。
    夫のプロポーズを承諾する気になったのは、母の一言。
    母に相談したんです。
    『○○さん(現在の夫)のことは世界で一番尊敬しているし、人として大好きなのに、恋愛感情だけがポッカリ抜けている。』と。
    そしたら母が笑って、『アンタ、バカね。結婚生活で一番大事なのは恋愛感情じゃないのよ?そんなの長い結婚生活の中じゃ一瞬だから!でもね尊敬って愛情に変わるのよ。あなた絶対に○○さんのこともっと深いところで愛してるのよ。』って言ったんです。
    それで結婚したんですが・・・今では私の方が夫に片思いしているようです(笑)
    トピ主様の不安な気持ちはすっごくわかります。
    でもトピ主様をお選びになった奥様の愛情の深さを信じてあげてください。

    ユーザーID:2142217103

  • 疑心暗鬼

    トピ主さんは青春時代に奥様だけを思い続けてきたんですものね。愛し合った相手を失った経験がない以上、今のようなご心境になるのも必然かと思われます。奥様に片想いするのがトピ主さんの脳のクセになってるんじゃないでしょうか!?もしかすると、そのクセが抜けるまでには片想いし続けた時間(10年ぐらい?)と同じぐらいかかるかもしれませんね。

    でもどうかお気をつけください。疑心暗鬼が過ぎるとそれはトピ主さんの「愛」ではなく「執着」になり、奥様を苦しめますよ。
    せっかく一途に思い続けてきた相手と結ばれるという奇跡的な経験をなさって、その愛をこれからも守っていける状態にあるんです!欲をかいてみすみす手放すようなことをなさいませんよう・・・。

    実体のない相手(奥様とのご縁がなかった彼)に振り回されて、目の前の女の気持ちを踏みにじるようでは男がすたります。私が奥様ならこんなに辛く悲しいことはありません。

    大丈夫ですよ。トピ主さんさえ、どんとかまえていれば!!
    弱気になったら「101回目のプロポーズ」でも観てください!!

    ユーザーID:8903243683

  • 二人の温度差

    恋愛感情がトピ主さんから彼女さんへの一方通行になっていることが、悲しいのですね。
    彼女さんは人間としてトピ主さんを信頼していますが、男性として愛しているわけではないのでしょう。
    人間が長くつきあっている相手に対して抱く気持ちは、恋愛感情から 穏やか愛情と信頼に昇華されていくものです。
    恋愛感情を通り越して、いきなり穏やかな信頼を寄せられているトピ主さんのやるせない気持ちは理解できます。

    恐らく、トピ主さんが彼女さんの「一番好きな人」になることはないと思います。
    いまでも彼女さんの好きな人は「彼氏」です。これはどうしようもないことです。お二人の間にあるお互いへの“温度差”を解消する方法はないのです。
    でも、今彼女の隣にいるのはトピ主さんであることは間違いないので、恋愛感情は無くても夫婦として、穏やかな愛情を育てていくことが賢明です。

    ユーザーID:2861820157

  • 女は惚れさせるのです

    トピ主さん、結婚したからって油断してませんか?

    恋愛経験の少なかろうトピ主さんのことですから、いろいろ御自分に自信がないのでしょうね。

    女性にもてる男って、トピ主さんからみてどんな男性でしょう。
    女性の事を好きだ愛しているとばかり言い続ける男って、どう思います。

    なにもおしゃれでスマートになる必要はありません。
    男臭くて頑固でもかまいません。
    トピ主さんの理想とする男性像に、自分自身を近づけてください。

    今までは優しいお兄ちゃんで頼れるお父さんでした。
    これからは男になってください。

    奥さんをちやほやするばかりが愛情ではありませんよ。
    自分自身をもっと磨いてくださいね。

    ユーザーID:0226552432

  • トピ主さんの勘は多分当たっています

    楽観的なレスが多いですが、長年に亘って奥さん一人を愛し続け、奥さんのことを見続けていたトピ主さんの勘を私は信じます。
    奥さんと元婚約者は、憎みあって別れたのではなくて、お互いに愛し合っているけれど、障害があって結婚できなかったのですから、奥さんの気持ちが彼にあり続けるのは仕方の無いことです。

