冠婚葬祭が無意味に思えます

レス73
(トピ主0
お気に入り106

心や体の悩み

匿名

40歳主婦です。

自分が冷たい人間に思えてなりません。

親戚づきあいなど嫌いで、父や母の兄弟といった近い親戚でもお葬式に出たいと思わないし、行きません。実家は車で1時間半ほどの距離です。

夫の親に何かあっても本音は行きたくないです。

また、日本の習慣では、お葬式のあとも、法事がいろいろ続きますよね。
全く意味がわかりません。

人は亡くなったら無になると思っています。
いつまでも法事を続けなくても、自分の心の中で思っていればいいのではないかと思います。

こんな風に思う方、いらっしゃいますか?

そういう方は、自分の考えはそんなでも、やはり、世間の常識に合わせているのですか?]

ユーザーID:4332630604

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数73

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私は、我が道を歩んでますよ。

    40代後半の主婦です。

    若い頃から、冠婚葬祭に関心が無く、
    大学卒業後に一人旅に出掛ける時、祖父の様態が思わしくなくて、
    「時々は、電話を掛けてきなさい」(当時は、PCも携帯もなかったです)
    と言われてたのですが、無視して二月ほど遊び回ってきました。
    帰国すると、案の定、祖父の葬式も終わっていたのですが、
    私は、墓参りもせずに、そのまま仕事に就きました。

    結婚して、夫側の家族が増えましたが、普段は普通に関係を持っています。
    しかし、
    結婚式や葬式などの行事は、私の予定を優先させています。
    夫の姪の結婚式と、友人とのランチが重なった時は、
    祝儀袋を夫に預けて、私は友人と楽しい一時を過ごしました。

    実家には、未婚の妹がいて、
    「長女なんだから、お姉ちゃんが墓守をしてよね」と言ってきますが、
    「面倒見たくないなら、潰せば? 私は、それで構わないわよ」と言うと、
    何も言ってこなくなりました。

    そんな私の性格を見越してるのか、
    両親は、「死後の処理」を業者に任せるつもりらしいし、
    夫も、何も言いません。

    このまま我が道を歩むつもりです。

    ユーザーID:0492649042

  • 私も冠婚葬祭を無意味に感じてます。

    私も無駄だと思う派です。

    お誕生を身内で祝う位は、まぁそんなものだと思いますし、
    結婚式も、したい人が勝手にすればいい、

    でも、お葬式・法事は本当に無駄だと思います。

    本当に死んだ人が”葬式をして欲しい”と化けて出て言えば、仕方ないですが、
    そうでなければ親近者だけでするか、又は必要ないと思います。

    法事に関しては、全く理解ができません。

    ただ、皆同じに思っていても習慣だし、
    しかも、口に出すと冷たい人と思われるので言わないだけかと思っています。

    ユーザーID:1251473633

  • はい、同じように思っています

    40代後半。昔から冠婚葬祭に興味も無く、小さい頃はお墓参りに行ったりしましたが、中学生位からは神社でのお賽銭などもあげなくなりました。

    自分が死んだらゴミ箱に捨ててもらってもいいと思います(まあ、法律上できないですがね)

    幸い外国人と結婚し、海外暮らしなのでそういう煩わしいことはあまりありません。キリスト教の国なので、葬式くらいはありますが、その後の法事がないのが楽です。

    自分の親が亡くなったときは、一応身内だけの密葬をし、位牌や仏壇はその場で処分。お墓は永代供養料を払い込みました。仏事の為にわざわざ帰るつもりもありませんし、命日等も覚えていないので何もしません。

    日本に住んでいたら、親戚等とのしがらみもあるからきっと難しいでしょうね。でも、変わった人だと思われても良いんじゃありませんか?クリスチャンの人達とか、仏事はしないんじゃないかとも思いますし。

    ウチはやりません!と突っぱねちゃうのは出目ですかね?

