年老いた毒親と、どう接するか?

レス61
(トピ主17
お気に入り120

家族・友人・人間関係

元若者

40代♂です。
私は現在、海外に住んでいるのですが、両親が私に会いに来たいというのです。

タイトル通り、私の両親は毒親です。小さい頃から不条理な束縛と暴力を受け続けてきました。
私が友達と遊ぶのを嫌い、何かと言っては友達を追い返しました。

普通の家庭の方には理解し難いかも知れませんが、そんな中で育つと、洗脳されてしまっていて、不思議とソレが普通だと思ってしまうんですね・・・。

20前後の頃には、「もう私たちは先が長くない」「家族全員が揃うのはこれが最後かも知れない」と事ある毎に言うので、週末や休日は、出来る限り両親と過ごす事を優先しました。普通なら、友達や恋人と過ごす時期ですよね?

私が如何に異常な環境で育ったかを知ったのは、海外に出てからでした。既に海外生活も15年近くになります。そして、今でも「我々は何時死ぬか分からない」「これが最後かも知れない」と言って、訪ねて来ようとするのです。

両親も既に70代なので、確かに「これが最後なのかも知れない」というのは、ある意味確かなのですが、今まで20年以上、同じ文句で私を束縛し続けてきたことを思うと、どうも素直に受け入れる気にはなれません。

当方がヒマである事を前提に来るので、付き合ってられないのです。会ったところで、噛み合った会話も無く、心の触れ合いも無く、節々に出てくる嫌味・・・空しさしか残らないので、ずっと断っているのですが、同時に何処か心の隅に引っ掛かるものがあるのです。

毒親と最後に会わなかった・・・という方、どの様に感じるものなのでしょうか?

ユーザーID:6370606648

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数61

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私の親と同じ

    私の親と全く同じですね。
    私は50ですが10年前、父が他界した時に「親は自分達が周りの人に「良い親だ」と自慢したいから私に干渉していた」と考えた時、親の行動の全てに説明がついてしまって愕然としました。

    その後母が残りましたが、私が仕事で苦労しても常に「世間体が悪い」「お前が自分勝手だから・・」といった上目目線で、私とは話が噛み合いませんでした。

    母は宝石や高価な茶器などを見せびらかせて「私が死んだらお前達のものになる、今から感謝しろ」と言ってきたので「そんなものはいらない、この実家に私のものはないからもう来ない」と言って親との縁を切りました。
    もしも、寝たきりになったら介護はしなければと思っていましたが、幸い発作で突然他界しました。
    田舎の実家で独り生活していたので、死亡してから発見されるまで丸一日かかりました。
    49日が済んだところで、親の墓を廃棄して共同墓地に遺骨を移し、実家で親が自慢していた宝石や茶器などはすべて親戚に引きとってもらいました。
    最後は5年以上母とは電話すらしませんでしたが、後悔は全くしていません。
    トピ主さんも親との縁を切られてはいかがですか?

    ユーザーID:1353681073

  • 義母&祖母と同じ

    私の義母と祖母がトピ主さんの毒親と似たり寄ったりです。暴力はありませんでしたが。
    二人とも、自分中心に地球が回っていて、法律に触れさえしなければ「自分は絶対悪くない」と思ってます。いい年をした息子・娘なのに子離れできずに自分の所有物のようにみなしてます。
    私の母の場合は、結婚して私が生まれてから、祖母を反面教師にして私をのびのびと育ててくれました。だから幸い、毒親ではありません。
    今は、同居での老々介護に限界が来たので祖母は施設に入りました。ほぼ毎日面会に行ってますが、距離ができたために同居していた時より少しいい関係になりました。
    一方、夫は高圧的な母に育てられ、母親にとっては「よい子」でしたが、小学校4年生の時から「早くこんな家出たい」と思っていたそうです。教師になってからますます自分の親の勝手さに嫌気がさし、結婚してからは実家に寄りつかなくなりました。電話がかかってきても出ません。もちろん顔を出すこともありません。義父が亡くなった時も、涙一つ見せず、葬儀は事務的に終了しました。心残りはないようです。できるなら縁を切りたいそうです。
    こうしてみると毒親っていうたくさんいるんですね。

