• ホーム
  • 学ぶ
  • 今のカメラの悩み、一眼レフ購入で改善されますか?

今のカメラの悩み、一眼レフ購入で改善されますか?

レス29
(トピ主7
お気に入り20

趣味・教育・教養

ひろみ

使用目的は、ショッピングサイトの画像が主になります。

サイトをかれこれ、5年ほど運営しており
やっとのことでカメラの扱いに少しは慣れてきたところで
商品の色や素材に合わせて、コントラスト調整など考えられるようになってきました。

扱っているのは、細部まで凝ったつくりの値のはる品物なので
より細部まできれいに写して商品のよさを伝えたいと思い
一眼レフの購入を考えています。

現在のカメラは、SONY サイバーショットDSC-F828
ライトは、リファーのようなタイプで60×60を2台持っています
電球は昼白色

今のカメラで不満足なところは、いくつかあります。

●ホワイトバランスがうまくいかないところ
白用紙でポワイトバランスを調整するものの、白背景が妙に濁った色味になってしまいます。

●伝えたい細部がどうしてもクッキリ写りません。

●色味の再現も苦労します(特に緑色)

●布地の表面の微妙な光沢感も写りにくい!

●スワロフスキーやスパンコールなどの光るものや、
ラメの入った布地などがちっとも光ってくれません!!(泣)

●魚眼レンズとまではいきませんが、複数品並べた場合に手前のものが大きく写りすぎてしまいます

もちろん、カメラのせいではなく
テクニックや光量不足の点が大きいと自覚していますが
一眼レフの購入で、このような点が少しでも改善されますでしょうか?

予算は、15万円くらいまでですが

やはりうんとお高いレンズなどを買わなければ
カメラ素人のテクニック不足は補えないものなのでしょうか


お詳しい方、どうかよろしくお願いします!

ユーザーID:1424085939

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数29

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • メリットはあります

    ご自分でも気づかれているように照明などの影響は大きいです。が、一眼レフを使用するメリットはいくつかあると思います。

    お書きになっているような、商品に余計なパースペクティブがかかるようなケースは、一眼レフでやや長めのレンズを選択して距離をとって撮影することで解決できます。また、表面の質感や光沢を強調したい時は、どの部分にピントが合っているのか確認できたり、絞りによって被写界深度(ピントの合う範囲)を調節できる一眼レフのメリットは大きいと思います。
    商品の撮影のみが目的であれば、カメラやレンズは必ずしも高価なものである必要はありません。

    ただ、カメラ以前に気をつけたいことはいくつかありますよね。
    光量が不足しているならば三脚を必ず使用しているか、とか。
    背景の白の濁りが気になるとのことですが、ホワイトバランスだけでなく、露出補正が問題ではないかと思います。露出補正はされているでしょうか。

    商品の撮影用の撮影ボックスやフードを使用するだけでも、ずいぶん印象が変わります。
    商品の撮影方法(特に照明)についも、検討してみてはどうでしょうか。

    ユーザーID:0937561043

  • 機材の性能 × トピ主の知識技量

    =写真の質

    ということです。

    >もちろん、カメラのせいではなくテクニックや光量不足の点が大きいと自覚していますが一眼レフの購入で、このような点が少しでも改善されますでしょうか?

    ほとんど改善されません。

    つまり、どんなに機材が良くても、扱う人の能力低ければダメなんです。
    足し算じゃなくて、掛け算ですから。

    トピ主さんは、それをカメラの性能アップで解決しようとしていますが、高い数値にゼロ近い数値を掛けても高い値にならないってわかるでしょ。

    DSC-F828は十分高級なカメラです。
    取説を見て、勉強しましょう。

    ユーザーID:4239555550

  • お手元のデジカメを使いこなしましょう☆

    自分は静物の撮影を戸外と屋内で多数試みました。
    結論は「コンデジでじゅうぶん」。

    1)白背景がくすんだ色になる。
    プラスの露出補正を試みてください。+0.3くらいでじゅうぶんと思います。

    2)細部の描写がアマい。
    カメラを三脚に固定し、セルフタイマーの短い設定のもので撮ってみてください。光量不足の時シャッター速が遅くなりブレますから。

    3)緑色の再現に不満。
    プラスの露出補正で明るい色調になるはずです。
    なおご不満ならばカメラに付属同梱のCD-ROMにある画像処理ソフトで調整してみましょう。