    ユーザーID:1476892050

  • わかります

    お葬式はともかく、それに続く法事って面倒ですよね。
    世間の人は親戚のお付き合いだからお互い様と割り切って出席されているんでしょうか。

    私自身は法事が面倒だと思うので、他の人にも同じ思いをさせるのは心苦しいので、我が家の家族が亡くなった時には無宗教式にしました。
    お寺さんへのお布施がいらないし、後々の法事もしないので楽です。
    世間一般的に仏式の葬式や法事が行われていますが、仏教経典を読んで理解している人はどれぐらいいるんでしょうかね。
    単なる儀式のツールとなっている感じがしますが、お寺さんも大事な収入源がなくなると困るんでしょうね。

    供養はそれぞれのやり方で心を込めてすればいいと思います。

    ただ、祖母が大往生した時、その葬式に親族が集まったんですが、子供の頃に会ったきりの従兄弟がすっかりオジサン・オバサンになっていて、ちょっとした同窓会のようで楽しかったです。
    大往生ですから、悲しむという雰囲気ではなく「おばあちゃんの卒業式」「長い間お疲れ様でした」という感じでしたよ。

    ユーザーID:0836316541

  • 親戚・知人が集まる機会

    親戚や知人が一堂に集まる機会は、
    冠婚葬祭がなければ、なかなかないと思います。

    冠婚葬祭は、久しぶりに会う人と
    それぞれの近況を話したり、
    昔話をしたりして、
    親族としての、また友人としての
    絆を深めていく機会にもなると思います。

    ひと昔前と比べると、
    最近では、
    親戚付き合いを敬遠される人、
    友人・知人との付き合いが希薄な人などが
    増えてきたのではないでしょうか。

    その一方で、
    一人で生きていくのは将来が不安。
    仕事がなかなか見つからない。
    などといった愚痴のトピも多いですよね。

    昔は、誰かが困った時には、
    親戚や周りの人が援助したり、
    伴侶や仕事の、紹介・推薦をしてくれたものです。

    そういった、いざという時のためにも
    冠婚葬祭などの付き合いも必要だと思いますよ。

    ユーザーID:9134546240

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 賛同ではなく、すみません。

    確かに大変な行事ですが、葬式、法事は故人のためもありますが、遺族などの心の整理のためにあると聞きました。
    故人がやって欲しいとかそういうことじゃなくて。

    死を実感し五感で納得する為です。
    法事は亡くなった方の成仏をお手伝いする為と聞いてます。

    宗教観の違いでしょうか。
    心の中ですればいい。
    確かにそうかも知れません、儀式は必要ない方もここに書き込んでる方を見ればいることがわかりました。
    葬式、法事の意味は関係ないって事でしょうね。

    宗教は心の拠り所にされる方が世界中多い。無宗教は認めないって国、人々がいるくらい。
    冠婚葬祭はそういった中の一部ですから。
    そうされない主様、ここの書きこまれた方は強いんですね。
    自分の中に経義があるんですね。

    もしかしたらただ単に集まらなくちゃならないことが嫌なのかも知れませんが。

    人の死を軽く考えるのは私は相いれません。
    親兄弟の葬式にすら行きたくないとか、考えられない。
    申し訳ないけど、どういった育ちをしたのか疑います。
    そして、縁を切ります。

    私の方がおかしいのかも知れませんが。

    ユーザーID:2182535023

  • 同感です

    私も同感です。

    親類一同の冠婚葬祭行事にはいきたくないです・・・
    いつになればこの習慣がなくなるのでしょうね。
    葬儀関連については、不要だと思います。

    ユーザーID:9102171753

  • 最近考えが変わってきた

    以前はトピ主さんと同じような考えでしたが、最近考えが変わってきました。
    親戚づきあいが必要かどうかという前提はあるのですが、
    友達づきあいにしても人間同士の関係って、手入れが必要だと思うんです。
    年賀状やお中元、お歳暮、法事というのは、その手入れの機会です。
    で、その親戚づきあいですが、子どもができてから、
    やっぱり少しはあった方がいいのかなあと思うようにありました。
    面倒くさい親戚づきあいですが、自分たちが死んだあと、損得なしに相談したりできる人とか、
    子どものためにそういう関係を残してやるのも親の務めかなと、
    最近思うようになってきました。

