早すぎる死別と悲しみの乗り越え方

レス33
(トピ主10
お気に入り124

家族・友人・人間関係

テトテ

はじめまして。テトテと申します。
暗い相談内容ですが、よかったら聞いていただけるとありがたいです。


数ヶ月前、同い年の夫を突然の病気で亡くしました。
まだ29歳になったばかりでした。

私が作った朝夕飯やお弁当を毎日おいしいと言って食べてくれて、
確かに少し太ったけれど、直前に受けた健康診断の結果も問題なく、
要因も不明のまま、あっと言う間に逝ってしまいました。

口数は多くなかったけれど、学生の頃からいつも一緒にいてくれて、
私のことを何よりも気に掛けて大切にしてくれて、
八つ当たりやわがままさえも受け止めて支えてくれ、
私なんかよりもよほど社会に必要とされている器の大きな人でした。

優しい夫であり、心からの友であり、頼りがいのある家長であり、
安らぎをくれる母親であり、時には可愛い子どものような、
私にとっての全てとも言える存在で、唯一の生きがいでした。


時間が経てば少しは気持ちが落ち着くはずと思って過ごしてきましたが、
あまりに夫の存在が大きすぎて、喪失感や悲しみは増す一方です。
このままでは自分がどうなってしまうかすら分からなくなって来ました。


同じように早くして大切な人を亡くされた方、
どのようにして、どのくらいの年月を掛けてこの現実を乗り越えましたか。


ちなみに、あかちゃんはまだ授かっておりませんでした。

私の仕事は彼の転勤を機に結婚したときに辞めさせていただいたため、
早々に探さなければ生活は厳しいのですが、日々の気持ちの浮き沈みが激しく、
少しの心が揺れただけで涙が出てしまうため、お役に立てそうにありません。
本当に不甲斐ないです。

こんな私ですが、些細なことでもよいのでどうかアドバイスをお願い致します。

ユーザーID:7180172363

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数33

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私の夫は28歳で亡くなりました

    トピ主さんは大変つらい思いをなされましたね。
    私は40代です。
    トピ主さんと同じような経験をしました。

    私が26のときに夫は28才で亡くなりました。
    私の場合も、夫は健康診断では何も問題無く、家で突然倒れて
    3週間で亡くなりました。
    結婚生活は3年で終わりました。
    息子が生後5ヶ月の時です。

    参考になるかどうかわかりませんが、
    私の場合は、一人にならないようにしました。
    実家で暮らしていたのと子どもの世話もあったので。
    本当は1年育児休暇を取るつもりだったのですが、
    7月に夫が亡くなって9月から仕事に復帰しました。

    それから、兄の勧めでパソコン通信(インターネットは当時
    まだ大学や軍のものだった)を始めました。
    友達も無く、家にいるのは良くないと思ってくれたみたいで。

    トピ主さまは今は一人暮らしなのでしょうか?
    できれば落ち着くまでは実家に戻られるなど、
    誰かと一緒にいたほうがいいです。
    それから、泣けるうちはたくさん泣いてください。

    立ち直った後の私の後悔は、
    もっと亡夫のために泣けば良かったということです。

    ユーザーID:3837739360

  • 同じです。

    主人を亡くして2年の者です。
    30代とトピ主さんの御主人と同じくとても若い死でした。

    自分が生きている事に対して努力が必要な2年間でした。
    好きだった事、すべて興味がなくなりました。
    でも、子供がいる為に、私が少しでも楽しい事をして明るく元気に
    いようと努力し続けました。
    泣きわめく時間もなかった事が一番辛かったかも知れません。
    少しでも弱音を吐きそうになると、まわりが頑張れ頑張れと余計な
    励まし攻撃がはじまり、それがとても重かったです。

