夫自殺、子供四歳、疲れました。

レス122
(トピ主3
お気に入り529

心や体の悩み

らくだ

レス

レス数122

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
先頭へ 前へ
91120 / 122
次へ 最後尾へ
  • 人生色々

    可愛い子供さんがいるのだから
    それだけでも幸せじゃないですか。

    少なくとも今は一人ぼっちじゃない。

    トピ主さんが何十年か経って一人になった時、
    子供さんと過ごした歳月がどれほど幸せな時だったのか
    わかる時がくると思います。

    忙しくて大変でしょうが
    今の幸せを大事にして下さい。

    ユーザーID:3073784354

  • 貴女は生きようとしている

    だから、ここに書き込みされたのではないですか。
    貴女は自死しない。生きるからこそ、生きたいからこそ、疲れている。
    「生きたい、子供を悲しませたくない」と一生懸命でいらっしゃるではないですか。

    見知らぬ人から「頑張って」と言って貰えるのも何かの御縁、でいいじゃないですか。そうやって世の中が回っている。それじゃダメですか?

    疲れましたね。今もパソコン見るのも疲れておられるのではないでしょうか。でも、必ず誰かが貴女を見ていますよ。
    それとも子供さんと心中されますか?それはできない、してはいけないと解っていらっしゃるのでしょう?
    貴女は剛い。それでいいと思います。それが、いいと思います。
    祈ってます。

    ユーザーID:7456837160

  • 子供は居ないが。

     いつも何時も何かに押し潰されそうになる。
     どうでも良いと思う時と何とかしなければと言う思いが交差して。
     自分でもどうなってるのだか理解できなくなる、あと何年?と問いかける。
     多分自分も含め誰にも理解でき無い感情だと思う。

    ユーザーID:9445085884

  • うん、疲れますよね。

    私の知り合い(同僚・男性)も幼い子を二人残して自死してしまいました。
    当時仕事が大変忙しく、やはり鬱だったと思われます。
    その方の奥さんも私の同僚で友人です。
    子供も同じ年頃で、私もショックを受けましたが友人の悲しみは想像のしようもありませんでした。
    恐らくトピ主さんと同じように苦しんだはずです。
    こればかりは聞く訳にもいかず、ここに書かれているトピ主さんの言葉を読みながら、私の友人も同じようなことを考えたりしているのだろうかと思っています。

    あれから約10年経ちますが、私に出来ることと言えば、子供の悩みなどの世間話をすることくらいで、、、亡くなったご主人の話は「こんなことあったね」と昔話はするけれど自死そのものに触れることはないです。

    そして、友人夫婦も仲良しだったと思います。
    想像でしかありませんが、亡くなった本人も「何で俺死んじゃったんだろ?」って思ってるような気がしてなりません。らくださんのご主人もそうなのではないかと…。
    決して本人の意思ではなく、病気がそうさせた、正気ではなかった。
    本当に辛いでしょうけど、息子さんには同じ思いはさせないで。

    ユーザーID:0630683647

  • 悲しいとき慰めになる書物

    多くの人が疑問に思う事の答えが聖書に書かれています。
     死者はどうしているのか→伝道の書9章5節
     イエスは友人を亡くした時どうされたか→ヨハネ11章39節から44節
     死者に希望はあるか→ヨハネ5章28,29節
    この聖句はほんの一部ですが,時間を割いて読む価値はあると思います。

    ユーザーID:7706322189

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 経験値

    2人の子供がいるワーキングマザーです。私には夫がいますが、3年前夫は急性骨髄性白血病になり、半年入院していました。(今のところ元気です)
    主様と違い半年という期間だったのですが、ほぼ主様と同じ状況でしたのでその大変さ・苦しさは完全ではないかもしれませんが実感できます。

    傍から見ればとても「不幸」なことなんですよね。だから何も考えてない人に言っても偽善的なことしか言われないからと言えないし、「気をしっかりと」とか「あなたしかいないんだからがんばって」とか言われると余計辛くなってきたり。