    ユーザーID:7640587922

  • 3割引さんに同意

    先日祖父の法事がありました。祖母ももう年だし、具合もよくないので法事はやめるように言ったのですが、「これを逃したらもう皆さんに会えなくなるから」と言っていました。

    田舎の人なので、祖父の兄弟姉妹と祖母の兄弟姉妹が結婚していたりして、親戚付き合いは濃かったみたいです。

    集まった親族は、なるほど祖母の言う通り、こんな機会でもなければもう会わずじまいとなってしまうだろうな、という感じでした。

    若い世代はいざ知らず、祖父母関係の法事はやったほうがいいのかもしれませんね。

    ユーザーID:5012741279

  • 意味が分かりませんか

    何処の国にも民族にもある文化だからね。昔から培われてきた人々の生き方からの生活様式でもある。家族、親戚など、また何かしらの関係がある人達との間での作法とも捉えられる。神や仏、地域文化など人々が生きていく上で、工夫されてきた行事慣わしだよね。

    身近なところでは御挨拶って言い方もあるけれど、お作法とか礼儀にも通じるのは、人との関係に対する考えが根底にあるからでしょう。

    無意味だと思うのは勝手だけれど。
    それ以前に、「全く意味がわかりません」とか言ってないで、勉強くらいしたらどうですか。

    ユーザーID:1754403081

  • とりあえず代表を立てる

    いっそのこと分担したらいかがでしょうか。

    確かに法事になると、見たこともない親戚が沢山集まってきて気を使います。義実家関連は旦那が代表で出席し、実家の法事には奥さんが代表で出席する。子供が居る場合はそれぞれが連れて行く。

    お互い会ったこともない親戚の数が減少しますし、一応最低限の義理は果たせるのではないでしょうか。

    ユーザーID:9431243232

  • 私もいらないんじゃ?と思っています

    私が死んだら、葬式、戒名、墓、一切要らないです。 何年も法事やってもらわなくていいです。 私も死んだらそれで終わり、の考えです。 もういない自分のためにお金を使うなんてもったいない。その分、生きている人たちのために使って欲しい。 

    ときどき思い出してもらえたら嬉しい。 でも忘れてもらっても結構。 私がいなくなった後も、残された人たちにはその人たちの人生や生活があるので、好きなように生きてもらいたいです。 

    でもこれは「私」の考えなので、他の人に強要はできません。
    私の父母が、亡くなった後も忘れないで法事を続けて欲しい、という考えならそれを引き継ぐのも子である私の義務だと思います。 

    結婚式やお誕生などのおめでたいことは、祝福の意味もありますし「なくてもいい」とは思いません。 ただ、半返し、内祝いなどの習慣はそろそろ考え直してもいいんじゃないか、とは思いますけどね。  

    ユーザーID:4991641850

  • なんとなく分かります

    45歳主婦です。
    トピ主さんの気持ち分からないでもないです。
    本当にお義理で参加(出席・参列)する冠婚葬祭(特に法事)って無意味。
    だけど、今年、高校のときの恩師が亡くなって葬儀に参列したけど
    その時は参列できてよかったって本当に思えました。親戚ではないですね。
    「節目」や、その人との付き合い具合というか自分の気持ちが
    大切なのかな〜上手く表現できませんが。
    基本、お義理な冠婚葬祭は無意味に思います。
    だけど、世間の常識に合わせています。
    だけど、心からお祝いしたい、お弔いしたい気持ちも大切にしたい。

