このまま日本にいていいのでしょうか?

レス69
(トピ主28
お気に入り49

趣味・教育・教養

みんみん

トピを開いてくださってありがとうございます。現在大学院生のみんみんと申します。幼いころから変わっていると言われていましたが、学校の中での役割は果たしてきました。
中学のときにIQが高いと言われ、その頃から周囲の締め付けが厳しくなってきたような気がします。教師がIQテストの結果を口外したことも許せませんでしたし、それに見合う成績を出せないといびられるということも理解できませんでした。
高校時代は学校生活をある程度楽しむことのできる友人はいましたが、そんなに心を開いていたわけでもありません。真面目に話をしても変わってると言われることが多かったです。勉強は頭がいいと言われることが面倒で勉強はあまりしませんでした。
「大学はアメリカのほうがむいてるのではないか」と言われたこともありましたが、両親に日本の大学に入ってから留学しなさいと言われたため、日本の大学に入学しました。
希望校だったので、大学は考え方を制約されることなどなくアカデミックな雰囲気の中で好きなことをできるとワクワクしていました。学部時代は難なく過ごせたのですが、大学院の上には媚びへつらい、下には威張り散らすという雰囲気に違和感を覚え、最近は体調を崩しています。人と話す時には「きっとこういう風にいえば、普通なんだろう」と考えながら話をします。
もう疲れました。私は思い切って海外の大学院に行ったほうがいいのでしょうか?
最近はわけもなく涙がでてきます。

ユーザーID:0231228218

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数69

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 外に行くべき

    行くべきでしょう!
    私はオーストラリアの大学でしたが、様々な人種が集まる為、ビックリするぐらい個性の強い(良い意味での変人)友達と沢山巡り会えました。
    書き切れないぐらい留学して本当に良かったと思えてます。
    海外に出ても、このまま日本に居ても、取る歳は同じですヨ。

    ユーザーID:2820835525

  • きついね

    私も日本でとても生きにくさを感じていて、アメリカに思い切って移住しました。 日本はそれなりに楽しかったのですし 私を知っているほとんどの人は私を社交的で悩みなんてないタイプだと思っている状態で、精神的にきつくなって来て同じように涙が出たり、人と目を合わせられなくなったり(友達は信じてくれませんが)、電車に乗れなくなったりしましたね。 
    今はそんな症状は1mmもありません。 いるべきところにいるんだな、と感じてます。 もう移住してかなりなりますが後悔は無いですね。 日本じゃなくても自分にぴたっと来る場所がきっとあるはずですよ。

    ユーザーID:7180179966

  • 是非アメリカ留学してください

    こういう狭い日本の大学や社会が嫌で、アメリカ留学しました。そしたら途端に欝がなくなって明るい人間になったと自分で自覚するほど、自由社会の影響は大きいです。勿論勉強や研究はある程度能力があれば、ある所までいきますが、それから先は日本でも外国でも実力と努力があれば最高の職につけるのは同じだと思います。

    下を見下したり上を媚たりするのはある程度何処にいってもあると思いますが、なにしろ開けっぴろげであるから、あまり気になりません。そして失敗してもくよくよすることは無いです。というのも、失敗は頻繁にあって、それが人生なので、だんだん人間が逞しくなっていくのです。その過程が苦労というより楽しいです。

    涙が今出てるのなら、是非アメリカ留学薦めます。一度の人生、どうせ送るのならおおらかに楽しく悔い無き送りましょう。

    ユーザーID:4171661644

  • 留学すべき

    >>もう疲れました。私は思い切って海外の大学院に行ったほうがいいのでしょうか?

    それが良いと思います。
    外国ならなじめるのかどうかは分かりませんが、トピ主さまがのびのびとアカデミックに過ごせるとよいですね。

    ユーザーID:3089173179

  • みんみんさん、ぜひ渡米してください!