    4)布地の光沢の描写に不満。
    5)光りものが光らない。
    カメラを三脚に固定してブレを防いで撮ると光沢の描写がぐんと違ってきます。

    6)形が歪む。
    被写体から離れて、ズーミングで望遠レンズにして撮ると歪みは少ないです。

    お悩みの点はどれも室内の静物撮りにありがちな光量不足からくる現象です。
    三脚使用でブレを防ぎ、露出補正で明るい色調に。

    高価なカメラをお買いになっても、お悩みは同じ事です。

    ユーザーID:0440256248

  • ans

    フィルターを使う
    RAW撮影して現像してみる
    ISOオートでノイジーになってないか確認する

    (RAWはできない機種もありますが)買い替え前にこの程度は試せるかと。

    デジイチにしたところで、どのような被写体をどのように撮影したいかで、
    選択肢は変わりますし、接写にこだわっているならデジイチよりマクロが得意な
    高級コンデジでもいけると思います。
    動体撮影でもなさそうなので単焦点でもいいでしょうし。

    ユーザーID:3315260413

  • デジタル一眼レフでは改善されない

    トピ主さんが、デジタル一眼レフのカメラを新調しても、現状は改善されない。

    なぜなら写真撮影の「基礎技術」を理解してないからです。

    DSC-F828で期待通りに撮影できないなら、カメラがデジタル一眼レフになっても変わらないです。古いけれど 168,000円もするカメラです。高級機です。

    マニュアルで撮影できますか。 マニュアルで試行錯誤しましょう。

    ユーザーID:5646885456

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • テクニック不足は補えない

    いろんなカメラがありますが、一眼の高級機は、基本的に上級者が機能を使い切るという摂家になっています。
    なので、ヘタな人のサポートというよりは、上手で機材が揃っている場合に、腕と機材を駆使した結果を伸ばすという方向性にあります。

    >ホワイトバランスがうまくいかないところ
    普通の紙だと上手くいきません。
    大概は「純白もしくは18%グレー」になります(マニュアルみてね)。
    また、マニュアルの場合、撮影対象と同位置で計測し、カメラ個体の癖を探してさらに微調整する(紙の色合いを変える)といったことが必要です。
    静物撮りの場合、色合いの厳密さが必要なので、手間がかかります。

    >伝えたい細部がどうしてもクッキリ写りません。

    大光量で絞らせて撮る。

    >色味の再現も苦労します(特に緑色)

    世の中緑成分が七割なのに、普通はRGBが1:1:1になっているため、緑分が足りなくなります(レタッチ補正で多少改善+フィルタでも可)。

    >光ってくれません

    反射用の光源を足しましょう。

    >手前のものが大きく写りすぎ

    望遠効果を使いましょう。

    結論、望遠よりでライトを増やした方がよい

    ユーザーID:7709780295

  • 早速ありがとうございます。(トピ主)

    トピ主です。ありがとうございます
    レンズ源右衛門さんまで拝見しました

    ムリじゃない?というご意見いただく予感もしてましたが、やはり(笑)

    能力がないからダメという意見はごもっともです
    ないからこそ、馬子にも衣装的に、ダメな子にも一眼、、と思ったわけなのですが!

    情報追加です
    露出補正は必ずこまめに調整しています
    フード、レフ板も使っています

    しかし露出補正で明るくすると、肝心な色味もとんでしまったり

    たとえば白紙上に黒一色の花をおきます
    花びらの重なりや、花心の部分を写したくて露出補正をすると
    明るくなり細部は写るものの、黒の深い色味がとんでしまい
    見たまんまの美しさが撮れず

    写真を撮ったあとのレタッチはフォトショップです
    これでなんとか直していますが、直しが極力少ない方が写真がきれいですよね
    それに、複数の色遣いの場合、カラー補正では直しきれないのです

    白バックに白物をおいて撮る際も、輪郭がぼやけ気味

    商品の色の美しさや、シルク表面の絶妙なツヤ感も
    技術を習得すれば、このカメラでいけますか?

