現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

断捨離、後悔しませんか?

2011年10月2日 22:42
古いレス順
レス数:86本

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
リバウンドしませんよ。
panda
2011年10月5日 17:12

半年ほど前に断捨離しました。全く後悔はありません。それどころか、何を処分したのかさえ思い出せません。私の場合、それだけ不要なものを抱え込んでいたんでしょうね。
私は本は読んでませんが、テレビで断捨離の考え方が詳しく紹介されているのを見ました。基本的な考え方や、処分するかしないかを決める時のポイントも紹介されていたので、それに従ったのもリバウンド無しに貢献しているような気がします。
そのテレビでも言ってましたが、断捨離すると物を買うときよく考えるようになりますね〜。結果無駄使いも減りました。
私にとってはいいこと尽くめですが、他の方も書かれているように人にもよるかもしれませんね。私は物に執着がないし、特に趣味もないから思い切りできるんだと思います。

2ヵ月後に引越しを控えているので、その時にもう1度断捨離する予定です。

ユーザーID:4827508107
カリスマに惑わされず、できる事から
常夜鍋
2011年10月5日 18:04

次々出てくる片づけの達人を調べていたら、時間ばかり過ぎる気がします。
調べてる間は部屋はちらかったままですから。
大げさな事は考えず、ひとまず目につく辺りの整頓をしてみてはどうでしょうか?

その過程で明らかに不要なものだけ処分すれば?
モノの数は減らなくても、整然と並んでいるだけでも気持ちいいですよ。

目的はモノを減らす事ではなくて、気持ちよく暮らす事ですよね。
捨てる事は手段の一つにすぎないから、別の手段があるならそれでいいのでは?

ユーザーID:3963313936
断捨離は実行してないけれど
ロボ
2011年10月5日 18:13

多分、私の生活そのものが断捨離じゃないかと思ってます。誰がうちに来ても、「何もない家だね」と言いますから。ガランとした部屋に2匹と1羽と住んでます。

引越しを20回以上経験してます。だから自然に買わない、持たないスタイルになりました。今の家を終の栖(ついえのすみか)と考えていますが、この家に来て初めてテーブルと椅子を買いました。

貧乏だから買えないというより、何もない空間を資産と思っています。だから椅子一つ買うのにも半年以上〜数年考えます。そんな私に友人が、何も「ないから」と誕生日に小テーブルをプレゼントしてくれました。嬉し悲しの複雑な気分。

多分私は買わない主義なんだと思います。

ユーザーID:6034708727
うちも片さないと・・
豚ゴリラ
2011年10月5日 18:29

去年1回、今年1回引越して、使わない物の多さにびっくり。

割と片付いてます、知人を家に上げると、「片付いてるね」と言われますから。
問題は、収納の中かな。
引越しの度に、これは使うんだろうか?てな物が登場します。
でも、考える(とっておくか、捨てるか)のは、引越し終わってから。
しかし、そのまんま収納の中にいて。(忘れている)

服は、何カ月も着ないのであれば捨てます。
しかし他の物は、真剣に考えます。
捨てても、もう買えないって物は特にそう。
微妙な路線の物は、取っておきます。
そのときに、収納に収まらない場合は、同じ類の物と一緒に置く。
(一緒に入れるカゴとか使う)
これだけでもスッキリしますよ。
そして床には絶対に置かない。うちではスリッパと猫の水くらいでしょうか。
あとは仕切りの棚に入れて目隠しすれば、かなり違います。

突っ込んだ収納の中は、涼しくなってきたので、
夫が休みの日に一緒に片づけたいと思います。

ユーザーID:6995299489
いつか使うから…の『いつか』は何時?
チョッパー
2011年10月5日 19:41

断捨離の際、捨てるかどうかの見極めはまずこれ。

『いつか使う物』

いつかって、いつ?と自問してみて下さい。
例えば旅行先のホテルから持ち帰ったアメニティグッズ。
100均で「これ便利そう!」と買った各種グッズ。
箱に入ったままの結婚式の引き出物。
サイズ的にもデザイン的にも着れないのに「高かったから、良いものだから、好きだったから」という理由だけで仕舞っている服。
これらは「いつ」使いますか?
思い切って捨てるべき物とは『いつか』を待っている物たちです。

