• ホーム
  • 学ぶ
  • あなたは高校生の時どんな感じでしたか?

あなたは高校生の時どんな感じでしたか?

レス78
(トピ主0
お気に入り42

趣味・教育・教養

人生あるある

レス

レス数78

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 辛かったです

    闇に葬り、なかったことにしたい3年間です。
    自分ではどうにも出来ない家庭の問題もあったし、同級生間でも要領よく過ごすことが出来ませんでした。
    自分の将来像も浮かばなかったし・・
    苦しく辛い日々でした。
    今は幸せに暮らしています。
    あの3年間に較べれば少々のことは、乗り越えられます。

    こんな私からトピ主さんに アドバイスするとしたら・・
    何事も 丁寧に
    です。
    些細なこと、と思われることも よくよく考えて 丁寧にこなしていって下さい。
    種を蒔き、それが実になるまでは時間がかかります。
    今の状況には満足していないと思われますが、意外な時に意外な道が開けてきます。

    ユーザーID:7472206969

  • 徐々に良い方向に

    まず、小学6年の時クラスでイジメに遇い友達0人に
    親とも反りが合わなかったので相談できず、卒業までそのまま。
    地元の中学では小学校の頃を知っている人が大半なので引き続き暗めの青春。
    かろうじて、休み時間に喋る人が数人出来ましたが学校帰ってから遊ぶほどでもなく、地味に息をひそめてました。
    ここら辺まで本当に最悪な人生でした。笑

    高校は女子高に進学。
    相変わらず社交性は低いものの、趣味の合う友人数人と
    ホノボノしたクラスメート達に恵まれやっと平和に暮らす。
    また、もう少し社交性を上げようと思い、バイトに明け暮れる。
    要領悪く、大人しいレッテル張られつつも
    少しずつ前進。高校3年でバイト先の2コ上の彼氏と出会う。

    専門学校に行く。友人は少ないものの好きな分野の課題に明け暮れ、充実した日々。

    少人数体制の専門分野に就職。
    ワンマン社長に疲れ愚痴を言い過ぎ彼氏に振られる。

    振られた事を期に、色々な事がだいぶ吹っ切れる。
    その後バイト、派遣会社(その間、何人かの男性とお付き合い。)
    を経て再就職。現在の夫と出会う。

    結婚後、職場は辞め独立。
    大切な友達は高校の時の数名とバイト仲間数名

    ユーザーID:7152590023

  • 高校時代楽しかったよ

    現在30代前半です。
    帰宅部で、放課後何をしてたのかわかりませんが、
    それなりに充実してました。
    数学が苦手で、授業は全く何を言ってるかわからなかった。
    休み時間は友達と10円くらいの少額賭けてポーカーしてました。
    夜中に公園でお酒を呑んでるところを見つかり逃げました。
    男子と話すのが苦手だったので、友達は女子ばっかり。
    男の子と付き合う機会もあったけど、すべてが恥ずかしく、
    すぐ別れました。
    私は高校時代、結構楽しかったけど、
    一緒に遊んでた友達でも楽しかったという人と
    全然楽しくなかったという人がいます。
    今、考えると高校時代の悩みとか恥ずかしかったこととか、
    心からどうでもいいです。
    今、四月だし、新しい出会いはないですか?
    とりあえず勇気を出して友達作ろう。
    今、悩んでいる気持ちより、友達とのしょうもない思い出の方が
    あとあと大きなものになると私は思います。

