学生時代の友人たちが嫌でたまらない

レス26
(トピ主1
お気に入り52

家族・友人・人間関係

art

20代女性です。
地方都市から首都圏へ出て働いてます。

お盆・お正月など、地元も友人グループからメールが回ってきて「皆で集まろう」との話になります。これまでも都合がつけば集まりに出席していました。
しかし、最近ではメールが回ってくるのですら嫌悪感を覚えるようになってしまいました。
理由は、
地元でそのまま就職し、実家暮らしの友人の世間の狭さ。
結婚しても実家依存で毎日実家通い。話題も子供や実家の家族のことばかり。
職場が自分に合わないと転々と職を変えては文句ばかりいう。
アルバイトしかせず、一切の生活を実親に頼っている。
恋愛がうまくいかず、縁がないのはすべて相手のせい。
等々、自分と価値観の合わない部分が顕著に感じるようになったからです。

友人たちがすべて悪いとはいいませんし、他人の生活スタイルに文句を言いたい訳でもないのですが、
とにかくこれらの友人たちと関わるのが嫌でたまらなくなったのです、自分でも不思議なぐらいに。

メールが回ってきても、急に素っ気なくなった私に不信感を持ち始めた友人もいると思います。このままだと疎遠になると思います。

友人たちと縁を切りたくはない、しかし、付き合いも苦痛なのです。
すごく苦しい気持ちなんです。

私、どうしてこんな感情になってしまったのでしょうか?

ユーザーID:0632494018

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 環境が変わりすぎたから

    トピ主さんの環境が変わりすぎたのでしょう。
    友達は一生付き合っていかないといけないものではないですよ。
    そういう目で見られる友達もかわいそうです。
    トピ主さんだって疲れるでしょ?
    上手く対処してフェードアウトでいいのでは?

    ユーザーID:2311533290

  • 首都圏に出て働いてることが素晴らしいと感じているから。

    ではないでしょうか。

    私は、実家が首都圏だったので学校卒業後も実家から職場へ通っていましたし、学生時代の友人もほとんどみんな実家から会社へ
    通っていました。実家から通うのって経済的に有利だし良いと思います。結婚にともない、地方都市に異動希望を出して今は地方都市にいます。
    卒業後アルバイトの人や、結婚して子育てに一生懸命な人、勉強を続けている人、友達にいろいろといましたが、
    たまに会ってそれぞれの話を聞くのが楽しいです。
    みんな同じ価値観な訳ないんだし、それぞれが違うことを認めて、生き方の違いを楽しめばいいのではないでしょうか。
    それで自分の幅も広がると思います。

    キャリア思考は自分がそうで、それが良いと思っているからその人生を選んでいるけど、友人もそうあって欲しいなんて思いません。同じ考えの人とだけつるんでいても片寄ると思うので私だったら嫌だなぁ、、

    ユーザーID:8044301714

  • レスします

    友達関係って流動的だと思います。
    似たような価値観を持ったものが友達になります。
    学生時代はそれなりに楽しく過ごした友人達だったけど、今置かれている環境や価値観が違ってきている。
    そんなもんですよ。
    学生時代の友人関係はいつまでも続くのは現在も似たような価値観にズレが少ない事だと思う。
    離れすぎても、仲間内で嫉妬があったりしますから、ストレスを感じる場合もあります。
    今のあなたには学生時代の友人関係に疲れを感じている。
    無理にお付き合いはしなくても良いのではないでしょうか?
    いきなり縁を切る事はせず、仕事が忙しいからと付き合いを頻繁にせず位が良いと思います。付かず離れず位。
    将来何かの機会で仲間内で盛り上がって付き合いがはじまる場合もあるので。
    悪い言い方だけど、昔親から友達は選べと言われた意味がわかるような気がします。
    今のあなたにその友人達はいい影響を与えないような気がします。

    ユーザーID:4385444375

  • 私も嫌悪感。

    同じです!
    私も地元友達に嫌悪感があり、もうン十年も交流を持っていません。

    高校→就職→結婚、すべて地元の「地元張り付き型」です。

    私は高校から私立で、電車で通学し、いろんな地域から通う友達ができ、
    大学も行って就職も地元から離れたため
    地元族より知見が広められたと思っています。

