• ホーム
  • 編集部
  • 中学受験の「成功談」「失敗談」を教えてください!

中学受験の「成功談」「失敗談」を教えてください!

レス96
(トピ主1
お気に入り411

編集部からのトピ

大手小町編集部

 中学受験というと、「受験はもっと大きくなってから」「子どものうちは外で元気よく」と考える人の方が多いと思いますが、自分が経験者だと、子どもにも受験させるという傾向があるそうです。

 夜の電車などで塾帰りの子どもたちを見かけると、「こんな時間まで勉強させられるなんて、なんだかかわいそう」という気がしてきますが、経験者に言わせると「塾通いも結構楽しい思い出」なんだそうです。

 そこで、経験者の方に、中学受験をしてよかったという成功談や、逆に後悔するような失敗談があったら教えていただきたいと思います。自分が受験したという人でも、親として受験させたという人でも結構です。


読売受験サポートロゴマーク


 読売新聞は、中学受験に向けて奮闘する小学生やその保護者を応援するサイト「読売受験サポート」をオープンしました。

 「子どもをうまく勉強させるコツ」を教えてくれるコラムなど、受験しないご家庭にも役立つコンテンツがいろいろありますよ。会員登録してメルマガを受信すると、毎週応募できるプレゼントもやっています!

中学受験応援サイト「読売受験サポート」へ

 また、「今まさに受験に取り組み中」という方は、中学受験専門の掲示板がありますので、悩みなどがあればそちらで。トピックを立てるには会員登録が必要ですが、受験の専門家が答えてくれる場合もあります。感想や回答などのレスなら、誰でもOKです。

掲示板へ

 では、皆様の成功談、失敗談、お待ちしています!

ユーザーID:1427441031

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数96

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 受験後の経験談ではありませんが・・・・

    夫も自分も中学受験はしたことありませんが、現在息子(小5)が通塾しています。

    うちの場合は子供が「中学受験したい。塾に行きたい。」と言ってきました。
    かなり高度な勉強をしていますし、宿題も大変そうです。
    週テストの結果が良くないと理解出来るまで帰れません。不得意科目の曜日は帰宅が遅いです。
    それでも息子は塾が楽しいと言っています。

    高学年になると、スポーツ系や芸術系の習い事でも長時間で夜遅い時間の帰宅ですよね。
    スポーツ系や芸術系だと可哀相じゃなくて、勉強だと可哀相って感覚になる人が多いですが
    子供からすれば"スポーツだろうと芸術だろうと勉強だろうと、楽しいものは楽しい。嫌なものは嫌。"なんじゃないかと思います。
    通塾することで、遊ぶ時間が減るというデメリットを考えたことがあります。
    でも通塾する子だけじゃないんです。スポーツ系・芸術系の習い事をしている子も同じ。
    子供達は習い事に行く前の数十分でも友達と遊び、習い事のない日は目一杯遊んでいます。
    やるべきことがある日は遊びに行かずにやる。自分で考えて行動しています。
    中学受験は厳しい世界ですが、子供の糧になっていると感じています。

    ユーザーID:7674974997

  • 三人受験しました

    結構たいへんでした。目指す中学はやはり点数が厳しかったりしたので親も怒ることが多くなって…
    子供も 早熟な子は 将来の目標などが決まっていて割と取り組みやすいのかなとも思いますが うちは三人とも そういう子供とは違い ずっとその葛藤(なぜ今、勉強するのか)の中でもがき、苦しみ、ぶつかり
    精神的にかなり厳しかった


    三人とも大学までの附属に通いました。

    学校はどの学校も凄くよい学校で 本当にこの為にがんばって良かったと思います。
    本人たちも あれから何年もたち 大学生でもあり
    別の大学の院生でもありなんですが、今、きちんと教えていただいたことに感謝しているし 中学からのお友達とも本当に楽しくおつきあいしています。
    とても良い教育をしていただきました。