    三脚でシャッターを長く開ける方法はまだ試した事がありません

    ユーザーID:1424085939

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 購入されたほうがいいと思います!

    はじめまして、ひろみさん。
    写真の仕事をしているのでアドバイスできる範囲でレスさせて頂きます。忠実に正確なアプローチをしたい運営側の苦悩なので、質感や色合いが違うと撮影側もイライラしますしね。ひろみさんは恐らく現在のカメラでの不満を払拭したいだけだと思うので、十分カメラを変えれば可能です。

    私は購入されたほうがいいと思います。その理由は現在のカメラを持ってショップに行けば教えてくれますよ。私が言うと話が長くなりますが(笑)恐らくひろみさんは現物の商品の良さを伝えたいのに全く違っているので悩んでいますよね。しかもモニターに画像アップした際にもっと沈んでるはずです。15万円なら良いの買えますよ。購入後は皆さんがおっしゃっている注意点を理解して色々いじってみることです。

    コンデジでファッション関連のモデル撮影を行っても良い写真は撮れます。でもなんで一眼レフや中判カメラに拘るカメラマンがいるかが分かれば自ずと分かってきますよ。応援してます!

    ユーザーID:9253992860

  • 照明の効果を利用してください

    ●ホワイトバランスと背景のにごり
    カメラのオートホワイトバランスが合わせ切れていないのか、露出の問題なのか、原因を切り分ける必要があります。両者をマニュアル設定にして少しずつ条件を換えてテスト撮影してみてください。
    ●細部が伝わらない
    パソコンのモニタの解像度は75PPI程度と低いです。Web用画像はそれに合わせているわけですから布地の微妙なテクスチャは見えにくい。拡大画像を別途付けた方がいいと思います。
    ●緑色
    Webで使用されるsRGB色空間は青緑系の色再現が不得手です。それが影響しているかも知れませんし、カメラの絵作りの特徴かも知れません。これも原因の切り分けをしないと対策が困難です。
    ●布地の光沢感
    リファで光を回しすぎていませんか。逆に黒背景や暗めの照明下で半逆光気味またはサイドライトでスポット的な照明を当てる、など光沢感が出る照明条件を探してみてください。スパンコールなどの反射物も基本的に同じ。照明光源か白レフが反射面に写り込むようにしてください。

    続きます…

    ユーザーID:4344653976

  • 【続き】照明効果

    ●魚眼効果
    手前と後ろの商品の大きさを揃えたいならば、レンズの望遠側で、被写体から少し距離を取って撮影してください。

    商品の緑色の発色が色空間の問題だと判明した場合は、そう言うものだと割り切って「断り書き」を商品説明に添えます。
    あるいは一眼レフであれば解決できるかも知れません。AdobeRGBというsRGBより少し広い色域を記録できる色空間が扱えますので、AdobeRGBモードで撮影し、カラーマネジメントされたモニタやパソコンと対応したフォトレタッチソフトを使ってsRGB色空間に変換すると、ある程度発色が改善された画像を得られます。ただし結果的にその画像を観察することになる一般ユーザーのモニタがカラーマネジメントされていませんので、どの程度効果があるかは不明ですが。
    緑色の発色がカメラの絵作りの問題であるならば、なるべくリニアかナチュラル(素材に忠実)な発色をするモードで撮影してみてください。

    ある程度レベルの高い(値段も)一眼レフでは素材型の発色をするように絵作りされていますので、それらを導入してもいいかもしれませんね。

    ユーザーID:4344653976

  • 【続き】のおまけ

    Web用の写真用のカメラに高い解像度は必要ありません。
    レンズも同じなので、レンズは高性能なレンズでなくてもいいです。

    ただ色味の扱いについて、印象色・記憶色のような「人の目(フィルタ)を通してみたキレイな状態の色」の絵作りがしてあるカメラですと、素材に忠実な色味が得られません。誇張された派手めな色になってしまい、写真素材としては適しません。色飽和を起こしている場合が多いです。
    一眼レフのハイエンドやハイアマ用の機種ですと、素材型の絵作りになっています。撮っただけでは暗めのぱっとしない写真ですが、撮影者がレタッチで仕上げることが前提になっています。白飛び・黒つぶれ・色飽和していない・階調が失われていないので、レタッチでいじると、ちゃんと反応が得られます。色飽和していると、階調が無くなりますし、それ以上色を変化させることも出来ませんから。

