断捨離、後悔しませんか?

レス86
お気に入り403

話題

家が散らかってしまい、片付けたいと思っています。

TVにこんまりさんが出られていて
部屋が見違えるようにきれいになっていて
うちでも断捨離しなくちゃと思いました。

でも、私は物に執着があります。
捨ててしまったら、もう手に入らない物も多いので
後悔しそうです。
そして、また手に入れるために購入するとなると
お金もかかりますし、意味があるのかどうか疑問です。

こんなことでは、永遠に片付かないのですが・・・

断捨離をされたみなさん、後悔はしていませんか?
もし、後悔があるとしたらどのようなことですか?
そして、「リバウンドはない」と言われてましたが
それは本当ですか?

ユーザーID:5132698722

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数86

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • しません、してもすぐ忘れます。

    物を捨てられない人が上っ面だけ真似て捨ててもただただ後悔するだけ、
    止めておいた方が良いですよ。
    私は後悔しませんね、何故ならトピ主とは正反対で物には執着しないから。
    気候も良くなり動いても汗をかかなくなって動き易くなり昨日も夜遅くから服などドッサリ仕分けしましたね。
    それなりにあった本も売るのも面倒なので捨てるか置くか考えながら処分しましたし、読める時間等限られているし好きな本はやっぱり読み返すしそれだけで充分ですね。
    この世には色んな人がいますゴミ屋敷の人に物を持たない人、良いんじゃないですか?自分のしようと思う範囲でしたら。
    でも物を溜める性分は若い時には良いですが年取った時どうなるか考えて物は持ちましょうね。
    結婚し年を取り自分の子供に負の遺産(子供からしたらゴミ)を残して子供が大変な思いをする事になりますよ。
    年を取れば必要不必要は変化するのは当然です、徐々に考えていったら良いんじゃないですか?
    毎日を生きるだけで精一杯な高齢になる迄に(余裕を持って生きられる年齢で)スッキリしたら良い事だと。
    意味がないと思うのなら片付けても無意味ですよ。

    ユーザーID:5222955937

  • ちょっと違う考えかたかも、だけど。

    断捨離うんぬん、ではありませんが。

    究極のことを考えたとき
    ・・・死んでしまったら何も持っていかれない・・・

    そう考えると、モノに執着している自分を落ち着いて
    客観的に冷静に見られるとおもいます。

    本当に大切な物って、あるのでしょうか?

    ユーザーID:4106012322

  • とりあえずの流行ですから

    物が捨てられない人は断捨離ではなく、
    他の整理方法やら、占いやら、風水やらで片付ければいいと思うのですが、
    いかがでしょうか?
    過去にもいろいろな整理方法ブームがありましたよ。

    ユーザーID:4371573764

  • 今のところは…

    たくさん捨ててすっきりしました。
    今のところは後悔はしていません。

    私は本に執着があり、捨てたらきっと数年後に同じ本を買うだろうと思うので、本は捨てませんでした。
    その分、いらない雑貨や貰ったけど活用できなかった物達を捨てて、本の収納に当てています。

    本当に大切なら取っておいた方が良いのではないでしょうか?
    迷いますよね、取捨選択って…。

    ユーザーID:6592973407

  • ご決断を

    >でも、私は物に執着があります。

    今家にあるものは全部必要な物ですか?多分、そんなことはないですよね。
    まずはその、不要なものを捨てればいいのでは?

    あるいは・・・・

    「物に囲まれ安心できる、でも、散らかった空間での生活」と「無駄なく整理整頓された味気ない、でも、美しい空間での生活」のどちらかを選ぶしかないのでは?

    ユーザーID:6945094617

  • リバウンドしません

    私はお片付けが苦手で大っキライです。
    色んな収納術のハウツー本がありますが、私の場合は収納グッズが新たなゴミになります。
    そんな中、ママ友との会話で断捨離を知りました。やましたひでこさんの本を読んでみました。求めていたお片付けはここにありました。
    断捨離と言う言葉の上っ面だけではなく一度、断捨離にまつわる本などをじっくり読んでみて、それから始めてくださいね。いきなり納戸や物置とかに挑戦ではなく 小さな引き出しの一つからでも実践してみましょう。

    私は今のところリバウンドはないですね。捨てて後悔した物もありません。むしろ、まだまだ家は片付けたいです。断捨離が断捨離を呼んでいます。あの震災はうちの地域で震度5強でそれなりに物が落ちて散乱しました。こんなこともあるのですから、ガラクタだらけの家では怪我します。

    ユーザーID:4641214935

  • 正しい理解が必要

    >そして、また手に入れるために購入するとなるとお金もかかりますし、意味があるのかどうか疑問です。

    ハイ正解。まったく意味がないです。

    でもあなたの解釈は間違っています。
    何でもかんでも見境なく捨てることとは違うんですよ。

    断捨利で捨てることが出来る本当のものは「必要以上の物欲」です。
    ですからリバウンドはありません。
    一度きちんと本を読んでみたほうがいいとおもう。

    ユーザーID:2841566813

  • 不思議なんだけど困らない

    たとえば、冷蔵庫の賞味期限切れの食品を捨てても
    誰も後悔はしないと思います。

    服も台所用品もいつもそこに何となくあるね、で
    使われてない物は賞味期限切れだったのでしょう。

    持っている服もしまいこんであるのをすっかり忘れて
    秋が来て服を衝動買い、
    なんてことがなくなって
    きっちり在庫管理ができていいですよ。

    リバウンドはまだわからないですが
    時々、冷蔵庫整理くらいの感覚でやればいいのではと思っています

    ユーザーID:1376764916

  • 違うと思います

    片づけアドバイザーにも色々です。
    こんまりさんや、やましたさんは徹底的に捨てますね。
    他の方はスペースがあるならきちんと取っておく事も大事と言ってます。
    反対派の方は趣味の物、思い入れのある物は取っておいて段ボールに保存でも大丈夫ですとも事。
    勢いで捨てるのは怖いよね、、。

    ユーザーID:9714213398

  • わりと後悔あります

    わりと後悔はあります。
    お金で解決できるものならいいやと思って、捨ててしまって惜しかったと言うのはそれなりにあります。お金で、といってもそう簡単に手に入らなかったりしますし。

    それなりに厳選して捨てたつもりでしたが。
    処分してしまった以上あきらめるしかないです。
    年をとって気がついたことですが、どうせ墓場までは持っていけません。

    ユーザーID:7874229562

  • 売った本を買いなおした。

    この5年間ほどで、100冊以上の本を古本のチェーンストアに売ってきました。
    売るとき「本当に良いのかな?」とモヤモヤした気持ちが払しょくできない本が1冊だけあって、気になって仕方がなくなりました。
    結局ネットで見つけてあわてて再び購入しました。

    後悔することも、無くは無いという例です。

    こういうことがあるのは、本とCDぐらいでしょうね。

    ユーザーID:6478009508

  • そうそう、アドバイザーによって違うんですよね。

    人によって考え方は違うのだから、納得できない部分があれば従う必要はないんですよ。

    例えば取扱説明書。
    1年経っても使わないなら要らない…と言うけど、本当に必要になるのは故障なのかどうか?って事態が頻発してくる数年後から。
    最初に登録したデータが何かで吹っ飛んだ時に取り出してきたことがありますし、それ故に自分は捨てないようにしています。

    例えばもらったもの。
    ありがとうの気持ちが大事だから、感謝の声をかけて捨てましょう…って言われますが、
    もらった物を見るとそのたびにその人のことを思い出し、色んなエピソードが浮かんできます。
    だから自分は見てるとかわいそうになるくらいぼろぼろにならなければ最優先で保管しておく品物です。

    断捨離の本当の目的は捨てることではなく、自分自身を振り返ること。
    自分にとって大事なものとは何か。
    それが十分にできていないままやっちゃうから後悔したり、リバウンドするのです。

    ユーザーID:8775262524

  • 必要なもの、そうでないもの

    私は断捨離という言葉が流行する前から
    スッキリ生活を営んでいますが
    スッキリ生活のメリットはなんと言っても掃除がラク!
    机の上もテレビボードの上も一切物がないので、
    ぞうきんでサッと拭くだけです
    物の場所も決まっているので、物を探すのに手間取りませんし
    また同じようなものを買っちゃった、という失敗もなし
    冷蔵庫もスッキリしてるので賞味期限内に使い切れてムダもなし
    ただきれいなだけではなく、暮らしやすくすることを1番に考えてみてはどうでしょうか?