    ユーザーID:4728322625

  • 毒親でも親です

    親子って、みんなが仲がいいわけではないですし、飲んだ暮れやアルコール依存症でどうすることもできない親もいます。ギャンブル漬けの親もいます。

    それでも親がいたから、あなたが生まれてきた。
    病気で介護が必要な状態でもない様子ですし、海外まで訪ねようとするほど元気なのだから、まだ良しとしなければ・・・・

    たとえ心のふれあいがなくても、あなたにはしっかりとした人生があるのだから、一度、好きなようにしてあげたらいかがでしょうか。何か言われても、どこ吹く風と受け流しましょうよ。
    後で後悔しないようにね。

    ユーザーID:9861499950

  • 飛行機の距離

    私は海外ではなく飛行機でないと行き来出来ない距離に離れています。
    電話はナンバーディスプレイで弾いていますのである日直接うちまで来ました。
    玄関で対応してうちにはあげませんでした。
    ずーっと玄関先で色々喚いていた様ですが知りません。

    後悔は逢ってしまったらすると思うのです。
    勿論もやもやは残りますが自分を守れるのは自分だけなので。

    ユーザーID:2717152393

  • ひっかかるなあ

    後悔したくないんですね


    だからここで聞くわけ?


    なんだかね


    それも親の影響かしらね

    ユーザーID:4158888725

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • ひっかかるなら

    タクトさんのような割り切りもひとつの選択肢だと思いますが、ひっかかることがあるなら、一度だけ来てもらってはどうでしょうか。たぶん楽しい再開にはならないでしょうが、一度は親にこちらの生活を見せたということで、ご自分の気持ちにも言い訳が立つのではないでしょうか。

    私は、親とは電車で片道2時間の距離に住んでいますが、年末年始に顔を見せることで自分の気持ちに折り合いを付けています。肉体的暴力はありませんでしたが、基本見下されていましたし、今でも顔を合わせると必ず嫌な思いをするので、付き合いは年1回が限度です。電話もしません。

    80代半ば、今のところ夫婦で何とかやっていけています。この先介護が必要になったらどうするかなあ。子どもが私一人なので悩ましいです。

    ユーザーID:8587592857

  • 他人と思う・・

    私も似たような親、家庭環境で育ちました。
    ともかく異常な監視、束縛、支配、独占、指図、叱責、比較、体罰暴力を受けました。
    普通の温かい家庭で育った人のには理解して貰う事は難しいと思います。
    一種の洗脳状態に成り『自分の家が異常だとは思わず、他所の家が変だと思い込まされていました』・・・。
    今なら絶対思いませんがその時は、わが家が普通で居心地が良く両親は素晴らしいと思っていました。
    その洗脳から解放されるのには長い時間が掛かりました。
    呪縛から逃れる為には苦労しました、常に背後に親の気配を感じ見えないロープで縛られ監視される感じには苦労しました。
    常に親が張り付いている感じで自己嫌悪感を持ってしまい、楽しんだり自分で判断する事が難しかった・・・。
    今は『他人と思う事』にしました。
    何でこんな非常識な人を信用したのか自分が情けなく成ります。
    貴方も自由に生きていいんですよ、拒否すれば良いんです。
    自分の人生は自分の物です、仮に来られても拒否すれば良いし適当にあしらえば済みます。
    此方の方が体力も力も上なんです、過去に負けないで下さい。