    現在のカメラの絵作りに不満があるのであれば、新しいカメラに乗り換えてもいいと思います。それだけ写真を見る目が高くなってきている証拠ですから。

    ユーザーID:4344653976

  • 一眼レフのほうが撮影時に細かな調整が出来る

    色温度も細かく設定できますし、露出補正も簡単ですし、撮影に適したレンズもアクセサリーも選べます。一眼レフは必須でしょう。

    でも根本的にライティングのテクニックに工夫が無いだけでは?
    照明を二方向から当てて影を消したり、また影のつけ方で商品を引き立てたり、素人とプロの撮影技量差はライティングで決まります。

    ユーザーID:1225498228

  • 参考意見

    一眼レフを買うメリットはあると思いますが
    劇的に良い(思い通りの)写真が撮れる訳では
    ありません。
    撮影に関しては
    露出補正・ストロボ調光・ライティングが
    重要になります、これらを色々調節して
    試行錯誤を重ねるしかないと思います。
    ホワイトバランスに関してはRAWモードが
    良いかもしれません。
    宝飾品等は石そのものにピンポイントで
    スポットライトを当てないと石の輝き等は
    表現できません。

    ユーザーID:1380840809

  • 三脚使用時のセルフタイマー

    三脚使用時もシャッター速はなるべく1/15より速いほうがいいです。

    セルフタイマーを用いる意味は、
    手を離して、衝撃なくシャッターを切るためです。

    長い露光という意味ではありませんのであしからず。

    ユーザーID:0440256248

  • 価格なりの効果

    最近の高級カメラはオートで撮影しても素晴らしい写真を撮影することが可能です。

    高級カメラは素人には使えないと言うことはありません。
    もちろん、その性能の全てを発揮させるにはそれなりの技量が必要ですが
    カメラの性能に任せてオートで撮影しても、カメラの性能で技量をカバーできます。

    1眼レフの高級カメラで、単焦点の赤鉢巻で撮影すれば希望通りの映像を得ることができると
    思います。

    ただ、15万円ではちょっと厳しいかも。

    ユーザーID:9562071011

  • 助かります!! トピ主です その1

    みなさま、ずいぶんご親切な指導とてもありがたいです!
    ふたたびレンズ源衛門さんまで拝見しました。

    なんだか、相談ついでに技術指導までいただき、わー本当に助かります!

    もしカメラを買い替えるにしても
    その前に自分のやり方の何がダメかをわかってないと意味がないってことですもんね。

    どれもためになるお話
    専門用語がちんぷんかんぷんな部分もあるので、
    調べつつ時間をかけてくりかえし読ませてもらってます。

    とりあえず、私がすぐに実行出来て, 且つ最大のメリットが得られそうなのは
    光量不足を補う点ですかね(笑)

    あとはホワイトバランスをとる専用紙を買う事
    光り物には、スポットをあてること

    それから、被写体からレンズまでの距離をとって撮影をしてみる
    これは今日試しました
    なんかこう、まっすぐな横線も地球みたいに丸く写らないようになった気が致します!


    つづきます

    ユーザーID:1424085939

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • トピ主 その2

    前から、なぜ緑の商品はおかしな色になりやすいんだろうと疑問に思っていたのですが
    複数の理由があるんですね
    この辺りの事は本当に理解するのは難しいですが承知しました

    あと、電球の色温度も関係ありでしょうか?
    以前、間違って6500Kを使った時、ひどく緑がかってしまい全滅でした

    今は5000Kですが、それでもまだ緑の影響を感じます
    プロ用ライトではないから、こんなものだと割り切る部分ですかね?
    フィルターが有効のようなお話もありましたが

    それにしても世の中緑成分が7割というのは興味深い話です!