    まもなく三回忌
    少し心に変化が出ました。
    もう見たくもなかった事、2年前にやりかえていた事を
    もう一回頑張ろうと思えるようになりました。

    すべては時間だなと思います。
    時間だけが解決してくれるのだと。

    まだまだ辛いです。
    思いださない日はありません。
    良い思いでは美化されて、ますます良い思い出に。
    悪い所もあったはずの主人のはずですが、そこだけは忘れさられ・・

    心の中で美化は益々進みます(笑)
    どれだけ良い男だったのだろうと・・

    トピ主さん、時間は少しずつ解決してくれますよ

    ユーザーID:6329916260

  • ゆっくり乗り越えていきましょうよ。。。

    私は 2年前に 病気で主人を亡くしました。
    現在でも 夫のことを想うと涙があふれてきます。

    トピ主さまも きっと悲しみは増すばかりでしょうね。。

    私は不眠となり、気持ちの整理も自分ではどうしようもできなくて 半年後くらいから 遺族外来に通っています。行けないときは電話相談もしてくれます。
    自分と同じような境遇の方と話す機会もあります。
    そのような場で 自分の気持ちをさらけだすことで 無理しなくてもいいんだなって思えるようになりました。

    両親、近所や友人には良くしてもらって 親切に声をかけていただいてます。
    親切にしてもらえば もらうほど その期待にこたえなくてはいけない、、と思うようになり 泣きたいのに 頑張って笑顔を作ったり 元気な顔をしている自分に疲れるようになりました。

    まだまだ泣いてる私だけど 夫に‘笑顔’をみせてあげたいなと思えるようになりました。
    眠れていますか?
    泣きたいときは思いっきり泣くといいですよ。

    ご主人のご冥福をお祈りいたします。合掌

    ユーザーID:0996701459

  • お悔やみ申し上げます。

    私の主人が亡くなったのは33歳、私は27歳でした。5年前です。

    我が家の場合は、亡くなる3年前から意識が無い状態でしたので、
    心の準備はできていました。

    私には子供がいますし、子供を養っていかなければならないので主人が闘病中も仕事に介護(と言っても意識が無くICU管理されていましたので、1日2度の面会時間に様子を聞きに行く程度ですが)も続けていました。
    仕事をしている時だけ、気持ちが楽になれました。

    自分でも何で鬱にならなかったのか不思議ですが、きっと私にはまだ小さい我が子を守らなければ…という気持ちが強かったので、落ち込んでいる暇はありませんでした。

    主人が亡くなった後も、基本的な事は実家には世話にならず、自分と子供だけで生活しています。

    今でも思い出すと涙が出ますが、昼夜働いて(手に職があるので自宅で仕事しています)なるべく忙しくするようにしています。

    そして、自分を決して不幸だとは思わない事。
    私は現在も昔もとても幸せです。

    ユーザーID:0130096169

  • なんてこと・・・

    なぜなんでしょう。
    あなた方のような素敵な夫婦になぜそんな試練が。

    おつらいでしょう。
    でも、ご主人は待っていますよ。
    ほんの何十年後かにはあなたもご主人のところへ行きます。
    その時に、たくさん土産話をもっていきたいですね。

    あなたがさっさと逝っちゃうから大変だったんだよ!!!
    とたくさん文句を言いましょう。

    ごめんごめん、と笑って聞いてくださるのかな。

    言いたいこと、いっぱい用意して、後の何十年かを生きましょう。

    ユーザーID:8251503478

  • 生きがいの創造

    トピ主様、とても辛いお気持ちを抱えて日々をお過ごしかと思います。

    トピ主様のお心に沿うことができるかはわかりませんが、もし読書がお嫌いでなければ、飯田忠彦著『生きがいの創造』(PHP文庫)をお勧めします。

    トピ主様と同じように、大切な方を亡くされた方々に是非読んでいただきたい本です。

    ユーザーID:9928641295

  • 神様はやはり存在しないのですかね?

