偏食を隠されたままの婚約、破棄すべきか

レス578
(トピ主4
お気に入り4,782

恋愛・結婚・離婚

O西賢G

レス

レス数578

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 偏食の人て

    偏食の人て、我が儘な人が多いですよ?
    今は結婚前だから、おとなしいだけかも知れませんよ?
    結婚はやめたほうがいいと思います。

    私も偏食ですが、なるべく嫌いな物も食べるように母親から指導されてきました。食事を作る時に味見ができないと困るからという理由と子供の食事に困るからです。
    母親は「嫌いは嫌いでいい、ただ全く食べられないのは絶対にダメ。嫌いだけど少しは食べられるようにならないと」と言われました。
    調理方法で、嫌いな食べ物でも食べられるようになりましたよ。
    茄子はみそ汁の具なら食べられるとか、椎茸は刻めば食べられるようになりました。
    頑張っても無理だったのはセロリです。
    でも、セロリを見てオェなんて言いません。
    彼女はキュウリを見ただけでオェて言ったんでしょ?
    相当、我が儘で気遣いが出来ないタイプ思いますよ。
    結婚したら、自分の食べられる物しか料理しないと思いますよ。
    母親=子供も偏食になるだと思っていいと思います。

    結婚前は、両目をしっかり開けて相手を見てください。

    ユーザーID:7325025135

  • アレルギーじゃあ、ないんだよねぇ。。。

    偏食って、嫌いで食べれないってだけだよねぇ。。。アレルギーじゃあ、ないよねぇ。。。

    実は私も結婚前から甲殻類アレルギーで、海老、蟹、烏賊が食べれません。最初は、本体を食べなければ大丈夫だったけど、そのうちにエキスでもダメになりました。

    子供の頃は、食べられましたよ。10代後半ぐらいまで。

    でも、強烈な腹痛で、食べた後は6時間ぐらいは動けません。

    今でも蟹、美味しそうで食べたいです。食べられるものなら。。。

    だから、子供のためにエビチリとか作りますが、味見が出来ないので悪いけど、某メーカーの中華の素でしか作れません。

    蟹とかは、夫に茹でてもらいます。

    所謂、宴会料理は全滅です。安く上りますが。

    ただ、唯一違うといえば、私は甲殻類を目の前で食べられても嫌とは感じません。ただ、食べられないだけで。

    ユーザーID:7281874952

  • 2度目です

    私の主人が同じ理由で×1なのでやめたほうがいいと思いますが
    先妻はモデルのようでしたが極度の偏食で顔を見るのも嫌になったそうです

    私は大丈夫だからと彼女さんは言ったそうですが、お腹に赤ちゃんができたら赤ちゃんの体の土台作りに栄養をどのように補給するのか疑問です。
                トピさんがどうしても世の中の女性で彼女以外の伴侶を考えられないのなら、トピさんがお料理や食材担当をなさるのはどうですか?
    私の主人は料理のりの字もできないので破局に至りましたがトピさんは?彼女を支えて料理ができそうですか?その覚悟ありますか?

    彼女は、いずれ妊娠をしたら悪阻で匂いがなんたらでお料理できなくなるでしょうし、一緒に食卓を囲めなくなるかもしれません。

    今から自分と家族のために料理教室で習ってみてください
    彼女との結婚は決して楽ではないです。覚悟してください
    夫婦は互いに助け合い、どちらが何を担当しようと他人には関係ありません。相手を支える無償の気持ちの持続が家族を作るということです。
    彼女はトピさんの人生に勝利をプレゼントしてくれる女性でしょうか?よく考えてね!

