毒親・AC おすすめの本教えてください

レス13
お気に入り30
トピ主のみ2

ぱるま

ひと

既婚女性、子持ちです。
毒親(母)に育てられACだと感じています。
我が子に対して毒親にはなりたくないです。
そのために役立つ本などありましたら教えて頂きたいです。

「毒になる親」スーザン・フォワード著は読みました。
読んだ後、実母に自分の辛かったことなど冷静に伝えてみましたが受け入れたり謝罪などの言葉はありませんでした。
実母はもう歳ですし今後親子関係の修復は期待できないのですが、自分と我が子の間ではその悪循環を繰り返したくないのです。

よろしくお願い致します。

ユーザーID:9872226880

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です

    どなたかよろしくお願い致します。

    ユーザーID:9872226880

  • 岩槻さんの

    白雪姫はなぜ毒リンゴを食べたのか。


    私も毒親に育てられACだと思いますが、人間関係がなぜ躓くのかなんとなく解りました。私も子供に同じ思いはさせないと必死で頑張ってます。お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:9978865158

  • 青木悦さん

    教育ジャーナリストの青木悦さんの本はどうでしょうか?

    青木さん自身もお父様のDVを受けながら育ったかたです。
    できましたら青木さんの講演をお聞きされるのがいいと思います。
     
    青木さんの本の中で「幻の子ども像」があります。
    子育てに悩むお母様達の質問に応えるという形式ですが
    やさしく語りかけてくれる感じでおすすめです。

    ユーザーID:1299761979

  • ずいぶん前の本

    斎藤学著 「アダルトチルドレンと家族」

    紛失しちゃったのですが。たまたまこのタイトルを見て、アダルトチルドレンとは自分のことだと思いました。

    書いてあること、すべて自分に該当しており愕然としたのを覚えてます。

    ユーザーID:4053950038

  • 同じ意見が多数出ると思いますが…

    『不幸にする親』ダン・ニューハース著
    『母が重くてたまらない ―墓守娘の嘆き』信田さよ子著
    をお勧めします。

    『不幸にする親』は『毒になる親』の続編と呼ばれています。
    たとえ話が多く表現もマイルドですが、”対決”を強く勧める『毒になる親』に反して「対決はしてもしなくても良い」とあり、解決しなければならない!と焦る気持ちを和らげてくれると思います。

    『母が重くて…』は日本人女性が書いたものだけあって、挙げられている例がより身近に感じられて読みやすかったです。
    しかしどれも問題提起のみにとどまって結論は出ていないので、あまりスッキリはしないかもしれません。


    あと、親に自分の辛かった事を伝えても受け入れられない、謝罪の言葉が無いとの声をよく聞きますが、”対決”は親に受け入れさせる事でも謝罪させる事でもないんですよ。受け入れたり謝ったりするような親なら、初めから毒親になんてなっていませんよね。
    トピ主さんは「今後親子関係の修復は期待できない」と書かれていましたが、念のため……。

    ユーザーID:0650535184

  • 不幸にする親

    は、いかがですか?
    講談社ダン・ニューハース著書
    私的には、読みやすかったです。
    反面教師にしたい例がたくさんあります。

    ユーザーID:8834056249

  • お気持ちわかります。

    私も同じ境遇です。

    愛しい我が子を育てていますが、今まで全く思い出さなかった幼少期の悲しい出来事がフラッシュバックされ辛いです。

    今、あの頃の幼い自分を抱きしめてあげたい。

    幼少のとぴ主さんが、求めていた事をお子さんに与えてあげてはいかがでしょうか。

    本の紹介でなくてすみません。

    ユーザーID:1267652058

  • 「アダルトチルドレンマザー」「子どもへのまなざし」

    1「アダルトチルドレン・マザー」学陽書房 橘由子 著
    いわゆる虐待やネグレクトのような典型的な毒親ではなく、「子どものため」という美辞麗句の元、子供を支配しようとする母親について分析した本です。

    2「子どもへのまなざし」福音館書店 佐々木正美 著
    こちらは毒親、ACとは全く関係のない本ですが、「我が子に対して毒親になりたくない」と考えているのであれば、一度読んでおいた方が良いです。

    毒親は連鎖すると言われています。自分がここで断ち切らなくてはいけません。
    私も必死に断ち切ろうとしましたが、とても困難でした。結局子供につらい思いもさせました。それでも子供は私を愛してくれています。ばるまさんはこれから子育てでしょうか?長い道のりですが、自分は毒親になりたくないという今の気持ちを大切にしてください。

