妻が亡くなって

レス80
(トピ主14
お気に入り102

家族・友人・人間関係

ともちゃん

私は、40代半ば男性です。
高校生と中学生の男の子2人おります。

私の妻は、5年前にがんが発病し、手術や抗がん剤治療、放射線治療など3大治療すべてに立ち向かってきましたが、残念ながら昨年末にこの世を去りました。下の子が高校を卒業するまでは生きたいと常々私に語っていましたが、そこまで立ち向かう力は残っていなかったようです。

私は妻の介護、仕事や家事など精一杯やれることには取り組んできましたが、一周忌が段々と近づくにつれ、生きることに本当に疲れてきました。子ども達が社会にでるまではなんとか頑張らなければとは思っていますが、なぜか意欲がわかなくなってきています。

どのようにすれば、生きる希望がわいてくるでしょうか?
些細な助言でもかまいませんので、私に助言をください。

よろしくお願いします。

ユーザーID:4543242571

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数80

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 頑張られましたねぇ

    こんにちは
    暑いですが体調いかがですか?
    今の状態は必死で頑張られた結果なのだと思います
    喪失感や張り詰めていたものみんな決壊しちゃったんですね

    あまりおつらいようでしたら
    病院にかかってください
    そしてゆっくり休んでください
    お子さんも、もうお父さんを支えられる年齢ですよ

    少し自分を見つめてください、どんな苦しみも
    必ずいつかは消えますよ

    ユーザーID:1793670401

  • お勧めの方法

    恋をすることです。
    好きな人を、抱くことです。

    これが、薬になります。

    (きっと、自分の場合だけではないはず。死別の苦しみ特効薬)

    (完璧な治癒にはなりませんが、その時間があることが、
    生きてく糧になったりします)

    時折、死別後の恋愛に否定的なご意見も見かけますが、
    死別経験者は、この世に遺されても、日々を営むことがつらいものです。

    ユーザーID:0841673954

  • 頑張らない

    ともちゃんさん、
    5年余 看護、家事 お疲れさまでした。
    頑張りましたね。

    生きる意欲が湧かなくなってきた  当然です。
    今、100m走のスピードでマラソンを走った様な状態なのだと思います。
    全精力を使って、5年間を走り抜けたら、力はもうありません。
    そして どうしようもない喪失感。

    身体に力が入らないのは、当然なんだと思って下さい。
    どうして、なんで? と考えなくてもいいのです。

    今 すべき事は、
    頑張らないこと
    とことん大泣きすること
    子供達のために強くあろうとしないこと
    自分はスーパーマンじゃない と認めること

    とことん悲しんだら、前に向かう気持が湧いて来ます。
    生きている限り 心に光が灯る日は必ず来ます。
    その日を楽しみに、
    今は悲しんでいていいのではないかと思います。

    お子さん達も、悲しんでいると思います。
    悲しみを共有できたら、お互いに癒しになるのではないかと思います。

    この度は、ご愁傷さまでございました。

    ユーザーID:9911879300

  • 大変でしたね…

    おかけできる言葉がみつかりません。
    もし自分があなたと同じ立場だったらと思うと…
    今 主人にもしものことがあったらと思うと、その辛さにたえられるか、もう一度立ち上がって歩きだせるのか、わかりません。毎日自営の仕事が辛くて私が死ねば、私の保険で少しは助かるかなと思ったりしているけどその場合、私が思い描く家族の顔は…笑っている顔
    もし自分が子供だったら
    やっぱり親はたとえ一人になっても、生きていて欲しい。出来れば元気でいて欲しい。欲をいえば亡くなった人を忘れることなく、でも笑っていて欲しい。
    毎日 毎日 死んだ方がましかな なんて考えながらもこの世での仕事がまだ終わっていない私は…この仕事が終わらずに逃げ出すとなんだかもう一度チャレンジさせられそうで、それだけはどうにも我慢ならないので、心の中で必死に自分のお尻をひっぱたきながら毎日頑張っている私と…一緒に生きましょうよ。
    自分から終わらせちゃだめですよ。必ず神様が迎えに来てくれますから。
    息子さんたちのこれからをきちんとみてあげないと、奥様に怒られますよ。ね

    ユーザーID:3957772118

  • 同じ思いの患者家族同士の繋がり

    私は北米在住ですが、近所の方が癌の手術をして助かったのですが、この方が言うには同じ病院の、同じ患者同士のグループがあって、お互いに自分の悩みや、痛みを聞いてもらったり聞いてあげたりと、支えあってるグループがあると。

