海外就職のオファーで悩んでいます。

レス15
(トピ主2
お気に入り30

キャリア・職場

Miru

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 国内でも海外でも

    転職経験4回の40男子です。

    転職を決めるのは、「自分が何を優先したいか」で決まると思います。
    これには国内・海外の違いはないと思います。
    もちろん、海外であれば文化などが違ってきますので、決断へのハードルはより高いと思いますけどね。

    私がMiruさんなら、迷わずチャレンジします。こんなオファーもらえる人って日本全国でもそうはいない。
    そんなチャンスがつかめるところにいるわけですよ!

    現地での心配も分かります(以前アメリカで駐在経験あり)が、現地事情にお詳しいようですから、
    そんな事態に陥らないような準備を現地に行く前からやることもできるじゃないですか。

    すでに確認されているとのことですが、私もその立場なら、現地での給与や待遇、保険、年金、税金などなど
    お金にまつわることと住環境をしつこいくらいに聞きますね。

    EUへの転職、実現され、成功されることを祈っています。

    ユーザーID:0956645122

  • 専業主婦からですいません(汗)

    この3年は専業主婦です。トピ主さまの求める対象じゃなくてすいません。

    結婚前も結婚後もずっとフルタイムで働いておりました。
    銀行パートやショップ店員(のちのち店長になりました。)をしましたが、自分から辞めたことは基本的にありません。(事業所の移転や閉店・私が引っ越ししたりで辞めました。)

    うまく言えないんですが、自分の働きや人間性を見て「アナタ、ウチで働きませんか?」と言っていただいたら、ありがたく受けてきました。そして一度引き受けたら絶対に愚痴らず文句言わず、自分から辞めません。
    で、仕事先の都合で職が無くなると、また別から「今仕事していないなら、ウチで働きませんか?」と連絡いただいたり。

    トピ主さまは有能で人脈もおありでしょうし、新しく恵まれた環境に飛び込まれたらよろしいかと思います。
    頑張っていると、別の道に通じると思います。必ず誰かが見ていますから。

    ユーザーID:6121866614

  • ヨーロッパのどちらの国ですか?

    どちらの国か明記されないとアドバイスが付かないのでは?
    ヨーロッパといいましても国により状況は全く異なります。

    ユーザーID:4467523014

  • アラフォーから

    大きなチャンスおめでとうございます。
    余計なことですが、私は、アラフォーゆえに気をつけないといけないことがあるかと思います。
    万が一のご両親の介護
    誰かご兄弟がいるなら問題ありませんね

    ご自身の健康、特に婦人科系
    検診は受けておられますか?まだなら必ず決断する前に受けてください

    同年代として、ご自身のこと、周りの環境ともに考慮する年齢ですよね
    2つがクリアーできるのなら頑張っていってきてほしいです
    応援します!

    ユーザーID:1841832577

  • がんばって

    欧州の企業の日本市場担当で働いているものです。少しでも参考になればと思いつつ、こちらで私が仕事探しをする際に気をつけていることを書きます。

    企業の規模、業務の安定性をよく見極めたほうがいいと思います。というのも、こちらの企業は日本と違って、リストラが日常茶飯事です。正規雇用でも一寸先は闇だったりします。日本の業務が誰かからの引継ぎなのか、それとも新規なのか、今後の見通し、ということは確認したほうがよさそうです。やってみて上手くいかなかったのでさようなら・・・ということも多々あるので。

    あと、労働ビザで縛られると、どんなにその会社がいやでも帰国以外道がなくなるので、ネットなどで会社の評判や社員の勤続年数などを調べてみるのもいいと思います(Linkedinなどで働いている人の経歴が見れると思います)。1-2年でやめる人が多かったりしたら赤信号かも。

    欧州で働くことは、いいことばかりではありませんが、オンオフの切り替えがしっかりしているのでプライベートは充実しています。日本ほど'何歳だからこうしなきゃ'っていう押し付けもないので気が楽です。ぜひぜひ、いい方向に行くことを祈っています。

    ユーザーID:3969800925

  • その国に住んだことある?

