生活・身近な話題

田舎の押し問答、面倒臭い!

レス80
お気に入り124

ぴの

話題

たとえばお土産を持って行って
「つまらない物ですが」
「そんな、頂けません」
「いえいえ、ほんの少しなので」
「まぁ、本当にお気遣いなく」
「どうぞどうぞ」
「本当に良かったのに〜」
「そうおっしゃらないで、つまらない物ですから」
「いや、申し訳ない」
「いつもこちらこそ沢山頂いてますし」
「では、有り難く頂きますね」

などの下らないやり取りが嫌いです。
どうせ貰う事になるんだから、私は一回でありがたく頂いています。
もちろん大変感謝し、お返しもしています。

お土産を辞退して、実際に持ち帰る人を見た事があるでしょうか?
絶対に貰う事になるし、だったら最大限に感謝して
喜んだ方が渡す方も嬉しいと思います。
逆に、私が渡す場合の押し問答も面倒です。

他にも、面倒な用を自分がやると申し出た場合。
相手が一回は遠慮するのも分かるのですが、何回も辞退されると面倒です。

もう、やるって言ってんだから「ありがとう!次回は私がやるわね」
でさっさと話すが済めばいいのに・・・

東京にいる時は贈り物など、みんなサラリと話しは終わっていました。
田舎に嫁に来てからこの習慣に辟易しています。

姑が都会から来た知人の事を
「一回で贈り物を受け取った、驚いた」と話していて
「私も一回でいいと思っていました」と言ったら
これが田舎の礼儀だ説明されました。
どうも下らない時間の無駄だと思ってしまいます。

人の慎ましさなのかもしれませんが一回の遠慮で充分じゃないですか?

辞退されて「じゃ、持って帰りますね」と言ったらどうなるんだろうな
と思いながら「いえいえ」「どうぞどうぞ」を繰り返しています。

何回辞退すりゃ満足してくれるんだ〜?

皆さんは違和感ないですか?

ユーザーID:3468467572

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数80

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ふーん

    いい年してその程度のこともできないトピック主にびっくりです。
    そのやり取りにどういう意味があるか考えればわかることでしょう。

    ユーザーID:2936072467

  • わかります!

    田舎の日本人ならではですよね・・・。
    会話の始めに一回遠慮する位ならいいですが、延々となると「あー!めんどくせぇ!」ってなります(笑)
    あげるほうも、「遠慮するのが当たり前」みたいに思わないでほしい。
    だったら最初からあげるなよ〜

    ユーザーID:5904496063

  • 度を過ぎれば不快ですが

    程度にもよるけど、「誰の目から見ても度を超したもの」でなければ別に面倒とまでは思いません。

    そんなに嫌なら、「私はそういう無意味な因習には意味が無いと思いますから、虚礼廃止でいかせていただきます。」って、最初に宣言しておけば?

    ちなみに、トピ主さんが立てたこのトピ自体からも、同種のしつこさ、面倒臭さを感じます。

    ユーザーID:2106433093

  • 違和感、もちろん・・・

    ありまくりです!

    しかし、そういった慣習をやっておかないと、居心地がだんだん悪くなりますよ。
    そこでずっと暮らすのなら、やっておいた方がいいです。

    私もそういった田舎の慣習に慣れず、自分の信念に従っていたら、だんだん「礼儀知らず」「所詮よそ者」「卑しい(贈り物を1回で受け取っていたら)」と言われるようになりました。

    もちろん私も感謝や、お礼などはしていたのですが・・・。

    その他にも、他の家庭内を詮索する風習、他人の影口をたたく井戸端会議、足並みそろえて生きていくのを快感とする人達に馴染めず、田舎を後にしました・・・。

    ご苦労お察しいたします。

    ユーザーID:8392840609

  • プロトコル

    それが古き良き日本のムラ社会の処世術と言うか生き様なのです。

    我が配偶者が昔アメリカでホームステイしたときに「お腹空いた?ランチ食べる?」と訊かれて(「そう言わずに、どうぞ」と言われることを期待して)「あ、いりません」と遠慮したらそれでおしまいで、その日は2食だけになってしまった、それからは「yes」「no」をはっきり言うようになった、と繰り返し語っています。

    ユーザーID:9007554947

  • 言わなかったらどうなるか?

    私も都会から来て、現在田舎に住んでます。

    物を貰うとき、やっぱ一応は遠慮発言します。
    実際いらないと思うんですよ、私もね。面倒だし、素直に「わ〜ありがとう♪」って言われるほうが気持ち良い。

    でもね、遠慮しないとどうなるか・・・田舎は主さんの姑みたいな人がいっぱい。「遠慮せず、1回で受け取った」って近所中に言いふらしそう。中には必ずおせっかいな人がいて、「一度は遠慮するものよ」と頼みもしない助言してきたり、ちくちくイヤミを言ってきたり。
    そして、一度定着したその人に対する固定観念は死ぬまで続く・・ですよ。

    私は押し問答よりもそういう田舎者の噂好き、悪口好き、視野が狭いところがうっとうしいし面倒くさいし嫌いです。

    ユーザーID:5089177517

  • たしかにそのとおりですよね

    時間の無駄です。
    私は田舎生まれなので親や隣近所でのそういったやりとりを見慣れて育ちました。
    大人になりそういうものだと思い 見てきたように 頂きものは「すぐ受け取らず遠慮する」とやってきましたが トピ主さんの言うように、一連のやりとりをし結局最後は 頂くんですから なんだか嫌らしい感じに思えてきて 言い方を変えました。
    「いつもありがとうございます、これ大好きなんです〜」(友人に対してはもっと砕けた感じで)「まぁまぁ、スミマセン、ありがとうございます」と 笑顔で感謝の言葉を述べています。
    たしかにお互いその方が気分良いんですよね。
    田舎って おかしな「しきたり」が多くて都会人からみると面倒くさいことが多いと思いますね。

    ユーザーID:5338343284

  • 土地の風習?

    なんですか?

