• ホーム
  • 学ぶ
  • オトナの女性が、勉強(?)になるコミックを教えてください。

オトナの女性が、勉強(?)になるコミックを教えてください。

レス47
(トピ主7
お気に入り188

趣味・教育・教養

紅緒

はじめまして。アラフォー会社員の紅緒と申します。
初投稿で不慣れですが、よろしくお願いいたします。

私は、中高校時代、マンガ大好き少女で、多感な時期に、
良い作品とたくさん出会え、現在の教養の一助にもなりました。が、

就職以来、20年以上、仕事や多趣味や家事等に追われ、
すっかり、マンガを読むことを忘れ去っておりました。

今あらためて、「マンガで、未知の世界を覗いて視野を広げたい!
素晴らしい作品も年々増えているハズ!」と思うのですが、
今更、書店の棚を見ても、作家名や表紙だけでは、判断がつきません。

40代既婚フルタイム事務職(子供はいません)なので、もはや、
学園青春恋愛モノや冒険ファンタジーやスポーツ系には関心がありません。

社会人として、または、女性として、今後の人生後半に役立つような
「教養・勉強・薀蓄」になる<読み応えのあるコミック>がありましたら、
是非ご紹介いただきたく、よろしくお願いいたします。

漠然とした希望で恐縮ですが、
様々な業界・ビジネスの内幕ものや、医療系(老後のため?)とか、
歴史・感動モノ、今後の人生や生きがいを考えさせてくれるような作品等。
その一方で、ストレスや不安を笑い飛ばせるような作品も希望です。

 ちなみに、当時、好きだったのは、
 大和和紀さん・大島弓子さん、青池保子さん・森川久美さん・
 吉田秋生さん・岡野玲子さん・手塚治虫さん等です。

 最近、偶々感涙したのは「夕凪の街・桜の国」、
 最近、偶々購入したのは「テルマエ・ロマエ」です。

絵柄が綺麗な作品にこしたことはありませんが、
もちろん、内容重視で、男性向けのコミックでも構いません。

作品名・作家名に、お薦めのポイントなども書き添えて頂けると
大変有難いです。よろしくお願いいたします。

ユーザーID:2974167191

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数47

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 今でも活躍中の方々です!

    とぴ主さんが昔好きだった作家さんたちは
    皆さんまだまだ第一線で活躍してる方々ばかりです!

    大和和紀の「イシュタルの娘」
    吉田秋生の「海街」
    あたりは現在連載中で私も読んでます!

    あと30代以降でも楽しいと思えるのは

    よしながふみ「大奥」
    篠原千絵「夢の雫 黄金の鳥籠」など

    ほとんど歴史物で内容も濃くておもしろいです!


    でもでも!面白さなら意外と少女漫画も侮れない!
    高校学園ものの「君に届け」なんて30歳の私が発売日を心待にしています(笑)

    超売れてる漫画は老若男女問わずやっぱりおもしろいです。
    少年漫画の「ワンピース」とか

    ユーザーID:8190228575

  • 昔ですみません

    もう、昔の昭和時代を思い出す作品ですが…

    私は息子が中学生頃に学校の先生から勧められた作品でドラマにもなった

    (三丁目の夕日)が良かったですが


    西岸良平の作品好きです

    彼の(たんぽぽさん)
    は…

    ほのぼのfamilyものでありながら

    フリーター通しの結婚生活!
    幸せ物語ですが、彼らの人間性が勉強になりました


    笑える所も多く、
    現代人が忘れている 人間性があり、読んでいて楽しい作品だと思ってます

    トピ主さんは手塚治虫が好きだったようですね
    私もブラックジャックが超面白かったです

    他には(美味しんぼ)
    などは長く続いてますね
    これは主婦としていろいろ参考にもなります

    恋愛ものや学園もの は大嫌いで読んだ事ありません

    ユーザーID:0968626011

  • 聖☆おにいさん

    オススメは
    「聖☆おにいさん」
    作者は中村光さんです。
    ギャグ漫画です。
    荒川アンダーザブリッジの作者さんで有名です。
    最初の1、2巻は知識がなくても笑えますが、巻が進につれて、聖書の内容や手塚治虫さんのブッダなどを知らないと笑えない部分が増えていきます(笑)
    パロディが入っていたり、細かな笑いが増えていくので。
    全巻通してほのぼのしていますので、殺伐とした心が癒やされます。
    興味があれば、ぜひ読んでみてください。

    ユーザーID:6461152510

  • 古い漫画ですが

    古い漫画ですが、

    「エースをねらえ」

    強くオススメします。

    30代後半の私が、最近久しぶりに再読して、本当に感動し、考えさせられました。

    10代の時に読んだことはありましたが、大人になった今だからわかる部分もたくさんあり、生き方にも影響を与えてくれます。

    ただのテニス漫画ではありませんよ〜

    ユーザーID:5928078050

  • おすすめ

    浦沢直樹「MASTERキートン」:考古学サバイバル探偵もの
    よしながふみ「大奥」:江戸時代フィクション
    よしながふみ「きのう何食べた?」:ごはんもの?
    吉田秋生「海街diary」:日記もの?