    奥さんから見てトピ主さんは、尊敬すべき兄=家族であったわけですから、結婚して家族になっても問題は無いですね。
    でも家族ですから燃え上がるような恋の対象になるはずはありません。

    奥さんの心を溶かすことは不可能でしょう。
    風化を待つしかないように思います。

    元婚約者が奥さんの前に現れても、トピ主さんを捨てて、彼と再婚したいと思うほど奥さんは愚かではないでしょう。
    でも、彼との甘い恋人関係を復活させたいとは思うかもしれません。
    そのときは、トピ主さんは怒ったりせずに、器の大きいところを見せて、奥さんの恋愛を暖かく見守ってあげてください。
    それができるなら、奥さんと末永く家族であり続けることができると思いますよ。

    ユーザーID:8316114221

  • トピ主への尊敬は、深い愛です

    理解出来ないかもしれませんが、信じて下さい。

    ユーザーID:1393702754

  • トピ主です。

    ありがとうございます。
    落ち込んでいたので情けない泣き言を並べてしまい、正直自分の投稿を読み返したくないと思う一方、もし叱咤の言葉があるなら読まねば、と思いパソコンを開いたところ、皆様から思いのほか温かい励ましの言葉を頂き、胸が詰まりました。
    また「自信がない」と的確なご指摘をいただき、心の持ち方を見直すことができました。

    不甲斐ない私のためにお時間をさいてくださった皆様のおかげです。心から感謝いたします。

    発言小町に不慣れなものですから、失礼がありましたら申し訳ありません。
    続きます。

    ユーザーID:0722644200

  • トピ主です。続き1

    (続き1)落ち込んでいた理由はこうです。

    普段めったにケンカはしないのに、15日に、私の誤解から妻に無用な一言を言ってしまいました。
    その場で誤解を正してくれたので謝ったのですが、一旦妻の悲しそうな顔を見てしまうと、「彼氏くんならそういう事を言わない人だったよな、そういうところが好きだったと以前言っていたな」ということが頭をよぎり、悲しそうな顔の理由はコレだったかと、その晩モヤモヤと悩みました。

    かと言ってそんなことを持ち出してくどくど謝るわけにもいきません。

    16日早朝から妻は泊まりの出張に出かけてしまい(出張自体は前々から予定されていたものです)、出張中はなかなか連絡できないため、私一人気まずい思いを抱えたままでした。

    すみません、続きます。

    ユーザーID:0722644200

  • トピ主です。続き2

    (続き2)皆様にレスを頂いたおかげで気づきいたことがあります。

    私が彼氏のことを思い出すと、多少顔に出てしまっているかもしれません、というか自分が挙動不審になっている心当たりがあります。
    そのせいで妻に「あー、この人、やっぱり私が「彼氏」忘れてないって思ってる・・・」と思わせていた面もあるのではないか、問題はこちらではないか、ということです。

    心の中に「彼氏」がいるのは、妻ではなくて私の方ですね。

    隣で妻に笑っていてほしくて、それが叶った今、妻の笑顔を消さないことが何よりだというのに。

    疑心暗鬼が不幸を呼ぶことのないよう、皆様に仰っていただいいたように、前を向いていきたいと思います。

    今日は妻が出張から帰ってきますので、私も早めに帰宅して家の掃除をして待つことにします。

    取り留めのない書き込みで申し訳ありません。まだ他にもお礼を申し上げたいことがたくさんありますので、また今日か明日続きを書かせていただきます。

    ユーザーID:0722644200

  • 結婚しても「不安」なんですね。っていうか奥さん幸せね。

    奥さんはさぞかし、
    美しいひとなんでしょう、
    魅力があるんですね。

    武田鉄矢さんのドラマで、
    「{前の彼を好きでいるあなた}をそのまま愛します」
    とかいう意味のセリフがありましたが・・。
    (そのドラマは亡くなった彼を想う浅野温子さん)
    死別と離別の違いはありましょうけど、

