どうやったらあんな綺麗な画像が・・・

レス18
(トピ主1
お気に入り82

趣味・教育・教養

素人フォト子

ブログ歴ちょっとの素人フォト子でございます。

数あるブログでいつも魅了されるのが、画像の綺麗なブロガーさん。

とある方のブログはお料理やお菓子などの画像なので、もっぱら自宅内での撮影のはずなのですが、とても光がたくさん入っているようで美しいです。

が!いつも晴天とは限りませんよね。

ワタシはなるべく白い壁ぎわで撮影しているのですが、いい時と悪いときとむらがあります。(カメラのこと何もわかっていないのです)

そして普通のデジカメです。

どうやったらあんなに美しい画像ができるのかなぁ〜。 やっぱり一眼レフでないとダメなのでしょうか?

カメラのことをわかってもいないのに、一眼レフを買っても意味ないよ〜と夫は言います。

確かに正論なので、今はじっと我慢してます。

フツウのデジカメでも綺麗に撮れるコツを教えていただけませんでしょうか?

よろしくお願いします。

ユーザーID:4506284508

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数18

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 白いレース

    一眼レフなど良いカメラはより「人間の肉眼」に近くなって行くので、やはりきれいに取れると思います。ふつうのデジカメで室内撮影なら

    白いレースのカーテン越しに撮ると、きれいに取れる事があります。ためしてみてください。

    あとは写真加工ソフトの使用かなと思います。Photoshop 画像 例
    などで検索すると、いろいろ見られますよ。

    ブログ楽しんでくださいね!

    では

    ユーザーID:0428207134

  • 1眼をお勧めします

    カメラの事を判っていなくても、1眼レフを使った方がいいです。
    1眼を オートマティックモードにして使えば良いのです。

    入門機でもいいし、
    もう少しお金を出すと、本当にきれいに撮れますので、
    それでもいい、
    用途によりけり ですね。

    カメラを知らない人が、
    機能の少ないカメラできれいに撮る方がよっぽど難しいと思います。

    ユーザーID:7518316687

  • 参考までに

    トピさんの写真を見ていないので断言は出来ませんが
    綺麗に撮るコツは
    ◎露出を段階的に変えてみる。
    (コンパクトカメラでも露出補正機構が付いていると思います)
    ◎ライティングを変えてみる。
    (正面光・純光・両サイド光・補助光付き等)
    ◎撮った後、パソコンで明度やコントラストを調整してみる。

    ユーザーID:1286681339

  • 興味があるなら、学ぶ価値がある

    「どうやったらあんなに美しい画像ができるのかなぁ〜。」 
    こう思う時点で「写真に興味を持っている」証拠です。

    カメラのことなど分からなくても写真に興味があれば「知ろうと努力するもの」です。
    十分、一眼レフ、勉強していいと思います。
    カメラのことを分かってる人ばかりが、一眼レフを触ってる訳じゃないですよ。
    一眼レフを買ったけど「機械音痴、でもきれいに撮りたい」人はカメラ教室に行くなり、本を読んだり、人に聞いたりちゃんと、好奇心、向上心を高めてます。入門書は沢山出てます。

    ちなみに明るい写真を撮ってる人は「ISO感度を上げている」「レフ板、ストロボ等の利用をしている」「照明を工夫している」「レンズを工夫している」など、色々あります。

    一眼レフはお金はかかる趣味ですが、私は毎年、カレンダーを自作してます。

    ユーザーID:6952048782

  • 訳分からなくても一眼レフの方が綺麗に撮れるよ

    >カメラのことをわかってもいないのに、一眼レフを買っても意味ないよ〜と夫は言います。

    そんなこたぁないです。
    何も訳分かってなくても、一眼レフの方がすごく上手に撮れます。
    私がそうだもん。
    娘が産まれて、夫が(フィルムの)一眼レフ買って来て、
    試しに私も撮ってみてビックラこいたですよ。
    やっぱり全然違うよ。

    今は夫はデジタル一眼レフ、私は普通のデジカメか携帯愛用ですが、
    いざというときは私も夫のデジタル一眼レフで撮ります。

    詳しい人は、そりゃ普通のデジカメでも色々設定して、
    私が一眼で撮ったより上手に撮られるでしょうとも。
    でも、同じ人間が訳分からず単純にカションと押した一眼と普通のデジカメの写真を比べたら、
    一眼の方がずっといいですよーやっぱり。

    ユーザーID:9866185163

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • フォトショップしているかもー

    フォトショップという、有名な写真画像修正ソフトをご存知ですか?

