七回忌ってどんな大事な法事ですか?

レス31
(トピ主0
お気に入り100

生活・身近な話題

匿名

来年早々に夫の親の七回忌があります。

夫の実家とはうまくいっておらず、もう6年ほど行っておりません。
義父が亡くなったあと、四十九日やら1回忌などは無理をして行きましたが、ほんとに疲れました。(精神的にも病気がある為)

今回の七回忌は欠席する予定でした。
そもそも、そんな大袈裟にはしないと思っていましたし。
親戚づきあいがほとんどなく、冠婚葬祭も簡単に済ませる家なので。

しかし、今日、私の母と電話で話していると、夫の親から電話があり、七回忌はどうされますかと聞かれたそうです。
食事の用意もあるからとのことです。

私は夫とも関係はあまりよくなく、同居人状態で、法事の日にちなどは、まったかく聞いておらず、今日、母から初めて聞きました。

母から話を聞いたときは、うちの親が行くなら私も行かないわけにはいかないと思い、一気に頭が真っ白になりました。
しかし、欠席ということなので、ほっとしました。
しかし、わりときちんと法事をするつもりであることがわかり、行かなければいけないような気がして憂鬱です。

七回忌というのは、どのくらいの規模というか、どの程度なんでしょうか。

なぜ、こんなにも年月が経っているのに、こういうことをするのだろう?とこういう習慣をいつも疑問に思ってしまいます。
うちの実家もお供えとご仏前を包むと言ってますが、お金をかける意味もわかりません。

ユーザーID:3037011985

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 違和感

    法事とは亡くなった人の冥福を祈り、その人を偲ぶために行われるものだと思いますが。

    トピ主さんの言葉は義理の親族である自分の都合しか書かれていません。
    義理の親なら情もわかないかもしれませんが、トピ主さんの親兄弟が亡くなっても故人を偲ぶ気持ちにはならないんでしょうか。

    >なぜ、こんなにも年月が経っているのに、こういうことをするのだろう?とこういう習慣をいつも疑問に思ってしまいます。

    故人を偲ぶのは単なる習慣ですか。
    心の底からわきあがる気持ちというものが理解できませんか。
    大切な人が亡くなっても年月が経てばさっさと忘れてしまえるものですか。

    ユーザーID:5366284317

  • 五十回忌までありますし

    それ以上もあるような話をちらっと聞いたこともある気もしますが
    記憶が定かでありませんので、間違っていたらすみません
    節目(?)として五十回忌まで執り行われる家は、存在します
    たいていが「誰それの○回忌と一緒」にされることが多いです
    (そうすれば集まる回数も、かかる金額も少なくて済みますし)
    そうでもしないと、なかなか親戚が集まる機会もありませんしね

    個人的な主観で申し訳ありませが、私の経験では
    仏様を大切にする家は安定してまわっているように感じます
    法要も、お墓参りもきちんと執り行われている家は
    親戚もそう大きな揉め事に見舞われることもなく、という印象です
    熱心な仏教徒ではありませんが、仏様が見守っていてくださるのかなと
    思わずにはいられません

    ただ、ご主人からも義母さんからもお話がありませんので
    トピ主さんが行かなければならないこともないのではないかとも思います

    ユーザーID:4879052205

  • お心のままで…

    わたしは首都圏の新興住宅地に住み
    親戚は母方は地方都市、父方は地方農村部にあります。
    家人はまた別の地方に親戚があります。

    冠婚葬祭のやり方や考え方は地方や個人差がとても大きいと思います。
    三回忌で終らせるお家もあれば50回忌に出席したこともありました。
    基本的に招いていただいた場合は
    自分の気持ちと物理的に許す限り参加させていただいてます。
    それは相手と今後も気持ちよくつき合っていこうと思うからです。
    「七回忌」がどれほど重要かという絶対値はないですよ。

    旦那さまの親御さんの七回忌に出席するかどうするかはトピ主さん次第だと思います
    旦那さまと旦那さまの親族が大切なら、頑張って行くべきだと思いますし
    どうでもいいなら(後で批判されるかもしれないと覚悟のうえで)欠席すればよいと思います。

    これはたんに法事だけのことを考えた場合で
    精神的にご病気があるとのことですが、それはまた別の話し合いが必要なのでは?

