• ホーム
  • 男女
  • 甘いものが全くダメな私と菓子職人の男性

甘いものが全くダメな私と菓子職人の男性

レス37
(トピ主9
お気に入り49

恋愛・結婚・離婚

hotspice

レス

レス数37

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うわぁ、難しいですね

    難しいですね。
    これって彼の考え方次第ですよね。
    作るのは彼のほうでしょうが、やはり味見というか、そういった感想を求めるかもしれないし、そうしながら試行錯誤で新商品を開発したいと思ってるかもしれないし。
    そうなると、トピ主さんの場合は厳しくなりますね。

    だけど、作るのも何もかも(商品開発も)自分や他のスタッフとの作業で、トピ主さんは一切現場に関与しない場合は、問題ないかもしれないですよ。
    経理だけやってくれればいいと思ってるか、もしくはそれすら社員を雇うとかだと、トピ主さんはまるっきり商売にタッチしないでいいですよね。
    彼がどういう方針でいるのかにもよりますね。
    売り場で接客は無理でしょう。
    お客さんに味を聞かれても分かりませんしね。

    うちの近所の酒屋のおじさんは下戸ですよ。
    近所のパン屋の奥さんはご飯党のパン嫌い(笑)
    商売には一切ノータッチでうまくいってます。
    回りには「パン嫌いなパン屋の奥さん」で有名ですが「私はパンが嫌いなだけで、うちのパンがまずいわけではない」と常々言ってます。
    面白い宣伝だとウケてますよ。

    ユーザーID:0449187337

  • とりあえずきちんと話そうよ

    甘い物がかなりダメだという事、もらったお菓子もダメだったという事、
    ちゃんと伝えて話合いましょう。
    ここで聞いても彼の考えはわかりません。

    わたしもあんこ苦手なんで気持ちわかりますよ。

    ユーザーID:2735570211

  • 止めたほうが相手のため

    結婚するだけなら何も問題ありませんが、その後の結婚生活に必ず支障が出ます。
    ひょっとしてトピ主さんは『甘いもの嫌い』な自分をちょっとエラいと思ってる部分はありませんか?
    大多数の女性とはちょっと違うのよ、みたいな優越感。
    違っていたら申し訳ありません。
    男性は、自分のプライドを傷つけるような女性とは100%うまく行きません。
    彼にとって、甘味を否定されることは自分の全てを否定されるのと同じでしょう。
    ましてや、トピ主さんのように上から目線で否定されると。

    ユーザーID:5809841195

  • どっちかな?

    洋菓子屋さんか和菓子屋さんか・・

    トピ主さん、匂いは大丈夫なのかな?

    洋菓子屋には、嫌いな人には強烈な『バニラ臭』が、和菓子屋さんはバニラ臭ほどではないけれどあんをたく匂いがつきものです。

    どちらも慣れればいいことですけど・・・
    そこで働くと決まってから無理となったらつらいですよね。トピ主さん、近所の個人経営のお菓子屋さん(厨房がついているところ)に行ってみてください。小さいお店ほど香りからは逃げられません。

    ご結婚自体は、彼氏さんが、あなたのスイーツ無理(嫌いじゃすまないですものね)を納得してご両親にも話を通してくだされば済む話。作っているほうとしては残念ですが、それを超える要素があなたにあるなら大丈夫かと。
    試しに『先日いただいたお菓子、がんばったけど食べられなかったからあげちゃった』と言ってみて。
    それで気を悪くするような方なら、そもそもあなたとお店はやっていけないと思います。


    以上、元パティシエールからでした。

    ユーザーID:1144761075

  • 美味しいと思えなければ無理

    >その他の点においては明るく優しい方なので、今後もお付き合いを深めたいと思うのですが、

    いえいえ、結婚するとなるとその他の点よりも、彼との生活を占める大部分は「お菓子店の跡取り」です。
    その他の点で生活の根本である職業とその職業を支える妻になるという事は埋められません。

    トピ主さんが甘い物を克服するという程度ではなく、美味しいと思えるようになって積極的に食べ、甘い匂いの中で喜んで一生生活できるようにならなければ、この結婚はトピ主さんにとって無理だと思います。

    ユーザーID:7092269617

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • たまゆさま

    私もトピ主様程じゃないですが甘い物が苦手です。
    私はトピ主様の文章、全く上から目線に感じませんでした。
    甘い物が苦手な女性って結構いますよ。
    全く特別じゃありません。

    あなたの方こそ、自分が甘いもの好きだからって理解できてないだけでは?

