授業参観の度に日本の未来が心配(駄)

レス47
(トピ主2
お気に入り79

妊娠・出産・育児

くらむぼん

昨日は授業参観でした。
科目は国語,宮沢賢治でした。
一通り朗読し,初発の感想を述べることになりました。
Aさん「意味わかんないし,何の話?」
Bさん「くらむぼん超うけるんですけど」
Cさん「文章がなんかきもいし」
と散々です。
そして秋を感じる俳句を詠もう,と張り出された紙に「きのこのこのこ 元気な子 美味しいキノコ」と書かれていました(それなら名前はホクトと書け・・)

公立小学校,普通の子供達です。
もちろんきちんと答える子もいますし,一部なのですが・・・
家に帰って我が子に「お母さんこの話大好きなんだけどな」と愚痴ると「あの話は私も微妙だな」(微妙ってなに〜??)との答え・・・


日本の未来,そしてこの子供達に支えてもらう老後が心配です。

ユーザーID:5714112561

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数47

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • えー!

    ごめんなさい、何年生ですか?

    やまなし、って自分は小6で習った気がするけど高学年?
    私も授業参観行くけど、これはあり得ない。先生がよっぽどゆるくてなめられているか、地域全体で色々な意味でレベルに問題があるとか。

    とりあえずうちのところは授業参観に行くと、普段は(遊びに来るときは)おちゃらける子供たちが真面目にやっていて人生経験が少ないって純ってことなんだなと感動させられるんですが。

    ユーザーID:0431321093

  • ボキャブラリーは貧困かな

    でも、別に宮沢賢治の作品は誰からも好かれるわけではないし、「微妙」という感想はあるでしょうね。
    「悪いわけではないんだが、私の中ではぱっとする話ではないし、特筆すべきものではない」という
    感想だってありでしょう。文学なんて好き嫌いは分かれます。
    誰にとっても名作なんてお話はこの世にはないと思いますよ。
    文章がきもいというのも語彙の少なさは感じられるけれど、受け入れられない表現法、
    好きになれない言い回しというのは確かにあります。私にとっての阿部公房とか。それこそ感想です。
    内容を読み解く以前に、読みたくないほど文章が受け付けません。
    しかし何故支えてもらう気満々なのか。不思議です。未来は心配ですよ。子供を見てではなく、昨今の親を見ていると、
    子供を産みたくなくなる程度には未来を嘆きたくなります。
    あの親たちと一緒に子育てするのは嫌って人、きっと多いです。子のレベルが低いということは、親のレベルが低いのです。子は鏡。
    子供は勝手にそうなったわけではないのに、勝手に不安がるのはお門違いです。何故他人事なんだろう?自分たちがしたことの結果なのに。
    その風景は必然ですよ。

    ユーザーID:7125246305

  • 恐らくは、

    この子供達が老後を支えることなど無いのではないでしょうか。
    恐らくは姨捨山を作って、邪魔になったら捨てるのでしょうね。

    ユーザーID:4857546319

  • わたしも微妙です(笑)

    学生時代は沢山の本を読み文学にもふれてきました。国語の成績だけは自慢できます。

    何が感性に響くかは個々それぞれ

    わたしも、その「やまなし」ですよね? は、さっぱりわかりません。わからなすぎて今でも覚えている次第です。

    くらむぼんはぷかぷかわらったよ←意味不明 ましてや沢蟹の話らしいと知って驚愕!

    で、塾の講師をしていたこともあるのですが、この話を好きだ。叙情的でいい。と聞いたことはありません。たいていは「よくわからない」というか「さっぱりわからない」です。

    とぴ主さまは、この作品を愛し、感性が大変豊かな方だと思われますが、理解できない子供の未来を嘆く程のことはないでしょう。わからない人の方が多いのですから。

    たった一面、一作品をとらえて、今の子供たちを蔑むのは良くないですよ。

    ユーザーID:1931279868

  • 気持ちはわかります。でもね・・・・

     人という生物はそんなに優秀なの?私も今の季節キノコ採りをしています。
    いつもおかしいなと思うことは、食べること、それから生きるということが、すぐ傍にあることを感じない・・・・その人です。