    どれも面白かったです。

    ユーザーID:0500656188

  • そうですね…

    >社会人として、または、女性として、今後の人生後半に役立つような
    「教養・勉強・薀蓄」になる<読み応えのあるコミック>

    難しいですね。私自身40代ですが、漫画は娯楽なので勉強の為には読まないです。
    トピ主さんには「コミックエッセイ」というジャンルをお勧めします。
    本屋さんではコミックコーナーでは無く、エッセイコーナーに並んでいます。
    著者の趣味や経験、人生などを漫画やイラストでエッセイにしたものです。
    図書館でも「エッセイ 漫画」などのキーワードで検索できます。

    コミックコーナーにあるものでおすすめは
    ・「百姓貴族」荒川 弘 人気漫画家が北海道で牧場を営む実家の実情を漫画化。
       真面目なドキュメンタリー風ではなく、笑いながら牧場の実態を学べます。
    ・「坊主DAYS」杜康 潤  やはり漫画家の方なんですが実家がお寺。
       仏教について面白可笑しく学べます。
    ・「グーグーだって猫である」 大島弓子 サバを亡くした後の大島さんの生活のコミックエッセイ。
       猫に対する考え方がサバに対するそれとは変化していく様子がよくわかります。

    ユーザーID:2651460028

  • まだなら是非

    ゴルゴ13をおすすめします。
    トピ主さんが望んでいる内容そのものかと思います。

    ユーザーID:9185560135

  • わかりやすい。

    「もやしもん」
    細菌のことがわかりやすく書かれてます。
    抗菌、殺菌に血眼になってる潔癖性さんが読めば
    目から鱗が落ちて楽に暮らせるだろうに、といつも思います。
    漫画としても面白いです。

    「ちはやふる」
    学園ものですが、百人一首がわかりやすい漫画です。
    かるたの試合が見たくなります。

    「ジャイアント・キリング」
    サッカーの監督が主人公です。
    サッカーやサッカークラブ、人の動かし方など面白いです。

    全てまだ完結してないのですが、面白いですよ〜。

    ユーザーID:8665037075

  • 家栽の人

    「家栽の人」(家裁じゃないの)
    です。

    表面だけじゃない、人間の内側まで見て裁く判事の話です。出てくる人物の描写一人一人の考え方がリアル!

    主人公の桑田さんは植物好きなので(花より庭木が多いかな)、植物の育て方まで勉強できちゃうおまけつき。

    後は、若くなっちゃいますが、
    「サプリ」
    凄く懐かしい甘酸っぱい気持ちになれる切ないけどラストぐっとくる20代後半働く女子の話です。

    おまけ、「黄昏流星群」

    中年男の気持ちが凄く解る気がする(笑)。

    ユーザーID:3334969174

  • それではいくつか

    よしながふみ「大奥」
    これはもうSFです。これを読んで徳川の歴史をつかみ、本当の歴史を別の本などを読んで比較すると面白いです。

    石川 雅之「もやしもん」
    普段食べている発酵食品のことがよくわかります。

    成田 美名子「花よりも花の如く」
    能の世界を垣間見れます。

    緑川 ゆき「夏目友人帳」
    為になる系ではないですが、妖怪ものです。ほのぼのした感じです。

    ユーザーID:0324605830

  • 私も

    アラフォー女性です。最近満喫へ行くことを覚え、働きマン、深夜食堂、黄昏流星群なんか読んでます。益田ミリさんのまんがは私たちの世代の話ばかりでなんか考えさせられます。ちなみに一番すきなのはアフロ田中です。ばかばかしくて笑えます

    ユーザーID:5676127936

  • それでは

    ・裁判員の女神(作: 毛利甚八、画:かわすみひろし)
      裁判員裁判の漫画です。一言でいえないいろいろな話が読めます。

    ・家栽の人(作: 毛利甚八、画:魚戸おさむ)
      家庭裁判所関係の漫画です。ドラマ化もされましたが、原作の方が深いと思います。

    ・加治隆介の議(弘兼憲史)
      商社勤めの大物政治家の息子が、父の死から政治家になる話です。

    ・沈黙の艦隊(かわぐちかいじ)
      原子力潜水艦が独立国家を宣言、米ロ軍隊と互角にわたりあい、
      最後は国連をも動かし、世界政府樹立を目指す話です。