    私も朝子供を保育園に送る→会社→病院→保育園の日々で仕事の休日も子供を連れて病院に行ったりしていたので、めいいっぱいでした。
    今でも心療内科に通っています。

    人それぞれ抱える苦労はありますが、いいも悪いもその人の経験値になることなのだろうと私は受け入れるようにしています。
    後は普段の生活で手抜きをうまくできるように心がけてます。
    ゆっくりできる時間はないでしょうからよい睡眠をとるようにしてみてください。

    ユーザーID:7914253408

  • お疲れ様です

    私も様々な事があり、泣けてきました。

    私は子供が出来ず、この度、もうムリかもしれないと言われました。

    数ヶ月ほど寝込んで実家に戻っていたのですが、田舎の夫の元へ戻ってきた時には、隣近所からかっこうの噂話の的にされ、近所の子あり夫婦たちから数々の嫌がらせを受けています。

    何も言う気さえ起こらず、死んだような気持ちです。

    私の人生、過去にも大変なことが沢山ありました。だけどいつもどんな時もこうやって乗り越えてきたな〜って思うんです。

    そして多かれ少なかれ、誰の人生にも他人には語る事の出来ない傷を背負っているのかもしれない、と思うのです。

    私がもし健康な人間なら、あなたの苦しみは1つも理解できてなかったかもしれません。理解をしようとさえしなかったかもしれない。
    だけど今のこんな自分だから、このトピに深く共感出来ます。

    今はお互いに苦しいけれど、いつか「生きてて良かった」と感じられる日が来る事を信じましょう。

    あなたには子どもさんがいます。私にはもう叶わない事です。大変だとは思いますが、私みたいな人間もいる事を忘れないで下さい。

    ユーザーID:2907958325

  • ただ気持ち書いてください。何もいわずただ読みます。

    私にはなにも言えません。ただ辛い時レスしてくだされば、あなたの気持ちは誰かが読んで知っててくれます。少しは楽になるといいなと思ってます。

    ユーザーID:5082625591

  • らくださんに言ってあげられること

    誰もらくださんを助けてあげられないけど
    この小町で
    辛い事や苦しい事や悲しい事や愚痴など
    思う存分に書く事で憂さを晴らしてください。

    きっとそのうちに吹っ切れる時がくると思います。

    ユーザーID:2402067354

  • 同じ苦しみを味わっています

    心中お察し申し上げます。
    本当におつらいと思います。
    この苦しみは同じ経験をしない限りわからないのではと思います。
    ですから周囲の方の「うわべだけの同情」に悲しくなることも
    ありますよね。

    私も2年前家族を自死で亡くしています。
    毎月の月命日、親戚が一堂に会する法要では必ずと言っていいほど
    感情が「裏返る」感じがします。

    負の感情を露わにした自分とはこれほど恐ろしいものかと
    戦慄を覚えるほどです。

    この負の感情、きっとおわかりになると思います。

    この感情をお子さんが再び味わうかもしれないことを
    あなたは「したい」とおっしゃっている。

    周りの方のあなたに対する高い評価とご自分の内面の
    かい離に悩まれているようですが、
    周りの方のことは気にせず、診療内科を受診されることを
    おすすめします。
    私はずいぶんよくなりました

    それからお墓詣り。これは意外と効きます。
    お体お大事に。お子様をお大事に!