    甘いものが苦手な人って、甘いものを気持ち悪いと感じる人が多いです。
    胸焼けを強くしたような、口にも入れられないような気持ちの悪さを感じます。

    それを考えて読み直してみては?

    ユーザーID:2735570211

  • お菓子って味だけが全て?

    さる有名なパティシエさんの奥さん。
    味の事はノータッチですが、商品のデザイン、店舗外装や
    キャンペーンなんかの経営にまつわることを
    一挙に担っているそうです。
    旦那さんがそっち方面がからきしなので
    相性ばっちし。
    何十人といるお弟子さんは、旦那さんだけでなく
    奥さんのお弟子さんでもあるそうですよ。
    そういうこともあるってことで。

    ユーザーID:9692480766

  • お客の立場からすると、

    「甘いものが絶対ダメな女将さんから商品を買う」のは、嫌。


    新製品を買う際、売り場の人に「これは何を使ってて、どんな味なんですか?」と訊いてみたりもするんで、その時の反応が「甘いもの嫌いの人のそれ」だと、見てて分かるし・幻滅必至。

    どこの店でも大抵、若い男の店員さんでも女子の店員さんでも、「これはですねぇ―‥」と“その商品を実食した時のスマイル”をほんわか浮かべて説明して下さる。
    その笑みで、「ああ、おいしそうだな〜」と期待感高まり、ちょっとハッピーになる。

    ↑それがお菓子屋さんです。


    あと‥‥ 大変余計なお世話なんですが、子供の味覚って「母親の影響が大きい」と思うんですよね。

    縁談の方が「独立開業」なさると、「跡継ぎを育ててゆくこと」も大事だと思う。

    ユーザーID:8578583754

  • 皆様お返事ありがとうございます。

    皆様からのお返事一つ一つを自分の(未来を含む)状況に当てはめながら読ませて頂きました。
    本当にありがとうございます。

    >ymym様
    どうやら彼は私に売り場に立って欲しいと思っているようですが、トピック通りですので、ご指摘の通り無理かもしれません。
    お客様に味を訊かれても「ほんのり甘くて美味しい」だとか「餡子がぎっしり詰まってますよ」くらいしか答えようがありませんので...。

    どうすればよりお客様が来店しやすくなるかなど、営業や商品開発の点で協力させて頂ければとは思うものの、果たしてどれほどの力になれるのかは未だに不安が募るばかりです。

    ただ「パン嫌いなパン屋の奥さん」のお話には勇気を頂きました。
    ある程度の開き直りが功を奏す場合もあるのですね。

    >ちづか様
    まさに仰る通りです。今度お会いした時は率直にお伝えしようと思います。
    ただ、多分現段階では理解してくれそうな気がするのです。
    それが今後一生続くかどうかがちょっと...自信ありません。

    続きます。

    ユーザーID:4062404831

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • トピ主です(2)。

    >たまゆ様
    私の甘いもの嫌いは優越感からではなく、子供の頃からおやつを与えられなかったことや、中学からのダイエット、大人になってからは過食嘔吐を患ったことなどが複合的な原因なんじゃないかと思っています。

    そういう外見のコンプレックスをなんとか克服した今だからこそ、人と同じように甘くて美味しいものを私も楽しみたいのですが、どうしても条件反射なのか、受け付けられずにいます。

    >みやこ様
    彼は和菓子屋さんなので、まさに「餡の匂いが染みついているかも」と笑いながら話していました。
    匂いは直接口にするわけではない分、鼻が慣れればなんとか...とは思うのですが、こればかりは実際身を置いてみないとわからないことです。

