• ホーム
  • ひと
  • 母のドクターショッピングに困っています

母のドクターショッピングに困っています

レス24
(トピ主10
お気に入り23

家族・友人・人間関係

ライチゼリー

小町の皆様のご経験やお知恵を拝借したく、この場をお借りします。

私の両親は80代と高齢ですが、齢の割に健康で大病を患うこともなく、夫婦二人だけで日常生活を送っています。自治体の高齢者ご担当の方、デイケアやヘルパーさんのお世話にもなっています。

その母が70代からドクターショッピングに凝り始め、ほぼ毎日複数の病院・クリニックへ通っています。大きな病院では検査結果に基づいて、なんの処方もしないのですが、母はそれが不満で、とにかく医師が相手をしてくれて自分の気にいる病名をつけてくれるクリニックを探し回ります。

困るのは、そういうクリニックで処方箋を頂き、調剤薬局で大量の薬を入手してくることです。調剤薬局でお薬手帳をと言われても、忘れた・医者が大丈夫と言っているなどと言い、正確なお薬手帳が存在しません。

母は認知症のテストも受けたことがありますが、まったく問題はありません。

一時、薬の飲み過ぎが原因と思われることで、全身がむくみ味覚を失ったことがあり(味覚は回復していません)、それ以来、母もすべての薬を飲むことは危険だと認識しており、その日その日で数種類を選んで飲んでいますが、危険なことに変わりありません。

せっかくここまで健康で過ごしてきたのに、残念でたまりません。一方父は本当に必要な薬だけを医師の指示通りに飲んでおり、食事を楽しんでいます。

母はブランド学歴が好きなので、有名病院の医師にドクターショッピングをご注意頂いたのですが、母は二度とその病院へ行かなくなりました。

高齢者でも無理のない旅行や買い物へ誘ったり、同窓会への参加など提案しても、すべて否定されてしまいます。医者でもないのに口出しするなという反応です。

大きな紙袋2つに薬を詰めて帰宅する母を見ると悲しくなります。娘の私にできることはないでしょうか?

ユーザーID:7603595568

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 無駄使いは止めさせて下さい。

    そういう、お年寄りが居るから医療費が高くなって困ってるんです。

    趣味で、通院するなら、是非、自費で受診してください。

    一度、自費で受診をさせたら、金額の高さに驚くでしょう。

    お婆さんに言い聞かせましょう。

    お婆さんがお医者さんに行って、支払ってる、診察料・投薬料は全料金の一部で、他は日本の人のお金を無駄使いしてるのよと。

    他人から見たら非常に恥ずかしい事をしてるのよって。

    日本の国民のお金の無駄使いをしてるのよって、教えてあげましょう。

    ユーザーID:2524188427

  • 母もそうでした

    あちこちのお医者さんに行っては薬をもらってきて、自分勝手な判断で「これは調子が悪くなるから飲まない」と。お医者さんには「飲んでる」と言うから、お医者さんは飲んでる前提で検査結果をごらんになるわけで、当然、いろいろな身体の調子と薬が合わなくなり、母はますます自分勝手に自分の薬を調整するようになりました。
    去年3月、ウィルス性脳炎を発症、記憶が無くなりました。入院先のお医者さんは、当然、今までかかっていた病院の処方通りに薬を飲ませます。結果、いろいろ数値が悪くなり「変だなあ」と言われながらも、なんとか薬を調整してくださって、母の体調も良くなりました。
    調剤薬局さんは、お医者さんに連絡を取って、薬の調整をしてくださいますよ。お薬手帳を持って行けば「この薬は、こちらの病院から出ているから要りませんね。ちょっと先生に確認しましょう」と薬が競合したりしないようにしてくれます。薬を減らせば薬代安くなりますよ。
    現在、被災地で薬も足りないのはご存じですか? 生産量が追いつかないので、出来るだけ長期の処方は控えて、大勢の人に薬が回るようにしています。ご協力くださいってポスター、医療機関にありませんか?

