現在位置は
です

発言小町

新しいトピを作成
本文です

父の奇妙な食餌療法。このままでいいの??

YN
2011年12月24日 10:26

父が友人(医師)に、糖質0で1日1食の食餌療法を勧められています。
今の所は1日1食で糖類と炭水化物を絶ち、減酒しているようですが、
冠動脈に詰りが見つかりステントを入れることになったことで
この療法を更に徹底すると言います。本当は果物や人参も禁止だそうです。

父はこの方法で大幅減量しましたが、筋肉もだいぶ落ちたように見えます。
私は糖類・栄養が足りず、筋肉が落ちてるのではないかと思いますが、
そんな馬鹿げたことはことは起こらないと言います。
また私たち家族は、1日1食の食餌療法に甘んじて肉中心の食生活になり
ステント手術に至ったのではと思いますが、さぼりがちだったせいだ、
詰っているのは糖だ(確かにたまに食べていました)と言います。
また父は言いませんが、母曰く腎臓機能もだいぶ低下しているそうです。
さらに実は春頃、一時的(24時間程度)な記憶喪失にもなっています。

家族はその手法にとても疑問を感じていますが、父もその友人も頭がよく口がたち、議論しても太刀打ちできません。誰か、この食餌療法について専門的な意見をお聞かせ願えないでしょうか?本当に父はこの方法を取り続けていていいのでしょうか?

以下父の主張です。
エネルギーは糖分を燃やすのでなく、蓄積脂肪を燃やして得るのが自然。糖分は何のためにあるかというと、非常事態、例えばアスリートが競技をやる場合などに必要とされる。脂肪では追いつかない。糖分はg当たりのカロリーが高い。普通の生活では蓄積脂肪を燃やせばたりる。
朝食も昼食も必要以上の栄養である。夕食一食だと自ずと限度があるため適正量となる。父はこれまでその一食にやや食い過ぎていたのがステントにつながった。一日三食と言うが根拠は一度も聞いたことがない。一日一食は足りない人は、蓄積脂肪じゃなく摂取糖分を燃やして生きているせいだ。

ユーザーID:9494950213  


お気に入り登録数:31
  • 携帯に送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トピ主のレスのみ
レス数:6本
トピ主のみ(6)ほかのレスも表示

このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました。
タイトル 投稿者 更新時間
父について
YN(トピ主)
2011年12月26日 7:21

みなさま、お返事を下さり本当にありがとうございます。
当初は、何であれ父が食生活の改善に興味を持ったことに喜びましたが、
三食食べたい様の宗教問題であるというご意見、今は心底身に沁みます。
最初にしっかり反対すべきでした。後悔しています。

いくつかご質問頂いた点についてまず、お答えします。

父と友人について
父は60代後半、不摂生が祟り若い時から高血圧と痛風を患っています。
友人医師は古い友人で遠方に住んでおり、主治医ではありません。
今や父は主治医の診断は話半分で、友人医師に全幅の信頼を置いています。
他の医師の話は聞く耳を持たないので、主治医ももう何も言いません。
というより、最早主治医ではないのかもしれません。
2人で、〜という理論だからあの医者は間違ってる、
〜という考えでやってるからこの方法で間違っていないという風に、
自己診断(?)という感じです。もうトホホです。
なので、腎機能についてもも本当の状態は誰も知りません。

続きます。

ユーザーID:9494950213
父について2
YN(トピ主)
2011年12月26日 7:35

-父の運動量について
実家が事務所で、トイレ以外ほぼ1日座りきりの仕事です。
年に数回サイクリングの遠出と、週に数回ウォーキングしているようです。

-父の食事について
私は実家を出ているため、今度母に確認してみます。
ただ、父はこの食餌療法を完全には実践していません。
糖類を含む野菜も摂っていますし、果物も摂っていますし、
夜に気付くとパンを貪っていたりします。

父がこの食餌療法にはまっている理由
大変理論的だと信じており、反論すると独学で得た半端な知識で
執拗に対抗してきます。ちょっとバカにしながら。。。面倒臭いです。
そのため、セカンドオピニオンや今回の入院も効かず、
父を説得するには理論しかありません。
また最大の利点は、糖類を減らせば夕飯をたっぷり楽しめることです。
お酒(糖質0ビール)も休肝日はほぼありません。
しかし今回の入院をきっかけに、より一層徹底する気になっています。
さらに実感として体調がよいというのも大きく父を後押ししていますが、
私達はこれは痩せたせいだと思っています。

でもこんな父でも、本当に体が心配なのです。

ユーザーID:9494950213
お返事1
YN(トピ主)
2011年12月26日 8:44

皆さま、お返事を頂きありがとうございます。
今回の入院・手術が急なことだったため、実家はあたふたしており、母に確認すべき点はもう少し先になりそうです。申し訳ありません。その間に皆さまにお礼を申し上げようと思います。もう少しまとまったら、父への返事を添削して頂きたく思います。宜しくお願いします!!