    ユーザーID:1865934470

  • 毒親の認定基準

    私の妹は、実両親を毒親とは、はっきり言いませんが、毒親とする表現をしていました。
    周囲の親から区別すれば、私たちの親は(特に母親)、他より、厳しい事も言ってきたし、ある程度の出来も要求されました。小さい頃は、「ウチばかり、どうしてこんなキツイのか」とも思ってきました。でも、それは、親の過ごしてきた時代、親族背景を考えれば、ある程度仕方のない事だと思える範囲内であると、今は思えます。
    しかし、妹は、自分が、ある男性に出会った頃から、自分の両親が、昔からの毒親と評価するようになりました。どうして、毒親になってのかは、分かりません。
    「異常な状態」が、どのような状態かは、それこそ、トピ主様しか、分かりえないことと思います。
    なにゆえに、「異常な環境」と悟ったのでしょうか。「異常な環境」と判断するに至った経緯、理由は色々あるかと思います。
    それでも、海外に出て行って、生活をしていけるトピ主様がいるのも、ご両親がいた、からこそ、とまでは言いません。でも、ご自分から、ご自分の親を「毒親」とは言っては欲しくないのです。

    ユーザーID:3990416900

  • トピ主です

    レス有難うございます。やはり私と同じ境遇の方もいらっしゃるんですね。

    >>タクトさん
    仰る通り、世間に良い顔する事が全てで、それに子供を使うんですよね・・・いまでも「ウチの子は海外で・・・」なんて何処に行っても自慢している様ですが、結局「自分が偉い」って言ってるだけなので、嬉しくも何とも無いです。

    あと、何かにつけ、感謝を求めるのも、結局褒めて欲しい、自慢したい・・・それだけなんですよね。

    >>はむはむさん
    私も高校生の頃は、極度の監視下にあり、外出すら大変な事で、その頃は、こんな家は出たいと思っていたのですが、その後病気になり、その時以降、自分の感覚を抑圧する様になりました。

    身体の自由が利かないとなると、親が良い人と思わないと生きていけないんですね・・・。

    因みに、ある看護師と仲良く話している場面を見られた次の日、母親に強制的に退院させられました。

    こうやって、兄が普通に成長し、普通に友達と遊びに行く様に成長していくのが寂しいのか、私を徹底的に家に置いておきたいというのが有った様です。

    まだ両親が健在なので、亡くなった時にどう思うのか・・・参考になりました。

    ユーザーID:6370606648

  • トピ主のコメント(17件)全て見る
  • トピ主です

    >>おばさんさん
    世の中には、アルコール依存症の様に、分かり易い問題と、毒親の様な、所謂一見分かり難い問題があり、その一見分かり難い所こそが、毒親の難しさなのです。

    顔見れば「結婚まだか?」を初め、節々に出てくる嫌味、噛み合わない会話、そして、帰ったら海外に住んでいる息子自慢・・・嫌なものです。

    >>るるさん
    会うと、本当に後味が悪いんですよね・・・。何故そんなに嫌われるのか・・・健全な親なら、そう考えるんでしょうが、毒親には、そういう思考能力は無い様で、何をどう説明しても、「機嫌が悪い」で片付けられるので、会う気も無くなります。

    >>コホンさん
    前に来た事もあるのですが、嫌な思いしかしませんでした。まあ、自分の生活を見せたいとも思わないのですが・・・思い込みが激しいので、見せても話しても無駄なのです・

    >>悩む小雪さん、
    とにかく普通の家庭がバカな家庭というのが、ウチの考え方でした。
    やはり、生まれた時からそうなのですから、その考えを変えるのは、本当に大変です。そうしなきゃ生きてこれなかったのですから。
    どんなに言っても、言葉が通じないし、それこそ時間の無駄ですね。