    ユーザーID:3023931872

  • 信仰

    ものすごく見当違いのレスかもしれないんですが…。

    身近の大好きだったな人の死を経験してから、お盆がすごく大切になりました。ご先祖さまや亡くなられた人があの世からこの世にやってくる日。亡くなった人に会える気がするんですよね。

    また、わたしは仏教徒ですが、教会も好きです。気持ちが落ち込んでどうしようもないときには、理屈抜きで、いるだけで気持ちが軽くなりました。

    昔から大事にされている信仰や習慣は、生きるのがつらいときの心の拠り所なのだなあと実感しています。

    宗教を勧めているわけではないです。たまたま私が前向きになれた例というだけ。

    どう書いたらいいか迷いますが、トピ主さまが、少しでも前向きに人生を生きられるようにと思います。

    見当違いだったらほんとにすみません。

    ユーザーID:0286449661

  • わかる気がします

    子供の頃父が自殺しました。うつ病でした。
    昨日迄の明るい自分と、父を突然失った事で無くした家族の形、虚しい無気力な自分に悩み苦しみました。
    無意味な言葉にも沢山傷つきました。
    私は大人になり、結婚し子供に恵まれましたが、先日ガンが発覚しました。
    治りにくく、非常に厄介な状態で生存率は低いです。
    昨日迄の明るい自分と、もう日々生きて行くだけで精一杯の自分が共存しています。
    ご近所やお友達の前では、明るい自分です。他人の励ましや悲しみは受け止められないので、ガンの話はしていません。
    沈んで辛い時は外には出ません。
    自分と向き合い、ギリギリのところでバランスを取っています。

    精神がいつまで持つかわかりませんが、今は生きています。

    ユーザーID:3680411645

  • 私の過去

    お悔やみ申し上げます。
    私は今32歳、主婦(結婚11年目)小学生の娘が1人います。
    今から13年くらい前、数年間人には言えない色々な事があり毎日のように「死んだ方が楽」と思っていました。結婚当初は新婚だから幸せなんて事は全くなく娘が小さいながらも当時は今は亡き父や母に預けてパート。こんな生活を数年続けていました。正直なんでこんなに不幸なんだろうと思って生活していました。救いは娘だけでした。母が亡くなり主人の仕事で引越しをし生活は徐々に変わっていきました。あの頃あれだけ辛い思いをしてそれでも頑張って来たご褒美を今天国の父や母達からもらっている。「投げ出さなくて良かった」心から思います。私が死んでしまったら娘は母を亡くした時の私の様に辛く悲しい思いをする。絶対に死ねないんです。誰に何を言われても、されてもどんな事をしてでも娘の幸せを見届けるまでは命をかけて守る。私の誓いです。トピさん、いつか天国でご主人に会った時「私、よくやったでしょ」って言える様にお子さんと笑って生きて行ってください。

    ユーザーID:2809102340

  • 生きていてください

    トピ主さんのお子さんの中に、亡くなられたご主人がいます。
    いろいろな仕草、ものの考え方などに、絶対見つかると思います。
    大好きであったぶんだけ、ご主人の分も、お子さんと一緒に生きてください。
    お子さんが成人式を迎えるまでの年は、とても長い歳月です。
    それだけたつと、世の中の流れも変わりますし、もちろんお子さんは大きくなってトピ主さんを支えてくれるでしょう。

    ユーザーID:7701223502

  • きっと会えますよ

    きっと、旦那さんに会えますよ。
    ブライアン・L・ワイスの、「魂の伴侶」読んだ事ありますか?
    私は、この本でずい分救われました。

    ユーザーID:8403378624

  • 今は耐えて。泣いて、そして笑って。

    絶望の中を生きていらっしゃるように思えます。
    ご主人の死が、夢だったらいいのに…そういう思いかもしれません。

    まだまだ現実を受け入れられないでしょう。
    辛くとも、悲しくとも、それでも日が登り、また明日が来る。生きて行かなければいけない、残された者の辛さ。

    でも、人から受けた悲しみは、人によってしか癒されないのも事実。
    できれば、似たような境遇の方が近くにいるといいのですが。
    そういう人の前だと、トピ主さんの心情を吐露でき、気持ちが楽になれるかもしれません。

