料理が上達したい!

レス9
(トピ主1
お気に入り14

趣味・教育・教養

くろろ

興味もなかったので、実家でほとんど料理をしてませんでした。

数年独り暮らしを経験したので、きんぴらごぼうやハンバーグ、鯖の味噌煮などとりあえず作ることはできます。

が、なんか足りないのです。

で料理教室に通い始めて楽しく通っていますが、なんだかな?と言うこともあります。
知らなかったことが知れたりしてますし、要は私の取り組み方!ともおもっているのですが、このままでいいのかなとも思います。

料理好きの方、どうやって腕をあげているのですか?

ひたすら作り続けるしかないのでしょうか?!

ユーザーID:5099507155

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 料理教室って

    私もいくつか料理教室(地元のカルチャー教室から、オーガニック食材を使う個人宅での料理教室、某大手料理教室の体験講座、某ガス会社の教室まで)に通いましたが、結構一長一短なところが多く、長く続いたところで一年。短いところでは2回なんてこともありました。

    地元のカルチャー教室は値段がまあまあだったのですが、1テーブル5〜6人で作業をするので、野菜を切って終わりとか、下手をすると味見だけなんてこともありました。
    友達も出来て楽しかったのですが、あまり料理の腕は上がらず、それが原因で止めてしまいました。

    オーガニック食材を使ったところは個人宅だったので、「ルクルーゼ」の鍋を多用し、極めつけは一緒に習っていた人が調理中に包丁で指を切ってしまったときに先生が血止めの応急処置が出来ずに、代わりに私が処理をしました(看護師でもない、普通救命の資格も持っていない一般人です)。
    その後の処理も救急車を呼ぶほどでもなかったので(応急処置で血が止まったので)、とりあえず119番して最寄の緊急外来の病院を教えて貰う事まで指示しました。

    続きます

    ユーザーID:7286833315

  • 料理教室って 2

    値段の高い(そうそう手が出ない)鍋を使うのだから、料理の味は美味しくなって当然だし、生徒が出血した時の応急処置(+その後の対応)が出来ない先生に料理を習うのが怖くなって、2回で行くのを止めてしまいました。

    その後は、インターネットでレシピを検索したり(調理器具のメーカーや、カルピスなどのHPに無料のレシピがたくさん載っています)、料理雑誌や料理本(買うのが無理なら図書館で借りたり、古本屋で安く買ったり)を見たり、スーパーなどに置いてある無料のレシピを貰ってきたりして、色々な料理を1・2度作ってみて、美味しかったり、自分の好みに合ったらレパートリーに加える事かな。
    その時に、一手間かけて、自分専用のレシピノートやカードを作る事かな。
    これをすると、次回作るときに、色んな本や雑誌から探さなくても済むし、
    自分専用のレシピが増えていくのが楽しかったりします。

    そのほかの上達方法としては、自分以外の誰かに食べて貰い、評価を聞くこと。
    私は婚約しているので、彼と彼の母(2人とも料理はしないけれど、何気に味には煩い)に食べて貰い、感想を聞いています。

    続きます

    ユーザーID:7286833315

  • 料理教室って 3

    美味しい、不味いっていう言い方ではなくて、「もう少し塩味があったほうがいい」とか「○○を加えたら美味しくなるんじゃない」って言ってくれるので、それもかなり参考になっていますよ。

    あとは、道具に頼るのも一つの手かな・・・
    圧力鍋(活力鍋)とシャトルシェフ、オーブンは私にとっては必要不可欠な料理道具です。
    特に圧力鍋は、お豆も短時間で煮えるし、かぼちゃやサツマイモなどの根菜類も驚くほど柔らかくなります。

    長々と書きましたが、参考になれば嬉しいです。

    ユーザーID:7286833315

  • 誰かに食べてもらう

    結婚前に付き合っていた彼は、食に興味がなく外食ばかりで、私が何を作っても無言で食べるような人でした。

    が、結婚した夫は、何を出しても(多少失敗しても)、「おいしい」「おいしい」と言ってくれる人で、こちらも料理のしがいがある人です。

    前の彼氏の時も、夫と付き合ってからも、わたしはず〜っと毎日料理を作っているのですが、不思議なことに夫と出合ってからのほうが料理の腕があがりました!

    久しぶりに私の料理を食べた母が驚いたくらいです。

    ですので、料理教室に通ったりレシピ本を読んだりするよりも、「おいしい」と言って食べてくれる人の為に作るのが、料理の腕を上げるには一番良いと思います。

    友達でもいいですし、ご両親でもいいので、誰かに食べてもらう機会を増やしてみてはどうですか?

    ユーザーID:6078174191

  • ありがとうございます!

    雪見大福さん ななこさん
    ありがとうございます!

    料理教室は今通っているところ以外もいくつかネットで見てみたのですが、なんとなくなんとなくなと思いました。雪見大福さんのおっしゃることわかります!