    ユーザーID:6370606648

  • トピ主のコメント(17件)全て見る
  • 親のことは必要最低限で大丈夫

    40代女です。
    毒親と自分の親のことを捉えたことはなかったですが、なんでうちの親はこうなんだろうと、ずいぶん悩んだものです。
    2歳上の兄とも、昔から親の愚痴をよく言い合ってました。
    兄は結婚を機に親と離縁し、その後私がひとりっこ状態で、親の相手をしてましたが、結論をいうと、親との関わりは適当でいいです。自分主体で考えて下さい。親になんと言われようと、自分が気が進まなければ気にしなくてよいです。後悔する必要もありません。
    うちの親は10年ほど前に相次いで病気で亡くなりました。私は仕事もあり、遠距離介護でフラフラになり、親を看取ったあと自分も病気し、回復して3年が経ちます。
    母親は末期癌で入院してましたが、本当に大変でした。死を受け入れるのが難しく、狂乱してしまい、家族を責め立てて。
    疲弊しました。
    亡くなっていく時もやはりこうなのかと。私はできれば感謝して死んでいきたいです。
    親には自分の人生の責任は自分でとってもらいましょう。ちなみに、親が亡くなって、ホッとしました。兄も後悔してないようです。

    ユーザーID:2316256718

  • トピ主です

    >>maamtotiさん
    私の兄は、両親を毒親とは思っていません。最初の子の兄は、普通に成長し、普通に友達と遊びに行き・・・が許されたのですが、やはりソレが寂しくて、私が親の依存対象になった訳です。

    そして、兄の方が先に家を出たので、更に私に対する粘着が始まったのです。必ずしも兄弟だから同じ環境とは限らないんですよ。

    妹さんは、恐らくその男性、そして家族に触れ、自分の家族と何か違うと思われたのでしょう。

    親の期待通り・・・の筈の優秀な兄は、10年にも及ぶ鬱で、大企業勤務とはいえ、既にヨレヨレです。

    >>海外に出て行って、生活をしていけるトピ主様がいるのも、ご両親がいた・・・

    国内に居る以上、逃れられず、止むを得ずの事で、海外生活=楽しい海外旅行では無いのです。

    ウチは食事が不味かったのですが、兄は味覚音痴になることで、それを克服、私は、自分で料理を覚える事で克服しました。

    結局どう考えるか?なのでしょうが、やはり間違っているものは間違っている・・・間違った物を抑圧し続けて、身も心もズタズタの兄が正しいとは、とても思えません。

    ユーザーID:6370606648

  • トピ主のコメント(17件)全て見る
  • 私も同じです

    私も酷い目に遭いましたけど、今親がその事を真摯に受け止めているのなら会っても良いと思って何度か試しました。
    が、会うと結局は「お前だけが変。お前はとにかく神経質」という話になり、そこに兄弟がいると一緒に小さな頃からの話まで持ち出し、私を追い詰めて責める事で結託していきます。
    兄弟は「最高の母」だと思っています。母は息子達にメロメロ。
    兄弟達は私の気持ちなど全然分からないでしょう。
    子供3人同じように育ったはずなのに、私だけヘンだと思っています。

    maamtotiさんのおっしゃることはわかります。
    なんで「妹さんはそう感じるのか」。
    やはり、それは妹さんだけにしか分からないと思いますよ。

    親は私の悪口を影で散々言い、会えば最初だけおとなしく、だんだん文句が始まるのに、そんな私に一番頼ろうとするのです。
    息子達には「迷惑をかけられない」そうです。
    息子達には世間体を貫くのです。
    でも、私にはどんなに迷惑をかけてもいいと思っているのです。

