41歳未経験の社会保険労務士

レス69
お気に入り285
トピ主のみ0

まる

働く

このトピのレス

レス数69

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 合格おめでとうございます

    難しい試験合格されたんですね、
    試験に合格された熱意があればきっと就職もうまくいきますよ
    経験をつみたければ派遣もあるし方法はひとつじゃないはず
    知恵を使ってがんばってください
    応援しています。

    ユーザーID:3676367036

  • 諦めたら、それでおしまいよ!!

    まるさん 諦めなければ必ず夢は実現しますよ。

    ただ、現実は直視することです。
    士業では、試験の合格と開業は全くの別物です。
    試験合格は特急電車の特急券で、この特急電車に乗るには、
    経験という乗車券が要ります。
    その経験の中で、一番難しいのが営業です。
    そして、その営業で売る商品です。

    社労士の独占業務である手続き、届出代行は、会社にとって
    ただのおばちゃんで十分なのです。
    給与計算でも、労務トラブルでも、幅広い社労士業務の中から
    得意な柱を作ることです。
    そのためには、先輩社労士のところに何とかして入れてもらって、
    就業をしながら、営業の仕方を覚え、売れる商品を作らなければなりません。

    とにかく、3年は何としても耐えて、これで食べてやるんだという
    強い気持ちをお持ち下さい。
    社労士開業に関する本が一杯出ていますので、読んでみるのも一つです。
    ただ、核心のところは中々書いてありませんのでご注意を!!

    頑張ってください。

    ユーザーID:9674132940

  • やってみれば

    私は企業内で人事の仕事をしていますので、ハローワークとのやりとりはよくあります。
    窓口におられる方は、得喪係や給付係以外はほとんど期間雇用の職員です。
    立派にやられている方もおれば、年齢を重ねているのに常識のないものや???がつく
    人が多いのが実感です。
    そんな方の意見を聞いて、やめてしまうのでしょうか?
    もう少し調べてみては?
    独立でなくても、例えば、中小零細企業で少数先鋭。経理以外の仕事を全てやってくれる
    人を求めるなんてのも実際あります(ただし、月収低めですが)
    取りたいと思うならとったらいいし、取ればそれなりにやっていけると思います。

    ユーザーID:5048434995

  • そんなことはありません

     資格とれば独立企業は簡単でしょう。
     当然、営業活動はする必要ありますが。
     その程度の覚悟はありますよね?
     資格をもっていたら誰かが仕事を与えてくれると思っているような人の所には仕事はこないでしょうけどね。

    ユーザーID:4926644651

  • 幻想・・・かなぁ

    中小企業で人事総務担当してます。短いですが社労士事務所でも働いてました。
    社労士事務所で働く場合、求められるのは営業力とプレゼン能力(要は顧客契約を取ってくること)で、考えるのは経営者がお金をかけずに法律遵守ができる方法です。「働く人の味方」にはなれません。実際の事務作業をする人は別にいることが多いですので実務経験を積むには不向きでしょうね。企業だと給与計算、労務管理、人事(採用、教育)、規程整備(会社の仕組みを考え整えること)なんかがメインですので経験がモノを言います。社労士事務所と顧問契約をしている会社も多いですし、ベテランともなると業務に必要な法律は大抵頭に入ってますし、わからないことがあればいくらでも調べられるので、社労士資格ははっきり言って不要です。なので経験のない有資格者は要りません。本当に「働く人のために」仕事をしたいのであれば労働組合(ユニオン)か労働基準監督官を目指すほうがいいのでは?ただ、年齢的に労働基準監督官は厳しいでしょうから労働組合ですかねぇ。後は労働問題(ワーキングプアやホームレスなど)を専門にしているようなNPO法人くらいしか思いつきません。

    ユーザーID:0615574710

  • 通関士は?

