• ホーム
  • 話題
  • お正月の(夫の実家における)お雑煮についての悩み

お正月の(夫の実家における)お雑煮についての悩み

レス36
(トピ主3
お気に入り50

生活・身近な話題

ココア

初めて投稿します、すでに似たようなトピがあったり、またこれ自体かなり駄トピかもしれませんが、ちょっと聞いていただけたら。

毎お正月、夫の実家へ、一家で帰省します。その際、義父(義母はすでに他界)が元日にお雑煮を作ってくれますが、その具材などがあまり子ども受けしなく、というか私も最初にいただいたとき、「え、これだけ・・?なんだか貧相・・・」と思ってしまいました。夫は小さい頃からそのお雑煮で、その地方の親戚でもそのような感じだったそうです。(とてもよいところです、お雑煮の詳細や地域は控えます)

私の食べなれたお雑煮は鶏肉や彩りのかまぼこ、三つ葉、にんじんなど入っているものです。

夫の実家へお邪魔していて、作ってもらっている身としてはもちろん私は全てたいらげてますが、子どもはお餅だけで、お汁、具は残します。それも申し訳なく・・私が自分の食べなれてきたお雑煮を作る、と申し出てもよいのかな・・・と毎年悩みつつ、一度も切り出してません。

「郷に入れば郷に従え」でしょうか、やはり年配の人は、土地の風習をないがしろにする嫁、というふうに思ってしまいますよね。

自宅に帰ってから、うちのお雑煮を食べればよいのですが、元日に食べるお雑煮もせっかくだから美味しくいただきたいなぁ・・・と毎年思ってました。

悶々としていた愚痴を聞いていただきありがとうございます!

ユーザーID:7668974784

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 本音

    >せっかくだから美味しくいただきたい
    子どもが残すとか引き合いに出してますけど
    トピ主さん自身が「美味しくない」と思ってるわけですね。

    美味しくないとまでは言わなくても
    自分の作る方が美味しいと。

    でもそれって「自分が作るお雑煮の方が『自分と子どもには』美味しい」のであって
    義父さんと旦那さんはまるっとムシですよ。

    トピ主さんが自分のお雑煮を食べたければ
    とりあえず旦那さんを味方につけてみるといいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:2345130451

  • 文句言うなら食べないで下さい

     あなたは作って貰っている身です。ご馳走して頂く側です。気に入らないなら無理に食べなくていいんですよ。自宅に帰ってからあなたの食べ慣れているとかいうものを山ほど作って好きなだけ食べて下さい。

     人に作って貰ったもの・その郷土に根ざしているであろうものに対して貧相だの何だのとケチをつけ、それに比べて自分が食べ慣れているものは沢山の具が入っていて見栄えがよく豪華だとでも言いたいかのような口ぶり。人にご馳走して貰っておきながら文句を言い、自分の郷土料理と比べて見下すような人って大嫌いです。育ちを疑います。

     雑煮の具が少ない事に大層ご不満のようですが、あなたが食べ慣れているとかいうものを「こんなにごちゃごちゃブチ込んで誤魔化したら素材の味が活きない」「たくさん入れればそれでいいと思っている」と否定する見方もあるかもしれませんよ。「自分の食べ慣れたもの=豪勢、そうでないもの=貧相」という偏った短絡的な見方しか出来なくてお気の毒です。

     どれだけあなたの食べ慣れた雑煮が素晴らしいのか存じませんが、文句があるならあちらにはもう行かなきゃいいんじゃないですか。

    ユーザーID:9994315419

  • 私は…

    私の家では、餅とほうれん草のみです。だしは醤油ベースです。
    たまに、あげなど入れてますが…

    ユーザーID:2371872395

  • 貧相ですか

    どういうのが貧相なのでしょう。
    とぴ主さんの食べ慣れたお雑煮もシンプルに思えますけどね。
    その地方のお雑煮の伝統は残して行くのがいいと思います。
    お義父さんがせっかく作ってくれたのに、私の好きなお雑煮
    作っていいですか、はやめたほうがいいのでは。

    お子さんにはそうですね、行く前に言含めるとか。
    残さずに食べないとお年玉あげないよ、とか。
    それはだめですかね。
    おじいちゃんが一生懸命作ってくれるのだから
    残さないで食べようねと言い聞かせる、でしょうか。

    ユーザーID:0232629420

  • お雑煮作りますと申告して

    まあ、受け入れる入れないは義父さん次第ですが。

    色々な土地の風習ありますし。でも、食べ慣れたモノ食べたい気持ちも分かります。

    けど、元旦に食べるお雑煮ってそこまで重要?
    トピ主さんにとって自分の郷土のお雑煮が良い様に、ご主人も育った味のお雑煮、年に一回くらい食べたいんじゃない?
    自宅に帰ればトピ主さん風のお雑煮食べる訳だから、年に一回くらい実家に帰った時くらい、懐かしい味食べさせてあげたいと思わない?