    ユーザーID:8145654184

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 子は親の鏡

    授業参観に来る保護者の様子に愕然とします。

    授業中のおしゃべり、携帯はあちこちで鳴る。写メを撮るのはましな方でビデオ撮影も。

    挙句に、周辺に迷惑駐車。個人商店や、医院の駐車場に無断駐車して学校に苦情電話がかかってくる。

    一緒に連れてきている下の子には騒ぐからと、お菓子やジュースを与え放題。匂いもプンプンしますから、もちろん、児童はそちらへ注意が行ってしまいます。

    …私の勤務先の小学校での最近の様子です。教員は、児童を授業に集中させるのに精一杯でとても保護者の指導まで出来ません。管理職が校内を巡視して穏やかに注意していますが、全く効果はありません。

    子供がまともに育つわけありませんよね。

    ユーザーID:8904340289

  • そういう感想もありかと

     ただ、私はどの辺が微妙で、どの辺がダメで、そこはどうしたらいいかを考えさせますけどね(笑)子供の率直な感想ってとても面白いと思うのですが…

     普通に危なげない答えより、ある意味破天荒な答えをする子のほうが小さくまとまってなくておもしろいとは思います。事実、我が家もそつない次男より、そつありまくりの長男のほうが面白いし…(大変ですけどね)。タイプ的には次男は良き伝統を守り社会を維持していくタイプで、長男は新しいものを作り出すことで社会に貢献していくタイプだなあと感じています。


     「納得」って合点がいく本より、「それは違うだろう」っていう本のほうがいろいろ考えるきっかけになるので、子供達のそういう感想、一概に悪いとも言い切れないのではないでしょうか。

    ユーザーID:5199124859

  • 意味不明です (40代男性)

    40代男性です。宮沢賢治作品には特に興味がなく,『注文の多いレストラン』ぐらいしか記憶にないので,お話をうかがっていても意味がわかりません。確かに,賢治は優れた文筆家であったのだろうと思いますが,現代の子供たちは彼の時代とは全く異なる環境の下で育っています。「賢治の魅力」が彼らに伝わらなかったとしたら,それは伝え手である教師や親の責任です。特に,あなたのお子さんのコメントを聞く限りでは,あなたもそういった点では,教育の傍観者なのでしょう。

    なお,「子供たちに老後を支えてもらう」などといった甘い考えは,今すぐ捨てることをお勧めします。彼らは,ひたすら縮小に向かう日本経済の中で,自らが生き残る(そして願わくば次世代を育てる)ことに必死にならざるを得ないはずです。我々大人は,自らの力のみで生き残る事を考えるべきだと思います。

    ユーザーID:0048188863

  • お子さんはトピ主さんの影響ですよね?

    少なくともその不安な子供たちのうちお子さんは、トピ主さんの影響ですよね。教育は学校任せ…なんて考えてませんよね?

    後、基本的に昔から一部の子はそんなものでしたよ。
    トピ主さんの昔は良かったフィルター入ってませんか?

    ユーザーID:3129567718

  • そう?

    文学が分からなくても、大人になってきちんと働いてくれれば問題ないかと思います。

    あ、ちなみに私は学生時代ずっと文芸クラブでした。

    ユーザーID:6078755151

  • 本当にわからないようです

    高校生みたいなけだるい物言いが、彼らの心情にぴたっとくるんでしょうね。
    宮沢賢治を否定してるのではなく、言い方がわからないようです。
    >微妙ってなに〜??
    そう、まさしくトピ主さんのおっしゃるとおり。
    具体的に何と言っていいのかわからない・・・それを、意味わかんない、超うける、きもい、微妙としか表現できていないのです。
    学習が遅れている子は、理解できない現実に向き合いたくないという気持ちが、なげやりな言葉に表われているとも言えます。
    学校では素直に自分の心情なんかしゃべれないと考えている子も多いです。

    私が気になるのは、今の子は意見・感想を求められているのに、気分のほうをつい口にしてしまうことです。
    授業参観という場でも臆すること無く、人前で自分の気分を語ることが恥ずかしい認識がないんです。
    意見・感想と気分の違いがわかっていないくらいに、社会性が足りないなあ〜と思います。

