偏食を隠されたままの婚約、破棄すべきか

レス578
(トピ主4
お気に入り4,782

恋愛・結婚・離婚

O西賢G

会社員・30代男性です。ふたつ年下の彼女とは交際期間一年、今年の五月に婚約しました。

わたしは好き嫌いがなく、あえて言えば好きなものは「おいしいもの」嫌いなものは「まずいもの」です。
婚約後に分かったことですが、彼女が極端な偏食で、それを隠されていました。デートのときは外食だったので、それぞれメニューを見て好きなものを注文するので、わかりませんでした。
プロポーズして婚約してから、彼女は偏食を告白し、一切の好き嫌いを隠さなくなりました。

・記念日にコース料理を予約して食べに行ったのですが、「食べられるものがない」と悲しげで、ほとんどの皿を残しました。
・結納の日に和食の料亭で御膳を用意しての食事会でしたが、それも手つかずのまま下げさせました。しかし申し訳なさそうにしています。
・とくに嫌いな具材が入っている料理は、「エキスが染みてるから」と皿に箸をつけません。(大嫌いなキュウリ入りのサラダなど)
・料理教室に通っていて、料理は一通りできると言います。
・しかし、嫌いな具材が使用されているレッスンのときは、先生に頼んでメニューを変えてもらってます。においで気持悪くなるそうです。

 列挙してみたところで、結婚生活には無い些細なことと思われるかもしれませんが、彼女の嫌いな具材の種類が「野菜・肉・魚介類・穀物・生もの」と、まんべん無いのです。

先日、カーナビのテレビのニュース番組でイベントの屋台で浅漬けのキュウリに割り箸を刺して氷で冷やした「キュウリバー」なるジャンクフードを子供たちがおいしそうにかじっていた光景が放送されていたのですが、彼女は「オエッ」とつぶやいてテレビから顔を背けました。婚約する前だったらしない行動かと思い、初めて破棄の二文字が浮かびました。

偏食さえなければ、最高の彼女ですので、悩んでいます。ご指南ください。

ユーザーID:7552548709

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数578

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
121150 / 578
次へ 最後尾へ
  • 破棄でしょう!!

    アレルギーで食べられない…というわけではなさそうですね、正直考えられませんね。
    好き嫌いが…というよりも、もしかすると摂食障害なのでは?
    どちらにしても 結婚してからまともな食生活はできないと思います。
    子どもができたとしても 負の連鎖によりお子さんも同じように食べ物に対する何らかの問題を抱えると思います。

    彼女は開き直っているようですが、食事ことは今後も目をつぶって通れる事ではないので一度 お二人で話し合ってみてください。

    ユーザーID:8396349032

  • もしかしてトピ主さんは悪徳商法にひっかかるタイプかな

    >婚約後に本性を現した、というくだりですが、彼女は自らカミングアウトしました。

    いや、それを婚約後に本性をあらわしたと言うんですよ。
    契約したあとに、「実は・・」と言うのですから。

    >プロポーズ後に「実は隠していることがあるの。怒らないで聞いてくれる?明日話すから」と切り出され、もしやバツイチ・もしや借金などと一日中仕事が手に付かない状態で、

    明日、というのが巧妙な手口。
    「購入された家に実は隠していることがありまして、明日話します」
    といわれた時点でまともな人なら、わざと隠していたと気づきます。
    でももう購入したし・・・どうしよう。と最悪(不動産会社倒産とか)の事態を考え、次の日に最悪ほどは悪くなかったので(家が雨漏りする)ちょっと安心して許してしまうのです。

    トピ主さんが家を買ったとします。
    手付金と仮契約を結んだとたんに、「実は隠していたけど問題がありまして、怒らないでいただきたいのですが。明日話しますので」と言われ、さんざんトピ主を不安のどん底に置いた後、「雨漏りするんです」という。