    土地の風習ないがしろ云々よりも、気が利かないな〜というか
    ご主人が雑煮の味に拘ってないなら、余計なお世話ですが。

    あと、お子さんが食べ慣れてないのも分かるけど。
    餅だけ食べてお汁・具を残すって・・

    食べられないくらい不味いモノなら未だしも、せっかく義父さん手作りのお雑煮。
    自宅の味だけが全てという訳でなく、色々な郷土の料理があるんだという意味でも、残さず食べる様に躾たらどうですか?
    第一、作ってくれた方(義父さん)に失礼です。

    結局は、好きなモノだけ食べて嫌なモノは残すって事ですよね?行儀悪いですよ。

    ユーザーID:2290905494

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • お雑煮は土地の物

    お子さんには、食べ残しを注意しましょう。許しちゃだめです。
    人がせっかく作ってくれた物。子ども受けしない具だって・・・酷いですよ、それ。とっても失礼。
    お雑煮は土地の物です。その土地に行ったら、その土地のお雑煮をいただく。それが食べなれた物じゃなくても、それがその土地でお正月を迎えるという事です。トピ主さんが自分の味をその土地で作るなんて、とんでもない。

    私も夫の実家とはお正月の習慣が違います。
    初めて夫の実家で正月を迎えた時はその違いに驚きましたが、義母が作るお雑煮は有難くいただく事にしています。
    そして、子どもたちにはおばあちゃんの家と今自分達が住んでいる(私の生まれ育ったところ)とのお正月の習慣の違いを教えています。
    子供たちは二種類のお雑煮を知っています。
    日本は広いです。お雑煮も多種多様。
    そういう文化をお子さんに教えましょうよ。

    ユーザーID:2391006712

  • うちのお雑煮?

    まあ独立して一家を構えたのですから「うちのお雑煮」ですね。でも夫さんは毎年、正月、「これは違うなあ」と思っているかもしれませんよ。

    ちなみに東京の雑煮は小松菜だけ、せいぜい蒲鉾が入るだけ、ですがそれよりもシンプル(貧相という言い方はよくないです!!!!)なのでしょうか。具が少なければ少ないほど食べ残す率も減る(餅だけだったら残すものもない)わけですし、子供の好き嫌いを許すのも、なんだかなあ。

    ちなみに我が家では夫実家風のもの(九州なのでトピウオの出汁で鰤がはいる)を作ります(実は夫が)。子供はお節も嫌うものですし、雑煮もこんなもの、と思ってもらうしかないでしょね。

    ユーザーID:5087840948

  • お雑煮こそ地域差が大きい

    子どもが好む好まないではなくて、「郷に入れば郷に従え」でいいじゃないですか。
    自宅に帰ってトピ主さんが食べ慣れたものを食べるか、1日だけお義父さんの代わりに雑煮作るとか。
    ちなみに、私はあん餅入り雑煮を食べる家庭に育ちました。
    夫はすまし雑煮だったみたいなので、お互い受け容れられません。

    ユーザーID:9088176278

  • 逆です

     私は名古屋出身ですが、実家の雑煮はカツオベースの醤油色の汁に
    菜っ葉と餅だけのシンプルなものです。
    東京の雑煮を初めて食べた時、何これ!澄んだ汁にいろいろ入り過ぎ!
    あまりの味の違いに、こんなのお雑煮じゃない!と主とは逆のショックを受け、
    おいしく頂けませんでした。

     まさか実家の雑煮が変なのか?と思いましたが、名古屋出身の東京在住の方に
    雑煮を頂く機会があり、実家と同じシンプルなものだったので地方の文化だと
    安心した覚えがあります(名古屋の方、違ったらごめんなさい)。

     主の帰省先はどちらか分かりませんが、私の実家の雑煮は餅がメインなので
    汁はそのままで餅をおかわりします。つまり、汁は東京の雑煮のようにすべて飲むものではありません。
    なみなみに残して失礼ではありません(特にどんぶりで出た場合、っていうかお椀は皆無)。

     主がお雑煮を作る申し出は、ご実家の雑煮とは別口で作ることをお勧めします。
    私のようにご実家全体が「こんなのお雑煮じゃない!」と正月早々ショックを受けるかもしれませんから(笑)。

     道中お気をつけて帰省してくださいね。

    ユーザーID:5847211562

  • 美味しくないお雑煮?

