甘やかされてそだった子は

レス38
(トピ主0
お気に入り61

生活・身近な話題

youko

最近本などを見ると、
肯定されて育った子は大きくなっても幸せなことが多いと聞きます。
それは自分も納得なのですが、
例えば甘やかされて育った子はどうなんでしょうか?
私自身は否定された部分も甘やかされた部分も両方で
ちょっとバランスの悪い人間なのですが。
小さいときは可愛い可愛いでいいと思うのですが、
大人になったときはどうなんでしょうか。
社会にもまれて成長しているのでしょうか?
相変わらず周囲から可愛がられているのでしょうか?
それとも何か年齢の割に我侭で嫌われていくのでしょうか?。
ケースバイケースで容姿や年齢も関係していくだろうなとは思いますが。

ユーザーID:2496833143

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数38

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そりゃもちろん

    そんなもん、一概には言えないでしょう。

    ユーザーID:0034351568

  • 特定は難しい

    甘やかすというのは、好かれたい事が目的で、盲目の愛情という感じです。

    だけど、子育ては、人間形成だから、難しいです。
    その家庭や親のルールとか、どういうのが正しいなんて言えません。

    優しく、厳しく、体罰はしない。
    心を傷つけない、コントロールしない。
    などなど、親になるのって大変かもしれません。

    ただこの時代は、一人親では育児放棄せずにいるだけでも頑張っているのかもしれません。

    ただ、ペットみたいな甘やかすだけの子育ては、子供にとって良いとは思えないです。
    また、全寮制の学校とか保育所とかに任せて、家では甘やかすというのも、
    育児放棄ぎみではないかとも思います。
    子供が後々苦労しそうです。

    ユーザーID:8394781505

  • ケースバイケース

    甘やかされてって、「両親に」って事で良いですか?

    「性格」というのは、遺伝半分・環境半分なので、
    同じ環境でも、個人差が大きいと思います。

    保育園or幼稚園、小〜高校、進学先、アルバイト先、職場で、
    絞られる子もいるでしょうし、変わらない子もいるでしょう。
    兄姉がいる子or弟妹がいる子or一人っ子でも違うだろうし。

    ワガママでも、愛想と要領が良くて憎めない人もいるし、
    年齢によっても受け止め方は違う。

    ユーザーID:6633392234

  • 私の場合は

    三きょうだいの末っ子だったので甘やかされて育った方だと思います。
    自主性がない、誰かがやってくれる、気が利かない、こんな感じで、今現在大人になってちょっと困ってます。
    甘ったれなだけでは、親以外はかわいいと思ってくれないでしょう。
    でも人はいくつになっても「これではいけない!」と思えば変われると思います。
    むしろ「このままではいけない!」と思うか思わないかにかかっていると思います。
    だから大丈夫ですよ。

    ユーザーID:5565450597

  • 肯定と甘やかしは違うので。

     肯定と甘やかしは違いますよね。
     ちなみに甘やかすことと、甘えさせることも違うようです。

     肯定とは、例えば美人には性格の良い人が多い、というようなことで、美人は生まれ持った容姿を肯定されて育つので、基本的な人間の善を疑うことが無いからでしょう。
     生まれ持った容姿を否定されて育った子は、基本的に人を信じられないでしょうね。

     その子の存在自体を肯定する、ということが人の基礎を作る上でとっても大事で、その上に「努力して認められる」ということが築かれていきます。生きてるだけで100点満点(とはいかなくても、せめて70点くらい)、と自然に思っていられることが大事なのですね。
     この基礎の部分が構築されず、努力や成果、人との比較のみで自己肯定をしている人は、何かの拍子にぺしゃんこになってしまうそうですよ。

     なので、努力や成果を認めることも大事なのですが、それよりも、どんなに悪いことをしても、だらしなくても、成績が悪くても、見た目が悪くても、あなたがいて良かったと親が子どもに対して伝えることが、肯定して育てるということです。

     

    ユーザーID:1015750978

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • そうですね‥‥

    肯定される=甘やかされる  ということではないと思います。

    ちょっとわかりにくいかもしれませんが、肯定はされていないけれど甘やかされている子もいると思います。ちゃんと親に向き合ってもらっていないけれど、おもちゃは際限なく与えられる、という具合にです。

    そういう場合は、本人が自覚を持って社会で学んでいくしかないのだろうなと思います。

    ユーザーID:1135745894

  • う〜ん…

    『三つ子の魂百まで』という言葉もある様に甘やかされて育った子は、そのまま行くと思いますね!甘やかし=我が儘だと思います。
    甘やかされた子は、自分中心でないとおもしろくない特性もあるし、周りを振り回してかなり厄介者だと思います。

    ユーザーID:9857145349

  • 呼びました?