    これは、上級テクニックです。つづく

    ユーザーID:6932595253

  • トピ主さんは悪徳商法に・・つづき

    「なんだ、雨漏り程度か」とトピ主はあっさり許してしまいます。
    これは、最初から「雨漏りがします」といえば怒られる可能性が高いけど、一日置いてトピ主が最悪の事態を勝手に予想してくれるおかげで、最悪ではないからと、許されることを期待しての計算だと思います。

    これが許されたら次は、「料理はひととおり作れる」を、「実は苦手なものはにおいもイヤなので、買い物するのもイヤなの。冷蔵庫に入れるのもイヤなの。料理教室でメニューを変えてもらってたのは知ってるでしょう?変えてもらったメニュー(すなわち、芋ばっかりメニュー)なら、一通り作れるのよ」とカミングアウトするでしょう。

    ちなみに、料理教室の全員から嫌われていると思いますよ。これもそのうちカミングアウトするでしょう。「実は・・怒らないで聞いてね」

    ユーザーID:6932595253

  • うーん

    不思議!皆さん彼女に対してスッゴい否定的私も生野菜無理胡瓜匂いで吐き気がするし子供の頃から何度も親から叱られ辛かった結婚前に別に言わなかったケド特に問題無し(夫が細かいコト気にしない)そんな母親に育てられても子供は普通
    自分が嫌いな物も頑張って料理してきたからね
    ナンダカちっさい男だなあ彼女それで破棄されたらトラウマにナルカモネ

    ユーザーID:2125760143

  • 難しいなぁ…

    結納はすませているんですか。引き返しにくい状況ですね

    でも食って生きていく上で一番大切な事ですからね。
    結婚して、もし子供ができたとしたら…そんな感じの人で大丈夫なのかなぁ?って思いました。

    また、何でも好き嫌いなく食べる人の方が将来的にも健康でいられるんじゃないかと思いますよ。

    ユーザーID:8329772707

  • 食はかなり重要

    トピ主さんも偏食なら気持ちが分かるかもしれませんが、全くの逆ですよね。

    食生活ってかなり重要です。
    私は食に関して体を作り健康を作るものと考えているので、大切にしています。
    子供に対しても今は嫌いなものがあっても多少は大目に見ますが、偏食させないようにしています。
    私自身の嫌いなものは激辛なものぐらいなので、自称好き嫌いなしの主人よりもなんでも食べています。
    これからの毎日の結婚生活、彼女の食べれる料理のみが食卓にあがります。
    お子さんが出来たらどうします?
    食育という言葉があるくらい、食生活は重要視されています。

    しかも婚約後の告白と態度豹変…誠意がありませんね。
    誠意ある人なら付き合っている時点で告白し、直すように努力するくらい言うものです。
    結婚生活で毎日、テレビなり食卓なりで「おぇ」とか「よくそんなもの食べられるね」と言われるんですよ。
    料理もぜひ作ってもらって食べてくださいね。
    婚約後の告白、これからの食卓、子供が産まれたらの話…食への価値観の違いは大きいです。

    ユーザーID:6832244171

  • 絶対やめとけ〜!

    食事は大事です。
    毎日毎日食卓で「あれきらい〜、これまずい〜オエッ」言われながら食べる食事、楽しくないですよ。
    同じ物を食べて、おいしいねって微笑み合うこともごく少ないとあっては…
    食事は楽しくないとね。マジで!!
    経験者より

    ユーザーID:7870664930

  • とりあえず式はかなり先で.