    何だか失礼な人だな〜って思いました。まあ、だから子供も平気で人に作って頂いた物を残すんでしょうね… 貴女自身が自画自賛のお雑煮を義父が不味いと残したら 貴女はどうですか?一日位美味しい雑煮って…

    ユーザーID:9648462421

  • 貧相なお雑煮・・・お気持ちわかります

    私の場合は実家のお雑煮が貧相でした。
    田舎っぽいし地味、味自体も美味しくなかったです。
    子供の頃はなんとなく食べましたが、大人になって「うちの(この地域)のお雑煮はまずい」と
    自覚してからはほとんど食べませんでした。
    変な話ですが一般的な関東風お雑煮に憧れました。

    結婚してお正月には、憧れの普通の関東風お雑煮を作っています。
    ある年のお正月に姉が来たので、お雑煮を作ると大絶賛で何度も「おいし〜」を連発、
    その年の年末には「あのお雑煮が食べたい、本当に美味しかった」と言ってました。
    特別じゃなくて普通の、一般的な関東風お雑煮なんですよ。
    私は姉に「ずっと実家のお雑煮はまずいと思ってた」と言うとびっくりしてました。
    今となっては姉も美味しくないとわかってますが、その味で育ってしまうと案外気付かないのかもしれません。

    トピ主さんのご主人や義父も気にしてないんでしょうね・・・
    今度のお正月はぜひ作ってみてはいかがですか?
    ご主人や義父にはきちんと事前に相談し「たまには義父さんに楽をしてもらいたい」と話を運びましょう。
    気に入ってもらえるといいですね♪

    ユーザーID:3620686308

  • お客さん?

    お正月にご主人のご実家へお客さんとして行かれるんですか?

    うちでも、姑の方が先に亡くなりその翌年から私がおせち料理と、お雑煮を作っています。
    舅もとても喜んでくれています。

    なぜ、嫁がいるのに舅さんにお雑煮を作らせるのか理解できません。
    舅さんが自慢のお雑煮でおもてなししたい、と言うなら別ですけど。

    そんな事でモヤモヤするくらいなら、
    「次は、私がお雑煮つくります。お口に合うか分かりませんが是非、食べてみてください」
    でいいんじゃないでしょうか?

    ユーザーID:4872847776

  • お雑煮

    トピ主さんの義父さんが作られるお雑煮豪華です。

    だって我が家は、もち菜と餅と鰹節だけですよ。

    時々すき焼きの残りの(大晦日に食べる)竹輪が入ってれば、オォ〜旨そうです。

    トピ主さんが作られる様な豪華なお雑煮は食べた事無いですね。

    おふくろの味、母の実家も同じです(私も子供達もそれが当たり前)

    因みに夫が我が家風を初めて食べた時、肉は?蒲鉾は?でした。

    『郷に入れば郷に従え』で今は、もち菜と餅と鰹節だけのお雑煮を美味しいとお代わりしてくれます。

    ユーザーID:0298824705

  • ウチの実家あたりの雑煮かな?

    貧相…と聞いて思うのは私の実家の地域の雑煮。
    餅菜と蒲鉾と三つ葉、鰹節程度のあっさり澄まし仕立ての雑煮です。

    そうだったらごめんなさい。
    他の地方のお雑煮って具材がいろいろ入っていますもんね。
    でもお節とか他に食べるものがあるし、味がしっかりしているものがあるので
    「雑煮はシンプルでいいか」と思っていました。
    でも他の地方出身の方からみると「これだけ…?」って思うんでしょうね。

    今度のお正月は「一度私の実家の雑煮も食べてみてくれない?」と提案して試食会のように普通よりも少量作ってみてはどうでしょう?
    義父さんに食べてもらえなくても割り切れればの話ですが

    ユーザーID:4212159516

  • ネットの時代です

    インターネットで、義理の実家さんの地方のお雑煮について調べてみてはいかがでしょうか。お正月料理には風土の特色が反映されています。お雑煮の歴史をお子さんと勉強してみたら、味だけでない大切なものを感じられるかもしれません。

    ユーザーID:7805261539

  • 逆に考えてみよう

    母亡き後、お正月に帰省すると毎年父が幼い頃から食べなれたお雑煮を作ってくれる。

    美味しいかは別として夫も文句を言わずに食べていたのに、実は「自分の育ったおせちのほうが美味しいから来年から俺が作っていい?」と聞かれた。


    嫌じゃないですか?
    自宅に帰ってから自分の味のお雑煮を食べるのなら元旦くらい我慢すればいいんじゃないでしょうかねー。

    ユーザーID:9715760771

  • お子さんおいくつ?

