カナダでは屋内で靴を脱ぐのが一般的?

レス25
お気に入り18
トピ主のみ1

カナダ

学ぶ

夫がアメリカ中西部出身で、カナダの西海岸に20年住んでいます。

アメリカでも以前二度ほど住みましたが、アメリカでは夫の実家でも友人宅でも、靴をはいたままの生活でした。(我が家は日本式に脱いで生活していましたが)。

ところが、カナダに来て気付いたのですが、80代の一部の老人以外はどこの家庭でも靴を脱ぐのが当たり前の習慣のようで、ふしぎだな〜、と思いました。

英国系が多い都市に住んでいても、親の世代がヨーロッパやイギリスから来た家庭の人もほぼ100%が靴を脱ぐ生活です。ほとんどが白人ばかりの町の出身者の友人もずっと靴を脱いだ生活だといってました。それに不動産のオープンハウスでも然りです。

他の英連邦の(英、豪、 NZ など)ではどうですか? ちょっと興味があります。

ユーザーID:8195911919

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 気候によって左右されるのかも

    私もカナダに6年位住んでいました。冬場は雪、氷、雪解け水などで足もとが
    かなり汚い状態となるので、家では靴を脱ぐ習慣の家庭は多かったように思い
    ます。反対に西海岸の暖かいほうは雨が多いので、こちらでも靴を脱ぐ人たち
    は、寒い都市ほどではなくても、結構いると思います。

    いまは他の英連邦に住んでいます。ここでは10年以上、ずっと土足で生活です。
    私はスリッパを履きますが、夫や訪問者に靴を脱いで欲しいと思うことはあり
    ません。日本人の友人宅(ご主人は英国人)で土足禁止のところがありますが、
    それ以外は、どこを見渡しても靴のままが普通です。日本人宅以外で土足禁止
    の家は存在しないような気がします。少なくとも、私や夫(現地人)は遭遇し
    たことがありません。同じ英語圏でも、いろいろですね...。

    ユーザーID:2264112480

  • カナダといっても広いけど

    カナダと言っても広いので一概には言えませんが、
    雪が降るからではないですか。雪や泥で汚れた靴で中にははいれないから、家も汚れるし。
    バンクーバーなら雨も多いし。
    カナダ在住ですが、たいていのお宅で靴を脱ぐこの環境を衛生面で気に入っています。

    ユーザーID:9285777380

  • オーストラリアでは

    家の中、裸足と靴どちらでもって感じでした。私がホームステイしてた家はイギリス系で、連れて行ってもらった親戚の家もみんなそんな感じ。庭にも平気で裸足で出て、そのまま家に。ベッドに入る前に洗ったりはどうかな?わからないけど。私は土足と裸足混雑が自分自身嫌だったので、ビーチサンダルを室内ばきにしていました。

    ユーザーID:7044643435

  • カナダ在住25年

    アメリカでは、靴、脱がないンですかぁ。
    同じ北米でも、違うンですね。
    カナダの私の知り合いで、土足の生活をしている家庭は一軒もありません。
    ですから、ハリウッド映画で、土足のままベッドに上がる、というシーンは、未だに抵抗があります。
    印象的だったことは、雪の日のパーティで、年配の女性が履いてきたブーツから、室内用のハイヒールに履き替えていた事です。

    ユーザーID:0673725923

  • 英連邦ではないのですが

    北欧に住んでいます。雪深いところだからか、こちらでも家の中で外靴を脱いでいる方が多いようです。スーパーなどではムートンの部屋履きが売られているのをよく見かけるので、そういったスリッパに履き替えるのでしょう。部屋の修理に来てくれたおじさんは何の戸惑いもなく玄関で靴を脱ぎましたが、家具の配達に来た青年(外国人だったかもしれません)は土足で入ってきました。いろいろなのかな?
    もともとは土足だったけれど、住環境が良くなってきれいな部屋に汚い靴で暮らすのが憚られるようになってきたのかなと考えています。

    ちょっと横ですが、「若草物語」の中に部屋履きに履き替えるシーンがあったと思うのですが、当地で売られている部屋履きがそんな感じです。若草物語はイギリスの話だったと思うので、やはり靴を履きかえる文化はあったのかなと。

    ユーザーID:3812246234

  • へぇー

    なんとなく興味をもってトピを開いたんですが、なるほど
    雪や雨が多いと靴を脱ぐ生活になると。
    英連邦ではないですが、フィンランドとスウェーデンのお宅に
    夏にお邪魔したとき、そういえば靴をぬいでました。
    雪の多い国だからですかね。