    ユーザーID:2403471475

  • 勉強することが当たり前の世界

     私と弟は、小学校〜大学までずっと私立です。私は小学校〜高校まで一緒の場所、弟は中学から中高一貫性の学校です。ただし、私のいた学校の場合は、どの人も平等に試験を受ける決まりがあり、普通に試験を受けました。

     毎日のように3〜4個宿題があり、低学年から30分の家庭学習は当たり前、勉強というよりは生活習慣の一部でした。まあ、その辺は私の両親の賜物ともいえますが…高学年になり、私は女の子ということもあり、外で遊ぶのはみっともないから控えろとお年寄り衆(田舎なので)に言われたこともあって、必然的に家に居て勉強する時間が増えました。
     私の場合は、生活習慣=勉強だったことが成功につながったといえます。

     弟の場合は、要領がよく、宿題もよくサボってました。ただし、努力しなくてもそこそこの成績でした。高学年になって、同志が集まる塾に日曜日に行くようになりました。彼の場合は仲間とやることが成功につながったといえます。


     私と弟に共通しているのは、周りもほとんど受験するし、初めから中学は受験するもんと思ってました。というか、公立も試験で入ると思っていたくらいですので…

    ユーザーID:0285298286

  • 大成功!   でしたが・・・

    大学生の息子のことです。
    公立の小学校でいわゆる「うきこぼれ」状態だったので中受を決意しました。
    ハードといわれるS塾に3年間通わせました。
    素直な性格の息子は塾に言われた通りに課題をこなし、順調に偏差値(あえて実力と書きません。)を伸ばし、御三家といわれる学校の合格を勝ち取りました。
    6年生の夏からはもう体力勝負のハードさでしたね。
    ですから、晴れて入学した学校のお友達は皆さん知力はもちろん、体力的にも優れたものを持っています。
    上位校というのは無理やり勉強させたりは絶対しないので、のびのびと楽しい6年間を優秀なお友達に囲まれて過ごしました。
    でも大学受験はあくまで本人の才能と努力。

    結果、一浪してかなり本人にとって不本意な大学に落ち着きました。
    正直、公立コースでも良かったんじゃないか。との思いが頭をよぎりました。

    でも中高で得たお友達はかけがえがないし、エリートの世界を垣間見たことはこの先の長い人生の中で良いことだったと信じたいです。
    30,40.50.60・・・・・    まだまだ彼の人生はこれからです。
    中学受験が成功だったのか、不成功だったのか、答えはずっと先・・

    ユーザーID:7089123159

  • 中学受験すればよかった・・・

    ちょっと後悔しています。
    3人とも私立はちょっと無理ですけど、3男は私立がよかったかな、と。
    3男はちょっと出来がいいので、今行っている公立中の授業が簡単すぎるって。

    私立だったら、先取りというか、
    指導要領?にとらわれずに先に進むところは進むらしいですから。

    上2人は「ゆとり世代」で、本人たちが「俺たちは被害者」と文句を言っています。
    指導要領に「●●については教えてもいい」と書いてあると、
    先生としては、「教えなくてもいいから教えない」ということになるケースが多いそうです。(長男が言うには、そういうことらしい)

    うちの周りは受験しない人たちがほとんどだったので、
    何となくそのまま公立でしたが、他の地域だったら、うちも違ったかも。

    中学受験しなくても、受験する人たちがどんなことをやっているのか、
    知っておくと刺激にもなるんじゃないでしょうか。

    うちは今さら遅いけど・・・

    ユーザーID:6288463196

  • 編集部からのトピランキング

    一覧
  • うちは受けていませんが

    息子の通う公立中学に全滅の友達が数人いました。
    彼らが全滅していることは、知れ渡っており、
    いつも私立全滅の〇〇くんと呼ばれていました。

    私立は、全員が全員どこかに合格するわけではないですから、
    厳しいもんなんだなあと思っていました。

    あと、近所の友達は、合格しても絶対学校名を明かしませんでした。
    友達のお兄ちゃんは、ここまでしたのに公立に行くのはかっこ悪いから、
    お願いだから唯一うかったすべりどめの中学にいかせてほしいと
    泣いてたのんだという話もききました。