    知り合う人の幅や、知識を得る機会の多さに違いを感じます。

    ユーザーID:2745852981

  • きっと

    トピ主さんが、いろいろ経験をして成長したんですよ 年齢が近い友人だと、尚更感じる時が来ますね。 それは、トピさんが社会や人間関係や多くのものを吸収して、いろんな考え等を理解して周りの同級生よりも大人になったんですよ。 私にもありました。 事務系の仕事を10年以上してる友人ですが、いつも会社の人の文句ばかり言ってましたが、結婚でやめる同僚の悪口や、身内の不幸による欠勤に対しても悪口を言うので、一喝しました。 幸い、友人には自分を見直す精神が備わってたので改善され今は、私が見習わせてもらってる。しかし、トピさんは同級生を切る事はやめて、少し感覚を空けて付き合っては?切るのは、いつでもできる。

    ユーザーID:0403462462

  • わかるわかる!

    基本的に人のせい、文句ばっかり、で、何がしたいの?って人が周りに増えた…
    古い付き合いだと、感情のゴミ箱的存在になってしまうのでしょうか(苦笑

    ユーザーID:0111642147

  • いつまでも変わらぬ友情なんて幻想

    他の方仰るように環境が変わりトピ主さんが成長してそれまで同調していた友達と合わなくなっただけ。
    いつまでも同じ井の中の蛙だったり成長の歩調が合えば楽ですけどね。
    私は首都圏に住んでいますが、学生時代の友人とは縁が切れました。
    いつまでも学生気分で遊んでばかりの(一人暮らし経験あったり、仕事も結婚も出産育児も諸々経験しているはずですが)彼女らに疲れちゃってこっちから逃亡しちゃいました。
    今は友人は少ないですが会えば前向きな目標を語り合える人しか周りにいません。
    そりゃ弱音を吐く時もありますがね。
    トピ主さんは人間関係の過渡期を迎えたんでしょうね。
    私も一つの人間関係が変わる時に同じような感情を抱きました。
    地元の友達ですから縁がきれないように程よく付き合いを縮小して完全に切らないようにだけ注意してください。
    じじばばになるとしがらみが取れて昔話したくなるらしいと聞いて、私は若気の至りでプッツリ途絶えてちょっと後悔。
    ヨボヨボの年寄りになった時に友情再開するキッカケを失ったなと。

    ユーザーID:1671672515

  • 優しさがない

    都会に出て色んな人生経験されたのは立派だと思いますが、ただ

    貴女には思いやりとか優しさがないのだと思います。

    これからは人格を養って下さい。

    ユーザーID:2249685404

  • 気にしなくていい。そんなもんですよ。


    人はそれを成長とよぶ(笑)

    ユーザーID:4682767678

  • 「忙しい」と言って会わないようにする

    私の学生時代の友人も残念な歳の取り方をしてしまいました。
    大人相応の落ち着きがなく、いつまでもハイテンション。
    しかも自己中。

    休日に会うとドッと疲れます。
    電話がかかってくると「出たくない!」って思います。
    電話を取ると本当にやかましい…。疲れます。
    何度も「いい加減にしなさいよ!ちょっとは人の迷惑を考えたら?」と出かかったことか。

    縁を切るとか決定的な行動に出るのは、それはそれでストレスになるので、私は「ごめんね。ちょっとここ最近忙しくて」で通しています。
    そろそろ避けられていることに気づいているかな。
    でも、気づかれてもいいんです。平穏な生活が送れるから。

    尊敬できなくなったら、友人をお休みするのはアリだと思いますよ。
    そこに罪悪感を持つ必要もないです。

    ユーザーID:0900144970

  • そんなもんでしょう

    御友人とのお付き合いがいつから始まったのかわかりませんが、それぞれが生活していく環境が違えば、考え方や価値観の違いが生まれてくるのは当然のことですよね?
    その過程でお互いに付き合いのスタンスが変わっていくのも、結果として疎遠になってしまうことも仕方が無いことだと思います。
    それは幼馴染だろうが、学生時代だろうが、同じです。
    自分の気持を無視して、無理をしながら同じスタンスで付き合っていても、お互いに気持悪いだけでは?
    どちらかが良いとか、悪いとかいう問題ではないないと思いますよ。