    ユーザーID:2504427149

  • 保険制度のためにも止めさせて〜

    幸いお父様はお元気なようですから、2人でお母様を止めて下さい。
    健康保険制度が財政難の今、気休めの医者周りなんて。保険証を
    取り上げて、一度自費で負担してもらってはいかがですか。

    ユーザーID:0778907904

  • お気持ち分かります

    うちも同じくらいの親がいます。
    娘は親が大事だからこそ、心配して色々言ってしまうんですよね。
    でも本当になかなか分かってくれません。
    私も何度ケンカになったことか・・
    やっぱり元気そうに見えても、年々衰えを感じ、本人はどこか悪いのではないかと思ってしまうみたいです。
    トピ主さんのお母様もお医者様が薬を出してくださり、それを飲めばさらに元気になれると思ってらっしゃるのでしょう。
    そして、いざという時、薬があると安心なんだと思います。

    私は頂いてきた薬をネットで調べ、それを印刷し見せたり、強い薬に関してはお医者様にこっそり電話をして相談したりしています。

    お母様はお薬を全部飲むことは危険だとちゃんと分かってらっしゃる。
    心配ですが、お互い温かく見守っていきましょう。

    ユーザーID:6136441533

  • 保険制度の浪費も心が重いです

    コマ様、みんみん様
    ご指摘の通りです。私も何もしなかったわけではなく、母がドクターショッピングを始めた当初から、父や私で、自分で全額払っているのではなく、国民が皆で払っているのだから無駄遣いはいけないと話してきました。でも母は、私は特別な体とか、娘なのに老人を虐める、死んでやる(こう言い続けて20年なのですが)、医者がどんどん来なさいと言っているなど反論し、今ではこの話に及びそうになると、席をはずしてしまいます。
    またこういう話をして私が帰宅したあと、父が母の罵詈雑言や虐めにあいますので、最近はしなくなりました。

    うちの家族は人間ドックくらいしか病院へ行く機会がないのですが、先日夫がケガをしたとき付き添って行ったところ、これから仕事に向かうという方々や学齢期のお子さんもいらして、皆さん時間の余裕がないわけで、母のような存在は迷惑だなと感じました。わかっているからこそ、止めさせたいのです。

    ユーザーID:7603595568

  • 高齢者を真に理解するのは難しいですね

    みんみん様
    保険証を取り上げてというご提案ですが、父と兄と私で相談して、兄が一度実行しましたが、「あなたの甲斐性がないから全額自分で負担できない」と幾晩か寝かせず父を責めたので、仕方なく返しました。お世話になっている自治体の担当者の方も、人権上問題があるので、保険証の取り上げはやめてくださいとのアドバイスでした。

    さらしな様
    お母様のお話、ぞっとしました。体調がよくなられたそうですが、ご心配ですよね。質問なのですが、お母様はその後、ドクターショッピングをなさっていませんか?
    お薬手帳ですが、母は複数持っていると思います。それを見事というほど使い分けています。今では、さびれたクリニックばかり訪れていますので、医師も母の言いなりのような印象です。私や兄が母のクリニックショッピングや調剤薬局通いについていったことがありますので、母の相手をしてくれる医師はいくらでもいるということはわかっています。

    mai様
    そうなんです。母は年をとることにおびえているのだと思います。私の姑は難病と闘いながら暮らしておりますので、母には健康に齢を重ねたことを楽しんで欲しいのです。

    ユーザーID:7603595568

  • 母のような高齢者は珍しくないのでは

    mai様

    >私は頂いてきた薬をネットで調べ、それを印刷し見せたり、強い薬に関してはお医者様にこっそり電話をして相談したりしています。

    大切なことですよね。特に入院などするときは、飲んでいる薬を申告しなければなりませんし。父は2種類の薬を医師の指示どおり飲んでいるのですが、処方の薬が変わると私に言うので、父と二人で添付の説明書を丁寧に読むようにしています。
    母は、袋や説明書をすべて自室にしまいこみ、缶に仕切りをした薬箱を作りそこに薬だけを入れ、「薬を見ただけでわからないような素人が口出しをするな」と私に薬名を調べさせません。

    夫のケガ用の薬を調剤薬局に頂きにいったところ、既に大きな手提げ紙袋に大量の薬を持って入店し、処方箋を提出してさらに薬をもらおうとしている高齢者(男性)を見かけました。薬剤師さんが根気よく、「その袋に入っている薬と飲み合わせに問題がないか調べましょう」と仰っても、「いいんだ、いいんだ、あんたは黙って出せばいいんだ」と譲らない様子でした。母もこうなのだと思うと、心が重いです。