    言って聞かせてわからない赤ちゃんなら仕方ないけど、お餅は食べてるくらいだからわかる年齢でしょ?2歳にはなってるよね?
    出していただいた物に好き嫌い言うのは躾が悪いんです。
    こどもの機嫌をとって、自分が作ろうか、って悩むような母親だからそう育っちゃったんですよ。

    これはそれぞれの実家の雑煮がゴージャスかシックかって問題じゃありません。
    普段の食事でも、また友達の家や外で食べる食事でも同様のことが起こってきますよ。いつも自宅で食べているのとは違ったメニューにも許容範囲を広くしていかないと、お子さんが苦労します。
    お雑煮に食べられない物が入っているんじゃないんだから、100%お子さんの我儘と貴女の甘さです。それを反省してください。

    嫁が自分流を作って皆さんに振る舞うことは微笑ましいことです。せっかく婚家とも家族になれて「私の雑煮も召し上がってくださいね」と言うお気持ちでなさるのでないと非常に失礼ですよ。

    ユーザーID:9019780331

  • 帰宅後に自分好みのお雑煮を家族で楽しんではいかがでしょうか?

    季節の行事にまつわるお料理って、必ずその地域の風土が関係していますよね。
    風土によっていわれのある素材が変わる=お雑煮の内容が変わる。

    その地域の事を伝えていく事が第一なのであって、美味しく食べる事は二の次の様にも思います。
    旦那さんのご実家も謂れ(いわれ)を知らないまま伝統に則ってお雑煮を作っているなら、あなたがまず、その地域のお雑煮に使う材料のその謂れや風土を調べて、お子さんに説明したらどうでしょうか?あるいは、義理の実家で話題にして地域の事をもっと知りましょうよ。
    それから、
    まず、歳神様を迎えてお食事をする、お正月のお席で「不味い」という理由だけで出されたお雑煮を残す・・・「恥ずかしい」行儀ですよ。それを許してしまう親の態度って、私にはあり得ないですね。出掛けた先で御馳走指して戴いているのです、失礼です。残す前にお雑煮自体を最初に断るか、少しだけの分量にしてもらって下さい。
    正月早々、「不味い=残していい」あり得ない躾だ。
    何十年も続く人の家の習慣を変える前に、まず自分が出来る事があるのではないですか?
    話はそれからです。大人としての役割が何かを自覚して下さい。

    ユーザーID:1677791813

  • ??

    雑煮は日本各地いろいろで、レシピを見ただけで、絶対食べたくないと思うものもあります。
    でもその地方の人にとっては、それがお正月の食べ物です。

    >元日に食べるお雑煮もせっかくだから美味しくいただきたいなぁ・・・と毎年思ってました。

    ご主人も同じように思っていたかもしれません。(子供の頃食べていた味で。)
    と云う発想は有りませんか。

    >私が自分の食べなれてきたお雑煮を作る、と申し出てもよいのかな

    それはご主人の実家の地方風習を否定することになります。
    止めて下さい。

    本来雑煮は質素(貧相ではありません)な食べ物です。

    ユーザーID:4617146574

  • お正月に帰省されるだけでもお偉いですね

    お舅さんは息子家族が帰省する嬉しさから張り切ってお雑煮を作られるだろうその気持ちを尊重してあげるのが一番とはいえ、トピ主のお気持も痛いほどわかり、よく今まで我慢されてきましたね。
    お雑煮ほど各地域や各家庭で千差万別な食べ物は他にはなく、お互いに子供のころから慣れ親しんだ味であり、簡単に新しい味に慣れなくて当然だと思います。

