現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

「母なる証明」という言葉について

ころすけ
2011年12月8日 18:59

韓国映画のタイトルらしいのですが、『母なる証明』という言葉は、日本語の言い回しとして正しいのでしょうか?

「母なる大地」「父なる太陽」という場合、「なる」は「=」の意味だと思うのですが、
「母なる証明」は「母であることの証明」という意味合いだと推測されます。

これは日本語として正しい表現ですか?

ユーザーID:7396005453  


お気に入り登録数:2
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古いレス順
レス数:5本


このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
普通に解釈すれば間違い
ロマン
2011年12月9日 1:03

映画のタイトルだそうですから、特殊な意味とかニュアンスを出そうとした可能性も0ではないですが、素直に解釈すれば、トピ主さんの言う通り間違いですね。

「母なる●●」の「なる」は同格を表しているので、「母なる大地」「父なる太陽」は正しいですけど、「母なる証明」は変です。この文が意味するのは「母」=「証明」以外にありませんから。

「母であることの証明」の意味を表したいなら、「母たる証明」または「母たるの証明」です。

ユーザーID:2853741142
「母なる大地」は「大地が母」ではないです
みんつ
2011年12月9日 2:12

「AなるB」といった場合、BがAの役目をするとかBがAと同様の働きをするといった意味で、A=Bではありません。
「母なる証明」は、意味としては、証明が母親の働きをして、何かの結果を産むという意味にはなりますが、その証明が何をどうするかが示されていないので、連語として意味がありません。
つまり、「連語として成立する」が「連語から示される帰結が不定」なわけです。

>これは日本語として正しい表現ですか?

「母なる大地」なら、「母の様に産み育てる大地」ということになりますが、はて、母親の様な機能を持つ証明って?ということになります。
日本語としては正しい、ただし無意味なことということになります。
無意味な言葉が日本語としてダメか?というと、それほど言語って了見は狭くないのです。

ユーザーID:1547118978
トピ主さん、ロマンさん、ありがとう!
映画好き
2011年12月9日 15:41

私も前から、このタイトルを目にするたび、何とも言えない違和感を覚えていました。
でもその違和感の理由が分かりませんでした。
このトピを見て、気づくことができました。
トピを立ててくれたころすけさん、明快なレスを書かれたロマンさん、ありがとうございます。

ユーザーID:6628716979
「母なる証明」を見ましたが
ソン・テハ素敵
2011年12月10日 0:43

日本で公開する際に話題になった映画でした。
最近見ましたが、なんだかしっくりこないエンディングでした。
そう意味でもタイトルがぴったりしていたな〜と
トピを読んで思い出しました。

トピ主さん、ありがとうございました。

ユーザーID:1756167459
「同格」なんだから「A=B」で説明がつく
バナナ
2011年12月27日 10:58

>「AなるB」といった場合、BがAの役目をするとかBがAと同様の働きをするといった意味で、A=Bではありません。

なんか複雑な話をしておられるのかもしれませんが、「AなるB」は、ごく普通に同格をあらわす「A=B」でOKでしょう。

>BがAの役目をするとかBがAと同様の働きをする

などという、もってまわった言い回しをしなくても、「A=B」で十二分に説明がつく話です。

この映画は見た事無いですが、原題を確認すると、「母なる証明」というのは日本でのみ使われている邦題ですね。(原題は「マザー」)

という事は、日本公開の際に邦題を付けた人が、日本語の古典文法に詳しくない日本人だった、あるいは韓国の人が付けた可能性もありますね。

ユーザーID:2270786454
 


現在位置は
です