偏食を隠されたままの婚約、破棄すべきか

レス578
(トピ主4
お気に入り4,782

恋愛・結婚・離婚

O西賢G

会社員・30代男性です。ふたつ年下の彼女とは交際期間一年、今年の五月に婚約しました。

わたしは好き嫌いがなく、あえて言えば好きなものは「おいしいもの」嫌いなものは「まずいもの」です。
婚約後に分かったことですが、彼女が極端な偏食で、それを隠されていました。デートのときは外食だったので、それぞれメニューを見て好きなものを注文するので、わかりませんでした。
プロポーズして婚約してから、彼女は偏食を告白し、一切の好き嫌いを隠さなくなりました。

・記念日にコース料理を予約して食べに行ったのですが、「食べられるものがない」と悲しげで、ほとんどの皿を残しました。
・結納の日に和食の料亭で御膳を用意しての食事会でしたが、それも手つかずのまま下げさせました。しかし申し訳なさそうにしています。
・とくに嫌いな具材が入っている料理は、「エキスが染みてるから」と皿に箸をつけません。(大嫌いなキュウリ入りのサラダなど)
・料理教室に通っていて、料理は一通りできると言います。
・しかし、嫌いな具材が使用されているレッスンのときは、先生に頼んでメニューを変えてもらってます。においで気持悪くなるそうです。

 列挙してみたところで、結婚生活には無い些細なことと思われるかもしれませんが、彼女の嫌いな具材の種類が「野菜・肉・魚介類・穀物・生もの」と、まんべん無いのです。

先日、カーナビのテレビのニュース番組でイベントの屋台で浅漬けのキュウリに割り箸を刺して氷で冷やした「キュウリバー」なるジャンクフードを子供たちがおいしそうにかじっていた光景が放送されていたのですが、彼女は「オエッ」とつぶやいてテレビから顔を背けました。婚約する前だったらしない行動かと思い、初めて破棄の二文字が浮かびました。

偏食さえなければ、最高の彼女ですので、悩んでいます。ご指南ください。

ユーザーID:7552548709

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数578

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91120 / 578
次へ 最後尾へ
  • 破棄がよぎるってよっぽど。

    彼女の偏食に生理的な嫌悪感を感じるって場合、お互い婚約中の結婚前で良かったと破棄も仕方ないと思います。

    好いて婚約中って、親兄弟がダメだししても自分は大丈夫だから!!ってもので婚約破棄がよぎるってよっぽどじゃないの?

    条件的に彼女に決めて婚約中なら、迷うのもマリッジブルーってやつですね。

    私的には彼女の偏食を許容した場合の食卓にムリがないなら結婚はアリです。お料理教室で代替品も勉強しているようですし。私的には健康食だからと玄米菜食を強要されるよりマシかなあ。

    たとえ、只の偏食でも、コース料理、御膳に事前に指定した食材は使わない!というお願いが可能な店も多いでしょう。記念日、結婚式のような場で、今後は彼女の偏食への気遣いも要求されるってこと。

    写真見て吐き気レベルの彼女の偏食を治さないと結婚しないって決めるのは、まあ、実質的に婚約破棄だと思います。無理やろ。

    ユーザーID:9087944360

  • すごい

    彼女いったい何が食べれるの?デートのとき何食べてました?
    ましてやアレルギーでも何でもないんでしょ。だったら食わず嫌いか、家で甘やかして育てられたかどっちかでしょう。

    私は出されたものは、完食しなさいと教えられてきて、まぁ母も料理好きだったので本当に美味しかったから、卵アレルギーですがそれ以外は何でも食べますよ。結婚したら366日食事しない日なんてないんですよ?私はパートナーが一緒に食事を美味しくいただけない人は無理です。

    でもすごい根性ですね、料理教室のメニュー変更って・・・教室側だって事前に告知してあるでしょうに。

    ユーザーID:7448181792

  • 手ごわそう〜

    トピ主レスを拝見すると、かなりしたたかな女性! って印象ですね。

    恋愛中の1年間は、偏食を悟られないようにし、
    婚約した途端に告白。
    トピ主さんの不安を煽っておいて、しおらしげな態度で偏食を伝えることで「僕は気にしない」と、言質を取る。