    まずは率直にお伝えしてみることと、それでもこのまま話が進むようであれば、一度疑似結婚生活のような、体験入店(キャバみたいですね)をさせて頂こうかなと考え始めました。
    私のことは非常に気に入って頂けているようなので(一時的かもしれませんが)、こんなことが原因で破綻させたくないのですが、もし無理なようでしたらきちんとけじめを付けたいと思います。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:4062404831

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • トピ主です(3)

    >マコ様
    彼は私が現在の稼業を捨てて献身して欲しいわけではなさそうでした。

    どうやら自社ビルもあるようなので、生活の心配がない故に条件を緩めているのかもしれませんが、跡取りである以上、責任は分かち合わなければならないものとして、今後はきちんと状況を判断したいと思います。

    >ゆーら様
    誤解を解いて頂けるコメント、恐れ入ります。
    これが例えば「○○オタク」とかであれば全く問題ないのですが、実際に口にするものなだけに日常的に接するのはどうなのか...と不安に駆られてしょうがないのです。
    過去のトラウマがあるのにも関わらず、軽卒だったな...と自分を恥じています。

    >こっこ様
    とても前向きなコメント、ありがとうございます。
    私も以前は営業職でしたし、経営におけるアイディアは出せると思うので、そういう方面からは全面的に協力できたらいいな、と思っています。

    できるだけネガティブな心配から解放されたいものです。その為にも早めにこの甘味「拒絶症」の事実をお伝えすることから始めないと(汗)。

    求めているのは小さな幸せだけなんですけどね...。

    ユーザーID:4062404831

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • 無理無理

    それはトピ主から見れば問題無いでしょうが、実際相手から見たらどうでしょうね。
    自分の職業否定してるような人と結婚する気なるか、相手の親も説得できるか考えると難しいのでは?

    どうあがいても死ぬまで甘いものが付き纏いますし、もし本当に愛しているのなら愛のために甘いものを克服したらどうですか。

    ユーザーID:8692250220

  • あなたには無理

    >その他の点においては明るく優しい方なので、今後もお付き合いを深めたいと思うのですが

    菓子屋の跡取りの妻は、あなたには無理。
    しかも、前もって知っていたのだから、相手にしてみれば、今更甘いものが苦手だなんて思ってもないでしょう。彼がかわいそうです。

    30代な上に、お菓子も食べられないのでは、彼からみればあなたと付き合うデメリットはあってもメリットはないし、迷惑以外の何者でもないのでは?

    正直に言って、別れましょう。

    ユーザーID:8315437485

  • う〜ん

    少なくとも、咀嚼・嚥下できないほど苦手だということは、言っておかないとダメだと思います。
    ちょっと苦手、レベルではないので。
    お菓子作りが趣味ではなく、仕事ですから。彼の日常の大半を占めることに関する事柄ですからね。
    結局、頂いたお菓子の感想は言わなかったのですか?

    彼がお菓子屋さんの跡取りなら、子供も跡取りを期待するかもしれませんね?
    もしトピ主さんと同じで甘いもの苦手な子どもが産まれたらガッカリするかも・・
    とか、相手には考えることが色々あるはずです。結婚ですからね。
    (甘いもの嫌いに遺伝的な要素はないかもしれませんが、父親が菓子職人で母親が甘いものが苦手なら、母親に似たんだ・・とは思われるでしょうから)

    将来で持つお店って、カフェとかですか?
    それならご主人がケーキ専門、奥さんがコーヒー専門、などの分業ができそうですけど・・・。
    でもどちらにせよ、彼の意向次第ですよね。
    まずはありのままを彼にお話しすることをお勧めします。

    ユーザーID:0796096668

  • 無題

    どう考えたって無理ですよね。


    へたな例をあげるとすれば・・・

    動物が大嫌いな人が酪農家へ嫁ぐとか
    田舎が大嫌いな人が農業地帯へ嫁ぐとか
    猫が大嫌いな人がネコ10匹飼ってる家に嫁入りするとか

    こんな感じでしょうか?