    ユーザーID:8558791464

  • 今はアラフォー

    チャラチャラした女子高生でオシャレと遊ぶことしか考えていませんでした。

    それなりに楽しかったのですが未来予想図が全く書けませんでした。

    今ごろなりたい職業につくべく苦しい勉強をしています。

    チャラチャラした昔の自分に「あなたは将来○○になりたくなるのよ」と教えてあげたい気分です。

    ユーザーID:1943680418

  • 辛い事もあったけど、楽しい事もあった

    高校3年生の時、モテキが来ました。

    文化祭で、他校の生徒がたくさん来て、私のファンクラブができてしまいました。

    怖いくらいびっくりしました。

    今は良い思い出です。

    ユーザーID:9887278801

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 積極的になってみたら、充実した

    私は、中学まで、いじめられていました。
    それを踏まえ、人間関係を学びたい、明るくなりたいと、積極的に行動しました。
    オシャレも気を配りました。どんなオシャレが他人を不愉快にさせないか気を配りました。
    そして、会話の仕方を勉強しないとと思い、友人をたくさん作りました。もちろん、自分から話しかけて、クラスメイトとたくさん会話しました。
    色んな話し方を実地でやり、こう言えば友人たちと楽しく会話できるんだな、これを言えば相手は怒るんだななど友人たちを相手に学んでいきました。
    そして、人の話を理解する能力に欠けていた私は、能力を上げたいと必死に頑張った毎日でした。
    高校時代の友人とは今も友人です。
    自分から積極的になれば、楽しい毎日がおとずれますよ。

    ユーザーID:4455920747

  • 「3年間がまんする」

    と、思って過ごしていました。

    高校選びを間違ってしまったためか、辛かったのですが
    大学生になって地元を離れたらこっちのもの。と、言い聞かせて過ごしていました。

    長い人生の中での3年間我慢することなんてたいしたことない!と自分に言い聞かせ。

    そう割り切ったせいか、高校3年の時の学園祭も楽しんだし
    卒業式後の打ち上げも楽しめました。
    なんでか、卒業後1年くらいは、ものすごく男子から電話がきました。
    いまでもあれはなんだったんだろうと不思議です。
    私と話がしたかったんだったら在学中にしてくれれば良かったのにーと思いましたね。
    きもがられてるとばっかり思っていたので。

    大学生になっても大人になっても人付き合いの悪さはありますが
    今では私はひとりが好きなのでしょうがないと割り切っています。


    長い人生の中での数年の我慢なんてたいしたことないから
    「今やるべき事をやるだけだ」って精神は、おばさんになった今でもそのまま変わりません。

    ユーザーID:2687663075

  • 高校は居心地が良くなかった

    ほぼ全員が大学進学する高校でした。
    私は何か違和感を感じながら、消極的な感じで三年間を過ごしました。
    学校生活よりも、音楽系の趣味に集中し乗り切っていました。
    将来の展望がもてないまま、疑問を感じながらも受験勉強をしました。

    その後のことですが、
    大学に入り、そこでは人生の意味とか、自分はどんな仕事をするのかとか模索していました。
    恋愛どころではなく、全然目立たない女子学生でした。
    卒後職業を持ち地に足が着いたら、やっと自分は自分だっていう感じになりました。
    私は大人になって自立してからの方が、素直にいろいろなことを楽しめるようになりましたよ。

    ユーザーID:5887077015

  • 高校時代

    女子高だったので友達はそれなりに出来て、
    わりと仲の良かったクラスなので
    わいわい楽しかったですよ

    現実の世界とマンガの世界とは違いますよ
    マンガの世界は漫画家さんが思い描いた世界なんですよ

    友達が出来ないってのは
    自ら行って話す事してますか?
    そんなの無駄と思ったら友達は一向に出来ませんよ
    自ら行って話す行動は大事だよ

    好きな異性に話すのだってそう、
    まずは会話からだから自ら行って会話して
    徐々に会話する時間を作って、それでって感じでしょ?