    ユーザーID:8409459381

  • 意味は知りませんが

    意味って、仏教的に、ということですよね?何回か身内の七回忌は経験したのですが、意味は知りません…

    どの程度にするか、はそれぞれです。決まりはないので。トピ主さんの義実家のように、お料理も準備して、お坊さんも呼んで…という家庭もあれば、本当に親い方々だけで集まる家庭もあれば、位牌持ってみんなで温泉に行く…という家庭もあります。

    ただね、亡くなった方と近かった方にとっては、『たった6年』ですよ。忘れるわけないですし、道を歩いていて雰囲気の似てる人を見かけたら目で追ってしまいます。涙ぐむときもあります。ですから、『もうだいぶ経ったのに』は言わない方がいいですよ。

    お金は、家を継ぎ、お墓とお仏壇を継ぎ、守ってるからだと思います。お花やお線香代ではないですか?

    ユーザーID:9409871526

  • 説明なんていらないんでしょ?

    弔う気持ちが微塵も無い人にとっては、
    葬儀も法事も面倒なだけ。

    別にしたくなければしなくていいのですよ。
    ご自分の親の時も。
    気持ちの問題ですから。

    冠婚葬祭なんて家庭によってまちまちですから、
    ここで聞いても意味ないでしょう。

    ユーザーID:7565467649

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • あなたが是非を問うことではない

    そもそも、トピ主さんは四十九日や1回忌でさえ無理して行ったの疲れたのと言っているくらいなのだから、7回忌だろうと何回忌だろうと規模がどうだろうと行きたくないのですよね?

    トピ主さんがそういったものに疑問を持ち全く価値を見出さないのは勝手だと思いますが、故人の親族にとって法事は大切な供養だから執り行うんでしょう?義理の家とも夫とも上手くいっておらず出席したくないからって年忌自体にケチをつけるようなことは失礼ではないですか。

    ましてやトピ主さんのご実家がお供えとご仏前を包むという心遣いまでも無意味だなんて私情の押し付けです。

    7回忌や法事自体の是非はトピ主さんが問うことではありません。トピ主さんが言うように法事という習慣は疑問だし意味がないという主義ならば、堂々とその旨を伝えて欠席すればよし。夫婦仲が悪く義理の家も好きではないから欠席ならそうすればよし。

    でも、夫とも義理の家とも上手くいっていない、欠席したいから法事は無意味な習慣と言うのは筋違いで非常識です。

    ユーザーID:3774179057

  • ご先祖を敬う

    亡くなった方の供養のために行うもので、仏教的には節目となる法要です。

    宗派によっても違ってきますが、一般的には大切な回忌です。

    意味を知りたいなら、ネットで調べてみてはどうでしょうか。
    仏教の世界は奥深いですよ。

    基本は、ご先祖を敬うということに尽きるのかな…と思います。

    ただ、あなたは体調が思わしくないようですから、無理しなくてもいいかもしれませんね。

    ユーザーID:7429942311

  • そんな調子だから

    あなた大人ですよね。

    いくら旦那さんと“あまり”関係が良くなくとも、旦那さんのお父さんの七回忌ですよね。妻なら必ず出席じゃないでしょうかね?
    しかも“あまり”良くない程度ですよね。離婚が決まってるとかならまだ欠席でもわかりますが…

    七回忌が大切なものかどうかは、それぞれが決めることです。でももし自分や自分の親が亡くなった事を想像してみて下さい。死んで6年経ったら、忘れてしまっていいものですか?面倒だからとか疲れるから省略〜!ってされてもかまわないですか?

