30年後、年金はもらえるのか?

レス11
(トピ主0
お気に入り27

生活・身近な話題

みく

30代既婚、1児(小学1年)の母です。
現在、厚生年金をかけていますが、
20年間以上かけていったとしても、
私が60歳又は65歳になった頃に、年金はもらえるのでしょうか?
もらえる額が下がるか、もらえる年齢が延びるか。
そう思うと将来が不安になってきました。
そのためにも、貯えが必要ですか?
人生の先輩に聞きたいのですが、人生これからどうなるかわかりませんが、今から出来る事は何でしょうか?

ユーザーID:7980979356

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 最悪の事態

    30代未婚女子です。
    現在、結婚を視野に入れて将来設計をしている最中ですが、
    今のままで行くと、厚生年金を積み立てても見通しは暗いと思っています。

    現況、既に大幅な年金制度の改定をしないと、私たちが60代になった時
    貰える保証はないと思いますので、個人的には個人年金(加入済)や
    自分で積み立てをしておく事を計画しています。

    年金制度は人口の問題、又、累進課税の為、景気に左右され易く
    きちんとした計画が立てずらい制度である事も原因の一つかもしれませんが、
    既に積み立てた人たち(現在の受給資格者)に支払わない訳にもいかず、
    自分が政治家だったとしても今一つ良い解決案が思い当たらない制度です。


    最悪の事態に備えておく事が一番良い選択肢だと思いますし、
    年金が貰えればラッキー、貰えなかったとしてもお世話になった親の世代に
    社会貢献したと思って納得しようと個人的には思っています。

    同じ歳位の周りの人達はこんな感じです。
    また、こういう問題にしっかり取り組める政治家を輩出するため、
    選挙時に確り選ぶというイチ国民としての姿勢も大切にしないと・・・
    と最近思います。ご参考になれば幸いです。

    ユーザーID:3218020902

  • 捕らぬタヌキの皮算用

    アテにせず、人生を計画した方がいいでしょう。
    もらえたとしても、今とは額が違うでしょうし、更に私は、短命家系です(涙)
    40代になりましたが、定年後、繰上げでもらえても、わずかだと思ってます。
    老後、働けなくなった場合を考えて、住居の確保や、貯えは必要だと思います。
    お子さん世代に、シワ寄せがいかないように、私達がしっかりしたいですね。

    ユーザーID:5700252839

  • まぁ、こんな事書いちゃっていいのか分からないけど。

     とりあえず、貰えると信じましょう。
     だって会社に勤めてる限り勝手に徴収されちゃうんだもん・・・。

     私は既婚で夫がいるけど、夫なんて月に十何万も払ってるよ・・。私は数万だけど。
     でも、貯金は凄いしてます(ああ、弱気ですね)。

    ユーザーID:1903048733

  • 40半ばです

    私の周りの同年代で、年金をもらえると思っている人は皆無です。
    万が一もらえても月数万程度、それでは生活できないので無いのと等しい。
    そう考える人が多いからです。
    だから貯金しています。

    40代の私たちがそういう考えです。
    30代のトピ主さんの頭に未だに年金という文字があることが信じられません。
    見通しが甘いと思います。

    ユーザーID:3317539753

  • どうかな?

    いまの国の借金額見てると、年金より、国そのものがどうなる事やら。

    30年後デノミってるかもしれないし、「円」そのものが
    どうなってるかもわからない。

    デノミは定期的に検討されてる噂も・・・・。

    でも、どうなってもとりあえず生きていけるような手段を
    考えつつ生活してます。

    ユーザーID:9568722915

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 貰えます

    勿論もらえます。金額が今の想定より減るだけです。
    年金だけでは当然生活できません。
    それまでに幾ら貯めるかのゴールに向かって走っていかねばなりません。
    今、浪費して年取って苦労するか、キリギリスになるのか、アリになるのか、ギリシャになるのか、ドイツになるのか。
    すべて自分の責任に於いて決めるだけです。