    東大卒の友人が、アフターファイブに勉強していますが、何年も社労士の試験に落ちています。

    それくらい、今は難しい資格です。

    たぶん、受かっても仕事がみつかるかどうかわからないと思ったら、何年も受かるまで勉強しつづけるモーチベーションもてないと思いますよ。

    ところで、通関士はどうですか?こちらも難しい資格ですが、とってしまえば、関する職業経験なくても、貿易事務からスタートで
    雇用してもらえますよ。経験なしでもOKという募集をよくみかけます。

    ユーザーID:0343674404

  • 32歳の時に合格しました

    受験二年目で合格しました。
    当時小さな会社で経理・給与計算などをしていました。
    その前の会社でも経理・労務を担当してましたので実務経験アリで手続きをすれば即開業可、でしたが一度も資格を活用することなく今に至ります。

    来春子どもが入学するのを機に、仕事を・・・と思ってますが、苦労して取った社労士の資格・・・やっぱり活用の機会もなく終わりそうです。
    履歴書に書いたら、かえって邪魔かな?
    面接の話のタネにしかならないかも・・・。

    それよりも、日商簿記二級を持っているので、売掛金買掛金管理・財務諸表作成・給与計算・・・経験アリです、の方が売りにできるかなぁと思います。
    まぁ、住んでいるのが地方都市なので40代半ばのオバチャンがデスクワークで働ける可能性は低いんですが(笑。

    他の方も書かれてる通りですが、トピ主さんの志望動機ではあまりお勧めできません。
    職種はともかくまだお若いので働き口はあると思います、難関資格で身を立てる・・と考えるより、まずは仕事に出てその中で「私の人生のこれから」「役に立てる仕事とは」を考えてみては如何ですか?

    ユーザーID:4866566961

  • 社労士、充分にいい資格です。

    こんにちは。是非社労士めざしてがんばってください。
    開業は確かに難しいかもしれません。
    しかし社労士をもっていて悪いことなんて一つもありません。
    私は現在企業の人事部門にいます。アラフォーで正社員で採用してもらえたのは他でもない、社労士があったからだと思います。
    社内でも社労士をもっているからこそ信頼もされ、発言を重んじてもらえ、一目おかれ、決して馬鹿にはされません。
    特に嬉しいのは、個人的に困ったことがある人から、何だか専門家だって聞いたけど教えてくれない、と言って頼りにしてもらえることです。
    私が社労士なしにただの事務おばさんだったら、全然居心地もやりがいも違ったのではないかと思います。
    社労士に限らず、しかるべき国家資格を保持することは全然無意味なことではないと思います。
    約10年前に一念発起して社労士をとって本当によかったと思っています。年々その真価が顕在化し、自分の人間としての価値を高めてもらっている実感があります。もちろん家族も誇りに思ってくれています。
    私は今幸せですよ。社労士資格のない自分なんて考えられません。
    応援しています。

    ユーザーID:9931058944

  • 一緒に頑張りませんか?

    まるさん、こんにちは。
    沢山レス来てますね中には厳しいお言葉もありますが頑張る糧に。

    私は38歳でFP→社労士→中小企業診断士を取得しようとしています

    自分の経歴は、バラエティ過ぎます。美容師、経理・総務・人事・秘書など事務全般、PCオペレータ、人材派遣企業でのキャリアカウンセラー、銀行の融資窓口など営業的な事もやっています。

    仕事が好きでいろんな職種に興味持っては転職し気づけば38・・・
    もう絞らないと本当にダメだと感じ、何に興味があって好きなのかを真剣に考えた結果、ライフや仕事に関する相談・アドバイス・コンサルティングする事だと行き当たりました(まるさんと同じです)

    なので、それに必要な知識や資格を取得しようと思っています

    資格取って会社に正社員で雇って貰えたら当たり!
    だけど歳だから厳しいので独立で営業活動も視野に入れてます

    まるさんは、社労士の仕事好きですか?
    社労士でなくても好きな事を仕事としてやってみたらどうでしょう?
    自分で新しい職種作っちゃうの♪
    女性は好きでないとやる気も成長も成果も出ないと感じますよ!

    ユーザーID:3972798558

  • 私も資格取得目指してます

    トピ主さんと同年代の者ですが、同じく社労士の資格取得目指してます

    社労士事務所だけでなく、事務経験&日商簿記2級の資格があれば
    会計事務所でも活用の場はあると思います(給与計算等があるので)

    私自身は若い頃総務事務の経験があり、紆余曲折あり、現在会計事務所で
    パートしてます
    受かる受からないは別にして、社労士の勉強自体は知識として無駄には
    ならないと思います 
    働く者であれば、全て関わりのある法律ばかりです

    職安の方の言葉は、ある意味では的を得ています
    年齢を重ねてしまうと、資格より経験を問われるのは事実です
    でも、何をしなくても年を重ねていくなら、何かした方がマシな気がしませんか?
    65歳を定年と考えたなら、39歳でもまだ26年、四半世紀以上あります
    絶対何か出来るはず!あきらめず、お互い頑張りましょう!