    自他共に認める「可愛がられて我がままいっぱいに育った」40代後半の女です。ついでに一人っ子です。

    私の場合ですが、何に対しても非常に楽観的です。40数年生きてきて、それなりに苦境もありましたが立ち直りが異常に速いです。
    友人は多く、人間関係はとても恵まれていると思います。
    また、仕事に恵まれています。過去何度か転職しましたが、都度ランクアップしています。

    私を甘やかせて大切にしてくれた両親は既に他界しましたが、代わって主人と子供達が甘やかせてくれています。
    正直、自分では我が強く自己中心的な面も多々あると自負していますが、人から指摘されたり非難されたことはありません。

    弱きを助け、強きを挫く、良くも悪しくも倍返しを身上としています。誉められる事でないのは自覚していますが、変わりませんね。

    ユーザーID:7002274785

  • 成長しません

    肯定と否定があって、安定します。
    肯定だけは、甘やかしと同じです。
    社会にもまれて成長しません。

    わたしの知人の子が、肯定(のみ)されて育っています。
    肯定できない部分については、やさしく教えさとし、導くという態度で接してきたようです。
    聞こえはいいのですが、現実には甘やかしです。
    ときに、頭ごなしに否定し、叱りつけることも必要です。

    肯定され、否定されずに育った人間は、自分が好意ですることは
    すべて相手から喜ばれ、うれしがられて当然という認識を持つようになります。

    それが相手にとって(相手ではなく傍目にみても)迷惑なことであっても
    自分の好意=無条件で喜ばれるものになってしまいます。

    感謝されて当然のものであり、嫌がったとしたら相手が、あるいは世間が「オカシイ」
    という認識になります。

    このことについて「家族」で話し合い(雑談など)があれば
    家族一致の意見で「相手がオカシイ」となり、よりいっそうその意識を強めます。

    そして大人になっても、実の家族ベッタリの生活をしています。

    ユーザーID:9245359770

  • 何でも思い通りに育ったら

    幼稚園で子どものいうことを何でも聞くママがいます。40代後半です。
    子供が泣いたら必ず親が負けます。その子は小学生になって初めて世の中が思い通りにならにことにショックを受け、不登校になりました。

    ママ自身もかなり甘やかされたようで、小さいころはわがままとそれを増長させる彼女の親のクレームで、同級生の親子に嫌われていたようです。大きくなるにつれ「親切心」を当てにしたり「世話好き」を利用して、他人に依存する人になっていました。何かあれば「どうしよう〜」と困った顔で首を傾げ上目遣いですがるように他人を見ます。周囲が手助けするように無意識に仕向けています。身長も小さくベビーフェイスなので、保護欲をかきたてられるタイプだったと思われます。
    女性ばかりのPTAでも同じことをしていましたし、世話好きな方が彼女の面倒を見ていました。一生他人を動かして暮らしていくのだろうと思ってみています。

    私の姑もこの彼女と同じタイプです。自分中心過ぎて、子育てはネグレクトに近いものがあったようです。孫は動物園や水族館と同じ「見るもの」だと思っています。見捨てられ不安はあるようで、すがってきます。

    ユーザーID:9419576547

  • 肯定されて育った子供

    肯定されて育つ子供の中には甘やかされて育つ子供も含まれます。
    肯定すると甘やかすでは、細かいニュアンスの違いはあってもさほど違いはありません。

    甘やかすというのは、子供のどんな要求でも親が否定せずに聞き入れてしまう状態です。

    子供は、甘やかされることで親の愛情を十分感じて育ち、他人に対して寛容になれたり、過度な要求をしなくなったりするかもしれません。
    しかし反対に、何でも聞き入れられる状態が当たり前になってしまって、いつでも誰に対しても過度な要求をするようになるかもしれません。

    では反対に、厳しく躾けられて育ったとしたらどうでしょう?

