落ち込んだときに読むと、心があったかくなる本って何ですか?

レス34
お気に入り131
トピ主のみ0

プリン

学ぶ

40代前半の女性です。昔から本が大好きで、いろいろな本を読んできました。本を読むことによって、元気がつけられたり、感動したり、
本は私にとって欠かせないものです。

そこでみなさんに質問なんですが、なにかいやなことがあったり、落ち込んだりしてるときに「この本を読むと心が軽くなる」っていうような、お勧めの本はありますか?あんまりスピリチァルとか、「昔は苦労しだけど努力したから今の自分があって・・」というようなものではなく、不ワーッとして読みやすいけど、読んだあとに、なんとなくやさしくなれたり、暖かくなれたりする本。それでだいぶ気分転換になる本。。ぜひそんな本があったら教えてください!!

ちなみに私の場合は、村上春樹さんの「カンガルー日和」、沢木耕太郎さんの「深夜特急」、森瑤子さんの「人生の贈り物」、あとアメリカの小説ですが、テリーマクミランさんという黒人女性作家の書いた「ため息つかせて」です。それぞれタイプが違いますが、面白くて、何回も読み返しています。

ユーザーID:9419151489

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 畠中恵さんの『しゃばけ』シリーズ

    読後にほんわりあったかな気持ちになります。

    ユーザーID:5692303761

  • 小川洋子さんの・・・

    「博士の愛した数式」はいかかでしょう。

    心が暖まる話です。

    ユーザーID:3903897539

  • びんぼう神様さま

    という絵本です。
    以前エチカの鏡で紹介されたのですが、私も
    思わす泣いてしまいました。
    シンプルなお話ですが、こんな時代だからこそ
    大切な事がつまってて私の心のバイブルです。
    本当にオススメです!

    ユーザーID:1196308719

  • 児童書ですが…

    ワイルダー作『大きな森の小さな家』

    テレビドラマ「大草原の小さな家」シリーズの原作です。

    ユーザーID:9610567541

  • 浅田次郎さんの

    「プリズンホテル」シリーズが大好きです。
    修羅場をくぐって精一杯生きてきて、ちょっと疲れてしまった訳ありのお客達を
    これまた訳あり、でも超一流のスタッフ達が
    温かく迎えてくれるホテル。
    こんなホテルに泊まりたい…
    綺麗事ばかりじゃないけど、人間っていいな、と思えます。癒されるというよりは 、厳しく、温かく励まされる本。

    浅田先生の一連のエッセイもオススメです。

    ユーザーID:0340405403

  • 江國香織さんの『ホテルカクタス』

    登場するのは人間ではなく野菜や数字や衣料品などですが、人間味にあふれる日常が描かれています。
    佐々木敦子さんの挿絵が、ふんわり、柔らかく、暖かく、素敵です。
    読み終わった後には元気になれます。

    ユーザーID:4052233151

  • 幽霊人命救助隊

    高野和明さんの作品です。
    笑いあり、涙あり。そして人情あり。
    心が軽くなります。

    ちなみに浅田次郎さんや荻原浩さんの作品も大好きです。
    傷ついているときは、やっぱり浪花節に限ります!

    ユーザーID:8436446993

  • ドクター伊良部シリーズ

    奥田英朗氏の精神科医・伊良部シリーズはいかがでしょうか?

    「イン・ザ・プール」
    「空中ブランコ」
    「町長選挙」

    と、3冊出ています。短篇集です。
    何かが違う、何かが変。
    行き詰まった主人公たちがドクター伊良部のハチャメチャな診療に振り回されながら
    だんだんと自分を取り戻していきます。

    伊良部先生のように生きられたらなんて楽なんだろう!と思います。
    まあ、現実には難しいかもしれなけど
    でも、少しは自分のカラを破るきっかけになるかも!
    笑って泣いて、ほっと一息できると思いますよ!