    ただ、そんな私も洋服が大好きで
    洋服だけはたくさんあるし、捨てられませんし、たくさん買います
    ですので、そこはあえて手を付けていません
    クローゼットからあふれたらもう着ないものを処分するか、知人にあげるなどして
    減らす努力はしていますけど、まだまだですね
    自分が好きなもの・大切なものまでなんでもかんでも捨てていかなくてもいいと思います
    私は譲る前に洋服の写真を撮って眺めたり、知人が代わりに着てくれていたりすると
    後悔する気持ちはほとんど湧きません

    ユーザーID:5773921945

  • やみくもに捨てることではないと思います

    片付け本大好きです。
    「片付いてるのに必要ないじゃん」と夫に笑われますが
    モチベーションがあがるので。

    タイトル通りですが、「断捨離」に限らず捨てればいいというものではないはず。
    自分にとって何が本当に必要なのか、を見極めることだと思うのです。
    捨ててするとわかっているものを捨てる必要などありません。
    それは個人によって変わるので(本であったりコレクションであったり)なんとも言えませんが。
    ただ、「いつか使うはずのキッチングッズ」「いつか痩せて着るはずの服」など自分の意識を変えることで整理できるものは多いはずです。
    かといって、例えば今大量に洗剤をストックして邪魔になっていても捨てるのは資源の無駄です。
    最後のひとつになるまで買わないと強く決心して実行する。
    というように、まず何か新しい物を買わない事(すなわち物を増やさない事)から始めてはいかがですか?
    たとえ安価な物でも、です。家にある大量の何かで代わりにならないか考える。
    一番いいのは冷蔵庫、保存食などの整理です。
    サバイバルだと思って賞味期限の切れていないものを使い切る気持ちでやると楽しいですよ。

    ユーザーID:2035180499

  • キツいこと言いますが

    こんまりさんと断捨離は違いますよ。
    ちゃんと本を手に入れて、きちんと読んで納得してからはじめたほうがいいです。

    いつも思うのですが、かたづけられない人って、なぜ「かたづけないと」ってしょっちゅう言ってるんでしょうか?
    本気でかたづけたいとか、きれいな部屋に住みたいと思ってないと思うんです。
    別に世の中の人みんながきれいな部屋に住まないとだめなわけでもないと思うし、「わたしはこれでいいの」でよくないですか?


    ちなみに、私は驚かれるほど持ち物が少なくて、かたづいているタイプです。
    そんな私でもこんまりさんを読んで実行したら、たくさんの不用品が出てびっくりでした。

    捨てて後悔したところで、別になんにもならないと思いませんか?
    だって、もう物は手元にないのですから。
    こんまりさんは、捨てる物をみつめるのではなく、残す物を大事にしましょうと書いてられますよ。

    とにかく、とりあえず本を読んでください。

    ユーザーID:6889081886

  • だったら捨てない

    こんまりさんは断捨離なんですか?
    どちらかというと、自分のお部屋を自分の好きなものだけにするために、そうでないものは捨てましょうって感じだと思うんですよね。
    だから、捨ててしまったらもう手に入らない思い入れのあるものは、ときめくものってことで捨てないでいいんじゃないですか?

    私も以前すべて捨てましょう的な本を読んで、「持ってるもの全部捨てなくちゃいけないのかな」と思ったんですけど、それってなんか自分らしさとかも全部捨てちゃってことになっちゃうんじゃないの?って思って、そんなのおかしいと思って捨てるのは止めました。あの時捨てなくって本当良かったって思います。

    私もテレビ見て、こんまりさん始めようと思ってます。一緒にがんばりましょうね!

    ユーザーID:3478925541

  • やはり


    断捨離をして物がなくなると大概の人が閑散さに負けて心理的にまた、あれやこれや買ってしまいます。
    無駄買いしない人や収納上手な人は読みません。
    結局、この手の本は消費を活性化させるというカラクリ目的で作られたものだと思います。

    あまりにも散らかってる部屋も嫌ですが
    凄くスッキリしてる部屋は私も何かと生活感がなくて無気味ですね。何でも程々にがいいと思います。

    ユーザーID:5668309400

  • また買えばいい。

    本を読むのが好きで、常に部屋の中は本だらけ。
    ところがこの間、ふとこの中に一度しか読んでない本ってどれぐらいあるんだろう?と思ったところから、本の片づけがスタート。
    この1ヶ月でトータルで1000冊近くの本を処分しました。

    繰り返し読んでいる本、手放したら2度と手に入らないだろうし、
    また欲しくなる可能性が高い本は残しましたよ。

    高いものに関しては当てはまらないかもしれませんが、
    本に関して言えば、本自体は高いものではないし、
    一度手放したとしても、ほしくなったらまた買えばいいや、ぐらいの気持ちで手放しました。

    後悔?1冊だけしましたね。
    処分してから、映像化が決まってもう一度読み直したくなっちゃったんです。
    はい、買いに行きました。文庫本だったのですが古本屋さんにあったので、300円ぐらいで手に入れましたよ。

    ユーザーID:9559772790

  • こんまりさん本もTVも見ました

    結果、シンプルに収納とか参考になるところもあったけど、彼女と私とでは年齢も生き様も体型も全く違うので、同じように捨てたら後悔もリバウンドもすると思いました。

    私は42歳、10年前に正社員を辞めてからは派遣やバイトで繋げているけど疲れやすく働いているといっぱいいっぱいで片づけが出来なくなる。

    そして先月から休業中で、こういう時しか大片づけ出来ないのだけれど、次に仕事が決まる保障もないので、まだ使えるものは捨てられない、近年太り気味で月ごとに体型が変わるし痩せるつもりもある。
    肩幅やバストが大きかったり年齢的に、着れる服、似合う服がいつでも買える訳ではない。
    今が幸せでないので思い出の品は捨てられないし将来が不安だからストックも捨てられない。

    幸い部屋は広いし誰が来る訳でもないので、物の所在地が把握出来て、物が使いやすく片付けやすく、掃除がしやすければ、素敵な部屋より物がいっぱいある部屋の方が自分にあっていると思いました。

    どう考えても不要な物は捨てるけど、快適で清潔な生活感のある部屋を目指します。

    ユーザーID:5702816089

  • 性格による

    物に執着するタイプの人は捨てるのは容易ではなく、「後悔する」と思います。
    私はゴミの日がまちどおしかったり、捨てるとすっきり(まるでやせたような気分かな?)したと感じるタイプであります。

    なので一度も後悔したことありません。

    ユーザーID:3585473170

  • リバウンドしませんよ。

    半年ほど前に断捨離しました。全く後悔はありません。それどころか、何を処分したのかさえ思い出せません。私の場合、それだけ不要なものを抱え込んでいたんでしょうね。
    私は本は読んでませんが、テレビで断捨離の考え方が詳しく紹介されているのを見ました。基本的な考え方や、処分するかしないかを決める時のポイントも紹介されていたので、それに従ったのもリバウンド無しに貢献しているような気がします。
    そのテレビでも言ってましたが、断捨離すると物を買うときよく考えるようになりますね〜。結果無駄使いも減りました。
    私にとってはいいこと尽くめですが、他の方も書かれているように人にもよるかもしれませんね。私は物に執着がないし、特に趣味もないから思い切りできるんだと思います。

    2ヵ月後に引越しを控えているので、その時にもう1度断捨離する予定です。

    ユーザーID:4827508107

  • カリスマに惑わされず、できる事から

    次々出てくる片づけの達人を調べていたら、時間ばかり過ぎる気がします。
    調べてる間は部屋はちらかったままですから。
    大げさな事は考えず、ひとまず目につく辺りの整頓をしてみてはどうでしょうか?

    その過程で明らかに不要なものだけ処分すれば?
    モノの数は減らなくても、整然と並んでいるだけでも気持ちいいですよ。

    目的はモノを減らす事ではなくて、気持ちよく暮らす事ですよね。
    捨てる事は手段の一つにすぎないから、別の手段があるならそれでいいのでは?