    色は勿論、曇り空を青空にも出来るし、明るくしたり暗くしたり、邪魔な物は消去、そこにないものを加えたり、あらゆる事が可能です。

    普通のデジカメでとった写真でも、充分修正できます。

    ユーザーID:8912249765

  • コンパクトデジカメ

    コンパクトデジカメでも充分美味しそうに撮れますよ。
    色々テクニックはあるのですが
    ストロボは使わない。というのは最重要です。
    ストロボを使うと被写体の影ができて不味そうに写ります。
    光の具合で一番良いのは、明るい窓際で直射日光が当たらない場所です。
    少し暗いので、手ぶれを防ぐために三脚を使います。
    そんなに良い三脚を使う必要はありません。
    もっと慎重に手ぶれを防ぐのなら、三脚を使いなおかつセルフタイマーを作動させて撮ります。
    写真を撮るときはお皿が画面からはみ出す程度までズームアップします。(またはカメラを近づけます。)
    デジタルカメラはいくら撮っても減ることは無いので、色々角度を変えて、何枚も撮ります。そのうちの気に入った画像を使いましょう。
    何度も撮っている内に腕も上がってきます。がんばって下さい。

    ユーザーID:8896234315

  • 曇の窓辺で

    私の方法ですが、曇の日の窓辺、または晴天のときは日があたっていない窓辺に料理などの被写体を置いて撮影します。
    光を横から当てたり正面から当てたり雰囲気で変えています。
    影が強いときは窓と反対側に白い板を置いて光を反射させます。「白い板」は白ければ何でもかまいません。カレンダーの裏とかタオルやシーツなど。
    曇天日に屋外で撮ると光が拡散して影が無くなります。

    綺麗な写真は光の当たり具合で綺麗に見えますので、トピ主さんがお気に入りの写真をじっくり見てどこから光が当たっているのか、影がどうなっているのか観察して研究すると良いのではないでしょうか。
    光の当たり具合が肝心なので当て方をいろいろと工夫してみてください。

    一眼レフカメラの利点ですが、絞りとシャッター速度をマニュアルで調整できるので被写体にピントを合わせて背景をぼやけさせるなどの効果、超広角レンズや超望遠レンズが使える、画質で有利などです。
    背景をぼやけさせるのは最近のコンパクトデジカメでもできますので必ずしも一眼レフカメラの利点でも無くなっていますし、画質もブログ写真ぐらいのサイズであればコンパクト型で充分きれいに撮れます。

    ユーザーID:2120688037

  • コンデジとデジイチの違い。

    ちょっと、長くなりますが…

    普通のデジカメ、というのが漠然とし過ぎていてよく分からないのですが、コンパクトデジカメ(以下コンデジ)でも最近のものであればかなり綺麗な写真が撮れると思いますよ。
    (メーカーとモデルを表記すれば、さらに詳細なおすすめの設定等アドバイスもらえるんじゃないでしょうか)

    私はデジタル一眼も銀塩一眼もコンデジも使いますが、一眼でなくては綺麗な写真が撮れない!ということは無いと思います。ただ、それぞれのカメラに特徴があるので私は使い分けています。一言で綺麗、といってもトピ主さんの感じるそのブロガーさんの綺麗な写真、というのがどういうものかによると思います。

    まず、そのブロガーさんの写真が
    ・背景がボヤッとボケていてピントのあった被写体が浮き上がって見える
    ↑この状況にトピ主さんが憧れているのであれば、一眼レフでないとそのような写真は撮れないと思った方が良いです。(コンデジでも最近のものは多少そのような効果が得られるものがあるけれど、きっとあまり満足が得られないと思います)

    コンデジとデジイチの一番大きな違いはそこだと思います、

    ユーザーID:6535040006

  • その2。

    勿論レンズが交換できるというのが構造上の大きな違いですが、初心者的に一番分かりやすいのはその点かな。背景がボケた写真を撮りたいなら一眼レフがいいよ〜ということです。
    最近では本格的な一眼レフよりももうちょっと小さめで扱いやすいミラーレス一眼というカテゴリのカメラの良いのが沢山出てきていますので、それを狙ってみるのが一番おすすめです(笑

    とりあえず現状のコンデジでできるかぎり綺麗に撮りたい、ということであればおすすめなのが、料理を取る際にはまずWB(ホワイトバランス)を様々な設定で撮り比べて好みのものを探すということです。カメラの取説を見れば設定を変える方法が出てきます。それと蛍光灯の灯りの下での料理の撮影はあまりおすすめしません。蛍光灯の光で撮る時は特にWBの設定を注意して何パターンか撮ってみて下さい。青みが強いとお料理ってあまり美味しそうに撮れない事が多いんです。

    カメラのオート設定まかせで撮っている事が多いのであれば、ちょっと設定をカスタムして撮り比べてみる事をお勧めします。デジカメなら失敗写真を何枚撮っても消せばいいだけですし!
    同じものを設定変えて何枚も撮るといいですよ!