    ユーザーID:2563419847

  • すてきなあなたに

    小説じゃないんですが、大橋鎮子さんの「すてきなあなたに」(暮らしの手帖社)です。
    念のため、自己啓発系じゃないですよ(タイトルから誤解されかねないので)。
    大橋さんの身辺エッセイ集です。話題は季節の風物、料理、音楽、映画、文学、ファッション、時事など多岐にわたり。
    お歳を召した方なのですが、文章に漂う穏やかで優しくて上質な暮らしの雰囲気が、ホントに素敵。ほっと心がほぐれます。時々、この本の中で紹介されたお菓子など作ったりしています。シリーズで5冊出ています。
    あと、傾向が違う読み物ですが、田辺聖子さんの「女の長風呂」シリーズも好きです。アハハと笑いながら人生の智恵をもらい、心が軽くなります。
    ホテルカクタスは私も好きです!挿絵いいですよね。

    ユーザーID:1133439365

  • どんぐり姉妹

    このあいだ、よしもとばななさんの「どんぐり姉妹」を読んだらなんだか心が楽になってあたたかい気持ちになれました。久しぶりにいい本読んだな〜って思いました。

    でもなぜか内容がはっきり思い出せません…(私って…)

    人から借りた本なので読み返せないし…

    すみません。

    ユーザーID:5277199054

  • 作者が、今でてこない!

    プレゼント。
    薄い本です。
    倉庫奥にあるため、作者をご紹介できなくてすみません。
    チーズはどこへいったの系列、同じ出版ラインと思います。

    大泣きしました。

    素敵な本でした。

    ヒント少なくてすみません。

    ユーザーID:0840107432

  • すいません。マンガですが

    伊藤理佐さんの『おいピータン』です。

    短編マンガで、どこを読んでも、クスッと笑えて、
    なんだかあったかい気持ちになります。

    こんな自分でもいいんだ
    って、赦されるような、そんな感じです。

    ユーザーID:3106752316

  • 汽車から「みかん」投げるやつ。

    確か、中学か高校の教科書に載ってました。勉強は駄目だったけど、このお話だけは好きでした。
    題名も忘れたけど「みかん」のイメージが強く残ってるので多分「みかん」とか言う題名かな。調べてみます。
    最初はすっごく暗〜いイメージで、「なんじゃこりゃ?」って感じですが、対照的に汽車の窓から女の子が男の子に向かって投げる「みかん」がすっごく鮮やかな「みかん色」・・・当たり前か。で幸せになれたってか、他のトピでも言った(結果ボツ)けど、みかん食べたくなりました。教科書に載ってたやつなんで直ぐに読める量だと思います。

    ユーザーID:8929825583

  • いいトピですね!

    すてきなトピをありがとうございます。
    私も参考にしたいです。

    私のおすすめは
    本上まなみ「ほんじょの鉛筆日和。」
    能町みね子「オカマだけどOLやってます。完全版」

    本上さんのは他にもいろいろ出ているみたいなのですが、まだ他は読んでないのでとりあえずこちらをあげておきます。
    図書館でたまたま借りたのですが、読むとささくれ立った気持がすーっと治まりました。ほかも読みたいと思っているとこです。

    能町さんはもともと男で、手術をし、その後女性として「普通に」OLをしていた方です。(今は文筆業)
    私は過去の失敗やいろいろを悩むことが多くて、能町さんの本を読むと過去にあった消したいあれこれが面白くて、みんなそうゆうことあるよね!って励まされます。

    ユーザーID:7790778694

  • それは

    重松清「とんび」をどうぞ。
    登場人物がみな暖かく感動ものです。
    落ち込んだ気持ちも吹っ飛びます。

    ユーザーID:3054163043

  • 秋月りす OL進化論

    四コママンガですが、はっとする話もあり疲れた時には

    癒されてます。

    ユーザーID:6112821611

  • 私も

    おばちゃん様と同じです。ローラ・インガルス・ワイルダーのシリーズ。
    しっかり者の母さん、移住に失敗しても、懲りないフロンティアスピリット一杯の父さん。どんな不運にも、家族の絆で立ち向かう様子が明日への活力になります。
    又、ハイジや若草物語も落ち込むと手に取ります。
    児童文学は、あまり考えずに済むので、大好きです。

    ユーザーID:1325613779

  • 益田ミリさんの「週末、森で」

    ほっこり心が温かくなるトピックありがとうございます。
    益田ミリさんの本は、アラフォーの私にとって本当に癒しになります。
    特に、この本は、本当に素敵です!