    希望に受かる子はいいんです。
    でも、私のまわりには、希望でない進学をした子が多かったのも事実です。

    ちなみに、うちはどっちでもいいというのでさせませんでした。
    成績も普通でしたから。

    今は私立の進学校に、中学できちんと勉強していたので
    推薦でらくちん進学しました。

    ユーザーID:8374290092

  • 反対

    都内ベスト3に入る学校に中高と通いました。
    受験には反対です。
    子供のころの学歴など、将来には全く影響しません。逆に進学校は子供の可能や個性を潰し、勉強以外の評価をしません。そこにいる子供の多くはそういった価値観です。
    なりたい職業をみつけ、専門学校を進路に希望した子が、前代未聞と会議に呼び出されたのも懐かしい思い出です。
    私といえば流れに逆らえず大学進学。しかしすきなことが仕事になるとは考えられず(教育のたまものですね!)今も道に迷ったままです。
    本当に勉強しか取りえがないなら、進学校でその才能を競うのもいいでしょう。でももしほかになにか興味、個性があるなら、勉強専門学校はオススメしません。勉強は塾だってできます

    ユーザーID:8066238830

  • 何が成功で何が失敗かは

    答えは…………いつでるのでしょうね

    中学受験は、絶対大丈夫と言われていた志望校に見事に落ち、滑り止めに受けておいた学校に進学しました。進学した学校は進学率こそそこそこですが、生徒たちをとても丁寧に教育してくださる学校で楽しい学校生活を送ってます。
    今高三です。
    中学受験で落ちた経験が、彼女には鮮明に記憶されているようで、大学受験への取り組みは目を見張るものがあります。自発的にしっかり目標に向かっています。模試の結果もよくなってきていてあとは本番まちです。
    中学で落ちたことは、彼女にとって、成功だったのかもと思う最近です。

    ユーザーID:7659468369

  • 今のところは成功かな

    大学2年の子供がいます。

    こちらは地方で、いわゆる御三家のようなレベルの中学はありません。

    子供が小学校6年のときのクラスが若干荒れており、その雰囲気がいやだった子供は中学は私立にいくと言い出しました。

    しかし、6年になるまで塾にも行ったこともなく特別な勉強もしてきませんでしたので正直厳しいなあという感想でした。

    しかしねらう学校はそんなハイレベルではなかったので、とりあえず家庭教師を頼み、週1回教えてもらうことから始めました。

    冬休み前に進学塾のテストを受けさせたところ入塾することができたので、冬休みのみ通塾しました。

    短い準備時期間でしたが何とか合格しました。

    学校が子供にはあっていたようで、文化系の部活を楽しみながらお友達もたくさんでき、中高楽しく通いました。

    第一希望の大学にも合格しました。

    そこは3年から学部が分かれるのですが、希望にかなった学部の内定がもらえ親子でほっとしているところです。

    この先はまだわかりませんが、家の場合は受験してよかったと思っています。

    ユーザーID:2218256106

  • 反対?誤解?

    中学受験は「勉強ばかり」というイメージかも知れませんが、
    世の中、勉強漬けの進学校ばかりではありませんよ〜。
    むしろ、そんな学校の方が少ないんじゃないでしょうか。
    あるいは、特進クラスとか?