    ユーザーID:6535040006

  • 実験

    こんにちは。
    フィルム時代と違い時間とお金をかけずに多数の写真を撮影し結果をすぐ見ることができますので、少しコツを見つけるまでたくさん撮影する事です。

    カメラ側の設定が変更できる機種の場合はすべての設定で同一被写体を撮影して、気に入った写真があるか試してみる。

    光に関しては、これも色々試してみる。
    今撮影している場所で被写体を回して、撮影する方向(光に対して)を変化させて様子を見る。わかりにくいですが、ご自身も回るんですよ。撮影環境の中で良さそうな場所を光の立場から見直すことです。

    また、そこそこ気に入った写真があったら、A4程度の白い紙などを利用して被写体の手前に置いて光を反射させてみてください、紙の置く角度などの工夫でかなり光が回ってきます。

    デジカメの利点を生かして条件を変えて撮影する事が一番です。
    良い写真の基準は人それぞれなので同一被写体を色々撮影して探すのが一番です。

    がんばって!

    ユーザーID:3042310936

  • せっかくなら

    デジタル一眼レフかミラーレス一眼を買って、きれいな写真に挑戦してみては?

    写真は機材が重要です。
    プロ用のカメラやレンズはめちゃんこ高いですが、これにはちゃんと理由があるのです。
    もちろん、ライティングとか構図とかのテクニックも重要ですが。

    ただ、ここで撮影テクニックや機材について学ぶのは少々無理があります。

    是非ともネットのカメラ・写真関連サイトやカメラ雑誌なんかで、写真を綺麗に撮るテクニックを学んでみて下さい。
    カメラとテクニックが揃えば、ホントに雑誌に載ってるような写真が撮れますよ!

    ユーザーID:2518512152

  • 一眼レフ使ったら、背景のぼかしも一発で出来ますよ〜

    私も少し前まではデジカメを使ってアップしていたのですが、一眼レフを購入しました。
    私もデジカメすら使いこなせない主婦でしたが(笑)

    格段に違いますっ!
    是非、購入されて、単発の一眼レフ教室などにご参加されてみては?

    本当に一眼レフは違いますよ〜

    簡単モードを使えば、こんな私でも、“明るく”“ふんわり温かい”“モノクロ”、
    “背景をぼかす”などが、めちゃめちゃ簡単に出来ます!

    ご主人のお言葉はそうかもしれないけれど、でも、違うと思います(笑)
    一眼レフも持っていないのに、どうやってカメラの事を解るのでしょう・・・
    ですから必ずしも“正論”ではないと思うのですが(苦笑)

    フォトショップを購入するお金で一眼レフ、買えちゃいます。

    両方購入なければ、最初はやはり一眼レフを購入する方がいいかも。
    梅雨時なければ、そんなに雨も続かないので、無理に晴れたようにする必要も主婦ブログには必要ないと思います。
    フォトショップはそれこそデザイナーが使うレベルのソフトですので・・・