    そこまでやっておいてから「オエッ」ですもんね。

    今から、トピ主さんが偏食問題を持ち出したとしても
    「今さら」「気にしないといったのに」
    と、自分の正当性を前面に出してきそう。

    トピ主さん、負けないでくださいね。

    ユーザーID:4650538671

  • やめたほうがよい

    30歳女性です。

    主さんの彼女さんは好き嫌いを開き直っていますね。
    直す気持ちはなさそうです。

    わたしは20歳ころまで生もの(魚介など)が嫌いでお寿司も嫌いでした。
    その他いろいろと嫌いなものがありました。

    でも今は、食べられないものが「納豆」1つのみになりました。
    20歳頃から付き合っていた夫が、好き嫌いをなくすよう強制的に食べさせてきたからです。

    現在、夫の仕事で夫婦同伴の接待を受けることが多く、その時はほとんど割烹や寿司です。
    今は何も残さず食べます。
    特に高級和食はわたしの苦手だった食材が多いので、克服して本当によかったと思ってます。

    好き嫌いが多く残す妻なんて、他の人から見たら残念ですからね。
    本当に夫には感謝です。

    主さんも、克服させてはどうでしょう。
    このままじゃ、母として妻として良くないと思いますが。

    ユーザーID:7218550907

  • 専業かにもよるけど

    彼女が専業主婦希望なら、特に大問題ですね。
    「オエッ」ってするくらいですから、
    作ってはくれないでしょうね。
    トピ主のために、ガマンして作ってくれるなら結婚してもいいかなと思います。
    そこがないと、「最高の彼女」かもしれないけど「最高の妻」にはなれないかなと思いますけど。

    兼業ならトピ主が作ればいいと思いますが。

    「おいしいものを一緒においしいと分かち合えない」
    って、結構つらいですよ。
    こっちのおいしさも半減じゃないですか。
    しかも婚約まで隠してたんでしょ…?

    生理的なものなら仕方ないかもしれませんが、
    実父の実家が農家だったので、「コメ一粒残すのも失礼」
    が家訓?でした。

    目の前でほとんど残されたら、農家にも生き物にも料理人にも失礼で、
    私ならありえないですね。

    ユーザーID:9663319214

  • 私は嫌かな・・・。

    私自身も何度も試していますが未だに魚介類が食べられない物が多いので、好き嫌いがあること事態はまぁ理解が出来ますが・・・。
    トピ主さんと同様結婚相手が同じ状態であれば結婚はしません。

    まず一番引っかかるのは結婚が決まるまで黙っていたこと。
    それまでのデートではとりあえずばれない程度に食べていたんですよね?
    であれば、結婚さえ決まったらという考えが嫌です。
    次に、作り手の感謝や心遣いがないこと。苦手はよし、でもほとんど手をつけないというのはとても失礼です。嫌でも水で流してでも食べるくらいの「申し訳なさ」が感じられないこと。
    3つ目に、人への配慮の無さ。「おえっ」ってその歳で有り得ません。普通は自分が嫌だなと思ってもそれを食べている人もいるし、それが好きな人もいる。顔にも声にも出さないようにしようとするものです。そういう配慮が全くないことが、自分の偏食に関して「恥ずかしい」ことだという気持ちがない証拠。

    上記3つの理由がメインです。そして女性はやはり子供の食生活をメインで見ていくことが多いかと思います。私自身も気をつけていてもどうしても魚介類のメニューが減りがちです。

    ユーザーID:8461806819

  • 先日 外食しながら夫と話題になりました。

    会社の方で ひとりはベジタリアン ひとりは肉嫌いの方がいます。私は 何でも食べる妻で 夫も好き嫌いはありません。一緒に生活していく中で 外食に行こう!となった時 焼き肉行こうぜ!!ステーキ食いに行こうぜ!!が言えないのって つまらないよなぁ〜!って言ってました。俺は そんな 奥さんはゴメンだ!!と… 肉が嫌いな職場の人は なんか 損してるって言うか 食べれなくて可哀想…なんて 口にでもしようもなら 「全然 損とも思わないし 可哀想でもない!身体が受け付けないもの!」と返事がきます。結婚生活で 一緒に 何でも食べれるって大事だと思うけどね。好き嫌いが多いって つまりは 親の育て方が大人になっても 続いてるんだよね。

    ユーザーID:8925128073

  • こう尋ねてはいかがでしょうか


    君がどうしても受け入れられない食材があり、それに対して不愉快な態度をとるのと同じように、

    自分は、どこかでだれかが大切に育ててくれた食材を、人が調理してくれた食べ物に対して失礼な態度をとる君に対して不愉快に思うし、そのような態度をとることになると思う。