    ユーザーID:0085091031

  • ぬぎますね

    ところによっては年の半分冬の国ですから、ブーツを履く期間が多いですし、そうなるとブーツじゃ室内じゃ生活しにくい、脱ぐ(室内履きには着替える)
    家が綺麗に保てる、それならほかの季節も、、って言うことになるんじゃないでしょうか

    でも夏場は無頓着の人もいますし、出かける直前に靴はいちゃった、あ、、忘れ物があるって言う場合は靴のまま上がっていくぐらいは気にしない人も多いです。

    私がびっくりしたのは、雪がちらちら降る日にオペラを見に行ったらシアターに入ってすぐ、壁際にずらっとブーツがならんでいたことです。

    ここでは靴を脱ぐのかとびっくりしたら、ブーツから、ハイヒールに履き替えている女性がいました

    ブーツの人もいたので、なるほど、着飾る人は足元も気をつけるのね・・確かにきらきらドレスの女性がブーツはいてたら。やっぱり変だし、気合入れる人は足元にまで気をつかうのねと貧乏学生だった私は感心しました

    ユーザーID:1723437699

  • 靴、脱ぎます

    カナダ在住10年です。
    ええ、どの家でも靴は脱いでますね。
    土足OKのお宅は、今まで見た事ないです。
    学生時代、3年イギリスに留学しましたが、そこは学生寮もホームスティ先も、一般のイギリス人宅もすべてが土足でした。

    カナダは雪が多い、雨が多い(勿論地域差はありますが)せいもあるので、土足は少数なのだと思います。
    子供の学校も玄関で「上履き」に履き替えますよ。

    ユーザーID:1896461351

  • 靴脱ぎます。

    カナダ東側です。土足はありえないですね。冬は特に雪で床がぐちゃぐちゃになってしまう。うちは玄関が日本みたいに低くて縁側に座って靴が脱げます。(このスタイルはあったりなかったり)便利です。だから床でごろごろもありです。そして地元民にどっぷり浸った生活をしていますが土足OKな家庭は出会ったことないですね。

    オーストラリアに住んでいたときは半々くらいだったようにおもいます。床でごろごろはあまりしなかったようにおもいます。

    ユーザーID:9207219032

  • カナダでも

    モントリオールとケベックシティでは、家の中ではまだまだ靴を履く人が多いと思いますが、裸足の生活は徐々に浸透してきているとは思います。アメリカ東海岸でも同様です。雪が多いからという説ですが、もちろんスノーブーツは家の中で履き替えます。それとキッチンなどタイルや石を貼ってある床の場合、靴で生活しないと冷たいし、足の皮が傷むんです。
    なおアメリカも西海岸に行くにしたがって、家の作りとかを見てもアジア的になっていますから(開くドアではなく、引き戸が増える)、裸足も多いのではないかと想像しています。

    ユーザーID:8931918073

  • 英豪では・・・

    オーストラリアではほとんどの家が履いてました。@シドニー
    でも海が近いとはだしのままってことも・・。

    イギリスのうちの義実家ではキッチンリビング(そして庭に続く)は石みたいな素材なので土足。
    リビングや2階、その他部屋はカーペットで基本靴を脱いでいます。
    雨が多いし、雪も降るので基本脱いでるかも・。

    ユーザーID:9706062146

  • 冬は塩がね

    カナダ東部在住です。カナダで雪が降る地域は、雪を溶かすために塩を撒きますので、塩をつけたまま家には入れません。床だのなんだの痛みますから。そしてびしょぬれ状態で帰宅しますので、泥水を居住区に持ち込みたくないですよね。よって皆玄関で靴を脱ぎます。英連邦国などは関係ない、自然に左右される理由だと思いますが。濡れていない時期は靴のまま入る家もあります。私も忘れ物をしたときなんかは靴はいたまま部屋に取りに行っています。

    アメリカでも雪の深い地域は同じような感じじゃないんでしょうか。

    ユーザーID:5717554669

  • おっしゃる国々

    こんにちは、トピ主様が挙げていらっしゃる国々英国以外はすべて住んだことあります。

    アメリカは靴をはいていました。ただし大学の寮しかわかりません。
    オーストラリアは、ぬいでいた家とそうでない家がありました。アジア系のお宅にお邪魔した時はぬいだことが多かったような。
    NZはやはり家によりけりですが自分はぬいでいました。
    カナダでは私の知る限りどこのお宅でもぬいでいました。