    これまで三脚を使用しなかったのは
    固定してしまうと、なんかこう、お見合い写真のような生真面目な構図になってしまうイメージがありました

    しかし、ブレてないと思っている写真も実はブレているために
    被写体の再現性が低い事もあるのですね
    場合によっては使うべきと理解しました

    ですが、カメラを構えちょっと向きを変えただけで、物がいきいきする瞬間があるので
    それをどんどんみつけながら撮りたくて、手持ちで撮りたいです
    その場合、光量を増やす以外に必須事項はあるでしょうか?

    つづきます!

    ユーザーID:1424085939

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • その3 トピ主

    カメラがご専門の方からとは違ったご意見、「写真」の仕事をなさっているMINさんのお言葉は、まさにおっしゃる通りです!

    実物と差異の少ない正確なアプローチを希望!
    しかし、私にそれが出来るはずもなく、PCモニターで見たときのあのガッカリ感たら!!ほんと沈みっぱなしです

    いつも、どれが一番いいだろうではなく、どれが「まし」だろう?という感覚で選んでます 笑


    以上、長くなりすみません

    大変ずうずうしいお願いですが、、、

    とても勉強になります。
    またお話お聞かせ下さい!!

    ユーザーID:1424085939

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 勉強しなはれ

    >ホワイトバランスがうまくいかないところ
    白用紙でポワイトバランスを調整するものの、白背景が妙に濁った色味になってしまいます。

    >色味の再現も苦労します(特に緑色)

    使用している紙の「白」は、本当に真っ白ですか。
    光源が、色温度の異なる複数のものになっていませんか。

    >伝えたい細部がどうしてもクッキリ写りません。

    ピントが、その細部にあっていますか。オートフォーカス頼りで、ズレていませんか。
    被写界深度は十分でしょうか。

    >布地の表面の微妙な光沢感も写りにくい!
    >スワロフスキーやスパンコールなどの光るものや、
    ラメの入った布地などがちっとも光ってくれません!!(泣)

    ダイナミックレンジ(ラチチュード)は考慮して照明していますか。

    >魚眼レンズとまではいきませんが、複数品並べた場合に手前のものが大きく写りすぎてしまいます

    単に、W-Z設定が、 W(広角)側に偏っている(近づきすぎ)のです。
    この問題だけで、トピ主さんは、あまりにもカメラの知識が無さすぎるとわかります。

    一眼レフに買い替えても全く無駄です。

    ユーザーID:0635057713

  • もっと簡単に考えれば大丈夫です

    こんにちは、ひろみさん。
    それでいいと思います。どれがましだろうで。そんな感じで、もっと簡単に考えると大丈夫です。前回レスの何でカメラマンが一眼レフや中判に拘るかと話しました。カメラで変化がないなら使う理由もなく、軽くて小さい画素数も十分のコンデジのほうでいいです。

    カメラは画素数が全てではありませんし、メーカーさんによって撮影した絵を個性的に表現しています。試しに誰かの違うコンデジと同じ写真を撮影して画像をパソコンに取り込む(撮影設定が違っても構いません)といいです。それだけでも比べれば違った見え方を感じるはずです。条件に収まる方法はいくらでもありますので、「これでいっか」にならないように何でも聞いてお店の方に相談するといいです。

    アドバイスですと、一眼レフカメラを購入される際に必ずどういった写真を撮るか理解しとくといいです。その為に必要な「武器」や「悩み」に気付くはずです。それらを手助けしてくれる機能やアクセサリーを事前に知ってから買うと15万円で収まる良い買い物できますよ。頑張って下さい。

    ユーザーID:9253992860

  • ありがとうございます、トピ主

    MINさんまで拝見しました、ありがとうございます!

    よくなります または ムリ

    両極端なご意見ですが、どっちの意見もその通りですよね

    カメラや光を知り尽くしたプロからすると
    わかってないヤツは何使ってもできない
    それもよく理解できるのです

    私も自分自身がプロとしている分野においては

    目も肥えてない、基礎も身に付いてない素人が
    そんな道具いらないでしょ、、、と呆れる事あるから(笑)


    しかし、それとは反対に
    よい道具を揃えておくと必ずや頼れる右腕となってくれることも
    身を持って感じています

    そう考えると、一流の目を持った方からしたら
    15万円の道具ではたしかに厳しい

    と思ったところで、話は逆戻りして
    でもまぁ、私のレベルならそれでも充分よい道具にあたいしますね(笑

    カメラを探す時のアドバイスも参考になります
    ありがとうございます

    予算内のカメラを探すのではなく
    自分の希望を、予算内でおさめるよう頭を使えって事ですね!