    規律正しくハメをはずさない大人になるかもしれません。
    厳しく規制される窮屈さをわかっているからこそ、他人に対しては寛容になれるかもしれません。
    しかし反対に、他人にも厳しく規律を強いる人になるかもしれません。
    また、窮屈さの反動でハメをはずしてしまうという話はよく聞く話です。

    実際には片方だけというのは有り得ませんから、簡単に答えのでるものではないと思います。

    ユーザーID:5243408574

  • 性格により

    必ずしもそうではありませんが、その子のもとの性格によって下のような傾向があるみたいです。


    性格を大雑把に分けて、元気・活発・気が強いほうを1
    控え目・大人しい・優しいほうを2にすると

    傾向として、甘やかされすぎると・・

    1は、自己中で我儘な性格になりやすい。
    2は、甘えん坊で依存心が強い性格になりやすい 

    逆に元の性格を否定されすぎるほど厳しくされた場合や
    十分に愛を感じられずに育つと・・
    1は反抗的で不寛容な性格になりやすい
    2は劣等感が強く、自信が持てない性格になりやすい

    ユーザーID:2767948794

  • 元上司が甘やかされの末っ子だった

    ご飯が気に入らないと親が作り直してくれた、と自慢げに話すような人でした。そうとう甘やかされて育っていたのはムリヤリ聞かされる家族がらみの話で容易に想像できました。

    その人は、もういい大人でしたが、
    「悪い結果になると全て他人のせいが、手柄は全部自分のものにしようとする」「責任を取る!と口では言うが必ず逃げる」「誰かに何かしてもらうのは当然、でもたまに誰かに何かすると延々恩に着せる」「自分がチヤホヤされないと不機嫌」
    ・・・などなど。
    遠くから見ている分には面白いのですが、隣で仕事をされると迷惑な存在でした。

    その方、もう還暦も近いはずですが、今もきっとその生き様にはお変わりないのではと思います。

    ちゃんと躾られず甘やかされただけの子供は可哀想だな、と思いますよ。
    よほど良いお友達に恵まれないと、そういう部分って修正できにくいと思います。

    ユーザーID:0137792464

  • 一例です

    甘やかされて育てられたと推測される
    女性が登場するトピがありましたので紹介します。
    トピ主の彼女がそうです。

    彼女との結婚に悩んでいます
    http://okm.yomiuri.co.jp/k/432158

    続き
    続、彼女が修羅と化しました
    http://okm.yomiuri.co.jp/k/439443

    ユーザーID:6759672065

  • なるほど

    なるほど。
    参考になりました。
    ありがとうございます。
    何で、こんなトピを立てたかというと、
    身近に甘やかされて育ったナーという人を見て、
    何か腹が立ったのもあるのかもしれません。
    悪い人ではないのかもしれませんが、
    どうでもいいと思った相手を軽く扱うというか。
    ああいう人のほうが幸せになるのかもしれないと思うと、
    自分も器が小さくて嫌な奴だとは思うのですが、イラっとしてしまいました。

    ユーザーID:6630791657

  • ほんの一例ですが

    かつて一番「甘やかされてるな〜」と感じたバイトの子。(私は雇用主です)
    送り迎えは親。他のバイト先とトラブった時も親が出てきたようです。
    真面目で優しくていい子ですが、とにかく何もできない!!
    常識と思われることが全くできない!
    で、「出来ません」と言うこともできなくてニコニコ。
    とんでもないトラブルを連発して1カ月で辞めてもらいました。
    本人がいい子だけに親のせいに思えてなりませんでした。
    いいお嫁さんになるかもですが、かわいそうでしたね・・

    ユーザーID:5418059038

  • ロクな事にならない

    甘やかしは子供の為にはなりませんよ。
    周囲を見ていて本当にそう思います。
    滅多にいませんけど、良いパターンは天真爛漫で人懐っこいタイプですね。ただ、悪いパターンの方を多く見ます。

    依存心が強い、堪え性がなく理不尽さに弱い、他人に合わせるのが苦手、王様のように振る舞い周囲の反感を買っているなど。

    社会に出たらその子次第な気がします。それでも若い内は周囲もフォローし苦言も言いますが、歳をとれば相手にもしなくなりますからね。
    結局痛い目をみるのは子供自身でしょうから、ある意味被害者だと思います。

    ユーザーID:2020764660

  • 甘やかされて育ちました

    40代の子育て中のママです。甘やかされて育ちました。元々の素質も我がままのようです。かなり病弱だったので我慢させたりしつけよりも病気の方が問題だったようです。随分と自己中心的だったので中学校1年生くらいから当時の親友二人から無視し始められました。その後も色々ぶつかって結構自分で矯正していくのは大変でした。社会に出てから私のように自分の意見を押し通す人はほとんどいない事に驚きました。ただ自己肯定感が高いので結構いつも楽しくて現状に満足している事が多いです。