    ユーザーID:1685198084

  • トピ主です。

    みなさま いろいろなアドバイス本当にありがとうございます。
    個々にお礼が返せず申し訳ありません。

    実は海外在住のため、時差もありお礼のお返事も遅くなりました。お許しください。

    何度も何度も皆さまからのレスを読ませていただきました。
    恥ずかしながら、プリントアウトして、わかならい言葉をネットで検索して調べてみようと思います。

    私が現在持っているデジカメはキャノン パワーショット SX210 IS 14倍ズームって言うんですか?こちらを昨年の4月に購入いたしました。

    少しずついい写真が撮れてくるようになると、欲が出るもので、もうちょっといい写真が撮れないかな?と思った次第です。

    こちらでブログのURLを言って皆さんに私の写真についていろいろ批評を受けたいところですが、それが出来ずに残念無念です。

    素敵だなと思った写真はいつも参考にさせてもらって、最近ちょこちょこ「上手に撮ってるね」と褒めていただけるようになってきました。

    一眼レフ購入 来年の目標にしようかな。

    ユーザーID:4506284508

  • フードフォト

    フードフォトと仮定しますが、フードフォトで重要なのは被写体の持つシズル感であったり表面の素材感だったりします。背景の小道具や盛り付けも重要。
    シズル感を再現するには、照明光源(蛍光灯スタンドでもよい)を前方45度程度に置き半逆光で撮影するのが基本になります。ファインダーやモニタを見ながら光源の位置を調整します。また手前が暗くなりすぎる場合は白い紙やレフ板で陰部分を起こします。半逆光ですと明るい部分にカメラの自動露出が引きずられて暗く撮れてしまうことが多いので露出補正で明るめに撮ります。背景はごちゃごちゃしないように整理し、被写体の後ろに白や黒の大きな紙を垂らしてもいいです。
    これらの撮影条件を絞り込むためカメラは三脚に固定します。フレーミングを固定しないと照明の角度などを変えても意味無くなってしまいますから。
    盛り付けも汁物なら具材が引き立つように(沈まないように)盛りつけます。野菜サラダなら霧吹きで水をかけたり、肉にはサラダオイルを塗ったりというのもアリです。
    コンデジでこれらをやると限界が見えてくるかも知れません。その時は一眼レフの購入を考えてみてもいいです。

    ユーザーID:9602720190

  • 三脚はお持ちですか?

    もう終わってしまった気もしますが。

    基本的なところは、他の方が書いているので・・・
    室内で撮るなら、三脚を試してみるのも良いかも。
    軽いデジカメが増えてきた分、シャッターを押すだけでも手振れします。
    そのために手振れ防止が付いているのですが、そこは機械ですし手振れしないのが一番。
    動かないものなら、三脚とセルフタイマーを使うと今まで以上にシャープに写りますよ。
    シャッタースピードを遅くしても安心です。

    ユーザーID:5458528472

  • 画素数と解像度

    ちょっと難しい話になりますが、画素数(1200万画素とか)と解像度(絵の綺麗さ、細かさ)
    が別物です。
    シグマ以外のメーカーのコンパクトデジカメと1眼レフカメラが、仮に同じ1200万画素とします。
    データ量はほぼ、同じですが、光の受ける部分の面積が格段に違います。
    コンパクトデジカメの場合、一つ一つの受光素子が、その場のそれぞれの色(三原色の一つ)を
    レンズ性能や受光素子の面積の小ささの影響で確実捉えにくく、

    一眼レフカメラの受光素子の、1,2,3,4,5,6,7,8,9,10番、、、
                       青、赤、緑、赤、緑、赤、青、緑、青、赤、緑、、、

    一つずつが、綺麗に光を捉えます。

    しかし、コンパクトデジカメの場合、1,2,3,4,5,6,7,8,9,10番、、、、
                          青、青、青、赤 赤、赤、緑、緑、緑、緑、、、、

    隣の色が干渉して本来の色が出にくく、解像度が落ちます。しかし、画素数は同じです。
    上記の例、どちらが綺麗に見えると思いますか?

    ユーザーID:7980160740

  • 採光の工夫

    室内の光環境も天候や場所柄によってさまざまです。
    表現のねらいを持って採光を考えましょう。

    1)陰影の豊かな画にするには窓から入る光のみで撮ります。
    明るさを露出補正によって望む雰囲気に近付けます。

    2)鮮明・精細な描写をしたい時はなるべく明るい電灯の真下付近に被写体を置きます。周囲に白っぽい布で取り囲む幕を張るといいです。

    a.テーブルの面が明るい色の時は被写体(例えばコーヒーカップ)が
    黒ずんで写ってしまう場合が多いです。その場合プラス補正を。

    b.テーブルの面が暗い色の時は白い陶磁器などが真っ白に写るので有利。
    マイナス補正は必要ない場合が多いでしょう。

    3)白熱電球の光は赤味を帯びていて、食べ物が美味しそうに写ります。
    色合いの調節をWB(ホワイト・バランス)機能で行なうのは上級の技術。

    4)ステンレスなど金属の容器には周囲の光源や物体が写り込みます。
    その結果によって被写体が美しく見えるように工夫するのも上級の技術です。

    ちなみに、「露出補正」は中級の技術です。
    初級の方は、まず「露出補正」から練習してみてください。

    ユーザーID:5929596404

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