    奥さんの心底に前の男を透かしてしまう主さんの心、
    「説明は難しいがそう感じるんだ」という主さんの心。

    小さな不安はここからが、
    憎悪になる。

    今のように、
    うっとりと詠うように
    「妻に片思い」しているうちは良いけど、
    いつか、
    「どうせオマエは今もアイツが好きなんだろ。
    黙ってアイツに会いに行っているんじゃないのか。」
    とならないか心配です。

    どんなに、
    昔のことには触れないと誓っても、
    主さんのように、
    実際、
    奥さんの気持ちを信じ切れていない。
    (オレが思うように)妻はオレを思ってくれない、
    と悩む。

    主さんのような人は、
    案外多いんですよね。

    私は奥さんのほうに、
    忠告したいですね。
    ちゃんと切り替えろ、と。
    たっぷり、
    今の夫に愛情を伝え、言葉にして、
    夫が納得するように大事にしてあげてと。

    ユーザーID:5129158600

  • トピ主様が望んだ関係なので

    客観的に見れば、「好きな人との結婚に破綻し」「タイムリミットも近いので」「キープ君と手ごろで安定した結婚をした」というのが、奥様側から見た状況かと存じます。
    ですが、全てトピ主様も望んだことです。

    このようなところで泣き言を言い、赤の他人の女性に慰めてもらっているなど、人間として恥ずかしいと思いませんか?

    ユーザーID:2386755831

  • 自信を持って輝いていて欲しい

    愛する人に対して思う気持ちに男女の違いはありません。

    「愛する人には笑っていて欲しい」「幸せでいて欲しい」「輝いていて欲しい」
    そんな風に思いますよね。
    >隣で妻に笑っていてほしくて ってあなたも思いますよね。

    女だって同じですよ。

    湧き上がるような恋愛感情ではなかったにしろ
    奥様は心からあなたを「大事な人」と思ったから結婚したのです。
    これは奥様の自らの<意思>ですよ。
    そこを疑わないで下さい。

    そして、奥様だってあなたに「隣で笑っていて欲しい」のです。
    輝いていて欲しいのです。

    ですからどうか<自信>を持って下さい。
    奥様が選んだのは元カレではなく<あなた>なんです。

    現代の暮らしをしている私達はつい忘れがちですが
    人の心・想いは、言葉にするより強く相手に伝わります。

    奥様が悲しそうな顔をしたのは
    あなたが奥様を信じていない、未だ元カレを気にしている
    そういう気持ちが如実に伝わったからです。

    これは奥様の問題では無く<あなたの問題>です。
    何か起こったら、起こってから心配すればいいのです。
    自信を持って下さい。

    ユーザーID:8463278641

  • 奥様の気持ちを大事にすること。それは自信を持つこと。

    <心の中に「彼氏」がいるのは、妻ではなくて私の方ですね。

    <隣で妻に笑っていてほしくて、それが叶った今、妻の笑顔を消さないことが何よりだというのに。

    <疑心暗鬼が不幸を呼ぶことのないよう、皆様に仰っていただいいたように、前を向いていきたいと思います。

    そう、そうですよ。トピ主さん。よかった。すごく大事なことに気づいたようですね。

    私は一女性として、自信満々で他人の言葉に耳を貸さない男性よりトピ主さんのような男性の方がずっと好きですし、伴侶として「尊敬」できます。そしてきっと、奥様もそういう方だと思うんです。

    だからトピ主さんの謙虚さはとても好ましいのですが、度が過ぎると「トピ主さんを選んだ奥様」までを否定することになってしまうと思うんです。それって、とても寂しいことです。なんで伝わらないんだろう、って。