    可愛がってた子供に面倒看てもらえって言うの。
    なぜ最後の最後まで私を疲弊させるつもりなのか。

    どんなに頼ってきても、もう絶対に振り向きません。

    ユーザーID:8594099062

  • やめときましょうって

    そんなの、親が勝手に「海外で暮らす娘にはるばる招待されてもてなされる両親」をやりたいだけで、ぜんっぜん、あなたに会いたい訳じゃないのは明白じゃないですか。
    たまにこちらのテリトリーに踏み込んで、支配するためのネタを探したいだけなんだし。
    うちもそうですよ。とにかく何かネタを拾っては、文句をつけて「だからお前は最低、お母さんはそうじゃない」と踏みつけたいだけ。
    だからまったく連絡も取らず、ネタを与えていませんが、人づてにでも無理にネタを拾っては、義父母に嘘情報を吹き込んだりしてたまったもんじゃないです(あの子は子供の頃からまったく勉強しなくて悪い子だった、とか。……むしろ勉強できる方だったんですけどね。わたし)。
    うちもわたしが結婚して出てった途端突然「老い先短いパフォーマンス」を開始しましたよ。「もういつ死ぬかわからない……」とか言って。
    正直、もうこのまま会わないまま母親が死んだとしても、わたし一点の後悔もないです。
    半分以上つぶされた人生を今やっと何とか立て直してるんですから、これ以上付き合ってやる義理も全然ないです。

    ユーザーID:7484739862

  • トピ主です

    >>ダージリンさん
    お兄さんとその様な話しが出来るというのは、まだ良かったですね。私の兄は、両親の忠実な手下なので、何が何でも絶対に両親を悪く言う事は許しませんでしたし、どれだけ正論でも、いかに私が間違っているかと罵られるだけでした。親に従わないという事が罪であった訳です。

    親が無くなってホッとした・・・という意見が、体験された方から多いのに、少し安心しました。

    適当で良いというのは、本当にその通りなのかも知れませんね。どんなに真剣に話し合ったところで、何一つ話が噛み合わないのですから。

    でも、こういう思いって、通常の家庭で育った人には、本当に理解されないですね。

    ユーザーID:6370606648

  • トピ主のコメント(17件)全て見る
  • ひっかかってるのは

    やはり 最後くらい あなたにつらい思いをさせてごめんねって言って欲しいんでしょうね

    最後くらいそう言ってくれるんじゃないかって ほんの少しの期待をもっちゃうんですよね

    ほんとにつらいですよね

    うちなんか 周りの人から見ればうらやましがられてるはずの家庭でしたが
    中学の担任の先生が 弟が問題行動起こしたとき あの家じゃそれも仕方ないかもなって ぼそっとつぶやいてました。こころが休まらないだろうって感じのニュアンスでした。わかっててくれる人っているんだなって思いました。

    信田さよ子著 『さよなら、お母さん』 春秋社

    取り寄せて読んでみては?

    ユーザーID:9528585594

  • ほっとく

    なにを言ってきてもほっとくんです。
    いよいよ一人で動きが取れなくなって困ったとき、「気が向いたら」面倒みてあげればよし。

    親に今まで縛られて暮らし、やっと自由になれたと思ったらまた擦り寄ってこられて自由を手放すんですか。一生親に祟られて暮らすのですか。

    今捨てないでどーする。

    毒親の顔色を見つつ育って子供育てながら仕事もして戦っていて、自由になったかなって思ったら介護でどこにも行くことができない!
    一生どこにも旅行にさえ行けない!

    こんな暮らしでもいいのかな、楽しいかな?

    ちなみに家では悪霊って言ってました。他の名前をつけたら他のものに悪いと思って。

    ユーザーID:5596361181

  • 私の場合ですが

    タクトさんのレスは参考になりました。
    私は小町で初めて毒親という言葉を知りましたが、前々から感じる事があり、実家からずっと離れた距離にすんでいます。
    妹は、私より実家近くにいますが、結婚してから母は変だと分かったと言い、今は一切母を無視しています。
    最近、母に認知症が出てきたということを親戚から聞きましたが、妹はまるで無視しているので、とうとう私が引きとる破目になりました。
    妹は、姉がいてもいなくても一切タッチしないし、後悔もしないと言っています。
    トピ主さんは私に似ているような気がしますが、お兄さんがいらっしゃるなら、更にトピ主さんは一切関わらなくとも良いと思います。

    ユーザーID:1001863241

  • 後悔はしませんよ!