    メーカー毎の絵づくりまでわかる自信はありませんが
    そんなことまで教えていただき感謝です

    おかげさまで、頭の中がずいぶん整理できました!

    ユーザーID:1424085939

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • それは勘違いです

    >よい道具を揃えておくと必ずや頼れる右腕となってくれることも身を持って感じています

    それはね、あなたの知識技術が十分ある分野の道具だからですよ。
    無い分野の道具だったら、右腕どころか、小指の役にも立ちません。

    例えばね、バイクの最高峰マシンをトピ主さんが持っても、全く性能は出せないどころか、まともにスタートだってできないかもしれませんよね。

    トピ主さんは、オートマチック仕様の高級スクーターを乗りこなせないので、本格的な大型バイクを買うべきかと言ってるようなもの。

    カメラだって然り。
    写真を舐めているのがイケナイね。

    ユーザーID:0635057713

  • 買っちゃえ!!

    8年間にデジタルカメラは進化しています。
    特にイメージセンサーや画像処理エンジン、オートフォーカス等の性能の向上は相当なものがあります。
    トピ主さまのお悩みの部分は、最新のデジタル一眼ならカメラまかせでも、そこそこ解決してくれそうな気もします。
    私もド素人で知識も技量もありませんが、カメラとレンズとパソコンがこぞって支援してくれています。
    「候補の機種の情報を集めて買っちゃえば」と思います。


    ストロボワークでしたら
    ニッシンというメーカーのHPにある「オンライン講座」が動画でおもしろいと思います

    ユーザーID:9810294089

  • トピ主。ありがとうございます。

    >猫に小判豚に真珠さま

    いえいえ、勘違いなさってますよ!

    最高峰カメラが欲しいとは、言ってません!
    そんな予算ないです(笑

    バイクより、もっと簡単な例だと

    ケータイをやめてスマホにしてみたいな
    仕事で専門外の足りない部分を少しは補えるのではないだろうか?

    それくらいの期待感です

    しかし、おっしゃりたいのは、こういう事ですよね

    機能豊富なケータイを使いこなしてないのに
    さらに多機能なスマホなんか使えるわけない。猫に小判、豚に真珠

    仕事の役に立つどころか、小指の役にも立たない
    語るな、欲しがるな、スマホを舐めてる、と



    50万も100万もする機材を欲しているなら
    そう言われても仕方ないですけど

    私の予算の15万程度なら
    今や、子供が生まれたから少しでもいい写真を残したいというような理由で
    ふつうに一眼に買い変える人も少なくないですよね?!

    そんな時代なのに
    一眼にしたって、スタートもできない、小指の役にも立たないと
    思わなきゃいけないとしたら
    申し訳ないですが、それはちょっと時代遅れと感じます

    コメントありがとうございました

    ユーザーID:1424085939

  • トピ主のコメント(7件)全て見る
  • 質問に回答

    ●ホワイトバランス
    RAW画像を現像ソフトで調整が良い。Nikonを使えばNX2が使えます。

    ●伝えたい細部がどうしてもクッキリ写りません。
    レンズの問題と、画像処理プロセッサの問題。バリオゾナーT*は機種ごとに設計が全く違いますが、くっきりしないと感じるならば問題ありでしょう。
    良いレンズだと、Web解像度でもくっきり感が違います。

    ●色味の再現
    ●布地
    レンズ固有の色合いと、画像処理の問題でしょう。新しいカメラ、良いレンズが必要です。RAW画像を使うと現像処理で多少は変わります。

    ●・・光ってくれません!!(泣)
    照明が単純すぎでしょう。

    ●手前のものが大きく写りすぎてしまいます
    これは、やや望遠にし、絞り込んでマクロ撮影すると解消。

    良いレンズは高価で、ボディはまだまだ進化するのでコストパーフォーマンスが悪いことが問題です。
    各社のフラグシップの最新コンパクトモデルを試してはいかがでしょうか?撮るものとSDカードを量販店に持ち込み、試写すると差が良く分かります。

    ユーザーID:4025398821

  • 新しいもの

    トピック主さんのカメラって、8年前の物ですよね。

    デジカメはどうしても電子商品なので、8年たったら色々進歩しているだろうし、新しいカメラは新しいというだけで性能いいのでは?