    結局最後は受け取るのに、4、5回は遠慮のポーズを取るという
    暗黙のルールがあるのでしょうか。

    たしかに面倒ですよね。
    私も東京生まれでずっと住んでいますが、人によっては何回も遠慮してから
    受け取る人もいますよ。
    ちなみに今まで、最後まで受けとらなかった人はいませんでした。
    (だったら素直にさっさと受け取ってよ!って思いますが)

    私も一回は遠慮のポーズはしますが、せっかくの好意なのでいただいています。

    トピ主さんの所はすぐ受け取ると「図々しい」みたいなことを言われる土地柄?なので、
    そこにいる以上はめんどくさいけど演技するしかないかもしれませんね。
    でもだんだん若い世代になっていくと、変わっていくと思いますよ。

    だいたい「つまらないものですが」というへりくだった言い方が、今の時代に
    合わないとは思います。

    ユーザーID:5653969769

  • 贈り物より

    「お先にどうぞ」みたいなのの方が困ります。
    後ろに他の人が並んでるのに、時間かかるし・・・
    すごく昔の話ですが、有名観光地(避暑地)でバスを待っていたら、
    乗る時に、あきらかに私の前にいたおばさま(観光客ではない雰囲気の方)が「お先にどうぞ」。
    バスは空いていて、どちらが先に乗っても問題ない状態なのに・・・
    軽いパニック状態になって「すみません」とかなんとか言って先に乗りましたが、
    20年以上経った今でも、何故あのおばさまは年下の私に順番を譲ったのかとか、
    「いえいえ、そちらこそお先に」と譲り合うべきだったのかとか、
    もしかして膝でも悪くて乗るのに時間がかかるのを気にしていたのかとか(そうは見えませんでしたが)、
    時々思い出しては悩みます。
    人生に無駄な悩みを増やさないでください(笑)。

    ユーザーID:1085071037

  • 田舎ねえ…。

    江戸っ子6代目です。父も母も江戸時代から東京人です。それはね、田舎に限らないのですよ。70代以上の方は皆さんそうですよ。そして、その世代に育てられた、アラフィフの私もそういう『社交辞令』は知っています。謙遜や謙譲は日本人の美徳なので、程々に取り入れていらない所は削ればいいのでは?

    ユーザーID:3838778760

  • 私も田舎在住の年寄りですが

    それは田舎の礼儀ではなく、その土地の風習じゃないでしょうか?

    私の周りは皆さん一回で最大限感謝してもらってくれますよ。
    ただ、
    「こんな気を使ってくれなくても良かったのに(でもありがたく頂きます)」とか、
    「この次はこんなお気遣いなくね」と言われることはありますが、
    それは儀礼ではなく本心です。
    「頂けません」と言われたことは一度もありません。

    「頂けません」とまでおっしゃるなら、
    実は迷惑だったのではないでしょうか?笑
    そういうことありますよね、欲しくないのに押し付けられること。

    ユーザーID:1891806980

  • 場所とか人にもよるかも。

    確かにちょっとめんどくさいですよね。お約束って言うか、様式美って言うか。

    うちのほうも結構な田舎(田んぼと家がまだらにあるレベル)ですが、もののやり取りに関しては、そういうのはあまりないようです。
    義母(82)も近所のおじいちゃんおばあちゃんもはっきりしたもんですよ。
    「これお土産。食べて」「ありがとう」とまあ、シンプル。
    さらに身内同士の場合は、いらないものはいらないとはっきり言うし。

    でも、たとえば休日の朝のゴミ拾いとか、公民館の草刈り等の時、みなさんむやみやたらと早いんですよね。
    朝7時集合って時に時間どうりに行くと、もう終わってたりするんです。
    誰かがちょっと早く来ると、余計に待たせて(または働かせて)悪かったから、みたいな理屈でどんどん早くなっていって、5時台に来ちゃう人もいるとか。
    はっきり言ってついて行けません

    こういうの、私的にほほえましい一面もあるので、下らないとまでは思いませんが、エスカレートするのは困ったものですよね。
    好きでやっている方々には好きにやっていただいて、私は他人を気にせずそれなりにやらせてもらってます。

    ユーザーID:1820602255

  • 辞退しません

    ありがたく大げさにお礼を伝えていただくことにしています。
    私自身そのようにもらってくれたほうが嬉しいですからね。

    ユーザーID:4728325535

  • ウケタ(笑)

    >何回辞退すりゃ満足してくれるんだ〜?

    ほんとそーよね(笑)


    >辞退されて「じゃ、持って帰りますね」と言ったらどうなるんだろうな

    コレちょっとやってみたいよね(笑)
    (別件でやったことあるよ☆フフフ)


    >どうも下らない時間の無駄だと思ってしまいます。

    ほーんと滑稽で胡散臭いやりとりよねぇ。


    >「一回で贈り物を受け取った、驚いた」と話していて
    >これが田舎の礼儀だ説明されました。

    こういうのを「しきたり」ってゆーんでしょうね。


    違和感までいかないけど、とぴ主さんの言いたいことわかる〜

    本音と建前 的な。
    でもそれが日本人的なのかなって理解してます。

    どこぞの街なんて、
    ニコニコしながらまったく正反対のこと言うとかね

    知らないと真に受けちゃいますよね〜

    ユーザーID:6457255912

  • その人との関係

    都会と田舎というより、相手との関係によりませんか?

    東京に住んでるときも、知人程度の関係なら押し問答のやりとりがありましたし、
    田舎でも友人や親しい親戚なら『いつもありがとう』で終わります。

    転勤で各地に住んでいますが、地域や男女関係なく『ここは私が』『いえいえ、
    今日は私が』の押し問答は見かけますよ。

    吉本新喜劇と同じで定番のやりとりなんでしょうね。
    押し問答になると、リアクションが若干オーバーになるのは私だけでしょうか。

    ユーザーID:9293768293

  • とてもわかる。

    わたしもいつも思ってました。
    まさに時間の無駄ですよね。
    どうせもらうんだし。


    …と思っていたら、
    先日友達のおうちでの出来事。
    香典を持ってくるお客さんに対し
    そこのお父さんが
    「いやいや、本っ当に結構です!お返しとかも大変だし、お持ち帰り下さい。気持ちだけで十分ですから。はいはいはいはい」と言って受け取り拒否してるのを見ました。
    本当に受け取らない人を見たのは初めてだったので、衝撃的でしたし、お客さんも「は、はぁ…(このやりとり、いつもと勝手が違うぞ?)」みたいに帰っていくのが面白かったです。

    ユーザーID:0350144104

  • 同感

    義姉さん「手伝います」
    トピ主「もう終わるから大丈夫」
    義姉さんが引っ込むと、「あれはどうなんだろうね」云々。そのトピ主さん母子で義姉さんを延々イビリ倒し、トピまで立てるが賛同レスゼロ。

    びのさんのお気持ちよく分かりますよ。
    きっと1回や2回の辞退は真に受けたら負けなんでしょうね。そこで受け取っちゃったら「まぁ、厚かましい」と影で叩かれるんでしょう。ヤダヤダ。
    謙虚も度が過ぎると、と言いますか、裏があるならただの意地悪ですよね。

    ユーザーID:4984336537

  • 本っ当によく分かります。

    私は田舎出身で、小さい頃からよくそんな光景を見ていました。
    田舎ってご近所同士でも内祝いやらなんやらするから、
    結構やり取りがありますよね。

    尚悪いのは、陰口が多いことです。
    「あの人の物選びのセンスはいかがなものか」
    「あっさり物を受け取った」
    などなど。
    外では必要以上にいい顔しておいて、
    家じゃ何言ってるか…