    ユーザーID:4491731933

  • 一概にはいえませんが・・・

    まあ、一人っ子で育った女性は「わがまま」が多いと思いますが、全員がそうというわけでもないので、一概には言えないと思います。

    私の従姉妹は一人っ子で、両親が年をとってから出来た子供なので、相当甘やかされて育ちました。わがまま言いたい放題で、親もいいなり。子供の頃から顔立ちがかわいらしかったので、自信満々。(今は太ってきて崩れてきましたが、それでも自信満々)

    わがままな性格の為、小学校や中学校ではイジメを受けたみたいです。

    今は大学生ですが、バイトも全然長続きできません。ちょっと怒られると、すねてすぐに辞めてしまいます。

    塾講師のバイトを始めたら、生徒の方からクレームが入り、クビになりました。

    掃除も洗濯も食事も、未だに親にやってもらっているので、何もできません。

    来年就職活動ですが、まあ苦戦するでしょう。

    甘やかされて育った子の一例でした。

    ユーザーID:0175027363

  • 努力不足になる傾向があるかも

    最終的に親が助けてくれると解かっているので
    不景気でも「別に仕事を辞めても良い」と思っているし
    実際にささいな理由で簡単に辞めているように見えます。

    ユーザーID:1509790943

  • ん〜・・嫌われていた子を思い出してみると・・

    小学校、中学校と、なぜか嫌われてしまう子を思い出してみました。

    たとえば、親から甘やかされて育ったとしても、母親が厳しければ、同級生に対しても気配りできた子が多かったです。


    逆に、年の離れた末っ子とかは、まるっきり天然の子だったなぁ。(男も女も)

    なので、わがままじゃないです。



    兄妹との歳が近い末っ子が、一番やっかいだったかな。なぜか見栄っ張りばかりでした・・・

    皆さんの「やっかい」な人って、兄妹と歳の近い末っ子じゃないですか?私の周りだけ?

    ユーザーID:6599156974

  • 私は肯定されて育ちました

    私はいつも両親に存在を肯定され、私自身の存在が大切だと言われて育ちました。
    ただし、無条件に甘やかされてはいません。
    両親は躾には厳しかったです。
    公共の場で騒ぐなんてもちろんのこと、列に並んでいるときによそ見をしていて少し遅れて前に進んだだけでも叱られました。
    食事のマナーも厳しかったですし、電車もバスもいつも立っているように言われていました。

    「きちんと躾ないことは虐待と同じ。」が両親の考えでした。
    おかげで周囲の大人達には「お利口さんね〜」と非常に可愛がっていただけました。
    それによって益々自己肯定感は強くなりましたね。
    もちろん、両親はたくさん「甘えさせて」くれましたよ。「甘やかして」はくれませんでしたが。

    私にとって無条件に甘やかされている子は可哀想な子に写ります。
    今は可愛い子供時代だからわがままも可愛いけど、いつまでもそれは通用しない。
    いつかどこかで人から冷たくされる。そのとき、自分の何が悪いのかが本当にわからない。
    その子にとっては晴天の霹靂の不幸でしょう。

    皆さんおっしゃってますが、「甘やかす」と「肯定する」は全く別物です。

    ユーザーID:3021547139

  • 本に書かれていることは...

    あまり鵜呑みにしてもどうかと思います。
    その手のハウツー本に書かれていることの殆どは著者の主観もしくは過去に誰かが言っていたことに手を加えて焼き直したものが多いです。
    ひたすら褒められて育てられ、結果的にただの自己中になってしまった子供もいますしね。
    人は挫折も同様に経験しないと成長出来ません。
    子供の数だけ育て方も違うと思います。

    ユーザーID:3353264487

  • 甘やかされて育つと

    甘やかされて育つと、成長後の人生が地獄だと思います。
    だって、ストレス耐性がぜんぜん育ってないわけでしょう。

    自分の意見を否定される。
    自分の好意をはねつけられる。
    自分の好きなものをけなされる。
    自分の努力が結果につながらず、認めてもらえない。

    働き出しても若いうちは、こんなことばっかりのはず。
    そこで「心が折れ」たりすれば人としての成長はそこでストップ。
    ストレス耐性こそ人生を生き抜くのに必須の資質なのに、身につけられてない若者。可哀想ですね、生きているだけ辛いばかりでしょう。

