年末調整がマイナスでした!

レス21
(トピ主0
お気に入り40

キャリア・職場

みなみ

毎年年末調整で一万円ほどプラスで戻ってきていましたが、今月の給料明細を見るとマイナス二千円になっていました。こんな事ってあるのでしょうか?
国民共済の保険を月二千円ほど払っていますし、会社で手続きもしてもらったはずです。既婚ですが、会社では旧姓で働いているので、ややこしくて人事の手続きミスがあったとかでしょうか?
あと思い当たるのは、体調不良で入院&自宅療養含め一ヶ月程仕事を休みました。その間、傷病手当て金、国民共済からの入金がありました。何か関係あるのでしょうか?
人事に聞けばいいのですが聞きづらいので…。
詳しい方教えて下さい!

ユーザーID:2958768789

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 年末調整の意味

    わかってます?

    同じようなレス山ほどつくと思いますが…



    本来、確定申告するところ
    会社がかわりにやってくれてるだけです。


    毎月の給与は、扶養人数等で概算で
    税金ひいてるので、
    年度末に正しい税額との差額を調整しているだけです。

    年末調整=戻ってくる ではありません。


    源泉徴収票が手元にあるなら
    ご自分で計算してみれば
    正しいかどうか、すぐにわかることですけど。

    万一、おかしいところがあれば
    ご自分で確定申告すればいいんです。

    ユーザーID:0142851394

  • 詳細がわからなすぎる

    人事?経理じゃなくて? 一緒なんでしょうか。

    まずあなたは既婚ですか、未婚ですか?お子様はいらっしゃいますか?
    年末調整が行われたのであれば見るべきなのは、給与明細ではなく、源泉徴収票です。傷病手当は非課税です(たしか)

    源泉徴収票をみればすべてまるわかりなんですけどね。
    ・会社で手続きをしてもらったはず→されてるかどうかも源泉徴収票みればわかります。

    一か月の療養の際の社会保険や給与の扱いもわかりませんのでわかりません。
    源泉徴収票の明細(どこになにが書いてあるか)を教えてくださいな。

    ユーザーID:6430120762

  • 同僚も

    マイナスでした。

    子供手当もらっていませんか?

    ユーザーID:8535051662

  • あってます

    厚生年金とか健康保険とか、いつも普通の金額で表示ですよね?
    たとえば−10000円とかってなってないですよね?
    だったら逆に考えて、−がついてるってことはプラスってことなんじゃないかな??

    何だかわけわからない説明ですね(笑)
    きっと上手な説明してくれるひとがいるはず!!

    私も−になってたので、それでいいんだとおもいますよ!

    どうしてもきになるんだったら、明細と電卓で計算してみたらいいんじゃないでしょうか☆

    ユーザーID:8785792097

  • 会社のミスで

    1月に追加分が、返ってきたことがあります。
    子供の国民年金料を主人が支払った、申告をしてなかったらしい。
    間違ってたことは、こちらにはわかりませんでしたが。

    ユーザーID:4187337112

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 普通です

    年末調整はあくまでも払った税金の調整するので
    支払いがすくなければ
    取られて当たり前です

    ユーザーID:0265338619

  • よかったですね

    マイナスと言うことはその分本来より多くもらっていたということですね。
    よけいにもらっていた分は当然銀行などに預金していたでしょう。
    利子の分儲かりました。
    バブルの時代は、実際これが馬鹿にならなかったので、年末調整や確定申告でたくさんひかれる
    と喜んだ人もいるようです。心情的には分かりますが。

    ユーザーID:7059824445

  • もっと、属性の情報開示を願います

    2011年12月23日 10:23 投稿のにんにん様

    横ですが、
    会社によっては、人事部の中に給与課と言うものがある事もあります。(大手町に本社を持つ大企業ですが)
    経理部や会計部が会社全てのお金関係を見張るとは限りません。

    年末調整については、トピ主さんの属性が判らないと何とも言えません。
    まず、学生なのか、年金受給者なのか、扶養する人が居るのか居ないのか、年金・健康保険等はどうなっているのか。仕事を休んでいる間の給与は?割とプライバシーに関する事を書いてもらわないと正確なアドバイスはできませんが、情報開示できますか?