    そういう自分たちの性質を分かっているから、
    悪い印象を最小限にとどめようと、
    自分や自分の物品を執拗に蔑んでみたり、
    「そんな!物を頂けるなんてなんともったいない!あぁとんでもない!」
    を一通りするんでしょうね。

    あぁめんどくさい。
    かえって失礼な程のやりとりですもんね。

    でも田舎では「時間と手間」を払って「普通」を買う、
    というのが賢い生き方なのかもしれません。
    やることやって、ニコニコしてりゃ何も言われない、
    そういう社会なんですよね…

    ユーザーID:3992486464

  • 知らなかった

    そういえば、昔(30年近く前?)のコントでよくありましたね
    今もそういう風習があるんですね

    小さいころ、そのコントを見たことあるおばちゃん世代だと、ちょっと参加してみたいですが……(笑)

    ちなみにうちも田舎で、父母とも出身が違います、そして夫も出身が違いますが、そんな風習は無いですよ
    もしかして、姑さんだけ(もしくは姑さんに関しての贈り物だけみんなが気を遣っている)では?

    ユーザーID:2691505998

  • 違和感あります

    田舎から超田舎に嫁ぎました。
    違和感ありますがそんなもんだとわかっているのでさほど気になりません。
    そして、付き合う気もありません。
    ありがたいものもありがたくないものも一回で受け取ります。
    ただ、向こうが恐縮するくらいありがとうございますを繰り返します。
    語尾全てにありがとうございます、ありがとうございました。
    逆に『あの嫁さん面倒臭い』と言われる日を夢見ています。

    ユーザーID:1716934626

  • えーー田舎だから?

    田舎だからなんでしょうか...

    私(30代既婚)は江戸っ子ですが...
    生まれ育ったM区も祖父母がいるS宿区やM黒区も
    結婚して最初に住んだS田谷区も
    現在家を建てたC央区でも...
    いずれも地域の中では戸建が多い住宅街ですが
    そんな押し問答は日常茶飯事でした。

    1回で受け取らないって...普通じゃないんですか?
    まぁ何度も何度も断るのも面倒という気持ちは分かりますが
    1回2回くらいは遠慮するのが普通だと思ってました。

    1回で受け取るなんて、気心の知れた友達同士とか
    若い家族が多い新興住宅地やタワーマンション
    とかでしか成り立たない文化なのでは?
    東京もずーっと住んでいる人にとっては「田舎」ですもん。

    一人暮らしの人が多いようなマンション地域だったら
    お土産の受け渡しもそもそもないでしょうしね...

    トピ主さんの文章からは
    「嫁ぎ先の田舎が気に食わない」が
    にじみ出ているような気がします。

    トピ主さんのそんな態度がにじみ出て
    近所の人やお姑さんからも「東京の人」って
    一線画されているからより面倒なことになっているのでは?

    ユーザーID:4132670409

  • みたことない

    神奈川の程よいいなかです。
    私の回りではサックリありがとう!とか、わ〜食べてみるね!とかですね。

    そして つまらないものですが とは言いません。
    これ美味しいのよ。とか
    沢山頂いたからおすそ分け。とかです。
    つまらないものですが。
    にも違和感感じますよ!

    ユーザーID:7934912393

  • 当方田舎ですが

    そんなやりとりありません
    「ちょっとやけど、お土産ね」
    「うわぁ、いつもありがとう」
    「いやいやこちらこそー」
    こんなもんです。

    多分田舎だからじゃないですよ。

    ユーザーID:1734304673

  • そうなんですよね〜うんざりです。

    私も、それをはじめとして、面倒くさい習慣に『もう2011年なのに?これだから地方出身者は煙たがられるのだ』と感じています。
    その上、それが、方言で延々とですからねー。
    幸い夫は、東京の大学と僅かな期間でしたが就職も東京でしてました。その時に恋愛結婚したのですが、「そんな習慣は、嫌なら付き合う事ないよ。」と言ってます。
    結婚して20年以上たち、子供も、東京の大学生になり、離れました。
    ママ友のお付き合いも気の合った人としかしていません。
    まあ、この地方の習慣に合わせることないわ。どうでも良い事だけれど、自分がオカシイ?と感じた行動はするべきじゃないと思っています。
    あそこのお嫁さんは変だ!と言われても、構わないのです。
    誰かを傷つけたり、迷惑をかけるわけじゃないのですからね。
    私は、「いつもいつもすみません。では、遠慮なく戴きます。」と手を出します。内心は、「今度はこちらからお返しをしなくちゃ〜。本当に要らないのに。」ですが。。

    ユーザーID:9947184730

  • わかります

    私も、一回で有り難くいただいちゃう口です。いただけたら嬉しいし、もらってくれたら嬉しい。

    高校生の頃、祖母の家にいた時に来客があって、長話になりそうだったから、「お茶いれますね」と言ったら、お客さんは帰ってしまいました。
    なんか失礼なことしたかなー、と落ち込んでいたら、祖母に「ありがとう。くみちゃんのお蔭で帰ってくれた」と言われました。

    どうやら、「お茶いれる」=帰ってくれ、ということらしい。高校生が勇気を奮って接待しようと声をかけたのに、そんな結果になって残念でした。もう何もしない!って気持ちになった記憶があります。

    ユーザーID:1798531011

  • 超が付く程の田舎在住です

    電車も通っていない隔離された地域在住です。

    トピ主さんが言うようなやりとりありませんよ。
    強いて言うなら仕事で謝罪とかにお伺いした際に
    若干そのようなやりとりがある程度です。
    (これは会社対会社の話)

    個人でそのような話は聞かないねぇ。

    ユーザーID:8534390652

  • 田舎…

    に住んでいるものですが、すぐ受け取ってしまいます。

    「すみません…じゃ…ありがたく頂戴します(笑)」

    ってな感じで。その地域というか、人によって受け取り方は違うでしょう。

    田舎というひとくくりにしないでください…。

    ユーザーID:6632693944

  • 主さんの地域独特なのかな

    田舎で暮らしていますが、押し問答なんてないですよ。
    皆さん、お互いに有り難くやりとりします。
    気持ちいいぐらい爽やかですよ。

    ユーザーID:8928872155

  • 面倒だとは思いますが

    それも習慣なのでしょうから、なるべくそれに合わせるのも必要かなと思います。なぜなら、姑さんの仰るように礼儀として定着しているので、その土地に暮らすなら合わせるのも大切な心遣いの一部だからです。

    礼を欠くことは、ご家族の立場を下げることにも繋がるので、古いようですが郷に入れば郷に従えなのでしょう。

    東京からきた嫁は〜って言われるのも、これはこれで癪に障るでしょ?
    そのうちに、世代と共に変化が訪れるまでの辛抱です。
    頑張ってください。

    ユーザーID:8620489803

  • 同感です!

