子供がウソをついたら許しますか?

レス9
(トピ主1
お気に入り15

妊娠・出産・育児

みっち

はじめまして。
小3男の子を持つ母です。

素直にやさしく育ってきた息子が、最近ウソをつくようになりました。
例えば、
国語の感想文の答えが回答例と全く同じだった。
ピアノ(自分の意志で始めました)の練習をしたと言うけれど、あきらかにやっていない。等々

「自分の感想だ」「練習はやった」と言い張り、
「じゃあお母さん、信じていいんだね?」と聞くと「ごめんなさい」と涙。

本当に悲しいです。
今までの積み重ねで、泣いていても「ウソ泣き」としか思えません。
子供には「お母さん、ウソをつかれて悲しいよ」と毎回言い、
その日は息子とあまり会話をしたくありません。

同じような経験をされた先輩ママにお伺いします。
ウソをつくのは成長の一過程と思われますか?
その後のお子さんは、今でも平気でウソをついていますか?
ウソをつかれたと分かった時、お子さんにどのような対応をしましたか?

ユーザーID:6099109888

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 子供は身を守るために嘘をつく

    トピ主さんの『感情』に沿わないと怒られるから、嘘をつくんじゃない?


    > その日は息子とあまり会話をしたくありません。

    親がそんなだから、嘘をつくんですよ。

    ユーザーID:7888577360

  • そういう学年なのかも。

    うちも小三の息子です。
    全く同じで、しばらく宿題をやらずにやったと嘘をついてました。
    嘘の後…正座で号泣するまで叱ったあと、
    私自身もまだ自分で宿題をやりとげる能力がない子を放置して悪かったかも…
    と反省し、毎日宿題をよく見るようになりました。
    (自分はやってたので、まさかやらないと思わなかったのですが、
     子供が自分と同じとは限らないですね)
    嘘をついた部分、適当にやった分はあとあと全部やらせて、
    サボるとあとで倍大変だよ、と伝えました。

    成長の過程…そうかもしれませんね。改めて考えると、うちの子は今年
    「宿題って、そこまでマジメにやらなくても何とかなる」と
    初めて気づいたようです。(結局、ばれたわけですが)
    素直というか要領の悪い子が、要領いい(?)というか
    ズルいやり方を自分で覚えたというのはある意味成長なのかも。

    また、後でよく聞いてみたら、宿題のやり方でわからない部分があって、
    誰にも聞けなかった、と言ってました。

    よく聞けば、子供なりの事情があるかも?
    そもそも感想文の書き方がよくわかってないとか。うちはそうです。

    ユーザーID:2414103643

  • 理由を聞く

    もともと嘘つきというか性格ってこともあったりしますが。
    ウソは最近って事は、何か理由があるんじゃないかな?
    うそをつかれると悲しい事を伝えて、注意。
    じっくり聞くのは、ウソをついた理由かな。
    何か理由があると思うので、子どもの事情を聞いて
    一緒に考えれば良いと思う。
    それから、がんじがらめに子どもを縛らないで
    「あそび」の部分も必要かも。
    子どもの成長と主に親の知らない部分が増えていくのを覚悟しています。

    ユーザーID:4106870085

  • 愛情対決だと思っています

    うちの娘も三年生の時、答丸写しとピアノの練習した、はありました。

    嘘は、成長の過程でもあり、伝えられないことの表現でもあると思います。
    私は、有能感を得るために嘘をつく子供でした。

    嘘がわかった時は、「あなたが大好きだから、じ〜っと見てるから、わかるんだよ〜!」と具体的に説明すると子供は素直に感動していました。
    嘘をつかせないため、理不尽な怒り方をしないよう、気を付けています。
    ピアノは、嘘はとがめず、演奏をきいて「もっとうまくなれる、もう一回」とリクエストするようにしています。
    最近は、「やってない」と言っても「じゃ、やりなよ」というだけにしているので、嘘をつくことはなくなっている、と思います。
    嘘をつくときはつまずいている時だったので、同じ練習曲やドリルを一緒にやりました。これが一番効果があったかな…理科なんか、親の私も間違って恥ずかしかったですが子供から教わったりして楽しいです。感想文なら、同じ作品を読んで気持ちを話し合ったり。
    嘘はいけないけど、親はちゃんと見てるよという証にもなります。悲しい気持ちもわかります。でもチャンスだと思って話をしましょう!