    ユーザーID:8434061369

  • 食の好みが合わないとつらいよ。。

    私は偏食しないので、偏食する人の気持ちがわかりません。
    飢えで苦しくなったら、食べるでしょ?だって。

    あとは主さんが苦労されると思います。

    特に親戚づきあいの場でそのような態度をされたら気を悪くする
    方もいらっしゃいます。

    アレルギーがあるというのなら仕方ありませんが、偏食=甘ったれ
    としか思えません。

    辞めないにしても、もう少し時間を置いて見たほうが良いとおもいますよ。。。

    ユーザーID:8196272751

  • 彼女さん、いいカモみつけたね〜!

    トピ主さんの今後の生活はスーパーの総菜か自分で作るとして、女の子など産まれたら苦難の人生ですよ。皆さんのいうように極端な偏食の母親に育てられた子はほぼ間違いなく偏食になります。酷い食生活で料理も作れない人間と結婚して好きこのんで一生苦労してくれる相手がどこにいるのでしょう?ことの重大さをわかってないトピ主さんくらいに見えます。

    もしお嬢さんが年頃になった時、男性と料理の話題になったら大まじめに「ご飯にふりかけとかできるよ」とか「肉や野菜や魚が入らないレトルトなら作れる」とか答えそうですね。それとも今回のように母親が必死に土壇場まで隠し通させるのでしょうか。

    そもそも、まともな食事を与えられない子は発育不良になります。トピ主さんが毎日子供の献立を考え、食事を用意するなら別ですが。

    私なら結婚前に最低1ヶ月は一緒に暮らして自炊し様子を見ます。まずどちらかが限界超えます。私からすればトピ主さんの食生活はそうとう恵まれた部類ですが今後の人生にまるで危機感がなく、お金持ちの子供が「貧乏ってそんなに大変なの?」と言うように見える。愛さえあれば地獄の人生なんて余裕というならお好きにどうぞ。

    ユーザーID:8597587820

  • 今は迷ってる段階でも。

     私の同僚に超偏食の女性Yさんがいます。
     「生野菜食べれな〜い。果物はみ〜んなキラーい。お寿司嫌いなの〜。ケーキ嫌いなんだよな〜あ・・。」
     昼食を皆で摂っている時もこの類の発言を、さも得意そうに連発します。

     これは私の偏見かと思いますが、極端な偏食家の人って、人間性も偏っている場合が多いではないかと思います。

     幼少の頃から不味いものばかり食べさせられていると偏食になる。という説もあります。そういう方は家庭環境に問題があったのかもしれませんが。

     他の方も言われているように健康上心配は無いのでしょうか。今は婚約者である彼女も、若いから体の不調も出ていないかもしれませんが。

     予断ですが先述の同僚Yさんは43歳独身、小柄ですが体重は70キロは軽くあります。不定愁訴は毎度のことです。

    婚約者の彼女もこうならなければ良いですね。

    ユーザーID:3050525851

  • 待合室で

    待合室での、彼女と母親の会話の内容が非常に気になります。
    ”とりあえず入籍だけでもしないと、ズルズル延ばされたら婚活に逆戻りだよ” という話の内容からして、
    彼女の異常な偏食は彼女の婚約破棄に相当することを、お母さんも彼女も重々わかっているからこそ出た発言のように取られます。
    妹さんのご意見は兄弟だからこそ感じる直感で、当たっているのではないでしょうか。
    結婚は直感を信じるのも大事だと思います。

    職場にお弁当持参の男性って経済観念や食生活の健康管理もしっかりしている感じで、私はほほえましく思います。
    主さんが自分の人生に合った選択をし、幸せになることを願っております。

    ユーザーID:5395935198

  • 家族に何を食べさせる気か?

    夫や、将来の子どもにどんな食事を出すのか、聞いてみては?

    というか、お試しで一食くらい、全部作ってもらったらいかがですか?