    というわけで割合としては圧倒的に脱ぐほうが多かったです。

    ユーザーID:5535863291

  • ぬぎますね

    カナダ西部で雪が多い都市にいますが、やはり皆さん脱いでますね。

    他所のお宅にパーティなどでお邪魔する時も、皆何も言われなくても
    普通に入り口で靴を脱ぐことが多いです。

    雪が多く、特に雪解けの時期になると泥と雪が混じって道路がとても
    汚くなります。そういう所を歩いた靴で部屋の中にあがられたくない
    というのはあるんじゃないですか。車社会だけど、全然道路を歩かない
    というわけにもいかないでしょうし。

    ただバンクーバーとか殆ど雪が降らない都市だとどうなのかわかりません。

    ユーザーID:9022677737

  • 脱ぎますね

    そのままでは雪でべちゃべちゃになってしまうので。でも、裸足はないです。寒いので、室内履きを履きます。子供は日本流に室内では裸足で育てていますが、みんなに寒そう、かわいそう、靴下を履かせなさいと言われます。
    夏は、靴を脱ごうとしたら「靴のままでいいよ」と言われるお宅もあります。

    オーストラリアでは、裸足と土足半々でした。暑いから裸足なのかな?外でも裸足の人がよくいました。アジアも裸足が多いのは暑いからじゃないでしょうか?
    ヨーロッパ(雪国ではない)は、土足または室内履きでした。

    どの国でも共通していたのは、引越し業者などはずかずかと土足で入ってくることです。
    警察も安全面から靴を脱がないと聞きました。警察を招きいれたことはありませんが。

    ユーザーID:0517202124

  • 住んでますが

    モントリオール、ケベックシティに合計10年以上住んでますが
    基本的に冬に土足OKの家は一度も見たことありません。

    床が汚れるから、が理由です。

    冬以外で靴が汚れてない時は、ちょっと忘れ物を取りに戻る時などは
    土足したりしますが、きれいにしてるおうちだとそれもしないみたいです。

    冬は床が冷たい時は室内履きを履いてます。

    トロント、バンクーバーでも夏以外は基本的に土足禁止の家が多かったですよ。

    ユーザーID:7969219033

  • トピ主です。アメリカではどうなんでしょう?

    皆様のレスポンスありがとうございます。

    もう少し付け加えますと、夫の実家があるアメリカ中西部ですが、カナダ同様寒くて雪も多いのにやはり靴は基本的に脱がないんです。だから気候が関係しているというより、やっぱり習慣の違いなのかと感じましたが、いかがでしょうか。

    義父母宅では、帰宅したらヒールの靴やビジネス用の靴から屋内用の軽量のスニーカーに履き替えたりします(家が広めであることが関係しているのかも知れませんが)。義家族兄弟全てこの通りだし、カナダと国境を接するミネソタ州のアメリカ人宅でも同様でした。スリッパや室内履きは、基本的にくつろぐ場面のようで、その家庭によって様々なようでした。

    北米では車庫内から直接家の中に入れる扉が(玄関とは別に)ありますから、暴風雨でも車での通勤なら靴がびしょ濡れになることはさほど無いですし、だから同じ条件でもカナダとアメリカは習慣が違うのかな?と思いました。

    アメリカでは、やはり今も脱ぐ家庭が多いですか? それとも中西部のような保守的な土地柄が関係しているのでしょうか? ちょっと興味があリます。

    ユーザーID:8195911919

  • 気候によるかな

    在米20年です。東部の雪深いカナダと接する州に9年、あとはCAです。雪深い都市ではほとんどの家庭が玄関先で靴を履き替えていました。コンドにすんでいましたが、冬場は雪のついた、あるいはぬれた靴が室内から出されて戸口に仮置きされていたこともしばしばです。CAではそういう理由は冬場だけなので、訪問したお宅でも、土禁あるいは土足可が半々です。

    我が家はずっと土禁です。

    ユーザーID:1138480889

  • 脱ぐのではなく履き替える

     多分、他の方もおっしゃっている様に、冬になると雪がつもり、塩を撒くのと、泥だらけになるからでしょうね。イギリスですが、玄関ホールで、靴とコートをおくクロークがある家が多いです。昔は執事がしてくれたのかな..?
     ニューヨークでは、靴は脱ぐのではなく履き替えていました。ウィンターブーツやハイヒール等、音が下の家に響くので、フラット等集合住宅の家の中で履くのは常識として、NGでした。これはイギリスでも同じです。
     映画マイフェアレイディでも、教授は室内履き、スリッパに履き替えていましたよ。