    御愁傷様です。
    大切な人、存在感の大きかった人ほど亡くした悲しみも大きいものです。

    娘夫婦は昨年生後10ヶ月の男児を父親の不注意で亡くしてしまいました。
    あまりのショックと自責の念で気も狂わんほどでした。
    慰める言葉も見つかりませんでした。

    悲しければ泣きたいだけ泣けばいい。しかし子供の死から何かを学び、
    君たちが成長しなければ無駄死にになる。

    あれから1年半の月日が流れ、決して忘れることはできないと思いますが、
    子供を亡くした人の会のようなものに入っているようです。
    そこで出会う人たちとの交流が心の慰めになったように聞いています。

    ユーザーID:5505240460

  • 焦らないで

    私も若い時に未亡人になりました。元気だった主人、私と二人の子供達を残して急に亡くなったのです。悲しさで私は毎日お墓に通いながらも、主人を恨みました、何で私達を置いて逝ってしまったのか,と。怒りさえ感じていた。そしてそれから一年も経たないある日、検診でひっかかりガンと診断されたのです。死への恐怖は宣告された人でないと分からない。そこで初めて,主人の死で一番かわいそうなのは主人だった,と言う本当に当たり前の事に気づいたのです。もっとやりたい事もあったでしょう,私達を残して去る事がどんなに心残りだったか。私はあの時主人を恨んだりして本当に自分勝手だった。でもこれは残された人が必ず通る葛藤でもあると、セラピストに言われ慰められました。心を癒すには時間が必要です。そしてトピ主さん自身が幸せになる事を考えましょう。彼に感謝しながら幸せになりましょう、それが彼が一番望んだ事ですから。

    ユーザーID:3049632216

  • 自死遺族のつどい

    大変なご経験をされましたね。
    さぞお辛い状況とお察しします。

    自死遺族のつどいというのが各地で開かれているようです。



    電話相談も出来るようですし、一度足を運んでみてはいかがでしょう?

    同じ苦しみを持つ経験者が集まってた自分のことを話す、
    人の話を聞いて共感する、
    何度か繰り返すうちに少し心が軽くなる、ということはあると思います。
    同じ苦しみを持つ人でしか分かりあえない感情を共有する、
    ただそれだけのことで救われたことが私自身ありましたので、お気が向かれたら。

    ユーザーID:3582696090

  • 先輩方、ありがとうございます。トピ主です。

    ご自分の辛い体験を思い出しながら
    書いていただいた言葉は心にずっしりと響き、
    涙を流し頷きながら全て大切に読んでいます。

    頂いたアドバイスを元に情報収集を試みましたが、
    私の住む地域には遺族外来や、
    自死遺族以外の自助グループはありませんでした。

    やはりお子さんのために頑張れた、
    頑張らなければならなかった方、
    仕事をして気をうまく逸らす事で
    過ごされてきた方が多いようですね。
    子どもも仕事もない私は何か新たな生きがいを
    見つけられるとよいのですが。

    夫と住んでいた東京の賃貸マンションを引き払って、
    両親のいる私の実家に戻ってきておりますが、
    学生時代から夫と過ごしてきたこの田舎は、
    どこも思い出が詰まり過ぎていて、辛いです。

    諸先輩方の経験から、少なくとも2〜3年経っても
    辛い気持ちに終わりはないと教わりましたので、
    急いで乗り越えようとせず、
    今は夫のためにたくさん泣き、頑張らずにゆっくりと、
    夫の迎えを楽しみして生きようと思います。

    まとめてのお礼で申し訳ありません。

    引き続きお言葉お待ちしています。

    ユーザーID:7180172363

  • 私もです

    ご主人を亡くされてまだ数ヶ月との事…お悔やみ申し上げます。私も結婚して一年で主人を亡くしました。突然の事故だったので、さよならを言えなかった事が、悔やんでも悔やみ切れません。しかもお腹には赤ちゃんがいて、幸せの絶頂期にどん底に落とされました。 あれから数年経ちますが、私は他人事のように 思っておかないとおかしくなりそうでした。自分の身に起きた事だと認めたくなかったんです。今はまだいろいろ言ってくる人もいれば、おせっかいな人もいると思います。少しずつ、少しずつできる事をしていけばいいですよ。
    時間は本当につらい時の特効薬となります。周りに遠慮せず、泣きたい時は泣き、笑いたい時は笑ってください。頑張りましょうね。