    まぁ大人になったらいっぱいいた友達が0になったりするから
    作らなくてもって言う人もいる。
    でもいた方がいまが楽しいでしょ?
    だったら自ら行動とらないとね。

    ユーザーID:0621455258

  • 義務教育との差を感じた

    私(56・男)は工業高校・電子工学科卒業です。

    工業高校なので専門科目の授業は、中学までの教え方と全然違う。国語・社会・英語は中学からの延長でだんだん高度になっていく感じでしたが、数学・理科系は中学とは桁違いに 難しくなった。

    当時(1970年代)は、「青春ドラマ」が流行しましたけれど、私の母校ではそのドラマのようなことは 全然感じられなかった。番組を見て、

    「本当に 他の高校生は こんなドラマのような 学生生活をしているのか」

    と疑問を感じた。

    特に専門科目・理科系・数学は、数式の嵐だった。数学で習う前に専門科目で数式が出てきますから、最初は非常に苦労しました。電気系では複素数は日常です。

    とにかく、さすが義務教育ではない 高校とは凄いところなんだと感じた。高卒で就職して最初の新入社員研修の 数学・電気工学の授業が 幼稚園の授業のように 簡単に感じたほどですし、同期入社の大学工学部出身者が、

    「君は 高卒なのに なぜ 僕が大学でも習わなかったことを知っているのか」

    と高校授業の高度さを改めて感じた。

    ユーザーID:1284286005

  • よくリタイアしなかったと思う

    家庭の事情で不本意入学。
    挑戦したかった。
    それなりに勉強して成績はトップクラスだったけれど、
    未だに母校と思えない。
    15歳がターニングポイントだった。

    トピ主さん、目標を持ちましょう。
    今すぐ結果が出なくてもいいんですよ。
    人に左右されない自分だけの自信につなげるために。

    ユーザーID:2866879981

  • 暗かったです

    女子高校三年間は名もない花になって過ごすと決めていたのに、クラスの代表になって生徒会の選挙に出ました。まさかの当選で嫌で泣きました。

    輝く生徒会のみんなとは混じることができず、さぼりながら過ごしていました。

    好きな人もいず、太っていて歯並びが悪くて、親にも叱られてばっかりで自身が持てずに暗かったです。家も貧乏だったし。

    高校を卒業するまでに男子と話したのは3日ぐらいでしょうか。
    ずーっともじもじしていました。

    短大を出て、社会人になって自分のお給料が出てから楽しめるようになりました。

    ユーザーID:4199569662

  • 「学術技芸一直線」

    私はもう退職した世代(1956年生まれ・男)ですが、工業高校・電子工学科に進学し、そりゃ〜もう 「学術技芸一直線」でしたよ。

    好きで進学したのですから、学校が楽しくてたまらない。授業が面白くてたまらない。放課後も わからないことがあれば先生を追いかけて、先生が困り果てるほど質問攻めしたものですよ。

    当時(1972年度から3年間)、授業料は 1ヶ月 1500円でした。

    好きであっても 1500円の 理工学書は買えるものではなかったですから、1500円の授業料で 思う存分 勉強ができるなんて 夢のような学校でした。

    1973/1に、父が私を理工学書を取り扱っている書店へ連れて行き、正月にいただいた「お年玉」で、当時 4000円ぐらいの、

    「電子工学ポケットブック」

    を買ったときは、より一層勉強に励まねば、卒業したら国民のために役立つ人間にならねばと責任を感じ、高卒で、当時の日本電信電話公社に就職しました。

    あれから40年近く経過し、当時買った理工学書を読みますと、

    「よくもまあ こんな難解な授業に ついていけたものだな」

    と感じます。

    ユーザーID:1284286005

  • 野に咲く花のようでした

    田舎の進学校でした。私は、小・中学時代が楽しめなかったので、高校に入学したら、思い切って自分を変えるつもりで入学式に臨みました。

    周りの多くの人から可愛いと言われ、成績は中の上、少なからずの男子学生がら思いを寄せられました。

    純真で素朴、内向的で控えめな女の子でした。

    あの頃から30年近く経ってしまいましたが、あの高校時代があったからこそ、今、こうして幸せでいることができると思っています。

    青春特有の悩みは無論ありました。自意識過剰で苦しかったです。卒業式の日に、ひいきにしていただいた先生から、「君は優雅な高校生活を過ごしたね」と言われて、びっくりしました。幸せではあったのだけれど、心の中は悩みでいっぱいだったのに・・。