    その国に住んだことがあった場合は、オファーを受ければいいと思います。もしその国に住んだことがないなら、トピ主さんに合う合わないがありますので、危険度がましますね。しかも38歳って数年働いたら40歳、私だったらもう仕事で冒険する年じゃないかもと思います。最初の数年は面白いですが、合わない場合はその後がしんどいです。

    そういう私は現在40半ばを過ぎ、海外で働き17年ほど経ちます。最初は楽しかったし居住国もあってるかなと思っていたのですが、何年かして“いや、私この国合わないかも”って思い始めました。駄目だと思ったとき既に時は遅し、いまさら日本でやり直せないだろう年になっていました。(自分でもかなりのんびり構えていたなとあきれています)

    20代なら“考えずに行け!”って言うと思いますが、38歳危険な年齢ですよ。慎重に考えて結果を出してください。私はこの国に骨うずめなければならないかもしれません。

    ユーザーID:8186113617

  • 私だったら行きます

    どの国かわかりませんが、ヨーロッパは女性の年齢を日本ほど気にしない人が多いからです。

    出産が難しい年齢だからお断りとかいう失礼な人が少ないです。
    出会いありますよ!
    変なのに引っかかる率も多いですがね・・・。

    心機一転海外での就職も良いと思います。
    願ってもそのチャンスが回ってくる人ばかりではありませんよね。

    38歳ならラストチャンスかと思います。

    出ましょう!今!

    ご両親の介護問題は起こったときに考えましょう!

    自分の人生です、チャンスです!

    と無責任かもしれませんが、私は思います。

    因みに私はエンジニアですが子供がいて中々海外に出るのが難しいので、老後は海外で、と今から準備中です。
    そんな私から見ればとっても羨ましいですよ。

    ユーザーID:0532403103

  • これから先

    日本の経済はますます窮地に立たされるかもしれません。

    トピ主さんの現在のキャリアや能力でも十分このままでやっていけると思いますが、この先社会がこのままである保証はありません。

    今フィールドを変えると目線も変わります。
    新たな経験を積まれることは貴方ご自身にとっても
    優秀な人材を置きたい企業にとっても良いことだと思います。

    海外勤務は、仕事のチャンスだけでなく、
    人生の上でもプラス面が多いはずです。

    辛いことも在ると思いますが、
    それを乗り越えられない人には最初から機会は与えられません。

    応援しています!

    ユーザーID:7129650878

  • 後悔しない選択を

    私も同じ業界で働いていました。米系企業だったのですが、20代の頃、本社から日本人カスタマーサービスとして転勤をオファーされました。恥ずかしながら英語も日本でしか習った事がなかったですし、アメリカには住んだ事がなかったのですが、迷いよりも行こうという気持ちの方が強かったので受けました。

    その時の状況としては、彼と別れ、認知症で介護の必要だった同居の祖母が亡くなって、介護に当たっていた母の手伝いをする必要がなくなったことなど、新しいことへ挑戦できるような状況に自然となっていたのですよね。

    結果、オファーを受けて転勤しました。もちろん文化や言葉の壁はたくさんあって体調も崩しましたし、仕事も大変でしたが結局今私の人生はアメリカにあります。

    この業界は、乙仲でなければ女性の転職はさほど難しくないのでは?欧州系フォワーダーも多いですし、2−3年現地での仕事経験があれば逆に日本に戻ってもそれを武器に転職できるのではないでしょうか。

    とは言え、大きな決断ですよね。不安な部分は徹底して聞きましょう。それで解消されなければ縁がなかったということです。

    よき人生を!

    ユーザーID:9670829244

  • 仮に失敗に終わったとして

    それでもそこから又人生をやり直せると思うのならやってみればいいのでは? ご自身の精神力や資金力等の有無の確認ですね。

    海外在住(在米ですが)約20年、辛い経験も多々した者からアドバイスするなら、ポジティブな面(海外でのチャンス!など)から先に考えるより、あえてネガティブな面(失敗して帰国したら生計立てる為に何のバイトでもやるつもりか?等)からの考慮をお勧めします。