    ・太陽の黙示録(かわぐちかいじ)
      大地震で日本が2つに分かれ、北を中国、南をアメリカがそれぞれ実効支配する中、
      被害甚大だった東京近郊に中立地帯を樹立、最後は新生日本を樹立する話です。
      主な登場人物やエピソードが三国志になぞらえられています。

    ・メスよ輝け!(作: 高山路爛、画: やまだ哲太)
      映画「孤高のメス」の当初原作です。

    ・重役秘書リナ(作: 楠木あると、画: 今野いず美)
      都市銀行副頭取の秘書の話です。

    青年ものばかりですみません。

    ユーザーID:2162440462

  • 槇村さとるさんの作品!

     「Real Clothes」 と 「Do Da Dancin'!」(月刊OFFICE YOU 連載中) を、強くお勧めします!

    前者は 百貨店の婦人服売り場で仕事と恋に前向きに生きる女性を描いた作品で、以前ドラマ化されました。

    後者は バレエが大好きで類い稀なる才能を持つヒロインが、数々の困難をも力に変えてステップアップして行く物語です。

    どちらも主人公がすごく魅力的でストーリーも深いので引き込まれます。

    読んで絶対損は無し!

    ユーザーID:0996096868

  • 鬼灯の冷徹

    大奥とか宇宙兄弟とかもやしもんとかもオススメなんですけど、


    最近はまったのが「鬼灯の冷徹」です。地獄に詳しくなります。なにげにドSな、徹底的にドSな閻魔大王の有能な補佐官が主人公です。


    麻生みこと「そこをなんとか」「路地恋花」弁護士ものと作家(物作り)ものになるのかな? 脱力と切なさが混ざった感じ。(そうおとすかーっ、という)


    連載が終わってていいならエマとか乙嫁物語(これは連載中)とか森薫の作品。

    医療もので浮かんだのは、麻酔科医ハナ。


    いずれも、日常に役立つかはわかりませんが、教養・勉強・蘊蓄はかすっていると思います。

    ユーザーID:9300220413

  • んじゃホントに蘊蓄付きのを

    まだ今のところ挙がってなくて、ピチピチ(連載中)で、
    専門家の解説がついてるのを。

    ・惣領冬実『チェーザレ 破壊の創造者』
    原基晶(大学の先生でダンテ学者)監修で、ごっつい解説や語彙説明がついてる。
    ・羽海野チカ『三月のライオン』
    先崎学八段監修で、軽めの解説(というか将棋エッセイというか)がついてる。

    チェーザレの方はルネッサンス期の時代考証から文献精査から何から大変な作業のようですが、
    ただ、何だか知識に振り回されてるような感じがあって、
    どうも話としてはイマイチ入り込めないんですが、私は。
    でも「蘊蓄マンガを」という条件ならピッタリじゃないかと。絵が綺麗。

    三月のライオンは、もうみんな知ってるから誰も挙げないのかな〜。
    若いプロ棋士(将棋)が主人公です。グイグイ来ます。面白い。

    あ、それと、解説付きじゃないんですが、
    もこさんの挙げてらっしゃる『百姓貴族』を読んじゃうと、
    あとは同作者の『銀の匙』まで一直線じゃないかと思います。
    銀の匙、まだ一巻だけですが、面白いですよ。農業高校マンガです。

    ユーザーID:9942564069

  • 間違ったかも!

    ん?もしや、「羽海野チカ『3月のライオン』」のはずのものを間違って書き込んじゃったかな?
    もし『8月のライオン』とか書いてたらごめんなさい、間違えました。
    正しくは『3月のライオン』です。

    ユーザーID:9942564069

  • 薀蓄なら

    河原泉さんはいかがでしょうか。
    ほのぼの笑える系です。

    「美貌の果実」ならば、ワインの作り方や同収録作品で南国フルーツについていろいろ知ることができます。
    「ゲートボール殺人事件」では、ゲートボールのルールなど。
    「銀のロマンチック・・・わはは」は、フィギュアスケートの話なんですが、ルールが以前のものなので、「あのころはこうだったのか!」と思って読むと面白いです。