    トピ主表示されていないレスまで読みました。

    とりあえず式や入籍の話は1年後以上に延ばしましょう。
    理由は偏食。
    小町のレスを見れば分かるように食は毎日のことで重要です。
    その点、相手にも分かるように話し合ってください。

    涙ぐんだとか、前向きに考えずに、彼女を思いやりながらもシビアに判断してくださいね。
    毎日外食とか、宅配の料理とか出来る経済力精神力をお持ちなら別ですが、彼女の父親が偏食の彼女を作ったように、同じように繰り返されますよ。
    男性不妊とか子供が出来ないとか云々は別の問題。

    これからの将来のビジョンに食に関しても話し合ってください。
    私なら婚約破棄です。離婚は結婚より数倍エネルギーを使います。
    食事の合わない人、おえなんていう人とは生活できません。

    ユーザーID:6832244171

  • 離婚しました…

    私は相手の極端な偏食が原因の一つで
    離婚しました。食って本当に大事です…。

    結婚前は普通に食べていたのですが、
    結婚してから突然、偏食になったので
    事前にはわからなかったんです。
    破棄するにせよ、結婚するにせよ
    事前に分かってよかったですね。

    ユーザーID:2668283142

  • 偏食て思ったより手強いですよ

    まずその食材は食卓に出ないでしょう
    そうなると、子供も食べない子供になります
    しかも彼女はコースや御膳を手付かずとはかなり種類が多いんですよね
    しかもそれを「隠してた」という事は「それを含めて自分を愛して欲しい」ではなく、嫌われる要素であると充分承知なんですよね。婚約したからもういいだろう、という態度。
    うちは兄嫁がかなり偏食で子供もかなりです。お弁当は食べれるインスタントしか入っていません。栄養バランスなんて皆無
    母親が偏食だから食べる努力をさせない。給食も残しまくりでガリガリで小さいです。それでも母親は「個性」と言うんです。好き嫌いは甘えだと思うんですけど。お腹がすくから炭酸ジュースやお菓子は毎日食べてます。それより食事だろ?と思うんですが。
    食べる事は生きる事だから、婚約破棄がよぎるという事はこの先家族になってもトピ主は生理的にダメだと思う。根本が違うんですよ
    彼女がそこまで偏食で、食べる努力もしないというのは彼女の家もそんな家で彼女に甘かったんでしょうね
    結婚する前にわかって良かったですよ

    ユーザーID:2949702106

  • やっぱり病気が多い・・・

    私の知ってる数人の異常なる偏食家は身体が弱いですよ。
    食べなくても元気?そういう人が居るのかな?
    赤ちゃんが出来る前に栄養も送ってあげなきゃ
    低出生体重児になったり、また赤ちゃんも弱い子が多い、
    ダイエットで極端な痩せ方をしている妊婦も問題になって
    TVで放映してました。
    食は大事、今はスレンダーで綺麗にしておられる彼女と思いますが
    それは若い時だけ、老化も早いと思いますよ。
    結婚は時期を延ばすかやめたほうがいいでしょう。

    ユーザーID:6172593213

  • 料理って味見するよね?

    料理中に味見しますし、そのうち彼女が食べられるものしか食卓に並ばなくなるような…

    食って大事ですよ
    食べたいものが食べられないってストレスになります よーく考えてくださいね

    ユーザーID:7717669188

  • 偏食は問題の断片だけな気が・・

    って意見が出てますが、私もそう思います。

    食事は本当に大切ですが、この彼女、基本「我慢、忍耐」って言葉が彼女の辞書に「ない」様に見受けられます。

    会食の席で食べないで下げさる、料理教室でメニュー変更。
    ありえません。一般常識を知っているならば。

    婚約が決まってから隠さなくなった・・・ってことは我慢もしなくなった。
    イコール、何やってもいい。
    これから問題がどんどん出てきますよ。
    ありえない場面にも出会うかも知れません。

    親御さんのしつけ失敗例でしょうけどね。
    我が強く面倒くさくなったんではないかなぁ。
    困るなら困ってしまえ。
    そしたら気がつくんじゃないかと思って。
    関わった人には申し訳ないけど・・・位に考えてる可能性ありです。

    再考することをお勧めします。
    生きて行く上で我慢する場面って多いですよ。
    食事以外でも。
    あらぬことを口走る可能性が普通の方の何倍もあると思います。