    ユーザーID:9675248038

  • 逆転はできる・・・まずは社労士の話を聞きましょう

    幸い、自分の場合は登録3年目で最就職して、何とかそれなりの生活(平均的な会社員年収より上です)にありつけましたが、結局は開業直後に始めた監査の仕事での実績が認められて、拾われたという感じです。監査云々では、補助者では身につかないノウハウも体得できましが、開業して実績を積む方法とて、決して楽ではないです。運が悪ければ、廃業していたでしょうね…。

    トピ主さんの場合は、まず、業界研究が必要だと思います。社労士の方の話を、どんどん聞いてみては如何でしょうか?思い切って百人くらい?

    ちゃんと「事情を知る人達」に聞くことをオススメします。

    確かに開業して失敗した社労士、違法行為に手を染めたとか、自殺した社労士、自分の身の回りには数多くいました。

    しかし、無職から逆転して「食えている社労士」が一定数いることは事実です。皆人一倍努力しています。皆、社労士になって良かったと言っています。
    トピ主もどうか頑張って逆転を目指して下さい。

    ユーザーID:0401091209

  • 逆転した経験者として・・・覚悟ですね

    ただ、皆さんが言われる通り、社労士という資格が仕事を持ってくるわけではない。逆転する為には、相当な覚悟が必要だと思って下さい。

    実務経験がなければ、開業してから、ハッタリでも何でもいいので詰めば済むことです。自分の場合は、先輩社労士に売り込んで、ボランティアで給与事務とかを請け負いました。あと、ダークな案件を多数受けて腕を磨きました。

    社労士の仕事は事務員でもできるとか書かれてますが、それは俗に1号業務、2号業務と呼ばれているもので、それではあまり商売にはならない。今の社労士のはコンサル業務が主流です。
    素人が迷うような書類作成とかのケースで「事務員の更に上を行くようなプロの判断」を下して、クライエントの悩みを解決することが要求されます。

    「コツコツと働くのが好きで、働く人々の味方になれる」

    ということはまず殆どない。寧ろ労働者をクビにして恨まれてストーキングされるという話は、結構転がっています。

    周囲を敵に回してでも、社労士を貫く覚悟があるのか?
    トピ主の質問を読んでいると疑問に感じざるを得ない(続く)。

    ユーザーID:0401091209

  • 一発逆転した経験者ですが

    会社員→うつ病でニート3年→社労士取得・開業→今は大手企業で人事・法務・総務畑で働いています。
    一度無職で引きこもっていたハンデを乗り越えて敗者復活した「経験者」の意見ですが……

    社労士資格を取って、「社労士補助者でいいんですか?」と思う。何故独立とかを考えないのか?
    あと、独立して情報収集→実績作って企業に売り込む、って方法もあるのですよ。

    資格取って、事務指定講習を修了して社労士登録して、まずは社労士会で仲間を作り、支部例会に参加することです。
    仲間から地道に情報集めて、時には仕事を手伝って、徐々に仕事を集めていけば、逆転するチャンスは十分にあります。

    自分は開業→勤務に移行することが目的だったので、まず、受験時代の仲間と一緒に仕事を取りました(具体的には労務監査の仕事)。
    監査の仕事で実績を作ってから、それを引っさげて大企業に売り込んで、採用されたというところです。

    ハロワ職員の言うことは一面では正しい。しかし、補助者になることを前提としたアドバイスです。
    もっと柔軟に、社労士という資格を「駆使」して逆転することを考えた方が良いかなと思います(続く)

    ユーザーID:0401091209

  • まずは就職

    主さんは資格を取ってから仕事を探そうと思っているようですが、逆パターンもあるのではないかと思いました。
    つまりは、まずどこかの会社に就職してから、その会社で必要とされている資格を取る。
    そうすれば、実務経験プラス資格の両方が手に入る。
    どうでしょうか?難しいかしら??

    ユーザーID:3215702047

  • う〜ん

    会社で総務・経理担当しています。

    社会保険なら年金事務所・雇用保険はハローワークといった様に、
    判らない事があれば、担当の所に問い合わせれば丁寧に教えて貰えます。
    そんな状態で私の会社では社労士に依頼はしていません。
    資格が無くても、総務の仕事は出来ます。

    ユーザーID:4982388544

  • トピ主さん2

    トピ主さんにとって、専門家としての『社労士』が本当に魅力的であるならば、
    一定期間わりきって企業の人事や経理等のバイトでもいいから始め、その後、
    上司に近い将来『社労士』になりたいからその経験を積みたいのでそういった関連の作業を少しでも経験したい・・・
    等の希望をだされてはいかがでしょうか?