    そう言うのがあるなら、患者家族の支えあうグループもあると思います。検索してみたらいろいろ出てくるようです。同じ思いの遺族同士なら、深い悲しみも解ってもらえると思います。

    愛する奥様をこれからきちんと、供養して上がられるのはトピ主だけです。お子さん達はこれから巣立って行きますが、トピ主だけは何時もそこにいて、きちんと供養してあげて下さい。


    *お子さんが中高生なら、もう留守番出来る年齢です。一周忌が終わったら、海外へでも旅をして、気分転換してみませんか。一週間ぐらい休みを取れませんか?知らない外国を、ぶらぶらするだけでも、疲れが取れると思いますが。今なら円高でお得ですし。

    ユーザーID:3334178686

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 逆ですよ!

    確かにまだ一周忌を迎えず、お疲れのところもあるのでしょうが、可愛い子供が二人もいるのにどうしてそんな風に考えるのでしょう?奥様に対する気持ちが記述されていませんが、伴侶を亡くしてがっくりということでもないのでしたら、一喝ないと駄目ですか?奥様はきっと、子供たちを立派に育て上げることを望んでいるはず。あなたが何もかもヤル気を無くしてしまったら、うかばれません。まだ働き盛りですよね。私なら、もし夫が先立ったとしても子供は自立できるまで、幸せになるまで見守りたいし、頑張らなければと思います。男の人って、そういう気持ちが薄いのでしょうか。もしかしたら、この暑さもヤル気を失せさせているのかもしれませんね。それは、分かりますが・・
    生きているからこそ、光も見えてくるんです。奥様の分までどうか、生きてお子さんとの絆を再確認してください。

    ユーザーID:5867955246

  • おそらく頑張りすぎです

    奥様を亡くされて無我夢中でやってらしたんでしょう。
    ここいらですこし手を抜いてみませんか?

    子育てと仕事は手を抜けないでしょうから、家事代行サービス
    とか、おかずの宅配などを利用するとかです。

    あとお母様はお元気ですか?もしお元気でしたら週に2,3日
    でもお手伝いをお願いするとか。

    でもお子さんも大きいので、
    お手伝いというか家事を分担させてもいいですよね。

    ユーザーID:6879494221

  • 「奥さんの分も生きる」ではダメ?

    せめて、奥様の果たせなかった下の子が高校を卒業するところまでは頑張れませんか?
    奥様のためにも。
    卒業式の日、奥様の遺影を持って式に参加したいとは思いませんか?
    奥様に、下の子の卒業する姿を見せてあげたいと思わないでしょうか?

    同じように、子供たちが結婚するとき、孫が生まれたとき、奥様に代わって、奥様の分まで、祝ってあげたいと思いませんか?

    奥様の意志を継げるのはトピ主さんだけだと思います。
    奥様の分まで、生きる必要があるのではないでしょうか。

    ユーザーID:8675874628

  • お辛いですね。

    私たち夫婦の場合は
    事故で5歳の息子を亡くしました。

    息子が生き甲斐のようなものだったので
    泣いて過ごす日々を越えた後も

    何の為に生きているのか
    何故一緒に死んでやらなかったのか
    どうしても考えてしまって
    無気力な日々が続きました。

    それから暫くして
    夫の母が
    「こんなのを作ってみたら?」
    と勧めてくれたのがアルバム作りでした。
    息子が産まれてからの2000枚程の写真を
    スクラップして、アルバム作りを始めました。

    それで心が癒えたかどうかはわかりませんが
    思い出を一つずつ整理して
    気持ちが落ち着きました。

    亡くなった方との思い出に浸るのは良くないと言われますが
    立ち直る為には
    まずは思い出に浸ることも悪くないと思います。

    奥さまとの思い出の場所を巡ったり
    写真を整理してみたり
    してはいかがでしょうか?

    ユーザーID:4713164239

  • プロの手を借りるときでは?

    奥様のこと、お悔やみ申し上げます。

    私は母だけの一人親家庭で育ちました。
    父は突然の事故死だったので状況は違いますが
    母は常々、がんばろうと思えたのは
    私たち子供がいたのと、祖父母の支えがあったからだと言っています。

    お子さんたちを支えに!というのは簡単ですが
    もっと具体的に、トピ主さんご自身の問題の根っこから
    解決していかれるほうがいいのでは?と思いました。

    たとえば家政。
    中高生の男の子なら、家事の手伝いはあまり期待できないでしょうし
    お仕事と家事では物理的にへとへとなのではないでしょうか?
    この点、母は祖母に一任していました。
    ご親族やヘルパーさんなどの手を借りることはできませんか?