    原因は違いますが、私も酷い絶望感の中でもがき続けています。
    私がトピ主さんのそばに居られればいいのに。

    ユーザーID:7289687894

  • 56歳ですが

    とぴ主さんこんにちは

    私はあのつらい事から30年以上経ちました。

    いまだにどうしようもなく泣けてくる時がありますね。

    大好きな弟が亡くなった時もつらかったですが、病死ですからまた違います。

    でも残された者の悲しみが分かりますので、自分で命を絶つ事は考えなかったです。

    こんな目にあってずっと自分は不幸だと思っていました。

    でも最近はこんなに泣けるほど愛する人がいて、私は幸せだと思うようになったんですよね。

    ユーザーID:5356288846

  • 気負いすぎないで

    旦那さまへの愛を貫きたいのはわかります。でも、人一人で背負える量は限られています。こうしなければ、という気負いの中で生きていては、いつか息切れしてしまう、息切れして気持ちが途絶えてはなんの意味もありません。今、気持ちが悲鳴を上げており、他者の言葉が偽善にしか思えないのは気持ちが悲観的な方向へ傾いているから。なんだか、旦那とのことは誰にもわかりようがない、二人の世界にずっと逃げ込んでいたい、現実逃避のように思えます。
    トピ主さまは最愛の人を亡くされてまだ立ち直れていないのだと思います、精神的にも、体力的にも。元にもどるには数年はかかる。それが人間だと思います。自分を追い込むのも亡くしたショックの中から抜け出ていないから。
    まずは気持ちを無にして、死を受け入れる時間が来るのを静かに待ちましょう。無理して明るく振る舞うのも強くいようと気負うのも、受けたショックの反動です。長い人生を過ごしながらゆっくり見えてくるもの、その中に答えがあると思って、二人力を合わせ生きてください。

    ユーザーID:6836706059

  • 行く川の流れは絶えずして・・

    主さん まだ此処見てるかな?

    もう半年と言うかまだ半年と思えるかが主さんの今後を示唆してくれるんでしょうね。

    最近、依頼があって鴨長明の随筆「方丈記」を書きました。(私は書家です)
    書いている内に、私もある事で(長生きして何になる・・)って少々厭世的な気分になっていた
    のが、スーと心のもやが序々に晴れた行くような気がしました。

    (行く川のながれは絶えずして、しかも元の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて久しくとゞまることなし。世の中・・)

    学生の時には人生の経験値が少ないだけにさほど感動は無かったですが・・今、読みなして見ると、心に響きますね。
    御主人様の供養を兼ねてお読みになっては如何ですか? 可愛い子様の顔を思い浮かべながら・・・

    ユーザーID:4519853580

  • 私が鬱病です。

    産後うつになり、半年たちました。

    毎日毎日、死ぬことしか頭に浮かばず、
    反するように、子ども、家族への罪悪感。

    ごめんなさい、私は死にません。

    トピ主さんのレスを読み、誓います。
    死にません。

    ユーザーID:9749847038

  • 自殺という亡くなり方

    私は独身で子供もいないので、らくださんの大変さは全くわかってあげられませんが、うつ病のはてに自殺してしまう方の気持ちはちょっとわかります。

    私も若いころ、突然死にたくなる日があり、本当は死にたくなんかないとわかっていたので、自分で自分を抑えようと必死で布団にくるまっていました。

    頭で考えて「今の辛い状態で生きるよりもいっそ死んだほうが・・・」とか思うのじゃなく、本当に虚無感というか、何か自分でコントロールできないものがわーっと襲ってきて、たまらなかったです。
    誰かにどこかに閉じ込めておいてほしいほど、自分がうっかり死んでしまいそうで、怖くて怖くて、死にたくなくて苦しかったです。

    ご主人もきっと健康だったらそんなことしなかったと思います。
    トピ主さんのこともトピ主さんのことも、置いていくことを選んで置いていったんじゃない、と思います。
    トピ主さんはきっともう、わかっているんでしょうけど。。

    自分でも何が言いたいのかわからないですけど(笑、でも自殺でも病死と同じ場合があるよと言いたくて。
    それだけなんですが。。

    ユーザーID:0641905928

  • なんとかなる!