    私はアメリカ在住28年の主婦ですが、こちらで5人の子供を産み育てています。我が家には、頭脳明晰な子もそうでない子もいますが、あまり枠にはめられず、比較的みんな自由に育っています。

    十数年前、中国人で大学院生のご夫婦とお付き合いさせていただいたことがあります。ご夫婦とも物理、生物学が専門でした。
    日本語も英語も流暢な方たちでしたから、私達も家族ぐるみで交流しておりました。

    そのご夫婦は、渡米の前の5年間は日本に滞在し某大学で勉強や研究をされていたそうですが、みんみんさんと同じような上下の人間関係の問題が生じ、ストレスを感じ、日本では自由に研究できないと判断され、アメリカへの留学と永住を決断されたとのことでした。

    私達が出会った数年後には、お二人ともこちらで博士号を取得なさり、こちらの大学に就職なさったと聞いております。

    アメリカは向上心の強い才能のある人達に対しては寛大な国ですし、グラントや奨学金制度も充実しています。 みんみんさんの個性が尊重され、実力が100%発揮される可能性はとても高いと思います。 

    まずリサーチし、行動を起こしてみてはいかがでしょうか。応援しています。

    ユーザーID:2840607405

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 行ってみるのと行かないのとは天地の差

    行くべきです。そして、トピ主さま、解放された自由な気持ちで才能を思い切り伸ばしてください。
    私はアメリカ在住です(西海岸)。
    息子はアメリカ生まれで大学院でがんばっていますが、
    院では教授も院生も互いに尊重しあっています。
    アメリカは日本にない問題も多いともいえますが、
    どんな個性(人に迷惑かけるのはもちろんだめですが)も認めるアメリカの素敵な部分はトピ主さんに必要に違いないです。
    ・・・本当にいらしてみてください。
    私は西海岸しか知りませんが、西海岸は人種がものすごく混じっているのでより生活しやすいと思います。

    ちなみに私は30年以上前、小学校の知能テストの成績が良すぎて後日一人だけやり直しをさせられました。
    なんとなく疑われているようなのでいやな気分でした。
    二度目はちょっと集中力を散らしてしまい、少し低い成績になったことを覚えています。
    学生時代は「真面目なおとなしい良い子」として、でしゃばり過ぎないように生きてきたことを記憶しています。

    ユーザーID:2038465622

  • みんみんです。

    舞さま
    舞さんはオーストラリアだったんですね。よい意味での奇人変人さんを私も大好きです。研究室に行くと人の噂話ばかりなので、私は行きません。そのかわり図書館には行くのですが、奇人変人臭を放っている人を見つけるとうれしくなります。

    いんこさま
    思い切って移住されたお話を聞けてよかったです。私も他人からは社交的で悩みなど何もなく、人のことなど気にしない自由な人間だと思われています。最初は自律神経失調症だと診断されました。でも今は鬱病だと診断されました。いつも上から押さえつけられているようで気持ちが落ち着きません。何か意見を言うと「突拍子がない」などといわれます。もう中学時代から否定され続けている気がしてなりません。

    経験者さま
    やはり、アメリカでも人間関係の大変さはあるのですね。でもカラッとしているところは、日本よりよさそうですね。今の自分は小さくまとまっているような気がして、生きている実感があまりありません。自由社会、とても魅力的な言葉です。小さいころからユートピアを探し続けてきたようなところがありますが、この地球上にはないとあきらめていました。

    ユーザーID:0231228218

  • トピ主のコメント(28件)全て見る
  • みんみんです。

    つづきです。
    本当にありがとうございます。
    みなさまの心強いアドバイスと経験談を聞かせていただき、留学を前向きに考えてみようと思います。以前、両親にも「あなたは、日本は会わないかもね〜」と言われたことがありました。それでも学部時代はたいした問題もなかったので、このまま日本で・・・と考えていました。今のような状態になるとは考えても見なかったので、自分でもどうしたらいいかわからない状態でした。大学の交換留学制度で行くか、日本の大学とは縁を切って編入するか、などの問題もありますが、まずは体調を良くすることが大切ですね。
    有意義なアドバイス、ありがとうございました。
    お三方のような経験談をもっと聞かせていただきたいので、引き続き他の方からのアドバイスもよろしくお願いいたします。

    ユーザーID:0231228218

  • トピ主のコメント(28件)全て見る
  • 何も悩むことはない

    もともと日本の大学に行ってから留学する予定だったんですよね。
    じゃあ何も悩むことないじゃないですか。
    予定通り留学しましょう。

    ユーザーID:4937983815

  • 心身を休めるのが先決

    どうもお疲れのご様子ですね。
    そんな時は、体と心を休めることが第一です。

    「現在の大学院を退学し海外に編入する」という重要な決定は、今は行わない方が無難です。
    しばらく休学して、趣味や自分の好きなことを行ってリフレッシュしてはどうでしょう。

    ある程度復活してから、冷静にプランを立てた方がいいですよ。

    ぶっちゃけた話として、日本でうまくいかない人が海外に挑戦しても、大多数は失敗するんです。
    日本で駄目な人は、海外でもダメなんです。
    残念ながらそれが事実です。

    うまくいく人は、やはりそれなりのプランを持っています。
    日本にいるうちに相当の語学を身につけておくこと。金銭面の準備。
    あとは、どうしてもその国で勉強したいという強い意志と目的意識でしょうか。

    蛇足ですけど、
    「上には媚びへつらい、下には威張り散らすという雰囲気」
    これ、どの国でもありますよ。

    ユーザーID:5681992108

  • アメリカへ行くべし!