    ユーザーID:4239332082

  • トピ主です。

    今日は朝からずっと涙が止まらず、苦しいです。
    どうして?なぜ?という気持ちが頭の中で渦を巻いています。
    考えたって解決しない問題なのは分かっているつもりなのですが。

    randyさま
    『生きがいの創造』については、
    何かにすがりつくようにネット検索をしていた時に偶然見つけていて、
    口コミも良かったので気になっていました。
    今回randyさまにオススメして頂いて、注文する勇気をいただきました。
    いつも物を買うときは必ず夫に相談していたので、
    後押ししていただき、どうもありがとうございました。

    みかんさま
    まさに幸せの絶頂期にどうしてわざわざこんなことが起こるのでしょう。
    数年たった時間薬の効果で気持ちの変化はありましたか?
    私は亡くしたばかりなので、周りにもっと気を遣えたらよいのに、
    今は正気を保つので精一杯で、本当に情けないです。
    ただただ一緒にお祈りさせてください。合掌。

    ユーザーID:7180172363

  • あの・・・。トピ主です。

    10月8日 23:56 たま さまへ

    レスありがとうございます。
    思っていたよりも記事反映時間にタイムラグがあるようで、
    投稿時間順に記事が反映されるわけではないようなので、
    たった今ほどレスを拝見させていただいたのですが、
    私の夫は若くして亡くなりましたが、自死ではありません。

    教えていただいたとおり、自死遺族の集まりは、
    全国各地で開かれているようですね。
    確かに自死で先立たれたご遺族の絶望や混乱の気持ちは
    経験者でないと想像するに及びません。

    しかし、自死以外であっても大切な人に先立たれ、
    大きな悲しみや不安を抱えながら過ごしている方は多いはずです。
    そういう方の為の集いは情報を集めた限り多くはありません。
    親、子、配偶者、友人・・・どなたをどういう風に亡くしたかによっても、
    共有できる気持ちは大きく違ってくるはずですので、
    そのケースごとに自助グループを作ることは難しいのでしょう。
    少なくとも、私の住む地域には若くして配偶者を病気で亡くした人の集い
    は残念ながらないようでした。

    また何か情報があったらぜひ教えてください。

    ユーザーID:7180172363

  • 2回目です

    トピ主さん大丈夫ですか?

    2回目の書き込みです。


    前回、冒頭に
    >>自分が生きている事に対して努力が必要な2年間でした。
    好きだった事、すべて興味がなくなりました。

    と書かせて頂きましたが、私もとにかく辛くて(今でも辛いですが)
    車の運転していても、思い出の場所を通っても、涙がこぼれ
    主人が好きだった食べ物を見ると涙がこぼれ・・・

    それでね。
    診療内科に、少しでも楽になるように睡眠薬を貰いに行きました。
    死別反応は正常な事で、人によって長さは違うけど、薬飲むだけで
    随分楽になりましたよ
    くよくよ考える時間は寝てしまえって感じです。

    これからの事は、元気が出てから考えれば良いと思います。

    私も2年経過してもまだまだ辛くて。
    子供は居ますが、いるから良かったのか・・・
    いるからこそ、泣く事すら出来なくてね。
    それはそれで、責任だけが重くのしかかり、辛かったですよ。
    人それぞれですね。

    トピ主さん。
    大丈夫ですよ。
    私達も同じ悲しみを知っています。

    一人じゃありませんからね。

    ユーザーID:6329916260

  • ありがとうございます。トピ主です。

    未亡人さま

    見ず知らずの私なんかに二度も優しい言葉を掛けてくださって、
    本当にありがとうございます。
    私もいずれは未亡人さまのように同じ悲しみを抱える人の
    助けになれるような人間に成長できるでしょうか。