    ユーザーID:7603595568

  • 不定愁訴

    高齢になると理由の分からない不定愁訴が多くなります。
    体の調子が明らかに悪い、発熱がある、眩暈がする、なのに検査をしても理由が分からない。。。そういうことが多くなります。

    母も数年前に炎症反応が出ていて高熱が出る。しかもその症状が半年近くも続くということがありました。

    糖尿病から膠原病、ガン・・・様々な検査をしましたが、理由が分からない。

    本人も40度近い発熱なので、苦しい。
    お医者さんの中には、ちゃんと話を聞いてくれない若い先生もいました。

    専門家なのだから、それでもいいと思いますが、苦しんでいる患者としてはたとえガンでもいいから病名を付けて治療して欲しいと思うようです。

    私は半ば強引に「気にしない!気にしない!」と旅行に連れて行ったり、近場の温泉に連れて行ったりして気分転換をさせました。

    炎症反応が出ているのに心理的なものというのは医師にもありえないといわれましたが、結果的には落ち着きました。

    お母様も何か不定愁訴があるのではないですか?
    不安をお持ちなのではないですか?

    一度、心療内科にお連れしてみるというのも手だと思います。

    ユーザーID:2112122221

  • 返信ありがとうございます

    母は脳炎の後遺症で「自分が何をしているのかわからない」状態になりました。24時間見守りが必要なので、1人になることがありません。だからドクターショッピングはしていません。今の薬は合っているはずなのですが、湿疹が出たりかゆみを訴えられたりするとオロオロしました。私も母がどの薬を飲んでいて、どの薬を飲まなかったのか把握していませんでしたから。今は落ち着いています。

    お母様がご自分で管理出来るうちは、いい(良くはないんですが)んです。ご自分の納得いくようになさっているわけですから。でも、今の状態だと本人に管理能力が無くなったら、誰もどの薬を飲ませていいのかわからないようになりますよね。「意識不明になって倒れても、どの薬を飲んでいたのかわかるようにメモだけでも取っておいてくれる?」と頼んでみてはいかがでしょう。

    介護する側の人間に情報が与えられないと、間違ったケアをされる可能性もあります。デイケアで飲んでいる薬(昼食後や食間など)はありませんか? 情報をオープンにしてくれないと、介護するほうが困ると話してみてはいかがでしょう。

    ユーザーID:2504427149

  • アドバイス・・・。

     ごめんなさい。お母様を止めるアドバイスではないのですが、薬はネットで調べることができると思います。
    錠剤ならアルミの所に商品名があると思うのですが、それをネット検索機能にかけると、効能、使用量等見ることができると思います。

     横気味のアドバイスで申し訳ないです。

    ユーザーID:6842758323

  • もう一度冷静に母の症状を観察します

    空吉様

    不定愁訴ですが、私はもう無いものと勝手に判断していました。その根拠ですが1母は病院へは必ずお洒落をしていきます。20分くらいなら文字通り闊歩して行けます。ただし病院に入った途端、弱弱しい歩き方となり、時には待合室でいきなり横になったりします。ところが、病院を出るや、また元気いっぱい、スーパーに寄ったりしてご機嫌なのです。
    2母は40代後半から更年期障害が出て、特に50代前半は重く、まさに不定愁訴に苦しんでいましたが、その頃は少しでも楽になりたいと必死で、症状に合った正しい病院へきちんと通い、薬も指示通り飲んでいました。ドクターショッピングが始まったのは、むしろ更年期障害が無くなってからです。
    3熱で苦しいと言っても、測れば平熱ですし、喉が苦しくて呼吸できないと病院へ行っても、なんの問題も発見できません。