    では、どうしたらよいのか?
    これを先生におまかせで解決するのは難しいと思います。
    教育は親も参加しないとね!
    私は生活習慣と人の話を聞く忍耐と感受性磨きは、親の責任だと思ってます。

    ユーザーID:1248403725

  • 日本の未来とは飛躍しすぎ

    >もちろんきちんと答える子もいますし,一部なのですが・・・

    そうでしょう。一部なんです。
    私が小学生時代にも一部いました、そういう子は。
    いつの時代にもいます。
    ただ昔はわざわざ「意味わかんないし」「文章がきもい」とは口に出さなかっただけで
    授業中の内容が理解できない場合、ぼーっと時間が過ぎるのをただ待つだけだったので
    目立たなかっただけです。

    そして問題のその子たちは初発の感想でしょう?
    先生はそこから授業を展開されて、物語の世界観を教えるわけで
    その単元が終わる頃には一部の子たちの感想もかわってくるんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:6996640353

  • そこまで心配なら中学受験にトライしては?

    >日本の未来,そしてこの子供達に支えてもらう老後が心配

    結局は、地域性や家庭学習の問題じゃない? 私の地域の小学生って
    見た目はイマドキですが、中身はわりと勤勉というか、結構、勉強を
    がんばってる子が多いですよ。

    今の小学生って、私達親世代(30.40代)より根がマジメな気がします。
    夏休みの宿題はお盆ぐらいまでに全部終わらせるのが普通。
    学校で習わなくても泳げて普通(カナヅチな子も少ない)・塾や習い事も
    多いですし。土日にプラプラしてる子も少ない。
    (週末はサッカー・スイミング・野球とか運動系のクラブに入る子も多い)

    私の周りでは、自分の小学生の時と比べて、みんな真面目、がんばってるなあ!って
    思う子多いですよ。もちろんそれぞれの家庭で差はありますが…。

    地域の公立小学校が日本の将来を悲観するほど心配なら、地元の中学は
    避けて私立中学受験してみたら? 授業内容でキモイとか超ウケルとか、
    言う子も少ないと思いますよ。

    要は、日本の将来云々や子供のせいでなく、地域性・家庭学習の結果
    なんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:1188655335

  • へんですか?

    宮沢賢治、くらむぼんときたら・・
    「やまなし」ですか
    小学校4か5年生ぐらいの教科書にのっていた記憶があるんですけど

    あれ、意味のわからない話ですよね、いまだにくらむぼんが何かわかっていないぐらいですから、
    子供たちには、文章も普段使わない聞きなれない、読み慣れない文体ですから、

    お子さんたちの感想は、的を得ているとおもいますよ
    むしろ現代っ子が現代語を使ってうまく表現していると思います

    初めて読む(予習してたとしても)数回読んだだけじゃわけのわからない話でしょう(正直言って、何度読んでも大人になっても良くわかりません・・)
    子供のころに、音読みの後に、「全然解らん」と母に言ったら、酔って書いたんじゃないの?なんて笑ってましたね。やまなしがお酒になるくだりからそんなことを考えようです)

    とぴぬしさん、何が、どうして、この話が好きなんですか?、結構わかったつもりで何もわかっていない、頭が固いだけなのかもしれませんよ

    ユーザーID:6506176772

  • 「やまなし」ですよね?

    あの話は解釈が難しいから授業で扱うのって大変だと思うんですよね。
    確か低学年〜中学年でしたよね?音読の宿題でよく聞かされましたが、
    こんな難しい話をなんで教科書に載せるんだろうと疑問でした。

    国語は好きな我が家の子供たちでしたが、あれは結構苦戦しました(遠い目)
    まあ参観中にその感想はどうかとも思いますが。

    長い目で見てあげましょう。ゆとりもそろそろ終わるはずです。

    ユーザーID:9898526186

  • 日本の未来ではなく、

    そのクラスの程度の低さを嘆くくらいで丁度よいと思いますよ。

    うちの子は普通の公立小の3年生ですが、授業参観では子ども達はみんなとても立派です。

    我が子のクラスがだらしないだけで、日本の未来を嘆くのは飛躍しすぎです。

    ユーザーID:6814425950

  • うそばっかり言ってた。

     本や詩の感想なんて、私は子どもの頃、嘘ばっかり言っていました。なんとも思わなかったから、模範的なことをてきとーに書いてた。
     行事のたびに書かされる感想文や、転校していく子へのメッセージもそう。テキトーな嘘ばっかり書いてた。