    実は、ショックなことが重なって、
    正直言うと、大丈夫ではなくなってきています。
    でも、ここに書き込めている内はまだセーフだと信じています。

    「これからはあんまり頑張らずに生きていきたい。」
    などと思い始めていましたが、生き続けること自体、
    頑張らないとどうにもならないように感じてきてしまって、
    もういっそ正気を失ったほうが楽なのではないかと
    思い詰めていました。

    今まで何の医者にも行かなかった人間ですから、
    薬の服用にかなり抵抗があるのですが、
    正気を失うくらいだったら、
    睡眠薬で長く眠ってしまったほうが、
    周りにも迷惑を掛けずにすみますね。

    皆さんも、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:7180172363

  • 二度目です

    日々の気持ちが不安定な中、コメントありがとうございました。ご質問にあった、私の気持ちが安定したのは主人を亡くして3年ほどです。
    当時を思い出すとまだ動悸がしますが、やっぱり子供の存在が大きかったです。子供を産んだ後は 外に出て、カップルや家族連れをみるのが本当に辛くて気持ちが沈んでばかりでした。いろんな手続きに行っても相手の「離婚ですよね?」と言わんばかりの言動に、毎日泣いてました。しばらく経って知人に言われた言葉は「あれだけのつらい事があったんだから、これから先の人生はいい事ばっかりになるよ」でした。変に納得した自分がいました。そうか…あれ以上の絶望はもう味わう事はないよなと。自分の人生は自分でなんとかしようと切り替え、仕事を始めて実家をでました。今でも誰かに主人との幸せだった時の事を聞いてもらいたくなる時があるので、その時は友人にたっぷり付き合ってもらってます。

    ユーザーID:4239332082

  • 同じことを今でも思います

    >>もういっそ正気を失ったほうが楽なのではないかと

    同じことを今でも思います。
    残念ながら、そうはなりませんでした。

    生きることに努力が必要な状態、誰でもなりうる事。
    頑張る必要一切なし。

    もし、旦那様が○○すれば生き返ると言われればトピ主さんは
    なんだってするはず。

    そんな風に、トピ主さんが生きているだけで嬉しい人が必ず
    いらっしゃるはずです。

    私も、お姿も知りませんが、トピ主さんが生きているだけで
    嬉しいです

    死別反応、正常な反応です
    人によって3ケ月だったり1年だったり、全然違います
    配偶者を亡くした年齢でも違います

    頑張らなくて大丈夫です
    トピ主さんが少しでも楽だと思える事をしたら良いと思います
    私も病気知らずでした
    心療内科など、一生人事だと思っておりました

    決して病気である方だけが行く所ではありません。
    話を聞いてくれる人が居て、泣けるだけで楽になる場合もあります

    いつか必ず笑える日が必ず来ますから、信じて下さい

    こんなに辛い事は他にありません。
    後残っているのは楽しい事だけです!

    ユーザーID:6329916260

  • 彼が心配してますよー!

    彼が天国で見守ってくれていますよ、忘れないでー!大きな悲しみを抱えていらっしゃるのに、時間が掛かるから,と言うのは直ぐに役に立つ答えではないし無責任に思われるかもないですね。でも私もそして他の小町の方々も通った道なのです。大丈夫,必ず乗り越えられます。

    感情が高ぶったら,一度,深ーく深呼吸しましょう。眠れない,等の事があれば,お医者様にかかってみましょう。服用の必要があればお薬を処方して下さるはず,一人で勝手に服用判断等してはいけませんよ。どなたかそばにお話し出来る方はいらっしゃいませんか?お話し相手,身内や友人でない方が良い時もあるかもしれません。私達小町で良かったら聞き役になれます、レスにはタイムラグありますが、いつでもどうぞ!