    たぶん、みくさんが「受験には反対」とおっしゃるのは、
    「勉強専門学校の受験には反対」ということでしょうね。

    私立は、勉強の面倒はよく見てくれる所が多いから、
    うまくいけば「塾いらず」でしっかり勉強できますが、
    好きなことがある子は好きなことをやればいいし。
    音楽が好きなら音楽に力を入れている学校というふうに、
    勉強ばかりでない、学校の特色もありますよね。

    それに、御三家と言われるような進学校でも、
    結構、スポーツの部活とかが強かったりして、
    (高校に行ってからのサッカー大会ですけど)
    えっ、あそこに負けるの??(頭でも負けるのに・・・)って体験、
    あります。

    勉強でも、他のことでも、両方でも、
    やり遂げるっていうか、とことんやる経験を積み重ねることが
    大事なんじゃないでしょうか?

    うちの子は、そんなに大層な学校の受験ではありませんでしたが、
    親子とも今のところ後悔はしておりません。

    ユーザーID:1911285004

  • ざっくばらんに申しあげます

    最終目的は大学受験をさせないで、希望の大学に入れること。
    東大、一ツ橋などははなから無視していました、いわゆるマーチで満足。
    東大の劣等生よりマーチの優等生が社会人になって『上』だと確信しておりました。

    こんな背景や前提のもと、大切な息子を中学受験させました。
    当然大学の、付属中学で。高校もあります。
    合格して卒業し、今大学生です。 大学に行けない生徒は3割。
    でも外部からの受験よりはイージーでした。

    砂を噛むような受験戦争に子供(息子)を送込むのを避けたい一心で計画をしました。
    親の期待以上の、文武両立した成人大学生に育っております。

    我が家の夫婦は、学問より社会における実践を高く評価しています。

    ユーザーID:6669008178

  • 私立中学出身でも自分の道は自分で考えることができる

     ちょっと誤解されてるようなレスが見受けられたので…

     私や弟は、自分のやりたい仕事につくための大学を自分で希望して選び、自らの力(もちろん学校の先生や周りの大人たちの協力があってこそですが)で勝ち得て、それなりに妥協しつつも、自分の人生を自分で切り開いております。


     おそらく、人生を切り開くのは自分自身の力であり、学校の力ではないと思いますよ。あくまでも学校はお手伝いをするだけですよ。現に、私はあんまり例をみないような個性的な人生歩んでますし(笑)思えば、学校内でも個性派(おそらくは発達障害レベルくらいにひどかったと思われる。それを知ったのは自分の子供がそう診断された時だったけど)でしたが、わりとおおらかに見守ってもらったり、時には厳しくしてもらったり…私立でもそういう対応してくれる場所はあるっちゃあります。


     何をもってして成功かとは言いがたいですが…少なくとも、公立出でも私立出でも、自分の人生を何かや誰かのせいにする人に成長はないし、育てるほうもそうやって育てちゃダメだなあと…自分の子供を見ていて思います。

    ユーザーID:0285298286

  • 大学付属で逆に出た例

    自分の話でなく、知り合いのことで恐縮です。

    大学付属校でうまくいったという方がいましたが、
    逆のケースもありまして。

    高校受験も大学受験も(ほぼ)回避して、
    楽に大学まで行った息子が、
    就職につまづいて、就職の意欲をなくして、もう何年も家にいて、
    お小遣いをせびるばかりで、という話です。

    引きこもりまでには至っていないそうですが、
    ゲーム会社じゃなきゃいやだと駄々をこねているとか、
    明るく話してくれますが、実際は悲惨な状況らしいです。

    計画通り、いい子に育ってくれれば大学付属校はいいでしょうけれど、
    のんびり苦労なくきて就職で初めてつまづくより、
    先につまづいておく方がいいとも言えそうです。

    身近にそんな例を見ると、その知り合いには申し訳ありませんが、
    中学受験でうまくいって安心してしまってはいけない、
    家でのしつけといいいますか、誘導が大事だなと思いました。
    でも、思春期だから難しいんですよね。

    ユーザーID:1995952004

  • 後悔しなければ結果によらず成功

    息子が中学受験しました。怠け者で、すぐ出来た気になってしまう息子は受験勉強も粘り強く頑張ってくれず、大変手を焼きました。

    長時間勉強するのは難しいので、受験一色にならないように学校の行事も(希望者のみ参加の朝練付き球技大会など)、スポーツ系のお稽古の練習もやりたいようにやらせ、メリハリをつけました。


    息子のできるペースを尊重して受験をしたので、悪い結果であっても後悔しなかったと思います。
    今は希望の学校で、部活にスポーツに楽しそうに通っています(あれ、勉強は?)