    日本では「出る杭は打たれる」「十人十色」というように
    横並びで同じでないといけないような風潮があります。

    しかしアメリカはもっと寛容です。
    悩んでいる時間がもったいないです。


    是非渡米されて下さい。善は急げ!ですよ!

    ユーザーID:3200348759

  • 現状を打破するならよいが、現状から逃げるだけなら問題の先送り

    トピ主さんの中高時代、学部時代の気持ちはよくわかります。
    大学院の教室はハズレのようで残念ですね。
    体調を崩すほど精神的に追いつめられているのは心配です。
    少し深呼吸して考えてほしいのですが、今すぐ日本を飛び出せば全て解決するとは限りませんよね。

    トピ主さんが何年目の院生かにもよりますが、
    修士課程であれば修士を取るまで耐えて、他の教室に博士編入するのもひとつの道ですし、
    博士課程のほんの数年を今の教室で耐え抜いて、学位を取ってから海外へ行くほうが、その後の成功確率は高くなるかもしれません。

    山登りで岩壁に道を阻まれたとき、「急がば回れ」と迂回路を探したらもっと大きな岩壁にぶち当たり、結局最初の壁を無理して登ったほうが高みに上がれることもあります。
    山登りは来た道を戻れますが、人生にはそれがないから何が正解かなんて誰にも分かりません。

    精神的に追いつめられると視野が狭くなりがちですが、
    長期的な目標は何なのか(学者になるなら博士は必須ですよね)、
    そのためにはどんな方法があって、どれが自分にとって効率が良いか落ち着いて考えて、エイヤっと決断して下さい。

    幸運を祈ります。

    ユーザーID:1744925423

  • 行こう!

    他の人達と同じ意見です。是非行きましょう!
    思いっきりトピ主さんの背中を押します。

    ドン!!!!!!!!!!

    ユーザーID:5714042193

  • 素晴らしい世界とチャンス

    海外に行けば色々な人種、宗教、年齢の人と出会えるでしょう。
    そこには差別もあります。でも失敗を恐れてチャンスを逃すなんて事はしないでほしい。あまり軽々しく言える事ではないですが、世界へ目を向けるって素晴らしい事ですよ。日本の食事とか習慣の素晴らしさも改めて実感出来るかも。応援しています。

    ユーザーID:1212342212

  • みんみんです。

    夏目小僧さま
    アメリカだけでなく、ヨーロッパの開放的な国民性の国もいいかなと考えています。自分の研究分野と合致する大学を探してみることも今の私にはいいかもしれませんね。

    アップルパイさま
    中国人の御夫妻のお話からすると、十数年経っても日本の状態に変化はないということですね。私は、自分のいる院が異常だと思っていたのですが必ずしもそうではないということを知ることができました。アメリカで学位を取られ研究職に就かれているとのこと、とてもうれしいです。最近は大学には行っていません。まずは、リサーチですね。

    spicaさま
    個性を異端ととらえず、尊重してくれるという環境は、私には天国のようです。もちろん、自由にはもれなく責任もついてくることは十分に承知しています。日本で大学にも行かず、ぐちぐち言っているだけでは何も変わらないですね。spicaさんも小学校の時に知能テストでいやな気持ちを味わっていらっしゃるのですね。そことが原因でご自分を抑えて学生時代を過ごされたとのこと。そのときの悔しさと現在の生活の楽しさが・・・本当にいらしてみてください、の一文に凝縮されていると感じました。

    ユーザーID:0231228218

  • トピ主のコメント(28件)全て見る
  • みんみんです。

    つづきです。
    本当にありがとうございます。
    一歩を踏み出せない私に海外在住の方、日本にいて客観的に意見してくださる方、私の力となっています。体調を崩し、最近は泣いてばかりいましたが、書き込んでくださったみなさんのレスを読んでいると、新しい世界に飛び込んでみようという気持ちになります。どの国に行くのか?どのような形で行くのか?大学での授業についていくために語学力をもっともっとつけておくなど、するべきことはたくさんあります。そのようなことを考えていると少し気持ちが明るくなります。夏休みの小学生気分です。こんな気持ちは久しぶりです。