    ユーザーID:3963313936

  • 断捨離は実行してないけれど

    多分、私の生活そのものが断捨離じゃないかと思ってます。誰がうちに来ても、「何もない家だね」と言いますから。ガランとした部屋に2匹と1羽と住んでます。

    引越しを20回以上経験してます。だから自然に買わない、持たないスタイルになりました。今の家を終の栖(ついえのすみか)と考えていますが、この家に来て初めてテーブルと椅子を買いました。

    貧乏だから買えないというより、何もない空間を資産と思っています。だから椅子一つ買うのにも半年以上〜数年考えます。そんな私に友人が、何も「ないから」と誕生日に小テーブルをプレゼントしてくれました。嬉し悲しの複雑な気分。

    多分私は買わない主義なんだと思います。

    ユーザーID:6034708727

  • うちも片さないと・・

    去年1回、今年1回引越して、使わない物の多さにびっくり。

    割と片付いてます、知人を家に上げると、「片付いてるね」と言われますから。
    問題は、収納の中かな。
    引越しの度に、これは使うんだろうか?てな物が登場します。
    でも、考える(とっておくか、捨てるか)のは、引越し終わってから。
    しかし、そのまんま収納の中にいて。(忘れている)

    服は、何カ月も着ないのであれば捨てます。
    しかし他の物は、真剣に考えます。
    捨てても、もう買えないって物は特にそう。
    微妙な路線の物は、取っておきます。
    そのときに、収納に収まらない場合は、同じ類の物と一緒に置く。
    (一緒に入れるカゴとか使う)
    これだけでもスッキリしますよ。
    そして床には絶対に置かない。うちではスリッパと猫の水くらいでしょうか。
    あとは仕切りの棚に入れて目隠しすれば、かなり違います。

    突っ込んだ収納の中は、涼しくなってきたので、
    夫が休みの日に一緒に片づけたいと思います。

    ユーザーID:6995299489

  • いつか使うから…の『いつか』は何時?

    断捨離の際、捨てるかどうかの見極めはまずこれ。

    『いつか使う物』

    いつかって、いつ?と自問してみて下さい。
    例えば旅行先のホテルから持ち帰ったアメニティグッズ。
    100均で「これ便利そう!」と買った各種グッズ。
    箱に入ったままの結婚式の引き出物。
    サイズ的にもデザイン的にも着れないのに「高かったから、良いものだから、好きだったから」という理由だけで仕舞っている服。
    これらは「いつ」使いますか?
    思い切って捨てるべき物とは『いつか』を待っている物たちです。

    またコレクションと溜め込みも違います。
    コレクションはきちんと整理整頓し、見せるモノは見せるべき収納をされている状態をいいます。
    単に集めてそのままになっているのは溜め込みといいます。

    参考図書
    ・断捨離提唱者のやましたひでこ著の本
    ・エッセイ漫画『断捨離アンになろう!』鈴木淳子著、川畑のぶこ原案監修

    断捨離をきちんと理解し、取捨選択をして断捨離をしたならば、リバウンドはありません。
    私は4畳半が埋まる程の物を捨てましたが、不便も後悔もしてません。

    ユーザーID:6511052929

  • 後悔しそうな物はとっといてます

    続けてすみません。
    私はあるバンドグループが大好きで、彼らに関する本やグッズはまず捨てられません。
    活動が30年以上のグループですので某大な量になります。
    でも雑誌は掲載ページだけクリアーブックに収納して不用な部分を減らしてます。
    それらはすべて年代別に整理収納しています。

    本も、今は読まないけど思い入れの強い物、再販が見込めない物は捨てずに保管しています。
    逆に内容を思い出せない本は、自分にとって不要なので処分しています。

    想いでのある物はデジカメで撮影して保存し、見たい時に見返せば十分だと思います。でも、まず見ないと思いますけどね。

    買ったまま使っていない物って結構多いですよ。
    そういうのはバザーやフリマに出したり、どこかに寄付するという手もありますが、その手間暇をかけるのが面倒だったら捨てた方が良いと思います。

    そうそう、不用品を買わなくなるコツがあります。
    捨てる時に購入価格をおおよそでいいからメモして行くんです。
    ただ捨てるより、どれだけお金を使ったのかを実感すると、買い物の時に衝動買いがなくなります。

    ユーザーID:6511052929

  • 捨てました。

    きっかけは、地震の時です。結構色々なものが倒れ、使えなくなったものも多数ありました。結局遣っていなかった物が多くて、勿体ないって思いましたけれど、トラック4台分捨てました。

    母とは言い合い、というか喧嘩しながら捨てましたよ。
    思い出を語ったり、母が子供の時編んでくれたセーターや毛糸のパンツは
    捨てられませんでしたけれど(笑)。

    本当に、愛着のあるものとかはKeepという気持ちになりますから不思議ですね。捨てた分を換算すると金額は?と考えると、無駄に洋服も買わないにしようとか機能性を重視した物を買おうと心に決めました。
    本当に必要なものは何か考えなくてはならないとつくづく思いました。

    本当はまだ捨てられるものがあるのかもしれませんけれど、本当にすっきりしました。
    私の断捨離の主旨は安全面からといったところかもしれません。

    ユーザーID:2910883079

  • 断捨離

    とは違いますが、(内容は一緒ですが… )捨てまくっていましたが、後悔は無いです。
    今のところ。
    リバウンドも無いです。
    むしろ要らない物は買わなくなりました。

    ユーザーID:1066542244

  • 厳選しました。

    後悔はないですね。

    生活用品はさくっと順番に使い切ってしまえば良いだけですからお悩みは趣味のもの、ってことですよね?

    綺麗に収納し整頓して趣味の物を飾っているだけなら捨てなくていいです。むしろ捨てたら駄目〜。
    大事にしたら良いですよ。
    死ぬ時にも思い出してずっと一緒だったね、と嬉しい気分になれそう、とか長年ときめくことが出来る物、というのは貴重でしょう。私は家族以外、まだそのような物に出会えたことがないので分かりかねるのが残念なくらいです。

    小汚く放置され手元にあるだけで満足し、整理もしない品に本当に愛情を感じて大事にしている、なんてことはないはず。その愛はただの錯覚・依存ですから捨てちゃった方が良いでしょうね。

    捨てた後に「やっぱりあれは錯覚だったわ〜」とさっぱりするはずです。駄目んズにひっかかってずるずるしてしまった後の別れみたいなものでしょうか(笑)。

    現状が汚屋敷、汚部屋だとしたら完璧に綺麗さっぱり捨てる方が良い、というわけです。

    断捨離しましたがあそこまで捨てなくても生活しやすい程度に綺麗にしておくくらいは出来ると思う私の考えです。

    ユーザーID:8314094734

  • スッキリできるといいですね!

    私は、10年くらい前に読んだすてる技術がきっかけで、片付けができるようになりました。それから、いろんな片付け本を読みましたが、こんまりさんが、一番、腑に落ちました。(笑)
    トピ主さん、上っ面だけで片付けようとしているように見えるのですが…

    しっかりと本を読んで、腑に落ちてから片付けないとブレてしまうと思います。

    ユーザーID:1284072239

  • 断捨離×、こんまり◎だった

    こういう捨て本を何度も試してきました。

    主観の問題ですが、
    断捨離はよくあるシンプルライフ本。
    超殺風景になって後悔。

    こんまり本は大成功。
    似て非なるものがありました。

    ユーザーID:3394363456

  • 後悔もリバウンドもない。

    祖父宅、伯母宅、計2件の引き払い作業に立会いました。

    いつか家財は自分以外の人が引き払わねばなりません。これを目の当たりにしたのが、孫である私です。お金に換えられそうなものは、換えて介護費用の資金に充当しました。
    トラック3台分にも及ぶ数十万の「ゴミ」処理費用には驚愕しました。換金分−処理費用でかなりの赤字です。

    2回もこのような体験をし、さすがに「自分はいつ死ぬかわからないし、溜めこまないようにしよう」と思いました。他人にとってはただのゴミのことが多いので。安いものをやたら買うよりも、それなりのメーカーが出している商品を吟味して、何日か考えて買うようになりました。物を買うより、旅行などの思い出になる時間を大切な人と作ることに考えが変わりました。

    某高級住宅ばかり仕事で行っていた主人いわく、「お金持ちは部屋内がごちゃごちゃしていなくてすっきりしてる」と言ってました。なんだか納得できました。

    私も断捨離の本を買って、読んでみて、テレビや雑誌の一部とはまた違ったように思いました。本屋でいくつか自分に合う本を吟味しました。私も一読されてみてはと思いました。