    ユーザーID:9547601024

  • 私の体験談

    小学6年の頃に親から言われるがままに私立中学の受験をさせられました。

    現在27歳ですが、今思うと「私立中学を受験して合格してあの中学校に行きたい」なんて微塵も考えてませんでした。

    ただ、言われるがままに塾へ行かされ受験し面接し合格しました。

    「あなたは小学の頃の皆とは違う中学校に行くのよ」と言われ何だか無償に寂しくなり、泣いて入学を取り消してもらい皆と同じ公立中学へ入り→高校→大学→現在です

    あのとき私立に行っておけばよかったなんて微塵も思いません

    要はお子さん本人がどうしたいか、受験や私立中学に関してどれくらいの意識をもって挑もうとしているのかが重要だと思います。

    中学→大学までエスカレーター式で行けるから…くらいの意識ならお金がかかるだけなのでお勧めしません

    ちゃんとやれる普通の人ならば高校受験も大学受験も良い経験になる…と私は考えています

    一度お子さんの意見や意識、考えをよく聞いてみるのはいかがでしょうか

    ユーザーID:7411818887

  • 何を望むのか

    お子さんにどんな将来を望むのかで答えがかなり違うと思います。

    私は関西の人間ですがやはりお子さんに大学受験(私が経験した受験でここが一番勉強が辛かったです)を楽させてあげたいと中学校から付属に入れる方もいらっしゃいます。

    私の場合は地元の中学校はそれなりに勉強の出来る人が多いのと荒れていなかったので公立に通い、家庭が私立に余裕でいける程裕福でなかったので大学まで国立です。
    有難いことに大学で良い教授と出会い、社会人になってからの目標が出来て卒業後、海外で働くきっかけを貰い、香港で知り合った方と今年結婚しました。人間の人生は何処の大学を出るかより誰と出会い何を学んだかが重要なんだとしみじみ思います。

    一番必要なのは多分、お子さんにどんな子になって欲しいかを考えて
    私立でも公立でも校風がお子さんに合うか情報を調べたり、お子さんに経験を沢山してあげることなんだと思います。私の家庭は私立に大学まで行く程裕福ではなかったですが、夜遅くまで勉強に付き合ってくれた両親には今でもこれからも感謝していきたいです。

    ユーザーID:9647406319

  • 命の大事さを初めとした『労る心』を知しる道徳観が少ない。

    私自身、小学高学年の母であり、教育関係で働いています。

    公立は、地域での馴れ合いをはじめ道徳授業をはじめとした、他人との関係性を築き上げて行く授業が多いと感じますが…

    私立は『高い授業料』のせいか、学力を伸ばすカリキュラムが多くあるうえでは申し分ないですが、『道徳観』はやはり、部活動や学校での有志のみ取り入れるだけで、それらの授業は除外され他より怠っている気がしてなりません。

    家庭でもしなければ行けない事も事実ですが、受験は親が主役ではないですし、上記の点を考えれば目標が明確でないは私立受験にこだわらず公立に行かせ、本人の希望意思があれば私学でも大学受験でもさせたいと思います。

    ただ私立も公立も、もう少しだけ『道徳観』を学んで次世代に受け継いで、明るい未来になって欲しいなと思う今日この頃であります。

    ユーザーID:6587525259

  • 地域にもよるのでは?