    自分の社会的立場が危うくなってもいいのなら、結婚して下さいね。

    私があなたなら、やめます。
    離婚のほうが手間がかかるから。

    ユーザーID:1725388904

  • やめやめ

    私も結婚まで考えてる人がいましたが味の好みが合わなくて…ストレスでした。料理は好きな方だったので余計かもしれませんが。私もこのぐらいで別れるなんて…って思ってました。で、結局別の理由でお別れして、今の夫に出会ったのですが…食事の好みがとっても似ており、文句も言われないし笑顔で食事出来てストレスフリーです。毎日のことですよ?生きていく為ですもん、食事って大事だと思う。

    ユーザーID:4025193524

  • 偏食のある人の実感

    彼女さんの弁護をするわけではないですが、偏食持ちの人間からの意見を。
    私は、彼女さんほど範囲は広くないけど、生野菜全般がダメなので、キュウリのがダメなのが似てるかな。

    さて、ここで自分が意見しようと思ったのは、多くの人が偏食を「わがまま・品性・家庭の問題・食わず嫌い」と思っているように見えたからです。

    残念ながら自分のように、嫌いな物を何度か食べて、食べられないことの申し訳なさを実感しつつ、料理上手の母親から幼い頃から工夫してもらっても、食べられないものは食べれませんでした。(物によっては食べれるようになったり、緩和したものももちろんあるけど)

    嫌いなものには申し訳ないけど、口に入れて認識した瞬間に生理的に拒否反応を起こして、ひどい時には嘔吐します。
    子供の頃の給食で残すことを禁じられた時、何度か吐いてしまって泣く泣く残って掃除しました。

    みなさんの槍玉に上がる、彼女さんが「キュウリの映像でオェっとなった」のは品性の問題ではなく、美味しそうに食べる子どもの姿に、自分が昔食べて吐いた記憶をフラッシュバックさせてしまったのかと思います。

    もちろん他人に気遣うのは必要ですが。

    ユーザーID:2412638738

  • 結婚は生活  生活=食べること です

    今は結婚が目の前にあるので、彼女も「なんとか努力する」と嘘を言うでしょう。
    でも、長年かかって作られた食べ物に対する拒絶反応は脳に刷り込まれてるので、
    努力とかで克服は無理です。

    彼女の場合たぶん父親が、嫌いな食べ物に対し嫌な顔をしていたのをみて、これはまずいのだ。という刷り込みがどんどん出来てそまったのかもしれせん。
    一度これはまずいと思い込むと、どうしても受け付けない。食を簡単に考えては駄目です。
    彼女は自分の嫌いなものは最初はあなたの為に作るかもしれない。でもすぐにしなくなります。
    食べられないものを作ることほど苦痛はありません。

    子供が生まれたら、子供はいつもそばにいる母親が美味しそうに食べないものは自分も食べなくなります。
    まねをするのです。

    彼女は良い人と書いていますが、実は仮面かもしれません。偏食の多い人は実は人の好き嫌いも激しいとよく言われます。
    彼女は好きな人には機嫌ががいいけれど、嫌いな人、嫌いなことも多いはずです。あなたが知らないだけかも。

    交際期間1年。あなたの知らない彼女がまだまだあるはず。この結婚保留にしては?

    ユーザーID:7971448636

  • 別れた方がいい

    申し訳ないけど、私は好き嫌いの多い人は、付き合いづらくて、苦手です。性格も好きではありません。
    それに、お子さん作るつもりですよね?
    好き嫌いの多い母親は最悪だと思います。

    別れられるなら、さっさと別れた方がいいと思います。

    ユーザーID:5448286713

  • 私だったら、ナシかな

    結婚6年目ですが、主人といて一番楽しいのは「ご飯の時間」です。
    お互いほとんど好き嫌いが無く、家でも外でも外国でも、楽しくご飯を食べられます。食事の感想や意見を交換するのも楽しみです。