    それでも不定愁訴がないと決めつけるのはいけないかもしれませんね。もう一度、母の症状を冷静に観察してみたいと思います。

    ユーザーID:7603595568

  • 死へ向かって生きることは苦しいのでしょう

    空吉様

    心療内科ですが、私が一人で3回通いました。母だけでなく父も、心療内科と口に出すと怒ってしまい手がつけられなくなってしまいましたので。最初に、のちのちもことを考え、父母の家から通える、地元で評判の良いクリニックへ行ったのですが、露骨に老人問題は扱いたくないという対応でした。その後、自治体のご担当の方から紹介いただいたクリニックへ行ったところ、50代と思しき医師が丁寧に話を聞き出してくださり、何気ない口調で「誰でも死ぬことは怖いんですよ」と仰ったのが、印象的でした。ただし当然ですが、治療は本人を診察しないとできないとのことでした。

    皆さまのレスを頂いてこのように書かせて頂いていると、皆さまのご提案にあることを、ここ20年の対応としてやってきたのだということを確認でき、自分は間違ってはいなかったのかなと、気持ちが楽になっています。母のドクターショッピングが一向に収まらず、父は私が母を責めるから悪化するんだと言うこともありますので、私の対応が逆効果だったのではないかと、不安だったのです。本当に皆さまのアドバイスは有り難いです。

    ユーザーID:7603595568

  • なんとしてでも薬を調べます

    さらしな様

    ごめんなさい。お辛いご経過だったのですね。無神経な質問でした。お許しください。

    母が自分で管理できなくなる時に、備えなければなりませんね。おかげさまで、何が何でも母の薬を調べ上げてやる!という決心がつきました。
    母は、私も兄(現在兄は、保険証取り上げの件でお出入り差し止めになっています)のことも警戒していて、直接聞くことはできないので、母がドクターショッピングへ出かけている隙に、薬缶に入っている薬の商品名を書きとめ、できれば母の部屋を捜索して調剤薬局が発行する商品名と注意書きの書類のコピーを取ってしまおうと決心しました。さらに何をどう飲んでいるかも、母は病気の話を話をするのは好きなので機嫌をとりながら、こまめに聞くようにしたいと思います。

    ドクターショッピングの件は解決できませんが、母のためには一歩前進できるかもしれません。

    とど様
    後押ししてくださってありがとうございます。自治体のご担当の方が、薬がわかれば飲み合わせを調べてくださることになっています。さらに自分でもネットで調べて、母の所持薬品の一覧表を作成し、更新していこうと思います。

    ユーザーID:7603595568

  • 精神疾患の可能性もあります

    お母さんのドクターショッピングを止めさせるにも、まずはその原因が何なのかが分からない事には、根本的な解決にはならないと思います。

    >とにかく医師が相手をしてくれて自分の気にいる病名をつけてくれるクリニックを探し回ります。
    という事なので、自分が健康だと診断されるのは嫌で、何か都合の良い病名を付けてほしい訳ですよね?

    詐病の可能性もありますが、一般的に詐病は何らかの経済的あるいは社会的な利益、もしくは義務の回避などを目的に病気を騙るものであり、トピ主さんの文章を読む限り、お母さんにはあてはまらないように思われます。

    どちらかというと、ミュンヒハウゼン症候群に合致するように見受けられます(長くなるので詳しい解説は避けます。ネット検索すればすぐに出てきますので、是非調べてみて下さい)。病気利得(病人として医師や看護師、家族や友人等に大切にされる事)を得る為に病気を捏造するもので、その為には危険な薬を飲んだり自傷行為に至る事もあり、「病気ではない」と言われる事をひどく嫌うそうです。
    この場合は明らかな精神疾患ですので、心療内科ではなく精神科の受診が必要になります。

    ユーザーID:3018229990

  • もしかしたら

    私は医師をしています。
    よくそういった患者さんが救急にもいらっしゃいます。
    不安を募らせる方ってよくいらっしゃいますからね。

    ただお母様のこれまでをうかがっていると、私は心療内科や精神科の専門ではないですが、ミュンヒハウゼン症候群を思い出しました。
    もしかしたら更年期障害で苦しんでいたときに家族や医療関係者に気遣ってもらったことが忘れられず、その症状が改善した今、詐病をしてでもそれをもとめに、病院に通っておられるのかもしれません。
    そうだとすると病院に行くな!といったアプローチは逆効果になるのかもしれません。
    私は門外漢でして明確な解決法を知りませんが、ふと感想を書いてみました。