またコレクションと溜め込みも違います。
コレクションはきちんと整理整頓し、見せるモノは見せるべき収納をされている状態をいいます。
単に集めてそのままになっているのは溜め込みといいます。

参考図書
・断捨離提唱者のやましたひでこ著の本
・エッセイ漫画『断捨離アンになろう!』鈴木淳子著、川畑のぶこ原案監修

断捨離をきちんと理解し、取捨選択をして断捨離をしたならば、リバウンドはありません。
私は4畳半が埋まる程の物を捨てましたが、不便も後悔もしてません。

ユーザーID:6511052929
後悔しそうな物はとっといてます
チョッパー
2011年10月5日 19:51

続けてすみません。
私はあるバンドグループが大好きで、彼らに関する本やグッズはまず捨てられません。
活動が30年以上のグループですので某大な量になります。
でも雑誌は掲載ページだけクリアーブックに収納して不用な部分を減らしてます。
それらはすべて年代別に整理収納しています。

本も、今は読まないけど思い入れの強い物、再販が見込めない物は捨てずに保管しています。
逆に内容を思い出せない本は、自分にとって不要なので処分しています。

想いでのある物はデジカメで撮影して保存し、見たい時に見返せば十分だと思います。でも、まず見ないと思いますけどね。

買ったまま使っていない物って結構多いですよ。
そういうのはバザーやフリマに出したり、どこかに寄付するという手もありますが、その手間暇をかけるのが面倒だったら捨てた方が良いと思います。

そうそう、不用品を買わなくなるコツがあります。
捨てる時に購入価格をおおよそでいいからメモして行くんです。
ただ捨てるより、どれだけお金を使ったのかを実感すると、買い物の時に衝動買いがなくなります。

ユーザーID:6511052929
捨てました。
yukko
2011年10月5日 20:25

きっかけは、地震の時です。結構色々なものが倒れ、使えなくなったものも多数ありました。結局遣っていなかった物が多くて、勿体ないって思いましたけれど、トラック4台分捨てました。

母とは言い合い、というか喧嘩しながら捨てましたよ。
思い出を語ったり、母が子供の時編んでくれたセーターや毛糸のパンツは
捨てられませんでしたけれど(笑)。

本当に、愛着のあるものとかはKeepという気持ちになりますから不思議ですね。捨てた分を換算すると金額は?と考えると、無駄に洋服も買わないにしようとか機能性を重視した物を買おうと心に決めました。
本当に必要なものは何か考えなくてはならないとつくづく思いました。

本当はまだ捨てられるものがあるのかもしれませんけれど、本当にすっきりしました。
私の断捨離の主旨は安全面からといったところかもしれません。

ユーザーID:2910883079
断捨離携帯からの書き込み
あかね
2011年10月5日 20:32

とは違いますが、(内容は一緒ですが… )捨てまくっていましたが、後悔は無いです。
今のところ。
リバウンドも無いです。
むしろ要らない物は買わなくなりました。

ユーザーID:1066542244
厳選しました。
39歳パート主婦
2011年10月5日 21:20

後悔はないですね。

生活用品はさくっと順番に使い切ってしまえば良いだけですからお悩みは趣味のもの、ってことですよね?

綺麗に収納し整頓して趣味の物を飾っているだけなら捨てなくていいです。むしろ捨てたら駄目〜。
大事にしたら良いですよ。
死ぬ時にも思い出してずっと一緒だったね、と嬉しい気分になれそう、とか長年ときめくことが出来る物、というのは貴重でしょう。私は家族以外、まだそのような物に出会えたことがないので分かりかねるのが残念なくらいです。

小汚く放置され手元にあるだけで満足し、整理もしない品に本当に愛情を感じて大事にしている、なんてことはないはず。その愛はただの錯覚・依存ですから捨てちゃった方が良いでしょうね。

捨てた後に「やっぱりあれは錯覚だったわ〜」とさっぱりするはずです。駄目んズにひっかかってずるずるしてしまった後の別れみたいなものでしょうか(笑)。

現状が汚屋敷、汚部屋だとしたら完璧に綺麗さっぱり捨てる方が良い、というわけです。

断捨離しましたがあそこまで捨てなくても生活しやすい程度に綺麗にしておくくらいは出来ると思う私の考えです。

ユーザーID:8314094734
スッキリできるといいですね!携帯からの書き込み
クララ
2011年10月5日 22:15

私は、10年くらい前に読んだすてる技術がきっかけで、片付けができるようになりました。それから、いろんな片付け本を読みましたが、こんまりさんが、一番、腑に落ちました。(笑)
トピ主さん、上っ面だけで片付けようとしているように見えるのですが…