    年末調整済みの書類をもらっているのなら、月々の給与にて控除されている数字を合っているのか、国税庁のHPの計算方法で試してみて数字が合っているのか否か、確認して下さい。それから、再度アップされた方が良いかと思います。

    ユーザーID:3213623218

  • 返還されるのは所得税です

    傷病手当は非課税です。
    入院も健康保険なので関係ありません。


    所得が多ければ所得税を引かれます。ただそれだけ。
    源泉徴収票がお手元にあれば計算してみたらいかがでしょうか。

    右上に書かれた税額があなたの1年に引かれるべき所得税。
    毎月の金額で引ききれなければ、12月の給与で引かれます。
    もしかして賞与が多かったのかしら?

    ちなみに、明細では控除欄に所得税が出ますので
    還付される場合は「マイナス」で記載されることが多いですが、本当に還付ではありませんか?

    ユーザーID:4542434510

  • 子供さんいますか?

    子供手当が出る代わりに、子供が扶養から外れると所得税額が高くなります。
    でも担当者がそれに気付かず同じ額を給与から引いていた場合、年末調整でその分もってかれるということになるのでは。

    ユーザーID:0964818101

  • 年末に正しい税額を計算しているのです。

    旧姓は、関係ありません。
    傷病手当金は非課税なので、課税額でもなく、源泉徴収票にも記載されません。
    国民共済は生命保険料控除で月額2,000円×12か月=24,000円が所得控除の額に加算されます。

    国民共済からの手術、入院給付金は非課税で、そもそも会社とは関係ありません。

    考えられるのは、入院、自宅療養時は欠勤となったため、会社からの給与の支払額が少なく所得税の徴収額が少なかったため
    年間の課税支給累計額に対する源泉所得税が、月々の徴収額累計より少なかったのだと思います。

    そのため、今月精算し調整したということです。
    おそらく間違いではないと思います。

    所得税は給与所得により税額が違うので、ここでは示せませんが
    国税庁のホームページなどで確認してみてください。

    ユーザーID:7405496490

  • 所得と扶養者が関係してるのでは?

     去年・おととしはボーナスが結構でました。そのせいでしょうかね?マイナスになりました。

     今年はボーナスがあまり出ませんでした。少しだけ返ってきました。


     ちなみに、うちは子供手当て貰ってます。

    ユーザーID:9666768971

  • マイナスは控除欄に?

    扶養家族が減る等でなければ、年調で還付ではなく徴収されることはあまり考えられませんね。

    トピ主さんの仰る明細にマイナスの部分ですが、給与明細の控除欄・・・源泉税の枠・・・にマイナスが記載されているのであれば、それは還付って事なのですが。
    それにしても昨年までは還付が一万程で今年は二千円程なのは合点がいきませんね。

    あとヨコレスですが・・・
    >子供の国民年金料を主人が支払った、申告をしてなかったらしい。
    >間違ってたことは、こちらにわかりませんでしたが。
    と仰るかあちゃん様。
    会社ではご主人がご子息の国民年金を払っているかどうかなんて把握できません。
    なので会社への報告・・・年調用の保険控除等の申請用紙・・・は明らかにおかしいと思われる場合以外は提出された通りに年調処理をするしかありません。
    私(経理兼総務事務員)はパートアルバイトにも自作で分り易い掲示物で正しい申告をお願いしていますが・・・残念ながら理解してもらっていない部分もあります。
    損をしない為には自己で個々の知識を増やす事も必要です。

    ユーザーID:1861691989

  • 勤続10年で初めてプラスでした

    今年は、育児休暇を取っていたこと、
    ローン減税があったことが重なり、
    初めて年末調整がプラスでした!

    今まではいつもマイナスだったので、
    ちょっと嬉しかったですね〜。

    5年ほど前なんて、
    年末調整のために、12月給与がマイナスだったことすらありましたから…。
    1月給与分からも差し引かれましたよ。

    だから、マイナスなこと自体は、
    別に特殊なことではないですよ。

    ユーザーID:4100009719

  • ボーナスの税率でしょうか?

     毎月の給与から源泉徴収していくと、扶養の人数が途中で変更になったり、本人又は扶養親族に障害者がいるとか、本人が寡婦などなければ、年末調整で、取りすぎた源泉所得税を返金することになると思います。

     しかし、たまにいるのが、ボーナスの税率は、前月の給料及び扶養の人数で決まるのですが、この税率が低くて、最終的な年間の収入に対しての税率よりかなり低かった場合、追徴課税になるケースがあります。