    ユーザーID:6864247660

  • 病人は労ってもらえるものだから

    お母さんは明らかに病気です。
    ただし心の病いです。
    ミュンヒハウゼン症候群の疑いがあると思われます。

    病気志願者―「死ぬほど」病気になりたがる人たち

    という本を読んでみて下さい。
    薬の飲み過ぎで体を壊そうと死のうとそれより「死ぬ程」欲しい物があるからなんとしてでも病気になろうとします。ただし精神疾患は別で、精神疾患では哀れまれたり蔑まされたりはしても心から労られ、闘病を讃えてもらえはしないと思っているからです。死ぬ程欲しいもの、それは他人からの労りと賞賛、それも際限なくです。娘のあなたに出来る事は精神科に相談、可能なら受診されることです。

    ユーザーID:8196080538

  • 医療従事者です

    お母様の通院している病院はわかりますか?

    トピ主様が直接病院へ連絡し、先生や看護師さんなどに相談するのも一つの手かもしれません。

    個人情報保護法などありいろいろ難しいかもしれませんが、ご高齢であればご家族が相談や報告をしにいらっしゃるのも珍しくありません。


    私の病院にもトピ主様のお母様と同じような方、たくさんいらっしゃいます。


    なので先生方も服薬に関して嘘を付いてたりするのはなんとなく分かるものです。

    ユーザーID:0532317012

  • 依存症だと思う

    老人施設に勤めてましたが不定愁訴を訴えて薬に依存する方はいます。

    レスの中に病気であると病名を書かれている方がいますが
    その病気に近い傾向は感じますが依存症というほうが
    このトピ主さんの母親にはしっくりくる感じを受けます。

    病名を書かれた方は病気を装うことでかわいそうな自分を演じているので
    病気であると思われたのだと思いますがこの母親は
    かわいそうと言われることよりも薬をもらうことに満足感を覚えている点で
    薬に対する依存傾向の方なのだと私は思いました。

    また、年をとると収集癖が出てくる方もいますがその傾向もプラスされていると思います。

    私が施設にいたときはそのような方にはドクターが説明し少しずつ減らして
    最終的には2種類になった方などもいましたがトピ主さんの環境では難しいですね。

    私がトピ主さんの立場なら80代の母親がその部分に喜びや
    生きがいを感じているのでしたら薬の情報を確認して危険を回避しながら
    薬収集はそのまま見守る方向かなと思いました。

    薬収集は褒められた事ではありませんが口を出しすぎると余計意固地になると思います。

    ユーザーID:5189726006

  • 老年病科へ

    どこにお住まいかわかりませんが、最近大都市の大きな病院には「老年病科」というのがあります。

    子供は大人のミニチュアではなく、子供特有の病気があり、また処方する薬にも注意が必要なように、老人も「大人」の老年版ではなく、特有の症状(多くはどこが悪いのかわからない不定愁訴)があり、また認知症状、複数の臓器が並行して悪くなり、また薬も注意しなければならないものが増えてきます。そうした観点から臓器別ではなく、老年の総合診療科というのがあるのです。

    うちの母も通ってますが、一人に30分くらい時間をかけ、不定愁訴をじっくり聞いてくれて、必要とあれば心臓のエコーや胃カメラ、睡眠時無呼吸の検査からカウンセラーの面談まで、即日手配してくれます。もちろん、薬も重ならないように一括して管理・処方してくれます。

    うちの母はそれでドクターショッピングがピタっと止まりました。

    ユーザーID:2778331720

  • ミュンヒハウゼン症候群を調べました

    らん様、ドロシー様、ぽ〜い様、てんてん様

    わたしのレス内に正確でない表現がありましたので、お詫びして訂正します。2軒目にまいりました、よく相談にのってくださった病院は、メンタルクリニック(精神科、神経科)でした。そこでミュンヒハウゼン症候群との診断は出ませんでした。

    らん様
    ご指摘ありがとうございます。おかげさまで、ミュンヒハウゼン症候群を調べる機会を持てました。素人ですので母の観察しか言えませんが、母は検査と入院を極端に嫌います。特に入院は、他人から生活を干渉されるので絶対に承諾しません。また病気と闘っているというメッセージは皆無です。手術は一度も受けたことがありません。
    精神科の医師は、とにかく母を連れてくるようにと仰っているので、ここから一歩も進めません。でもこのクリニックはケースワーカーさんもとても親身で、母を病院へ連れていく策略について、色々な提案をしてくださいます。ただ母は困ったことに、それより上手なのです。