     本音が書けるようになったのは、中学性以降です。なんか急に、体のなかから言葉があふれだしてきたので、それをそのまま書いたんです。○○に感動しました、とかではなくて、本の批評が書けた。
     小学校では嘘つくことばっかり教わったなあと思っています。

     それに比べれば素直でよろしいこと、と思います。宮沢賢治がきもいって、わかりますよ。言葉は悪いけどね。
     私が子どもの頃は先生にこんな口のききかた出来なかったものだけど、同じこと考えてた子はいたでしょう。

     そんなことよりも、私は授業参観に行くと、教室の後ろでぺちゃくちゃしゃべっているお母様方に、心配になります。こんな親が子ども育てて良いのかしら?って。

    ユーザーID:6161836052

  • 訂正

    『注文の多いレストラン』ではなく,『注文の多い料理店』でしたね。無学を暴露してしまいました。失礼!

    ユーザーID:0048188863

  • 国語の授業参観

    うちの小4の娘の授業は
    「ごんぎつね」でした。

    私はこのごんぎつねと言う物語はあまり好きではありません。
    悲しい結末から、何を学ぶのだろう。
    同じきつねの話なら
    私はてぶくろを買いに。が好きです。
    小さい頃に読んで忘れられない一冊になっています。

    どんな授業になるんだろう。

    先生が与えた課題は
    ○自分がごんになって日記を書く。
    ○ごんを殺してしまった兵十の友達だったら
     どんな話をするか?
    ○ごんぎつねの続編。

    そのどれかを子供達が選んで作文にして発表する。
    でした。

    ごんになった子は
    自分が兵十を思いやってやった事が裏目に出てしまい
    返って苦しい思いをさせてしまった事をとても後悔していました。

    兵十の友達になった子は
    ごんを手厚く供養するようにすすめています。

    続編を書いた子供達は
    殆どの子が一生懸命神様や医者様に頼んで
    ごんを生き返らせています。

    (全てを書き込めませんが)
    その描写がとても心のこもった表現で
    思わず涙がこみ上げてしまいました。

    先生もおっしゃっていましたが
    大人の私達がその優しさにジーンと
    胸が熱くなりました。

    すてたもんじゃないと思いました。

    ユーザーID:1168366676

  • はははっ(笑)

    子どもらしい子どもたちですね!
    私も小学生の頃、「やまなし」を読みましたが、意味不明だと感じました。大人になった今は、あの物語がもつ独特の雰囲気、表現に味を感じられますが、国語の教科書に載るほどの価値があるのかはいまだにわかりません。
    トピ主さんはあの作品のよさを具体的に説明できますか?
    俳句も、「落ち葉踏む音の〜」みたいなの詠まれるより、「秋=きのこ!」のほうがなんだか正直で好感がもてます。

    ユーザーID:0082030390

  • 気持ちわかります!

    最近は大人が当たり前に使用するからですかね?「超うける」「なんかきもい」…難しい文章だとしても、深く読み取ろうとする姿勢が感じられないですね。授業なんて端っからやる気なしと思っているのかも。やる気がなくてもそれなりに授業はきちんと受けるべきものと学生時代は過ごしてきましたが、最近の若い子は嫌な事があったり思い通りにならないとすぐ投げ出す、仕事もすぐやめる、、そんな子を多々見かけます。ごめんなさい少し話がそれました。

    ユーザーID:2410652647

  • 全く分からない

    あのお話は30代の今でも強く印象に残っています。
    くらむぼんはかぷかぷわらったよの部分、この部分は今でも謎です。

    トピ主さんはこのお話に詳しいようなので教えていただきたいのですがくらむぼんは何ですか?
    そして笑うならワハハ、うふふ、えへへ、クスクスなど色々あるにも関わらず「かぷかぷ」としたのはなぜですか?
    かぷかぷ笑うとはどういう笑い方ですか?