    激しく同意します。
    なぜそこまで遠慮する必要があるのか、前々から不思議でたまりませんでした。

    私はしないのですが、母と祖母がこういったやりとり(例えば食事代をどっちかが払おうと伝票を持ったときなど)を外でするときは、恥ずかしいからやめて!と言います。
    だって田舎育ち丸だしじゃないですか(笑)
    なぜ伝票1つでそんなに取り合いが白熱するのか…

    素直に受け取ってお礼を言った方が気持ち良いと思うので私は絶対しません。

    ユーザーID:8828985846

  • 私も思ってました!

    どうせ受け取るのに、面倒ですよね。「ありがとう」と普通に受け取ってくれりゃあいいのに。
    相手の事を考えて(好みとか、欲しそうな物とか)買ったお土産とかを「一度断る礼儀」って必要なのかな。

    ユーザーID:0152731765

  • わかります!

    私が住んでいるのはさほど田舎ではありませんが、母がそんな感じです。
    田舎の習慣、というより年配の人の習慣かもしれませんね。
    どうせいただく事になるんだから、素直にお礼を言った方がお互い気持ちいいと私も思います。

    ユーザーID:7122269236

  • 同感です

     私もまったく同感なのですが、説得して解決できるようななま易しい課題ではないように感じています。社交上のセレモニーと諦めるしかないのかもしれません。世代の交代を待って初めて解放されるのでしょうか。

     食べ物や飲み物を勧められる時にも、本当に断わりたいのに「遠慮されたら困る」とか「まずくて恥ずかしいのですが」などと、こちらの都合や意思は全く無視され、しかも敵は絶対に譲歩することがないので、本当に悩むことがあります。
     
     このトピをきっかけに誰かが良い解決策を教えて下さることを切に望んでおります。

    ユーザーID:0216146590

  • 私もです

    そういうやり取りしてる人って、若い人にはもういないんじゃないですかね?
    私たち(30代後半です)の親世代くらいまで?
    これからは田舎でもどんどんそんな面倒臭いやりとりする人は減ってくるんじゃないですか?…減って欲しいけど。

    あ。でも私の友人(同じ歳)、自分はどんどんお土産を持ってくるくせに(もらった時点で私は「わぁ〜ありがとう〜」と受け取ります。1回も断ったりしません)私が持っていくと2〜3回は「そんなアンタ持ってこなくてもいいのに」「だって悪いわ…」と断ってきてます!
    その度「いやいやいつもこっちも貰ってるから」と言いますが、2回目辺りで「何回も言わせんなよ。そんな悪いと思ってるんだったらじゃあ自分も持ってくんな」と面倒臭くなりますね。
    じゃあ「じゃ持って帰るわ」と言ったら、本当どういう反応するんだろ。
    以前(若い頃)はそんなことなかったんですけど、田舎にお嫁に行ってからそうなりました。田舎ではそれが当り前(むしろやらないといけない)で染まってしまったのかも。

    そんな慎ましさって、必要なのかなと思います。
    素直に1回で「ありがとう」の方が気持ちいいけどな。

    ユーザーID:8037672455

  • 田舎ですが

    実家は1時間に1本バスがあるかないかの田舎ですが、そういうやり取りは見たことがありません。
    大抵、「まあーすみません。」で受け取ってます。

    地域性もありそうですね。

    ユーザーID:7522998281

  • 分かります。

    あれって面倒なんですよね。私は1回でもらっちゃってます。

    でも、田舎の風習なんですか?都会でも田舎でもそういう人もいるしそうじゃない人もいるのではありませんか?

    私は、かなり田舎に住んでいますが、あまり見ませんよ。「いつも悪いね」とか何とかすぐ受け取っている方がほとんどです。もちろん、別の機会にお返ししたりしますけどね。

    そういうことで陰口言われることもないですね。言われていたら、親切な(!)近所のおばさんが必ず教えてくれますからね。

    ユーザーID:2818112795

  • 強烈な押し問答

    生まれも育ちも関東の田舎ですが、両親は東京卯生まれの東京育ち。

    ですから生粋の地元民の方言丸出し押し問答を初めて聞いた時は喧嘩してるかと思いました!!

    お土産やお裾分けの際に・・・
    『これ、やるよ』
    『え?いいよ、いらねーよ』
    『なんでー?やるよ、もらっときなよー』
    『いいよ、そんなもん』
    『やるよー、ほれ』
    『・・・んじゃ。なんか悪いねー』

    男性でも女性でも年配だとこんな感じ。
    この会話、面倒臭いの通り越して衝撃でした。

    ユーザーID:2061131133

  • 田舎者ですが

    私もそう思ってました。
    近所のおじさんが野菜や果物、お菓子をもってきてくださるのですが、いつも
    「わー、うれしい。ありがとうございます。これ大好きなんですよ。」
    と貰っています。
    いつも、喜んでくれるからと頻繁にもってきてくださるようになりました。
    素直に喜んで貰っても良いと思いますよ。
    あげるときは、相手に合わせないとしょうがないですけれどね。

    ユーザーID:8682916396

  • あっはっは〜確かに!

    田舎出身で東京在住です。
    トピを読んで、母と近所の親戚とのやりとりをリアルに思い出しました。
    上京してからの年数が、実家で生活してきた年数を上回ってしまった私は、
    そんな「遠慮」からはすっかり遠ざかってしまいまいました。そのため、
    結婚して田舎の親戚に挨拶に回った時、「寄っていって」と数回言われ、
    親戚宅にあがらせてもらったら、後で母に「寄るべきじゃない」と
    怒られました。「向こうだって本当にあがってほしいとは思ってない」
    そうです。そうだったのか!失敗しました(笑)

    面倒ですよね。
    でももうちょっと経つと、季節の挨拶並みに気にならないやり取りに
    なるかもしれませんよ。だって実家の方の人たちは、みんな上手に
    「どうぞどうぞ」「いえいえ」ってやってますもん。慣れですよ、慣れ。

    ユーザーID:1188414823

  • うちの祖母に本音を聞いてみた

    うちの祖母(84才・愛知県の田園地方出身)
    うちの母(60才・疎開先の愛知県で生まれたが東京で育つ)
    私(30才・生まれ育ち東京)

    母が実家にお土産をとしてちょっと珍しげなもの(ケーキとか和菓子程度)を持って行き、オヤツにすすめる。

    祖母が「まぁいいから、皆で食べなさいよ」と遠慮する。
    母が「せっかく買ってきたんだからお母さんも食べなさいよ」
    祖母「いいから、みんなで食べたらいい、私はいいから」
    母「だって人数分買ってきたのよ」

