負けず嫌い!!

レス5
(トピ主1
お気に入り9

妊娠・出産・育児

もち

こんにちは、小1の娘の事でご相談です。
今年の冬休みに縄跳びの練習で前跳びからあや跳び・二重跳びへとプリントを渡され今元日でも練習しています。後ろとびの回数が少なく、「前は○回とべたのに・・・」と言いながら、「悔しいよ〜」と自分に怒ったり、「も〜ヤダ!!」と言い、縄跳びを道路に投げつけて、大泣きします。
この性格はどうやって良い方向にもって行ってあげればいいのでしょうか?

ユーザーID:1816759500

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数5

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 家の小1男児も同じです♪

    もちさん、あまりにウチの小1息子とお嬢さんが似ているので思わず出てきてしまいました(笑)。

    じゃんけんで負けることすらイヤ!(汗)
    どの習い事の先生にも「負けず嫌いですよね」と苦笑まじりに言われるウチの息子ですが、逆に考えれば向上心があるんじゃないかと親バカに考えています。

    たぶん、ですがこういう子どもに「負けるのも勉強なんだよ」とか
    「2番だっていいじゃない」と言っても
    焼け石に水だと思うんです。否定されたような気になるというか。

    なので、私は、例えば漢字の練習などでも
    「ほんの少しだけ」難しい問題を(例えば今だったら2年生の1学期に習うような)
    ちょっぴり大げさに「ほら!チャレンジ問題だよー」
    とか言いながら1年生の問題に織り交ぜてさせていますが、そうすると目を輝かせて漢字の練習してくれます(笑)。

    実は私自身もかなりの負けず嫌いだったので
    気持ちはわかるんです。チャレンジしていくことが好きなんですよ。
    こういう性格のこどもたちって・・・
    (続きます)

    ユーザーID:9304480396

  • (続きです)

    (続きです)

    なので、「ほんの少しだけ」難しいことをさせてみるっていうのはどうですか?
    そして、できたらできたことにほめる、できなかったら「できなくって残念だったよね、どうしたらできるかなぁ」とか「これもちょっと難しいけど、やってみる?(実はずっと簡単なことでも)」とか、さりげなくハードルを下げて見るとかどうでしょう?

    縄跳びはやらなきゃいけないことが決まっているので、なかなか難しいかもしれないですが、「あや跳びの連続20回はできなかったけど、あや跳びと片足跳びの交互跳びが5回もできたじゃない!」とか、少しずつごまかしながらでも飛び越えるハードルを用意してやると、こういうタイプの子は必ず必死に頑張れると思います。

    あと、悔しい気持ちは最愛のお母さんだから見せてるんだと思います。まずは思いっきり受け止めて共感してあげてください。


    たいしたアドバイスができませんが、お互いがんばりましょうね。

    ユーザーID:9304480396

  • ほっといていいと思います

    わめきはじめたり泣いたりしたら黙ってみてるかその場を離れるだけでいいと思います。誰かみてるから暴れるのでしょう。

    そのかわり、できたときはいっぱい誉めて、「がんばったね!あなたはがんばりやさんだね」っていってあげるといいかと思います。

    うちの娘もそんな感じでしたよ。
    今日はできなくても、少しづつ練習したら明日はできるかもしれないね、とか人生3歩進んで2歩下がるだよね、とか、今できないことにこだわるな、というようなことを言い続けていたような気がします。小さい子は「今」しかないので、「明日」が考えられるようになったら、もうちょっと癇癪は起こさなくなるんじゃないかと思いますよ。

    他のひとの努力の素晴らしさや自分の今の力を本人が認められるようになれば、意味なく悔しがることもなくなるかと思います。(ただし、親が他の子と出来を比べてはいけない)あと未来への展望ですね。
    負けず嫌いも大事ですよ。それが努力につながるなら。何事も努力ですから。

    きっといい方向に向くと思います。
    癇癪おこされるとげっそりだと思いますが、「ようがんばるね」とにっこり笑ってみてあげてほしいです。

    ユーザーID:1021861127

  • 1年生で「くやしい」を口にするとは

    娘さんは若くして、人生には思うようにはいかないこともあるという
    ことを学んでいるのですね。
    それにしても、1年生ってずいぶんいろいろするんですね〜。
    私の頃は前と後ろ跳びくらいだったような(いつの話だ…笑)。

    負けず嫌いというのとはちょっと違うと思います。
    誰かと比べてどうというのではなく「できない自分」に腹を立てて
    いるんですよね。
    親がそれを「良い方向にもって行ってあげる」ものではありません。
    親にできるのは、彼女の努力そのものを認めることではないでしょうか。
    あとは他の方の書かれる通り「放っておく(見守る)」ことでしょう。
    その悔しさが、次の努力につながるのです。
    悔しい気持ちをぶつけてきたら聞いてあげましょう。

    ユーザーID:7417851051

  • 今日も頑張っています。

    みなさんのレスを読ませていただきました。
    「見守る」の言葉に私も気づかされました。
    今日も、娘は一人で縄跳びをしていました、「○○回跳んだよ!!」と汗をかいて家に入って来ました。「よくがんばったね!」と励ましました。
    良いアドバイスありがとうございました。

    ユーザーID:1816759500

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