    前述の料理で例えるならば、料理は誰でも出来ます。
    ですが、お客様からお金を頂いて提供する料理を作る技術を身につけるにはそれなりの過程を経なければいけません。

    仕事の経験はやはり、仕事でしか積めないので、他人の残業分も、ご自身の将来の為と割り切れば、自立する為の近道になります。
    ただ、ご自身の人生を少なからず犠牲にする事になるので、そのあたりは許容範囲でという事になるでしょうね。

    私も某士業で独立しておりますが、士業で働いている人は一般の方々が思っているよりもはるかに日々努力しているのです。

    ユーザーID:1871867032

  • トピ主さん





    私も同世代ですが、我々の世代は学生時代はバブルで深く考える必要もなく楽に生きていく事が是という風潮があったと思います。
    ドラマやテレビ等もそんあのばかりで、社会人になった頃はバブルもはじけなにやら雰囲気がおかしい・・・
    そんな感じでしょうか?

    でもね、そのまま動かなければ何も変わらないのです。
    『社労士』であろうと他の士業であろうと、その道の専門家して素人では判断に困る事を解決に向け助言及び提供する事で生計を立てるのですが、その覚悟はできてますか?レールの引かれていない、いばらの道ですよ。

    例えば、少し料理が得意な人が調理師免許とっても相手されないでしょう。
    知ってますか?フレンチでもイタリアンでも若者が将来を夢見て修行の為、現地に渡っています。
    で、その多くが無給か小遣い程度で修行している事を。

    でも彼らにとってはその経験値が将来の収入に繋がると信じて努力し続けています。

    (続きます)

    ユーザーID:1871867032

  • 人生設計を考えて行動して下さいね。

    人生をやり直すという表現が気になりますが・・・
    まるさんが既婚者か独身者によっても資格の考え方が変わって来ます。
    既婚者なら今すぐ資格勉強するのもありかと思います。
    一生独身でいるなら、社員でもパートでもいいのですが、仕事を探してから資格勉強されるのがいいでしょう。
    社労士の資格につなげたいのなら、ハローワークとか年金事務所の臨時雇いの職を探すのがいいのかも知れません。
    社労士をとった時のメリットは、社労士会の行政協力で役所とかで仕事をする時に時給が高いというのはあります。それ以外に特に思いつきません。
    現状では、求人で社労士資格必要ってあまりないですね。
    就職という観点ではハローワークの職員が言っていることは、間違いではないです。簿記とかパソコンのスキルの方が一般企業の就職には有利でしょう。
    公共職業訓練か基金訓練でスキルをアップしつつ、一般企業の事務職を目指して、就職出来たら総務の経験を積み、仕事に慣れてきたら資格勉強するのがベストやと思います。

    ユーザーID:7194007543

  • 難関ですか?

    国家資格と一口に言っても受験資格により、数年以上の実務経験者及びそれに準ずる受験制限のあるものから、制限が無い若しくは現実的に無いに等しいものまでさまざまです。
    前者の7%と後者の7%では、受験者の分母の質が根本的に異なる事はお分かりですよね?

    ネットやマスメディア等の情報では、単純に合格率の数字で難易度をランク分けされている事がよくあり、『え?』と思う事がしばしばあります。『社労士』は丁度その典型例の様に感じとれます。

    特殊なものを除き、どんな資格でも同じ事が言えると思いますが、仮に試験で満点をとっても優秀な社労士という事にならないです。
    資格学校は試験を合格する為のノウハウを教える所であって、学問を教える所ではないのです。
    丁度、点を取る為の受験英語と英会話の関係に似ているかもしれませんね。