    両親とも毒親でした。

    父は、亡くなる前、多少過去を振り返っては自分を反省していたようです。
    最後の父からの電話を振り切って無視したんですが、自分の為には大成功でした。やられてばかりでさっさと死なれては自分が可哀そう過ぎます。
    赦されるささやかな復讐です。
    この復讐があって、父に対する憎しみは消えました。
    死に目にも会いませんでしたが、涙も後悔もないです。
    何よりも、もう父を恨んでいません。

    自分自身の為に、振り切る事をお勧めします。

    ユーザーID:6829798782

  • 逃げていいですよ

    無理矢理渡航してこられるのなら、黙って用事つくって逃げましょう。

    とりあえず、「最低限の親孝行〜自分の心が死なない範囲内〜」というリストを作りましょう。
    私の知人は、「金(介護施設の自己負担)は出すが顔は出さない、あの親と自分は前世の仇同士」という線を引いてました。

    『あなたがそうしていられるのも、親御さんがいたからこそ』という寝言レスも無視しましょう。
    親御さんと同類項の人々です。けっこう世間にはいるのですよ。怖いことに。

    「亡くなってから泣いてあげる。それまではさよならしとく、お互いのために」という人もいます。
    逃げていいですよ。
    どのみち、上手く行っていた親子間でも、見送ったあとは後悔して泣くのです。一緒です。

    ユーザーID:7578553142

  • 私の父も同じ…

    私の父も毒親で、小さな頃から酷い事をされ続けてきました。
    お前なんか普通以下の腐った奴だ!と罵られるのは当たり前の毎日でした。

    私は現在結婚し、親とは離れて暮らしていますが、父がいつも何だかんだと理由を作って家に来たがります。
    最初は可哀想だからと思って招いていましたが、その度に『家に入れるんじゃなかった』と激しく後悔しました。今は家に来たがっても断り続けています。

    やはり毒親は毒親です。直りません。

    毒親はいくつになっても変わりません。

    ユーザーID:1585119703

  • トピ主です

    レス有難うございます。
    >>はなこさん
    毒親には、兄弟で贔屓する傾向もある様ですね。特定の者としか付き合えない、それ以外は愛せないというタイプなのでしょう。娘を女として、敵として見る母親ってのも、結構居るということですね。年取って行く自分に対して、若い娘に嫉妬するというのは有る様です。
    ご兄弟を溺愛しながら、結局心は通じていないというのも、何とも哀れな話しですね・・・。
    何を言っても、結局私が悪くされるのは、同じですね。

    >>nanoさん
    「息子が海外で・・・」と、本当に初対面の人にまで自慢して歩いて回っていますが、これは私を褒めているのでは無く、自分を褒めていて、私を訪問するというのは、仰るとおり、その優秀な息子に招待・・・コレなんですよね・・・。この不快さは、普通の親を持った人には理解できないものだと思います。
    「死ぬ死ぬ詐欺」は、やっぱり毒親特有のものなんでしょうか?同じ話しを聞いて、少し安心しました。

    ユーザーID:6370606648

  • トピ主のコメント(17件)全て見る
  • トピ主です

    >>わかるさん
    私が中学生の時、私のことを心配した塾の先生が、母親に掛け合ってくれたことがあります。当然ですが、如何に私が手に負えない子であるかを延々と捲くし立てるだけで、結局自分には何一つ落ち度が無いで、話しにもならないばかりでなく、結局私に対する暴力が待っているだけでした。
    毒親家庭というのは、治外法権なので、問題がわかっても、下手に口出しが出来ないのです。近年の虐待も、問題は同じだと思いますね。

    >>パックンさん
    常に子供にまとわり付く、そして不幸にするという意味で、悪霊というのは、正に言いえてますね。
    確かに付き合っていたら、最後の最後まで付き纏われて不幸にされるんですね。妙な情は、出さない方が良いんですね。

    >>マーサさん
    毒親と分かって関わるのはつらいものですね。幸いウチの兄は、毒親とは思っていないし、国内に居るので、アチラに任せるに限ります。
    それにしても不思議なもので、普段あれだけ贔屓する兄なのですが、粘着する相手は私なんですよね・・・。

