現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

定年退職後の生活

ワンダーマン
2011年12月8日 6:56

来年の7月には37年勤めた会社を定年退職します。
定年退職に対しては感慨はないのですが、さて、その後どうすると言ってなんのアイデアもないのです。

女房はまだ年金が支給されるのは先なんだから、働いたほうが言いと言います。 しかし、今の会社の経営も苦しいようで、継続して働いて欲しいとはいいませんし、そこまでして残るのはやはり心苦しいです。

定年を迎えた皆さんは、定年1年前をどのように考えたのでしょうか。又、奥様方は定年を迎える夫をどのように叱咤激励されたのか、または突き放したのか教えて頂ければ幸いです。

今現在、定年秒読み段階ですが、何をようと言う考えもなく日々が過ぎていくのですが、あまりにの実感のなさに、女房もあきれて物も言ってくれません。

ユーザーID:0850314677  


お気に入り登録数:55
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:11本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
定年退職 おめでとうございます
むさし
2011年12月8日 15:49

私は、定年1年前からではなく、40代の半ば過ぎからすでに定年を意識していました。

一年前であればそれこそもう「逃げ」の体勢で、日めくりカレンダーを用意して、毎日カウントダウンしていました。
何人かの同僚に聞いても、定年が待ち遠しくてしょうがない! 人達ばかりでしたよ。

定年後の生活は、会社に行く必要もなく、比べれば本当に天国のような生活です。

妻も寒い朝に早く起きて食事の用意をしたり、夜遅くまで起きて帰るのを待つ必要もないので、本当に楽になったと喜んでいます。

ユーザーID:9637925282
奥さんの邪魔をしない
定年先輩
2011年12月8日 20:02

 一言でいえば、空気のような存在になる
事でしょうか。
身近に、退職された知人がいらっしゃると、
相談されるのも一考です。

 終日家でゴロゴロされたら、奥さん病気に
なってしまいます。収入がないこと以上に、
深刻な問題です。

 自分の妻は、特に不満を言いませんが、
友人などと外出したい時、遠慮があるようで、
「一切気にしなくていい」と言ってあります。

 それからご本人の問題です。
何でもいいですから、ささやかな目標を、持
たれるのが、よろしいかと思います。
得体のしれない不安が、頭をもたげない様に。

 良く御存じとは思いますが、最初の1年目は、
健保、税金等、結構大きい出費があります。
奥さんが、60歳未満でしたら、60歳になる
まで、国民年金の納付が必要です。
サラリーマンだと、3号で一切納付してません
から…
 
 日々の生活費は、勤務時代よりは、かなり
削減できます。ネクタイ、シャツ、スーツ等
まったく不要になりました。

 自分は、よく外出しますが、会社支給の定期
がなくなった事が、痛手だったかもしれません。

ユーザーID:1353024422
今から真剣に考えましょう
12月の星
2011年12月8日 22:39

60歳で定年になり、4年間の定年後雇用制度を利用して、来年2月末でリタイヤします。
リタイヤ後の人生設計は、この4年間で色々考えてきました。
1.運動不足解消・・・ジムに週3回通う。(今週一で通っています)
2.妻と海外旅行年2回、国内旅行年3回を予定しています。
3.先輩から趣味は10個以上できるようにしておくように言われています。
 (ゴルフ、ガーデニング、ドライブ、料理、映画、プチ散策、写真、読書、カラオケなど)まだ足りない・・・
4.後輩に飲み会、ゴルフは声を掛けるように言っています。
5.FX・・・3年前から勉強して、2年半前からは妻公認のもと、証拠金50万円で実際にやっています。目標月10万円、年間120万円利益を考えています。
昨年は75万円、今年は115万円の利益を出しています。証拠金が無くなればFXは止める約束になっています。(現在は225万円)

リタイヤするとこんな計画を考えています。
先輩の話では毎日が日曜日で何かしないと、身も心もダメになってしまうと言っていました。
今から自分でやれそうなことを一つひとつ見つけてください。

ユーザーID:7130821697
何でもいいから外出することです
定年男
2011年12月9日 10:38

一昨年に定年退職した62歳の男です。

会社からの依頼により1年間契約社員で残り、昨年末で退職しました。

定年一年前の心境はあと何日と手帳に書きながらワクワク気分でした。

一年余計に働きましたが、それはクールダウン期間として良かったです。

何はともあれ、やはり無職になっても生活していけるお金の確保と日々
どのように過ごすかを考える必要があります。

現在私は厚生年金15万円、会社の退職年金30万の計45万円の収入
がありますので、これで妻と2人で充分生活できます。
後はすごし方ですが、現在はこうです。
 ・毎日軽く1時間のジョギング
 ・毎日2時間PCで情報収集
 ・週3の畑(一反)作業
 ・週3の図書館通い
 ・週2のスイミング
 ・適宜裁判の公判や議会の聴講、各行事の鑑賞
 ・月2の小旅行
 ・月2の英会話
 ・月1の友人との一杯会
 ・年2の海外旅行
 ・その他雑用
トピさんも今からでも遅くないですから計画立てたほうがいいですよ。
辞めてすることがなく鬱になる人が結構多いようですよ。