    ユーザーID:7096827359

  • 断捨離ブームの前に

    ずーっと前から、収納術と「不要なものを棄てる」というのはワンセット
    でしたよ。

    収納本にあった、「もったいないと取っておく、そのスペースもタダじゃないんだよ?」

    というのがとっても印象に残ってます。ハイ、その通り、家賃、ローン、
    高いです。とっておくそのスペースにだってお金かかってる。

    高いお金払って買ったスペースに、ゴミ同然のものを置いておいてるんだ、
    と思えば、迷いはある程度消えます。

    実は「捨てる」ことが、いちばんエネルギーが要りますよね。
    「不用品引き取り」が商売になるわけです。

    すっきりした我が家を見ると、きっと「やってよかった」と思うと思います。

    ユーザーID:1576176367

  • こんまりさん→断捨離じゃないよ

    トピ主さんは「断捨離」を物を捨てることやものを片付ける行動のことだと思っていますね? だからこんまりさんの様子を見て「ダンシャリしなきゃ」となる。そこがもう間違っています。

    ダンシャリとは、やましたひでこさんがヨガの考え方を元に考案した、物との向き合い方や物への考え方などの変容をもたらすメソッドです。目的は物をたくさん捨てて部屋をスッキリさせることじゃないんですね。

    こんまりさんも同じく、自分と物との関係性を見直しましょうというメッセージがあります。


    どちらでもいいと思いますが本を読んで理解できれば、物への執着が嘘のように無くなるはずです。理解しないままに捨て始めると後悔するでしょう。

    ユーザーID:1277045932

  • 迷ったら取っておく

    取っておいて、意外な時に役立つものが結構あるんですよね。
    梱包材とか、ちょっとした布とか古着とか。
    それ全部新しく買ったら、相当な出費だろうなって。

    クリスマス用のキャンドル、前片づけした時捨てようかなって思ったけど
    今は避難用具に入れてあります。取っておいてよかったです。
    あれ高いんですよね。
    スキーにはもう行かないと思ってウェア捨てちゃったんですけど
    最近また行きたくなって後悔してます。

    無理せず、明らかに要らない物だけ捨てれば、結構片付くと思います。

    ユーザーID:3455579354

  • 自分のスタイルで

    その番組は「金スマ」でしょうか?
    私も偶然見ていて、初めてこんまりさんを知りました。

    あれはあくまでも1つのやり方の参考であって、誰にでも最善策という意味ではないと思います。
    「ときめくかどうか」「TVを見ながらなどではなく1人で黙々とやる」など、
    自分なりに部分的にヒントにすればいいんじゃないでしょうか。
    あとは、捨てなくても収納方法を工夫する方法もあると思います。
    「扉の内側に飾る」とかもやってましたよね。

    私は、服や本は2年を目安に処分しています。
    2年間使わなかったら今後も使わない。
    昔は「いつか使うかも。ほとんど着てないのに。もったいない。」という考えが強かったのですが、
    捨てるのではなくてバザーに出すと「誰かが使ってくれる」と思えて、すんなり手放せました。

    写真や思い出の品は捨てません。
    その代わり、買うときによく考えるようになりました。

    ユーザーID:1648404190

  • ダンシャリね。。。

    うちでは日用品と思い出の品は別です。

    思い出の品はしまってあるか、飾ってあるのでキチンと整理できています。

    厄介なのは日用品でしょうか。

    片付けるコツは、物に置き場所(しまう場所)を決めてあげることです。

    ヘアピン一本にもです。

    すると散らかってても、その置き場所に戻すだけなので、頭をさほど使わずに片付けられます。

    そういう場所があるならば、物がいくらあってもいいんじゃないでしょうか。

    うちは収納場所があまり無いので、思い出の品と日用品の両方を減らしましたけど。

    景品のペン類は捨てるのに躊躇して、ストック棚にまとめて入っています。

    一生買わなくてもいい程あります。

    でも最近英語の勉強をするようになり、ストックしてある分を使えばいいんでしょうけど、どうしても新しいペンが欲しくなって。。。

    こういう時、ストック分を捨てたらダンシャリというのでしょうか。

    ユーザーID:0553654657

  • 捨てまくり

    昔から物を大事にせず、不必要と思ったら即座に捨ててしまいます。いらない物だけでなく、たまにいる物まで捨ててしまうので困る事もあります。
    でも、多分50個捨てたうちの一つか二つです。その一つ二つの為に50個いらない物を取っておく事を考えるとやはり捨てて正解だったと考えます。
    とにかくいらない物が家の中にある事が我慢できないのです。

    ただ、確かに部屋はいつも片付いていますが家族からは「また捨てた」と言われるし、あまりにきっちり片付いている部屋より多少雑然としている方が運が良いと読んだ事もあります。
    私の場合ですが、平気で捨てられる=物を大事にしないんだと思っています。何に対してもあまり愛着を感じません。ですのであまりいい事ではないと思っています。

    何事もほどほどが一番なんでしょうね。
    でも、性格なのでどうしようもないんです。

    ユーザーID:3452756622

  • 人による

    私はあまり後悔しませんでした・・・というより、まさに何を捨てたかも覚えていないってやつです。

    ちなみに最初はやましたさんの断捨離ではじめ、今はこんまりさん方法へゆるやかに移動してます。

    でも、ゴミ屋敷の実家の母は、私が何か捨ててあげると(笑)、後から「ほら、やっぱりあの時、捨てたのが必要になった〜!!」って、よく言います。
    お菓子の箱とか、ボタンとか、ペットボトルとか、着物のハギレとか、私にはゴミにしか見えないものです。

    ですから、人によると思うのです。

    因みに、母も私もどちらかというと、あまり人にも物にも執着しない方です。ただ、母は捨てられない、片付けられない人のようです・・・

    ユーザーID:7475402964

  • 後悔していません

    お気に入りだけどもう履けない靴や服、また頂いた物で断捨離対象になった物は写真にとって思い出を残しています。

    今のところ後悔はありません。

    必要な物が出てきた時には本当に必要な物なのかよく考えるようになりました。
    勝間和代さんがTVで言っていた、欲しい物があったらその金額÷365=1日分の金額を算出し、それでも欲しいと思ったら買う!
    という方法をやってみて随分と無駄な消費が減りましたよ♪

    なので三人家族2LDKに住んでますが少ない収納スペースでも問題なく過ごしてます。

    ユーザーID:1326554776

  • 単純に不思議なんですが

    断捨離って何のためにするんですか?

    基本は物質的な快楽を絶ってシンプルに生活しようという思想だと思いますが(違ってたらすみません

    何かや誰かへの執着のない生き方って楽しいのかと私は逆に不思議です
    積み上げられた蔵書のために床は補強しなおしました。本棚だけで何万使ったか判りません
    AV機器にもこだわりたいし、カーテンやポートレートは季節ごとに変えたい
    あの調理器具で料理つくりたい、この新製品を手にしてみたい
    街で見かけたあのスカートは運命かも
    そういう欲求があるから毎日楽しく暮らせるんじゃないかなーと思うのですが

    断捨離って多分仏教からきてる思想だと思うんですが(これまた違ってたらごめんなさい
    精神的修練の一貫として清貧を心がけるというのはまあ世界中で見られる行為なので趣旨は理解できるのですが
    一般人がその部分だけ真似して快楽を制限するって、何が目的なんでしょうか…?
    辛いからこそ修行というのは判りますけど、お坊さんたちには解脱って最終目的があるはずですが、一般人の断捨離は何が最終目的なんでしょう??

