老後の過ごし方

レス7
お気に入り11
トピ主のみ0

熊次郎

働く

老後、孫に夢中になり孫命人生になりたくないので今から夫と老後の楽しみを妄想しています(笑)
わたしの両親は私達姉妹を育て上げた後お休みの度、温泉へ行ったり山登りをしたりして夫婦で楽しんでいます。それをみていいな〜って思って自分も子供達が手が離れたら、夫とゆっくり旅行したりして子供達を送り出した後は過ごしたいです。
みなさんの老後はどのようにお考えでしょうか?!

ユーザーID:3236319193

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 老後を たのしむためには

    一番にお金です。+健康 兎に角お金が無ければ動けません。今のうちにせっせと預金に励んで下さい。老後のお金も貯めないとね。私たち夫婦は 若いころは(日本)遠くに旅行 行ってない県は新潟だけです。 今は近場での旅行を楽しんでいます。年に4〜5回は旅行をしています。 新聞を見て ホテルへ電話を入れて 今夜泊まれますか?と聞いて行く旅行もあります。60代ですので予約していくのは 少し不安なんです。一度だけ前日に夫が39度の発熱の為にキャンセル それからは4〜5日中に行ける旅行をしています。将来 年金も68にならないと出ないかも 60で退職したら 8年間最低でも生活費2000万いりますよ。 +老後のお金 入院その他諸々頑張って下さいね。

    ユーザーID:9092175070

  • 旦那さんの定年後は

    私の故郷でもある北海道に移住することになってます。
    夫も私も趣味はスキー。
    そしてどちらも雪国出身なので、やっぱり雪がないと調子がでないんです。

    老後の資金…。
    子供達が独り立ちするまでは貯金増えないだろうなぁ

    ユーザーID:9414058113

  • スローライフ

    私達の親世代ほど金銭的に豊かな老後を過ごせる世代はいないでしょう。
    昨日年金需給年齢引き上げのニュースが流れていました。
    私たちには食べていけるだけの年金しかないと思ったほうが現実的では?

    夢を奪うようなことを書いてしまいましたが、私は年を取ったらスローライフを送りたいです。

    グルメも旅行もブランドも要らない。
    味噌を手作りしたり漬物をつけたり、人との交流はコミュニティセンターでも構わない。
    図書館に通って頭の体操、スポーツ代わりに雑巾がけと草むしり。
    地元のボランティアにも参加できればいいな、と。

    孫はかわいいと思いますよ、多分。
    年老いれば老いるほど生まれたばかりの命を愛おしく思う、自然な感情じゃないでしょうか。
    まわりに配慮さえできれば孫命も悪くはありません。

    私の祖母は昔の有閑マダムでいつだって趣味三昧、孫にはあまり興味ない人でした。
    正直な話、見習いたくはないのです。

    ユーザーID:1830891059

  • よく分かります 1

    40代の夫婦ですが同感ですね。我々も老後の生活スタイルを模索している真っ最中です。
    勝手に“老活”と呼んでいます。

    夫婦それぞれの両親について、最近面白いことに気がつきました。
    やや迂遠になりますが、書かせて下さい。
    結婚11年、義母は結婚以来一日たりといえども、娘達(妻や義姉)へのメールを欠かしません。
    内容は今どうしている?や今日こんなことがあった・・・等まで話題は様々です。
    一方私の母は、放っておけば数ヵ月間音信が途絶えることも珍しくありません。
    私は一人っ子ですので、その間子供や孫との接触がないわけです。

    義母にとって日常のコミュニケーションの相手は義父ではなく娘達であるのに対し、私の母にとって
    のそれは父であるということでしょう。
    義理の両親は仲は良好ですが、義父は女性との日常的な会話を好むタイプではないだけに、義母の捌け口
    が娘達に向かったと思われるのに対し、私は男、かつ仕事で忙しいということもあり、両親との仲は
    良好ですが、日常的な話題を楽しむのに相応しい相手ではない為、母は自然に父と向き合うこと
    になったと思われます。

    続きます。

    ユーザーID:1621740679

  • よく分かります 2

    妻と私の間ではサラリーマン夫婦の先輩としての“私の両親スタイル”を目指そうということで一致しています。
    自立した子供とは一線を画し、孫が出来れば愛情は注ぐが溺れない。コミュニケーションの相手の第一は
    パートナーでいこうと。
    それを前提に夫婦で老後を楽しめるアイテムを模索しているわけです。

    具体的には、まず夫婦で楽しめる友人が欲しいということ。出来るだけ夫婦単位でのイベントの機会を探すように
    しています。夫婦でゴルフや社交ダンスを習っているのもその一環ですし、自分達の学生時代の友人でも、
    その気がありそうな人には夫婦で声をかけてます。
    また夫婦ともお酒が好きなので、夫婦でお酒を楽しめる方だとなお楽しいと思い、そういう集まりにも積極的に顔
    を出しています。

    理想を言えば、田舎に別荘を持ってゴルフや旅行三昧、たまには友達夫婦で旅行、パーティ等を楽しめたらいう
    ことないですね。
    それもこれも全ては先立つモノと健康次第というわけですが・・・。

    お互い素敵な老後を見つけられるといいですね。

    長文失礼しました。

    ユーザーID:1621740679

  • 夫とふたりで

    子供はいないので、今と変わらず夫と二人で旅行にいったり山菜とりにいったり釣りに言ったりしていると思います。現在40歳間近、あと20年弱がんばって働こうと二人でがんばってます。

    夫も私も昔から北海道に住みたくて、老後は北海道に住みたいねえなんて話していますが、北海道の冬も経験したことないし甘ったれた考えかなあと思いながら北海道移住推進のホームページなどを眺めたりしています。
    結婚のときの約束で、夫は私よりたとえ1日でも長生きすると言ったので、きっと私は夫に介護され(老人ホームかな?)看取られて死ぬ予定です(笑)。
    想像するだけで幸せです。さーがんばって仕事するぞー

    ユーザーID:6378960258

  • 今から楽しむ

    老後はいつから始まるのでしょう。
    さあ定年、さあ老後、ではないですよね。

    まずは健康でなくては何も始まりません。
    そのためには、食生活の見直しと充実です。

    そしていきなり行動することはできませんから、
    いまから足腰を慣らしておく。
    私は歩くことが好きで、多いときは数時間2万歩ほどになります。
    趣味もたくさんあります。

    老後はただその延長です。

    夫とは別の趣味も多いので、おひとり様も楽しんでいますよ。

    ユーザーID:4846551099

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