再定義の瞬間

レス2
(トピ主1
お気に入り3

生活・身近な話題

jin

こんにちは。文学・絵画・音楽・映画などで、時間を置いて見直したり聴き直したりした際にそれまでとは全く違った印象を受けるいわゆる「再定義」を経験したことはありませんか?先日森脇真末味の「おんなのこ物語」というマンガを読み直したのですが、架空のロックバンドSTICKERの解散を軸に展開される話だと思っていたそれまでの認識が大きく変化して、実は虐待された子どもが自立するまでの物語ではないのかと思い当たりました。海外ドラマで息子が父親に向けて歌うThe BeatlesのI want to hold your handを聴いた時も、それまで単なる若者向けの内容のない歌だと思っていた曲に全く新しい一面が見えて感動しました。そこでお願いなのですが、皆さんの体験なさった「再定義」の瞬間を教えてくださいませんか?

ユーザーID:5397399262

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数2

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 良くある事です

    年齢と共に見方が変わるのは当然だし、よくあることだと思います。
    文学・絵画・音楽・映画と言う事なので、私の場合。

    ベッド・ミドラー主演の映画「ステラ」がそうでした。
    始めて見たのはまだ幼い学生の時で、その時はステラの娘に感情移入。
    自分の心を本を読むように読み取る母ステラとの生活、そして母の選択。
    幸せになった娘を見て「ハッピーエンドだわ」と考えてました(笑)。

    次に結婚した時に見たら、これはステラの物語だとやっと分りました。
    恋人との破局、生まれた娘との生活。
    こんな生き方もあるのだなあと。

    最後に見たのは、私に娘が生まれてからです。
    そして号泣しました。
    最後のステラの選択に、こんな悲しい選択ですらも、母の愛だったのかと。
    私もこんな母になれるのだろうかと泣きました。

    一本で3度再発見をした映画でした。

    ユーザーID:1451743366

  • ありがとうございます

    ステラいい映画でしたね。私は最初に見た時からステラの「愛」に傍目もはばからず泣いてしまいました。ステラを演じてたベッド・ミドラーもさることながら、ステラの友人を演じていたジョン・グッドマンが実に良かった。ステラに対する彼の愛情も「無償の愛」ではなかったかと今でも思っています。

    ユーザーID:5397399262

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