    補助から始めるつもりでいらっしゃるのでしたら、今すぐアルバイトでも無給での研修生扱いでもなんでも経験を積む事を始めるべきですね。

    ユーザーID:1871867032

  • 実際に食べてます

    実際に社労士事務所開業して食べています。

    「社労士になったら儲かりますか?」とよく聞かれますが、なっただけでは一銭にもなりません。

    それどころか、試験に通って指定講習受けて登録開業までに30万はみておいて下さい。

    出来れば、家や車のローンを完済して、手持ち資金として200万ほど用意して下さい。

    配偶者が働いているなら、「当分養って下さい」とお願いしてOKをとって下さい。

    受験生時代の3倍勉強して下さい。

    常にアウェーで試合すると思って下さい。

    働く人の味方などとキレイごとなど言えません。事業主からの顧問契約があってなんぼです。

    良い意味でのプライドをもって、悪いプライドは捨てましょう。

    私のチームの社労士は、みんな食ってます。ただ、みんな十分な準備と努力をしています。

    甘く考えて開業すると、1年以内に開業登録→その他登録→廃業のお決まりコースまっしぐらです。

    確実にいえることは、試験に合格しないと100%社労士では食えません。

    ユーザーID:6352763139

  • 社労士です。やるなら最初から独立。

    上場企業で2度目の人事課配属時に社労士を目指し幸い合格しました。

    いわゆる社労士事務所で食べていくのは無理かなと思ってました。

    私は、社労士受験中の時から、関連の会合等に顔を出して将来の独立を模索していました。

    最終的には、社労士資格を持った人事コンサルタントとして独立し、必ずしも資格に頼っているわけではありません。

    独立前に勤務していた会社とも、一部業務委託契約を受けており、その業界を深く研究することで、独立を模索することも可能です。

    その他にすることがないなら、資格を目指すこともいいと思います。

    ただ、勉強始める前に、ネガティブなイメージがあるなら、止めたほうがいいでしょう。時間がもったいないです。資格勉強は取得できなければ、何の意味もありません。法律の条文なんか、本やネットで参照できますから。

    ユーザーID:4954885103

  • 就職にこだわる必要はありません

    41才という年齢で、実務経験のない資格で就職は、ほぼ無理でしょう。
    年齢に関わらず就職すること自体が厳しいご時世ですから。

    思い切って独立開業を目指す方が現実的です。
    実力が高くても顧客を獲得できない士業の方はたくさんいます。
    実力や経験が多少劣っていても、しっかり顧客を獲得して活躍する人もいます。

    多くの人がそんなに甘くないと言うでしょうし、実際に甘くはありません。
    しかし、事情を知らない人が思うほど厳しいものでもありません。
    やってみれば、就職を目指すよりハードルが低かったと思うかもしれません。
    経験者に話を聞いてみることです。

    そもそも、本気で資格を取得する気があるのでしょうか。
    本気の人はハローワーク職員の言葉くらいでゆらぎません。

    そこが一番の問題だと思います。

    ユーザーID:0103303601

  • 難関ではない。

     難関ではありません。
     合格率7%前後と言っても、勉強に時間が取れない人達の中での競争ですので、実際の合格率はもっと高いのが実際。
     そのため、ある程度勉強すれば、大半の人が合格できる資格と言え、市場競争も激しいのが現状。
     従って、資格を取得したからと言って安定する仕事とは言えません。
     最難関と言われる司法試験や会計士試験の資格ですら、仕事が無いと言われる時代、社労士ではさらに厳しいと考えて間違いないでしょうし、私の周囲をみてもこれは事実です。
     
     独立できる資格というのは、独立すれば経営者ですから自分の行動力一つです。
     そのため、そもそも、『仕事がやってくる』『仕事がもらえる』と他人任せでは話になりません。
     仕事は自分で発掘するものですし、貪欲に営業をする必要があります。
     一昔前は、胡坐をかいていても仕事は飛び込んできたそうですが、そんなバブリーな時代もう終わりました。
     
     41歳からでも遅くはありません。
     実務経験がないなら、備えてやれば良いだけです。
     しかし、他人にとやかく言われ揺らぐ決意ならば、やめておくのが正しい選択です。
     

    ユーザーID:1976035896

  • 社労士有資格者です

    28歳未経験で契約社員として個人事務所に入り、その後29歳で資格を取得し、現在も社労士事務所勤務の者です。

    私が個人事務所に採用していただけたのは、前職がシステムエンジニアだったのでパソコン関係に詳しく、またホームページを自作できるという付加価値があったからでした。

    仕事しながらの勉強は、自分の生活全てを投げ出す必要のある厳しいものです。友人と会うこともテレビを見ることもできず、残業で帰宅が22時になっても、急いでご飯を食べ、そこから勉強を深夜1時、2時まで毎日するくらいのことは当たり前に必要になります。休みの日は朝から晩まで10時間くらい勉強です。

    給与はけして高くないです。雇われなら普通の事務より低いくらいです。

    そして「働く人」の味方ではなく、「経営者」のよき相談相手になることが求められます。

    それでもやりたい、いずれ独立開業したい!という気概がなければ、資格取得の苦労が報われない資格だと思います。
    ちなみに受かってからもずっと勉強ですし、日々ややこしい相談案件だらけですよ。
    アドバイス次第で従業員との訴訟問題にもなり得ます。責任の重い仕事です。

    覚悟はありますか?