     人事をやっていた頃に、追徴に納得いかない方に、毎月の給与やボーナスをすべて確認していくと、ボーナス時の源泉所得税額が少ないケースが多かったです。

     仕事を休んだ月がボーナスの前の月だったりすると、ボーナス前の給料が少なくて税率が抑えられていたかもしれません。

    ユーザーID:6346053000

  • レスします



    すてみさんと同意見で、賞与直前の給与額が少なかったのかと思います。
    しかし実際の賃金台帳と年末調整書類を確認しなければ絶対にわかりません。
    担当者に聞き辛くても気になるなら確認してください。
    本人は保険料控除証明書の添付したつもりだったけど実は添付されてなかった等、書類不備はよくあります。

    あと506さんのおっしゃるとおり、控除欄にマイナス表記だったら還付されてるはずですよ。

    ユーザーID:2615375024

  • ボーナスが多い??

    私の旦那は、ここ2年ほど、年末調整でマイナスされてます。
    月々の給料は、年相応ですが、
    年2回のボーナスは、毎回楽しみなくらい多いです。
    それが、理由らしいです。

    ユーザーID:2723279089

  • ありますよ。

    私は給与計算をやっていたことがありますが、よくあることです。
    年末調整は返ってくるものと思っている人も多いですので、
    聞きにくる人もたくさんいました。

    しかし、1月の人事課は目の回るような忙しさだったので、
    なかなかゆっくり説明はしてあげられませんでした。

    人事の方に聞くのもいいですが、この機会にネットで計算を学んで、
    自分で計算してみるといいと思います。
    それほど難しくはありません。
    色々なサイトがありますし、フリーソフトもあります。

    なお、年末調整で追徴されるのは、扶養等に異動があった場合が
    多いですが、
    毎月の給与やボーナスの絶妙な割合でそうなったらしき場合もありました。
    変更がなかったのに追徴の場合は、パソコンでの自動計算の後、
    控除等を確認して再計算(時には手計算も)するのですがやっぱり結果は変わらないんです。
    原因追及したことはありませんが、他の方がレスされているように、
    ボーナスの税金が鍵だったのかもしれません。

    ユーザーID:4011660075

  • ありますよ

    計算の仕方くらい、税務署にでも聞けば教えてもらえますから、納得いかないなら自分ですればいいけど。
    一番単純なミスは、扶養家族の増減です。
    子供手当がある分、所得税では扶養家族としてカウントされません。
    後、住宅ローン控除があった人って、減税が大きいのですが、それがなくなると、急に負担率が上がったように感じる人多いですね
    人事の手続きミスなんか、こちらで聞いても誰も分かりませんよ。
    国民共済を月二千円払っているのがそんなに控除に大きく響くとは思えませんが?
    貰った源泉徴収票と自分の控除されるべきものを照らし合わせれば、合っているか間違っているかはすぐ分かりますよ。
    誰もあなたの控除されるべき物をしりません。
    私はこういう「どうしてとられる」と言う文句が出るのが分かっているので、配偶者控除なんて年末までわかりませんと言われたら、月々の源泉徴収を多く引く(妻を扶養から外しておく)様に指導しています。
    後から返る分には文句はないけど、出せと言われると文句言う人がいるから。
    どっちにせよ、損も得もないんですよ。

    ユーザーID:8559270975

  • 追納はあります。

    年末調整はたいていの場合、大目に控除された源泉徴収分を還付しますが、
    まれに不足金額分を追納します。
    給与支給時に調整される場合が大半だと思いますが、自分の会社では
    年末調整分を現金で精算するので、還付される人は現金で受け取り、
    追納する人は払い込みに行きます。
    先頃の年末調整では数万円追納した人がいて渋々払い込みに行っていましたよ。

    ユーザーID:8557853320

  • 役職上位者はマイナスが多い

    私はもう会社を退職しております。会社に在籍していた時には、若い頃は年末調整で結構戻ってきていましたが、40を過ぎてからは普段の月より税金を多く引かれるようになりました。いつもより20万も多く取られたと嘆いている部長もいました。
    そのような苦情が多いためか、ある年から12月のボーナスで引き去る所得税をマニュアルで計算した値より、課長はボーナス総額の3%、部長は5%を上乗せして引き去るようになりました。
    私が勤めていた会社の給与体系だと、マニュアル通りにやると、平社員だと年末調整でプラス、係長でトントン、課長以上はマイナスということになります。
    トピ主さんが去年までプラスだったのが、今年マイナスになったというのは、ご病気で一か月程仕事を休まれ、その間の収入や税金等の処理の詳細がわかりませんがその関係でマイナスになったのだと思われますが。

    ユーザーID:3388040044

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