    感覚だから君がそういう食べ物がキライというのは止められないように、
    自分も 食べ物に対してそういう態度をとる人がキライなんだと気付いた。

    君がそれを仕方ないと開き直るのではあれば、私もその不快感を毎回君に示すことになる。
    そういうのをこれから長年、耐えられるかな。


    …親御さんの責任も大きいですね。
    また、小さな努力で乗り越えられる壁を逃げて逃げてここまできて、重症化したというふうにも受け取れます。
    そういう彼女に、いずれ子どもが生まれたら、おむつは替えられるのでしょうか。離乳食は作れるのでしょうか。ねとねとしていて気持ち悪いと見た目もそうですが、バランスのいい離乳食を作ることも難しそうですね。

    ユーザーID:7113063663

  • 破棄に一票

    食べ物の好き嫌いって仕方ないと思いますが限度を越えていますね。

    私も多少は嫌いな食材はありますが、子供の前では美味しそうに食べますよ。

    両親から、他人の前ではどんなに嫌いな食べ物でも美味しそうに食べるフリが出来るように仕込まれましたから。

    食事って大切です。
    結婚は考え直した方がいいですよ。

    ユーザーID:6704894497

  • お子さんには何を食べさせます?

    私はほぼ偏食なく、苦手な物も人の前では普通に食べます。

    そんな私の母は、ピーマン人参が嫌いで、新しい食材にも手を出せない人です。

    でも、私が母の人参嫌いを知ったのは、高校生の時です。

    それまで毎日の食事にも弁当にも普通に入っていて、母も一緒に食べていたのです。
    ある日私が予定よ早く帰宅した日に、煮物の人参だけがたくさん残されているのに気づいて、母に聞きました。
    『人参、嫌いなん?』
    『あ、バレた(笑)』

    よくぞ高校生になるまで騙してくれました。

    おかげで人と食事をするのにも困りません。
    私は母のように苦手な物を我慢して子どもに料理をする必要もなく、私の子どもたちにも好き嫌いはありません。


    トピ主さんの彼女さんは、子育ての時に子どもの前で女優になって、何でも『おいしいね』と言って食べてくれそうですか?

    ユーザーID:2405360630

  • うーん。

    偏食・・・というか、好き嫌いって誰にでもあると思います。
    私も嫌いというか、苦手な食べ物ありますけど、例えば人様の家で出されたら残さず食べるように教育されました。

    主さんも、そうではないですか?
    普通はそうだと私は思います。

    ですが、昨今は好き嫌いが多く給食を残す子どもを教師が「一口でいいから食べなさい」と言っただけで、モンスターペアレンツが出てきて「それを食べなくても他のものから栄養取れば問題ない」とクレームを付けられる事もあるそうです。

    もし将来的にお子さんを授かったとしたら、どうなると思いますか?
    母親が「オエ」なんて言う食べ物を子どもが口にするでしょうか。
    そして、そういう価値観で育つ子どもが、学校給食を食べられるでしょうか。

    そもそも、私も30代半ばですが、私たちの時代の先生は好き嫌いなんて許しませんでしたよね?
    それなのに食べれない。そこを考えましょうか。
    もしかしたら、親がモンスターかもしれませんし、それを直す気がない彼女なら、「価値観の違い」は否めないと思います。
    一緒に食事をしても「オエ」じゃ気分悪いですしね。

    ユーザーID:5464889155

  • いやいや、彼女したたかだよ…

    プロポーズされるまでは偏食の片鱗も見せず(やばいと思ってたからでしょ。そうでなければ「私きゅうり嫌いなんだー」って言ってる)、結婚が決まってから深刻そうな顔して打ち明ける。(もっと酷いことだと想像させ、偏食くらいと思わせる)相当したたかな女だと思うよー。

    トピ主さん考えなおしたら?

    ユーザーID:3478309743

  • デリカシーに欠ける行為

    >嫌いな具材が使用されているレッスンのときは、先生に頼んでメニューを変えてもらってます。においで気持悪くなるそうです。

    >彼女は「オエッ」とつぶやいてテレビから顔を背けました。

    なんというデリカシーに欠ける女性だろうと思いました。
    説明しにくいのですが、食べる物・それを食べる人に対して、彼女はあまりにも配慮がなさすぎます。

    彼女は自分の行動が「品性のない行為」であるとは夢にも思ってないでしょうね。
    結婚されたなら、食べ物以外の小さいことでも何となく不愉快に感じる部分がでてくると思います。

    食事は本当に大事ですよ。
    声に出して「オエッ」とつぶやけるその価値観、トピ主さんとは価値観が違う方だと思います。
    価値観の違いが微妙な違和感となってあらわれているのではないですか?