    結婚前にこれでは、結婚後は「私は、嫌いなものは触れないし、買わないから、食べたい人が作ってね」と、ご飯の支度を丸投げされそう。

    「釣った魚に餌をやらない」って、こういうことなんだ・・・。という人生を歩まれませんように。

    彼女の両親は、なんでこんな娘に育てたのかね〜。

    昔、大学のゼミの先輩が、肉と魚が全滅で、毎回ゼミ全体の食事会で、みんな気を使いました。
    「自分のことは気にしなくていいから、みんなの好きにしてよ」と、言われましたが、そういうわけにもいかず。

    たまにでさえ、ストレスになりましたから、一緒に毎日過ごすなんて、無理ですよ。

    食って、生きることなんだと思います。
    私は、食の趣味のここまで違う人とは暮らせません。

    ユーザーID:0899887278

  • 許容される側はそれが当たり前になり感謝もしなくなる

    超偏食な子、いましたよ。西安に留学してた時のクラスメートに。

    中華なので食事は大皿を友人とシェア。そんなテーブルで「ゴメン、ナスはダメ」「ゴメン、キュウリは無理。トマトもパス」。豚肉はダメ、鶏もささみ以外はダメ、モツ系は論外、あれもこれもダメ。理由は食わず嫌い。味の冒険をしない。味がわかってるものでなきゃイヤ。

    なんだそりゃ!と呆れましたが、毎日のことでもないし、好き嫌いない私が彼女に合わせる形になりました。日本人仲間も少なかったのでしばらくは友人関係やってましたが、やがて彼女はメニュー選びの時に「ゴメン」を言わなくなりました。

    こちらは毎回譲って彼女に合わせてるのに(だって残したくない)、彼女にとってはそれが当たり前になり、平然と自分の好みのおかずを選ぶように…。それもストライクゾーンが狭いので毎回毎回同じようなモノばっかりで、こちらはウンザリ。
    「周りが合わせてくれてることに少しは感謝しようよ!」という訳にもいかず、不満蓄積で誘うこともなくなり、気がつけばいつのまにか疎遠に。

    そのまま疎遠になれるただの友人でよかった…と、このトピを見てしみじみ思いました。

    ユーザーID:3790222707

  • 母のおいしかった食事を思い出してください

    結婚はどちらかが我慢するしかありません。相手を変えようとしても無駄です。
    一品作ってみてと試してみたところで意味はありませんし、期待してはいけません。
    結婚を辞めるか、あなたが一生我慢するしかないのです。1日3回一生ついてまわる
    食事について我慢できるのかどうか考えてください。
    結婚で何が大事か、男にとって特に大事なことはなにか、それは食事だと私は考えます。
    家族とおいしい食事が待っていれば寄り道せずに早く家に帰ろうと思うのが男ではないでしょうか。
    母親をみればわかることがあります。
    あなたの母が亡くなっているのに結婚を推し進めようとする相手の母親。
    それでも延期したあなたと弁当を作ってくれ釣り合わないと行ってくれる妹。
    家柄が全く違うことは明白です。
    妹の「母が教えてくれた」にとても大きな意味があると思います。
    意味があるかどうかはあなたの決断次第です。
    彼女を受け入れ一生我慢できるのかどうかではないでしょうか。

    ユーザーID:5260549784

  • 絶対結婚反対

    >何でも食べられる人は私から言わせる
    >ごめんなさい
    >味覚とか嗅覚が鈍いのではないかと内心思ってます。

    こんな意見もありますが普通に何でも食べる私から言わせれば
    味覚嗅覚が乏しいとしか思えません。
    各食材の持つ繊細な味や香りが区別できずに「いい匂い」か「ゴミの臭い」みたいに
    大きな分け方しかできないのでは?と思ってしまいます。


    >彼女サンはこんなちっさい男と別れて幸せになってほしいよ全く。

    こんな意見もありましたがこれも偏食の方に多いですが
    自分の事を理解してくれない相手に対しては貶すことしかしない
    あくまでも悪いのは相手という思考回路なんですね

    トピ主さん結婚前に気づけたことはラッキーです。
    皆さん言ってますが食は本当に大切です。
    私は絶対に結婚しないほうがいいと思いますよ

    ユーザーID:0916719304

  • 婚約破棄に1票

    理由は、トピ主の母親の葬儀での失言をメインにもってくればよいのでは?
    「失望した」と。
    それでも拒否すれば、妻には妹・母親と同じレベルの料理を希望していると伝えましょう。

    断るなら早いほうが良いですよ?