    子供を中学受験させようと塾に通わせ始めた者です。
    以前は子供に情報を提供し選択させるつもりでしたが、小学校で学級崩壊クラスに悩まされ方向転換しました。

    同じクラスの荒れた子が成長とともに変わるようには見えず親は非常識で、このまま同じ地域で一緒かと愕然とした矢先に、近隣の中学も酷いと聞きました。だから私立という選択をしました。
    知人から「公立には限界がある。私立は同じレベルの子が集まるから指導の仕方も統一性がある」と勧められました。

    良いのか悪いのか全く検討もつきません。子供の性格にもよるだろうし、不合格だった時のことを考えたら心配です。ただ親子一緒に目標をたて社会人となった時に後悔しないような選択をしようと思ってます。

    今のところ子供はスローペースで騒がしい学校と違い、塾での授業が楽しいようです。正直、学校より塾の方が子供の成長にも親身です。

    ユーザーID:4639172696

  • 道徳心や心の教育

    いやいや、他は知りませんので、一概には言えませんが、(我が家は幼稚園から高校まで私立。そのうち、外部受験もしましたので、幼稚園受験も含めると、大学もいれると、四回受験しました。何れも第一志望校に入りました)高校まで、全部宗教が絡んだ私学に子供が通っていました。幼稚園、小学校とカトリックと、プロテスタント、中学高校と仏教系でした。宗教教育がキチンとありますので、道徳の時間が少なくとも、命や道徳心については、充分だと感じました。各宗教の行事もそれぞれで、楽しかったようでしたが、また通じる物、通じる心もありました。心の教育を考える方は、我が家のように宗教のある学校に入れるのもいいと思います。

    ユーザーID:6479173753

  • 私立中入学後、結果として、良かったこと

    大3と高3の息子が私立中高一貫校(別々の)に進みました。
    長男の場合、入試の日に初めて行った、所謂「おさえ」の中学に入学したので、ほとんど親の意志に従った形でしたが、それでも結局良かったと思えることを挙げると、
    1)理不尽なシステムがある高校受験をせずに済んだ。
    (高校受験の、「大人ウケの良い子が合格しやすい枠」もあるシステムに納得がいかない)

    2)私立には全般に、不必要な先輩カゼを吹かさずに、優しい子供が育つような環境がある。

    3)‥依って、中1〜高3まで、途中の引退も無く、のびのびと硬式テニスの部活を続け、友人がたくさん出来、本人の満足度も高かった。

    結果、塾・予備校に一切通わず、本人の望んだ国立大理系に現役合格。
    今、一人で自炊をし、サークルでテニスを楽しみながら、学業も怠らない大学生になっています。
    小学生までは「親の意志」で動いた子も、その後は全て自分で決め、進学に関する口出しはしませんでしたよ。中学から良い環境に身を置いた結果だと思っています。

    ユーザーID:9310347768

  • 小学校受験体験者、でも内部で中学受験があった者です。

    というわけで、学校・保護者・生徒皆そろって血眼状態でした。
    (ちなみに御三家に一時期入るのか、といわれていた学校ですので、知名度はあるほうです)
    私自身夜遅くまで塾通い、ということはありませんでしたが、小1のころから目の前の公立に通っている子は目一杯遊んでいるのに、寄り道せず帰った後はお勉強の毎日で、公立の子がうらやましい限りの毎日でした。

    確かに「自分がやる気出して頑張れば、何でもできるんだ」という自信を持たせることは大事です。
    挫けそうになりつつも頑張る気迫も、社会に出てからは役に立ったかも、と思います。

    でも個人的には、それはあくまでも本人が望んだ結果、の場合で、「お母さんが望んでいるから」という気持ちが出てくる以上はよろしくないのでは、と思います。
    私の同級生もその後個別指導の講師をしていても、
    私立受験をする
    →お母さんが教育ママになっていく
    →お母さんとしては「わが子のため」と思っているのは分かるけど、それが子供に通じない、もしくは子供のSOSがお母さんに届かない
    →子供が非行に走る
    という過程を、教育ママであればあるほど踏んでいます。