    また、精神面について。
    これもプロの手(カウンセラー)を借りるときかもしれません。

    トピ主さんが倒れてしまっては
    それこそ、奥様が大切に大切になさってこられた家族が
    崩壊してしまいます。
    と、これもまたプレッシャーになっているものの一つだとは思うのですが。

    人に預けられる荷物は預け
    大事なことだけに専念できる環境をつくれませんか?

    ユーザーID:1756748375

  • 時間薬

    こんにちは
    状況が似ているので思わず書き込みさせて頂きました。
    違いと言えば、子供の数と、私の妻はガンと分かってから半年で逝ってしまったことでしょうか。
    7年前になります。

    亡くなられてから半年くらいですよね、一番きつい頃かなと思います。
    精神的や肉体的な疲れも溜まってきますし、仕事してたり子供がいると外に疲れを出せませんよね。

    私にもどうやって切り抜けたかは分かりませんが、言い古された言葉ですが、タイトルしかないかなと思います。
    趣味的なものに走るか、お子さんを預かってもらって何日か休むか(状況が分かりませんので可能ならですが)
    好きな本か何かに浸る時間を作るか。

    そうやって時間が過ぎていくのを待ちましょう。
    あなたの疲れをなくすことが、今は一番、お子さんの為にも良いことだと思います。


    頑張りすぎないようにしてください。

    ユーザーID:0152842619

  • ご心痛、お察しします

    お辛いですね。
    真っ暗などん底で、やっと呼吸している状況かとお察ししますが
    どんな言葉を使っても、今のトピ主さんには届かないはず。

    ご心痛は理解できますが、ガンバレ!とは言いません。
    「今は、その暗闇に身をゆだねて心と向き合って」
    「時間薬が必ず楽にしてくれる」としか言えない・・。

    奥様の「下の子が高校を卒業するまで生きたい」には、泣けてしまいました。
    私の姉は、小5を筆頭に小4・保育園児を残して旅立ちました。
    奥様と同じ病名です。最後まで「生きたい!」と願っていたのに・・。
    生きたいと願いつつ残される夫や子供には
    感謝と母としての思いを伝えた手紙を残してました。
    姉は、覚悟をしていたのですね
    残された兄の精神状態は、見るに耐えられなかったですが
    今兄は、孫に囲まれ穏かな生活を送っています。

    トピ主さん、いつか心静かに奥様に手を合わせられる時が来ます。
    今は時間薬だけでなくお医者さんからも薬を処方して頂けますよ。
    ほんの少し楽になれるかも知れません。
    助言にはなりませんが
    頑張らずに、お子さんとの生活を大事になさって下さい

    合掌

    ユーザーID:6633150131

  • ゆっくりと生きてください!

    本当にお辛かったですね。お子さん達も・・
    奥様の無念も考えただけで切ないです(涙)
    去年末から、気を張ってがんばって来られたんでは
    ないでしょうか。

    お子さんやご両親などに、心配かけないよう元気に
    努めて明るく・・・みたいに。一息ついたところで
    無力感になるような感じわかるような気がします。

    少し、心が疲れてらっしゃるんだと思います。心療内科
    などでカウンセリングを受けて見てはどうでしょうか?
    先生に不安や悲しみを話すだけでも心は軽くなると
    思いますよ。

    もしかしたら初期の「鬱病」かもしれませんし・・・
    それならば、お薬で改善しますし。

    それでも、大切な方を亡くされて、まだ一年も経って
    ないんですもの。生きる希望がわかないのは無理もないですよ(涙)

    どうか、頑張り過ぎずにゆっくりと生きてください。
    お二人のお子さんとゆっくりと・・ですね。

    ユーザーID:5976491048

  • 同級生も

    私も40代半ばです。
    高校時代の同級生もがんで亡くなりました。
    ずっと付き合いがあったわけではないので、共通の友人から聞いたのですが、
    34才位でがんが発見され手術もしたものの、40才目前にして亡くなったそうです。
    子供の小学校の卒業式には車椅子に酸素ボンベを付けて参加したそうで、
    私より彼女とずっと仲良かったその友人でさえ、そのことは亡くなった後、旦那様から聞いたそうです。
    私がその話しを聞いたのは五年ほど前ですが、亡くなった彼女とは結婚式に参加して以来会っていなかったので、
    元気な姿しか思い浮かばずとても悲しかったです。
    アドバイスにならなくてすみませんが、悲しい時は思いきり泣いて気持ちを吐き出して下さい。
    無理に頑張る必要はないのですよ。
    友人や親、あるいは患者会など探して同じ経験をした方達と語り合うのもいいかもしれません。
    決して一人で気持ちを抱え込まないようにして下さいね。