    私の姑が作るお雑煮は昆布を敷いた上にお餅と蕪だけの味噌味、昆布から出るお出しだけでは物足りず、お餅も田舎風に大きく初めて食べた時はお餅が喉を通らず涙が出ました。
    関西出身の母のお雑煮は拘りのお出しに、鶏肉、蒲鉾、里芋など根菜がどっさり、本節を削った物と青ノリを掛け、お餅も小ぶりでお出しがよく効いていて美味しく、23歳まで慣れ親しんだ味で今でも好きです。

    現在の我が家は関東出身の来客が多いせか、いつの頃からか拘りのお出し、鶏肉、椎茸、蒲鉾、みつ葉のシンプルなお雑煮が定番になりましたが、たまに根菜入り味噌雑煮も作りますが夫が喜びます。
    お嫁さんの実家も偶然まったく同じシンプルなお雑煮だとか、心配していたのでそれが何より嬉しかったですね。

    ユーザーID:6716621491

  • 郷土食です

    貧相とか豪華とかではなく伝統を踏まえた郷土食ですから。
    私の実家は質素倹約を重んじる土地柄で「丸もちとカブで澄まし汁」
    転勤で各地を回ってからは地元のお雑煮が楽しみで料理教室に行きました。
    今は一日は我が家のお雑煮で、二日目からは色々なお雑煮です。
    夫婦の出身が違う家庭も日替わりでお祝いする人が多いです。
    お子様にもこれがお祖父さんのお雑煮と話してあげてください。
    二日目からはトピ主さんが作ってください。

    ユーザーID:0595939472

  • ご主人だって同じこと思っている

    むりやり聞き出したって絶対言わないでしょうが、ご主人だってトピ主雑煮を本心から美味しいと思っていないと思いますよ。

    なぜかといえば理由はトピ主さんが自分で書いているではないですか。
    >私の食べなれたお雑煮は鶏肉や彩りのかまぼこ、三つ葉、にんじんなど入っているものです。

    正月から、ご主人は食べなれていない雑煮を黙って食べておいしいと言ってくれているのは貴方を愛しているからですよ。
    「トピ主雑煮は口に合わない。正月は(トピ主がいう貧相雑煮)が食べたい。」
    と言われたら悲しくないですか?

    主人のご実家で自己流雑煮を作るのは止めたほうがいいです。
    その家の文化の侵略になりかねません。
    お正月からもめたくはないでしょう。
    それでもやるなら、見た目も材料も同じで味の改善を図る以外方法はないと思います。

    うちの地域では、トピ主さんの雑煮でも相当具の少ない雑煮に位置付けられます。
    ご近所に見られたら憐みの目で見られるレベルです。
    雑煮は各地域で相当違いがあります。
    美味しいかどうかって、本人が感じる感覚で他人が食べると逆ってことも往々にありますよ。

    ユーザーID:5717680487

  • いろいろとご意見ありがとうございます

    「40代の嫁」さままで拝読いたしました、みなさんご回答ありがとうございます。

    みなさん、ほんとにいろいろ鋭いです・・・たしかに「お客さん」気分で行っています、私。職業柄、年末ギリギリまで仕事をし、自宅の大掃除もせずに車で夫の実家へ行きます。そうすると義父がすでにすべてお食事を用意してくれています。片づけは私がしてますが、それまでの準備など「お正月の嫁」らしいことはできていません。

    あとこれから「シンプルなお雑煮」にします、訂正します、気づかせてくれてありがとう。

    食事は私の家訓として普段一切、子どもたちも残しません・・外食でも食べる分しか注文しないし、自宅では食事ゴミは出しません。なのにそういえばなぜお正月だけ残すのか・・今改めてそこも気づきました。元日のおせち(もちろん義父が用意してくれている)やお寿司など大皿料理でおなかいっぱいにしてしまい、終り頃、義父がひとりずつのお椀によそって出してくれるからだと思いだしました。子どもの残りも私が食べることになってしまってました。これからは、極力、最初の食事でおなかいっぱいさせないこと、そしてそれ以前に夫の地方の郷土

    ユーザーID:7668974784

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • 続きです

    先ほどの続きです。

    ならではのお雑煮文化についても知識をいれたうえで、子どもたちもきちんと食べきれる量を私がよそうことにしようと思います。

    お雑煮を私が作るかどうかは、賛否両意見ありますので、来年は上記の対応で、まずは夫の実家のお雑煮をしっかり受け継ぐようにいたします。
    「主婦25年」さんの言葉にあるように子どもたちは両親の郷土2種類のお雑煮を受け継いでいくということ、あらためて、お正月の意味も含めて感じました。