    ユーザーID:4636937233

  • これ、問題の本質は偏食ではないですね。

    問題は、彼女さんの性格です。

    ・偏食を婚約後までひた隠しにしていたこと
    母親との婚活云々の会話から、確信犯だということが解りますよね。
    隠蔽体質な性格です。

    ・料理教室でメニューを変えてもらう
    1対1の教室じゃないですよね?だとしたら、自分のためだけに変えてもらうとか、絶句です。
    自己中心的な性格です。

    ・「オエッ」
    自分の偏食は認めてほしい、でも他人の好きなものは認めないわけですね。
    自己中心的な性格です。

    私も、肉が殆ど食べられない、生魚で食べられない物がある等の偏食ですが、
    主人と付き合い始めた当初から、堂々と言ってましたよ。
    料理教室に通っていたこともありますが、どんなメニューでも楽しく作っていました。
    メニューに口出しなんて考えたこともありません。
    「オエッ」に至っては、あり得ないです。
    自分の偏食を認めてもらう代わりに、他人の好き嫌いも認めますので、
    皆さんが普通に食べる物に対して「オエッ」なんて絶対に言いません。

    そういう性格の方と”今後何十年も””日々生活”していけるのかどうか、ということです。

    ユーザーID:3806966348

  • 二人とも深夜まで働けば問題なし

    うーん酷い偏食だなあ…これじゃ生活に支障が…と我が身を振り返り…うちなら平気かも、と思ってしまいました。
    深夜まで共働きで昼夜外食、週末のみ私の手料理。凝るのは昼夜だけで、一汁三菜作っても料理レパートリーは多くなくていい。気づけば買い物では、私が得意で使い回しがきく食材ばかり…ナス、キャベツ、茗荷、小松菜、蕪、人参、キノコ類、ネギ、魚は切り身(三枚下ろしくらいできますが面倒で)、肉は小間切れ(安い)、厚揚げ、など。
    同じ食材でも、味や調理法で和洋中と全然違う料理になりますし、週末だけなら大丈夫。
    弁当は時間的に無理。外食増えますが収入も増えるし。
    ただ子供ができたらキツイでしょうね。うちはいないので。トピ主夫婦は子供の食生活や偏食が心配です。
    私は内臓疾患の持病で食事制限があり、簡単に言うとダイエット食しか食べられません。生活習慣病ではありません。
    だから彼女みたいに、単に好みで偏食な人は、正直、腹が立つ部分もあります。機能的に食べられるなら食え!なんて。
    公式な食事に、単に好みで手をつけないのは、私にはワガママとしか思えません。
    歩み寄れないなら婚約破棄もあり得るかなあ、と思います。

    ユーザーID:4909879830

  • 妹さんの言葉が当たっています。

    食事は毎日のことです。
    私は鯖のアレルギー以外はないので
    何でも好きです。
    ただ、持病の腎臓病のために
    殆どのものを食することは
    不可能になりました。
    結婚してからの発病でしたので
    夫には申し訳ないことをしています。
    作ることは出来ても、一緒に食事できない
    辛さ……。夫は何年も夕食は一人で
    食べています。勿論そばにはいますけど
    夫はそれが悲しいと時々嘆きます。
    だから、記念日前はしばらく絶食して
    同じものを食べることができるように
    しています。
    食事は家族にとっての大事な場ですよ。
    偏食は治すことは可能です。
    私はお母様の葬儀で妹さんが話された言葉は
    あっているし、亡きお母様が本当に教えてくださったのかも
    しれませんよ。
    キュウリの映像でオエーという彼女が
    貴方の食事をちゃんと作るのでしょうか?
    一度、お弁当でも手料理でも作って
    もらった方がいいですよ。
    偏食を治せないなら、破談。
    貴方を愛していたら、偏食を克服するはずです。
    記念日や結納の席での食事に手をつけない
    食材にも、作った人にも
    貴方の家族にも失礼です。

    ユーザーID:1364976189

  • 味覚過敏かな?