    ユーザーID:0753429224

  • 同感です

    私も地方出身で都心で暮らしています。

    トピ主さんにほぼ同感です。

    でも、そういう友人たちがちょっと羨ましいです。
    頼れる実家・戻れる場所があるのですから。
    私は帰れる所がないから、新しい場所で頑張るしかなかった。

    私が地元の友人に一番イラっとしたのが、
    都心に遊びに来るときの無料宿泊所にされた事です。
    しかもワガママで文句ばっかり。
    あそこ行きたい。ここで食べたい。などなど。
    二度ほどあって、「利用するだけなら止めて」と言ったら
    即行、縁を切られました。

    全員と縁を切らずとも、信頼できる友人とは連絡をとってみては?

    ユーザーID:7912872478

  • 要するに

     「地元から一歩も出た事がないような田舎者は世間知らずで視野が狭いから付き合ってられないわ」って事でしょうか。そういうご自分も今は都会にいるというだけで元々は同じ田舎者な訳ですが。

     トピ主さんは全くの無意識かもしれませんが、友人達を物凄く見下している感じがしてなりません。「私は都会に出てイキイキと働いているのに…」みたいな。縁を切りたい訳ではないというのは自分だけ仲間はずれにされるのは怖いという事ですよね。でもそこまで見下している人達なら縁が切れてせいせいするのではないですか?きちんと精神的にも経済的にも自立している都会の人達と仲良くすればいいのだし。

     田舎出身の人に一定数見受けられる事ですが、田舎を出て都会にやってくると自分は何か特別な存在だと勘違いするのか、田舎を馬鹿にするようになる人っていますよね。そういう人は恐らく出身地が田舎である事にコンプレックスがあるのではないかと思います。トピ主さんもそれと同じで、だから「私は彼女達とは違う」と思っていたいのでは。

     無理に田舎の友達とお付き合いしなくても、都会で価値観の合うお友達を作ればいい事だと思いますよ。

    ユーザーID:1000163467

  • 判ります!

    私も大学で東京に来てそのまま就職しました。

    中学時代の友人とは一切連絡を取っていません。
    「女はこうあるべき」とか「都会暮らしは」と言う会話を聞いて
    もうダメでした。
    また子育て+専業主婦の期間を経て激務のフルタイム勤務に戻ったあと、
    昔のママ友達で今も専業主婦との会話は時間の概念や考え方が違いすぎて
    イライラする自分が居ました。

    何時の間にこんなになってしまったんだろうって。。。
    寂しいですけど人って環境で変化します。

    ユーザーID:0595269818

  • 仕方ない

    新しい土地の空気の居心地が良く感じているのでしょう。
    地元に張り付いている視野の狭い人がうざったい。
    そういう時期があるのは仕方ないと思います。

    30代、40代になった頃、都会の知り合いとの付き合いに疲れて、地元の友人が懐かしく愛おしく思える時期が来るかもしれません。
    例えば、結婚して子供ができて専業主婦になった時。
    そんな時に、地元の友人グループの中に同じ価値観の人がいて、学生時代の頃よりも仲良くなったりするかもしれません。

    縁を切られないように、「今、すっごく忙しくて連絡すらなかなか取れずにいてごめんね」
    と言っておけば、いざ友情復活したい時に戻れると思います。

    いつも「仕事が忙しくてさー」と言っている友人には「今はそっとしといてあげよう」と連絡を控えめにするものではないですか?

    ユーザーID:2214379703

  • さぁ・・・

    首都圏へ出た私にどこか優越感を感じていて、
    友達たちの地元臭が嫌なんじゃないですか?!見下してません?!

    まぁ、環境は変わるものですし。
    環境が変われば友達が変わっても不思議ではありません。

    地元友達と疎遠になって、いずれ誰もいなくなってから気づくんじゃないですか?!