    ユーザーID:6218482685

  • ないです

    後悔?
    ないですね!
    そもそも捨てたのは買った時に高価だったので
    勿体なくて使ってないのに持っていたものとか
    痩せたら着ようとか思って取っておいた
    着れない服とか、あとは邪魔だった置物とかなので
    終わった時は家の中がすっきりして嬉しかったですよ。

    それからというもの、買い物の仕方が変わりました。
    これ使わないというものがわかってきて
    前なら簡単に買ってしまった物も
    買ってもきっと使わないな、そうしたらまた物が増えるだけだな
    とか、これはなくてもなんとかなるとかわかったので
    買わなくなりました。

    やると家計にも優しくなれると思います。

    ユーザーID:7135185274

  • 断捨離について。

    今までもこの手のブームはありましたが、言葉が先走りした感じであまり好きではありません。

    断捨離は素晴らしい点も認めますが何もかも鵜呑みにする必要は無いと思います。
    生活上、必要ないと思われる部分も、案外、必要だと思いませんか?それがゆとりとか豊かさだと思います。
    後悔するかもしれない物は一年後に再考で良いと思います。

    ユーザーID:8489274654

  • だって、処分するのは、

    不要品だから後悔しません。大事なものは捨てなくて良いです。

    問題は、大事なもの、必要なものは分かるけど、
    必要ではない(けど、高価な)もの、
    大事ではない(けど、まだ使える)ものです。
    ※(けど、〜〜)は、十人十色の理由があるはずです。

    私にとっては、断捨離は理論編。
    捨てることへの罪悪感が薄らぎ、手放すことへの意義が見えました。
    こんまり流は実践編として、捨てる基準が明確になりました。
    色々な「片付け本」を読みましたが、この2冊が自分にしっくりきました。

    こんまりさんは、自分がときめくものを残すやり方。
    あくまで自分の基準でよいのです。
    こんまりさんは、結構な本を処分されてましたが、
    私は本があると、存在自体が心の安定につながるので、
    ほとんど処分しませんでした。結局50冊位かな。

    ときめかないものは次の機会がないので、処分しても困りません。
    仮に次の機会がきて、手にとってはみても、結局使いません。

    ユーザーID:5207588431

  • まずはやってみたら?

    トピ主さんって、やる前に考えすぎるタイプ?
    私もそうだったので分かるけど、実際に少しでもやってみたら良いんですよ。

    とっかかりに、小さいところから手をつけてみてはどうですか?
    やりもしない、本も読まないであれこれ考えてても、何も先に進まないし、
    何より時間の無駄。

    考えてるだけで進まないタイプじゃないですか?

    ユーザーID:2897544593

  • そうかー

    うん、そういう気持ちになるの、わかります。
    だから私はまず消耗品以外買わないことにしてます。
    体は一個だし服は靴はそれぞれ体面を保てる程度にあればいいし
    家庭用品も代用できるものって結構あるし
    古くなったものもちょっと我慢して使っていたらあら不思議、コレクタブルになっているじゃーありませんか!、昭和な香りもしてかえっておしゃれー。
    古いものを大切に使い続けている友人を見て本当に素敵でかっこいいなーと感じてから私もそれを目指しています。
    粗品をもらうときはいらないものやあるものだったらティッシュに替えてもらいます。今まで嫌な顔をされたことはありません。
    意識するようになってから毎日が丁寧に暮らせているような気がします。
    いらないものも見えてきますよ。まず買わない!試してみてください。

    ユーザーID:7665630430

  • 私の場合

    私は自分が捨てられない性格だと思っていました。
    でもあまりに片付かない家にウンザリしてきて一念発起。

    バサバサ捨てました。
    大量にあった本やいろいろ…。

    今となっては何を持っていたのか何を捨てたかも思い出せません。
    唯一思い出せる物は卒業アルバムです。

    そんな私ですが布が大好き。
    服ではなくて素材としての布です。
    布がたくさんあるのですが触っているだけで幸せになるのでまだもう少し持っていようと思っています。

    ユーザーID:9209759909

  • 後悔しない

    私は物に執着しないタイプなので後悔はないです。
    断捨離が流行る前、中学生の時から何年かに一回は「捨てたい」という衝動に駆られて捨ててきました。
    後悔するかもとご心配なら写真に残す、という方法もあります。

    まずはご自身にとって本当にどうでもいいものから始められては?
    使っていない文房具(中途半端にたまるボールペンとか)
    キッチン用品(なぜかいくつもあるお玉、菜箸とか)

    私は何年も読んでない漫画を全部捨てました。
    読みたければ漫画喫茶に行けばいいと思って。
    その他、2年着ていない服、靴も、安物の鞄も捨てました。

    後悔しそうなら段ボールに詰めて
    押し入れにしまうという方法もありますよ。

    私はチケット類だけは捨てられないので
    旅行に行った先のチケットの半券などは取ってあります。
    それを見れば色々思い出せるものなので。

    ユーザーID:4370116784

  • 自分流のスタイルを見つける

    人の「言うこと、すること」で部屋がスッキリした。は憧れますが自分に合っているのか、続けられるかは私も疑問です

    断捨離も「即」にするのか、「計画的」にしていくかにもよります
    たとえば、使わなくなったノート、便箋など

    買い物メモなどに使ってから「捨てる」
    即、捨ててもいいけど無くても困らない、チラシの裏を使えば使えます
    でも、「使える資源を有効利用して済んでから捨てる」と自分で満足気分になります

    古くなった衣類も枕カバーにリメイク、ワンピースは丈を短くしてタンクトップに。
    他は掃除用に。つかってから「捨てる」

    順番に使ってから「捨てる」のが私のスタイルです、だから買うときにはかなり慎重になりますし長期間ではありますが「ゆっくり断捨離」をおこなっています

    自分のスタイルを持って実行すれば人の意見で迷うこともないと思いますよ

    人の意見も参考程度ですねマイペースが一番です!

    ユーザーID:6239217676

  • 実行中です。

    ぐうたら主婦で、ものぐさで、捨てられず、部屋は・・・
    ということで、少しずつ廃棄込みで、整理してます。

    洋服
    体型はOKでも、気が進まず着ていないものは、思い切って捨ててます。
    中には、アウトレットで買ったものもあるけど・・・タンスの中身を減らしたいので、やむを得ません。いつか着る服<タンスの空き場所、です。

    本(まんが)
    ネカフェで読めるもの、手元になくても大丈夫なまんがは、ネットオークションなどで売り払い、売れ残った本は児童館などに寄付します。
    お金ではなく、手離すことが目的です。(お金になってもうれしいけど)

    本(小説)
    入手困難な本もあるので、それらは捨てない。

    本(同人誌)
    ほとんどすべてが入手困難なので、廃棄は考えてない。

    とまあ、自分に出来る範囲で、少しずつ進めてます。
    手離して後悔するのは避けたいので、本当に少しだけですが、進んでます。

    ユーザーID:7970217476

  • 年頃になる前に…と思ってやってます。

    家族の為かなと思っています。捨てなきゃ良かったと思う物は極極わずかでした。節目節目で片付けていかないと先々はトラブルに繋がるような気がしています。
    たとえば沢山荷物を残して娘が嫁にいき、片付けベタな母親がいたら年齢と共にすぐゴミ屋敷へ…きちんと荷物を整理しないで、とつがなかった娘に子どもができる頃、家に置けないからって更に荷物を持ち込まれ、その環境ではうまくは回りません。そこへ同居しないとしてもまた嫁を迎える、捨てきれず物の押し付けが始まります。
    もしも何かあって嫁がゴミを片付ければ、嫁に捨てられたと犯人呼ばわり、そんなトラブルよく聞きませんか?
    家族の誰かが意識を持ってやらなければ ならないのです。とって置くのは確かに簡単で楽ですけど、増えていくばかりとなります。

    ユーザーID:3319721569

  • 断捨離成功しました!

    私の母は、世代のせいもあり「捨てる=悪」と信じてやまない人です。

    なので「片づける=仕舞いこむ」なんですよ。

    そして私は「片づける=要らない物を処分して、収納しなおす」と思っているので、独身時代はよく喧嘩してました。
    だって処分したら、「勿体ない!まだ使えるのに」と「元に戻す、又は空いてるスペースいっぱいに詰め込む」のですから(呆)
    ゴミ袋の中から出されて部屋に戻されてました。
    こっそり捨てても一緒。ゆとりを持って模様替え、配置換えしても「空いてるスペース→いれなきゃ!」って思って勝手に配置換えされました。ついでに手紙とかも読まれるのがストレスで早く結婚して出ていきたい!と、思ってましたね・・・。

    だから私も「捨てる=母に怒られる」と刷り込みのようになっていて、捨てるのが怖く結婚時新居に移る時の荷物は、夫がびっくりするくらいの量でした。

    でも不思議な事に母は「片づけ=仕舞いこむ」と信じてやまなかったのに、よく「あればどこいった?」「○を持ってないと思ってたら出てきた」と、必要な時に物がすっと出てきた事が無かったんです。だから良く買いなおして見つかる、と云う事の繰り返しでした。