    これらを5セットぐらい繰り返します。

    祖母に「あのね、ここで、『そぉ?じゃあ食べないのね』って下げられちゃったらどうする?」
    と、訊ねたことがあります。
    すると祖母曰く「がっかりする」、とのこと。

    「もう1回さらにすすめられたら食べようと思っている」んだそうです…

    要するに、それぞ個人的に「適正な押し問答カウント」があるみたいです。

    しらねーよそんなこと!!!!!
    言ってる祖母も、自分的に「ちょっと変だよなぁ」と思ってはいたみたいです。

    その祖母も他界してはや数年です。

    ユーザーID:2884351411

  • それは世話をした時の挨拶

    お土産なら、「まあ、いつもすみませ〜ん。他に配るところがあったんじゃないの?ありがとう」とか言いながらもスッと受け取ります。
    トピのやり取りは、こちらが向こうの世話をした時ですね。
    でも、「ダメよ!お互い様なんだから、そんなに気を遣わなくて良いのよ!」と受け取らない場合もありますよ。
    これ、顔を見ながらのやり取りならまだマシ。
    電話だとツライわ。話が終わらないから。
    母親のやり取りを見てきたので、何とかやってますけどね。

    ユーザーID:8350603836

  • 遠慮はしませんよー

    みんなにあらかじめ言ってあります
    ご年配の方から何かをいただくときも
    「私、遠慮はしませんよー(笑)」と1度でありがたくいただいています
    40代ですがそんなキャラで通っていますので逆に姑世代の方々にかわいがっていただいており、週の半分は何かしらの頂き物があります

    地域的には誰も知らないような田舎です
    そのやりとりは日常で見ます
    面倒ですよね
    特にレジ前で誰が払うか揉めるのは辞めて欲しい
    「すみません、先に払ってもいいですか?」とやってしまいます

    ユーザーID:7408839659

  • いっそ「変な人認定」してもらう!

    本当に面倒ですよね。
    でも、最初は少々辛いかもしれないけど
    「あの人は変な人なんだ」と皆さんに認定してもらったら
    長い目で見たら楽チンよ〜。
    変な人で結構!私には面倒な贈り物くれないで結構!

    ユーザーID:6724796459

  • 1回で充分ですよ、わかってくださいよ

    例の映画でも、日系人とおぼしき店のオヤジのセリフが堂々巡りしてましたな。

    初っ端に「この地域では、何回譲り合うのがデフォルトなんですか?」と、先制攻撃をかましておけば良かったかも。(笑)

    ユーザーID:1047920103

  • 私もそう思います!

    私の周りでは「田舎」と言うより、「その人」がやるって感じですね。
    これがしきたりと言う方もいますが、しきたりと言うより、やらなきゃ自分が悪く言われる!!って思っているのかな…なんて思います。
    礼儀作法とも違うしね…。
    それが奥ゆかしいと思っているのかもしれないけど、面倒くさいですよね。
    私はいわゆる田舎から都市部に引っ越して、実家からはよそ者扱いを受けているので
    物をもらっても「わあ!嬉しい!ありがと〜」と一回で受け取っても、「あの子はよその土地に住んでいるから…」とあんまり非難されずに済んでいます。
    たまには「貰えないわ」と言われたら「そうですか…(悲しい顔)」で相手をあわてさせたり。
    でもその土地にずっと住むのなら、スキルとして身につけてもよいのかもしれませんね〜。
    私はこの贈答品を受け取る一連の流れに金額つけています。
    体は疲弊しないけれど、心が思いっきり疲れるので、一回100円の仕事って思っています。
    「100円分の仕事したよ!働いた〜」と自分を納得させています。
    これで別に誰かが本当に100円くれるわけじゃないんですけどね。

    ユーザーID:9301419710

  • 謙遜

    田舎だから、ではありません。
    古来からの因習で謙遜(けんそん)です。

    トピ主さんの書き方は田舎をバカにしているようですが、
    日本中どこでも、特に昔はこのやり取りをしていました。
    トピ主さんは日本の風習を知らずに無邪気に質問する子供や外国人と
    同じ質問をしていることに留意したほうがよろしいと思います。

    ユーザーID:9910581253

  • 九州の田舎

    田舎のおばちゃんたちはよくやってます。ほんと時間の無駄です。

    同じくらい嫌いなのが、どっちがお会計するかの時。『私が払うよ』『いやいや私に払わせて』ってレジの前でお札を出し合っては相手の手にお札を無理矢理握らせる光景。

    しまいには、『なぁに(相手が)払うと思ったのに』って陰口聞くとえぇ〜!?あんたが払うって言ったんじゃないですか!って思います。

    ユーザーID:9173836970

  • ウチは反対かなぁ・・・

    夫の実家が関西で私の実家は四国(どちらもそこそこ田舎です)、現在東京に住んでる私です。
    ウチの実家の方は皆それの反対だったような・・・。
    とにかく喜ぶ!
    「まぁ〜!こんないいもの!ありがとう〜!ホント嬉しいわ!気を使わせちゃってごめんなさいね〜!」
    などと、大げさに喜んでます。
    絶対に拒否しません。確実に1回で受け取ります。

    実は後で、「これ嫌いなんだけどねぇ」とか「あの人いっつもコレだよ」とか陰で言ってますが・・・。

    実家の近所でも、夫の実家辺りでもそんな感じです。
    なのでトピ主さんのおっしゃってるようなやり取りは、ほぼTVの中でしか見たことないです。
    そして私も、実家から受け継がれたやり方をしてました。

    どっちもなんだか嫌ですね・・・。笑
    でもトピ主さんの言うようなやり取りの方がかなり無駄なことしてるようで嫌です。私なら、そのやり取りがめんどくさくて、その人に物をあげなくなってしまいそうです。
    これって地域にもよるのかな?

    ユーザーID:6087327637

  • 考えた事も無かったです

    ちょっと笑っちゃいました(笑)
    昔は「いえいえ」「どうぞどうぞ」でしたが、今は素直に受け取り側だと「ありがとうございます。」等で受け取っています。
    ちなみにそこそこ田舎です。

    ユーザーID:3071205018

  • 地域性というより年代では

    田舎ですが、そういう押し問答はしませんね。
    50代くらいではあっさりしたものですよ。
    もう少し上の年代か、もしくは上の年代の風習に疑問を持たずそのまま受け入れたような素直な方とかでなければ、過度の遠慮はしないのではないでしょうか。

    「形式的な」遠慮が美徳ってどのくらい一般的な感覚なのか興味があります。

    ユーザーID:6532731672

  • 本当に

    なんで押し問答するのかしら?