    ユーザーID:6370606648

  • トピ主のコメント(17件)全て見る
  • せっかく家を出たのだから

    お会いになるのは止めなさい。
    大人になるための知識も愛情も与えられずに、子供時代を過ごし
    それでも親から離れるために家を出て生きてきた人は
    普通の人とは違います。

    普通の人が普通にしていることができずに苦労しながら
    何とか耐えてこられたのだと思います。たいへんでしたね。
    彼らは変わりません。子供を傷付けた自覚なんてありません。
    お会いになれば必ずあなたを傷付けるでしょう。

    私はもうすぐ50歳になります。
    父は昨年亡くなりましたが、もう会わずに済むことだけが救いです。
    母は父の暴言から逃げるために私を盾にしてきました。
    私の家族は年老いた母と、私の姉を残すのみとなりました。
    もうしばらくすれば誰も居なくなります。
    私はそれで良かったと思っています。

    ユーザーID:4070319092

  • トピ主です

    >>mamiさん
    ナルホド・・・最後に下手に良くしたら、自分達は間違っていなかったと思って死ぬんですね。あれだけ酷い事しておいて・・・後味悪いですね、それじゃ。力強いお言葉、励みになります。

    >>ぽんせんさん
    >『あなたがそうしていられるのも、親御さんがいたからこそ』という寝言レスも無視しましょう。

    コレは同類の人も居るでしょうが、健全な家庭の人も、こういう考え方をすると思います。社会性無しに育って迫害され続ける人生を感謝しろと言われても・・・。

    >どのみち、上手く行っていた親子間でも、見送ったあとは後悔して泣くのです。一緒です。

    本当にその通りですね。

    >>私もACさん
    虐めながら粘着するのが毒親の典型ですね。特に末っ子で何をやっても駄目な私は、格好の粘着相手でした。体力が逆転してからは、暴力は無くなりましたが、やってる事が変わった訳じゃ無いですからね。

    学習能力が無く、人を思いやることが出来ないのが毒親、当然変わる訳無いですよね・・・。

    ユーザーID:6370606648

  • トピ主のコメント(17件)全て見る
  • トピ主です

    >>がんばれさん
    幼稚園に入るまで、親以外の人間を知らずに育ったので、人生のスタート時点で大きく出遅れました。
    それに対しても怒られるだけで、手助けは皆無でしたね・・・。

    ウチは両親健在ですが、親戚からも皆に嫌われているので、親戚付き合いも皆無、兄とも疎遠・・・それでも、仲良くしたいという気は正直起きないですね。
    それをするには、自分の感情を全て押し殺さないといけないので。


    多くの方から、親が亡くなっても寂しくなかったというレスを頂いて、安心しました。
    311の地震の時も、親に連絡は取りませんでした。正直親よりも、私の私物の方を心配した位です。こう書くと。私自身、人間的に問題がある様に聞こえるかもしれませんが、やがり毒親って、その程度の存在だということなのでしょう。

    ユーザーID:6370606648

  • トピ主のコメント(17件)全て見る
  • 後悔しません 1

    40代、兄が二人います。両親とも毒親で、
    特に父は冷酷で変わった人でした。
    子供に対する暴力はひどく、会社で鬱積したストレスの
    はけ口にしていたようです。下の兄に対する
    それは、今思うと虐待に近いものでした。
    大人になってから聞きましたが、
    母が外出している間は特にいじめられるので、
    下の兄は理由を言えず、「お願いだから早く帰って来て」
    と頼んだそうです。
    兄妹間のエコひいきも激しく、兄二人は思春期からこのかた、
    30年以上、殆ど口をきいたことがありません。
    私が中1の時に父は亡くなりましたが、子供たちは一人も
    泣きませんでした。父が早く亡くなってくれて本当に
    良かった、と最近次兄に言ったところ、
    「俺にとっては思春期ずっと生きていたから、早く亡くなった
    とは言えない」と言っていました。