    15万だし、経費で落とすのでしょう?

    でも、新しいカメラ買ったら、使い勝手は又違うだろうから、一度くらいセミナーに通ってノウハウ教えてもらったらいいのではないかと思います。

    それか、一度プロに頼んで商品の写真撮って貰って、プロはどうやって写真とるのか観察する、とか。

    後、悪いですけど、トピック主さん、あまり美術的センスが無いように感じます。

    プロの写真家のテクニックが無いのは当然ですが、芸術作品ではなく、商品の写真なのですから、例えば、細部が大事な物はアップした写真を別に撮るとか、色合いがよくないと思ったら背景の色を変えてみる、とか、三脚を使う為に商品の方を傾けるとか、工夫して見てもいいのでは?

    でも、買う方からしたら、実物の方が写真より良い方がいいです。写真があまりにも綺麗だと、実物を見たときに幻滅して返品したくなりますから。

    ユーザーID:3786972197

  • ごめんなさい

    ちょっと厳しめの意見です。

    >ですが、カメラを構えちょっと向きを変えただけで、物がいきいきする瞬間があるので
    >それをどんどんみつけながら撮りたくて、手持ちで撮りたいです
    >その場合、光量を増やす以外に必須事項はあるでしょうか?

    「物撮り」なのに三脚を使用しないなんて単にモノグサなだけかと思います。
    その瞬間のシャッターチャンスを逃したくない撮影対象ならわかりますが、何度でも再現可能なのが「物撮り」です。
    しかも今は銀塩ではなくデジタルの時代。
    ざっと手持ちで「ちょっと向きを変えただけで、物がいきいきする瞬間」を撮った後で、構図などを確認して、三脚にセットして「本撮り」をすればよろしいのではないでしょうか?
    いくら最近の機材が手振れ補正がついているからと言っても、所詮は代用機能。三脚同等の効果を発揮するときもありますが、超えることはありません。

    ユーザーID:8009183438

  • やっぱりライティングじゃないかなぁ

    商品撮影で一番大事なのはやっぱりライティングでしょ。

    それと、最低三脚はしようして出来ればレリーズでシャッターを切りましょう

    レリーズボタンがなければセルフタイマーで代用できます。

    googleで「商品撮影 照明」で検索すれば、撮影方法とか機材とかもヒットするので予算の合う方法をチョイスすれば良いかと思います。

    一眼を購入されてもこの辺の基礎知識がなければ、中々思ったものは
    撮影出来ないと思います。

    ユーザーID:5805567580

  • トピ主。どうもありがとうございます。

    ご意見どうもありがとうございます!
    くものかよいじさんからaki3さんまで拝見しました。


    心情的には、くものかよいじさんと同じです

    なんとか伝えたいと日々奮闘しながら
    とりあえずは自分が今の段階で納得できる絵をヒトサマにおみせしたいだけですので、
    技量がないからこそ、頼るべきものは何だろう?と考えているレベルです(苦笑)

    高いプロ意識からあえて苦言を呈して下さった方には、
    かえって申し訳ありませんでした。


    今の悩みが解消できる部分もあれば、出来ない部分もあるでしょうけど
    年明けには新しいカメラを買う方向で考えています!!

    プロからみたら足りないところだらけなのでしょうが、

    この素人の現状を見極めて、とりあえずすぐに導入できそうな事、今のレベルで必要としてる情報を授けて下さった方にはとても感謝しています。


    みなさんお時間さいて親切丁寧に説明下さり
    どうもありがとうございました!

    ユーザーID:1424085939

  • トピ主のコメント(7件)全て見る

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