    トピ主さん、考えて見て下さい。結婚したら奥さんと何千回も一緒に食事するんです。毎回違うものをお互い食べたりしても平気ですか。出先で彼女が食べれないからって、自分の行きたいレストランなどを我慢するのを今後ずっと続けるんですよ。

    トピ主さんと、彼女さんの愛があれば乗り越えられるかもしれません。
    どうぞ話し合って下さい。


    うち子供三人は、特に偏食なく育っています。
    私の母は肉嫌い、洋食嫌いだったのですが、二日に一度は肉を、和洋折衷いろいろ料理してくれました。彼女も自分の偏食を子供に押し付けないといいのですが。

    ユーザーID:5552362121

  • ここにも盲目が(笑)

    彼女にするにはかわいい女性ですね
    じゃがりこやポテチってお菓子じゃないですか(笑)
    子どもなんですよ
    だからかわいい
    偏食を告白した態度はあなた以外にはとても計算高く見えますよ

    結婚は生活です
    問題があると泣くほど深刻なら治す努力をするのが普通の人
    要は変わる気のない自分を受け入れろと言っているのです

    ためしに一度「偏食を治すまで結婚は伸ばそう。自分も手伝うから」と言ってみてご覧なさい
    本性がポロポロ出てきますよ

    恋は盲目。見えるようになった時に後悔しなければいいのですが

    ユーザーID:0667018705

  • 良く考えて下さいね

    そこまで偏食が酷いと将来お子さんにも影響出ますよ。
    自分が食べられない食材は普段の料理で使う事も無いでしょうし
    例え嫌いな食材を入れても味見なんてしないでしょうから不味いと思います。

    義母が偏食で自分が嫌いな食材を全く使わなかったみたいで
    主人もやはり偏食でした。私もトピ様と同じ様に結婚前は好きな物を注文して食べていたので解りませんでした。結婚した途端、あれは嫌、これも嫌で・・・毎日の献立にウンザリ。たかが食の問題ですが結婚する前に解っていたら結婚していませんでした。
    義父は義母の料理に我慢出来なくほとんど毎日外食です。

    婚約した後に偏食の事実をトピ様に言う。て、計算高い女性の様にも感じてしまいます。
    トピ様、良く考えて結婚された方が良いですね。

    ユーザーID:3038273930

  • あなたが私の息子なら

    私は結納の時点で「考え直しなさい」と説得します。
    食べ物の価値観の違う者同士が一緒に暮らすのは苦痛でしかありません。

    食事は毎日3回、死ぬまで続きます。小さな問題ではありません。
    これから死ぬまで何回彼女と食事する事になるのか、ざっと数えてみて下さい。
    何千回、何万回、その度に食べ物を避けられ、オエッと言われ、
    好きな物を食べていたら、食べ物じゃない物を食べてるような目で見られる。
    耐えられますか?

    雑誌やテレビを見ながら「これ美味しそうだね、今度食べに行こうか!」なんて
    周りの夫婦はしているごくごく普通の会話も出来ないのですよ?
    耐えられますか?

    匂いで気持ち悪くなるなら、おそらく食卓に彼女の嫌いな食材は並びません。
    包丁で切るのも嫌がるでしょうから。
    迷っているなら試しに彼女に手料理をリクエストしてみて下さい。
    彼女の嫌いなメニューをね。頑張って作ってくれたなら、まだ折り合いの余地はあるかも…。

    ユーザーID:5084810074

  • 問題は、むしろ偏食より、隠していたこと

    食事会で手つかずになる程の偏食を、よく1年間隠し通せましたね。それって、何気ないデートでのお店選びでも、よっぽど彼女が頭を働かせて「あのお店だったらあれが食べられるからバレないで済む」といった風に根回ししなければ、とても無理なレベルですよね。

    こうなると、偏食そのもののレベルもそうですが、それを隠し通したということの方が人間性を疑います。

    しかも、婚約した途端に安心して「オエッ」などと、テレビの画面にすら遠慮しなくなったのですよね。ということはこれから、トピ主さんが何か食べるたび、もっと悪いケースでは妻として食事に出てもらうとき周りの人にまでも「オエッ」と嫌な顔をさらけ出すことになりますよね。