    ユーザーID:0500189968

  • 私のおすすめは

    「毒になる親」を呼んで、ああ、やっぱりそうだったんだ、と納得しました。再確認というか。
    お勧めは「“It”(それ)と呼ばれた子」 自分の母親は、この本の母親に似てましたね。(グレードは下がりますが)毒親をもっていても、毒親にはならない生き方をしている人のほうが多いと思います。

    虐待された子供は、自分の子供も虐待すると決め付けている人たちがいます。もっともらしく。100パーセントそうなるに違いないと。
    なりません。自分がつらい思いをしたからこそ、反面教師にしています。
     
    「永遠の仔」ドラマにもなりましたね。ちょっとつらい内容ですね。
    「自分にやさしく生きる心理学」加藤諦三著 最近古本で購入しましたが、なかなかいい本でした。

    ユーザーID:5926199174

  • 心理学の本ですが・・・

    「もっと素直に生きてみないか」他、加藤諦三氏の本が良いと思います。
    ダイレクトにA.C.を専門的に書いた本ではありませんが、他者からのコントロールに惑わされず、自分の心に素直に生きられる考え方が書かれてあります。

    ユーザーID:8597486213

  • 信田さよ子さんの本

    私は信田さよ子さんの本に救われました。

    彼女の本に書かれているように、本を読んでいると、フラッシュバックという封印していた過去がいきなり蘇ってきて
    とても苦しくなることがあります。

    私は子供のとき、母親の背中がやけどでただれ、しろい背中に泣きながら薬を塗る画面がいきなり脳裏によみがえり、動悸、いきぎれ、めまいがしました。
    涙が止まらず、しばらく動けない状態になるほどで、その後もときどきその画面がよみがえるので、1か月ほどは本当に苦しかったです。

    私は以前からカウンセリングをうけたり、フォーカシングといって、自分の潜在意識と会話する方法を身に着けていた経緯があったので、
    自分で処理できましたが、もしも、こういうフラッシュバックが起きた時は、自分でなんとかしようとすると困難な状況であるようです。

    もし通えるならカウンセリングに通うなり、コミュニティが地域にあれば参加するなり、一人で解決しようとしないで、
    同じ状況の人と一緒に乗り越えようとすることが大切みたいですよ。

    ユーザーID:5601171247

  • 岸田秀

    他の方の挙げられた本はほとんど読みました。

    自分にはそういう親がいたという事、それを自覚してそこから自分は自分だと思えるまで随分掛かりましたが、"親と離れてしまう事への罪悪感を必要経費として"(←信田さんの本にそういう考え方があり、それでいいんだと救われた想いがしました)いま、私はとても楽に生きています。

    親は変わりませんが、自分の気の持ち方は変えられます。
    トピ主さんが気付いた事で、子供さんへの連鎖を防ぐ第一歩は踏み出せたと思いますよ。大丈夫。

    岸田秀「母親幻想」
    中島梓と木田恵子による対談集「名探偵は精神分析がお好き」
    東ちづる『〈私〉はなぜカウンセリングを受けたのか 「いい人、やめた!」 母と娘の挑戦』

    ちょっと毛色が違いますが、アガサ・クリスティー「春にして君を離れ」

    ユーザーID:0324334497

  • トピ主です

    皆様ありがとうございます。
    毒になる親を呼んだ後、母に自分が辛かったことを冷静に伝えねばいけないという気持ちになり機会を伺って伝えてみましたが、ほのかに期待していたような反応はなくやはりA木C子様が書かれているように受け入れる親なら最初から毒親にはなっていなかっただろうなと改めて感じました。
    なので自分としては「毒になる親」からはあまり得るものがなく、でも母は変わらずとも自分が変わりたいと強く思っておりましてこちらにご相談しました。
    カウンセリングも検討しておりますがその前に自分でも意識を変えてみたいなと思っています。
    読んだことがない本、お名前を存じ上げない著者の方の本を沢山紹介して頂き、すべてひとつずつ読んでみたいと思います。
    明日から図書館や本屋へ出向いてみます。
    実際に毒親を持つ方、ACの方からのお話を伺えて本当にありがたいです。
    マグノリア様も何か興味をひかれた本はありましたでしょうか。
    私も今、懸命に自分が幼い頃の立場に立つように心がけながら育児をしております。
    母の言葉に敏感にならずコントロールされず怯えず自分の意思で動ける人間になりたいです。

    ユーザーID:9872226880

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