    ユーザーID:1604838334

  • 子供をもたないならOK

    トピ主さんが耐えれそうなら結婚もいいと思います。
    その他は最高の彼女なんでしょ?
    他の方も言っている通り、婚約してから結婚生活にとても大事なことを告白、一緒に見てる番組でオエって…、料理教室でメニューを変えさせるなど少し聞いてるだけでも 謙虚さのかけらもなく私なら友達にも絶対なれない人です。
    結婚は2人の問題です。耐えれるようなら結婚してもいいですが、子供だけは絶対に作らないようにして下さい。子供がかわいそうです。でもまあこんな夫婦に限って作っちゃうんだよなあ。

    ユーザーID:9989022815

  • そういう所は大切

    そういう部分って結婚生活において大切な所だと思います。
    食って日々の事ですから、今の彼女と一緒に食卓囲んでも楽しくいただけないですよね。
    将来子供が産まれた際も奥様が作られる食事がその子の基本になっていきます。このままだと同じ様に偏食のお子さんが育つ事は想像に難くないと思います。

    大人になっても度を超した偏食って恥ずかしいです。親御さんにどう育てられたんでしょうね。他の面が良くても残念な方ですね。

    ユーザーID:1249169881

  • 義母が同じ

    義母が婚約者の彼女と同じ。義父や義祖父は肉が食べたいと言いながら他界しました。この飽食の時代に、悲しい…。

    義母は自分の嫌いな食材の料理はしません。

    同居が決まり、週1に食事会を。半分ずつ、嫁の私とでお互いにおかずを作ることに。肉や野菜をたっぷり使った料理の私のものが直ぐに無くなり、悔しくて無理に義母が料理して食べようとしても、吐き戻してしまっていました。70歳近くまで、婚約者さんのような生活をしていたら治りません。また、主様、うちの義父や義祖父みたいに早死にしますよ。

    破談です!断固、婚約破棄です!絶対に泣き落としに屈しないで下さい!!

    ユーザーID:6808633675

  • 結婚生活は食事が中心

    結婚生活は食事が中心となって営まれます。
    家族が会社の様子、学校の出来事を話しながら食卓を囲むのは、結婚生活の一日で一番大切な時間です。
    食事は人間関係を豊かにする必須の条件です。魅力のある友人、知人を招いての食事会での充実した時間は貴重です。招かれたら、招き返すのは礼儀です。
    家族旅行で、日本や外国の珍しい料理に舌鼓を打つのも人生の楽しみの一つ。
    子供が生まれれば、持ち寄りパーティーが多くなりますし、子供たちを招いての食事会も増えます。お弁当も持たせなければならなくなるかもしれません。
    そして子供が巣立った後は、長い間の友人たちを食事に招いて、思い出話に花を咲かせるのも、老後の大切な楽しみです。

    極端な偏食の相手と、まともな結婚生活が送れるはずがありません。婚約は破棄すべきです。 

    ユーザーID:0101587730

  • 慰謝料払っても破棄ですね。

    人生長いです。

    食べることって生きることと直結です。

    いったい何食べて生きてるんだか不思議ですが

    大事なのは 婚約するまで黙っていたこと、
    そして 婚約して 本性あらわしたことです。

    食べることが苦手な人が 料理すると思えません。
    嫌いなもの 触れますか?
    彼女の嫌いなものをのぞいた料理に絶対なるし
    結婚すれば こちらのものと 料理なんかしない可能性もあります。

    いろんなことでぶつかりあうのが結婚であって
    ぶつかったとき 生きる上で大事な「食べること」すら共有できないなんて
    間違ってます。

    やめたほうが無難です、絶対。大の大人がフルコースも懐石もダメなんて
    なんてこと。

    しかし 彼女ガード甘かったですね。 婚約してミッション成功!”と
    ガードがゆるんだ。

    おそらく結婚しても 家事しませんよ。 将来トピ主さんが
    仕事も家事も全部やり、家は散らかってむちゃくちゃ、みたいな
    光景が浮かびます。

    ユーザーID:8238765741

  • せめて料理できれば・・・

    自分が食べられなくても、トピ主さんの為に
    料理ができるのなら問題ないと思いますが・・
    匂いもダメとなると、結婚生活の中でどういう
    食生活になるか、なんか見えてきますよね。
    ちょっと厳しいかなと思います。