    ユーザーID:6566530778

  • 1人で頑張っているのなら、それをやめてしまいましょう

    トピ主さん、こんにちは。
    奥様を亡くされた事、心からお悔やみ申し上げます。

    今までとても頑張ってこられたのですね。
    でも、あなたは1人きりで頑張らなくてもいいのですよ。

    父子家庭への手当など、公的支援は受けていらっしゃいますか?
    ファミリーサポートやボランティアなど、役所に相談はされてみましたか?
    会社に、メンタルヘルスの相談窓口はありませんか?
    周りに、相談できる人や頼れる人は誰かいませんか?
    配偶者を亡くされた方の集う会などは近くにないですか?

    あなたは1人で頑張らなくてもいいのです。
    奥様を亡くされて、あなたの肩に奥様の分まで役割や仕事が載ってきてしまったのだから、
    疲れてしまったり意欲がなくなってしまうのは当たり前です。

    あなたの肩に載っている重さを、少しずつ減らしてしまいましょう。
    そのために周りの力を借りるのは、恥でもあなたの力不足でもありません。

    こんなレスしかできずごめんなさい。

    ユーザーID:5349470899

  • 3年半前に夫を亡くしました

    夫が亡くなったとき、18歳の女の子と、17歳の男の子がいました。今は22歳と21歳です。子供たちには内緒ですが、歳が近くなっていくためか、年々夫の面影を子供たちにみるようになりました。半分、夫なのですから当たり前なのですが、夫亡き今は、別の意味で子供たちの成長が楽しみです。歳を重ねれば、もっと似てくることでしょう。本人たちには申し訳ないんですけど、私は今、亡き夫の面影を見たくて、子供たちを見つめていることがあります。

    奥様が遺された子供たちをごらんになって、いかがですか? 奥様の面影はございますか?

    お子さんたちを眺めれば、奥様にはいつでも会える。

    少しでも、なぐさめになればいいんですけど。

    ユーザーID:3489299763

  • 今まで気が張ってたから・・・・

    お悔やみを。
    文面からは主さんの心の内が読み取れないのですが、
    もう少し、どんな風な気持ちなのか
    書いてみてはどうでしょう?
    自分の気持ちを客観的に書き出し、まとめる、分析する、
    そうすることで解決策が見えてくるかもしれません。

    ユーザーID:2533916384

  • うちの父が・・

    私が高2の時に母が亡くなり、
    父は憔悴しきってました

    鬱になり全財産をもって蒸発・・

    私と弟は高校をやめ2人で生活してきました

    こうならないように・・

    趣味を見つけるとか
    たまにはお自分の時間をもつことも大切だと思います

    無理だけはなさらないでくださいね

    うちの父も(蒸発してたけど、数年後お金がなくなって帰ってきた)
    私の子(孫)が出来てからはすごく元気になりました

    ユーザーID:8304832285

  • 奥さんは

    あなたのみやげ話を待っていますよ。
    息子さんのお嫁さんの話やら、奥さんにおも影のよく似た孫娘のはなしやら。
    奥さんが経験できなかったことをあなたが経験してお話してあげないとね。

    ユーザーID:7344433789

  • お疲れ様

    男ってダメですよね。自分も2児の父です。妻は元気で
    す。もし、先立たれたら、あなたと同じに様に出来るか
    自信がありません。この1年、本当にお疲れ様でした。

    実は、自分は8年前、大きな交通事故に遭い、生死をさ
    迷いました。妻は、2人の育児と病院を行きしてました。

    今は、就労してますが、障がい者になってしまいました。

    今も週2回、施設に行ってます。(脳損傷のリハです)

    施設で、70代のおじさん。日付も何もかも忘れてしまう人
    Aさん。訓練士さんが、「Aさん、好きな言葉」ってありま
    す?

    Aさん/「十人十色」!