    他にも書かれた方がいらっしゃいますが味覚過敏かなと思います。
    書かれている婚約者さんの様子を読んでいるとうちの娘か!?と暗澹たる気持ちになりました。
    もっとも娘は只今5歳ですが。
    離乳食から本当に食べてくれず、なんとか食べてもらおうと手をかえ品をかえ。。公的機関に相談にいったり、親として思いつく限りの事はしたつもりですが、今でも進んで食べるものは両手あるかないかといった感じです。
    2歳の時に発達心理士の方に味覚過敏ではないか?と言われた事があります。これは、親の躾うんぬんではなく持って生まれた性質で女性に多いものだそうです。因みに他の点は至って普通です。
    私も娘がひどい偏食を抱えたまま大人になってしまったら、やっぱり結婚は無理だと思っています。
    どう考えてもまともな子育てができると思えませんから(涙)
    今、娘は私や幼稚園の先生に励まされて、今まで食べられなかったものを一口でも食べようと頑張っている最中です。おぇっっといいながら。
    偏食が理由で婚約破棄という話をきくのは、同じような性質の娘をもつ親としては辛い話ですが、年頃になったらこの話を娘にも聞かせてなんとか矯正させたいと思いました。

    ユーザーID:9660622748

  • 母の法要に出席させてはいけない

    結婚前にお母さんの法要に出席させてはいけないです。出席させたら親戚の方に紹介したも同然、後々ややこしくなります。彼女には何回でも婚活させたらいいんですよ。法要に出席させたらおしまいですよ。

    ユーザーID:0261969169

  • 偏食の人との付き合いは、おもった以上に大変だった

    私は、好き嫌いありませんし、好き嫌いのない家庭で育ちました。
    以前、ベジタリアンの方とお付き合いしましたが、思った以上に大変で、行動に制約はでるわ、ストレス溜まるわで、疎遠になりました。

    食べられないものがあるのは、仕方ないのですが、お互いの好みが違うと大変だなと学びました。

    それから、結婚相手に
    ・ 料理がうまい人
    ・ 何でもおいしいといって食べる人
    をあげる意味がわかってきました。

    また、デートで食事にいくというのも、相手の食の嗜好やマナーを観察できるいい機会だとおもっています。

    金銭感覚についても、日ごろ食品をスーパーに買いにいって、予算内で工夫してやりくりするということで、身についていくのではないでしょうか。

    主さんが、食に関心がない、もしくは、大金持ちなら、彼女とうまくいくでしょう。

    ここまで、読んで、主さんが彼女にこだわるのはなぜ?
    すごく美人なのか、主さんも結婚を急いでいるのですか?

    このままだと、苦労を買ってでるようなものです。
    (もしくは、結婚して、苦労したいとか。。)

    ユーザーID:3314058577

  • とりあえず

    結婚延期は良かったですね。お母様がトピ主さまに考える時間をくれたのだと思います。
    婚約後に偏食を告白し、今はそれを隠さない状態なんですよね?
    ならばトピ主さんも、こんなところで悩みを告白せずに、ちゃんと婚約者さんに向き合っていくべきだと思います。君の事を考えて〜〜なんて甘い言い方では無く。葬儀の際のあちらのお母さんの発言からも、きっと今までコレが原因で何度も別れ(破談)があったのだと思います。もしかしたら婚約するまで内緒にしていた件も、あちらのお母さんの忠告だったのかもしれません。結婚=ゴールだと思っているようですが、その後が大切です。くれぐれも出既婚に流されないように注意してください。