    私の母は料理上手ですが、本人が嫌いなものは
    ほとんど食卓に並びませんでした。
    そのせいで、私はセロリが苦手です。
    私の記憶では一度も家庭で食べたことないです。

    またピーマンも食卓に並びませんでしたね。
    でもこれは、ここ最近(もう40代ですが)やっと
    美味しいと思えるようになりました。
    このように、単品でも母親が料理しないと
    子供も食べられなくなる可能性は高いと思います。

    それが、野菜、肉、魚・・・まんべんなく広範囲に
    わたっていては、大変でしょう。
    多少の好き嫌いは誰にでもあると思いますが、
    トピ主さんの彼女は多すぎです。

    トピ主さん。結婚後にご自分で料理はする覚悟がありますか?

    ユーザーID:8048139364

  • とりあえず主人に聞いてみました。

    参考にはならないと思いますが、「私がものすごい偏食だったら結婚したか」と聞いてみました。
    速攻で「しない!」と言われました〜。

    トピ主さん、彼女と「一生」添い遂げられるか、考えましょう。

    ユーザーID:9509136622

  • もう少し具体的に・・・

    >「野菜・肉・魚介類・穀物・生もの」と、まんべん無いのです。

    とおっしゃいますが、たとえば、キュウリ、馬肉、ニシン、小豆、ナマコだけがダメで、あとはオーケーなら偏食としては許容範囲だと思います。文面からとてもそんなものではないようですが、もう少し具体的に挙げていただけないでしょうか。

    ユーザーID:9891484120

  • 料理教室で作れるメニューがなくて変更させる人ってびっくり

    料理教室で作れるメニューがないなら、相当偏食です。

    それだけならまだしも、どうして周りが彼女に合わせなくちゃならないんですか?
    赤の他人にそんなに迷惑かけて平気なんですか?

    料理教室で、メニューを変更させるってありえないです。

    はっきり言って、性格悪いです。

    ユーザーID:6932595253

  • 最高の女?

    惚れた弱味ですね。そこまでの偏食を婚約してからカミングアウトし、隠さないというのは正直というより、もう大丈夫という安心感からですよね。結納の祝い膳をほとんど残したという時点で、私ならあまりの非常識さに再考します。この人と一生を共に過ごし、一体何回食事をするのでしょう。将来のお子さんの食育のことを話すことは、不妊うんぬんとは全く関係ありません。今は惚れているので何とか良く考えようと思っているようですが、貴方が夕食に寂しくポテチを食べている姿を想像してしまいます。貴方の親御さんや友達にも相談してみたらいかがですか?

    ユーザーID:4431284563

  • トピ主です。

     昨日のレスにとぴ主マークが付けられず、失礼しました。引き続き、ご意見・アドバイスなどありがとうございます。

     後出しですが、本当は今年の十月に入籍・結婚予定でしたが、五月に婚約、六月に結納をした後の七月に、わたしの母親が亡くなりました。そんな状況だったので、彼女側には抵抗されましたがせめて来年の一回忌後にしてほしいと頼み、入籍と結婚を延期しています。

     通夜・葬式ともに彼女の彼女母が手伝いにきてくれて、それは感謝しています。
     葬式のとき、火葬場の待合室で彼女とその母親が話していたのをたまたま立ち聞きしてしまったのですが、「四十九日を過ぎたら、とりあえず入籍だけでもしないと。このままズルズル延ばされたらまた婚活に逆戻りだよ」などと彼女母が言っていて、彼女は無言でした。同じくわたしと一緒にそれを聞いていた妹が、後でボソッと「悪いけど、お兄ちゃんと彼女さんは合わないと思う。お母さんが教えてくれたんじゃない?」と言いました。妹の言葉が、とても引っ掛かっています。

    ユーザーID:7552548709

  • トピ主です。



     彼女のほうから偏食をカミングアウトしたときに、わたしが「そんなことかー」と一度は受け入れてしまったので、それを翻すのは卑怯かなぁと思っていましたが、頂いたレスを読んでみて婚約破棄に値する重要な隠ぺいだと確信しました。

