キャリア・職場

将来性のある業界とは?

レス17
お気に入り53

aiai

働く

就職難の今時代、なかなか正社員で働くことも難しく、また働けても先細りで会社が倒産・・・よくあることだと思います。
よく見かけるのは「資格」その逆もあり
しかし、国家資格を持っていても、あの弁護士さえ余る時代と言われる中
どのような業界、職種がこれから将来性、安定性があると思いますか?

働いてる方や、知り合いでの体験談、または今から目指す方
色んな方のご意見が知りたいです。

私としては、今不安定なのは不動産業界、資格では歯医者さん(緩和だと聞きました)
将来性は・・・介護?(無くならないから)
と安易に考えております。
宜しくお願い致します。

ユーザーID:5624148445

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数17

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 将来性も

    将来性も考慮に入れ、自分は何をやりたいか、又はやり遂げかが肝心だと思料します。高齢化は日本だけでなく、又は先進国はどこも財政難を考えると、素材、ロボット、モーター等部品、製薬、食品、環境で国際企業で良いのでは!技術力、英語、中国語、何より仕事が出来ることが大切だと考えます。

    ユーザーID:1321427173

  • 好きな業種で上位狙うのがいいと思うのですが

    トピ主さんのおっしゃる不動産業界も、歯科医もそうですが、葬儀業界もなくなることはないと言われる一方、そもそも葬式の形態が変わっていくから将来的には微妙とも言われます。

    介護だって、たしかに無くなりはしないし、数十年は増える一方ではありますが、
    そもそも皆さんお金がなくなります。
    賃金が高い東京ですら、20年前の賃金と大差なかったり。

    なら、好きな業種、職種で、上半分くらい、できれば上位20%にいることを狙ったほうがいいかなと思います。

    よく趣味と仕事はいっしょにするなといいますが、好きなことなら苦しい時でも我慢できます。それに、どの業種も半分以上は「とりあえず生活できれば」と仕方なくその業種で働いている人たちですから、ちょっと努力すれば上半分にいることは難しくないのでは?と思いますが、いかがでしょう。

    さすがに林業は選ばないでしょう?
    でも、その林業だって、トップ10%にいたら、結構いいのでは?

    ユーザーID:1610221034

  • まずは、将来性の「基準」を教えてください。

    >将来性は・・・介護?(無くならないから)

    その職業が、将来にわたって存続すれば、「将来性アリ」なのですか?
    それとも、
    その職業で、家族を養える給与があれば、「将来性アリ」なのですか?


    前者なら、介護職は「将来性アリ」ですが、
    後者なら、介護職は「将来性アリ」とは言えません。

    このような質問トピを立てる時は、
    何をもって、「将来性アリ」とするかの基準を示した方が良いですよ。

    ユーザーID:9951539426

  • 潰しがきく仕事がいいのかも

    何の業界と言われても、こればかりはわかりませんよ。
    有望な業界ではなく、潰しのきく仕事という見方で考えるのがいいかもしれません。

    例えば、流通(デパート)の経験があると、時代が変わってネット販売などでもその経験が生かせます。
    また、銀行や証券など、お金の流れに詳しいと、その経験が活かせる業界は多岐にわたります。

    トピック主様は介護を将来性にある業界と考えているようですが、答えは×ですね。
    介護業界は補助金頼みで成り立っており、一般的な商売とは全く違います。
    介護現場での仕事も、一般的な接客や商売とは無縁の、独特の理屈で成り立っており、若くして介護業界で働いた人は転職したくても抜け出せないと言います。

    ユーザーID:2725249492

  • 逆転の発想

    私は、『今不安定なのは不動産業界、資格では歯医者さん(緩和だと聞きました』とご指名(?)されました
    歯科医です。

    ご指摘のように、今まさに、歯科関係は冬を通り超して、氷河期です。
    康保険の締め付けもあり、この先、明るい未来は一見、無いように,皆さん、思われているでしょう。
    実際、歯学部閉校、定員削減という流れは10〜20年後まではそういう傾向でしょう。
    しかし、歯科医療が必要ないという時代は来ないと思います。
    多くの方が、歯科医が不人気であると認識されている時代には、歯科医になろうという人は少ない。
    そういう時代が何年か続いた後に、『あれ、歯医者さんで最近少ないな、、結構、予約で一杯だよ』
    また、歯科医が良い時代も来るかもしれない。

    みんなが将来性ありと認識した時点で、スタートすることはもう乗り遅れているのです。
    先駆者が、一番、『美味しい』ところを享受した後に、多くの方が押し寄せてくるのです。

    みんなが敬遠してる仕事が、以外に、10〜20年後には、『花』が咲いているかもしれません。

    ユーザーID:9458676798

  • もし今から参入するなら

    葬儀系ですかね。
    介護〜葬儀までトータルで面倒みる施設なんかどうでしょうか?