    皆、「へ?」「うわ〜〜良い事云うね」と感心。
    本当は記憶障害・集中力の低下・人格変化など、人間とし
    ての基本的な尊厳を喪失して苦しいのに・・・

    なぜ「十人十色」なの?って聞いたら、
    Aさん「障がいも色々、苦しみ、悲しみも人それぞれ、生き
    ていれば、それで良い」

    2度、感動しました。

    トピ主さんの文から、少し心の負荷を感じます。心療内科、
    精神科を受診してリセットしてください。「十人十色」。

    ユーザーID:7227473153

  • そんなぁ〜

    私は、高校受験の直前に
    父親を亡くしました。

    その時に、母親がとても
    痩せちゃったんです…
    食事もとれずに…
    しばらく、笑うことさえなかったんじゃないかな…

    そういう姿見たりすると
    子供って敏感に感じとるので、とてつもない不安に襲われるんですよ。

    不安で勉強が手がつかなかったり…
    笑えなくなったり…

    やっぱり、親には笑っていて欲しいかな。
    それだけで、子供は安心できるからね。

    トピ様、家族が亡くなり
    気力が無くなるのは当たり前です。
    でも…子供はもっとショック受けているんですよ。

    トピ様に早く笑顔になってもらいたいな。
    その笑顔を見て、家族みんなが早く笑えるようになれるといいですね。

    最後に…ご冥福をお祈り申し上げます。

    ユーザーID:2096867390

  • 遺族の会など

    このたびはお悔やみ申し上げます。

    なんと申し上げたらよいのか、分かりませんが、お住まいの地域に、遺族の会などはありませんでしょうか。通ってらした病院や、お住まいの自治体に問い合わせたり、あるいはネットで検索すれば、そういった団体が分かるかと思います。

    別件ですが、私も家族のことで悩んでおりました。そのとき、家族の会に参加し、同じような立場の人と話して、かなり心が軽くなり、救われた思いがしました。

    トピ主様の心も、救われますように。

    ユーザーID:6946077262

  • しばらくは

    私の父が数年前伴侶の母を亡くし、最初の1,2年は生きる意欲を失くしているような感じでした。
    母の生前は、父自身長生きして日本の行く末を見たいとか、海外をたくさん見てまわりたいとか、いろいろ意欲を燃やしていたのに、母が亡くなると人生に執着しなくなってしまったようです。
    もうそんなに長く生きる必要ない、というのがあの頃の口癖でした。
    自分を一人残して逝ってしまった母を恨んでいるようなことも冗談めかして言ってました。
    が、母が他界して半年後、父は体調を崩して入院、手術を受け、否応なく治療に専念し、病気をとりあえず克服して1年が過ぎた頃くらいから、徐々に以前のような父に戻ってきて、今は一人の暮らしを満喫しているようです。
    一日一日を積み重ねていくうちに、少しずつ少しずつ…。

    トピ主さんは今一番しんどい頃かと思います。
    生きる希望ってそんないつもいつも持てるものでもないと思うのです。
    今は、ひたすら静かにお子さんたちと一日一日を終えることだけでいいのではないかと思います。

    毎日起きて寝る、この繰り返しだけの日々も人生にあってもいいと思います。

    ユーザーID:5239265743

  • 同じです。

    まだまだです。
    私は昨年4月に主人を突然死で亡くしました。
    いまだ、流されるように日々をおくっています。
    子供も高校、中学、小学生がいますが、子供に不安を与えないよう、過ごしています。
    でも、まわりに心配をかけないように、今まで来ましたが、もう耐えられない。
    と、思ってても大丈夫です、だっておいて行かれる、残される者の気持ちがわかるから・・・。
    横ですが・・・風さんまだ亡くなって間もない人に恋って…。
    誰も替りにはなりませんよね。驚きました。

    ユーザーID:7526840663

  • いろいろなご意見ありがとうございます 1

    ミニーさんへ
    妻と私は高校の同級生で、お付き合いは27年ほどになります。伴侶を亡くしてがっくりです。ともに20年以上婚姻関係があり、仲良く生活してきました。病気が発覚してからというもの本当に二人で病気に立ち向かっていました。絶対直ると手術や抗がん剤治療も励まし合って続けてきました。最後は、転移し、痛みが激しくなりました。余命三ヶ月と主治医の先生に告知されましたが、たった3日で逝ってしまいました。もっとしてあげられることはなかったかなど後悔だらけでした。子どもたち二人とはしっかり絆を深めています。手伝いもしてくれます。ただ、いいたかったのは、なぜか、一周忌を迎えるにあたって、なぜか無気力な自分がいるのです。子どもたちについては、亡き妻と立派に育て上げると約束したので頑張りすぎずいきたいと思います。
    匿名様へ
    妻が亡くなる前に、妻の病院友達も同じ病気で逝ってしまいましたので、その方とは交流があります。気分転換大事ですよね。考えてみます。
    なな様へ
    亡き妻とは、命を落とす直前に約束しました。子どもたちを育て上げると。
    頑張りすぎない程度にですけど。