    元彼を今すぐ忘れてとは言いません。でも、どうか比べないで。奥様の愛情を計るような真似はしないでください。

    奥様を大事にしたいと思ったら、奥様が選んだトピ主様自身を大事にしてくださいね。お幸せに。

    ユーザーID:6174471420

  • やあ、8年前の僕!(苦笑)

    結婚した頃の私がそんな感じでした。

    私が彼女に一目惚れして口説き倒して、私の熱意にほだされる形で結婚。
    「こんなに自分を大切に想ってくれる人はもう現れないと思うから」と妻。

    私が「好きだ、愛してる」と言っても妻の返事は「ありがと。私も」
    妻から「好き」とか「愛してる」という言葉はなかなか聞けませんでした。
    妻は私に恋愛感情をもってくれているんだろうか?
    憎からず思ってはくれてるだろうけど、これって私の片思い?

    でもあるとき気持ちを切り替えたんですよね。
    私の惚れた女が私の想いに応えそばにいてくれる。それで十分じゃないか。
    妻がどれくらい想っていようが、自分が妻を想う気持ちには関係ない。
    同じくらい愛されたいだなんて、贅沢な悩みなんじゃないか、と。


    数年前、妻がぽつりと
    「私、本当に好きだなあって。。。やすたかさんがいなかったら生きていけない。」
    と漏らしたとき、やっと妻の気持ちが追いついてきたぜ!ってそりゃもう
    嬉しくて心の中でガッツポーズ!つい
    「こっちはなぁ、出会った時からそう思ってるんだぞ!」って言い返しましたが(照)

    ユーザーID:7676392539

  • トピ主です。続き3(妻が帰宅しました)

    私が早めに帰宅して掃除をしていたところに、妻が予想外に早く出張から戻って来ました。
    「あれー???今日は早いのね」とたいへんな驚きよう。
    私が目眩を覚えたところ妻は
    「せっかく帰るまでにキンキンに冷やしとこうと思ったのになー。残念〜」と、出張先のお土産の地ビールを次々冷蔵庫に入れ始めました。
    ※妻は下戸です。

    もう、片想いでもなんでもいいです!

    私が「せっかく帰るまでにピカピカに磨いとこうと思ったのになー。残念〜」と真似してみたら
    「うれしいなー、じゃぁ出直してこようかな」と再び玄関を出そうな勢い。こらこら意味ない。

    ところで妻のことを聡明と仰ってくださってありがとうございます。
    聡明と言うと何やら落ち着いた大人の女性を思い浮かべてしまいますが、妻はシッカリしている割に天然な、無邪気な子どもです。
    お土産の地ビールに「オー○フリー」が混じっており、
    「これは地ビールじゃない……よね?」と確かめたところ
    「ビール飲みすぎると良くないと思って混ぜてみたけど、バレちゃいましたか」と来ました。
    バレるに決まってると思うのですが。

    続きます。宜しければもうしばらくお付き合いください。

    ユーザーID:0722644200

  • これ以上

    何をするのですか?

    彼女に好かれる事も大切ですが、ご自身が奥様をどれだけ大切に思っているか、という事に重きを置いて下さい。

    そして、自分を卑下しないで下さい。旦那様、奥様、一緒にさせていただいたわけでも、なってやったわけでもないはずです。
    一緒になったのですよね、互いに。

    ユーザーID:0734850710

  • 代償行動

    心理学の用語で、本来の目標を達成することができない時に、(一般的には本来のものに類似した)別の目標を達成することにより、本来の目標達成で満たされるはずだった欲求・願望を満たそうとすることです。

    奥さんは、最愛の元婚約者と結婚できなくなったので、その心の空白を身近なトピ主さんとの結婚で埋めたに過ぎません。
    別の言い方をすれば、トピ主さんとの結婚は、破局からの逃避行動に過ぎないのです。
    辞令が出てから実際に転勤するまでの僅かの間に結婚にまで至ったのは、そういう心理からです。