    ユーザーID:3765280101

  • 有った方がよい。

    父を先月無くして、そうに強く思いました。

    何しろバタバタと忙しく、納骨まであっという間で…
    もちろん、葬儀屋・お寺さんへの支払い(お布施等)でひと月の間に何百万とお金が動きますが…

    私をはじめ、遺族・親戚・友人にとってはきちんとお別れも出来て
    思いっきり泣くことも出来て

    決められた流れがあり、良かったと思いました。

    ユーザーID:0585109817

  • 似てる

    私は、人は生きてる間が全てと思って後悔しない人生を送れれば良いと思ってるので全くトピに似てる。 1つ、付け加えるなら亡くなって、その人をしのぶ気持ちだけは持ってます。 どんなにお金をかけた葬式でも、気持ちが無ければ 亡くなって人は成仏できません。私は、憑依体質なのでよく分かります。法事も、呼んだ身内から 参加料みたいに お金を集めるのが分かりません。私が、将来親の法事をするなら自分の子供から、法事にお金を持ってくる様な事はさせたくない。日本は、冠婚葬祭に お金をかけすぎる。ただ、結婚や祝いにはバンバンと お金を使います!!出産祝いなんて選ぶ楽しさが有る!!

    ユーザーID:0969042816

  • そう思うなら

    その思い通り貫けばいいのでは?

    そのかわりちゃんと遺言して下さいね

    自分の葬式も法事も一切やるなと

    自分はやりたくないのに、まさか自分の家族に自分の葬式や法事や墓参り押しつけたりしないですよね

    その覚悟があるならいいと思いますよどうしても

    ユーザーID:7066581949

  • 昔と今は状況がちがうなあ、と。

    昔だと、交通も通信も今ほどではなかったので
    頻繁に連絡を取り合う事も出来なかったでしょう。

    祖母の話ですが、実家が山ひとつ超えたところにありますが(車で20〜30分)歩いていくので一日がかり。盆に帰省できればいい方だったそうです。電話もない時代です。

    そんな時代ならなかなか会う事もできない親戚の人と会える数少ない機会、
    それを大切に思うようになるのはわかります。

    翻って今、ずいぶんと変わりましたよね。
    「昔から決まってる」なんて通用しなくなってると思います。
    家族葬なんてのも出てきましたし。
    シンプルになっていくのでしょうね。

    ただ私はあっていいんじゃないかと考えています。
    お世話になった人に最後に会いたいし、お祝いの言葉も言いたいです。
    久し振りに会える同窓会みたいな感じもありますし。
    間が空いても細く長くつながってるといいなあと思っているので。
    人とのつながりっていろいろあるよ。って。

    問題は、義理とか見栄ですよね。
    この辺が出てくると途端に嫌になってきます。
    強要する人もでてきますし。
    でも、気持ちがなければ続いていきません。

    ユーザーID:2571726398

  • 今の自分が自分だけで

    成り立っているのなら、法事などいらないでしょう、
    先祖から頂いたモノありませんか?
    財産であったり、社会的地位であったり、才能であったり、
    先祖の努力の結晶が彼方に凝縮されているのです、
    ただ目に見えるものだけでなく、考え方や生き方、あるいは危機回避能力など、その恩恵を受けていないとは言えないでしょう
    ただ生まれてから、たかだか20数年養ってくれただけ
    別に頼んで生まれたわけではない、
    と、云うのであればいらないとおもいます、
    もっと広く視野を広げましょう、貴方の背中には(考え方)先祖がみんな乗っているのです。

    ユーザーID:1322249641

  • 冠婚葬祭、葬式、法事へのかかわり方は人それぞれ

    冠婚葬祭、葬式、先祖供養や法事についてもそれぞれの思いがあっていいと思います。ですからトピ主様を冷たい方だとは思いませんし、昨今の冠婚葬祭や法事に関して疑問を感じている方の気持ちも分かります。

    また先祖を弔ったり、命日を大事の思う方の気持ちも分かります。毎日仏壇に御参りをすることで心の平安を得たり、来世を信じてお祈りすることで幸せに感じる方を羨ましいとさえ感じます。