    ユーザーID:7867420541

  • 暖かくなるなら

    乙一「暗い所で待ち合わせ」
    盲目の少女の家に、逃亡中の殺人犯が潜伏します。
    結末までの二人のやりとりが、静かで暖かです。

    重松清「きよしこ」
    吃音の少年の子供時代の風景です。

    他短編だとOヘンリーでしょうか。

    ユーザーID:5911340597

  • みかんなげるやつ・・・・

     芥川龍之介「蜜柑」デス・・・。
     良い小説ですよね。

     私は、黒柳徹子さんのお書きになったもの。読むと、落ち込んでいるのがばからしくなりますね〜。

    ユーザーID:1031477843

  • 【芥川龍之介】

    そういう気分にしてくれるって事なのに・・・芥川だなんてって思わないで下さいね。

    彼の作品は少し難しい、暗いなど、少しイメージがありますが、私がお勧めするのは、幾つかの作品が一つの文庫本になっているモノで、確か最後にある「白」です。

    作品としては短くて子供が読んでも分かる作品です。
    私の芥川デビューは26歳と遅かったのですが、数ある有名な作品の中でも今でも心に残っている作品です。

    ぜひ主様にも読んで頂きたいです。

    ユーザーID:7537387057

  • 瀬尾まいこさん


    私のお薦めは

    瀬尾まいこさんの
    『天国はまだ遠く』です。

    ドラマティックなことは起こりません。
    でもじんわりほんわかと心が温かくなります。
    主人公は自殺に失敗した普通のどこにでもいそうな若い女性です。
    彼女がじんわりと優しく、
    でもしっかりと癒されていく様子が描かれています。

    ユーザーID:3931608205

  • 私は・・・

    宮本輝さんの『彗星物語』です。

    関西のある家庭に、ハンガリーからの留学生が来て
    登場人物それぞれが色々な人生勉強を重ね、人との関わりを
    見直したり、自分の生き方を見つめ直す・・・
    (説明がヘタです・・・)
    こう書くと重い感じに思えますが、ホームドラマのような
    笑える内容です。

    関西弁なので、ひょっとしたら読みにくいかな?とは
    思うのですが、飼い犬のビーグル犬フックと家族たちとの
    関わりがとても暖かくなります。

    ユーザーID:8554998096

  • 避暑地の猫

     読後に暖かくなる訳ではないのですが、落ち込んでも、それでも淡々と生きて行くと言う事を考えさせてくれる小説です。
     かつて人生に迷ったとき、この小説の舞台の近くで半年ばかり過ごした事があったのですが、季節の移り変わり等、今でもまざまざと思い出します。堕ちてもそれでも、日々を過ごし、ただ一人でその時期をやり過ごす人の強さを思います。
     人に勧めた事は無い、私の秘密の小説です。
     

    ユーザーID:1625289179

  • 将棋の子

    大崎善生さんの本です。
    プロ棋士になれなかった奨励会員達のその後を追ったノンフィクションです。
    若くして夢を失って、それでも生きていく彼等の今を、かって近くで見ていた著者(以前日本棋院の職員だった)が、書いています。

    ユーザーID:4411545986

  • 「硝子戸の中」夏目漱石

    それと、漱石の書簡集。

    強迫神経症に侵されていない時期の漱石の手紙は、
    友人や弟子に宛てたものなど、優しさと誠実さが
    にじみ出ています。

    子供たちに宛てたものなど、涙ぐましいほどです。

    ひどい神経症に晩年まで定期的に悩み、そのために
    家族にも悲惨な思いをさせた一面もある漱石ですが。


    書簡集と「硝子戸の中」は屈託があって眠られぬ夜の、
    私の友です。

    ユーザーID:1345582663

  • 星の王子様

    なかなか良いですぞ。絵本ではありますが。

    ユーザーID:0924856859

  • 赤川次郎

    こんにちは。

    私がお勧めする本は、赤川次郎さんの『ふたり』です。
    ご存じかもしれませんが、赤川次郎さんの物語はどんな本でも心温まります。
    その中でもこの『ふたり』は特別かと。
    物語は完全にフィクションです。
    冒頭からありえない展開が続くのですが、フィクションの中に普遍的なテーマを含んでいます。
    ぜひ、たくさんの方に読んでもらいたい本です。
    読み終えたときに、一陣の爽快な風が吹きぬけます。

    ユーザーID:9214270225

  • マンガでもいいですか?

    松本ぷりっつさんの 「うちの3姉妹」です!!
    もう、抱腹絶倒、それでいてほろりとしたり。
    私のコレクションでしたが、小学生の娘にのっとられてしまいました(笑)

    ほんとに 心がほんわりしますよ。

    ユーザーID:7546946337

  • 梨木果歩と森絵都

    『西の魔女が死んだ』
    『つきのふね』
    『アーモンド入りチョコレートのワルツ』

    時がゆっくり、ほわほわした気持ちになれます。

    ユーザーID:7939043580

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