    少し古い(二十年以上前)作品なので、ブックオフなどで探してみてください。

    ユーザーID:0303272233

  • 社会人になってから本当の良さがわかった

    少年ジャンプ連載で今更、と思われるかもしれませんが「銀魂」です。
    普段は生気のないダメダメな主人公(アラサー)がやるときはやる、生きてく上でそんなにがんばりすぎないでもいいけど大事なものってあるよね、と色々教えてくれます。笑いあり、涙ありの人情系ギャグ漫画です。
    通常の少年漫画のようにストレートで熱い感じはなく、がんばれ!!と励ましてくれる系では全くなく、どんなに負け犬でぼろぼろな人生でも自分らしく生きてればそれだけで上等だ、とじんわり励まされるので、疲れた社会人の心にすっと入ってきました。
    ひどすぎる下ネタもあるので、注意が必要ですけどね。(私も下ネタはすきではないのですが、ここまでひどいと逆に笑えました)

    ユーザーID:4423951282

  • 感動ものなら

    石塚真一先生の「岳 みんなの山」
    ちなみに「がく」と読みます。

    ユーザーID:9340995544

  • いろいろ

    「はいからさん」世代です。
    皆さんがあげてらっしゃるコミックス「海街Diary」「ちはやふる」「3月のライオン」「もやしもん」「大奥」などは、発売日に購入しています。

    他には
    「とめはね!」(高校生の書道部マンガですが、ものすごく書道に対する蘊蓄が語られています。特にかなの書の話など、目から鱗です。)

    とりのなん子さんの「とりぱん」野鳥の四コマ漫画です。面白いし自然を振り返るきっかけになるかと。(笑いも多いにあり。)とりのなん子さんの生き方も自然体でなかなか良いのです。

    こうのさんをあげられているので、すでに読まれているかもしれませんが、「この世界の片隅に」もよかったですよ。

    あと、もし山に関心がおありなら「岳」もよいかと…。

    吉田さんの海街Diaryはサブタイトルの方がおっきいので、
    念のため題名記しておきます。
    「蝉時雨のやむ頃」「真昼の月」「陽のあたる坂道」「帰れないふたり」です。

    ユーザーID:3479787606

  • そりゃあもう

    闇金ウシジマくん、でしょう。

    後悔はさせません。
    平凡って幸せ、と感じることが出来ます。

    ユーザーID:6309094819

  • うんちくマンガなら!

    うんちくマンガ好きです。オススメなのは、

    「コンシェルジュ」原作:いしぜきひでゆき、画:藤栄道彦
    ホテルのコンシェルジュが活躍する話。思いやりやおもてなしの心、仕事論や人間ドラマなど、
    盛りだくさんな内容です。デフォルメするところはきちんとしてあり、笑いどころも多いので、
    軽く読めると思います。

    「バーテンダー」原作:城アラキ、画:長友健篩
    相葉雅紀さんでドラマにもなってましたが、お酒の知識だけでなく、バーでの振る舞い方、
    感情の機微や大人になること、大人であることなどを考えさせられます。切ない話が多いかも?

    その他、「王様の仕立て屋」(大河原遁/紳士服やマナー)、「ちはやふる」(末次由紀/百人一首)、
    「MASTERキートン」(浦沢直樹/考古学など)、「ZOO KEEPER」(青木幸子/動物園の裏側)などなど。
    医療系なら「医龍」とか「研修医ななこ」とか。前者はシリアス、後者は笑って知識が増やせます。

    笑える系なら、川原泉(ブレーメンIIや笑う大天使)・佐々木倫子(動物のお医者さんやHEAVEN?)を
    お勧めします!笑ってほのぼのして知識も増やせると思います。

    ユーザーID:9107106801

  • 歴史物中心で

    トピ主さんと同世代、既婚、男性です。

    まずはトピ主さんが挙げた作家の作品から。
    既読作もあるかもしれません。

    青池保子さん『アルカサル王城』、中世スペインのお話。
    手塚治虫さん『アドルフに告ぐ』、ヒトラーをめぐるお話。

    『テルマエ・ロマエ』絡みで、
    塩野七生さん『ローマ人の物語』、漫画ではありませんがこれが一番のオススメです。

    最近の少女漫画では、他の方も挙げている『ちはやふる』『君に届け』は面白いです。
    歴史系では『女王の花』、秦の始皇帝をモデルにしているらしいお話です。

    男性向けだと、『へうげもの』(戦国時代)、『宇宙兄弟』(近未来)、『ヒストリエ』(古代マケドニア)、『蒼天航路』(三国志)。
    SFですが『寄生獣』。

    業界の内幕ものだと、『ナニワ金融道』『カバチタレ!』『ウシジマくん』あたりでしょうか。
    『ゴルゴ13』『島耕作』は現代社会の様々なトピックスを取り上げていて、読み方によっては勉強になります。