    ただいろいろな思いをなぜ万物の定理のごとく他人に押し付けたり、自分の考え方が常識で他の考え方が非常識だと主張する方がいることが恐ろしいです。

    >申し訳ないけど、どういった育ちをしたのか疑います。
    育ちの上下はまったく関係ないですよ、宗教観や思想が違うんですよ。

    >それ以前に、「全く意味がわかりません」とか言ってないで、
    >勉強くらいしたらどうですか。
    他人の宗教観や思想について勉強を強いるというはいかがなものでしょうか。

    >先祖の努力の結晶が彼方に凝縮されているのです
    >もっと広く視野を広げましょう
    誰にでも先祖はいます、それを思う方法や形が違うんですよ。視野の広さは関係ありません。

    ユーザーID:4778406458

  • 本当に!

    40代半ばの主婦ですが、実は私も昔から疑問に思えていました。自分の実家周辺は亡くなってから一週間毎夜、念仏に来てくださる方がいてお世話をしたり何だか複雑な習慣がたくさんあります。多分保守的な方からすれば罰当たりだと思われるかもしれませんが心が大事でそのような建て前的な事は必要か?って思ってます。田舎では毎日のようにお墓参りを日課にされているお年寄りの方がいますが、自分はあまりお墓もあまり行きません。家の仏壇もあまり気にしないです。法事にお団子やら色々な故人のために精進料理をお供えって意味があるのでしょうか?きっと法事も和尚さんのビジネスって言うのもあるんじゃないのでしょうか?日本人特有の世間体ってやつじゃないですか?大事なのは心ですよね〜私は死ぬまでに自分のお金は楽しみに使う主義で、死後お葬式に何百万円も使われたくないです!勿論後始末のお金は必要ですが。しかしながら日本にいる限りある程度は避けて通れない’道なんでしょうね、、、、

    ユーザーID:2946357176

  • 信者ではありませんが・・

    キリスト教でも法事擬きはあるようですよ。
    オールセインツデイ(11月)としてお盆のように親族が本家に集まるようで盛大な法事をするようです。
    また十年、二十年にミサをするとか

    貴方は冠婚葬祭が面倒なのでしょうか。それとも友達つきあいが苦手なのでしょうか?

    集まった時に、派生するお手伝いや気働きが不得手だからと言うことならばそのうちに考え方は変わりますよ。きっとね。
    法事とするからこだわるのでしょうか。故人を偲ぶ会もダメ?

    故人を偲ぶ方法は仏教でも強制はしていないのですよ。「お心のままに」と言う言葉もあります。
    私は宗教者ではありませんが京都、奈良の寺院を拝観することが好きでした。自然とそのものを好み、法事、お寺さんの説教などに抵抗がなくなりました。

    そして既に還暦過ぎ、海外で仕事をしています。
    そういう者にとっては親族であろうが、友人であろうが知り合う人は皆大切です。法事であろうと慶事であろうと

    三社祭行ったことはありますか?とても勇壮なお祭りですよ!
    一度行かれれば冠婚葬祭の一部は嫌いがとれるのではないでしょうか。

    ユーザーID:9921324600

  • 必要な人には必要かと。

    今年、母方の祖父が亡くなりました。
    訃報を聞いたとき、これまで身内が亡くなっても全く涙が出なかった私でしたが、気が付かない間に泣いてました。

    小さい頃から私達孫を可愛がってくれた祖父でした。
    一緒になって遊び、いろいろなことを教えてくれ(教諭だったので教え方がすごく上手かった)、頼りになる祖父でした。