    旦那さんの実家が七回忌を執り行うと決めたことです。疲れるから欠席っていうのは…

    そうゆう調子だから、旦那さんとも良い関係が築けないのかもしれませんよ。

    まあ、ご病気なら仕方ないと思いますが。

    ユーザーID:2195069292

  • 人それぞれ

    今は、法事は身内だけでというご家庭も増えて来たと思います。
    勿論、息子夫婦は身内です。貴女の親は身内とは違うかなと思いますが、親戚関係まで拡げれば該当するかもです。
    息子である夫が貴女には話していないという現状ならば、貴女は欠席すれば良いのでは?
    一番スッキリするのは、早く離婚して、そういう関係を解消すれば良いと思います。
    七回忌に限らず法事等を大切にするのは、遺族の故人を思う気持ちだと思います。人それぞれですが。
    貴女は精神的な病をお持ちなら、無理をなさらないで良いのでは?

    ユーザーID:0507671214

  • 貴方

    おはよう
    こんにちは
    ありがとう
    ごめんなさい と人に挨拶するように

    行事も意味があります

    きちんと学んで下さい

    人は一人で生きてるのではありません

    ユーザーID:3051880193

  • 7回忌ぐらいが区切りじゃないですか

    7回忌ぐらいが故人を偲ぶという意識が残る区切りの一つだと思います。
    うちではここまでが親戚一同が集まるような感じでした。普通は実子の嫁なら出るものだと思います。ご主人との関係がよくないとの事なのでそこをどう判断するか、ではあると思いますが。

    ユーザーID:3276570689

  • 古くは三回忌までの十王信仰でしたが、

    鎌倉仏教時代に成立した十三王信仰になりました。もともとは中国の官僚制度が仏教のなかに入ってきたとも言われています。
    仏教では死者が四十九日めに審判が下され天国か地獄、その他の世界に行くことが決まりますが、百カ日、一周忌、三回忌、七回忌(蓮華王による審判)、十三回忌、そして三十三回忌と審判があり死者を供養し現在居る世界から救うために行います。

    仏教の宗派、地域毎にどれだけ違いがあるかは知りません。

    ”私は仏教徒ではないので参加しません”...というのもひとつの見識でしょう。
    それとも、外国からきた仏教ではなく日本古来の、”家、地域の習慣”に従うか否かはあなたが決めることです。

    ユーザーID:6154989726

  • ・・・・

    年月が経ってやる習慣に疑問でも、お金をかける意味がわからなくても、
    七回忌をやるって言ってるんだから、
    嫁としては行くのが当然ですよ。
    しかも義父の七回忌なんでしょ、当然出席ですよ。
    旦那さんにとっては父親ですよ。
    夫婦揃って当然出席です。
    意味がわからないとか、行きたくないとか駄々言っても仕方ないでしょ。

    >母から話を聞いたときは、うちの親が行くなら私も行かないわけにはいかないと思い、一気に頭が真っ白になりました。
    しかし、欠席ということなので、ほっとしました

    はい?あなたのお母様とあなたでは立場が違います。
    母親は免れてもあなたは行くべきです。
    母親が行かないなら私も欠席って発想になるのか不思議。

    今後まだ法要続きますが、七回忌を最後にどんどん規模は小さくなるのでは?!
    だから七回忌は最後の法要と思って、きちんとやるのかもしれません。
    今後規模が小さくなったとしても、身内(トピ主さん夫婦)は参加すべきですが。
    私は母親が亡くなっているので、きちんとやってあげたいと思っています。近しい人を亡くした事がない人にはわからないかもしれませんが。

    ユーザーID:7758143053

  • 自己中な人・・・

    義理とはいえ、親の7回忌は大切だと思いますよ。最も近い縁者の一人じゃないですか。息子(夫)とあなたが他人同士に近いような状況だって、そんなの普段付き合いして無かったらはっきり分からないじゃないし。
    常識的に考えて義理の娘にも普通声かけるでしょう。人付き合い苦手なくせに結婚式や法事などに声がかからないとすねたり、プライドが傷つく人もいるし。
    今回あなたの親御さんへ話しが行ったのは、息子もしくは嫁がそういう常識を分かってないか精神的な病気とかで話がしづらいからではないでしょうか。あなたの親というワンクッションを置いて配慮しているんでしょう。