    ユーザーID:1570078816

  • その家庭によって…

    我が家は娘が受験しました。
    受験は、親がさせたいか本人の希望が強いかで随分変わってくると思います。
    親の思いが先行したとしても、子供も同じ気持ちでという場合もありますが。

    知人の中に自分は受験したけど子供にはさせていないという方が何人かいます。
    共通している理由は、親の思いばかりが強かった家庭。
    そこに加えて、合格してもギリギリだったか、そうじゃないかで入学してからの本人の負担が大きいか楽しくやれるかも違ってくるかと思います。

    我が家は、受験して良かったです。
    理由は、
    ・公立では学べない事が学べる。
    (福祉など、心の教育やそれに関する実践の場がある。)
    ・早い時期から目的意識を持てる。
    ・ズレた親がいない。
    ・常識を持った子が多い。

    私立と一くくりに出来ない程、校風はいろいろ。
    お子さんに合っている学校を選んであげる事、無理させない事。

    ユーザーID:0564635404

  • 中学受験してよかった

    恵比寿さんのお話の通り、中学・高校をかなり満喫出来ました。一貫校の部活動の中は大学受験を控えた先輩もいたりOBの繋がりも強く、いろいろな情報も多かった。
    高校の受験がなかったお陰といいますか、子どもには合っていたようでした。
    将来の事を近くに感じながら考える時間が持て、自分で選択していった事が、なにしろ大きかったと思います。

    ユーザーID:2525963071

  • 受験しましたね〜

    中学受験は親の自己満足ですよね。自分は勉強しないくせに、なぜこの人は勉強しろというのだろうと母に反発してたことを思い出しました。

    私は、いわゆる女子御三家いきましたが、結果としてよかったです。
    小4から親に言われるまま塾に通い、毎日曜日の試験とこなしておりましたが、まあ楽しかったです。学校の授業は、出来ない子にあわせたものなのでつまらなかったですし、それに比べて塾の授業は面白かった。新しい知識を身につけることにわくわくしてました。でもって、学校では出会わない自分以上に勉強のできる子達に出会えた。上には上がいる現実を知るというか、地元でのトップに甘んじさせてもらえなかったので刺激になりました。
    中高も周りがみんないわゆる”頭もよく自分もある子たち”だったので、もまれもがいて今の人格が形成されたと思います。

    今思うと、知的好奇心を十分に満たして自分のやりたいことを出来る、探せる環境を母が用意してくれたんでしょうね。選択肢の幅を格段に増やしてくれたと思います。上の世界を見させてくれたことに感謝してます。

    ユーザーID:0190647701

  • 何が成功でなにが失敗か、今わの際まで分からない

    母親の私自身が、いわゆる「御三家」の卒業生ですが、在学中は落ちこぼれで、常に劣等感にさいなまれていました。大学で、運よくそこそこのところに収まりましたが、先生方からは「あなたが?!」と、驚かれたくらいです(苦笑)

    未だに、当時の劣等感がトラウマになっているのは否めませんが、友人には恵まれて、様々な分野で活躍する友人達と、たまに会っては昔と変わらずにおしゃべりできるのは、やはり「6年間」のつながりの賜物だと思っています。

    息子を中学受験させました。「6年間」を味わってほしかったことと、高校受験に分断されずに、大学受験の準備を効率的にできると思ったからです。小学生までの息子は勉強のできる子でしたので、はじめは「途中で息切れしたら公立でもいい。」と思っていましたが、通い始めたら成績が上がってくるので本人も私もその気になってきて…。