    やっぱり相手のことを思うなら今のうちに身を引くべきかと。

    ユーザーID:9996129025

  • 苦手と食べられないでは全く違う

    苦手っていうのは好きじゃないけど食べられるって事だと思っています。
    でもトピ主さんは吐くほど。

    きちんと伝えた方がいいですよ。
    甘いものが吐くほど苦手なのだと。
    それでもいいと彼が言うなら結婚しましょう。
    結婚する前に言わないと後々大変な事になりますよ。嘘ついたに近いと思うので。

    夫婦でお店…は味のことは関知できないので経理とかポップを作ったりとか裏方的な?お仕事されてはいかがですか。

    ユーザーID:9360101510

  • ん〜難しいのかも

    トピ主さんから皆さんへのレスを読んでいて、ちょっと難しいのかなぁと思いました。
    大恋愛の末の・・・というのだったら別ですが、紹介ですよね。
    ある程度は、家の為になる人、家業の為になる人を望んでもおかしくないと思いますよ、彼側は。
    たとえ彼がいいと言ったとしても、彼の親はどう思うか分かりません。
    「何もお菓子が全くダメな人と結婚しなくても」と思っても無理はないだろうし。
    トピ主さんも辛いと思います。
    近所のパン屋さんの奥さんの例を話しましたが、パン屋さんと和菓子屋さんの違いは・・・と考えてみましたが、パン屋さんはお客さんが自分で選んでトレイに入れて購入するという形ですが、和菓子屋さんは対面式ですよね。
    「これと、これだと、どっちが甘さ控えめですか?」など聞かれた時に、いちいち厨房に聞きに行くより、その場でサラリと答えたほうがスマートですよね。
    そうなると、甘いものがダメというのはなかなか厳しいのかなぁと思えてきました。

    ユーザーID:0449187337

  • 結婚は無理

    彼があなたとどうしても結婚したいなら、彼は職業を変えるしかありません。

    和菓子職人として一生送る覚悟の彼ならあなたは相応しくありません。

    結婚前提のお付き合いなら、いくら性格が良くても相性が良くても生活の基盤が和菓子で成り立つ家庭なのですから、あなたには向きません。

    長くお付き合いして別れるより、早く告白してお別れしてあげて下さい。年齢的に無駄な時間は取らないほうがいいです。

    結婚と恋愛は別物です。

    ユーザーID:9688492674

  • 意外と…

    商売とは不思議なもので、
    自分の好きなものを扱っていれば成功するというものではありません。
    甘いものが好きな人はそれがおいしいと思っていますから、
    お客さんの反応が悪いと、
    「こんなにおいしいものがなぜ」
    の状態から前へ進めない場合もあるでしょう。
    冷静に、お客の反応と売り上げを見極めるには、商品への思い入れを切り離した部分も必要かと思います。
    菓子職人が甘いもの嫌いでは厳しいでしょうが、その奥さんも甘いものが好きでなければならないという理由はありません。
    勇気のいることですが、お相手本人とそのご家族に正直に話してみて、納得が得られれば問題はないのではないですか。
    魚の嫌いな魚屋さん、お酒の飲めない飲み屋んおご主人、そういう例は意外と多いかもしれません。

    ユーザーID:2791315454

  • トピ主です(1)

    皆様の手厳しいご意見が大変参考になっております。
    やはり難しいのでしょうか...。
    ただ少しだけ弁解をさせて頂くと、お菓子を一口食べることにはあまり抵抗ないのです。
    まるまる一個を食べることがダメであり、また味が全くわからないでもありません。
    少なくとも百円のケーキとパティシエールのそれとは区別がつきますし、洋菓子の善し悪しは一口でもある程度わかるのですが、和菓子に関しては...全くの不勉強です。
    駄目なのかな...。

    >お化けギャルソン様
    少なくとも買うお客様には安心して買って頂きたいとは思います。
    私以外の家族は皆甘いもの好きですし、子供にまで私の嗜好(トラウマ)を押し付けたいと思わないので、もし授かったとしたら人並みの味覚を持つ子供に育ててたいものです。