    ユーザーID:1975443940

  • 故人を偲ぶ大事な事ですね。

    トピ主さんの義理家族がどちらにお住まいかわかりませんが…

    田舎だと…私の主人の親戚は33回忌までお寺さんを招いて盛大に執り行いました。

    一周忌、3回忌、7回忌、13回忌、17回忌、23回忌、27回忌、33回忌…

    故人を偲ぶと37.43.47.50回忌と執り行う所も有ります。

    母の実家では一昨年曾祖母の50回忌が有りましたよ、伯父は(母の一番下の弟)曾祖母を覚えていないそうです。勿論私も会った事無いです。でも曾祖母ですから御仏前持参で法要に参加しました。

    トピ主さんの義父さんは7回忌亡くなられてまだ6年ですよ、忘れてしまうには可哀相ですよ。

    ユーザーID:1515716966

  • うちの母が言ってましたが

    法事(冠婚葬祭)は、トピ主さんのように疎遠になった人や、仲たがいしてしまった人と、また会い、わだかまりを解くため(きっかけ作り)のものでもあるそうです。

    何年も経っていれば、相手も自分も環境が変わり、考え方も違っている事もありますしね。(変わってない場合も多いでしょうが…)

    御先祖さまで繋がっている縁を、御先祖さまの法事でまた繋ぎ合わせるための行事だそうです。

    ユーザーID:5428277883

  • 気持ちがある場合は大事な事に思えるのでは?

    >なぜ、こんなにも年月が経っているのに、こういうことをするのだろう?
    >とこういう習慣をいつも疑問に思ってしまいます。
    >うちの実家もお供えとご仏前を包むと言ってますが、
    >お金をかける意味もわかりません。

    それはトピ主さんがその相手に対して「大事な人」という思いが無いから嫌なんでしょう。
    血がつながっていたり親しい人だったりする場合は特に一周忌、三回忌、七回忌は重要な法事になると思います。三回忌で区切りをつけるところも多いけれど七回忌を最後の大きな法事として扱う家も多いですよ。ウチは三回忌までは会場借りましたが、七回忌は家で親しい人呼んで少人数です。十三回忌以降は身内でやる予定です。

    トピ主さんは合理性を考えているのかもしれませんが人の気持ちを考慮してないな、と感じます。大事な人を無くした人が(特に辛い亡くなり方をした場合)友人からトピ主さんのような意見を聞かされたとしたら「この人『悪気はないんだろうけど』嫌な事いうなぁ」と苦々しく思われる場合もありますよ。

    ユーザーID:7754438274

  • 七回忌が大事かどうかではない

    トピ主の夫とその義理の家族の問題でしょう。法事が大事ですか?なんて問題をすり替えないでください。法事が大事かどうかなんて人それぞれです。普段から今回のように問題の本質を見極めずにその場しのぎでやってるんでしょうね。そんなに嫌なら離婚されたらいかがですか?

    ユーザーID:5856898589

  • 葬式とかって

    葬式や法事って生きてる人間が区切りをつけるためにやるものだと思ってます。
    それなのに慣習だからって意味を考えるでもなくやって生きてる人間が苦しむなら意味ないですよね。
    私もそういう話を親とすると「世間体がある」「そういうものだ」という答えしか返ってこなくてする意味があるのかと思います。

    ユーザーID:9492358415

  • わかります

    お気持ちとてもよくわかります。私もかなり疎いタイプでした。

    「冠婚葬祭」といいますが、結婚式の逆バージョンをかなり薄めた…くらいに考えると話は簡単です。

    「お墓(=お寺とここではします)」を維持するには、年間維持費がかかります。だいたい長男が「祭祀承継者」として、お寺に維持費を払っています。(我が家は年間12000円)これが、いわゆる墓守りというやつです。これにより、「寺」と団家との関係性が強まります。一般的に維持費は、墓参りの時に住職の妻などに対面して払うのが普通です。(銀行振込はあまり聞きません。)ゆくゆくは、自分の葬式も依頼するわけですから、当然、長男とお寺との関係性は密になっていきます。長男に責任感や信仰心も生まれます。