     彼女いわく、今まで付き合ってきた彼氏たちは「騙されたと思って一度食べてみてごらん」と偏食を矯正しようとしてきて苦痛だった。または、偏食というだけで人格までも否定されてひどく傷つけられた。でも賢G(トピ主)は、こんなわたしの全てを受け入れてくれる最高の人。と言っています。
     正直、彼女から離れて行った男性たちの気持ちが、ものすごくよくわかります…。特に美食家では無かったのですが、これは耐えられない。

    ユーザーID:7552548709

  • トピ主です。



     わたしは実家住まいで、朝食と弁当は会社員の妹が「ついでだから」と作ってくれています。
     今朝はサラダ・焼き魚・味噌汁・ゴハン・ヨーグルトの缶詰フルーツあえ?でした。弁当は豚肉の生姜焼き・チクワの穴にキュウリとチーズを通したもの?と、市販の漬物・ゴハン・卵焼き。隙間はプチトマトとレタスが埋めています。OL弁当というかチャラチャラした見た目でちょっと恥ずかしかったのですが、独身男性の同僚からはよく羨ましがられています。
     夕食はワカメスープ・回鍋肉・もずく酢・キュウリのぬか漬け。
     これが彼女だったら、ゴハンとチクワ以外は全滅です。弁当作れるのでしょうか。
     今まで、これ(母親・妹)が普通の女性の手料理クオリティだと思っていたのですが、単に恵まれていたことに気づいていなかっただけで、実はそうではなかったのでしょうか。わからなくなってきました。




     今日、彼女と話をしました。きみの健康が心配だから〜などと話したのですが「そんなにわたしのこと想ってくれるのはあなただけ。わたしは大丈夫だから心配しないでね」との返答でした。

    ユーザーID:7552548709

  • トピ主です。



     今日、彼女と話をしました。きみの健康が心配だから〜などと話したのですが「そんなにわたしのこと想ってくれるのはあなただけ。わたしは大丈夫だから心配しないでね」との返答でした。

     日曜日は母親の法要で、実家に親類が集まります。仕出しの桶寿司を取って、あとは妹が揚げ物とお吸い物を作る段取りになっていますが、彼女に一品作ってくれるように頼んでみました。
     親類が集まる場なので、彼女もそれなりの料理を考案して準備万全で作ってくれると思います。「一品だけでいいの? まかせて!」と言っていましたし。

     また、ご報告します。

    ユーザーID:7552548709

  • う〜ん

    食の相性っていうのも凄く大事な事だと思う。
    生活の一部である食事の場面で、どちらかが何かしらの我慢をしながら毎日を過ごしていく訳でしょ?
    結婚となると、十年二十年とその我慢が積み重なる訳で…想像できますか?

    ユーザーID:9529739878

  • うちの母も偏食

    うちの母は魚が大嫌い。魚屋さんの前を通るだけで生臭い生臭いといつも大騒ぎしてました。
    一方父は魚大好き。なので、お魚料理は頻繁に食卓に登場しました。
    味見もしないで煮魚なんてよく上手に作れるなー、臭いといいながら良く触れるなーと子供心に感心したものです。
    お米も嫌いで、家族と一緒にしぶしぶは食べますが、食後の口直しにパンを食べてました(笑)
    家族のために嫌いな食材もちゃんと料理してくれたおかげで、好き嫌いなく健康に育つ事ができたと感謝しています。母本人は嫌いだから食べないけど、家族が食べてるのはうれしそうでしたよ。
    彼女さん、自分が嫌いなものは作らないとは、愛がないですね。
    問題なのは偏食ではなく、彼女の性格なのでは、と思いました。

    ユーザーID:9748154226

  • 旅行出来ませんよ。納豆を冷蔵庫にいれると怒りますよ

    アレルギーっ子を持つ母です。

    偏食を軽く見てはいけません。
    子供はアレルギーなので仕方ないですが、それでも旅行に行くとまず食べ物探しです。子供に合わせて外食しますが、その国の料理とかは食べられないので、日本食メニューばかり。せっかく海外にいるのに、日本のメニューばかりです。
    しかも彼女は日本食でもダメなんですよね。どうするの。

    家でも、「同じメニューの繰り返し」です。
    これは本当に辛いですよ。
    一緒に住んでトピ主のみ自分で作れるならいいですが、このタイプは食材の匂いがイヤなんです。冷蔵庫に納豆とか入れると怒ります。だから、トピ主さんも彼女と同じ食材しか食べられません。

    毎日似たようなメニューばっかり、うんざりします。
    毎日ポテトチップとラーメンだったらどうしますか?

    ユーザーID:6932595253

先頭へ 前へ
91120 / 578
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