    父の死後は、違うタイプの毒親である母の支配を私は
    ずっと受けました。続きます。

    ユーザーID:2037080438

  • 後悔しません 2

    母は巧妙な毒親でした。幼い頃から、母に身体や対人関係の
    欠点をしつこく指摘され、思春期の頃は、
    重い対人恐怖、醜形恐怖症になりました。

    幼い私の鼻をつまんで、「このお鼻がこれ位高ければねぇ」と
    ため息をつきながら笑う、お前は身体が小さいから、顔が
    小さすぎるから、と着る服のデザインや色を制限する、
    一緒に出かけたり、人に会ったりした後、
    「あの時のお前はとっても恥ずかしかった」、
    「お前のお辞儀の仕方はとってもおかしい」と言い、
    どこがおかしいのか、どう直したらいいのかは
    言わない、などです。
    これを幼少期から繰り返されました。

    また、私が自己主張することを嫌い、母の意見に絶対服従、崇拝
    するようにしこまれました。

    結婚、出産を経てようやく洗脳が解け、私の娘にまで
    容姿や言葉遣いをからかったりしているのを見て、
    大げんかの末、距離を置いています。

    母が亡くなることを想像すると、ふーっと
    身体の力が抜けて軽くなる気がします。
    呪縛から完全に解放される、ということでしょうか。
    その日を静かに待っています。

    ユーザーID:2037080438

  • 私は覚悟を決めました

    小・中・高と、休日に友人と遊んだ記憶がありません。
    「○○さんと遊びに行っていい?」とお伺いを立てただけで、
    母の機嫌が悪くなるのが恐ろしかったから。
    部活も禁止でした。
    「帰宅が遅くなって家事手伝いと勉強に支障が出る」
    母のひとことで決まりました。

    母親がヒステリックに怒鳴り始めるのが恐くて
    母親のご機嫌をとるため、
    幼い頃から頭を働かせていました。

    小学校時代に学校で足をくじいた時も
    母が不機嫌になるのが恐くて
    腫れあがった足に運動靴をつっかけて
    歯をくいしばって3キロの道を歩いて帰りました。
    母に助けを求めたり甘えたりするなんて
    考えもできませんでした。

    学校は楽しかった。唯一、母親の目から離れられる場所でした。
    でもTV禁止の私は、話題に入れませんでした。
    寂しかった。
    大人になって、親のほうが異常だったことを悟りました。

    親が70代になり、私も覚悟を決めました。
    我が子にどんな仕打ちをしてきたか
    親が世を去る前に振り返ってもらいたい。
    やっとやっと親に"NO!"と言えました。

    ユーザーID:2649284960

  • 同じ悩みを抱えています

    私の場合は母親です。さむさむさんのケースと似ております。幼い頃から、身体、容貌、性格の欠点をしつこく指摘され続け、思春期の頃は、異常な劣等感に苦しみました。一生結婚もあり得ないのでは、と思い込んでいました。彼女と似ている妹に対してのはこの様な態度は取られなかった為か、妹と母との関係は良好です。が、姉妹の関係は最悪です。吐き気がする程、妹が嫌いです。今でも思い浮かぶのは、私の全く興味が持てないテレビドラマを母と妹が楽しそうに観ている光景です。成人して、自分の家を出て、仕事をこなし、異性からの強い愛情を得るという経験を通じて、やっと自分に自信が持てました。母親が欠点としていたことも、単に母親との相違であり、逆に長所とも言えることも分かりました。もう既に40代後半ですが、まだ気持ちの整理を賢明に着けている状況です。そんな処、両親の老いの問題が持ち上がりました。人としてサポートしなければ思いますが、接していく中で古傷をこじ開けられるようなストレスを感じています。そんな時、読書で気持ちが和らぐ事があります。村上春樹の「1Q84」の主人公とその父との関係が胸にストンと落ちます。お勧めです。

    ユーザーID:1574962369

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