あの時は本当につらかったなあ。

レス10
(トピ主0
お気に入り34

家族・友人・人間関係

秋晴れ

レス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • お疲れ様でした

    大変な時期が過ぎ去った後で、ふと振り返ると気付くことがあったりしますよね。
    お疲れ様でした。
    ここしばらく心を落ち着かせて、ごゆっくりなさってくださいね。

    私の方でも、10年程前には、ペット、母、義父、父、そして自分の順番で、立て続けに病に臥しました。
    それぞれに違った病気で手術も受け、母と父が同時期に入院していた時もあり、どうなる事かと思った日々もありました。

    そんな時期が過ぎ去ってみると、上記のうち残っているのは父と私。
    一緒に暮らしていた時には横暴でほとんど口もきかなかった父でしたが、今では対等に話も出来る間柄になりました。
    突っ込んだ話が出来るようになってからは、「ああ、やっぱり親子だったんだ。」と思えるようになりました。
    今ではお互いに嵐の後の平和な時間を過ごしています。

    ユーザーID:4798827647

  • うらやましい

    今は穏やかな関係を保てているんでしょうか?トピ主さんが羨ましいです。

    私は結婚と同時に夫の両親と同居をし、25年になります。
    色々ありながらも近所の人からは「お宅は嫁姑がうまくやっていて羨ましい」といわれたりしていました。

    それが1ヶ月ほど前から姑が急に私のことを無視しはじめました。突然のことで全く原因が分かりません。
    私が何かしたのかも知れませんが、心当たりといえば義妹との他愛のない会話。
    それが義妹の気に障って更に姑の逆鱗に触れたのかも知れません。
    それとも、私が気付かぬうちに姑に何か気に障ることをしてしまったのかも知れません。
    今は気にしていない振りを続けていますが、同居なのでこの状態が続くのは本当に苦痛です。

    トピ主さんのトピックに便乗して誰にも言えない胸の内を書かせていただきました。

    ユーザーID:0090962053

  • 義父

    半月ほど前、義父が亡くなりました。
    最後は寝たきりで自宅療養しており、24時間見守りが必要でした。
    でも全然苦じゃなかったんです。
    自宅で看取れたこと、よかったと思います。
    それよりも認知症発症すぐのこと。
    子育てと介護が並行してぐたぐたでした。
    部屋中ぬりたくられた便を泣きながら掃除したこともあったな〜。
    警察や救急車、消防車を呼ぶこと数回。
    ご近所に怒鳴り込み。
    謝り倒してました。

    あのときは本当に辛かった。

    ユーザーID:1117222465

  • 偉いですね。

    そう思えるようになれて よかったですね。素晴らしいと思います。

    ユーザーID:6613369754

  • トピのタイトル変えたら、内容の意味合いがガラリと変わるのに。

    とか一瞬思っちゃった浅薄な自分ですが、
    実際は、
    とても味があるトピだな〜と。

    なぜなら、
    トピの内容がすごく切ない感じでステキだったものですから、
    タイトルと内容と合わない気がした、
    でも、
    善人を気取る必要もないですものね。
    人間関係はきれいごとではない。
    色んなことがあったのでしょう。

    むしろこのタイトルじゃなきゃ完成しないトピですね。
    屈折と矛盾の交差した、
    良いトピです。

    30年の年月が過ぎ去り、
    しみじみと、
    「辛かった」思いをかみ締める現在なのですね。
    同時に、
    現在の独居高齢者をも、思うトピ主さん。
    イヤな経験を超えた、他人への情けこそ、
    世を助けることもあります。

    私の老母も独居ですから、
    最近大変になりつつあり、
    色々、
    考えますね。

    人は生きている限り、
    生きていかねばならないし、
    また、
    生きていっても良いのだな、
    とふいに思いました。
    救われました。

    さびしくても。
    ずうずうしくてもですね。

    ユーザーID:8352353532

  • わかるなぁ…

    わたしも新婚当初、姑との付き合い方にとても悩みました。
    姑は「本当の娘だと思って大事にする」と言いながらとても意地悪でした。
    あの陰険で巧妙な手には太刀打ち出来ないなぁ…と思ったので、
    こちらから接触するのは止めていました。
    しかし、あるきっかけで姑とじっくり話す機会を得て、よくよく聞いてみたら、
    姑自身も壮絶な苛めに耐えていたと知りました。
    それに比べれば、私は夫とも仲良くやっているし、はるかにマシでした。
    私自身も色々な事があり、それなりの経験を積んでキャパシティが増えたのか、
    姑に対して「可哀想な人だな」と思えてきて、
    大目に見てやるか(←許すまでには至らず…)
    という気持ちになっています。

    だいぶ年老いてきた姑。
    お互いに幸せになれるように、
    ベストを尽くして寄り添ってあげたいと思います。

    ユーザーID:6557993199

  • 何だか

    涙がポロリ‥。

    秋めいて来たせいかな。
    主さんとお姑さん、どちらにもポロリとした。

    ユーザーID:2002660645

  • いつか通る道・・・?

    姑とのいざこざは数え切れないほどありましたが、一番辛かったのは生まれ育ちをけなされたこと。
    「○○育ちの嫁なんかもらって失敗だった。恥さらしだ。」と。

    生まれ育ちは自分で選べない。
    努力したり視点を変えてもどうにもならない。
    そもそも○○育ちが一般的に見て悪いことではない。
    ただ姑の気に入らなかっただけで。

    いつか私も姑になる。
    嫁の育ちが気になることもあるのだろうか。

    「違う、絶対に姑と同類の人間にはならない」
    「うぬぼれちゃいけない。私にだって煩悩はある」
    心の中で二つの声が同時に響きます。

    ユーザーID:6011892625

  • 寂しさを感じました

    義理のご両親、亡くなられたのですか?

    ユーザーID:9121974793

  • いつか通る道ですよね。

    物思いにふける秋ですよね・・・・
    秋だからこそ余計に感じるのかも知れないです。

    人の道はいつか自分も通る道ですよね。
    姑の道も・・・いつかは同じ立場で・・・複雑です。

    私も37年の結婚生活で、波乱でしたが今では平穏な日々を過ごせています。

    辛いことも多々ありましたが、今では風化してしまい懐かしくさえ思えます。

    元気でこれからの人生を楽しみましょうね。

    ユーザーID:0548390205

レス求!トピ一覧