    >台風太郎様
    相手の方は良いとしても、ご両親が承諾しないかもしれません。
    将来的には私自身も障壁を克服できれば一番いいのですが、努力が実る場合とそうでない場合と、どちらもあり得る以上、最悪の想定をするしかありません。
    だとすれば確かに諦めた方が良いのでしょうね...。

    ユーザーID:4062404831

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • まずは正直に伝えてから

    一刻も早く、彼に本当のことを伝えてください。
    彼はまさか、吐くほど甘いものが苦手なんて思わないで付き合っているのですから。
    「甘いもの苦手」と、「口に入れたら吐いた」は、受ける衝撃が違い過ぎます。

    それよりも、そこまで自分が甘いものに対して拒絶反応を出すことがわかっていて、恋愛ではなく紹介で、最初からお菓子屋さんの跡取りであることをわかっていたのに、なぜ結婚を前提に交際を始めてしまったのか…。

    絶対に同居はしたくないと思っている人が、同居希望の人と付き合いを始めるくらいに不思議です。
    最初に会った時に一目惚れして、この人のためなら自分の考えを変える!と思うならともかく。

    あなたが思い描いている将来のビジョンと、彼が思い描いている将来のビジョンは、最初から方向性が全く違っていたということでしょうか。

    ユーザーID:1437080427

  • うわぁ、かなり厳しくないですか?

    私も甘いもの苦手な女です。子供の頃から誕生日にショートケーキとかチョコレートケーキとかはイヤ(というかムリ)なタイプです。こればっかりはどうしようもないんですよね。

    で、まぁ自分が食べれなくても接客はできるでしょう。店頭で食べる必要はないでしょうから。問題は匂いです。店中に充満するあま〜い匂い耐えられますか?毎日、これから何十年とその店で働くことはできますか?
    私は無理です。そんなことしろと言われるのは地獄以外の何者でもないです。実際、パン屋もお菓子屋も入れません。焼きたてのお菓子の匂いとかそれこそ吐き気をもよおすだけなので。

    ただ、私と違うのはその菓子職人を好きだと言うこと。少しずつ匂いだけでも慣らすようにしていけばそのうち平気になる。愛故に...かなり楽観的ですが。でも、菓子職人なら匂いがしみついたりしてませんか?菓子職人は分かりませんが、シェフやソムリエは私服でも常に特有の匂いがしてます(ハイ、私匂いにもかなり敏感だったりします)。そこから入ればいけるかも。
    まぁ、最初っからあきらめるのではなく少なくとも努力だけでもしてみてはいかがでしょう?

    ユーザーID:4403242151

  • トピ主です(2)

    >みかん星人様
    挙げられた例の「嫌い」項目が悉く私には当てはまらないため(動物好き、田舎好き、猫好き)その逆に相当する項目を考えてみるに:

    は虫類が大好きな人に嫁ぐ(今は無理でもいずれ好きになれそうな気はする)
    氷河地帯に住む人に嫁ぐ(寒さに弱いものの、両親が北海道出身なため、慣れそうな気がする)
    ゴキブリを愛でる人に嫁ぐ(これは無理です...)

    あまり嫌いなものがないことに気付きました...。

    >salut様(salut!)
    吐くといっても口から出す程度で、嘔吐するわけじゃないのです。
    甘いものが苦手ゆえにデート場所も今のところ渋いところに限定してもらっているようですが、やはりちゃんとお伝えするべきですね。
    どういう点で協力できるか、きちんとご説明できる用意をしたいと思います。

    ユーザーID:4062404831

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • トピ主です(3)

    >ymym様
    重ねてのご意見、有り難うございます。
    確かに家の為に敢えて私のような人間を...という観点は彼だけじゃなく、ご両親からも否定されそうです。それならそれでしょうがないので諦める他ありませんね。

    ただ私は上記の通り、全く甘いものに対する味覚がないわけではなく、少しは区別はつくので、努力次第でなんとか店頭におけるお客様への対応ができるかも、と安直に思っていたのですが、どうやら事態はそれほど簡単じゃないようですね。

    少し関係を見直します。

    >わかな様
    結婚と恋愛は別物というご意見。確かに受け取りました。
    彼は跡継ぎですので、彼が職業を変えることはありません。

    だとすれば、この関係は恋愛は多少あれど、生活の面において諦めた方が良いということですね。
    仕方ないですね。諦めます。

    そういう前提で次にお会いした時にお話したいと思います。

    皆様、真摯なご意見をどうも有り難うございました。

    ユーザーID:4062404831

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • なんだかなぁ

    甘い物を一切食べられないのに、お菓子屋の跡取りを紹介してもらうなんて・・そもそもおかしいでしょ?