    『カイジ』など福本伸行さんの作品は、窮地に陥った人間の心理描写がすごくて、読み応え満点です。

    ユーザーID:9052536106

  • 私も大人の女性ですが

    「宇宙兄弟」はお勧めです。今度映画化しますよね。主人公が宇宙飛行士になり、それからを描いており、現在も連載中です。結構コミカルに描かれていたりするのですごく読みやすいです。

    「べしゃり暮らし」お笑い業界の話ですが、人間の心理描写が丁寧だと思いました。これを読むと芸人さんへの見る目が変わります。

    あとイギリスの歴史などをモデルに描いている「ヴィンランド・サガ」なんかもお勧めです。作者はかなり調べて描いているようで、細かいです。

    ユーザーID:5170777609

  • ヘルプマン

    ヘルプマンをオススメします。
    絶対損はしませんよ。
    高齢化社会のバイブル(ちょっとおおげさかな?)

    ユーザーID:7394579106

  • 銀行、外交料理、うつ、美術

    私も気づけば、面白いと思うマンガがうんちくばかりに…オトナの女…?
    そんな私が何度も繰り返し読むマンガは…
    まず「この女にかけろ」(原作:周良貨 絵忘れた)。バブル崩壊から90年代終わりごろの不良債権まみれの銀行をリアルに描いたと、当時評判だったマンガです。体質が古い都銀の女性総合職1期生が、度胸としなやかな図太さとで、銀行業界の問題をズバリと解決しつつ、したくもないのに出世していく物語。携帯電話も普及してない時代の話ですが、今読んでも古くない部分が沢山あります。
    次に「大使閣下の料理人」。最初は料理対決っぽいですが、文庫二巻目以降は東南アジアに赴任する外交官をサポートする料理人の真面目な活躍が描かれています。リアルかは知りませんが、エリゼ宮の食卓とかドキュメンタリー本を読んでも違和感ありませんでした。
    続いて「ツレがうつになりまして。」。映画も素晴らしいですが、マンガもいいです。
    最後に「ギャラリーフェイク」。古いですがドキドキし、美術のことが勉強になります。絵画修復家や美術品盗難やオークションや贋作事件のドキュメンタリー本を読んでも違和感なく、よく調べたマンガだなと感心しました。

    ユーザーID:2229031754

  • 世間はお前らの母親ではない!

    「カイジ」は社会人として、必須だと思いますので、是非一読ください。

    ユーザーID:4754996733

  • 天上の虹

    里中満智子著。
    副題が、持統天皇物語。

    天智、天武、持統という古代天皇の時代を史実を中心に、政権を巡る争いや古代人達の激しい恋愛が描かれていて、唸ってしまいます。
    書き下ろしコミックで、2年に一冊と言うペースでゆっくりと書かれていきます。まだ継続中です(21巻まで出ていますが、21巻が出たのが2009年)。

    ユーザーID:1480310067

  • トピ主です、御礼と近況報告です!

    トピ主の紅緒です。

    みなさま、多彩なコミックをオススメいただきまして、
    本当にありがとうございました!!

    自分からは絶対、手に取らないような作品も多く、
    コミックを通して、社会勉強になったり、世界が開けていきそうな気がして、
    ワクワクドキドキ、嬉しいです。

    ドラマ化やアニメ化された話題作も、結構あるようですね。
    近年、テレビをみる機会が少なくて、ほとんど知りませんでした。


    お蔭さまで、今週、狭い我が家は、ちょっとした★パニック状態★になっております。
    廊下に、段ボール箱が、ズラリ〜(笑)



    いつの間にか、134冊も、購入しておりました。
     (一気買いに、ちょっと反省中でもありますが。)


    今回、購入までには至らなかったオススメマンガも、
    今後、すべて、折をみて、なんとか読みたい!と思っております。

    ひとまず、御礼と近況報告まで。


    よろしければ、引き続き、ご紹介をよろしくお願いいたします。

    ユーザーID:2974167191

  • どんぐりの家

    うんちくや勉強とは違うかもしれませんが…

    聴覚重複障害の方達の自立支援の歴史(?)を描いた漫画です。
    社会の表には見えないこんなことがあった、いや、あるのだ!
    と、自分の無知を思い知らされた作品です。

    本当に豊かな社会というのはなんなのかと考えさせられます。

    そして、私の生き方にも影響を与えた作品でもあります。

    ユーザーID:2801296143

レス求!トピ一覧