    通夜の時は、兄や従兄姉と一緒に夜遅くに皆で泣きました。
    でも、葬式が終わったら、ああ、お別れなんだなって吹っ切れた感じでした。

    これまで葬式に何の意味があるんだ?と思っていた私でしたが、本当に死を悼む人にとっては、必要な儀式なんだなって思いました。

    義務感でしなければならないことは無いと思ってますが、必要な人にとっては必要なセレモニーなんだと思います。

    ユーザーID:3884036722

  • ひとそれぞれなのは良いけれど

    みなさんの冠婚葬祭への様々な感じ方が分かります。でもそれは、あくまでも自分にとっての冠婚葬祭と言う意味合いですね。

    私にとっては、ひととの関係や社会性を保つ上で意味を置いています。だけれども自分自身には無用だし無意味と思っています。


    ぴざさんへ

    ひとそれぞれなのは、みなさん解っていてレスしていると思うのだけれど。ただね、他人のレスを曲解して「押し付け」だとか「恐ろしい」とかは言い過ぎですよ。

    冠婚葬祭をさも宗教観や思想かのごとく前提にしているは、それこそ自己流の決め付けを押し付けていると思えますが。
    どうですか、正にこの様な言葉尻を捉えた揚げ足取りはいただけないでしょう。

    ユーザーID:4791529658

  • 要するに親戚と会いたくないということ?

    冠婚葬祭が無意味と言いつつ、実際にはトピ主さんご自身認めているように「親戚づきあいなど嫌い」ということでしょうか。

    気が合わない友人、知人とは遠ざかればいいだけです。しかし親戚であればたとえ気が合わなかったり嫌いであっても冠婚葬祭には顔を合わせる必要がある。親しくもない親戚に会いたくない→冠婚葬祭なんてなければいい→冠婚葬祭は無意味だ、という発想になっているのではありませんか。もしトピ主さんが親戚の方ととても親しくて会うのが楽しくても冠婚葬祭は無意味と思うのでしょうか。

    たしかに法事は面倒です。お金も時間も気も遣います。亡くなった方の冥福を祈る気持ちさえあれば儀式など必要ないような気もします。しかし葬式等の儀式というのは亡くなった方のためだけでなく、残された者のためでもあるように思います。最愛の人を亡くせば、それを認めるのが辛い、信じたくないという気持ちになります。しかし葬儀、その後の法事などの行事を通して、亡くなった方と生きている自分はすでにちがう世界にいるということを認め、再確認し、自分の気持ちにけじめをつける、あきらめるという先人の知恵もあるのだろうと思います。

    ユーザーID:2595378059

  • 法事&葬儀

    法事は、江戸時代に檀家制度ができた時、
    お寺側が定期収入を確保するために作ったしくみです。
    お釈迦様は「人が死んだら法事をせよ」なんて、一言も言っていません。
    そういう点では「意味が分からないもの」とも言えますね。

    親類の葬儀は、最近恐くて行けません。
    少し前、おじが亡くなった時、私はインフルエンザで寝込んでいて、
    あとから弔問に伺おうと思っていました。
    そうしたら、親類から電話があり、
    「あそこの家の葬式では、私たちに何の承諾も無く、
    勝手に花輪や籠盛りを注文されて、帰り際に請求書だけが来たんよ、2万円!
    bちゃん、行かなくてよかったよ!」
    私、恐くて弔問に行っていません。

    父が亡くなった時も、結局兄の職場の集まりのようでした。
    しかも、マナー違反の喪服を着ていたり、数珠を切らかしてまき散らしたり、
    「義理で来ているのなら、来なくていい!」
    と言いそうになりました。

    何十年も前、祖父母の死後、介護や相続のことでもめたしこりがあとあとまで残り、
    非常に殺伐とした法事が、何回か続きました。
    孫の立場ながら、何とも言えない法事でした。

    ユーザーID:3084373358

  • 面倒だけど良くできたシステムだと思う

    確かに面倒な面もありますが、葬式・法事はよくできたシステムだと思います。

    葬式は、故人と親しかった人同士で、悲しみを共有できます。
    お葬式がなかったら、いつまでもメソメソしている人や、
    故人を追って死ぬ人が今より増えるんじゃないかな。
    悲しくて仕方なくても、なんとか1週間生きのびれば、
    人はもとの生活に戻れます。
    葬式・初七日を立派に終えてあげなきゃ…と気を張ることで
    一番つらい時期が乗り切れます。
    49日もあれば、大抵の人は悲しみから立ち上がれるから、ひとまず終わり。