    ユーザーID:0231228218

  • トピ主のコメント(28件)全て見る
  • イギリス

    トピ主様のまじめなご様子伝わってきます。

    イギリス在住ですが、個人主義。いまだランクの上の大学では階級意識有。
    国の財政難で、有名大学、研究室も、経費を切り詰めた状況におかれています。卒業後も英国内就職は難関です。

    まずは、ご自身の将来の方向性に合った大学院を候補に上げ、
    交換留学も視野に入れ、具体的な大学院を探されるとよいかもしれません。

    語学は重要です。とっても。
    人生の途中、今の体験も貴重ですよね。
    おたがい、マイペースで人生楽しみましょう。

    ユーザーID:3438333709

  • このタイトルは・・・

    私がまさに半年前に直面した問いです。

    私もみんみんさんのように、真面目に話せば変わっていると言われ、高校までろくに友達もいませんでした。
    偏差値だけで人間を見ているような高校が好きになれず、高校在学中に留学しました。言葉の苦労はありましたが、自分をありのままに認めてもらえる雰囲気が大好きになりました。楽しい仲間もできました。
    帰ってきてからも、日本の学校になじむことができず、もやもやしていましたが、一念発起!日本を離れて、海外の大学に入学し、今に至ります。
    こちらに来られて本当によかったと思っています。
    自分の考えを自由に表現することができるのが何より幸せです。

    みんみんさんも、状況が許せば、留学する価値は十分あると思いますよ!

    ユーザーID:8290711903

  • みんみんです。

    サンポさま
    学部時代を難なく過ごせたので、留学のことを保留にしていたということはあります。その結果が今のような状態です。自分が本当に望んでいることは何なのかを考えてみます。

    ぴろりんさま
    ここ数週間、学校には行っていないので気分がいいです。行くと体調が悪くなるので家にこもっています。確かに今のような状態で海外に行っても仕方ないかもしれません。自分の中のネガティブな感情を処理して心身ともに健康にならなければ・・・と思っています。でも、あんなに好きだった自分の大学に対してもう校名すら聞きたくないくらいの嫌悪感を持っていることも確かです。重要な決定をできるようになった時にあわてなくてもいいように金銭的なことなど考えておきたいと思います。

    りんりんさま
    「出る杭は打たれる」ということで、出過ぎないようにしてきました。しかし、その間に自分が自分でなくなっていくのが怖かったです。20代にもなってみんなが右にならえという状態なのは、とても不思議な感じです。

    ユーザーID:0231228218

  • トピ主のコメント(28件)全て見る
  • みんみんです。

    在米研究者Gさま
    現在修士課程です。退学して他の大学の修士課程を受験しなおそうかと思い願書まで出したことがあるのですが、やはり逃げ出すようで思いとどまりました。でも体調を崩してみて逃げるのもありだったのではないか?と考えるようになりました。こう書いてみると、やはり私は逃げ出そうとしてるのでしょうか?それすらもうわかりません。学部時代の目標は、やはり研究者でした。博士号も取るつもりでいました。今は、今のことで精一杯でよくわかりません。わたしの研究分野は日本よりアメリカのほうが進んでいます。より高いレベルの教育を受けることもできます。もちろん今すぐ日本を飛び出すことはできませんので、準備期間を考えても最低半年はかかります。みなさんのアドバイスも踏まえてよく考えてみます。でも、アメリカで研究職に就かれているなんて・・・自分もそうなりたいです。

    つわものお雪さま
    ドン!!!と背中を押していただきありがとうございます。そのままドラえもんのどこでもドアでアメリカに行きたいものです。

    ユーザーID:0231228218

  • トピ主のコメント(28件)全て見る
  • みんみんです。

    引き続きアドバイスありがとうございます。
    発言小町で相談させていただいてから、いろいろな考え方を知ることができ感謝しています。名前も顔も知らない私のために書き込みをしてくださり、本当にありがとうございます。研究そのものは楽しいです。自分の研究を社会に還元することができれば、どんなにいいだろうとにやにやしていたこともありました。でも今はアカデミックとは程遠い状態の環境に嫌気がさしています。だからといって諦めたくない自分もいます。とにかく留学に向けて少しでもいいので考えながら動いてみたいと思います。