    ユーザーID:4483831805

  • 断捨離成功しました!2

    本当にこれでいいのだろうか、と疑問でしたね。
    「いつか使うから」「使うかもしれないから」「新しいから」
    これが母の口癖です。

    そして、結婚して別所帯になり「片づけ」は私だけのモノとなり、暫くは「ため込んできたモノの量」に圧倒されて手をつけるパワーも無かったのですが、双子を妊娠して管理入院をする事になりかなり早めの産休に入ったのをきっかけに「断捨離」を勉強する事にしました。
    読んだ本は「断捨離のすすめ」やましたひでこ監修・川畑のぶこ著の一冊です。読みながら自分のパターンを知り、ノートに整理しながら取りかかりました。

    そしたら不思議とあの、母に刷り込まれた「捨てる=悪」の罪悪感が無くなりました。むしろ肩の荷が下りたようにスッとして、家中が軽くなった気がします。
    家族のプライバシーを認めない若干毒母でしたから、これで呪縛からも解放されたのかもしれません。
    ちなみに良く兄も父も「勝手にモノを隠すから困る」とぼやいてます。

    「片づけと仕舞いこむのは違う」
    「必要なモノが直ぐに出てくる」

    この2点さえ理解されてたらリバウンドはありません。
    そして無理に処分しなくても大丈夫だと思います。

    ユーザーID:4483831805

  • 後悔しません。

    今のところ、後悔したことはないです。
    むしろいいことばかりです。

    ・スペースが増える。
    ・部屋の片づけが楽になる。
    ・新しく物を買える(金銭的な理由ではないですが)
    ・物を買うときに、慎重になる(後々、また捨てるかもしれない…という意識が働いて)。

    結果、お金を払って買ったものを捨てるというのが精神的に堪えるらしく、以降、買い物が上手になりました。

    いきなり捨てるのに抵抗があるなら、捨てようか悩んでいるもの、もしくはすっきりさせたいと思っている場所においてある物を、とりあえず箱等に入れて、どこかへしまってみてはどうでしょう?
    私はよくやるのですが。
    ・無くても生活でぜんぜん困らない
    ・普段、その存在を思い出さない
    で、そのうち、その片付いてすっきりした状態に慣れてしまって、仕舞ったものをまたその場所に置くことに抵抗感じるようになります。
    そうなったら心置きなく捨てます。

    ユーザーID:6962861150

  • 方法を誤らなければ後悔もリバウンドもない

    残す物と処分する物の判断を誤ったら後悔するかもしれませんね。
    でも、断捨離にしてもこんまりさんにしても、
    最終的には自分と徹底的に向き合う行為だと思います。
    自分はどうありたいのか、どうしたいのか、これからどう生きていくのかなど。
    両方の本をしっかり読んで納得してから始められることをお勧めします。

    ユーザーID:6263327522

  • スノーマンさん

    使っているものを捨てろなんて書いてありません。
    蔵書をむやみに捨てろとも書いてありません。
    ただ蔵書の山を眺めて満足するのは疑問です。何度も読み返しますか?蔵書は多過ぎませんか?
    以前読んだ本より新しい本を読みたくないですか。
    やってみないとわからないことですがモノを減らすのが目的ではなく、モノを残すのが目的です。必要なもの、ときめくものを残すんです。

    スノーマンさんには想像出来ないかもしれませんが、何年も前に買って一回しか使ってない高価なコートとか二度と弾かないバイオリンを捨てられない人も多いのです。

    ユーザーID:9630297832

  • はっきり言って

    捨てる前に迷った物でも、捨ててしまえば数日後には何を捨てたかも覚えてないです。
    そんなもんです。

    ユーザーID:8812210449

  • 無くなって初めてわかる

    大切な物って、無くして初めてわかる事もあります。

    私の場合、断捨離ではなく盗難にあって大事なジュエリー、アクセサリーを数十点無くしました。

    悲しくて悔しくて辛かったけれど、家族が無事だった事で最悪の事態にはならなかったので、あきらめよう、と思いました。
    本当に好きだった物はよく考えて買いなおしました。数十点の内、たった2点です。シンプルで合わせやすい物。思い出の物もたくさんあったのですが、再び買おうとは思いませんでした。思い出は頭の中にあります。

    不思議な事に、それまでジュエリーに執着してたくさん買っていたのに、興味が薄れ、本当に欲しい物を必要な時にだけ買うようになりました。

    捨てるかどうか迷ったら、再び買える物は、まず手放してみる。
    本当に欲しい物はまた買えば良い、と言うこんまりさんに納得です。

    ユーザーID:8000770684

  • 後悔はない

    大量のときめかないものを処分しました。
    すると、値引き品にときめかないようになりました。

    安いからと思わず衝動買いをして
    買うだけで満足をして使わないものが
    山のようにありました。
    安物買いの銭失いを無意識に
    長い間やってたんですよね。

    愛用できるものだけを少なく持つように
    意識が変わったのがよかったです。

    それから、探し物もなくなりました。

    スッキリしたい人の背中を押すのが
    断捨離やこんまりさんなので
    後悔しそうな人は無理しないでくださいね。

    ユーザーID:1376764916

  • 確かに・・

    やってるうちにホイホイ調子に乗っちゃって・・
    あ・・あれは捨てなきゃ良かったかなぁ〜なんて
    後になって思うことはありますが・・・
    そこまで後悔はしないですね。
    物が少なくなって、片付いた部屋を見ると嬉しくなるし、掃除がかなり楽になりますよ。

    TVでやってましたが、まず自分の財布の中を整理してみると良いそうですよ。
    いる物・いらない物・・整理してみるとスッキリ。
    財布で実行した事と同じことを部屋でやるそうです。

    ユーザーID:8672235337

  • 全部大事ならとっておけばよいのでは?

    私は引っ越しの回数が多かったので、そのたびに断捨離でした(笑)。
    仕舞い込んで忘れていたようなものは、捨ててもすぐ忘れます。
    そういう物をせっせと捨てましょう。
    全部、大事なもの(で、きちんと現状を把握できているもの)ならとっておいても良いと思いますよ。

    3年前にマンションを買う時に、かなり大がかりな断捨離をしました。
    本当は持って行ける物件が欲しかったんですが
    「思い出部屋みたいなものが欲しい」と言ったときに友人に
    「ゴミのためにあなたいくら払うつもりなの?」と聞かれて目が覚めました。
    (都心の人気エリアなので『思い出部屋』が作れる物件を買うと億ションになってしまいます:笑)。

    結果、サッパリライフです。でも、いいもんですよ。
    物がなくなっても思い出は消えません。

    買い控えるようになって無駄使いがなくなりました。
    その代わり「絶対に捨てない」と思える物を買うようにしています。
    買う物1点あたりの価格は跳ねあがりましたが、おかげでたくさんは買えません。
    つまり物があまり増えず、いい物だけが残る。いい循環になっています。

    ユーザーID:2916278912

  • 後悔していない

    断捨離初めて1年経った者です。
    きっかけは友人関係での悩みでした。汚部屋に住む自信満々な友人に見下されているのが嫌で、自分を変えたかったんです。
    悩んでいて、断捨離しよう!って思った訳じゃなく、悩んでいる間に片付けが自然に始まったんです。
    そのうち断捨離コツコツしています。
    1ヶ月ごとにキレイになっていくのがわかります。
    大事にしていた手紙、日記。思い出の旅行記。学生時代に気に入っていた服。お気に入り雑誌の切り抜き。好きだった漫画。
    捨ててから落ち込んだ事も何度かありました。
    でも、3日もすればなんとも思いませんでした(押入れの奥にしまわれていただけですから)
    初めて3ヶ月位経った後心が晴れてなぜか自信がでました。
    仕事から帰宅してキレイな部屋をみるとホッとして安心感でいっぱいになります。
    まだまだ不要な物はたくさんあります。
    少しずつ気持ちの整理をしながら捨てると思います。
    でも、本当に大事なものは捨てていませんよ。

    ユーザーID:5945573457

  • 自分のため家族のため

    片付けが苦手で捨てられない家族を二人見送った後の遺品整理は、悲しみが吹き飛ぶほど時間も労力もお金もかかりました。
    整頓されていないので重要なものの場所も分からず大変困りましたし、周囲の方からは故人のものをそんなにたくさん整理するなんて…と眉をひそめられました。
    物への執着は誰でもあると思いますが、自分の快適な生活のため、万一の時の身近な人のためにと思って頑張って下さい。