    「最終的に選ばれたのは」という見方もあるようですが、元婚約者と勝負してトピ主さんが勝ったわけでは決してありません。
    トピ主さんが、心底奥さんから愛されていないと感じるのは当然のことです。

    ただ、奥さんが理性ある大人であるのなら、元婚約者とよりを戻すなど結婚生活を破綻させるような行動には出ないとは思います。
    元婚約者への気持ちは封印していると思います。

    ユーザーID:9546905022

  •  私なら

     そういう状況下ではそのような女性とは決して結婚はしません。
    長い片思いは、思い出として終わらせます。

     問題の根はトピ主さんにあります。
    いくら今トピ主が抱いている思いを心の奥底にしまったとしても、
    ことあるごとに浮上してきますよ。ゾンビのように。
    トピ主にとって今の奥さんはそういう対象なのですよ。
    つまり、既にトピ主の奥さんはトピ主にとって良い「結婚相手」ではないのです。
    二年も経ってそのような状態であれば解決は難しいと思います。

     それと失礼ながら、奥さんは勝手な人なのでしょう。
    奥さん自身の心の弱さから、自分の安心のためにトピ主に言い寄ったようにしか思えません。
    それは奥さんの「逃げ」ですよ。
    私なら繰り上がり当選は御免です。

    ユーザーID:2178791594

  • 度々恐縮です。トピ主です。続き4

    さて、15日に行き違いで落ち込んだ際、なぜ「妻は私に恋愛感情が無い」と話が飛躍したのか。我ながら不思議です。
    今思うに、不用意発言が男女の機微に属するもので、彼氏彼女の関係であれば泣いて抗議されても仕方ない内容だったのに、妻が必要以上に咎めなかったので拍子抜けし、妙に淋しかったから。

    情けない限りです。体調でも悪かったんでしょうか私。

    妻一筋だったあまり、どうも繊細な女心に疎く、同僚から「奥さんに貼っとけ」と『FRAGILE:割れ物注意』シール(ご丁寧にキラキラのピンクでした)をプレゼントされたこともあります。
    そんな自分のコンプレックスからつい「彼氏くんならこうはならなかっただろう」と彼氏くんの思い出にこじつけてしまいました。

    いやはや論外です、恥ずかしいにも程があります。本当に体調でも悪かったんでしょうか私。


    ところで、結局妻は彼氏くんへの思いを残しているかもしれませんし、私への恋愛感情は今後も望めないかもしれません。

    ただ皆様のおかげで今は、妻は彼氏くんとやり直したいのではなく思い出を懐かしんでいるのだと思えますし、また私の片想いでも構わないという心境です。

    ユーザーID:0722644200

  • トピ主さんが満足なら良いけど

    私は女性ですが、貴方と同じ立場でした。
    年上の彼が子供のころから好きで30手前で、やっと交際・結婚できました。経緯も似ています。

    「なんで今更、振り向いて結婚してくれたのかな?」の疑問がありましたが恐くて聞けませんでした。 
    ひょんなことから、彼の本音が聞けました。 

    子供の頃から損得抜きで慕ってくれて、一番辛い時も無償で下心無しの気持ちで手助けしてくれたから。
    愛情に対して、感謝の気持ちと「貴重な時間を浪費させた罪滅ぼし」の心が大きかったそうです。 
    それと今後何か起こった時に、一緒に居てくれる相手が他に思い浮かばなかったから。
     
    これって愛情じゃないです、都合がいい相手の究極です。
    友人の一部は「それって凄い信頼」と言いますが、彼女達は伴侶に真っ当に愛されているから言えるだけです。

    私は離婚しました、無理です。この先、何十年は過ごせないと思いました。
    心の根っこに元恋人が居る人です。
    いつ何時、目が覚めてしまい復縁したり・本来の好みの女に目が行く可能性がある人と添い遂げられないと考えました。 
    愛情は種類も深さも、同じで無いと辛いです。

    ユーザーID:2253058178

レス求!トピ一覧