    本当に申し訳ないと思っているなら、婚約を境に態度が変わったりはしないでしょう。交際期間中に、きちんと知ってもらうのが誠実なはず。

    「偏食さえなければ最高の彼女」って、それはあり得ないんじゃないですか?最高の女性は、隠し通したことを婚約を機にやすやすとボロを出したり、習い事で先生の決めた事を変えさせるようなこと、しないと思います…。

    婚約破棄じゃなくても、とりあえず保留にしてみては?

    ユーザーID:3589978387

  • 私も好き嫌い多いです

    私(既婚女性)も好き嫌いが多いです。
    野菜系の半分は好きではないですが、一応食べられるものが殆どです。

    ただ、どうしても南瓜と茄子だけはダメなので、ウチではその料理が出ません。
    夫が好きなので申し訳ないと思ってます。

    私の実家に帰ると、母が夫のために南瓜と茄子料理を作って振舞います。

    私の場合は、出会った当初から「南瓜と茄子は女の食べ物じゃない!」と公言(苦笑)していたので、夫はそれを知っててプロポーズしてくれました。
     ※秋茄子は嫁に食わすなっていう言葉がありますので。

    ただ、「臭いで気持ち悪くなる」というのは、我侭ではなく体質ですよね。それを責めるのは酷だと思うのですが、隠しているのも良くないですね。

    よく話し合ってください。
    食の問題は一生ついて回りますよ。今妥協できないなら、今後一生妥協できないでしょうから。

    私だったら、彼女さんには大変申し訳ないですが、あまりにも多くの食べ物が食べられない方であれば、結婚生活は難しいと思います。

    ユーザーID:4966880954

  • 特に問題なし

    私は その彼女と結婚しても全然問題ないと思います!


    ひとは偏食でも結構長生きできます
    新鮮なものならなおよし

    一生に食べる量(消化できる能力)が あらかじめ決まってるそうです
    血糖値上げるホルモンの数と下げる数比べてみてもわかりますように

    人体の構造からいって
    たぶん 食べ過ぎを心配したほうがいいです

    いまの現状の方があきらかに飽食異常事態なんだと思います


    お菓子を食事がわりにするのはちょっといただけないけど
    それをしないという約束なら

    案外 健康長生きタイプの食生活過ごせるタイプだと思う

    好きなものはたまに実家に帰って食べさせてもらうか
    自分で作るか 外食でまかなうかで
    手をうちましょう!

    くれぐれも 彼女の作ったものに指図めいたことは
    しないことが肝心かと


    基本

    寛容忍耐=結婚生活 なのです

    是非 安心して結婚なさいますように

    ユーザーID:2741986340

  • 難しいかも…

    偏食がひどい知り合いは、料理は旦那さんが作っててビックリしました。食事が嫌いな為、作りたくないそうです。

    私自身、家事に好き嫌いはありますが、得意ぢゃないなりにも料理を毎日する理由は、

    自分自身食べる事が好きで少しでも美味しい物が出来たら嬉しい事、夫への感謝や健康でいて欲しい事、2人で美味しいねって食べる事が幸せだからです。

    作る側が何でも食べれる人なら、ある程度相手に合わせる事は出来ると思いますが、その逆なら難しい気がしました…

    トピ主さんにとって良い決断ができるといいですね。

    ユーザーID:3720718468

  • キュウリバーは美味しいよ。

    偏食の度合いにもよるとは思いますが、和食膳を食べれないとなると…和食は無理ですかね。
    料理が出来ると言うなら作れる料理のリストを書いて貰ったらどうですか?あと、子供の食事はどうするのか。食べられない物は作らないと言うなら子供も偏食になりますが、その覚悟がトピ主様にあるなら結婚されてもいいと思います。