    ユーザーID:3049632216

  • 10年経っても

    当時35歳だった夫が事故死して
    10年近く経ちますが、事故にあった月になると
    急に気持ちが落ち着かなくなります。
    事故に遭った日、○月×日は当時を思い出して、
    悲しみに沈みます。

    しかし、一夜明けるといつもの自分に。
    命日はちょっと先ですが、忘れている位です。

    私はいまだに事故の日が全くダメです。
    悲しみは軽くはなっても消えることはないんだなと実感しています。

    ユーザーID:9973481567

  • こんばんは。トピ主です。

    みかん様
    小さなお子様を抱えながら、
    仕事を始めて実家を出る決意をされたこと、感服致しました。
    今は実家の両親に甘えきりで、皿洗いくらいしかしないくせに、
    八つ当たりばかりしてしまい、このままでは駄目だと思っています。
    仕事に関しては何の資格も持たず、経験年数も大してありませんが、
    せっかく院まで出して貰ったので、両方の親たちが生きている内に、
    もう一度自立して、安心させてあげたいです。
    でも今はまだ外からの刺激に全く弱いので、もう少し引きこもらせて下さい。

    未亡人様
    どんなに努力して苦労を乗り越えて小さな幸せをつかんでも、
    先に死なない限り人生で必ず通る最愛の人との死別という地獄。
    人生は修行であることを夫がこんなにも早く悟らせてくれました。
    一人でも楽しく生きる方法がきっとありますよね。
    なんか返事になっていませんが、とにかくとても感謝しています

    メリーウィドウ様
    夫の死に対する身内や友達との回復速度のギャップを実感していますので、
    こうやって小町の皆様に相談できてよかったです。
    夫が作ってくれたこの白いパソコンに助けられています。

    ユーザーID:7180172363

  • 何年たっても悲しいよ。

    最近一人なのに頑張るね。強いよね。とよく言われるのですが、実は全然大丈夫ではないのです。二年近くたってもお薬の力を借りて眠っています。このトピ見て辛い気持ちや悲しい気持ち一緒だな〜と思いました。夫も30代で突然でした。いまだに他人と会いたくなく、生活の為に仕事だけには行ってますがそれがまた辛いんです。いつになったら楽になるのかはわからないけど、お互いゆっくり生きていきましょうよ。

    ユーザーID:0259716034

  • 本のご紹介

    テトテさん以外にも、お返事を寄せておいでの皆さんの深い悲しみに言葉がありません。

    私はある講座を毎週聞きにいっているのですが、その講座を担当しているデーケン先生の本をご紹介します。
    デーケン先生は、日本で死生学を始められた方で、さまざまな死別体験を持つ方々に寄り添っておいでになります。
    先週の講座にも、仙台から、津波で娘さんとお孫さんを亡くされた方がお見えでした。

    「伴侶に先立たれた時」A.デーケン、重兼芳子 春秋社
    「突然の死とグリーフケア」A.デーケン、柳田邦男 春秋社
    「身近な死の経験に学ぶ」A.デーケン、平山正実 春秋社

    そのほかに、キューブラー・ロスの本も役に立つかもしれません。中公新書に入っています。

    本当にお辛い日々と拝察いたしますが、色々な方の助けを得ながら日々をお過ごしください。
    自分を励まさないで、泣きたいだけ泣き、叫びたいだけ叫んでください。

    がんばって立ち上がるのはその後のことだと思います・・・
    お祈りしております。

    ユーザーID:5712999302

  • お久しぶりです。トピ主です。

    ありがたいお言葉や本の紹介をありがとうございます。

    このトピを迷った末に投稿させていただいた時は、
    これまでもたくさん辛い思いをしてきたけれど、
    どう考えてもこの出来事だけは耐えられないと思い、
    他の方はどうやってこの人生最大の悲しみを受け止め、乗り越え、
    日常生活に戻って行けたのだろうと疑問ばかりが頭を占めていました。