    まあ、起業するのではなく勤めるのなら抵抗がなければ葬儀系がいいのでは?

    人がいやがる仕事は高給です。介護系も人手不足ですが薄給で仕事はきついです。
    同じきつい仕事ならだんぜん葬儀系でしょう。
    ただし髪は染められない、ネールもできない、当直・呼び出しはある、などと生活への制約は多いです。

    ユーザーID:4087192817

  • 難しいですね

    トピ主さんはまだ学生さんですか?
    お若い方には想像もつかないでしょうが、我々団塊世代が就職する頃、
    理系学生の花形業界は「肥料業界」だったんですよ。
    私が拾ってもらった製薬業界なんて、当時は落ちこぼれ学生が行くところでした。

    まあ時代は変わるもんですね。
    20年経ったら、憧れの的だった企業はほとんど残っておらず、
    同窓会で羨ましがられるようになろうとは夢には思わなかった、
    と落ちこぼれ同士で言ってますよ。

    まあ、経験から言えることは、今の花形業界が20年後も生き残っている保証はどこにもないし、
    将来を正確に予想できる人間もほとんどいない。ってことですかね。
    優秀な同級生達でさえ、ほんの20年後にもかかわらず、こんな将来想像できなかったのだから。

    トピ主さんも、目先にとらわれず、20年後の日本を考えたらどうですか。
    今確実に分かっていることと言えば、20年後は高齢化率が30%を超えるということくらいなので、
    医療、介護、葬祭関係は将来性がありそうです。

    ユーザーID:9744227548

  • 将来性

    将来性とは仕事がなくならないという意味ですか?
    であれば介護はその通りです。

    ただ良い生活が出来るという意味では同じではありません。
    分母が大きく、付帯価値が付けにくいものは基本的に儲かりません。
    誰でも万人が定常的に使えるもの⇒小売やサービスは顧客自体が色問わずで想定されていますので、社会のお金の流れ上、一番最初にコストを求められるポジションになります。

    仕事へのやる気、モチベーションを無視すれば、薬剤師は求人多いですね。
    難点は先行投資が多額、空いてる所に良い求人が出るので独り身では県外だろうが自由自在だが家庭を持つと厳しい、経験者が言うにはドラッグストアとかだとコミュニティが2、3人なので飽きる、相手も多数は主婦やお年寄りなので広がりが無い出会いが無い。

    ユーザーID:1942653715

  • その前に

    その前に自分が何に興味があるかとか何をしていると元気が出て楽しいとか何が好きかとかよく考えて見直した方がいいと思います。

    ユーザーID:2185344989

  • 職業の選択

    どんな職業でも需要と供給のバランスが取れて上手くいくもの・・

    貴女が何を以って自分の飯の種にするかを決める時、今を見るか
    先を見るか・・でも時代ってどう動くかは予想が出来るものでしょうか?

    例えば、歯科関係は今淘汰の時代に入り、その内に適正なバランスを取り戻す
    と思います。人間に歯がある限り決して無くなる職業ではないでしょうね。
    そして学校も適正になり受験も難しくなるような気がします。

    IT業界の今も歯科関係と同様淘汰の時代に入っていると思います。
    介護の世界もどんどん施設が出来て、競争が激しくなれば同じ道を
    辿るようになると思います。(実際人口が増えていかない・・)

    規制緩和され今(資本主義経済)では仕方ない結果なんですよ。
    だからどんな職業に就いても日々勉強と向上心を持ち続けないと
    いくら将来性が有るからと言ってもそれは絵に描いた餅です。

    時代の花形は所詮流行りです。ご自分の遣りたい職業のスペシャリストになる
    のが生き残りへの正しい道だと思います。

    頑張って下さいね。

    ユーザーID:3907101169

  • 目先に惑わされない

    戦後の食べ物に困った時代は農家に嫁ぐとか、パブル期に経営者の妻と
    なった人は今は苦労しています。

    その時代に惑わされず、自分の好きな道をひたすら進みもコツコツと
    積み重ねる事で、どんな仕事でも成功はあります。
     
    将来性、安定性ばかり求めているのは、現在、お金に苦労してるからでは
    ないでしょうか。
    それと、
    自分がやってきた経験がない人が口にしがちです。

    何の職業でも成功者と失敗者はいつの時代もいます。

    私自身は楽しみの延長であるかのような好きな専門分野での大学、
    仕事ですので、ずっと集中して遊ぶ感覚でお金をいただいています。
    好きな事が基本です。

    ユーザーID:6296449326

  • 葬儀や

    これだけ高齢化してて、しかも子どもは一向に増えない…。
    明るくない日本ですね。

    ユーザーID:5065812617

  • 農業関連じゃない?