    料理て絶対の決まりはなくて、やっぱり慣れですよね。

    すみません、思いっきり書いてなかったのですが、実は結婚はしてまして、夫が食べてくれてます。
    「味濃いかな?」とか「こっちもこっちも生姜味?」なんて突っ込みもはいりながら感想も言ってくれます。
    結婚して早1年。美味しいものが作れてるのかなぁと思って、ちょっと焦っていたのかもしれません。

    いっぱい作って私の美味しい料理を探していくしかないのですよね。

    とりあえず今持ってる本の作ってないものも作るようにして、もっともっと料理をしようと思います!

    がんばります!

    ユーザーID:5099507155

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 経験から…

    ひたすら作っても特に上達は見込めないです。

    1.調味料を見直してみてください。
    みりん…みりん風ではなく、本みりん使ってますか?
    酒…料理酒でなく普通の日本酒使ってますか?

    2.テキストとなりうる本を一つでもいいので用意する。
    基礎が書かれている(これが意外と無いですが…)料理本。
    ”NHK今日の料理”系の本は比較的いいものがあります。
    中華料理系なら、ウー・ウェンさんの本(個人的なお気に入りは”大好きな炒めもの”という本)も結構いいですが、基本的には自分が良く食べるもの、自分が好きな系統の料理が載っているもの、がいいです(やっぱり、味の違いを自分で判断できるので)

    扱っている料理が基本的な料理で(いわゆるレシピ本、アレンジメインの本はあまり為にならないものが多いです。)、”なぜ”が書かれているもの、あと、カラーで詳細に写真がはいているもの。

    道具は腕が上がれば自然と合った道具が欲しくなるので焦って揃える事は無いです。
    ただ、鍋は大は小を兼ねないので薄手、厚手、サイズの揃えは多少なりともある方がいいと思います。

    で、同じレシピを繰り返し何度も何度も作れば上達します。

    ユーザーID:4229967552

  • 新婚さんでしたか。

    >「味濃いかな?」とか「こっちもこっちも生姜味?」な
    味に関しては好みにも寄ると思うので、結婚生活を続けるうちにさじ加減が分かるようになると思います。

    食卓のバランスに関しては、甘い、辛い、しょっぱい…だったかな?たしか5つくらいありましたが…を一品ずつそろえるようにすると、バランスが良くなると習いました。

    酢の物(しょっぱい)、煮物(甘い…かな?)、漬物(辛い)みたいな感じです。
    わたしもバランスが悪い(全部甘辛いおかずばっかりとか。)ことが多く悩んでいたのですが、これを教えてもらったら失敗減りました。

    頑張ってください!

    ユーザーID:4229967552

  • 「慣れ」を身に付けるには

    調味料を目分量で計りながら、冷蔵庫の残り物で一汁三菜を作る者です。

    中高生の時あたりから母親の料理を手伝っていました。
    母親とスーパーにも行っていました。
    「大根が安いな〜。じゃあ豚コマを使って煮物にしよう」
    「青菜はね、切った断面図で鮮度を見るのよ」
    「ごまペースト買わなきゃ!あれを胡麻和えに入れると一味違うのよ」
    といった独り言を幾度となく聞いてきました。これは今でも役立ってます。
    なので、お母さんやお友達と料理トークをしてみては?
    一緒に作ってもいいですね。手っ取り早くコツを伝授してもらえます。

    あと、料理番組をたくさん見る。そのうち覚わります。
    ZIPの「Moko’sキッチン」はお洒落な食材の使い方を、
    「はなまるマーケット」は身近な食材で作る料理を、
    「ためしてガッテン」はピンポイントで調理法や栄養を、
    NHKの「今日の料理」は料理の王道を教えてくれます。

    料理本は「オレンジページ」のムックからいいものが出ています。
    レシピがきちんと書いてるので、今までなんとなく作っていた
    鶏の唐揚げの味がやっと定まりました。

    ユーザーID:4676088707

  • 調味料の混合比

    素材の良し悪しを棚に上げると、料理の味の大半は味付け、火の通し方、切り方で決まると感じています。料理本やインターネット上のレシピは、そのいずれも大雑把すぎるので、それを超える手加減を覚えれば失敗なしに料理することが出来ると思います。

    味付け 調味料の量は微妙で、レシピの通りでは味がでません。小さじ1の次が小さじ2など、量の単位が多き過ぎることが原因です。調味料の量が一割変わると味がまったく変わりますので、目分量の細かい調整と、味見による微調整を体で覚えることが必要です。また、調味料は当面同じブランドを使い続けて、ブランド差による味の差をなくすと良いでしょう。

    火の通し方 鍋やフライパンの癖を覚えないと、時間だけでは同じように仕上がりません。これは経験しかないと思います。

    切り方 切る寸法と、その均一性が味を決めます。細かい数字はレシピに書いてありませんので、写真などを参考にサイズを決め、均一に切れるようになると美味しくなります。

    ユーザーID:2075418559

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