    でもお言葉をいただいて理解できた気がします。
    この悲しみは何年経っても、どうやっても乗り越えられないのですね。

    この悲しみとともに生き、仏となった夫と上手く付き合えるようになる
    ことが目指すべきところだと分かりました。

    突然の病気で亡くなってしまい、夫こそ無念な思いをしたのに、
    さらに自分の死のせいで私までが駄目になってしまったと、
    夫に後悔や悲しい思いをさせたくない。
    夫とこれまでずっと一緒にいることが出来て、
    本当に大切にしてもらえて、私はとても幸せでした。

    本当にありがとう。安心してそちらの生活を楽しんで。
    上で再会できるときを楽しみにしているから、ちゃんと迎えに来てね。

    皆さま、ありがとうございました。

    ユーザーID:7180172363

  • くるくる!!

    3回目です

    何度もすみません!


    >上で再会できるときを楽しみにしているから、ちゃんと迎えに来てね。


    くるくる!!ちゃんと来ます。
    トピ主さんの御主人、今頃うちの主人とお茶してるかもー

    ゆっくりそっちで人生楽しんでからおいで〜ってね
    ちゃんと待っているからと!


    うちの仏壇からも、チンチンってお願いしておきます。

    主人はとても面倒見の良い人でした。
    上では少しばかり先輩なので、テトテさんの御主人を宜しく頼むよ!!と

    トピ主さん、お互い頑張らないで頑張りましょう!!

    ユーザーID:6329916260

  • 未亡人さん!トピ主です。

    うわー、すごい嬉しいです。
    くるくる!って!!

    未亡人さんの素敵な旦那様、
    私の夫、おしゃべりじゃないし、背が高くてクールに見えるけど、
    実は面白くてカワイイ人なので、どうぞ仲良くしてあげて下さい!


    そういえば葬儀のコーディネーターさんに
    「若い人は亡くなって天国にいくとすごいモテるんですよー。
     ご主人なんてそれこそ大人気でしょうねー。」
    なんて脅されました。

    病院の看護師さんたちにも
    「旦那さん、若くてお肌ピチピチですねー!」
    ってチヤホヤされてたし・・・。

    あんまり人気が出て甘やかされると、そちらの生活が楽しすぎて、
    私がおばあさんになって亡くなった時に、
    「そんなシワシワの人知らないから勝手に来れば?」って、
    迎えにきてもらえないんじゃないかと少し不安になりました。

    でも、私と夫は永遠に切れない絆で結ばれていると信じているから、
    片方が生きていようがいまいが関係なくずっと一緒だし、
    生まれ変わったとしても何が何でも見つけ出します!

    これからの人生、頑張らないで頑張りますね。
    感謝しております。

    ユーザーID:7180172363

  • 4回目です

    なんか4回目で申し訳ないです。

    テトテさんの御主人様も無口ですか・・・
    うちのも無口なんですよ・・・

    無口どうして、男の友情めばえますかね?(笑)



    テトテさんが、私と同じ心配をしているので、可笑しくて4回も出てきて
    しまいました。

    主人は無口ですが、これが意外とモテるんです。
    どうしよう・・あちらでピチピチの彼女とか出来たら。。
    私がおばあちゃんになって上に行っても、「わっかい子はいいなー!」なんて
    鼻の下伸ばしてたらどうしよう・・とか(笑)


    でも多分、むこうも上でおじいちゃんになってるはず!

    もしくは、私が上に行く時に一番綺麗な姿で行けるのかな?♪

    選べるシステムかも!!
    どうなんだろ〜〜〜




    私は死後の世界なんて全く信じない派の人で、死んだらお終いって思ってた
    人なんですが、主人が死んだら死後の世界を信じてたりして(汗)


    しかし亡くなった人に嫉妬って。
    私は主人が本当に大好きで、他の女性を見るだけで嫉妬していたんですけど
    まさが死んでまで嫉妬するなんて思ってもみなかったです!