    私は貰う時は、さっさと貰うし、いらない時はきっぱり断るんですが。

    「遠慮しなくていいから」って続きます。
    いや、本当にいらないんだよー。遠慮なんかしてないんだよー。

    勧められても何回か断る文化がある限り、いらないものを断るのも疲れます。

    ユーザーID:4528789988

  • ないですね〜。

    田舎ですが、そんなやりとりはないです。

    40何年生きてきて「つまらない物」と言いながら物を渡したことも、頂いたこともありません。
    今時「つまらない物」とまで謙遜する人がまだいるのですね。

    「ほんの気持ちだけだけど」という言い方はしますけど、地域性でしょうか。

    しつこく辞退されたり、「つまらない物」とまで謙遜されたり、面倒ですね。

    ユーザーID:3109107128

  • 確かに面倒くさい

    私もそういうやりとりって時間の無駄に感じます。
    素直に喜んで受け取るほうがお互いが気持ちいいと思う。

    そういえば
    夫は祖母を外出に誘うとき、断わられても二度三度と
    しつこく誘ってました。
    内心「しつこすぎ」といつも思ってたのですが
    こういうことだったのか!と目から鱗です。

    土地柄もあるのかもしれませんが
    やはり年配の方は一度は断るのが美徳と思ってる人が
    多いのかもしれませんね。

    ユーザーID:4297082140

  • とある観光地

    とある観光地に住んでいます。そんなに田舎じゃないと思いますが、
    一応昔からの慣習?で、物の贈答の時には1〜2度遠慮するのが
    正しいしきたりと伺っています。




    が、どうせ貰うモン気持ちよく貰いーや!と言うのには思いっきり同感です。
    ですので、超親しい間柄であったり、相手が他府県人、義父母相手なら
    遠慮なーく有難ーく一発で頂きます。

    親戚、近所、付き合いの浅い人には
    ちゃんとしきたりどおりでやり取りしてます。

    何も知らん他所モンやな、って思われるのも嫌なので・・(笑)

    ユーザーID:7560094739

  • もしや同じ地域?(笑)

    くみさんの投稿で思い出しました。


    私の住まう地域では、「コーヒーでもいれましょか」って言うたら
    「はよ帰れ」って意味らしいです。
    ほんとに出す気があったら、「コーヒーとお茶と、どっちにしましょ」って言うか
    聞かずにスーッとお出しするもんなんだそうで。
    コーヒー「でも」って所が、「何でもええねんけどあんた長居しすぎやで」って意味らしい・・

    はい、ぶぶ漬け伝説のある地域です。
    言うてもぶぶ漬けはあくまで「言い伝え」で、実際そんな事言われた事はないし
    言われた人がいるとも聞いた事はないんです・・が
    コーヒーの件は、まだ部分的に生きてる普通のしきたりだそうです・・

    実際、言われたことあります。子供の頃なんで親と一緒だったんですが
    後で「コーヒー勧められたんに、帰るって言うていいの?」って聞いたら
    「そういう決まり文句やねん」と教えられ・・
    その家だけの事かな、と思ってましたが、とある作家さんが
    著書の中でも同じように書かれていて、この地域特有のものと知りました。怖ー

    ユーザーID:7560094739

  • >huさん


    >そのやりとりにどういう意味があるか

    すみません、私は40代なのですが、どういう意味があるかわかりません。
    ぜひとも納得できるようご教示下さい。

    ユーザーID:6397504314

  • 世代や地域性では?

    田舎っていうより、世代か地域性かなぁと思います。
    私は、横浜生まれ、横浜育ちなのですが
    父方親戚のいる某地域は、本音と建て前文化が根付いていて、本当に厄介だと思います。
    最終的には相手が断ることを前提としている、しつこい押し問答をふっかけてくるのは、「私たち、こんなに親切なの。でも、察して断ってね」アピールです。
    うっとおしくてたまったもんじゃありません。ドン引きです。
    それが、美徳という考え方もあり、またそれでコミュニケーションを円滑にするのだという考え方もありますね。確かに、そういう面もあると思います。
    でも、裏があるとわかっている世界で、一体誰を信用したらいいんですかねぇ?
    お互いに、疑心暗擬にならないのかなぁ?と疑問でいっぱいです。
    私は、そこの地域の人に褒められても、いつもどう反応していいのかわからず
    眉間にシワを寄せてしまうことも…
    常に、腹の中では何を思っているのか、どんな真意を含んで言っているのかと裏を探らなくてはいけません。
    超メンドクサイし、そちらの地域の方々の言うことは話半分以下にしか聞けません。
    常に腹に何か隠していて、信用できないので。

    ユーザーID:5226141944

  • 田舎だから?

    私も田舎者の人間ですが
    そんなことしたこともないし
    されたこともありません。
    東京なんてそれこそ田舎者の集まりでしょ?

    ユーザーID:5297694218

  • 私もすぐにもらいますよ

    お土産をいただいたら、
    「わぁー、そんなの良かったのに。(一応これは言いますが)
    ありがとう〜。うれし〜。」
    で終わります。
    うちも田舎ですけど、私の年代(アラフィフ)より下の人はそんなものでしょう?
    何のために言葉のやり取りするのかわかりません。

    そう言えば、あまりに固辞されて(私はそう感じた)仕方なく持って帰ったことがあります。あとで本当は欲しかったなんて思われてても知りません。

    ユーザーID:9248868169

  • 義妹がそうです


    手伝おうか?と聞いたら「いいよ、いいよ」もう一度聞いたら「すぐに終わるからいいよ」と。
    まだ結婚して間もない私は色々想像してしまい(以前はキッチンに入って手伝ったのに今回は何度も断られるから本当はキッチンに入って欲しくないのかな、とか思って)素直に言葉通りに隣室で待っていました。
    直後に帰宅した義母に延々と愚痴っていたのが聞こえてきました。
    なのに部屋に戻ってきたらいつもの義妹。開口一番、優しい心遣い。
    裏表ありすぎてぞぞ〜っとしました。

    どうしてそういうやりとりするのかな〜?
    それで相手が言葉通りに受け止めても「自分がそう言ってしまったんだし仕方ないな」って思えないんでしょうか?
    後から愚痴愚痴愚痴愚痴言っててほんっと、うっとうしい!
    やり取り自体は育った環境だから仕方ないにしても、後で文句いう根性が許せません。

    ユーザーID:3854770801

  • 明治の父は

    私は60代半ばで、生まれは田舎です。
    子供の頃、父は「3回断り4回目で有難く頂くのが礼儀だ。」
    と言っていましたね。

    のんのんさんのレスにある『様式美』がしっくりきます。
    一連のやり取りがあり、
    「それではいただきます。珍しい物をありがとうございます。」と
    畳に手をつき挨拶をしてから受け取った父を思い出しました。

    これが酒の席だと困るんです。
    飲めないので食べる専門と断っているにもかかわらず、
    「ぐぐっと空けてもう一杯」
    「遠慮なさらずにささどうぞ」
    「あなたが飲まなきゃわたしも飲めない」……
    これは田舎の人も都会の人も同じかな。