    法事によって、寺は潤います。参加者はご仏前を持っていきますから、長男は採算がとれます。食事会をすれば、完全に赤字でしょうが、主催した側のプライドが保たれます。

    以上です。

    ユーザーID:9546207550

  • トピ主さんは

    誕生日とか、クリスマスとか、初詣とか、卒業式とか、今までの人生で一度たりとも行事というものをやってない方ですか?


    行事には意味と伝統と、なにより人の気持ちがあります。

    体調が悪いだの欠席だのはともかく
    蔑ろにする発言は感心しませんね。

    ユーザーID:0964933505

  • うちも

    うちも、ちょうど先日、夫の父の七回忌の法要がありました。
    私の母の七回忌も、三年前すませましたが、
    出席したのは、こどもである私たちだけで、本当に簡単なものでした。
    いっぽう、義父の七回忌は、義父の兄弟や、義母の兄弟、そして、もちろんこどもである夫(私や、息子たち)が出席して、にぎやかな法要になりました。

    私も、義父の色々な話を、伯母や義母から聞かせてもらえて、
    あらためて、やさしかった義父のことを思ういい一日になりました。

    こういうことは、それぞれの家のやり方や事情があるので、こうすべき、というものは、ないんじゃないかなあと私は思います。
    トピ主さんは、今、ご病気とのこと、
    早く、良くなるといいですね。

    ユーザーID:9979802703

  • あなたの七回忌も(いつか)訪れることがあるでしょう

    あなたがこの世の縁が尽きて亡くなった後、結婚したあなたの子が、あなたの七回忌を迎えることになった時、以下の状況であったとしましょう。

    ・配偶者の実家と上手く言っていない
    ・あなた1周忌には無理をして行った
    ・姉妹など親戚つき合いはほとんど無い
    ・配偶者との関係も良くない
    ・あなたの法事をするということを聞き、憂鬱
    ・七回忌は何のためにするのかと愚痴

    ここに、死んだら忘れ去られてしまうという現実があります。

    さて、あなたの死後、自分の子供らがこのようになった時、仏となったあなたは、この世に残してきた子らに何を願うのでしょうか。恐らくは、子供自身が夫婦の関係、家族関係、親戚関係など、良好な人間関係を作って生きて欲しいということではないでしょうか。

    私には、七回忌を機縁として、仏となった義父が、あなたに対して、夫婦、家族、親戚など、人と人との絆の回復を願っているように思えてなりません。

    既にそういうことを(仏となった義父が)あなたの心の奥深くに問いかけて来ているのが何よりの証拠でしょう。だから、こうして小町で尋ねることになったのでしょう。それが法事の意(こころ)ではないでしょうか。

    ユーザーID:7519361193

  • まだ片方の義親は

    健在なのですね。

    行かれた方がいい。
    主催する側でない時に行っておいたほうがいい。

    今ご存命の義親がなくなると今後はとぴ主夫婦が執り行う側です。
    長男なら特に、次男三男でも。
    取り仕切る立場となります。

    七回忌もあまりご存じでない様子、なおさらあちらのやり方を見ておく必要があります。
    その場になってあわてないよう。
    経験したことのないことを次に中心の立場でやるのは大変。

    冠婚葬祭は普段の付き合いとは別物。
    義実家だけでなく故人の兄弟もいるでしょうからおとなしくしていれば大丈夫。

    ユーザーID:9647817407

  • 欠席でよろしいかと思います

    寺というのは法事の収入で生活しています。
    本来は三回忌までだった仏教における死後の供養が、日本で勝手にどんどん延長されて、故人の孫も死んでしまうくらいまでに形式化したのは、寺の生活費の確保のためです。
    いわゆる葬式仏教だからです。
    私の手元に、寺からわたされた亡父の法事予定表がありますが、A4一枚に一杯書いてあります。(笑)