    ユーザーID:7890000542

  • 荷物の多いうちはトラブルも増えます。

    みおり様のおっしゃる通り、物なんて大切にしちゃいないんです。見つからない度に買い足しているのです。
    いつか夫婦だけになった時に、荷物は半端じゃない量になりいったい何人家族なの?ではかなり恥ずかしいです。
    いっぺんには大変ですから、来年には娘が受験が終わり?ます。節目に向けてコツコツ下準備をしてます。
    家族の誰かが調整しなければ、すぐ山となっていきます。 家庭内の事とはいえ、やっぱり母親が勉強し、情報を持たなければ、どこまででも広がりをみせます。結婚した自分の家にも実家にも、置ける所には置き、そして人も回らなくなる。
    荷物をいっぱいにし、自分の家族・実家の親の介護、お嫁さん・子ども達、良い影響なんて絶対ないですもの。

    ユーザーID:3319721569

  • さてと今日も、使わないものは何かな?と毎日です。

    トピ主さん、断捨離知っただけでもめっけもん、続けていくと無駄がなくっていくのです。
    知らない人はいつまでも何でもとっておこうとします。
    片付けてくれる人には感謝すらない、逆に物を大切にしない、ただ捨ててしまう悪者、泥棒のような気持ちしか持てなくなる。
    そんなお婆さんになりたくなくて、今から頑張ってます。

    ユーザーID:3319721569

  • ありがとうございます

    たくさんの方からのレスをいただきありがとうございます。
    何度も繰り返して読ませていただいています。

    私が観たのはこんまりさんのTVの番組だけですので
    まだ断捨離について理解は浅いようですね。
    そして、断捨離には色んな人の著書があり
    やり方も色々あるんだと分かりました。

    私にとって「やみくもに捨てる」というのは
    やはり合っていません。
    大事なものは堂々と残しておこうと思います。

    押入れに入れていた服だけは、片付けてみたのですが
    もう何年も着ていないものもありましたし
    このままにしていると本当に化石になってしまいそうで
    恐ろしいものがありました。
    衣装ケース1つが丸々空いてスッキリ、気持ちよかったです。
    今までどれだけ溜め込んでいたのかと思いました。

    まだまだクローゼットや本、小物など手をつけるものは
    山のようにあり気が遠くなりますが
    まずは、きちんと断捨離本を読んで、納得してから再開します。

    「死ぬときには持っていけない」本当に心に響きました。

    ユーザーID:5132698722

  • 執着なし

    20世紀バレエ団の創始者、モーリス・ベジャールは、
    スーツケースひとつぐらいの持ち物にしたい、
    というような意味の事を言ってました。
    できれば、私もそうしたいです(なかなかできませんが)。
    とにかく、日々、物を増やさないようにしています。
    いらなければすぐ捨てます。
    でも、これって、世界中で見ればものすごく贅沢な行為なんですけどね。

    ユーザーID:4357925799

  • 横ですが

    すみません。レスを読んでも出て来ないので。いただいたものは抵抗
    なく捨てられますか?まして、それが身近にいる人からなら。
    食器なども、自分のテイストを殺して使っていました。
    すべてではありませんが。
    あとはただ置いているだけです。これから先に処分したいのに。
    自分が死んだらただのゴミと思ってるのですが、処分しようと思ってもためらってしまう私がまだいます。

    ユーザーID:8907795801

  • 3年使わなければ捨てる

    妻はため込み派、私は捨てる係。
    毎年お盆休みに大掃除して捨てまくります。
    基準は「3年使わないものは捨てる」。
    だって、3年押し入れに突っ込んであったものは、
    既に意識の上で抹殺されていたも同然、そのまま
    なくなってもなんの支障がありましょう。
    ゴミ箱に集められたのを見て妻は文句を言いますが、
    必要な理由が言えないものは異議却下。
    その代わりに部屋が広々と使いやすくなる、
    こちらの勝ちです。

    思い出が詰まっている?
    そんなもん、今の生活の方がずっと大切ですよ。

    ユーザーID:8601061539

  • だったらしなければいい

    そう思うなら捨てなければいいし、
    断捨離なんてしなければいい。
    人の価値観はそれぞれだし、
    あなたは物があふれている部屋が心地良いのでしょう?
    だったらそのままでいればいいと思います。

    本当に片付けたいのならああだこうだ言うな。
    片付けなければならないのは物ではなく、
    あなたの、その甘えた性格ですよ。
    それを捨てれば、部屋も人生もシンプルになって、
    悩みも減るかもね。

    ユーザーID:8241129705

  • ちょっとしました。

    たくさんの物を捨てた中で、捨てなきゃ良かったと思うものがいくつかありました。
    パーティ用のドレスやボレロ、なぜかスコップ。
    目に付くもので今使わないものを短絡的に捨ててしまい、後悔してます。
    結婚式に呼ばれてから、やばい!と思いました。
    あんまり使わないけどいるものと、いらないもの、考えて捨てればよかった。。

    でも、断捨離したことに後悔はありません。
    とにかく捨ててすっきりした中にお気に入りの物を配置していくのは楽しいし、その後の生活でも楽になりました。

    ユーザーID:6249796181

  • 後悔していない

    1回ですべて終わらせれなくて2年に渡り3回ほどで片付けました。
    売れば高く売れるCDに本(オタク)も売りに出す手間が面倒、数年ほったらかしだからいらないってことで片付けました。
    スッキリした部屋で大満足。満足するたびに物を買って増やさないようにしなくちゃ、と決意新たにします。

    まだ開かずの間が3部屋ほどあるので1年かけてどれを捨てようかと考えてきたので、この冬に「ときめくものとときめかないもの」に分けて片付けるのを楽しみにしています。

    ユーザーID:2658761373

  • 始められたのですね

    主様、断捨離始められたのですね。

    少しずつでいいんです。
    始める事が大事ですから。

    断捨離で一番障害になるのは『思い出』です。
    購入した時の思い出や、物をくれた人の思い。
    それと購入金額(笑)

    思い入れがあってずーっととっといた物ほど、手放すのは大変です。
    でもほこりをかぶっているような物や、押入れの奥に仕舞い忘れていた物は捨てても大丈夫です。
    思いは心の中にとっとけばいいんですから。


    私の母は、祖母が亡くなった時の片づけで大変苦労したのをきっかけに、断捨離を始めました。
    それまでは私がどんだけ言っても捨てなかったのに、見違えるようです。
    お客様用の食器も価値や思い出に関係なく、最小限の物だけ残して使わない物は捨てたので、食器棚が随分使いやすくなりました。
    冷蔵庫の奥まで見通せるようになって、びっくりしてます。

    ユーザーID:6511052929

  • ブームになりすぎてて。

    ここ数年掃除本、断捨離本がブームで、
    こんまりさんはその最たるものですよね。
    そろそろ、ブームは終わりかけかなーと思っているのですが。

    ブームが終わったころ我に返って後悔しそうなので、
    流されずに、自分の感覚で掃除しようと思います。
    こんまりさんの本は好きだし、
    掃除の勢いをもらえて、役に立ちましたよ。

    5年ぐらい前に買って一度も着なかったキャミソール、
    今年はなぜかお気に入りになってヘビロテでした。

    ユーザーID:4891987563

  • ・・・?

    >私にとって「やみくもに捨てる」というのはやはり合っていません。
    大事なものは堂々と残しておこうと思います。

    そもそもこの解釈が間違っていますよ。
    断捨離も、こんまりさん・・でしたっけ?その方の片付けの方法も
    何が何でもやみくもに捨てろと言ってるわけではありません。
    大事な物はもちろん残すんです。
    必要ない物を捨てろって話ですから。

    本読んだ方が良いですね。

    ユーザーID:8672235337

  • 後悔していません

    引っ越しが度重なったもので、かなり物を捨てました。いらない物ってこんなにたくさんあるんだな、と驚きましたよ。いらないものだらけ。そして「あれを置いておけばよかった!!」と後悔したものは今のところ1つもありません。そんなものだと思いますよ。無駄に物を置いているそのスペースにも家賃なりローンなり払っているのですよ。

    ユーザーID:6012395673

  • 今日も断捨離

    1年以上断捨離継続中です。
    今日はフリマに出店しました。
    フリマにはねんに3回程度の出店。今回特に食器と服です。
    食器棚をひとつ処分したので残ったひとつの食器棚からあふれる分を売りました。もちろん厳選して残しました。
    かなりの数出しましたが残ったのは2個だけ。後は全て売れ、陶器好きの方々が買ってくださり嬉しかったです。
    帰宅すると家の中はかなり物が減りスッキリしました。
    一気に捨てようとすると抵抗があると思います。
    徐々にやれば慣れてきて後悔もないです。
    売れなかったら捨てよう、誰も欲しくないんだ、と割り切る事もできそうです。
    誰かが欲しいと思ってくれるだけで嬉しいと思います。
    人を招きたい家になります。突然きても全然平気です。