    ユーザーID:4674305332

  • ものは言い様

    トピ主さんのタイトル・文章だと余計な摩擦を生みます。

    言ってる内容には共感する部分も多いんですが。

    ムラ社会・島国の日本ではそういう摩擦を避ける為に
    面倒な風習が出来たんでしょう。暗黙の了解が本当に多いです。

    要はバランスであり過ぎたるは及ばざるが如しという事ですね。

    ユーザーID:7992609239

  • 田舎だから許してあげて

    欧米文化も入ってきて、若い人たちや都会では
    遠慮するよりも喜ぶ文化になってきました。

    「つまらないものですが」
    「わあ、ありがとうございます。嬉しい。本当にありがとうございます」

    と、いう感じに。

    送る方も、遠慮されるより、喜んで欲しいですよね。
    やはり悪い文化は廃れ、良い文化が広まるものです。

    どうしても、田舎や年寄りは、なかなか新しいものを受け入れられないから。
    でも、あと二十年もすれば、田舎も喜びの文化になると思いますよ。

    ユーザーID:0686723050

  • 田舎に住んでますが

    みなさん喜んでもらってると思いますが…
    独特のやりとりはありますが、あげる側の謙遜の言葉ともらう側のお礼の言葉の方言バージョンです。

    一回辞退の言葉、は面倒ですね。

    ユーザーID:6641825625

  • 違和感ありありです!


    関東から、鳥取県西部へお嫁に来ました。
    すぐお隣の島根県東部には、そのような慣習があるようで…

    「どうぞおあがりください。」と玄関先で言われても、
    「いえいえ結構です。」と1回はお断りするようにと
    姑に言われました。

    これを真に受けて、「それではお邪魔します」をすると、
    図々しい人になるそうで。

    お嫁にきたときには、そんなことを知らず、
    親戚のおうちで「これ食べて〜」と勧められたお菓子を
    食べ始めたら、すぐにお菓子を引っ込められてしまい、
    あとから姑にお小言をもらいました。

    地域性や年代もあるとは思いますが、
    正直、面倒くさいです。

    だって、ほんとはどう思っているんだろう…と
    毎回気にしなければならないので…

    ユーザーID:6131060675

  • 田舎でなくてもどこでも

    とぴのような押し問答は、本当に時間の無駄だと思います。
    そういうの、何の意味があるんだか・・・。


    どうもすみません。と受け取って、「お気を使わせてしまって本当にすみません」と何度も謝るのもなんだかなぁ。

    ユーザーID:5704138029

  • 今は少なくなったし、経験してません

    出雲の山間部出身で、ドはつきませんが田舎です。郷里に老母が一人で住んでいます。
     そんな状況で近所にはお世話になっているので、帰省した時には気持ちの物を持ってお礼に行きますが、「いつもいつも気を使っていただいて」と言って、率直に受け取ってくださいます。書かれているようなやり取りは一度もありませんでした。そのかわりなのか、郷里を離れるのに時間があるとちょっとしたお返し(畑でとれた野菜)が届きます。その程度です。
     郷里の方が進んでるとは言いませんが、多分人によるでしょう。あるいは人間関係もからむでしょう。私がお礼を渡す方々はいただく理由があると思ってくださってるから。

     子供の頃、近所の方に農作業を手伝ってもらった夕方のこと。祖母が家で酒と簡単な肴でもてなした後、謝金を渡そうとしたら、そのおじさん、頑固に(出雲弁できこに)拒否しました。結局後日家まで持って行ったと思いますが、子供心に不思議でした。お金をもらう約束で働いてくれた、ぐらいのことはわかってましたから。

    ユーザーID:4029392899

  • 子供の頃

    子供の頃使いにやらされる時、祖母に言われたこと。お菓子などを手間賃としてくれる時、一回でもらってはいけない。2回断ってからもらうものだ。
     子供の私はそんな面倒なことはいやだから(と言うより欲しいし、早く退散したいから)、一度だけ断って、受け取ってました。断りは要らないことの意思表示ではないので、必ずもう一回は勧められました。
     大人はこの作法がエスカレートしたのかもしれません。考えて見ればこれも文化だとも思えるし。

    ユーザーID:4029392899

  • 「差し上げたい好意と貰うのはうれしいが謙虚な自分」演出

    小さいチャンスを逃さず、自己イメージの演出に利用しているんですよ。
    狭い地域での自分の立場を確立させるための戦略というか。

    だから田舎かどうかというより、心理的行動半径の小さい人や地域で行われるのではないですか?
    まあ、お年寄りだと長年の身についた習慣というのもあるでしょう。

    儀式化された行動ですが、今の時代では洗練された振る舞いというより、泥臭さを感じる人が多いのは事実です。

    まあ、頂き物のやり取りは許せても、やって貰いたいのに断り、引くと陰口の嵐というのはいただけないですね。
    そう、例の兄嫁のあら探しする小姑トピ。

    あそこのトピ主が「やります」「いえいえいいいわ」を何度も繰り返すのが当たり前って書いていましたね。
    本音と建前の使い分けはいやらしいです。

    「ありがとう。うれしい。これ好きなんです」
    「ありがとう。ではこんな風に手伝って」

    素直に言うことは、洗練されたシンプルさだと自分より若い人たちにはわかって欲しいですね。

    否定より喜びの言葉を一言でも多く伝えるようにしましょうよ。

    ユーザーID:7350318631

  • 時代錯誤の価値観、美意識の一例でしょう

     同感です。
     世の中の仕組み、価値観、美意識などが変化しても一度身についた習慣を変えることは難しいことだからでしょうか。
     特に年配の人ほど、変化に追随することが苦手(不可能)で過去のしきたりに固執し、勘違いをしている事が多いように感じております。(もちろん全員がそうだと言うつもりはありません)
     今後自然淘汰されていく奇習(現時点で)の一つだと思っておりますが、でもやはり煩わしいですよね。

     ただ世の中には、非現実的な価値観や美意識でも人に無理やり押し付けようとする人間がいることも現実ですから、自分の不利益を避けるための処世術として相手に合わせてやる寛大な気持ちも時には必要であるような気がしています。

     

    ユーザーID:2635675645

  • あと支払いの時

    贈答品の時はよく分かりませんが
    (そもそも滅多にやりとりしない)
    レストランなどの支払いの時に
    「私が」「いえいえ私が」「そうは行きませんよ,私が」
    「やめてください、ここは私が」
    が大嫌いです。うざーい!
    おばちゃん達がやってますよね。
    (私もおばちゃん年齢ですが。)
    なんだか「日本のしきたり(だからやるのが当然)」とか
    言ってる人達がいますが
    私はそういうしきたり、遠慮します。
    悪習は変えていくのが人の知恵でしょ!
    大人とか子供とかの問題ではないです。
    1度「遠慮ごっこ」すればそれで十分。
    (やりたい人はやり続ければいいですが
    やらない人を責めるのはお門違いだ!)