    ユーザーID:7248234004

  • ここまできたら大丈夫と思っての告白だよね

    一番の問題は彼女が婚約するまで偏食を黙っていたことです。
    それは今までの彼氏に偏食が原因でことごとく振られてきて
    結婚できなかったから。
    とにもかくにも婚約しちゃえばそう簡単に破棄されないだろうと
    踏んでカミングアウトしてきたわけですよ。
    確信犯だと思います。

    彼が頼んでくれた記念日のコース料理・結納の祝い膳を手つかずで
    下げさせるって酷過ぎます。
    「野菜・肉・魚介類・穀物・生もの」がダメなら何食べるんですか?
    夫や子供に何を食べさせるの?
    芋?
    ちゃんと食べられる食材についてもっと真剣に彼女に聞かないとダメ
    だと思います。うやむやは良くないです。

    >偏食さえなければ、最高の彼女

    最高の彼女なのに偏食のせいで今まで結婚できなかったんですよ。
    それくらい酷いし、今までの彼氏達は「無理だ」と判断したわけです。
    結婚生活は毎日なんですよ?
    たまに会ってレストランで好きなもの食べて、たまたまテレビでキュウリに
    オエッだけじゃ済まないですよ。

    ユーザーID:1923066299

  • 彼女はそこまで悪いですか?

    結論、「トピ主が受け入れられるか」だけだと思います。

    トピ文を読む限り、彼女からの悪意は感じられません。彼女にとって偏食はかなりのコンプレックスなのだと思います。
    彼女は偏食が原因で恋人に何度も捨てられたことがあるのでは?大好きなトピ主に、せめて結婚前には伝えなくては…と思い、意を決して伝えたらトピ主は軽く受け流してくれた。彼女はきっと本当に嬉しかったんだと思います。涙を浮かべて話した彼女の心をちゃんと受け止めず、期待させたのはトピ主です。

    彼女の母親も、娘の過去を知って心配していたところに、トピ主が受け入れてくれたと嬉しそうな娘からの報告。絶対に幸せに…という気持ちが強かったというような気がします。(もちろんTPOをわきまえずに発言したことは非常識極まりないですが。)

    いきなり「破棄(逃げる)方法」ではなく、「解決(立ち向かう)方法」を考えたのですか。少なくとも彼女はトピ主に伝えるという形で立ち向かおうとしたのでは?

    破棄なら破棄で仕様がないのでしょうが、勇気を出して喜んでいる彼女をまたコンプレックスの海に突き落とすことになるということを忘れずに。

    ユーザーID:0007415921

  • 彼女のお料理は?

    彼女は、法事にどんな料理を作ってきてくれたのでしょう。
    トピ主さんの報告が楽しみです。
    おいしかったですか?

    姑根性のように思われるかもしれませんが、、、

    ちかいうちに自宅デートして、
    彼女に「こないだの料理おいしかったなー。また食べたいから、今日作ってよ」とリクエストしてください。
    もちろん、1品じゃぁ献立にならないから、+αも作ってもらいましょう。

    持ち込み料理で彼女のスキルなんてわかりませんよ。
    母親が作った弁当を「毎日、自分で作っているの」って顔で食べてるOLはいくらでもいます。
    1品作るのに3時間かかったとしても「料理できるわよ」と言って、嘘にはならないんですから。

    トピ主さんの場合、これまでの標準(母親、妹)が高いんですから、ちょっと厳しいめにチェックしておいたほうがいいですよ。
    結婚後に必ずモメますから。

    ユーザーID:4650538671

  • 直感は無視しないで

    トピ主さん、あれ、おかしいなと思っているんでしょう?

    それは皆さんが解説されてますよね。

    結婚はお互いの歩み寄りが何より大切です。偏食を克服しろ!なんてトピ主さんも皆さんも思ってないですよね。でも読んでいると、彼女は自分を受け入れてくれることしか求めていない。法事で一品作る?買って来て詰めればいっちょ上がりですよ。

    計算高い歩み寄らない彼女に操縦される結婚生活がお望みですか?