    ユーザーID:5945573457

  • 片付けの魔法

    断捨離とこんまりさんの片付けの魔法は違います。
    まずは知らないと実践はできないと思います。何もかも捨てろと言っているわけではありませんよ。

    断捨離にはハマりませんでしたが、こんまりさんの片付けにはしっくりくるものがあって、実践できました。

    もともと片付いている家でしたが、たくさん捨てるものが見つかりました。

    後悔もリバウンドもしていませんが、自分なりに物を手放すことを納得したからだと思います。

    物に囲まれて生活したい方は無理して捨てることはないんじゃないでしょうか。
    必要なものだけに囲まれて、シンプルに生きていくことを望んでいる私には良かったのかもしれません。

    ユーザーID:6456533731

  • 片付け大好き、でも捨てたことを後悔中。。

    子供の頃から整理整頓大好き、いつお客さんに来てもらってもOKな、30代後半主婦です。

    家の中は無駄なものはほぼなく、いつも片付いていて問題ないのですが、結婚して数年、私自身はかな〜り無駄なお肉がついてしまいました。だんだん代謝も落ちているし、もう痩せることはないだろうと、この夏、クローゼットの中の洋服を「今の私に似合う服、着ていて心地いい服」のみ残し、他は全て!処分しました。

    あれから数ヶ月。。なんと、ダイエットに成功してしまいました。夏から15kg減です。クローゼットにある洋服は全てぶかぶかです。もともとシンプルであんまり流行のないような形の洋服が好きなので、夏に処分したあの洋服やこの洋服があったら、今、着れたのに〜!と後悔しています。

    ユーザーID:7134359670

  • 選別がおかしいのでは?>後悔する

    捨てる物をを選ぶ基準がおかしいから後悔するのでは??
    断捨離って、使わない物は全部捨ててしまおう!でないですよ。

    使っていないけど大事なものは捨ててはいけません。代替品を
    買い直さないといけない事態もおかしいです。

    使ってないし、大事でもないし、これからもおそらく使わない。
    こういう物を捨てましょう。と言うことです。
    ヘンな話し、逆に捨てた方が、物の大事さを再認識させられるんですよ。

    これだけお金を使って買い、結局は使わず無駄にしてしまい、なお且つ
    家のスペースまでも取っている。もう新しいモノを買う時は、慎重に
    買い置くスペースを考えよう。そう思わせてくれます。

    溜めこんで、どこに何があるか?埋もれているのは物として役割を
    果たせず死んだ物です。そんなのに執着してもなにもなりません。

    大事な物・必要なもの・代替の利かない物は捨てなくていいんですよ。
    存在価値の無い要らない物だけ、捨てるんです。選別をまず上手く
    やりましょう。そうしたら後悔は一切ないです。

    ユーザーID:2992512460

  • 後悔どころか、

    もっともっと捨てたくなりましたよ(笑)。
    空間が増えると気持ちが良くって。

    ああ、卒業アルバムも捨てましたね。
    見ていて微笑ましくなる写真、他にも一杯ありますので。
    思い出品はきりがありませんから、とにかく残す物を絞るように心がけました。

    私は捨てる事で、理想の生活(大好きなモノに囲まれた、広々とした生活空間)を実現できました。
    自分がどんな暮らしをしたいのか、この辺がはっきりしないまま物を捨てたら後悔したかもしれませんね。

    大変不思議なんですが、片づけを通して、自分がどうありたいのかのビジョンがはっきりしたのか、「必要ならまた買えばいい」と前向きな性格に生まれ変わりましたよ。

    ユーザーID:2313206810

  • 捨てなくてよかった☆

    後悔はしても一瞬です。
    あ〜、しまったーと思います。

    でも、捨てようか迷って残しておいたモノや服。

    意外な時に着られたり、使えたりして、
    捨てなくてよかったーって思います。

    後悔は一瞬ですけど、こんなところに利用できてよかったー☆
    ということが多いかな。

    ユーザーID:4534360980

  • 不思議

    不思議です。
    去年の今頃はクロゼットはパンパンなのに
    着るものがないからと
    買い物することばかり考えていました。
    大処分した今年は
    何も買っていないのに何も悩まずに過ごしています。

    必要なものだけを残した結果です。

    台所などの引き出しも、開けるとサッと取れます。
    開けてから上へ下へと探さないのは気持ちいいです。

    何を処分したのかも思い出せません。
    あんなに大量だったのに・・・。

    ユーザーID:1376764916

  • 本についての悟り

    私はまず断捨離から入りました。
    家具も自分で分解して捨ててしまって、
    衣類はコンパクトなプラケースに、
    本棚は三段ボックス1つになってしまいました。

    「納本制度」といって、
    出版物全ては国立国会図書館に収められる制度があります。
    なので買った本ならほぼ間違いなく
    国立国会図書館にあるので
    最悪そこで見ることができます。
    そして一般的な本なら近所の公立図書館にあり、
    なければ取り寄せも可能です。

    なので真っ先に本をざっくり処分しました。
    そして図書館の近くに引っ越し(徒歩10分以内自転車3分)、
    思い立ったらすぐに借りに行くということにしました。
    床から天井までぎっちりだった本棚一本は
    無くなってしまい、
    地図や料理本ぐらいしか残りませんでした。
    これは利用頻度が非常に高いです。

    だいたい、いくら愛着があるからって、
    それを毎日読むことはないと思います。
    そして毎日読む本こそ、手元に置くべきで
    凡人の私にはそういう本だけ、あればいいのだと思いました。
    それに気づいた時、
    愛着と執着の違いを発見し、何故か悟りを開きました(笑)。

    ユーザーID:0030213822

  • 「片付け」でよくない?

    流行の言葉にしてみたって片付けられない人はいるし捨てられない人もいる。
    無理ならしなきゃいいのに。

    私の片付けは捨てるか取っておくかのどちらか。
    服は2年着なかったら捨てる。全く袖を通してなくても。
    真剣に教えて欲しいですよ。着ない服を捨てられない理由を。
    それでもね、その2年後にふと思い出して「いま着たいな〜」と思う時はあります。
    何度も思い出してしまいますがね、仕方ないでしょ。
    また部屋の表には基本何も置かない主義。醜いでしょ。

    捨てないと決めた物は二つだけ。
    自分の過去の写真と親がくれた物だけ。
    これだけは取り返し付かないから。もう親はいないしね。
    彼氏の写真なんか別れた日に捨てますよ。

    後悔はね、しないと決めたら後悔しないんです。自分で決めるんですよ。
    だから「惜しかったな」と思い出しても、まぁいいかと思える。
    主さんは何でも欲しい人なんじゃないですか?
    だったらゴミに囲まれて暮らせばいいと思います。
    使わない物を私はゴミと呼びます。

    ユーザーID:6922500679

  • また買い直しちゃったもの多いです。

    最近買い直したものは、足のマッサージ機、足が伸ばせて寝れるソファー、コンセント収納ボックス、浄水器、こたつ、どれも場所をとってたし頻繁には使ってなかったから捨てたら、浄水器は震災後水道水はあまり飲まなくなり、市販の水だと高くつくから結局買い直しだし、マッサージ機は湿布で代用してたけど在庫確認するのも面倒で、ソファーも二人掛けの小さいものにしたらテレビ見る時寝辛くなったし、コンセント収納も部屋の模様替えしたら1つでよかったのが2つ必要になったし、こたつは電気代がものすごく安い…買い直しで出費が多くなっただけでした。場所はとるけどあったら便利なのでおかげで物に囲まれて生活してます。ほんとは何もないすっきりした部屋に憧れるのだけど、すっきりしたらしたでまたいつの間にか買い足してしまうので今の私には断捨離はあきらめてます。
    後、いつ震災があるかもわからないので非常食や防災グッズなども結構場所とってます。
    同じ物がいくつもあったり在庫管理ができなくどこに何があるのかわからない状態だと捨てることは必要ですがそうでなければ無理に捨てる必要ないのではないですか?

    ユーザーID:9243572210

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