    44歳のシングルマザーです。10年前、3歳の娘と1歳の息子を連れ、シングルになりました。
    元夫はギャンブルで破産宣告、外に女性を作り、子どもまで作っていました。夫からの暴力もあり、生活費も貰えてなかったので、どうして私はここにいるんだろう?と、離婚を決めました。私がわずかに働いて稼いだ生活費も持っていかれるので、いつも持ち歩いていました。3歳と1歳の子と生活費を洗い場まで持って入る… そんな生活にさよならした時は、これからとにかく 子どもたちと一緒に笑って生きよう! と、裕福な生活ではないですが、毎日楽しく笑って暮らしてきました。現在、娘は中学生ですが、元気に明るく思いやりがあり、すくすくと育っています。塾に行かずとも自分で勉強をして学年で上位にいますし。息子も野球少年で毎日、勉強ともに全力で元気に生きています。大丈夫。生活は苦しいけど、子どもたちは必ずトピ主さまを助けてくれますよ。子が育てば、次は自分の人生を楽しむ番です♪私は昨年に彼ができ息子の小学校卒業を待って結婚を約束しています。希望ってあるんですよ。上を向いて生きましょうね。なんとかなる!

    ユーザーID:0205433296

  • 息子を失った母です。

    5年前、もうすぐ2歳になる息子を亡くしました。
    現在4歳と2歳の息子がいます。

    私も「死」ということをすごく考えます。
    これは夫にも、両親にも言えません。心の中でだけ・・・。

    今すぐ亡くなった息子に会えるのなら、死も怖くありません。
    生きることに未練はありません。
    ただ、今生きている息子達の成長を見届けたい、1人で生きていけるようになるまで私は死ねない・・・そう思う自分もいます。

    どうしたいのか・・・
    それも分かりません。
    ただ、今を精いっぱい生きるだけ。

    いつか私に死が訪れる日が来たら、真っ先に息子に会いたい。抱きしめたい。
    それだけはずっと心に思いながら過ごしています。

    たぶん、大切な人を失って初めて考えられることなんでしょうね。
    人には言えないけど、ずっと心の中で・・・。


    トピ主さんへの言葉が見つかりませんが、こんな風に考えている1人としてレスさせていただきました。

    ユーザーID:9426919251

  • 貴女の中の巨大な怒り

    いつか。
    必死に押し殺そうとしている心を真っ直ぐみつめられる日が来る。
    怒りは光。
    怒りこそ本当に甦る為の、
    唯一つの光。

    ユーザーID:9192486095

  • 思ったら書き出す・吐き出す・想像する

    つらいですね。お疲れ様です。
    正直同じ立場ではないので気持ちを全部理解はできません。
    わかります、なんて嘘になるので書けません。

    違う立場としては、小さいころいい境遇でなかったので、ずっと死にたいと思ってました。

    そういう時は、頭の中で思う存分死んだり、ファンタジーに逃げたり、色々しました。自分の中の別の誰かと話し合ったりしてました。
    ついでに気持ちを文章にしたりもしました。小説を書くと趣味ができました。

    暗い気持ちはどこかで発散するに限ります。
    想像だけなら自由です。
    あなたの記憶に生きている夫と、語り合ってもいいんです。暴れてもいいし、深海をたゆたってもいい。

    いつか、子供のためにずっと長生きしたいと心底思える日が来るかも。
    でも、無理にそう思わなくていいんです。

    小さいころの私の中の人がよく言ったセリフです。
    「大丈夫、君はすごく頑張ってる。僕はちゃんとわかってるから」
    それが私を支えていました。
    あなたの夫はあなたにどう語りかけるでしょうか?想像してみませんか。

    ユーザーID:1229345813

  • 10年後の楽しみは…

     もし亡くなったご主人と ふと邂逅できたら素敵な瞬間でしょうね。
    そのころ お子さんは中学生。何か区切りになるイベントをやってはどうですか?