    ウソをつき続けているのに、あちらが乗り気になってきて「ゆくゆくは自分のお店を夫婦で」とまで言わせて、
    どうするつもりですか?

    彼の家族に嫌われるかどうかなんてレベルじゃないでしょ。家業を手伝えないのだから、そういう家に嫁ぐ”資格が無い”
    レベルじゃないのでしょうか?

    ごく少数のあなた寄りの意見にばかり耳を傾けていますけど、どうしてそうやって”自分にだけ”都合のいい解釈が
    できるのでしょう。

    世間知らずな人なんだろうなぁっていう印象を受けましたが、30歳を過ぎてわざわざ自営業の方と結婚したがると
    いうのも不思議です。収入も不安定、義理の家族との濃い付き合いもある、休みも少なく朝から晩まで働かされて
    自分の自由な時間もお金も無い暮らしって想像できますか?

    接客も完璧にできて、自分でもお菓子を作れたり美味しいお店を巡るのも大好きっていう人でなければあちらの望む
    嫁では無いと思いますが。

    あなたがしているのは本当、失礼な事ですよ。

    ユーザーID:7337110699

  • いいと思います

     お店の商品を冷静な目で対処できて,むしろいいと思います。
     作る人は,商品への愛情は不可欠ですよ!でも,売る人は,商品への愛情は邪魔になることがあります。残って捨てられる和菓子,まずいというお客さん,粗末に扱うお客さん・・・などにも,冷静に対処できる方がよろしいのでは。
     第一,和菓子大好きでそんなとこで働いてたら,まちがいなく残り物とか食べまくって,メタボか糖尿病にまっしぐらですよ〜。
     以外と天職じゃないですか?

    ユーザーID:5989142322

  • トピ主の11/4 23:38 のレスに対して

    他の方にしているレスの中にありましたが
    過食嘔吐を患ったことも原因のひとつというお話。

    (2011年11月4日 23:38のレス)

    これは、きちんと正直にはなすべきかなぁ、、、なんて思いますが。
    もし、自分が逆の立場だったらぜったい話して欲しいですね、

    だって、ただ甘いもの苦手でたべられないとは、やはり全然違うとおもいますよ

    ご自分だけ、よいように解釈なさってるみたいですが、
    あなたの場合、ただの好き嫌いではないですよね。
    あきらかに。

    ユーザーID:0279512628

  • いるんですねぇ

    大変な選択でしょう

    本当の事を包み隠さずに話して下さい

    これがあなたの相手への真摯な態度です

    伸ばせば嘘をついていたとか隠していたと言われます


    友人にすべての鳥大嫌いなコが居ました

    見るのも食べるのもダメ!

    そのコがなんとウズラ農家へ嫁ぎました(もちろん鳥嫌いを隠して)

    糞の掃除や死んだ鶉の片付けなど、やっているみたいでびっくりしました

    ユーザーID:3972199056

  • 味覚の違いが問題ではないのでは

    彼が菓子メーカーの跡取りで
    現場で作っていないのならまだちょっと違うと思いますが、
    菓子職人ですよね。親御さんも。

    主さんは好き嫌いというよりアレルギーに近い訳で、
    否定している訳ではないのに食べられないのは気の毒ですが、
    受け入れられないことには変わりがありません。

    お菓子は彼と彼の代々の家のプライドであり、生み出した作品ですよね。
    それを受け入れられない人と家庭を築くのは彼には無理だと思います。

    ちょっと極端ですが、主さんは
    主さんの作った料理をおいしく思わず、食べられないような
    味覚の人と暮らしたいでしょうか。
    さらに料理を作ることがご自分と親御さんの代々の仕事だったらどうでしょうか。

    ユーザーID:6949516663

  • 無理無理〜。

    >せめて感想を言おうと最後の一つを口に含んだものの、(罪悪感に苛まれながらも)「ダメだ...」と吐き出してしまいました。

    だめじゃん。

    >お菓子を一口食べることにはあまり抵抗ないのです。

    全然、抵抗してるじゃないですか。
    矛盾してませんか?