    ユーザーID:4543242571

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 助言ではないですが

    ともちゃんさま

    長い闘病生活を支えて頑張られたのですね。言葉では言えない辛い経験をされたことと思います。
    私は約2年半前に末期がんで母を亡くしたアラフォーです。最後は自宅でという本人の希望に沿い、仕事を辞め父と二人で看取りました。死にたいと思いましたが、父がいる間は生きなければと思いました。
    再就職しましたが、当時の記憶があまりないのです…突然涙が出て、全く意欲がわかず…いろいろ本を読みました。

    2〜3年立ち直れないことも「よくある」そうで「ああ自分だけが弱すぎるんじゃないんだ」と安堵しました。

    グリーフケアをご存じですか?伴侶を亡くした方など色々なケースがあるようです。そういう会に参加されてもよいかもしれません。
    私自身、先日偶然経験して、同じ思いをした方と話すことは想像以上に心に響きました。「本当に理解してもらえた」と初めて感じました(共通点が多く見送った後の気持ちも全く同じで驚きました)。
    2年半たった今、楽しいと思えることができました。半年前は考えられなかったことです。

    どんな形でもいい、2〜3年だけやり過ごしてみてください。
    その時にまた考えてみてください。

    ユーザーID:8261666273

  • ありがとうございます2

    tomo様へ
    私もtomoさんの頑張らないことを実践しているところです。ほんとうに頑張りすぎないって大切だと思っています。ただ、一つだけ頑張らないといけないことに子どもの弁当づくりがあるのです。これが男親としては大変なんです。きちんとやっている方もいらっしゃいますよね。

    風様へ
    お勧めの方法ありがとうございます。でも、まだそういう気分になれない自分がいます。亡き妻の優しさ・思いやりは忘れられません。

    みりん様
    本当に毎日暑いですね。配偶者の喪失感は想像以上です。子どもたちにはいろいろな面で支えられています。寂しい想いをしていると思いますが、手伝いもしてくれる母親に似た思いやりのある子達です。今、私は意欲を失ってはいますが、「時間薬」というものがあるらしいので、それに期待しているところです。今は一周忌に納骨をしようと考えているので、お墓の用意をしなければと考えているところです。

    ユーザーID:4543242571

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • ありがとうございます 3

    decision様へ
    息子達は運動部でそれぞれ活動しています。私の時間の許す限り試合や練習試合の応援に出かけています。亡き妻は携帯位牌をもっていつも連れて行きます。きっと亡き妻は子どもたちを応援してくれていると思います。decision様のおっしゃるとおりです。自分もそう思っています。ただときどき、無気力になってしまう弱い自分がいるのです。男はこういうとき本当に弱いです。

    ユーザーID:4543242571

  • トピ主のコメント(14件)全て見る
  • 頑張らないでください

    お疲れ様です。パートナーに先立たれることは人間にとって一番辛いことだそうです。わたくしも37歳のときに39歳の夫をがんで亡くしました。たった1ヶ月の入院で・・・・。本当に辛くて小学生の子供が1人おりましたが、夜中に号泣して目が覚める・・・ということが何ヶ月も続きました。死んだ人は残された人より良いな・・・などと思ったものでした。でも、時がすべてを解決してくれます。今は喜びの無い空しい毎日だと思っていても、あなたには愛すべきお子様、2人もいるではないですか!
    悲しいときは無理して立ち上がることは無いですよ。立ち上がりたくなった時にどうぞ立ち上がってください。

    ユーザーID:7628482604

  • 姉が今闘っています

    まだ小さい男の子二人の母である姉が、いまガンと闘っています。姉の夫の献身的なサポートには、心から感謝し、離れて暮らす私にはなにもできできないことを、いつも心苦しく思っています。
    主様のご実家、奥様のご実家のどなたかに、苦しい気持ちを話されてはいかがでしょうか。淋しさやこれからへの不安を話すだけでも少しだけ楽になれるのではないでしょうか。きっと何か役に立てないかと思っている方が周りにいます。

    奥様と共に闘った疲れがいまでているのだと思います。
    いまは頑張りすぎないで、自分で何もかも背負わないで、心身ともに休める時期なのかもしれません。
    まだまだ暑い日が続きます。ご自愛くださいませ。

    ユーザーID:0928650242

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