    彼女の告白、カミングアウトはあなたから結婚への確証を引き出してから徐々にされていますよね。

    彼女はあなた自身を大切にしてくれますか?

    ああ、俺のこと大事なんだなあって実感出来なきゃ結婚すべきじゃないんじゃない?

    ユーザーID:0923132787

  • お兄ちゃんへ

    妹さんのおっしゃってる事がすべてではないでしょうか。
    お母さんのお葬式でそんな事を言う彼女の母親、それを止めない彼女、私だったらそんな人と結婚して欲しくありません。

    もし結婚なさって将来子供が産まれたら子供もかわいそうです。 食育って大事です。

    私は乳幼児が3人いますが実母が余命宣告されています。
    ほぼ寝たきりです。

    兄の奥さんは週に1回自宅に招いてくれて旬のおいしいご飯をごちそうしてくれます。
    本当に暖かい気持ちになれます。

    ユーザーID:8097531070

  • トピ主の価値観とは?

    偏食=人格に問題があると見られて彼女自身苦しんできた
    嫌いなきゅうりをテレビで見てトピ主の前で露骨に反応
    コース料理→悲しそう
    結納時の料理→申し訳なさそう
    料理をする意志はある(トピ主の依頼を受諾)
    彼女母の発言に対しては無言(肯定も否定もせず)

    ここまでを見る限りでは、好き嫌いの多さを考えても彼女はそれほど致命的とは思えません。

    寧ろトピ主が彼女との結婚を決意した理由、そしてその後偏食を一度は許容したほどの魅力って何だったのかが気になります。

    傍らに居る誇れる妻、周囲からの高い評価…そんな環境を求めるのはご自由です。しかし彼女に望む自分の本心は隠したまま一方的に試して婚約破棄では誠実じゃないと思いますよ。

    誰しも欠点はあるものですし常に順境であるとは限りません。
    もう一度何が大切で彼女に何を求めるのかを自問自答し、真摯に話し合ってみてはいかがですか?

    その上で許容出来ないようなら結婚を考え直すのも一つの選択だと思います。

    ただ自分もまた選ばれる立場でもあることをお忘れなく。

    ユーザーID:1864772859

  • 母親の責任は重大

    特にキュウリが嫌いでも食生活に問題ないですが
    このレスにはびっくりしました。

    >キュウリは生ゴミのような匂いがします。

    たっぷりのお塩で板ずりして、という過程を教わらなかったのでしょう。

    他にも食品の臭いを消すには、湯どおし、お酒、生姜、梅干、香味野菜などいろいろあります。臭いを味わう食品もありますけどね。

    私自身、臭うし美味しくないと思っていたお料理が、結婚後お料理本を見て作ったら結構美味しい!
    私の母親は臭みを消すなどしなかったのだな、料理好きでなかったし、と思い出しました。母親の責任は重大だなと改めて感じます。

    記念のコース料理も和食午前も手を付けないとは驚きです。このお母さんは何を食べさせて育てたのでしょう。異常な食生活だったのでしょうね。
    徹底してお料理を習って偏食を克服しないと結婚できない、と宣言するべきでしょうね。

    ユーザーID:6584874191

  • ひどい・・・

    相手の親子はとても非常識だと思います。

    偏食は、主さんが未来の子供の健康を損ねる結果になっても彼女と一緒になりたいなら、結婚すればいいと思います。私にとっては他人事ですから、価値観の違いにけちをつけるつもりはありません。実際はかなり重大な問題だと思いますけどね。

    でも、それ以上に『四十九日を過ぎたら・・・』の方に異常性を感じます。
    普通の人なら、こういう場でなくても、そんなことを相手の親族が沢山いらっしゃる前では言えないと思いますが、それを火葬場の待合室で話してしまうなんて・・・。(驚)