    ユーザーID:0231228218

  • トピ主のコメント(28件)全て見る
  • アメリカの大学院にいます

    私も小さいころから変わってるねと言われていました。

    今はアメリカ東海岸在住です。
    大学、大学院とこちらですが、全くストレスフリーの生活です。
    研究室の仲間は皆個性が強いですが、人間関係のもめごとがあっても(数年にあるかないかですが)、みんな翌日にはケロッとしてます。
    おいしいものを食べて、よく寝て、あとは好きな事をめいいっぱい考える、そんな毎日です。

    アメリカの博士課程ならば、学科が大学に学費を払ってくれる形で授業料全額免除ですし、研究室からお給料もいただけるので、贅沢をしなければお金の心配はありません。
    費用は、渡米費と最初の一ヶ月生きていける分だけあれば大丈夫ですよ。

    こっちにおいで〜!

    ユーザーID:5714805742

  • みんみんです。

    patsyさま
    いろいろな人と出会うということが、今の私に必要なことなのかもしれません。枠にはめられてよしとすることは、ストレス以外の何ものでもありません。ただ、私のストレスは決して環境だけのせいではなく、私自身のストレス耐性の低さも要因になっているかもしれません。人種、宗教、年齢関係なく受け入れ、受け入れてもらえるだけの豊かな人間性を身につけたいです。

    るんるんさま
    イギリスの個人主義というのは、歴史や伝統、文化、国民性に裏打ちされていると思われますので、イギリスの個人主義は大人のような気がします。しかし、日本で個人主義を言う人は言葉だけを自分の都合の言いように解釈している人が大多数だと思います。日本で言うところの個人主義とは、自分勝手ということなんですよね。残念です。

    ららくさま
    ららくさまは思い切って留学され現在は自由に考えを表現されているのですね。うらやましいです。でも、ららくさんも半年前までは私のような状態だったわけですよね?ということは、私にも近い将来そのような時がくる可能性があるということですね!嬉しくなってきました。

    ユーザーID:0231228218

  • トピ主のコメント(28件)全て見る
  • みんみんです。

    日本も好きさま
    ストレスフリーと言い切れてしまうなんて、すごいですね。それほど居心地がいいのですね。もめごとがあっても翌日にはケロッとしているというのは重要ですよね。こちらでは、関係ない人まで巻き込むというのが院で生き残っていくための処世術らしいです。びっくりしました。あと、博士課程であれば学科が大学に学費を払ってくれるとは!まだまだ調べなければならないことが沢山ありそうです。


    引き続き、ありがとうございます。
    みなさん、きっかけは色々でも海外に行かれて居場所を見つけてがんばっておられるのですね。
    私も早く体調を整えて、落ち着いた状態で考えてみたいと思います。ネットで調べられることは、調べつくしたいと思います。

    ユーザーID:0231228218

  • トピ主のコメント(28件)全て見る
  • 外に出てみてごらん

    トピ主様はまだ若い。
    どんどん外に出ていくといいですよ。人は生まれた場所が居場所なのではなく、居たいと思った場所こそが居る場所だと私は思います。生まれた場所が居たいと思った場所、という人が多いのだとは思いますけどね。

    私も一度、外に出ましたが、紆余曲折あり日本が今は自分が居たい場所です。年月を重ね、経験をしたからこそ選べた居場所です。

    周囲の環境は日本だからとか海外だから…というだけでは決まらないです。もしかしたら、外に行ってもトピ主様の息苦しさは変わらないかもしれません。

    それでも、居たい場所は自分で選んだ方が後悔は少ないかな。

    未来に可能性はたくさんあります。幸運をお祈りします。

    ユーザーID:8816431104

  • アメリカの大学・院は理想郷なのか

    アメリカの大学や院は変人も多く、一般に変人への許容度というのも高いです。特に理系だと、アスペルガーの診断を受けた人や、その傾向の強い人も珍しく無い。

    アメリカにも暗黙の社会ルールは存在し、物の言い方にもアメリカ人なりの気遣いやこだわりがあり、ルールを破る人はそれなりの扱いを受けます。外国人だと多少そういったルールを破っても、外国人だからと大目に見てもらえることが多いものの、その分いつまでも「外国人」として扱われる。またアメリカには日本では考えられないぐらいずうずうしい人やアグレッシブな人も存在するし、そういう人の対処法なども学んでいく必要があります。

    トピ主さんが非常に優秀な方なら、自然に周りが順応してくれるでしょう。でも、大抵の人はネットワーク広げたり、コラボレートしたりの努力が必要です。

    日本人の若い女性はアメリカに来た当初は日本社会のしがらみから開放されてハッピーになりますが、いずれアメリカにもそれなりのしがらみが存在すること知って現実に戻ったりするものです。

    アメリカの大学・院をあまり理想化しない方が良いかも。日本のとは違いますが、それに合うかどうかは人それぞれ。

    ユーザーID:0100949220

  • 頑張ってください!