    トピ主さま、他人の心の中は分かりません。楽しそうに見えるクラスメートたちも、どんな悩みで苦しんでいるか、誰にもわからないのです。

    ユーザーID:7636612215

  • 高校3年間友達ゼロでした

    理由は海外へ親の転勤に着いて行き、いきなり外国の高校生活で授業もチンプンカンプン。
    数学、地理など暗記系をがんばって赤点を免れる日々。
    辛かったですね。

    30年ぐらいに長く感じた3年間でした。
    今は言葉もマスターし、普通に外国で生活していますが、けっこうトラウマです。
    娘の引率で学校に行くと動機がします。

    ユーザーID:1811397859

  • 抹殺したい記憶です

    最悪な学生生活でしたよ。だからといって20年後の今も最悪ではありません。

    最悪をしったからこそ、どう生きるか学び工夫しました。

    失敗をくり返したからこそ今があると思ってます。

    今失ったのは若さゆえの勢い。

    恥ずかしい失敗も若さゆえ許される挑戦もあります。



    今の積み重ねが、未来の希望に繋がります。


    大丈夫!自信もってね

    ユーザーID:7022693694

  • あなたは今貴重な時を過ごしています

    50代半ばの男性です。
    私の高校時代は、太宰治とロックに染まっていました。「自分とは何だろう?」という疑問に取りつかれ、太宰を読んでは「そうだよ。そうなんだよ」と共感し自分を慰め、ロックを聴いては爆発しそうな衝動を抑えていました。
    もちろん彼女などなく、勉強の出来は中の下、気が弱くツッパリ君にはなれず、家と学校を往復する毎日。ドラマのような青春では全くありませんでした。
    でも、あの3年間、自分と向き合い、疑問にぶち当たり、あれこれ悩んだ日々があったからこその、今の自分だと思っています。高校生時代は、自分と向き合う、つまりあなたの言う「自問自答」には最適の時間です。
    「自分は駄目人間」と悩み、答えの出ない問いを自分にぶつけるなどということができるのは、高校時代ならではのことなのです。あなたは、今、人生においてとても貴重な時を過ごしているのだと言えます。
    でも、こう言えるのは、その時が過ぎて客観的に見ることのできる精神的な余裕ができてからなのですが、その精神的な余裕もそういう高校時代の下地があってのことなのです。
    大いに悩んでください。そして、文学や芸術に触れてください。

    ユーザーID:8907099439

  • 私の高校時代

    61歳男です。高校時代というと、遥か大昔のことですが、今でもよく覚えていますよ。

    私は普通の共学の高校に通っていました。その頃の思い出としては、今から考えるといいところはほとんどありません。当時も青春ドラマはありましたが、日頃の生活はそれとは全然違います。むしろ、当時なら「明日のジョー」や、「巨人の星」を楽しんでみていました。
    共学にいながらも、女の子とつきあったこともありません。

    なんて言っても、大学受験が重くのしかかっていました。大変だったのは高校三年とその後の浪人の一年間でしたが。


    高校時代って、そんなものではないでしょうか。まだまだ残りの人生の方がずっと長いです。自分の道を決めるのは、それからでいいと思います。この頃は、大いに悩む時期です。

    ユーザーID:8807313572

  • 淋しい子

    高校は女子高でした。
    同じ中学から進学した子もおらず、もともと人見知りなこともあって友達もできませんでした。
    3年間、一人ぼっちです。
    修学旅行をはじめ団体行動もどのグループにも入れず仕方なしに名前だけグループに入っている状態でした。今の時代と違って先生方も1人になる生徒を特に気にすることはありませんでしたので本当に孤独でした。
    毎日、死ぬことを考えていましたが親が警察官だったこともあり迷惑はかけられないと耐えていました。