しっかりと本を読んで、腑に落ちてから片付けないとブレてしまうと思います。

ユーザーID:1284072239
断捨離×、こんまり◎だった
んにゃ
2011年10月5日 22:45

こういう捨て本を何度も試してきました。

主観の問題ですが、
断捨離はよくあるシンプルライフ本。
超殺風景になって後悔。

こんまり本は大成功。
似て非なるものがありました。

ユーザーID:3394363456
後悔もリバウンドもない。
炭火焼
2011年10月5日 22:48

祖父宅、伯母宅、計2件の引き払い作業に立会いました。

いつか家財は自分以外の人が引き払わねばなりません。これを目の当たりにしたのが、孫である私です。お金に換えられそうなものは、換えて介護費用の資金に充当しました。
トラック3台分にも及ぶ数十万の「ゴミ」処理費用には驚愕しました。換金分−処理費用でかなりの赤字です。

2回もこのような体験をし、さすがに「自分はいつ死ぬかわからないし、溜めこまないようにしよう」と思いました。他人にとってはただのゴミのことが多いので。安いものをやたら買うよりも、それなりのメーカーが出している商品を吟味して、何日か考えて買うようになりました。物を買うより、旅行などの思い出になる時間を大切な人と作ることに考えが変わりました。

某高級住宅ばかり仕事で行っていた主人いわく、「お金持ちは部屋内がごちゃごちゃしていなくてすっきりしてる」と言ってました。なんだか納得できました。

私も断捨離の本を買って、読んでみて、テレビや雑誌の一部とはまた違ったように思いました。本屋でいくつか自分に合う本を吟味しました。私も一読されてみてはと思いました。

ユーザーID:7096827359
断捨離ブームの前に
2011年10月5日 23:28

ずーっと前から、収納術と「不要なものを棄てる」というのはワンセット
でしたよ。

収納本にあった、「もったいないと取っておく、そのスペースもタダじゃないんだよ?」

というのがとっても印象に残ってます。ハイ、その通り、家賃、ローン、
高いです。とっておくそのスペースにだってお金かかってる。

高いお金払って買ったスペースに、ゴミ同然のものを置いておいてるんだ、
と思えば、迷いはある程度消えます。

実は「捨てる」ことが、いちばんエネルギーが要りますよね。
「不用品引き取り」が商売になるわけです。

すっきりした我が家を見ると、きっと「やってよかった」と思うと思います。

ユーザーID:1576176367
こんまりさん→断捨離じゃないよ携帯からの書き込み
はるこ
2011年10月5日 23:38

トピ主さんは「断捨離」を物を捨てることやものを片付ける行動のことだと思っていますね? だからこんまりさんの様子を見て「ダンシャリしなきゃ」となる。そこがもう間違っています。

ダンシャリとは、やましたひでこさんがヨガの考え方を元に考案した、物との向き合い方や物への考え方などの変容をもたらすメソッドです。目的は物をたくさん捨てて部屋をスッキリさせることじゃないんですね。

こんまりさんも同じく、自分と物との関係性を見直しましょうというメッセージがあります。


どちらでもいいと思いますが本を読んで理解できれば、物への執着が嘘のように無くなるはずです。理解しないままに捨て始めると後悔するでしょう。

ユーザーID:1277045932
迷ったら取っておく
holly
2011年10月5日 23:49

取っておいて、意外な時に役立つものが結構あるんですよね。
梱包材とか、ちょっとした布とか古着とか。
それ全部新しく買ったら、相当な出費だろうなって。

クリスマス用のキャンドル、前片づけした時捨てようかなって思ったけど
今は避難用具に入れてあります。取っておいてよかったです。
あれ高いんですよね。
スキーにはもう行かないと思ってウェア捨てちゃったんですけど
最近また行きたくなって後悔してます。