    良い結論が出せるといいですね。

    ユーザーID:1452864658

  • その国の言葉ができるなら、

    その国の言葉(公用語)ができるなら、私なら行きます。
    自分でできる精いっぱいの努力をするので、悔いはないです。
    ビザサポートをしてくれるというなら、条件は悪くないと思いますよ。

    私はある国に憧れていて、働きながら、夢中で語学の勉強(非英語)をしていました。
    それがリストラに遭い、
    その時見つけた新しい仕事のために某国に向かいました。
    憧れの国ではなかったけど、言葉は同じ。

    あれから約20年、まだその国にいます。
    大変なこともいろいろあったけど、
    家庭を築き、仕事もしているし(職場は変わったけど)、自分の人生に悔いはないです。

    現地語ができるなら、チャンスだと思います。

    応援しています。

    ユーザーID:0084291027

  • レスありがとうございます。

    たくさんのご意見をいただき本当にありがとうございます!
    それぞれ、なるほどな、おっしゃるとおりだなと思いながら拝見しました。

    行先はフランスです。隣国に長期留学経験はありますが、フランスでの生活は未経験です。

    話を頂いた時、自分のことはさておき、やはり親のことを考えました。
    幸い2人とも健在で仕事もしており、結婚した妹も頻繁に会いに来られる環境なので今のところは大丈夫かなと思います。

    自分の今後については、フランス永住なのか、いつか日本に帰国するのか全くわかりませんが、常に両方の可能性を想定して備えようと思っています。

    幸い、先方の社員の方に話を聞くことができ、迷いは解消しつつあります。保険や年金の制度も雇用先にも教えてもらい、自分でも調べて徐々にクリアになってきました。

    周囲をきちんと説得できるようにまだ確認すべき点は多いのですが、話を受けてみようかと考えています。

    楽ではない道を選ぶことになりそうですが、やらずに後悔するならやって後悔する方がいいと思うようになりました。

    みなさんのご意見をしっかりココロに留めて、前に進んでいきたいと思います。

    ユーザーID:0353611070

  • モリーさんに賛成

    おめでとうございます!

    まずはその会社の評判を、その会社の内部の人ではなく、外部の人から確認したほうがいいかもしれません。

    それと、EUの会社がEUの外から人を雇うのは面倒なんですね。その面倒を乗り越えてまでMiruさんに来て欲しいのですから、Miruさんがとても優秀だということです。待遇について、遠慮せずに高めの要求を出して下さい。

    ユーザーID:5134281595

  • 受けていいと思います。

    40代、男性、会社経営をしてます。

    収入が下がるなどと言った諸条件で大きく気になるところはなさそうなので基本的に受けて良い話だと思います。

    ただ、外資(今回は海外企業ですね)の場合、日本企業では当たり前であった待遇などが慣習上、違っていることが多いですし、日本企業では交渉の余地がなかった待遇が通ったりするので細かく確認交渉した方が良いですよ。
    ・有給制度
    ・現地の住居について
    ・年数回の帰国費用の負担
    ・どれくらい渡航費用負担してくれるのか?(海外引越費用)
    などなど

    あとで交渉しとけば良かったはきかないのでくれぐれも先に詰めることをお薦めします。

    頑張ってくださいね!!

    ユーザーID:9181328440

  • ありがとうございます。

    おっさん1号さま、ぬーさま、ご意見ありがとうございます。

    先方の会社は小規模なので、なかなか外部に人から情報を得るのは難しそうです。が、できるだけの手をつくしてみます。
    社員数が少ないので何ともいえませんが、皆さん勤続年数は5-6年ほどはあるようなので離職率は低そうです。

    条件については、これからも粘り強く聞いていこうと思います。
    その過程で、もし先方の態度に納得できなければ、ご縁がなかったものと思ってあきらめる覚悟で交渉してみます。


    なかなか、ビザ取得までの道のりは長く険しそうです。
    想像はしていましたが、既に大使館への問い合わせ段階からすでにその空気が漂っています。。

    しかもこんなさなかにユーロ売り加速、欧州経済不安のニュースを見ると、不安な気持ちが押し寄せてきます。とはいえ、日本も人事ではないのですけど。

    でも、気持ちを切らさないように頑張りたいと思います。

    ユーザーID:0353611070

レス求!トピ一覧