    私は文学に詳しいわけではありませんが、宮沢賢治の時代にかぷかぷわらったよを理解出来た人はどれほどいるのかと疑問です。
    時代が変わっただけで微妙、超うける、この言葉もかぷかぷわらったよと良い勝負なのでは、なんて思ってしまいます。

    「やまなし」なぜか惹きつけられる話なのですがどうしても理解出来なくて。良かったらトピ主さんに解説をお願いしたいと思います。

    ユーザーID:3714856005

  • 普通ですよ〜!

    小学校高学年、自我が発達して「世の中ナナメに見るのがカッコイイ」が始まる世代ですね!
    親や先生が答えさせたい模範解答を見透かしてわざと「私は型にはまらないよ」的な小生意気な言い方をする。
    成長段階のひとつであって自然な事ですよ。
    昭和の昔から居ましたよ、そんな子たち。皆、大人に成ると普通です。


    私事の余談ですがクラムボン、学友・仕事仲間・ママ友など男女年齢問わずの飲み(ランチ)仲間が数組ありますが、どのグループとでも一度は話題や議論になりましたね。
    「結局何なんだ、クラムボン!」「いまだに納得いかね〜!」等々。
    小学校当時誰も意味分からないけど(だからこそ?)皆の心の奥底に焼き付いている。
    オトナになってじわじわ効いてくる、毒か眠り爆弾のような存在ですね。

    恐るべし、宮沢賢治!

    ユーザーID:9242559693

  • 単にその担任が児童になめられているだけでしょう。

    「やまなし」を習う年頃の子供は、思っているよりも大人です。授業中の変な発言は、頭が悪いのではなく、単に、教師への嫌がらせと思われます。
    大人がガツンと言わないとだめですよ。
    老後の為に子供を育てていると思っている主さんのような人は、きちんと子供を教育できるのでしょうか?

    それから、今時の、何でもかんでも「微妙」という言い回しは確かにどうかと思う面もありますが、お子さんの場合は、主さんを傷つけないために言っているんですよ。
    せめて自分のお子さんには、「やまなし」の良さをわかってもらう能力が無いのですか? 例えば、クラムボンの実物(ウスバカゲロウの幼虫)の写真を見せてあげるか、言葉だけでも「薄羽」「かげろう」というひそやかな語感を味わわせるなど。又、我々が何気なく食卓に載せている魚も、クラムボンにとっては恐ろしい天敵であること、その来襲の描写のリアルさ、命は一瞬にして奪われてしまうはかないものであること、そのような食物連鎖の中に人間を含む生き物は居るのだということ、など…。語ってあげたら良いのでは?大人が心に響くことを語らなければ、子供の語彙も増えないと思います。

    ユーザーID:7601996154

  • どんな感想でしたら満足しましたか?

    トピ主さんなら、どんな感想をいいましたか?
    やまなしの意味がわかるのでしょうか…。
    「くらむぼん 」も何かわかりませんよね…。

    大人になってからあの独特の雰囲気は好きですが、意味を問われてもわかりません。

    小学生の素直な感想です。

    昔と違って、担任の望む意見を言わないと叱責されるようなことはありません。
    自由に意見が言えるようちなったからでしょう。
    (言葉使いはよろしくないですが)


    トピ主さんは小学生が「やまなし」を読んでどんな感想を言えば満足しましたか?
    小学生がやまなしを理解すれば日本の未来は安泰ですか。

    ユーザーID:8344321344

  • 英語より国語が大事!

    私は小学生当時から理数系が好きで国語は苦手でしたが、ここまでは酷くなかったと思いたいですが・・・。

    従妹が高校で外国語教師(英語以外)をしています。
    形容詞のセッションで、「何か思いつく形容詞を挙げてみて」と言ったら、「ヤバイ」、「キモイ」、「ウザイ」と即答。
    もっとまともな日本語言えと注意したら、「マズイ」だったとか。

    私立の女子校なので、「美しい」とか「優しい」という単語を想像していたのが、そのギャップに授業する気が一気に失せたと嘆いていました。

    トピのお子様たちも、4,5年後はこんな高校生になってしまうのかな?