    主さん、田舎で開き直って「礼儀知らずな人」になっちゃえば
    きっと後が楽ですよ。

    ユーザーID:0599996974

  • 私も辟易します。

    「これだから田舎は」とすぐに口にする東京人に辟易します。

    田舎だから、都会だからという地域性ではなく
    世代だと思います。

    ユーザーID:3343903644

  • うん、面倒くさいね・・・

    昔は自分の願望を表したりすることが、
    「幼い」と思われていたのかもしれませんね。
    でも本当はもらえるものなら、欲しいんですよね?
    結局は受け取っているわけですから。

    しかし相手も「あげたい」と思っているので、
    相手の気持ちを考えると素直に受け取るのが一番だと思います。
    相手にもやりとりを負担させて、面倒をかける訳ですし。

    遠慮しているフリをすることでがっついていないように思われたいのなら、
    相手に負担をかけても自分の評価を大切にする、ということですから、
    その行為が「大人」とはとても思えません。

    >日本中どこでも、特に昔はこのやり取りをしていました

    昔の人は見栄っ張りで、相手の負担を気にしないということでしょう。
    それでもお互いが納得していれば、問題はないのでしょうね。

    これに似たようなやりとりを思いだしました。
    例えば、
    ちっとも太っていない女性が、「私って太ってるから〜」
    と自分を卑下し、相手に否定させて満足するコミニュケーションです。
    面倒くさいと内心で思いつつ、「そんなことないよ〜」と否定しますが、
    かといって、相手を大人だとか謙虚だとは思いませんね。

    ユーザーID:2065101687

  • 持ち帰った人を見た・・・

    押し問答の末、持ち帰る羽目になったお隣さんを見ました。
    本当にいらない人もいるんだなぁ。そして、持ち帰る人もいるんだ。

    仲良くなりたくて、持って行ったんだろうに・・・

    後は、貰った物の倍返しをする人。
    そういう人は、いりません・・と遠まわしに伝えているのではないか?と思います。

    貰えません・・と言っている人は、本気で欲しくないのではないか?とも思い、その言葉を聞いた人には物をあげないようにしています。
    その後、何もアクションが無い人は、本当にいらなかったんだと知ることもあります。

    押し問答はめんどくさいですが、本当に要らない人もいる。
    受け取るけど、迷惑だと本気で思っている場合もある・・かもしれませんね。

    ユーザーID:6983740589

  • トピ主です

    沢山のレスありがとうございます。
    田舎をバカにしているように感じた方には申し訳ありません。
    田舎は大好きなんですが嫌な言い方でしたね。
    私は出身も田舎なのですが
    こちらでも押し問答がありました。
    若かったので親のやり取りを見ていただけでしたが、
    嫁に来てから私も押し問答の渦に飲み込まれ
    懐かしくも面倒に感じた次第です。

    東京や都会でもこの習慣はあると言う方
    謙虚さや慣習なのですよ、と言う方
    田舎だけど押し問答はないと言う方
    沢山の意見が聞けて勉強になりました。

    それに、同じ気持ちの方も沢山いて嬉しかったです。

    自分らしく元気に頂きもを頂いていこうと決意は固まりました!

    厚かましいと言われても一生分の押し問答の時間を換算したら
    そうとうな時間の無駄だと思うので出来るだけ
    このやりとりを短縮しようと思います。

    ユーザーID:3468467572

  • 面倒ですね

    私の祖母がそう言うタイプなんですが、こっちが本気で要らなくて断っているのに延々と「遠慮しないで
    受け取りなさい」と勧めて来ます。

    こう言う人達って相手が遠慮しているのか、本気で欲しがっていないのかはどうやって判断しているんでしょうか。

    ユーザーID:6005690900

  • 一度出した菓子を引っ込める?

    うさみみ さんの例は特殊でしょう。
     もてなしに出した菓子を引っ込めるなんてまずありません。その方はええかっこしたくて出したら、食べ始めて慌てたのでしょう。出雲の人は客をもてなすのが好きですよ。どこへ訪問しても、お茶を入れてから、次から次へと食べ物が出されます。遠慮しても「そげんえわんと、早よ取ってごしなはい。」
     まあそういう方のようだから、気にしないでください。なれたらお世辞か本気かわかるようになるし、普通の出雲人は喜んで食べてくれたら引っ込めたりしません。

    ユーザーID:4029392899

  • あれはダサい

    地域としての田舎より、「田舎モノ」のやることだと私は思っています。
    様式美って、使い方が間違っているような気がします。
    物が人の間を「何度も」行ったり来たりするのは「見苦しい光景」で、決して洗練されているとはいえません。

    都内にある名門女子大に新任で入った時、教授室から先生方が出て、エレベーターの扉の前で「先生お先にどうぞ」「いえいえ、あなたから」「先生こそ」とお互いにやっていて、空のまま扉が閉まって行ってしまったマヌケな光景がありました。
    「限度の範囲でやれ、不細工な」と心の中で唾棄していました。
    都会の名門大講師達でも、これは「田舎モノ」と私は呼びます。

    そうやっている自分達が好きなのかな、そうでなきゃ、あんなみっともなくてダサい行為、とても出来ないです。

    私が思わぬ贈り物を差し出された時は、「まあ、お気遣い頂いて恐縮です」とか「あらぁ、嬉しいわ」とか年齢や関係差によって使い分けます。
    そして、「今後、こういうお気遣いなしでね」と言います。

    ユーザーID:6748650289

  • 田舎問答と言うけれど

    俗に言う「京のぶぶ漬け」は、田舎臭いんですかね?

    ユーザーID:0809823295

  • サンプル数は、一個?

    いつも、田舎は、、都会は、首都圏は、、、というトピックがあります。

    はっきり言います。あなたは、47都道府県全てを歩き回って、お土産を近所に持って行った
    経験があるのですか?

    サンプル数が、1個もしくは数個で、『田舎は、、』と判断できるのでしょうか?
    それじゃ、逆に、都会で10軒のお家に、お土産を持って行ったら、全て、一回で
    『ありがとう』と受け取ってもらえるのでしょうか?

    もう少し、頭を使いましょう。

    田舎、都会という目で見たければ、最低サンプル数を20個以上、経験して、それから
    明らかに、有為な差があれば、『田舎は、、都会は、、』という判断をしてください。


    今回の一回のケ−スで、日本全国数千万人の田舎住まいの人のことを、どうの、こうのと
    言えますか?

    潜在的に、『田舎嫌い』が根底にあるだけです。

    ユーザーID:4056600923

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