    成功している和菓子屋さんで、
    ぜひ嫁ぎたいのかもしれないですが、
    家業を継いでいる方たちに失礼だと思いますよ。

    それに、ばれるんじゃないかな〜。
    苦手なものを食べる時って、
    顔や態度に出るからわかりますよ〜。

    相手が菓子職人と聞いて、なぜ紹介を受けたのか、
    本当に疑問です。

    それでも彼が私をいいと言うんです、っていう
    オチなんでしょうか。

    それなら、甘味を克服したいと
    探偵ナイトスクープへ依頼かな〜。

    ユーザーID:2472116355

  • トピ主です(1)

    大変参考になるご意見の数々、いつもありがとうございます。
    彼には予め「甘いものが苦手」だと伝えているためか、なかなかこの話題を出すきっかけが掴めずにいます。稼業の話を振ってもはぐらかされてしまい、せいぜい「自分が欲しいものは自分の稼ぎで、というのが理想的」といったことを聞き出せたくらいです。

    なんとなく私の仕事を尊重している、というより、プレッシャーをかけたくないような感じで、それはそれで恐縮してしまい、それ以上打ち明け話までは持っていけてません。面目ない...。

    既にご先代が築き上げた老舗ということがあるのでしょうか、あまり生活が逼迫したことがない方のような気がしています。かなり楽観的で、理想を語る部分もあるので、逆にネガティブで最悪事態しか想像できない私には人間的にホッとする方なのです。

    ともあれ、現実的なアドバイスの数々には頭が下がる思いです。

    ユーザーID:4062404831

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • トピ主です(2)

    >j様
    私は漫画の「あんどーなつ」という作品が先行してお相手のご職業をイメージしていた節があります。あまりに安易だったな、と今になって反省しています。
    でも仰られる通り、営業という観点から協力はできなくもないかも...と思い始めています。
    少しでも多くの方に手にして頂けるものができるのであれば、私も全力で協力したい所存です。

    >あると様
    重複しますが、予め「甘いものが苦手」とお伝えした上で、先方様の私へのご興味があったのですが、自分自身の不安がこういう問題を引き起こしたとも言えます。

    >りん様
    匂いは私も敏感な方ではあるのですが、慣れると意外と大丈夫だったりします。
    韓国に行った時は笑い話ではないですが、電車内では本当にキムチの匂いがしたものの、慣れました。
    できればはなから職業で諦めるのではなく、私でできる努力はしていきたいと思います。

    >魔女っ子様
    都合のいい解釈ばかりしているのであれば、こういう不安材料もないでしょう。
    それに自営業を一括りに「貧乏、義理固め、自由なし」と規定するのはちょっと失礼です。

    ユーザーID:4062404831

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • トピ主です(3)

    >和菓子嫌い様

    私が彼の仕事を尊敬したいと思うのは、私自身も自分の仕事に対して評価して欲しいからです。
    ですので、彼の仕事の結果=『商品』というものに関してはどれほど「甘いもの嫌い」であっても、評価し続けたいですし、批判したいと思います。

    そこに疑問が生じれば、それはそれで対処したいですし、それが無理であればしょうがない...というところでしょう。

    ...一個人様宛であっても全体からのレスポンスになってしまいました。大変申し訳ないです。

    ユーザーID:4062404831

  • トピ主のコメント(9件)全て見る
  • ○○嫌いの××はあることですが・・・

    下戸の杜氏とか、野菜が嫌いな農家とか、偏食の栄養士とか
    自分がダメなものを職業にする人はいます。

    そういう面では、彼と一緒に菓子の店が営めるかは努力次第
    でなんとかなるでしょうね。

    ただ、彼が結婚相手に何を求めているのかによります。
    例えば、自分の作ったお菓子を食べて笑顔になってもらいたい・・
    試食役になって欲しい・・・と思っているのならダメです。