    ユーザーID:1434868957

  • うーん

    “ 私、お姫様みたいに甘やかされて育ったの〜 ”という知り合いがいます。
    他人の親切心を吸い取る吸血鬼みたいな人です。

    我がままを指摘すると、
    “だって今までも、みんな私の我がまま聞いてくれたよ。”と。

    子供が親に愛されていると実感することは不可欠ですが、甘やかしは違うな…と思いました。

    ユーザーID:1159902883

  • 甘やかされて育った子

    私の感覚から言うと甘やかされて育った子というのはいつも親が何でもしてくれてお金も出してくれて物やお金の大切さが分かっていない子や勉強が出来るからいつも周りからちやほやされて自分は頭がいいから一番だから何でもしてもらって当然!って思っている子・・・?そういう子は大人になって自立できないで居ます。子供の頃は(大学に入っても)親から色々と面倒を見てもらいつらい経験がまったくありません。だからいざ社会に出て自分で生活していかなければならなくなったときどうしていいのか分からなくなってしまうようです。会社などでへまをして上司にミスを指摘されると怒っちゃうとか・・・。外見がかわいい・かっこいいでもやっぱり中がしっかりしていないと大変なのではないでしょうか・・・。

    ユーザーID:8850745387

  • 実際のケース

    1.末っ子で人見知りの激しい性格ゆえ親が改善させようとして来なかった為友達すらできず就職などできるわけもなく現在ニート。
    未だに他人との最低限のコミュニケーションすら極端に苦手意識を持ってる。
    2.長女でガキ大将的存在だったらしい。(本人談)
    大人になっても自分が中心じゃないと腹を立てる(出しゃばって気に食わないなど)、自分を立ててくれる、または自分の頼み事を何でも引き受けてくれる人を友達に選ぶ。
    反抗するものなら即切る。

    1は妹、2はかつての友人でした。
    2の場合は虐待もあったようですが、親は人をパシリにしてるのを知ってて本人には何も言ってないようでした。

    ユーザーID:7486469729

  • トピ主さんはひとりっ子かな?

    トピ文からなんとなくそんな印象を受けました。

    一人っ子はとても自由な感覚の持ち主です。わがままではありません。人に頼らないのです。

    ある意味、真ん中っ子と同じ特徴を持ってると思います。(長女や末っ子には無い)


    人に気を使いますが、でも他人に流されない。

    この「他人に流されない」というのが、一番の特徴ですね。

    自分の好きなことを、好きなときにする、いろんな人の価値観を苦なく受け入れてる、みたいな感じでしょうか・・・うまく説明できませんが。


    (他の方も言ってますが、3兄妹以上で歳の近い末っ子は、競争心が強すぎです。なんで!?)

    3人以上兄弟が欲しいと思ったら、末っ子とは年齢を開けたほうがいいと思います。間違っても年子の末っ子にはしないほうが・・・(汗)

    ユーザーID:4511672425

  • 貧乏子沢山だけど、甘やかされ。

    大人になって、「甘やかされたんだな」と思った人に、父親があります。
    貧乏子沢山の末っ子で、食べるのも苦労したそうです。
    ・・・が。
    父親族からは、家庭を持っても子供を持っても祖父になったいまも「ボク」と呼ばれてます。
    (私もいい年齢になりましたが、もし夫がそんな風だったら、夫に幻滅すると思いました)
    父は、父親族に甘えても当然、と考えていて、お金を出してもらったり、踏み倒したり、で、もはや信用がありません。

    父は、他人を信じやすくだまされやすく、お金にだらしのない人間です。そのために母や私は、身に覚えのない借金を作られたりしました。
    嘘をついて他人を苦しめても、自分が裏切られても、なにひとつ懲りません。

    物質的ではなく、精神的に甘やかすことがあるのだと、つくづく思います。

    ユーザーID:4807882850

  • ちょっと極端な子でした

    小学六年のとき甘やかされすぎて根性の腐りきった感じなAがいました
    Bと遊びたくてBと仲のよいCを排除にかかりました
    関係のないDの持ち物を隠してDにはCが隠すところを見たと告げ
    当然DはCにつめ寄りCはなんのことかわからず
    性格のいいCをクラスの子がかばってクラス三分の一以上がかかわる大騒ぎに・・・
    担任はもともとAがトラブルメーカーと充分にわかっていたので問い詰めて上記のことを白状させた
    ということがありました
    Aは名前を書けば受かるという私立中高一貫校に進学しましたがここでもいろいろなトラブルを起こし高校に内進できず
    高校はまた別の私立高校に転校せざるをえなくなり
    今は行方不明です
    親が甘やかすのも考え物
    ほどほどに自信をつけさせる程度にかわいがり
    躾るときは躾たいなと子供心にも思ったことを思い出しました

    ユーザーID:9600388729

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