    私も学生時代から在米。勉強は大変でしたが、かけがえの無い友達にめぐり合いました。

    主さんにも是非外に出て、外から日本を見てもらいたい。体調崩してまで日本にいる必要はないです。日本の「普通」が世界でも「普通」ではないですから。きっと目から鱗、みたいな経験になると思います。

    ただ、何処でも人間関係というのは難しいです。上下関係、表裏、アメリカにもあります。悩みが全部無くなるというわけにはいかないかもしれませんが、自分を取り戻すのに一歩近づくかもしれません。

    悩んでいいんです。不安でもいいんです。海外に出たら、何事もそうです。それでも、海外での経験なくして、今の自分はない。小町の皆さんもきっとそう言うと思います。

    応援しています。

    ユーザーID:2233219127

  • こちらも過酷

    欧州で育って現地の大学を卒業したものです。

    外国人留学生は、最初のうちは特別扱いでちやほやしてくれるけど、そのかわり、所詮外国人留学生です。

    中に入れば入るほど、しがらみが多くなります。特に、留学した後に、帰国しないで現地に残ったら、競争相手になりますから。

    上には媚びて、下には威張る、のは、日常です。研究費の取り合い、悪口の言い合い、の壮絶なこと。嫌味やセクハラ等もありますし、過酷ですよ。

    ユーザーID:6077032085

  • のび子ちゃん、ジャイアンの国にドラえもんはいないよ

    >でも体調を崩してみて逃げるのもありだったのではないか?と考えるようになりました

    研究稼業という厳しい世界では自分を限界まで追い込まないと能力を発揮出来ないと思いますが、精神を壊すくらいなら、その一歩手前で方針転換する柔軟性も大切です。
    残念ながらトピ主さんは一線を越えてしまったようですが、そんなときだからこそ、焦らずに今後の方針を考えたほうがいいのではないでしょうか。
    今すぐに海外に出る必要もない、大学ではなく民間研究機関だっていい。今の研究分野にこだわらなくたっていい。そもそも研究職にしがみつく必要もないかもしれない。

    必要なら正式に休学届けを出してでも、ゆっくり考えて決めれば良い。

    大学の校名すら嫌悪しているので難しいかもしれませんが、
    学生相談窓口の様なものはないでしょうか?
    教室の指導教官全員がひどいのですか?一人くらいまともな人がいれば、他大学の教室編入に口を利いてくれるかもしれません。学部時代の授業等で人柄の良さそうな教官を知っていれば、他教室の学生でも相談に乗ってくれるかもしれない。

    ドラえもんの様に未来の道具は出してくれなくても、現実的な助言は得られるかも。

    ユーザーID:1744925423

  • 私も海外脱出しました

    私も日本でうまく適応できず、アメリカに留学しましたが、こちらの生活は日本で感じてきた陰湿な人間関係に起因するストレスとは無縁で、本当にこちらに来て良かったといつも思っています。(もちろん競争はものすごく厳しいですが。だめだとすぐだめという烙印がおされます。ただやり直しもすぐにできます)日本が合わないならぜひアメリカに来てください。人間関係のストレスに無駄にされるエネルギーをぜひ超優秀なインド人や中国人との競争に費やしてみてください。楽しいですよ。日本でも中には良い職場環境、研究環境があるのかもしれませんが、私がいた複数の研究環境はアメリカとは比較にならないほど陰湿でした。精神病になっている同僚も結構いましたし。。。私はもう絶対に日本に帰りたいとは思いません。(蛇足ながら直接海外のPhDに行くのは難しいと思いますので、まずMSのプログラムに入っていい成績をおさめてください。その後はPhDに移れば学費は免除されますし、通常は生活費(2千から3千ドル程度)が保障されます。)グッドラック!

    ユーザーID:8816466354

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