    ユーザーID:6329916260

  • 未亡人さん、嬉しいです。トピ主です。

    やはり若くして死別した方が少ないのか、私の徳がないだけなのか、
    未亡人さんしかレスを下さる人がいなくなって、
    申し訳ない所か、本当に救われています!ありがとうございます。

    私が想像するに、
    上の世界では同じ波長の魂同士が集まって、
    人間関係の悩みの無い居心地のよい場所を作っていると思うんです。
    むしろ無口で心が綺麗な者どうし、波長が合うはずですから、
    きっと仲良くさせていただいているはずです!

    葬儀のコーディネーターさん曰く、あちらの世界では、
    棺桶に入れてあげたモノや衣服を着て、
    亡くなった年齢のまま傷とか顔色とか全て綺麗になった姿で、
    心穏やかに過ごすんだそうです。だから夫はモテると言われちゃいました。

    こういう職業の方って何か悟ってるというか、真理を知っているというか、
    あちらとこちらの中間にいるような感じがして不思議な説得力があります。

    死んだらお終いだったら生物が生まれ、死ぬ意味はあるのでしょうか?
    本当のところは誰も分かり得ませんが、1つの宗教の枠に囚われずに、
    また夫に会えるし次も一緒になれると希望を持って生きたいです。

    ユーザーID:7180172363

  • 二度めです

    毎日更新確認していました。
    まだ立ち直りができていなくて、楽しくなる文章が書けなくて遠慮していました。新しく更新されていたら必ず読んでいますので、ながーく続けてください。お願いします。

    ユーザーID:0259716034

  • ダメ母さん、トピ主です。

    この悲しみをどうやったら乗り越えられるかばかり考えては、
    やっぱり乗り越えられるはずがないと希望を失いかけていた私に、
    乗り越えずに悲しみと上手く付き合えばいいんだと気付かせてくれたのは、
    ダメ母さんが書いてくださった1回目のレスでした。

    楽しくなる文章なんて無理に書かなくてもいいです。
    私にはダメ母さんが書きたい時に素直な気持ちを書いて下さる方が、
    よっぽど嬉しいし心に響きます。

    同じ悲しみを抱えている人は多くはないけど確かにいて、
    苦しみながらも皆なんとか生きているんだと分かるだけで、
    深い孤独感から救われ、明日まで生きる勇気をいただいています。

    私にはトピックの閉じ方が分かりません。
    きっと書く人がいなくなったら運営さんの判断で閉じるのかなと思ってます。
    本当に必要とされているトピはそう簡単には閉じないはずです。
    私も毎日祈る気持ちで確認しておりますので、私からもお願いします。

    ユーザーID:7180172363

  • ゆっくり焦らず

    はじめまして。
    8年前に36歳の主人を亡くしました。
    一年間闘病し治ると半分期待しダメかもと半分あきらめの気持ちが交錯する日々でした。

    私も学生時代からの付き合いで主人がいる日々が当たり前でした。
    私の一番の味方で親友である主人がいなくなって喪失感でいっぱいです。

    テトテさんはまだご主人を亡くして数ヶ月。
    私はその頃は周りの景色が白黒のように色あせて見え花もきれいと思えずテレビも面白く感じませんでした。

    一年経って仕事を少しずつ始め、3年経った頃ドラマや映画を見て楽しいと思えるようになりました。
    5年経った頃やっとディズニーランドに子供を連れて行く気になりました。

    5年経った頃ふと思いました。
    悲しみや喪失感はまだまだいっぱいあるのに主人のいないことが日常になりつつあることに。

    8年経ちましたが悲しみは癒えることはありませんが少し質が変わったかもしれません。
    ただ主人と一緒の生活に戻りたいという感情がたまに強く出てきます。

    私は同じ境遇の方とお話しすることで大分気持ちが軽りました。
    テトテさんもそのような機会に恵まれるといいですね。

    ユーザーID:7541715045

レス求!トピ一覧