無理せず、明らかに要らない物だけ捨てれば、結構片付くと思います。

ユーザーID:3455579354
自分のスタイルで
小松菜
2011年10月5日 23:54

その番組は「金スマ」でしょうか?
私も偶然見ていて、初めてこんまりさんを知りました。

あれはあくまでも1つのやり方の参考であって、誰にでも最善策という意味ではないと思います。
「ときめくかどうか」「TVを見ながらなどではなく1人で黙々とやる」など、
自分なりに部分的にヒントにすればいいんじゃないでしょうか。
あとは、捨てなくても収納方法を工夫する方法もあると思います。
「扉の内側に飾る」とかもやってましたよね。

私は、服や本は2年を目安に処分しています。
2年間使わなかったら今後も使わない。
昔は「いつか使うかも。ほとんど着てないのに。もったいない。」という考えが強かったのですが、
捨てるのではなくてバザーに出すと「誰かが使ってくれる」と思えて、すんなり手放せました。

写真や思い出の品は捨てません。
その代わり、買うときによく考えるようになりました。

ユーザーID:1648404190
ダンシャリね。。。
ばにらあいす
2011年10月5日 23:55

うちでは日用品と思い出の品は別です。

思い出の品はしまってあるか、飾ってあるのでキチンと整理できています。

厄介なのは日用品でしょうか。

片付けるコツは、物に置き場所(しまう場所)を決めてあげることです。

ヘアピン一本にもです。

すると散らかってても、その置き場所に戻すだけなので、頭をさほど使わずに片付けられます。

そういう場所があるならば、物がいくらあってもいいんじゃないでしょうか。

うちは収納場所があまり無いので、思い出の品と日用品の両方を減らしましたけど。

景品のペン類は捨てるのに躊躇して、ストック棚にまとめて入っています。

一生買わなくてもいい程あります。

でも最近英語の勉強をするようになり、ストックしてある分を使えばいいんでしょうけど、どうしても新しいペンが欲しくなって。。。

こういう時、ストック分を捨てたらダンシャリというのでしょうか。

ユーザーID:0553654657
捨てまくり
きな
2011年10月6日 0:03

昔から物を大事にせず、不必要と思ったら即座に捨ててしまいます。いらない物だけでなく、たまにいる物まで捨ててしまうので困る事もあります。
でも、多分50個捨てたうちの一つか二つです。その一つ二つの為に50個いらない物を取っておく事を考えるとやはり捨てて正解だったと考えます。
とにかくいらない物が家の中にある事が我慢できないのです。

ただ、確かに部屋はいつも片付いていますが家族からは「また捨てた」と言われるし、あまりにきっちり片付いている部屋より多少雑然としている方が運が良いと読んだ事もあります。
私の場合ですが、平気で捨てられる=物を大事にしないんだと思っています。何に対してもあまり愛着を感じません。ですのであまりいい事ではないと思っています。

何事もほどほどが一番なんでしょうね。
でも、性格なのでどうしようもないんです。

ユーザーID:3452756622
人による
Yulia
2011年10月6日 0:50

私はあまり後悔しませんでした・・・というより、まさに何を捨てたかも覚えていないってやつです。

ちなみに最初はやましたさんの断捨離ではじめ、今はこんまりさん方法へゆるやかに移動してます。

でも、ゴミ屋敷の実家の母は、私が何か捨ててあげると(笑)、後から「ほら、やっぱりあの時、捨てたのが必要になった〜!!」って、よく言います。
お菓子の箱とか、ボタンとか、ペットボトルとか、着物のハギレとか、私にはゴミにしか見えないものです。

ですから、人によると思うのです。

因みに、母も私もどちらかというと、あまり人にも物にも執着しない方です。ただ、母は捨てられない、片付けられない人のようです・・・

ユーザーID:7475402964
後悔していません携帯からの書き込み
ごんまひ
2011年10月6日 1:22

お気に入りだけどもう履けない靴や服、また頂いた物で断捨離対象になった物は写真にとって思い出を残しています。

今のところ後悔はありません。

必要な物が出てきた時には本当に必要な物なのかよく考えるようになりました。
勝間和代さんがTVで言っていた、欲しい物があったらその金額÷365=1日分の金額を算出し、それでも欲しいと思ったら買う!
という方法をやってみて随分と無駄な消費が減りましたよ♪

なので三人家族2LDKに住んでますが少ない収納スペースでも問題なく過ごしてます。

ユーザーID:1326554776
 
現在位置は
です