    そして供養と供養の間には、庫裏の修繕だとか庭の手入れだとかの名目で、檀家に対して五十万円とか百万円とかの寄付が強制的に割り当てられます。
    もちろん費用明細なんぞは檀家に知らされません。

    こういう一般的な寺の経営を、亡父の長男として寺に多額の金を払いながらみてきましたので、私と妻は「もう自分の子供にこんな思いはさせない」と決め、自分達は墓に入らぬことにしました。
    墓がなければ法事もないわけで、まことに潔く清々しいことです。

    人間、死んだら自分の子が親を覚えていてくれるだけでありがたいこと。
    子がなければ人生それもまたよし。

    無縁上等。
    死者は生者を悩ますべからず。
    主様は、気の進まぬ法事は欠席されるがよろしいと思います。

    ユーザーID:2919727575

  • 主さんは何教徒?

     主さんが仏教徒なら行なう行事なのだと思います。
    私はキリスト教徒なので葬儀だけです。なので何回忌をしなくちゃ,という話にはなりません。主さんも自分の納得した宗教や葬儀が出来ると良いですね。

    ユーザーID:4517353054

  • いい年した八つ当たりはみっともない

    あなた方夫婦関係が良くない事と宗教行事の七回忌に因果関係は全く存在しないですよね。




    確かに七回忌をしたからといって亡き人が生き返るわけじゃない。
    でもその亡き人を想って集う人々を冷笑するようなひとでなしにはなってはいけないよね。

    ユーザーID:7806698967

  • 法事には、あまり意味は有りません。

    理由は、お寺の安定した予定出来る大事な収入源の一つです。

    法事は、檀家としてお寺から催促や親族に対するミエも有ったり、
    地域社会への義務感か実際にはあまり詳しくないけど習慣でしょうか?

    今の時代身内だけで7回忌までが多いみたいです。偲ぶ会みたいに!
    それでも遠くの方は交通費に宿泊代と大変な出費で、親の法事も無理な
    方もいます。

    私はキリスト教徒で葬儀だけですが、毎年4月かな?教会で故人の
    写真を各自が持ち寄り、記念会を行い、故人を偲びます。勿論無料です。
    故人を大切に思う気持ちは同じです。

    葬儀はお寺のお布施みたいに法外でなく数万円で十分です。
    戒名も当然ありません。
    葬儀は業者が入れば飲食代は掛かります。

    呼ばれる側の経済的な負担が重いのでは?
    我が家の記念会はたまにお盆の帰省に合わせて行いますが、
    親戚は何も包みません。負担させると嫌になります。
    帰る時に世話になったと少し包んで行く人も居ます。5千か1万

    お互いが負担とならない事が、肝要ではないでしょうか?
    故人の霊は、天国ですから身内が故人を偲んで大切にしましょう。

    ユーザーID:3180708585

  • 一般的に

    七回忌に故人の息子の嫁が来てなかったら
    「入院しているか、入院相当に身体の調子が悪い」
    「完全に離婚間近くらい夫婦関係がが悪化している」
    と思われると思います。
    「そういえば○○さんの奥さん来てなかったね。どうしたんだろうね」と
    家に帰ってから話題になるかも知れません。
    その程度には大事な法要だと思います。

    ユーザーID:9992453616

  • 家によるかな・・・

    私の実家では50回忌まで行っています。
    (100回忌もお寺から打診されましたが、立派な家というわけではないので50回忌までにしています)

    実家が施主になりますので、強制的に毎回出席でしたが、いとこ達は都合によって出席したり、しなかったりでした。
    また、叔父や叔母が来なかった事もあります。

    こればかりは、法事を行う家の考え方次第ではないでしょうか。

    ただ、今回7回忌で6年程行っていないということは、3回忌は欠席だったのですよね。
    3回忌が欠席でも問題なかったのなら、7回忌も欠席でも良さそうなものですが。

    ユーザーID:8009994203

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