    国内は人口減少だけど、これからは海外を視野に展開すれば道が開けるんじゃないの?

    地球規模では人口は増加しているし、人間がいる限り食べ物が不要なんて事は絶対ないと思いますよ。
    農業やその他農業関係の肥料や品種改良、また農業機械等の分野なんかいいんじゃないの?

    将来なんてわからないけど、もし選ぶなら今は見向きもされない産業を選んだほうが将来性があるかもね!

    21世紀は食べ物、水、エレルギーの争奪戦だ!とか言っている人もいるしね〜。

    ユーザーID:4833633243

  • 葬儀がいいのは、「今」だけ(2度目です)

    実際に葬儀業界に身を置いた経験者です。
    確かに、葬儀は無意味に高額な葬儀代を払わせられる時代が長く続きました。
    そこで近年、ブライダル業界から葬儀業に参入する業者が多く、新しい葬儀を提案する、個性的な葬儀をウリにする業者がたくさん増えました。(意外と、ベンチャーが多い業界なんです。)

    しかし、今一番増えているのは、棺桶代と火葬代のみの葬儀をやらない「直葬」が爆発的に増えており、費用は10〜20万円程度。
    すでに都心部では2割がこれです。
    理由は、超高齢で亡くなる方が多く、生前仲良くしていた方も高齢すぎて独力で葬儀に来られないこと。
    また、生前、介護費用で資金を使い果たしており、葬儀にお金をかけられないことです。
    さらに将来的には、終身雇用が終結した世代の寿命が終わる時代になりますと、仕事での人間関係も希薄になりますから、一層、増えると予想されます。

    葬儀がいいのは、今だけです。

    ユーザーID:3594718914

  • もう、日本国内には、

    ご存じのように、日本の人口が減少に転じてます。逆ピラミッド型の人口構成に社会になります。
    人口が減少すれば、、消費も減少します。GDPを維持してゆくことは大変困難です。
    もちろん、ある業種が伸びることもあるでしょう。

    しかし、日本国内だけの目を向けた仕事はそう飛躍的に伸びる可能性は少ないです。
    やはり、海外にポイントを向けた業種じゃないでしょうか?

    ユーザーID:3769076000

  • トピ主です。

    皆さん、未熟な私のトピにコメントありがとうございます。
    この「将来性」というのの基準というのが、なんとも難しくて
    それも含めてしりたいとも思っていました。

    確かに介護の業界は、無くならないと思います。
    が、賃金が安いという欠点はありますよね。
    今介護関係の低賃金が議論にあるようなので、これから改善されるならいいですね。
    求人を見ても介護関係はずっと載っているので、職には困らないかと思ってました。
    同じように葬儀もいいかもって思っていたのですが、色んなスタイルが入ってきているんですね!参考になります〜
    歯医者さんは、すみません。以前勤めていた歯医者で先生がそう言っていたので書きました(歯医者さんはほぼ独立しないとやっていけないので)

    私は転職を考えているのですが、ハロワで適正検査を受けたら「芸術系」で全く職の募集が無い業界なので、他に道が開けたらいいな・・・と思って、皆さんのお話が聞きたかったんです。
    農業というのは盲点でした。
    宜しければ引き続きお話を伺えたらと思います。宜しくお願い致します。

    ユーザーID:5624148445

  • 続けていけるもの

    何にせよ、数十年同じ仕事してたら、そのうちにいいことあるんじゃないですか?

    今、これが儲かる!とあっちへこっちへもありかと思いますが、
    じっくり数十年やっていれば、そのうちいい時期もあるのでないかと思います。
    それと、
    ○○ができる人は少数しかいない!
    となれば、需要が少しでもあれば、食いっぱぐれることもなく、定年もなく、自分に合わせて仕事できるかも。

    今まで、見向きもされなかった
    林業や農業も、今後(すでに)注目されてきてますよ。
    今までは公共建築物等 木造は使えなかったのが、
    低層なら逆に使うように方向転換されました。
    (木を使いましょう。と政策が方向転換されたわけです。)

    今、トピ主さんは何にお金を払ってますか?
    それは今後続くものですか?
    そういったものからアプローチしていくのもいいかもしれませんよ。

    ユーザーID:4591751419

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