    どうぞご自由に。

    ユーザーID:1964278625

  • ラッコさんよ、それは違うよ

     トピさんの気持ちは、経験しているのでよくわかります。 ラッコさんの思い込みみたいに、都会に住んじゃってカッコイイ私、なんてトピさんは思っていませんって。

     狭い世間の中で人生が終わる友人の価値観の狭さは、説明したって経験したことない人にはわからないかもしれないですね。 どう狭いか、比べた事がないから、広げる必要も感じないし、わからないのです。

     小さい循環の中で生き続ける生物のキットを、たまお店で見かけます。 それを見ている自分は「こんな小さな環境で一生を終っていくのね。この生物は幸せなのだろうか?」って感じるのと同じ事です。

     世の中には、広く知ってしまうと戻れない世界もあるってことです。 やむお得ない事情、あるいは進んで戻ったとしても、その場所に魅力がなければ苦しいだろうなあ。

    ユーザーID:5198838434

  • まあよくあることです。

    30代子持ち主婦です。

    学生時代の友達は段々合わなくなってきたなと思うことありますよね。
    それぞれ違った環境に身をおいてるうちにそれぞれ変わっていきますし自然な事です。
    ただトピ主さんの文章からはなんだかずっと地元で結婚・育児なんてつまらない人生だって思ってるふしが
    あるような気がしました。
    私自身20代はずっと仕事をし30代になってから育児・家事をやるように
    なりましたが子供を育てるってなかなか大変なことだと思います。
    文句ばかり言ってるだけの友人であれば疎遠でいいと思いますが
    生活スタイルが違うからというだけで疎遠になっていくのはもったいないと思いますよ。
    それぞれの人生があるのだからそれぞれの生活を尊重し合えないと
    この先30代になっていったときますます友人減ってきますよ。
    とりあえず友人とは遠くに住んでいるようですから今回は帰省の日にちが合わなくて会えないわって2回に1回は
    断るようにしたらどうですか?そのうち会いたくなったらもっと会えばいいと思います。

    ユーザーID:1286890439

  • 友人関係は変化するものです

    その時の自分の環境により、変化するものだと思います。
    既婚・未婚でも共通点は少なくなりますし、子どもの有無でも、変わってくるでしょう。
    それは仕方のないことだと思います。
    でも、かけがえのない旧友ですので、細々と連絡は続けてはどうでしょうか。
    直接会うことはしなくても。
    また、何年か経って関係が変わってきて、楽しめるようになるかもしれません。
    ただ、気になったのは、都会に出てきているから素晴らしい、ではないと思います。

    ユーザーID:2571622642

  • 何と言いましょうか…

    私は結婚時に引越しをしてある都市に住みました。
    生活も田舎での生活とは違い刺激がありました。
    地元を離れてみると、地元密着の友人と今の友人達とは何がが違うのです。
    これはいったん地元を離れてみないとわかりません。
    その地域独特の価値観とか、方言とか(地元の友人は標準語に近いと思っているようですが)、ファッションとかね。
    今は新しい友人といるのが楽しくて、地元の友人達に価値観についていけないのは仕方ない。あなたが地元の友人が嫌でたまらないと言うならば、友人達もあなたに似たような感情をもっているのでは。
    縁を切るよりは細く長いおつきあいをお勧めします。
    女性は結婚、出産、子育てと環境が変わるので価値観が変わってきます。また接点があれば地元の友人達と交流したいと思う時がくるので。
    長く交流を続ける事の出来る友人は、お互いの価値観を尊重出来る人だと思います。

    ユーザーID:4385444375

  • 頭を切り替えればいい

    東京生まれの東京育ち、都内の企業勤務女性です。
    地方出身者と話していると価値観が合わないと感じることがあります。
    トピ主さんが東京での暮らす自分と地元から出たことがない人たちとは何か違ってしまっていると思っているように
    東京生まれの東京育ちの人たちからはトピ主さんのような地方出身者ってこの人なんか違うと思われているんじゃないかな。
    出身地だけじゃなくて東京生まれの東京育ちでも、中高一貫校から大学へ行った側からすると公立出身の人たちにも、違うと思ってしまうこともありますし
    同じ大卒でも専門職と一般職では、やはり違いを感じますし。
    入った集団の中で違和感を覚えないことのほうが珍しいのでは?
    嫌なら、もうかかわらなければいいですよね。仕事じゃないんだし。
    いずれ地元に戻ることになったときに備えておきたければ、違和感あって当たり前ぐらいに思ってればよいかと。
    東京にいると地方出身者とのかかわり、多いですから、違うなと思ったことはあっても、違いを気にしたことはなかったですね。つきあわなければいけないのなら価値観が違う人だと頭を切り替えてつきあっています。