ユーザーID:9912073566
すばらしい生活が待っています
パンダの貧貧
2011年12月9日 13:34

これまで仕事に向けてきたエネルギーを家族のために使ってください。
まずは家族に感謝されないと居心地が悪くなります。

それから収入ゼロはだめです。

年金はもちろんのこと、株の配当とか、地代とか駐車場代金とか、不労所得を確保しておく必要があります。少なくとも自分の小遣いくらいは確保しないといけません。

仕事をしなくても良い自由を手に入れるためには、やはり早くから手当をしておく必要があります。子供の教育につぎ込んでしまったなどの言い訳は通用しません。
もし準備がまだでしたら、もう少し働き続けるしかなく、今から再就職先を探しておくことをお勧めします。

ところでトピ主様の準備状況はいかがでしょうか。

もし準備万端でしたら、悠々自適、天国のような生活が待っています。
どうぞお楽しみに。

ユーザーID:7430607728
奥様は?携帯からの書き込み
グリーン
2011年12月9日 20:01

お疲れ様でした。
私の夫もあと数年で定年です。確かにぶらぶらしているなら、夫に働いてもらいたいけど働き口がないのに、無理は言えません。私は共働きなので、夫に家事をしてもらいたいですね。
やってくれるというので、バリバリ働きます。奥様は働いたことないのかしら?仕事がないって寂しいんですよね。

ユーザーID:9766911086
定年退職後の10年、どのように生きるか
昭和人
2011年12月10日 0:31

定年退職の一年前は忙しかったです。その時期、生涯の計画通りに家を改築したのです。老後をバリアフリーの家で過ごすことに決めていた。エコ住宅なので売電により年間の光熱費は0円です。
仕事は引き継ぎを完了してるので貯め続けた有給休暇を毎週二日消化していた。
定年退職に際し退職金は全額年金払いにした。これに老齢年金と貯蓄があるので心配なし。
一年間はスポットで仕事を引き受けたが、卒業すると仕事が楽しくないのでやめた。
今は退職者OB会の幹事と自治会と地域のぶらり会、歩こう会、散策会などで毎月3回は歩いてる。色々な経歴の人と交流できるのが嬉しい。人と話しをするの止めたら幸せで居られない。趣味は今からでも作れます。
仕事してるときは交通費を精算できたが、今は自腹なので電車に乗ると出費がある。これは意外に高かった。徒歩と自転車は無料で動ける。
定年退職後の10年、どのように生きるか決めてください。
10年生き延びたら、その先の5年を考える。一年過ぎるのが早過ぎる。

ユーザーID:2671575554
ありがとうございます
ワンダーマン
2011年12月12日 4:19

ご経験に基づいたご意見を伺い、さて、自分はどうななんだろうと自分自身を見つめなおす良い機会になりました。

”定年”、頭ではわかっているのですが、自分にそれが訪れるなどと考えたことが無く、目を背けてきたように思います。

皆さんのアドバイスを読ませて頂いて、まず、何か目標を持たないといけないと感じました。 そこからして、何も考えていなかったので、これから何をしたいのか自問自答を行おうと思っています。

次に家族との関係、それと外に出て行くことが必要のようですね。妻はパートで働いているので、定年になっても四六時中一緒にはなりませんのでその点は家族に嫌われる心配はなさそうです。 反対に1人家に残されたらと考えたら”はて、何をすればいいのか”と考えてしまいます。

そうなると外へ出て行くことが大事なことになりそうですね。 問題は人との付き合いがあまりうまくないので、どうしたものかと悩んでしまいます。

この人付き合いをまず目標にしてもいいのかもしれません。 

なんとなく定年にうまく向き合えそうな気がしてきました。

皆さんありがとうございます。

ユーザーID:5707343539
こんなはずでは・・・
おやじ
2011年12月23日 21:26

 私は60歳で定年退職し、再雇用させていただいています。まだまだ働いて、子や未来の孫のためにも老後の資金を蓄えようと思っていました。ところが、長年連れ添った妻が不治の病に冒され、介護のために3月末で退職することになりました。こんなことは思ってもみませんでした。妻が入院中なので、働きながら家事もこなしていき、趣味の時間も制限されます。何でこんなことに・・・・。でも、今は病院で診てもらっているからまだ不幸中の幸いです。今後は在宅介護になるかもしれません。そうなったら、公の支援を依頼します。独身の息子には頼らず、私が健康を維持して妻と二人で生きてゆきます。まだまだ大変な老後を過ごしている方々もいます。  暗い話ですみません。家族の健康が一番を痛感している退職者です。

ユーザーID:8785961110
お疲れ様でした
同じ世代
2012年8月6日 20:11

無事に定年おめでとうございます。

その後お元気ですか?

環境はすぐに慣れますから新しい生活スタイルを探すのもいいかなと

通っているスポーツクラブには定年を迎えた?

らしき方々が大勢おられます

これからの人生を応援しています。

ユーザーID:3671919527
お疲れ様〜
ケン
2012年8月16日 20:58

定年退職はいいものですよ〜
第二の人生ですから、余生を百倍楽しみましょう!
百倍楽しむには次の三つを実行する事です。
1・語学を始める。英語でも中国語でも何でも結構、世界が拡がります。
2・スポーツを続ける。ゴルフでもウオーキングでも、これからは健康維持が大切です。
3・芸術に親しむ。現役の頃の延長でもいいし、楽器、芸術鑑賞でもいい。
この三つを始めると忙しくなるけど、楽しいですよ〜
それぞれの仲間も増えるでしょうし、自分が生涯本当にやりたい事が見つかると思います。
時間は十分あるので、しっかり楽しんでください。

ユーザーID:4225959632
 


現在位置は
です