    お子さんは大人の世界への入り口に来たばかり。まだ一緒に寄り添いながら社会へ出るまでの道のりを先導してくれる 水先案内人が必要です。
    あなたとお子さんは、これから大人の先輩と後輩として 共に歩きはじめるところです。

    日頃の忙しさから切り離して、何か節目になる時にはイベントを設けてみませんか。
    思い出も増えるし、それまでの自分たちを振り返る機会になり、今後の道筋も見えてくると思います。

    そのイベントに ご主人は空の上から参加してもらい、実際にお目に掛かるのは もう少し後の楽しみとして、取っておきましょう。
    ひょっとしたら、姿は見えなくても すぐ傍に ご主人が来てることを感じられるかもしれません。

    読んでもらって、ありがとうございました。

    ユーザーID:6202904669

  • 疲れましたね

    疲れましたね。

    嘘や偽善だらけの自分と世の中ですが、我が子だけは本物というか実体を持ってますね。

    確かに育児も一段落した20年後なら、お役御免ですね。
    子育ての標語、「独立支援」、親の仕事そのものでしょうか。
    しかし母親だけでやるので、尚更ゆっくりなんか出来ませんね。

    「体力」と「時間」と「知力」、どれも減っていくだけで増えませんですね。
    今現在で残ってる「力」を効率よく効果的に使っていくだけですね。

    「さみしくてあたたかかりきこの世にて会ひ得しことを幸せと思ふ」

    息子さんには明るく希望に溢れた未来が待ってますね。

    ユーザーID:7299096114

  • 生き抜いてください

    絶対に旦那様と同じ道を選んではいけませんよ。

    人は誰もが皆死ぬんです。いつかはわからないけども、そのときが来るまで頑張って生き抜きましょうよ!

    私も家族を自死で失っています。

    その分自分は生き抜こうと思ってます。つらいことも良いことも沢山経験して人生を全うしたいと思ってます。

    私も家族が亡くなってから、心が麻痺してて、良いことがあっても悪いことがあってもあまり感じないようになりました。

    トピ主さん、あまり無理しないで、でも絶対に生き抜いてください。
    いつかは旦那様に会えるのだから、人生を全うして、胸張って会ってください。

    ユーザーID:2348595163

  • 私の母も貴女と同じ気持ちだったのかな?

    私は、中学二年の時に父が亡くなり

    母は晩御飯の時に父の好きだったビールやお酒を飲んでよく泣いていました

    私の母も家のローンや私と姉の学費や生活費などで大変だったけど今は、私が33歳で独身ということで悩んでいます

    いつまでも元気でいてください
    きっといつか笑って暮らせます


    私の母は正月に姉夫婦に孫や私が揃い朝から夜中まで楽しそうに酒を呑んでどんちゃん騒ぎします
    父がお酒が好きだったからみんなもお酒が大好きです

    アルコール中毒で亡くなり恨んだ時もありますが、母はきっと父が大好きだったから今もお酒を飲むんだと思います。

    ユーザーID:5334660701

  • 時をすごす 

    一昨年のこと。
    会社帰り、ホームに入ってくる電車をみて「この電車の前に出れば楽になるんだなあ」と思いました。
    家に帰り、家事をして子どもを寝かしつけ・・・。
    子どもの寝顔を見て「ああ、私は楽になるかもしれないけど、その苦は子どもに行ってしまうのだなあ」と涙が溢れました。
    死を思ってはいたけど、実行する気は全くありませんでしたが。

    とにかく、時を過ごすしかないと、毎日を暮らしました。
    今は少しは笑えるようになりました。

    主さんの心労とは比べるまでもないですが。

    子どもとともに時を過ごす。
    日々を暮らしていく。
    あまり考えずに、目の前のことをこなしていく。
    旦那さまに会える日を思って。

    ユーザーID:6748759578

先頭へ 前へ
91120 / 122
次へ 最後尾へ

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