    ユーザーID:5224013279

  • アメリカですが、脱いでいました。

    20年ほど前に、アメリカ・ニューヨークでホームステイの経験がありますが、その家ではホストマザー以外は、靴を脱いで生活をしていました。

    ホストペアレンツ達と一緒に知り合いの家にお邪魔するときは靴のまま家に上がっていましたが(ホームステイ先に来るお客さんもそうでした)、同じ世代の近所の友達なんかは、お互いの家では靴を脱いでお邪魔することが多かったように思います。

    普段靴を履いたままで生活している子の家でも、家全体のカーペットを変えた直後は、玄関で靴を脱いで家に上がるように頼まれたことがありました。新しいカーペットを汚したくないのは、どこの国の人も同じなんだなと思いました。

    同時期にオハイオ州にホームステイした友人がいましたが、彼女のホームステイ先でも、みんな靴を脱いでぺたぺたと歩いていたそうです。

    ユーザーID:8894607695

  • 半々

    多分トピ主さん含め、皆さん自分のお友達3〜4人ぐらいで判断されていませんか?普通の人はそれほど多くの家にお邪魔したりすることないですから。サンプル数はどのくらいでしょう。ここは日本と近い人たちがレスしますから、どちらかというと日本的もしくは、日本に影響を受けた人たちのレスが多く、脱ぐ家庭が多いのだと想像しています。検索すると同じような質問が英語でもありますが、見ていると半々という印象です。やはりアジアで生活したことがあるとか、そういう人は脱ぐ習慣があるみたいです。私はNY近郊で、仕事で年間50軒以上のご家庭を訪問しますが、脱がない家庭の方が多いです。雪の日は玄関にタオルなどが敷いてあります。

    ユーザーID:8931918073

  • はい、靴は脱ぎます

    夫の実家がカナダの真ん中アルバータ州です。たくさんの親戚の家も回りましたが、皆靴をmud roomっていうんですか、ガレージから入る小部屋や玄関で脱ぎます。夏でも冬でもそうです。アメリカは私の知っている限りのお宅は、皆靴のままなので、ずいぶん違うのだな、と思いました。
    義母は室内履きに履き替えます。夫や義父は靴下のままですが、私は義母が貸してくれる室内履きに履き替えます。

    パーティで親戚が集まると、玄関に靴やブーツがひしめいていて、日本ぽくって、おもしろかったです。

    ユーザーID:0163137391

  • カナダ人はそうでした

     昨年、ミズーリ州に住んでいて、カナダ人の方に個人的に英会話指導をしていただいていて、雪の日に家に来られたとき、確かに玄関マットで丁寧に濡れた靴を拭っていました。アメリカではみなそうなのかと思っていましたが、ここで話題になっているように、カナダ人は特にそうなのでしょうね。

    ユーザーID:4043928520

  • アメリカ中西部

    アメリカ中西部の、冬はマイナス20℃を下回るようなところに数年住んでいた事があります。

    多くのお宅は土足でしたが、中には靴を脱ぐ家庭もありました。

    地域ごともあるでしょうけど、家庭ごとというのもあるのでしょうね。

    ユーザーID:8030760135

  • ロンドンですが

    イギリス(ロンドン)ですが、靴を脱がないのが当たり前かと思ったら、私の知人のお宅は靴を脱いで暮らすお宅が多いです。
    インド系の人、中国系の人はもちろん、イギリス人、アイルランド人も。
    イギリス人でも靴を脱いで暮らす理由は恐らく「小さい子どもが居るから」だと思われます。
    あちこち歩いた土足で歩き回る床を、小さい子どもが這い這いしたり、ねころんだり、床のものを口に入れるような生活だと、衛生上良くないと思うのかな?
    あとは「家が汚れにくい」というのもあるかもしれません、クリーナーを雇える家はいいけれど、そうでなければ、自分で掃除するのが億劫で、なるべく靴を脱いでいるとか?
    意外とジメジメした期間が多いので、公園帰りの靴裏は泥だらけになりがち、(芝生を歩いても冬季は泥だらけですから)、なので、その泥をカーペットにつけたくないんだろうなと思いました。

    ユーザーID:1729302073

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