    ユーザーID:9815458674

  • 先輩というほど年上ではありませんが

    もらえるとしても月数万円とかじゃないですか?
    それか支給開始年齢が75歳とかになって
    多くの人はもらえないまま亡くなってしまうとか。

    このままいけば、現役1人で1人のお年寄りを支えることになりそうです。
    もうないモノと思い、老後のための貯金にいそしみ、医療費の削減のために健康に留意すること…このくらいですかね。

    ユーザーID:0151162699

  • 生活のあてにしない

    まるっきり払われないという事は無いと思いますが、どのような形になり、何歳からいくらもらえるかさっぱりわかりませんよね。年金を生活の基盤にすえるのではなく、もらえたらより豊かな生活ができるなあ、という程度に考え、自分で保険などをかけ、貯金する必要があると思います。

    年金は60歳以降にはらわれるものだけではありません。
    あなたがなくなってしまった場合はお子さんが遺族年金を、あなたが怪我や病気で障害者になってしまったときには障害者年金がもらえます。
    私の義弟は重度の統合失調症で20代後半で、働くことができなくなりました。32歳のときに医者の勧めで障害者手帳を取得、義父が20歳から欠かさず払っていた年金のおかげで過去5年分(発病から5年以上経過していたから)400万以上一括で払われ、今毎月6万以上の年金をもらっています。

    いつ何時何があるかわかりません。
    今できることは、欠かさず年金を払うこと、貯金にも励むこと、年金制度をささえるためにあと2人くらい産む(冗談ですよ)くらいかなあ

    ユーザーID:0458281364

  • 強制なので払わざるを得ないが

    見通しが暗いのは確実ですね。

    受給年齢まで2、30年ある我々現役世代は、受給開始年齢が引き上げられるか、総支払額以下しか受け取れない可能性大。
    とはいえ、国内に居住している限り、掛け金は払わざるを得ないので、年金を全く当てにしないというのも現実的ではないですよね。

    一番問題になってくるのは、正社員の定年を延長する会社は少ないでしょうから、会社や仕事をリタイアしてから年金受給までの所得ゼロの期間をどう生活して行くかだと思っています。(勤労意欲があっても働けるとも限らないし)

    自分の様な一般的な庶民は年金の受給開始が70歳になったとしても、生活出来る蓄えが必要だと思います。

    ただし、世界的に混沌として来ているので、従来言われている様な外貨建ての資産を持った方が良いというのもどうだろうと思うし、人口減・成長減の日本で不動産賃貸や投資なんかも見通し暗そうだし、リスク資産は持たないで手堅くコツコツ蓄えた方が確実なんでしょうね。

    ユーザーID:2934492956

  • 国の財政が破綻しない限り

    金額は少なくなっても出るでしょう

    財政が破綻してしまえば蓄えは紙切れになるかも知れません

    国を信じて積み立てることですね

    ユーザーID:8582437298

  • 投資&手に職でしょうか。

    皆さんのおしゃっている通り、2・30年後の老齢年金は制度がないか小額ではないでしょうか。

    ご主人の会社で、財形貯蓄や持ち株会、企業年金などあったら始めるのもいいと思います。
    但し、福利厚生は景気に影響されて廃止になったりするので経営状況のチェックをしながら又は小額での運用が良いかと思います。

    会社での定年後も働くことが必要になるでしょう。
    ご主人でも奥さんでも構いませんので、手に職をつける事をお勧めします。

    たくさん稼ぐというより、蓄えたものに継ぎ足していく感じです。
    また、頭と体を動かすのは健康に良く認知症防止になります。
    不安にならず、お孫さんにお小遣いやプレゼントをしてあがられるでしょう。

    手に職=資格ではないですし、興味や趣味の延長で仕事に繋がるのが上手くいったり長く続くようです。
    60歳で定年なら、数年前からセカンドビジネスを始める。
    スキルや資格の取得、修行期間も考慮してプランを立ててください。

    ご家族の善い未来をお祈りします。

    ユーザーID:3667183004

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