    みなさんどうもありがとうございました。

    ユーザーID:7668974784

  • トピ主のコメント(3件)全て見る
  • Lさん。家もです。

    私も東海出身で、醤油ベースの出汁に菜っ葉+餅がベースですよー
    で、我が家の場合は卵とじ(かき玉風)が入って。時に蒲鉾入る事も。

    以前他所のお雑煮で、味噌ベースのお雑煮とか(味噌汁?って思った)
    色々と具が入った雑煮とか(鍋の締め?と思った)

    そんな感じのモノを頂いて一瞬は驚いたけど、それはそれで違った味で楽しかったです。美味しかったし。

    そりゃ自分的にはこのシンプル(トピ主さん的には貧相)雑煮が一番シックリくるけど、他の郷土の料理も味があって良いですよね。

    郷土の料理を貧相とバカにして食べないなら、旅行の一つも出来ませんね。
    旅先に行けば色々と郷土料理出るのも多いし、驚く料理もある。
    トピ主さん的の考えなら「旅行の時くらい美味しいモノ食べたい」だろうから、郷土料理試すなんて出来ないでしょ?ある意味博打みたいなもんだし。
    それとも内容は兎も角、豪華絢爛なら話は別でしょうか?

    義父さんに「たまには違った味試してみて」って楽しい気持ちで勧めるなら未だしも、子供使って盾にして「不味いから自分で作る」って気持ちなら。
    ほんっと失礼な話しですよね。

    ユーザーID:2290905494

  • 食文化はそれぞれ

    他所の家の食文化は口出ししてはいけないものの一つでしょう。自分の慣れ親しんだ味の方の方が美味しいと決め付け押し付けるのは、ひどく傲慢だし、私だったら許せないです。
    よっぽど特殊な味付けでないなら、お子さん達も出されたものを平気で残すなんてお行儀が悪いですね。
    ちなみに私の実家はトピ主さんの実家のお雑煮と似た感じですが、夫の実家の素朴なお雑煮の方が好きです。
    どれが美味しいか正解はないと思います。

    ユーザーID:4333580587

  • 破談になりましたが

    元婚約者の実家のお雑煮は強烈でした。
    料理が下手なお母さんでなんでも肉じゃがと同じ作り方なので、お雑煮もそんな感じでした。
    大きな寸胴鍋で、下処理をほどんどしない根菜類をニンニクと炒めて、グツグツ煮込みぬめりを一切とらない里芋が、汁をドロドロにして、醤油で真っ黒く仕上げたものに、豪快に餅を人数分いれ更に一煮立ち。
    餅も煮とろけるので、汁が更にドロドロしますが、気にせず正月三が日の間、餅を足して食べ続けます。

    それに比べたら、シンプルで素材の味が楽しめて良さそうに思えます。
    他の方も書かれてますが、他所の家で出されたものは、きちんと食べるようしつけた方がいいと思いますよ。
    お母さんのご飯じゃなきゃ食べないなんて、嬉しいのは母親だけでしょう。
    許容範囲は広いほうがストレスが少なくてすみます。
    これもお子さんのためです。

    ユーザーID:2671073903

  • 独身で申し訳ございませんが

    元日は義父様手作りの、義理の実家のお雑煮
    二日目はトピ主様が
    「お義父さんにはお口に合わないかもしれませんが、せっかく家族になれたので、私の方のお雑煮もご賞味いただけませんか?」
    みたいなアプローチで、ご提案されても良いのではないですか?
    私の知り合いでも、ご主人の家系の雑煮は元日、奥様系の雑煮は二日目、というように、両方の味を楽しまれるところも増えてます。
    どちらか1つにしなければいけないということでもないでしょうし、両家の交流という点でも、良いのではないかと思いますよ

    ユーザーID:8552513876

  • 別に・・・

    絶対どっちか!!
    でななく、普通に台所のお手伝いをして
    作れば?
    そして、両方少しずつ食べたら??

    それが出来ない関係なら、ずっと我慢しつづけ
    るか、正月はトビ主さんの実家にも隔年で交互に
    帰りましょう。

    ユーザーID:1325901236

  • 言ってみれば

    ウチは三が日、朝、お雑煮を作ります。

    おすましだったり、味噌味だったりです。

    お雑煮は、元旦だけなのですか。

    お義父さんの家には、何日かおられるのであれば、

    「お義父さん、明日は私の地域のお雑煮を作ってみましょうか」

    とか、言ってみればいいのに。

    ユーザーID:3249219978

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