    ユーザーID:7603595568

  • 救急車も頻繁に呼びます

    ドロシー様
    母は貴女様や他の患者さん方に、ご迷惑をかけている一人だと思います。実は救急車を呼ぶのも好きで、救急外来や消防署(救急)にもご迷惑をかけています。消防署には、私がお詫びに数回伺いました。救急としても、本物の通知のこともありうるので、無視できないと仰います。対策として、母が救急車を呼んだら、救急側が必ず父に症状を確認するということをしていただいたのですが、父が正直に救急車の必要がないと断ったところ、母は父に徹夜で庭を草取りを命じるという虐めに出ましたので、この対策も中止しました。
    深夜、救急外来で診ていただいた後、母は病院の勧めるタクシーを使わず、3キロの道を元気に歩いて帰宅します。

    ユーザーID:7603595568

  • 母の症状が整理できてきました

    てんてん様
    具体的な例をあげてわかりやすく書いていただいて、ありがとうございます。
    母は病気自体にはさほど興味が無いようなのです。大変だ、大変だと言いふらすことに熱意があるのです。家族の労りもあまり好きではありません。家族が労わると、医者でもないのに口出すなとか、病気で死ねばいいと思っているのだろうと攻撃的になりますので、母が病気の話をしたいときだけ話させます。とにかく医師が好きなのです。母は、東大出の医師とは話しが合い、自分を理解できると自慢しています。
    尚、親族にも医師はおりますが、彼らの前では病気の話は一切しませんし、親族のいる病院へは絶対に行きません。
    このことを、精神科の医師へ報告しておいた方が良いですね。今、気づきました。

    まい様
    母の通っている病院は、すべては把握できません。自宅から2時間くらいまでなら、元気に行ってしまいますし、病院のカード類は肌身離さず持っていて、私には絶対に触らせません。自治体のご担当の方のご協力を得て、自宅近くのクリニックには相談できたのですが、母はそれを察するや、そこへの通院を止めてしまいました。

    ユーザーID:7603595568

  • 皆さまのご経験から学んでいます

    ぽ〜い様
    薬と医師への依存が、母の場合、ぴったりきます。薬もほとんどが飲むわけではないので、調剤薬局へ行って専門家の薬剤師さんのお手を煩わせる行為そのもので、満足を得るのだと思います。
    尚、母は期限の切れた薬は正確に捨てており、30種類くらいは所持しているようなのですが、薬名もすらすら言えます。わたしは母が話した薬名と効果をトイレに隠れて書きとめるのですが、帰宅してネットで調べると、母の言っていた薬名と効果の組み合わせに、間違っていたことがありません。

    風様
    はい、老人病科はありがたい存在ですよね。親の家から30分ほどの大学病院にあります。既に兄が相談に行き、親切に対応していただきましたが、やはり患者さんを連れてきてくださいとの結論でした。現時点では、母は心臓が悪いことになっており、そんな老人専門ではわたしを理解できないと申しておりますが、母はころころ病気を変えますので、チャンスがあればすぐに連れていけるように、数年待ち構え続けています。
    母は医師が気に入れば、その医師の指示に従う可能性もあるので、風様のお母様のようにピタっと止まることも、希望を捨てないでいます。

    ユーザーID:7603595568

  • 薬の調べ方

    薬(錠剤)には、一つ一つに、アルファベットや数字が書かれています。
    それが、薬の名前(製品番号みたいな物)です。
    それらを、ネットで検索すると、何の薬かというのが、出てきますよ。
    「○○(識別記号番号) 薬」
    などで、検索してみて下さい。
    すぐ判ります。

    同じ成分の薬でも、発売メーカーによって、違う名前で売られていたりします。
    でも効用は同じ。
    錠剤に印刷されている物は、個々の薬の識別の為にあります。
    粉薬でしたら、個別包装の袋に、なにか、記号番号が書かれていたりしませんか?
    調べてみて下さい。

    ユーザーID:2113259773

レス求!トピ一覧