    ユーザーID:1701585188

  • あらー

    現実を言えば、社労士の仕事なんて、事務員でもやってる仕事
    税理士事務所で、会計のついでにそっちも処理しておきましょう、とやってもらえる仕事。
    労務士として独立してその仕事をまわして食っていける人は少数。
    スキルを身につけてこなかった、どうこうの問題じゃない。
    どの資格が使えるか?未経験で41と言う年でも使えそうなのは何か?と判断出来ない頭が問題。
    ね、あなた41でしょ?
    もうちょっと世間を見て、現実を見て、こんな自分にでもちょっとは役に立ちそうな資格は・・・という考えはできないんですか?
    難関ならオッケーなんて単純なものじゃないって41年生きてて、分かりませんか?

    ユーザーID:1276382455

  • いずれ独立したいなら営業力が重要みたいですね〜

    先日不動産を売却した際に担当していただいた司法書士さんが社労士を持ってらっしゃいました。40才で不動産屋さんからまず司法書士で独立したそうです。
    もともといた不動産屋さんから登記で仕事をもらいそこで人脈を作り必要に迫られて社労士+行政書士も取得したそうです。
    これくらいだと仕事はあるんだと思います。
    どうせならそれくれらい頑張る覚悟をもたれたらどうでしょう?
    そうじゃないと中々人生をやり直すって難しいような気がします。

    ユーザーID:3590971275

  • 発想が・・

    39歳で職安でその構想話して、応援してもらえると思うこと自体が甘いと思います。

    社労士が決して高給ではなく仕事も少ないことぐらい、少し調べれば分かることだと思います。(予備校は聞こえのいい話ばかりするので信用しない方が良いかと)

    正直言って、難関資格をとって人生逆転!という自分の考えに酔っておられませんか?そんな難しい夢を追いかけるなんてすばらしい!と言ってくれるのは、責任のない友人達ぐらいです。

    難関資格って確かに夢を持たせてくれます。
    でも、何事も地道な努力ではないんですか。

    ユーザーID:3242320497

  • 勉強に無駄はない

    と思ってます。

    私自身30後半に税理士資格取得に入りました
    「無理」「遅い」「金の無駄遣い」と散々言われました。

    現在はなんとか取得できたので過去の事として笑っていますが
    当時は悔しいやら悲しいやら…
    でも勉強したことは着実に身に付きます。

    否定的な言葉を糧とする根性があればやってやれないことはない
    と思います。(精神的ダメージは相当ですけど)

    これから年末調整のシーズンです。
    短期かもしれないけど求人が出てくるかもしれません。

    もちろん経験者有利で無駄足になるかもしれませんが
    一度、仕事を経験してみてはいかがでしょうか

    (未経験者は難航するでしょう。
    でもここで何もしなかったらいつまでも未経験のままです)

    ユーザーID:5032113666

  • そのとおり

    社労士なんて総務経験者がとるものです。
    資格だけ持っていて経験のない社労士なんてなんの使い道もありません。
    そんな人間とるなら総務経験1年の人間採用します。
    そんなもんです。

    ユーザーID:4755980792

  • あくまで一意見です

     「人生やり直せる資格」なんてものはありません。資格試験予備校や通信教育は、「人生をリセット!」なんて気軽に宣伝してますけどね。

     社労士さんが実社会において尊敬を受けているのは、社会保険手続きや人事労務、労組対応などにおいて知識・経験が豊富であって、現実的なアドバイスをしてくれるからです。
     資格試験の勉強も大事ですが、それ以上に実務経験が重要です。従業員がユニ○ンに駆け込んで団交が来た時の対応なんて、教科書には載っていないです。

     なので、会社か社労士事務所かで勤務しながら資格取得を目指す方向がよいのではないでしょうか?専業受験で試験に合格しても、その後は厳しくなると思います。
     コツコツと働くのが好みの努力家タイプにはそっちの方が向いているような…
     

    ユーザーID:6652500091

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