    ユーザーID:6786999086

  • 結婚は先延ばしに賛成

    うん、トピ主は彼女可愛さで目が曇ってるみたいだから言わせてもらうね。

    ごくごくフツーの一般市民はね
    他人が食べているものに対して「オエッ」なんて言わないし、
    婚約者の両親には少しでも悪い印象を与えたくないと考えて、嫌いなものが出されても必死で食べるし、
    料理教室で嫌いな食材が出ても黙って我慢するし、
    婚約したからこっちのものと言わんばかりに態度を変えたりしない。
    むしろ結婚するんだから少しでも改善しなきゃと考えるよ。
    ついでにフツーの親なら結納の場で料理に手をつけないなんて許さないと思うよ。

    偏食がどうのこうのと言う前に、人間性に疑問を持った方がいいと思うけど。
    まだ付き合って一年なんだよね?
    たった一年で彼女の全てを知ったつもり?
    もちろんトピ主が知ってる善良な部分も彼女だけど、隠されたそうでない部分がまだあると思う。

    遠まわしになんかじゃなくて率直なトピ主の気持ちを話してみなよ。
    結婚は先延ばしにして、彼女の人柄をしっかり見た方がいいと思うよ。

    ユーザーID:6448650922

  • 破棄

    私の夫もかなりの偏食で毎日 料理に苦労してます。 一緒に外食なんて無理! 毎日 離婚が頭によぎります。 これほどとは…と見抜けなかった私もバカですが…。

    ユーザーID:3886672063

  • 私の夫の友人の場合ですが

    過度の偏食女性と結婚しています。
    交際時期から分かっていての結婚でしたが。

    一緒に外食する機会は何度もありましたが、とても気を使いましたね。
    あれも「駄目」これも「駄目」..

    ベジタリアンの為のレストランに(あまりありませんが、都会では少しあります)に行っても「きゅうりは嫌」「人参はちょっと..」とか...

    彼女は結婚当初は料理を作ったそうですが、元から食に対する興味薄の為が「苦痛」になったとの事です。

    いきおい、夫婦ともに外食生活をする様になりました。

    彼は3年間で体重が65Kgから103Kgになり痛風の薬を飲んでいます。32才ですが。

    私の夫が彼らの家に遊びに行く機会がありますが,「冷蔵庫にミネラルウオーターしか入っていないんだ..」と驚いていました。

    かなり極端なケースを書いていますが、本当の事です。

    主さん、こういう結婚生活..どう思われますか?

    ユーザーID:4831954811

  • 約束だけで結婚してはいけない

    皆さんのレスを読んでいたら、偏食って克服出来るものなのだなと思いました。

    ひとまず結婚は延期して、2年ぐらい掛けて、二人で力を合わせて偏食を克服してみませんか。
    偏食だけどトピ主の為に努力する、と言う約束で結婚してしまうのはお勧め出来ません。

    私も、夫と結婚するにあたって、色々約束しましたが(家事は半々とか)そのほとんどは最初は実行してくれたけど、そのうちになあなあになって、やらなくなってしまいました。
    彼女も同じだと思います。
    今、習慣付いていないものが、結婚してからずっと維持出来るってあまりないと思います。
    そういう強い意識がないから、偏食が大人になった今でもあるのだろうし。

    ぶっちゃけていうと私がトピ主の立場なら、彼女との結婚は諦めますが(申し訳ないけど、性格も悪そうな気がする)トピ主の彼女となんてかやっていけないか、というお気持ちに胸を打たれました。
    想像以上の偏食だったので、偏食を克服してから結婚する、そのために結婚が数年先になっても構わないと彼女に伝えてみてはどうでしょう。
    その時の反応で、やっぱり彼女とは無理だ、と思うかも知れないし、いい方向に向かうかも知れません。

    ユーザーID:0715795235

先頭へ 前へ
121150 / 578
次へ 最後尾へ
レス求!トピ一覧