    そんなことを相手方の気持ちも考えず言えてしまう母親、それを否定しない娘。自分さえ良ければ相手がどうだっていいんですよね。
    結婚しても色んな意味で確実に苦労すると思いますよ。

    ユーザーID:7545499840

  • 食事は大事ですよ。

    まだ迷われてると思いますが・・・。
    私は偏食の激しい彼と付き合っていた時期があり、本当に疲れました。
    「アレ嫌い、コレイヤだ、毎回中華はちょっと・・・」元彼の悪口は言いたくはありませんが、“じゃあ霞でも食ってろよ”と言いたい気分でした。

    偏食って、悪いけど親の“恥”だと思う。食事と言う躾に失敗してますよね。
    一つや二つ好き嫌いがあっても良いけど、この先結婚して、子供が出来たら子供食事どうするつもり?
    彼女と結婚したらその事をトピ主さんは考えてらっしゃるのでしょうか。
    そんな私自身も子供のころには野菜嫌い、魚嫌いでしたが、問答無用で食べさせられてるうちに慣れました。
    今では野菜食べないと禁断症状出ます(笑)
    結婚の決意が固まったなら何も言いませんが、食の好みは似ていた方が上手く行くと思います。

    ユーザーID:6148084170

  • うちも同じです

    うちは主人が偏食です。私は好き嫌いがほぼありません。婚約者の方は料理教室に通われてたようですので、結婚後の食事は婚約者の方がされる予定なんですよね?女性=家事とは思いませんが、あなたの食事の管理をされるのでしょうから考えなくてはいけないですね。食べ物の事ですからあなたの健康にもかかわる事ですよ。今は2人でも、将来子供が出来たときに、母親が偏食で、子供の発育に影響が出ないわけありませんよ!自分が嫌い、苦手でも、家族の健康を考えるのが妻、母親です。我が家は主人の偏食ですから、作るのは私です。私は主人が食べれないものでも食卓へ出します。お箸をつける、つけないは本人の意思ですが、必ず健康の事や子供への影響の事を話して聞かせます。最近では一口だけは食べるようになりました。とんでもない偏食で、自分の食べたい物、食べれるモノでなければ箸をつけませんし、一口も食べないまま、テーブルの上のおかずをみて、「おなかいっぱい。ごはんいらない」と言っていました。衣食住、食育はとても大きな問題です。付き合っているのと、結婚して一緒に生活してみるのでは全く違います。私は現在でもこの偏食で離婚を本気で考えます。

    ユーザーID:8820130334

  • 食べ物の相性の意味

    ずっとROMってましたが、トピ主さんは、これだけ小町の皆さんにアドバイスされても、まだピンときていないようなので、レスします。
    TVか何かで見たのですが、好きなものが違っても、相手の好きなものを食べられないことはないから、問題はないけど、嫌いなものが違うと、合わせるのが難しいそうで、すごく納得したんです。

    旦那:肉、揚げ物、パン、洋食、ケーキが好き。梅干が嫌い。
    私:魚、生もの煮物焼き物、ご飯、和食、あんこが好き。梅干が嫌い。

    これで、とっても円満です。だって相手の好きなものが嫌いなわけじゃなくて、食べればおいしいと思うから、食卓に出しても問題ないんですよね。
    で、私が梅干が嫌いだから絶対食卓に出ないけど、旦那も大嫌いだから問題なし。和食屋で出ると、2人して梅干だけ残すし、旦那の両親がいれば1つずつ多く食べてもらうのみ。

    でももし、私の好みが、旦那の好き・嫌いを逆にした状態だったら…たぶん離婚です。というか結婚しないです。無理です。食事を共にできない。

    目先の「恋」に惑わされないでくださいね。結婚って、相手の嫌なところをどれだけ我慢できるかですから。

    ユーザーID:9667390646

レス求!トピ一覧