    ユーザーID:6400965324

  • トピ主です

    レスをくださった
    みゅーさん、マンダリンさん、くうがさん、ぽっちゃりさん。
    ありがとうございました。
    まとめてのお礼で申し訳ございません。
    厳しいお言葉、貴重なご意見、何度も読ませていただきました。

    息子は毎日の宿題・習い事におわれ、毎日本当にがんばっています。
    のんびりマイペースな性格なので、
    1日が終わるまでに
    「もう少し!」「●●した?」と私が声かけしています。
    考えてみれば、やらせないといけないことが山積みで余裕がなく、
    学校での様子などを聞く時間が少ないのかもしれません。
    いや、少ないです。

    ウソをつく理由があるって言うのは「なるほど」です。
    子供の心理・思考は奥が深い!
    見透かせるみなさんは本当にスゴイ!

    ウソをつく=このままウソつき街道まっしぐら=将来、詐欺師
    これが息子にウソをつかれた最近の私の思考回路です。
    見透かされた方がいらっしゃったらスゴイです。

    明日から忙しさにかまけず、
    ちゃんと息子と向き合ってみます。

    ユーザーID:6099109888

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 前に聞いた話ですが・・

    以前に聞いた話ですが、子供のウソは飲み込んであげるべきだそうです。
    あっ・・これはウソだな。って思ってもその時は「そうなの」と飲み込んであげる。
    で、ウソの証拠が出てきた時に初めて叱るそうです。
    「信じてたのに。」と。
    最初から疑ってしまうと子供はママは信じてくれない。と思うようになるそうです。

    そうは言っても飲み込むのは難しいですよね。。
    私もついつい「ほんとに??」なんていつも言ってしまいますが。。

    ユーザーID:2692074196

  • トピ主です

    うごさま、貴重なお話しをありがとうございました。
    始めて聞きました。

    「ウソ」を飲み込むのって難しいですね・・・。
    ウソの証拠ではないけれど、明らかにウソを言うときの
    「普段と違う」様子が見えた時でも
    飲み込んだほうがいいのでしょうか?
    例えば、ウソを言う時はいつも鼻の穴がふくらむとか(笑)

    大きな愛で子供を包むって
    難しい〜〜〜〜〜〜。

    ユーザーID:5501464312

  • 子どもがウソをついたら…

    許しませんよ(笑)

    ウチの息子は宿題の音読が嫌いで「やったの?」と聞くと「やったよ!」と。

    そういうウソの時は…、まず手放しで褒めます♪
    「ホント?すごいね!言われる前に自分からやったんだ!!さっすが〜♪」
    でも、ウソなので、褒められると息子はだんだん居心地が悪くなってきます(この辺はまだ素直な小四・笑)

    そこで、「いつやったの?どこでやったの?新しい漢字あった?」等、何でもいいのでその時の状況を質問責めにします。
    矛盾があったら素知らぬ顔で指摘します。(「居間でやった」「ずっと居間にいたけど聞こえなかった〜♪」等)

    ウソをつくのは簡単だけど、ウソをつき続けるのは非常に大変で困難で面倒な作業だと気づき始めたころ、「そんなに上手に読めたんなら、聞きたいな〜!もう一回○○(←息子)は音読しないかな〜?」と水を向けます。(ココでも音読して!、とは言いません。息子以外の人に言うように言います)

    だいたいこれで音読始めますね、ウチは。

    あんまり何度も使えませんが、ウソを怒るよりも、やることをキチンとやらせる方に重点を置いた方が上手くいくかもしれませんよ♪

    ユーザーID:7053256098

  • 重要なのは、その動機

    嘘をついた、というのはただの結果でしかありません。
    なぜ嘘をついたのか、その動機を考えないと。

    お子さんのついている嘘は、「できる子」を演じるための
    嘘ですよね。可能性としては、

    1)親御さんの期待が重すぎて、無理をしている
    2)「できる子」でないと、親御さんから愛されないと思っている
    3)「自分はできる子」という根拠のない自信にあふれていて
     「(思ったほど)できない」現実を認められない

    あたりでしょうか。

    1や2なら、これまで、親御さんが「結果」を求めすぎていた
    のかもしれませんね。頑張ったことやその子なりの成長よりも、
    暗に他の子との比較で「上手い」「すごい」という評価をして
    きたのではないでしょうか。

    3も、小さいころに他人との比較でほめられすぎた子に
    ありがちな現象です。

    それと、ただ叱るのではなく、お子さんの間違った認識を正して
    あげることが大事です。

    感想文なら、「上手でなくていい。君の感想が大事なんだよ。」
    ピアノなら、「練習は、自分のためにするものだよ。」

    とね。

    ユーザーID:3520348505

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