    結果は、成功といえるでしょう。しかし、入学後は成績は下がる一方で…高校3年生の今は、「勉強が嫌だ。入れる大学でいい。」と、中途半端な受験生です。

    彼にとって中学受験が成功か失敗かは、私と同様に、そう簡単には分からないのかもしれません。

    ユーザーID:1595883176

  • 私立中三年女子の母です

    ほとんどの子が公立中に進む環境でしたが、小学校の先生に不信を持つ事が多かったことと上の子が公立中で塾頼りの勉強だったので、一番近くの私立中の説明会に行き、気に入ったので受験を決意しました。6年生から塾に通い、どうにか合格できました。

    信頼できる先生に守られ、部活では海外遠征を経験するなど盛り沢山さんな学校生活を過ごせています。家での勉強は、ほぼゼロですが小学校時代に何度も同じことを繰り返す授業を嫌っていた娘には合っているようです。
    起立性調節障害で朝が起きにくく休むことも多いですが、受験がないし、先生の理解もあり私立中に入れたことは本当に正解だったと感じています。

    今まで十分に羽を休めたので、大学受験にむけて頑張ってくれたら最高なのですが、あまり期待はせずに見守りたいです。

    中学生の女の子には起立性調節障害が多いようで、理解されず不登校になったり、受験に失敗することがあるようです。

    ユーザーID:3025650226

  • うちは失敗

    子供がスパルタ塾に通って某地方No.1校を狙ってました。
    途中から体力が持たず、身体も精神も病みました。

    カタラン数、剰余類、パップスギュルダンの定理なんかも詰め込まれてましたが、消化不良でしたね。

    当たり前の感想ですが、育ちの遅い子には中学受験は良くないです。

    ユーザーID:2642936875

  • 向き、不向きもありますね・・・

    かつて自分が中学受験をして、地域トップの国立中学に進学しました。その瞬間から、自分の人生が開けたと言っても過言ではありません。学級崩壊の荒れた地元の小学校から、別世界のような教育レベルの高い中学校へ・・・いくら勉強が出来ても誰も嫉妬しないし、イジメの的にもされない・・・、こんな良い世界があるんだと子供心に衝撃を受けました。知的好奇心は大いに刺激され、やがて都内国立大学へ進学しました。あの時、地元公立中学を選んでいたら、人生は全く変わっていたでしょう。

    時は流れ、やがて長男が塾に通う日々です。長男も私と同様、小学校の勉強が退屈で、塾の勉強が楽しくてたまらないタイプです。熾烈な競争で知られるS塾ですが、それでも勉強が大好きなようです。天性の才能に加え、努力を厭わず、真面目に自らの課題に取り組む長男の姿に、ある種の尊敬の念すらあります。

    しかし、次男は長男とタイプもスペックも違うんです。勉強が嫌い・・・努力はもっと大キライ・・・テストの点はあり得ない数字・・・そう、この子には中学受験が向かない。私達夫婦や長男とは違う。この子には別の人生を認めなければならないんだと自問自答中です。

    ユーザーID:4898886691

  • オススメしない

    6年間通いましたが。おすすめしません。学力だけで全てを測り、順位付をし、東大京大早慶上智一橋以外は大学に非ず、のような世界。将来は自分の選択だ、と言いますが、幼い頃に培われた価値観はなかなか変わらないものです。
    お住まいの地域が問題ない地域ならば、普通に公立中学で良いと思います。とはいえ、公立中学に通った経験がないので、どっちとも言えないだろう、と言われればその通りです。

    学風が合うのならどっちでもいいんじゃないですかね。

    ユーザーID:6989980358

  • 一番役立ったのは

    私も中学受験しました。6年生でさぼったせいで御三家の次くらいの学校に入学しました。

    今、中学受験してよかったと思うことは、将来にわたっていい友人を得る、これに尽きます。
    なんやかんや言っても日本はある種の階層社会です。同じレベルの学校に行く人間は将来同じようなレベルの仕事につく可能性が高いです。その場合同じような悩みを相談できるし、コネクションもできます。

    現在、受験生を抱える親でもありますが、ゆとり教育でない、これ一点で私立に通わせる意味はあると思ってます。

    ユーザーID:8107077673

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