    早めにカミングアウトしたほうがいいでしょう。

    重大なことかもしれないし、どうでもいいことかもしれません。

    ユーザーID:4769929116

  • 確かに言い難いことですが

    2度目のレスです。
    「甘いものが苦手」と彼に伝えてあることは重々承知の上です。けれどトピ主さん自身が書いてあるように「これほど甘いものが苦手とは彼も想定していない」ことが心配なのです。

    話題を出すきっかけですが、言い難いとは思いますが、貰ったお菓子を吐き出してしまったことをそのまま伝えてはどうですか。
    あなたがここまで悩んでいることも彼は知らないと思いますので、正直に伝えれば、彼もこれから先のことをもっと真剣に考えてくれるのではと思います(案外、「なんだそんなことで悩んでたの」と笑い飛ばしてくれるかもしれませんしね!)

    ところで疑問なのですが、トピ主さんが「甘いもの苦手」を彼に伝えたのって、お菓子をプレゼントされた後ですか?前ですか?
    前だとしたら、彼はそもそも「甘いもの苦手」なのを忘れてる(聞いてなかった)可能性が高いのでは、と思いました。
    それを伝えた時の彼の反応はどうだったのでしょうか。とても楽観的な人のようですから、本当に軽く考えているのかもしれませんね。

    ユーザーID:3501248090

  • 彼は自分の立場をよく分かってる

    彼が理想しか言わなかったり、家業の多くを語らないのは、敢えて跡取り長男に嫁ぐ女は極めて少ないということをよく分かっているからでしょう。
    遠慮というより、トピ主さんの甘い物嫌いの程度を浅く見てこの出会いを何とか先へ進めたいと思っているのではないでしょうか。

    それにしてもトピ主さんは楽観視し過ぎだと思う。
    どなたかも仰ってますが、結婚は生活そのものだし、その生活を支える職業である甘い物がだめなのに、将来的には頑張ればやっていけそうと考えているんですね。

    彼に甘い物がだめなことを改めて伝えて結論を彼にゆだねるって、彼だってこの出会いを諦めきれないだろうから、前向きに考えればやっていけるんじゃないかなんて夢見てしまうのでは?

    現実的に考えると結婚は彼と二人だけの問題ではないし、やっていけるとはとても思えません。
    彼の理想論はあくまでも理想論。彼のお母さんなどはトピ主さんを自分のようにさせようとするでしょう。
    彼(の人柄)との結婚というより彼の家業と結婚すると考えたほうがその通りになると思います。
    成功している家業なら尚のこと、その妻としての資質を問われますよ。

    ユーザーID:7092269617

  • 同じ立場から。。。

    わたしも現在、老舗和菓子屋の跡取り息子と結婚前提でお付き合いしています。
    実はわたしも、トピ主様ほどではありませんが甘い物が得意ではないです。
    そのことはもちろん、彼も知っています。
    実は和菓子を作る彼自身も甘いのはあまり好きではないようで、彼のお菓子は甘さがかなり控えられていて、甘い物が得意でないわたしでも大好きな味です。
    日持ちをさせるために甘さを強くするのでその甘さがダメになる人も中にはいるようだと彼から聞き、お土産で買ってくるようなお菓子、スーパーのお菓子が苦手なのはこれが理由だったんだと。

    ずいぶんと厳しい意見もありますが、彼自身ときっちり話しましたか?
    まずはそこです。
    何年も修行してきて、何年も和菓子を作っている彼の味に口出しはできなくてもこっこさんのおっしゃるとおり、彼の苦手分野をサポートはできるはずです。
    わたしも和菓子にも色合いが必要になるのでカラーコーディネートの勉強を
    して欲しいと言われ、資格を取りました。
    一人一人にお返事するくらい真面目な方なんですから、彼にもその真面目さが伝わるはずです。
    怖がらず彼と向き合ってください。

    ユーザーID:3930720068

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