    小学校から英語が導入されましたが、それよりも母国語である日本語を何とかすべきです。
    英語圏だけでなくフランス語やスペイン語圏の知人もいますが、どの国も外国語以上に母国語教育には力を入れている言っています。

    自国の事も知らない、母国語も正しく使えなくて何が国際性だ!と、私はいつも思っています。

    ユーザーID:6231341185

  • 正直すぎるぅ

    もう数十年前では、道徳の授業もあったのですよ。そんな不条理なことと感じても、既に期待されたシナリオ通りに沿って優等生的であるべき答をすることが暗黙のしきたりと思っていました。また、誰もがそうであることを冷やかすこともなかったですね。今なら良い子ぶっていると思われるたりすることでしょう。

    今は、お仕着せの結論に対して、何の躊躇もなく正直に現実世界に照らした考えを言うことができるようになったのでしょう。

    感覚的で表面的に捉えた反応に対して、その根拠となる論理的思考のロジックに気付いたり、その発言に責任が持てるように成長させることが課題なのだと思いました。

    ユーザーID:7304083505

  • 私も同レベル

    国語は小学生のころからずっと得意で高校生のときは模試で偏差値70前後を維持していましたが、国語の授業もテストも、そもそも国語という存在自体が「どーでもいい」と思っていました。
    そもそも、宮沢賢治のような抽象的な文章を深く考え共感することが、一体日本の未来の何に役に立つのでしょうか、疑問です。

    そんな私は、未だに『くらむぼんはかぷかぷわらったよ』は意味不明ですし、伝わらない文章が何であんなに評価されているか不思議です。
    『カムパネルラ』とか出てくる話も名前が意味不明すぎて当時の私の感想は“微妙”でした。

    現在は理系の技術者をしていますが、こちらは“誰が見ても分かる資料”が評価される世界です。

    ユーザーID:7402562773

  • 授業参観 羨ましい…

    我が子の小学校では、いわゆる『授業参観』がありません。参観日は、親子活動・生活発表会・人権教育 などの特別活動ばかりです。長男が1年生の時は『こんなのも良いな〜』と思いましたが、どの学年でも授業参観がないので、だんだん不思議に感じました。

    共働き家庭が多い地域で『我が子の成長を実感できる、素晴らしい機会だ』と、好意的な保護者は、とてもたくさんいます。
    でも、PTA役員の雑用などで、たびたび学校に行っていた私は『授業の内容にクレームを云われないための対策』なのだと納得しました。同じ学年でも、先生の質によって、題材の扱い方や室内の雰囲気も全然違うのです。

    先日、ゲーム業界の方が『近頃は、ゲーム攻略を難しくすると“つまらない”と感じて、若い人は購入してくれない』と言ってましたよ。挑戦する意欲が無いのだそうです。
    子どもに、時間をかけてじっくり考える作業をさせていない我々が、反省しなければならないと思いました。

    ユーザーID:0667256235

  • 問題はそのいいかた

    わたしも久しぶりに読みました。今でもよく理解できないので、当時はどうしていたんだろうと思いました。私はくらむぼんは水中にある泡だと思っていたんですけど、宮沢賢治の研究をしている人でも未だに分からないらしいですね。

    お話を読んで、意味が分からない、文体が好きではないので興味がないと言うのはしょうがないし、正直な意見だとと思います。

    ただ授業参観で、授業中に先生に向かって、保護者がいる前でその話し方に問題があるような・・・

    その子供たちがその意見を言った後、どうするのかが大切だと思います。興味がない、難しいから分からないから読まなくて良いになると問題だと思います。トピ主さんからの文章ではそこは分かりませんが。

    私が最近ショックを受けた事は、小学校2年の友人の子の夏休みの宿題を見ている時に、計算問題のドリルを見て、やりたくないとのこと。難しいから?と聞いたら、めんどくさいからしたくない。先生に怒られるよといっても、怖くないから平気って・・・・先生が怖くて8月31日に半泣きになって宿題を終わらせようとしていた、私はなんだったのかしら・・・。

    ユーザーID:2593560714

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