    ユーザーID:1920717560

  • ぎゃくもまたしかり

    大学時代のみ首都圏ではない中堅?都市で過ごし、現在完全な地方で過ごしている主婦です。

    まだ、未婚の友人もいるのでたまに学生時代の友人で集まりますが…
    首都圏で働いている友人たちからは、地元で暮らすことへのうっすらとした恐怖感(言いすぎですが)を感じます。
    狭い世界でよく暮らしていられるね、という憐みを必死で隠そうとしているのを感じます。

    でも、いいんです。
    私(たち)は都会に行きたいけど行けなくって我慢しているわけでなく、
    狭い世界の幸せで十分満足しているので…

    自分が育って環境で子育てできるのは嬉しいですよ。
    気候にも恵まれず、陰気くささぬぐえぬ田舎ですが、
    家族や慣れ親しんだ狭い世界を私は愛しています。
    「狭い世界の中だからこそ見つけられる何か」もなくはないのではないかなあと思ったり。

    会えなくなるのはさみしいけど、それもまた時の流れの中では仕方ないこと。
    いつかまた再会できるまで、私たちは地元での人生を過ごしております。

    ユーザーID:8582897708

  • トピ主さんの気持ちがわかる

    >「地元から一歩も出た事がないような田舎者は世間知らずで
    >視野が狭いから付き合ってられないわ」って事でしょうか。
    >そういうご自分も今は都会にいるというだけで
    >元々は同じ田舎者な訳ですが。

    そう、元は同じ田舎者なんだけれども、そのあとが違うから受け入れられない。
    ただそれだけのこと。

    私は東京生まれの東京育ちで、
    現在は東京から500キロ離れた地方都市で働いています。
    すると、たまーにトピ主さんの言うようなことを実感する機会があります。

    別にトピ主さんに問題があるわけじゃなくて
    お互いにそのような生き方を選んだだけなんですよね
    相容れない・交わらない、というのも仕方ないことです

    田舎はやはり田舎ですよ

    ユーザーID:7492852962

  • トピ主です。ありがとうございます。

    皆様、たくさんのご意見ありがとうございます。

    同じような気持ちになったことがある方、もっと優しさを持ってとおっしゃる方、
    いろんな価値観があると感じる方、疎遠にするのに急がないでという方、、、
    皆さんのご意見、いろいろと勉強になりました。

    自分のいる世界、また違う世界をも受け入れる心の広さが自分にはまだないのだなぁと思いました。
    少しずつですが、広い心になり、もっと優しさをもって人の接することのできる人になりたいと思います。

    友人たちとは、無理せず、今は少し距離をおき、また一緒に集えるようになる時がくれば、たくさん話をしたいと思います。

    ユーザーID:0632494018

  • では…

    都会に出たからって広い世界にいるわけじゃないですよね?都会で自分に合う人とだけ付き合ってたらそれもまた狭い村社会です。たとえグローバルな会社にいたとしても自分がその会社のことしか知らなければそれも村です。両方の価値観を受け入れられて初めて都会に出て価値観が広くなったと言うと私は思います。

    ユーザーID:1197558183

  • >狭い世間の中で

    都会だろうと田舎だろうと
    狭い世間は同じでしょうに
    都会に出たからといって
    平凡な女性の世間はそんなに広くはないでしょう。
    経験できることも、一人暮らしなら限られますし
    田舎の実家暮らしのこの方が、お金にゆとりがある分
    色んな経験を出来ているかもしれないですよ。

    田舎の子が都会に行って
    田舎に帰ってきて都会風をふかして見下す
    よくある視野の狭い人の一人に過ぎないと思いました。

    ユーザーID:9823832887

レス求!トピ一覧