    法事は、故人を通じてつながっていた人が会うきっかけです。
    例えば「親が死んでもたまには兄弟集まりなさいよ」ということ。
    人とのつながりという故人からの最後のプレゼントです。
    子供に自分のルーツやいつか来る死の存在を教えるきっかけにもなります。

    ただまあ、死生観や親戚づきあいの重みが、このシステムができたころと
    違ってきているので、トピ主さんのような人がいるのも理解できます。
    特に、義理で出るのは面倒ですよね。

    ユーザーID:1164752694

  • 一つの形式

    お葬式であっても方法は様々です。トピ主さんが無意味と思えるのは数ある形式のその中の一片。私はアリだと思うのでできる限り出席する人間です。

    トピ主さんは冠婚葬祭のみが無意味に思えるのですか?
    例えば入学式や始業式、終業式、卒業式、入社式に忘年会新年会、クリスマス、節分、バレンタイン、結婚式、誕生日、地鎮祭・・・ 無意味なものってたくさんあると思いますが・・・ 上記のものの中には無意味とは思わずに関わっている物もあるのではないですか?
    自分で無意味と思ったのなら、それでいいのでは?
    でも、少なくともお葬式は、故人の親族が「出席して欲しい」と言ったら出席してあげて欲しいと思います。一緒に故人を偲んで欲しいという理由もあるからです。
    どうしても嫌なら、生前から自分の考えをちゃんと伝えておくべき。そうでないといらぬ誤解をされます。

    ユーザーID:3158562162

  • 私の時は家族だけで

    夫と子供たち、妹家族だけでいい。静かに行きたい。無宗教ですし、葬儀の時だけ何々宗というのはしっくりきません。お経も写真も不要。墓も要らない。ただ、他人の葬儀は否定はしません。あくまでも自分の時は、そうして欲しいなと思うだけです。

    ユーザーID:3763093794

  • それぞれの共存

    葬祭や法事の弔辞、親戚づきあいが嫌だというならそれでよいのではないでしょうか。参加しなくても構わないと思います。私は故人を偲んで想いをよせる、という意味合いや、昔からの習慣の意味合や、その他諸々の考えにより尊重する方です。信仰する宗教はありませんが、かといって全く無宗教でもありません。信仰の自由がありますので、信仰しない自由もあるかと。それぞれを強要しないことです。

    ユーザーID:9973232552

  • 葬儀は便利なシステム

    5年ほど前に父を亡くしました
    それまでは葬式なんて不要だと思っていました
    私の思惑はどうあれ家族(喪主含む)は葬式をしないなんて選択は端から無く、ごく一般の流れにのり普通の葬儀をあげました
    父はもう引退していましたが現役時代そこそこの地位にあったため弔問客がかなり来ました
    現役じゃないんだからとお知らせも控えめにしたところ、後から知ったという人が何人も週末のたびに弔問に訪れその対応にくたびれました
    もし密葬なんてしてたらいったい何倍の人数が弔問にきたことでしょう
    考えただけでうんざりです

    葬式一回で済むのならそれが一番ラクです
    流れも決まってるしプロの手も借りられるし「葬式という非常時」だから多少の不調法もごまかせます
    たいへんだけどお通夜と葬式の二日で済むのはありがたいです
    うまくできたシステムだと思いました

    ただし、亡くなったというのが完全に隠せるなら、もしくは弔問客がゼロの予定なら葬儀はしなくてもいいでしょう

    家の場合、葬儀と一周忌は普通にやりましたがそれ以後は家族のみの墓参りとファミレスでの食事と超省略です
    お坊さんも省略です

    ユーザーID:8061899229

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