同業者様
同業者の方とはありがたいです!追加情報をご一読頂けたら助かります!

勉強不足の医者様
脂肪ばかり燃やすとケトン体がたまるとは、説得の糸口になりそうな希望の光を感じます。もう少し詳しく教えて頂けないでしょうか?すみません。

ころ様
まさしく、グルカゴンが稼働しやすい体にしてグルコースを消費する体質になりたいのだそうです‥(何じゃそれ?)。グルコースは肝臓と筋肉にあるもので、それと脂肪燃焼のつながりが私にはさっぱりわかりません。関連性がわかる方いらっしゃいますでしょうか?

イチロー様
実践者の方なのですね!助かります!糖質0は、私が心配するよりずっと世間に普及しているのでしょうか?腎機能が弱い人は何が起こり得るのでしょうか?

ユーザーID:9494950213
お返事2
YN(トピ主)
2011年12月26日 8:50

というより様
友人医師は、会話中に急にスクワットを始めるほど鍛えています‥。普通の夕食の席で、急に立ち上がって始めたそうです。父の薬は高血圧の薬は続けているようですが母に確認してみます。糖尿病や高脂血症はまだ患ってはいませんが、亡き祖父は糖尿病でした。

三食食べたい様
このHNは、2人に見つかったら総叩きに合いそうです。友人医師は主治医ではありません。ここもまた厄介です。また、顎が外れ腰が抜けるほどに不愉快な人物らしいのですが(家族談・私は会ったことがありません)、父は友人として好いており、彼は世の中にもっと認められるべきだと主張しています。

ユーザーID:9494950213
お返事3
YN(トピ主)
2011年12月27日 14:45

皆さま、お返事いただきありがとうございます。

mimi様
母と主治医(母の主治医でもあります)は、父について何度も話し合い、既に匙を投げられた状態だそうです。もう主治医ではないのかもしれません。

というより様
母に確認したところ、高血圧の薬は勝手に止めかなり詳細な血圧グラフを自らつけており、痛風の薬は飲んでいるそうです。友人医師に詰め寄るべきかもしれませんが、父以上に会話の難しい方です(急に恫喝したりします)。対峙して会話が成り立つ自信がありません。。。

素人ですが様
確かに友人医師はボディビルダーみたいだそうです。そして父は、自分に都合のよい解釈と乏しい知識で食事制限をしています。しかし今回の入院でさらなる徹底するつもりになっており心配しています(一方で父にできるわけがないとも思うのですが)。

ユーザーID:9494950213
父への進言
YN(トピ主)
2011年12月28日 9:41

皆様に頂いたお返事を参考にして、ネット検索を頼りに父への進言をまとめてみました。実際は普段通りにもう少しマイルドに書くつもりです。不正確な点がもしあれば、訂正して頂けるとありがたいです。お手数ですが、宜しくお願いします。

1日1食では、必要なカロリーや栄養素が足りない。あと、3回に分けとけば、あまり考えなくても必要十分量摂れる。総摂取カロリーを減らすのはいいことだが、1食より3食の方がよい。
脳だけは、糖エネルギーが必要だから、糖0なら肝臓と筋肉に貯蔵されてるグルコースを使うしかない。その結果、筋肉は重いので体重は大幅に減る(筋肉が落ちてる)。また、体のエネルギーを脂肪に全部任せると、ケトン体が多量に生産され最終的にケトーシスを引き起こす。通常糖質0ダイエットは、腎疾患のある方はやらないようにと注意される。
最後に、糖質ゼロ食事療法は特に目新しくなく、すでにケトジェニックダイエットとして知られたもの。血糖値が下がり、糖尿病の状況が一時的に好転したように見えるが、長期的に健康になるかどうかは否定的。米の代わりに肉でエネルギーを取るので、高脂血症や心筋梗塞・脳梗塞が起こりやすい。

ユーザーID:9494950213
 
トピ主のみ(6)ほかのレスも表示

現在位置は
です