    高校時代はわたしにとっては闇の時代です。思い出したくても思い出せない
    そんな高校生活でした。

    ユーザーID:5059515248

  • 仲間はずれでした

    私が高校生の頃は、流行や他人にまったく興味がなくて友達ゼロ。
    みんなが「楽しい」「かわいい」「かっこいい」と思っているものはぜんぜんそう思えなくて、当然まわりとの会話も成り立たず…
    今思うと、興味がなくてもちょっとは情報を仕入れてみたり、質問してみたりすれば違ったかな〜とは思いますけど。でも高校生で気付けるわけないです。
    大人になってから、嘘でも「共感する会話」をすれば納得する人たちがいることを知って驚きました。

    ユーザーID:4990282649

  • 劣等生のオタク腐女子でした

    中高一貫の女子高で、同級生は東大京大に進むような学校でしたが、わたしは勉強嫌いで、マンガとロック好きのオタク腐女子でした。
    自室にこもって勉強するフリして、ヘッドフォンで音楽聴きながらマンガを描き、ライブに通い、趣味を同じくする同級生の友だちと授業後は好きなバンドの話で延々と盛り上がってました。
    いやー、今思うと幸せな毎日ですね。
    でも実際に当時の自分は、成績が低空飛行なことがコンプレックスだったし(つるんでる仲間はみんな成績良かったから余計に)、自分史上最高に太ってたし、ニキビにも悩んでたし、「なんか面白いことないかな」が口癖でした。
    恋愛なんて別世界の話だし、そもそもオタクの腐女子なので、興味ありませんでした。

    当時の自分は、目に見えないプレッシャーと毎日激しく戦ってましたね。
    高校生なんてみんなそんなものかな。タイムマシンがあっても戻りたくないですねー。
    トピ主さんもきっとそうだね。みんな同じで、一度は通る道だから、思いっきり悩め、乙女よ。

    ユーザーID:2847525776

  • 暗闇の高校生活

    進学高に通っていましたが家庭環境が最悪で毎日を耐え忍ぶので精一杯。

    勉強にも興味がなくなり成績は最下位。

    自意識過剰で他人に心を開くこともできず最低限の友達つきあいでほとんど口を閉ざして生きていました。
    このままではいけないと、焦って毎晩怖い夢を見ていました。

    それでも受験前、いまさら取り戻せないまでも、何とか進学しようと勉強をし、皆が滑り止めにする三流大に引っかかりました。

    大学生活、就職活動も全くお粗末なものでしたが、その当時の私にできる限りの努力をし、社会人になってからもダメ人間挽回のため頑張りました。

    いま平和な生活をおくっています。

    時間がかかっても諦めないで出来る事からコツコツ努力していると知らないうちに成長して幸せへのチャンスもつかむことができますよ。

    いまは見えないあなたの未来もきっと明るいはず!

    ユーザーID:9292492052

  • 勉強ばっかりしてたな

    行きたい大学があったので、勉強ばっかりしてました。

    また、高校から自宅まで徒歩3分という好立地?だったため、学校帰りに友達とどこかに寄ったことなど一度もなく、
    自宅と学校の往復のみで、勉強ばかりしていました。

    学校では、休み時間にお喋りする友達はいたけれど、上記の通り、学校帰りに遊べるわけもなく、休日などにも一緒に遊ぶことはなかったです。
    校舎内だけでの薄い緩い付き合いという感じ。

    私は女性ですが、いわゆる女同士でつるんで行動とか、「私たちずっと親友だよね」みたいなノリは大嫌いだったので、
    そういう薄い緩い友達付き合いで十分満足でした。

    3年間ずっとそんな調子の高校生活ののち、無事、第一志望の大学に入学することが出来ました。

    楽しさで言うと、高校生活なんかより、大学生活の方が段違いに楽しかったです。
    理系で、遊ぶ暇などほとんどない大学生活だったけれど、同じ目的意識の仲間ばかりだったので、
    皆で一緒に同じ夢に向けて頑張る!感が、とても楽しかったです。

    ユーザーID:3079804773

  • 毎日が楽しかったです。

    40代女性です。

    小、中学はあまり友達と上手く付き合えず、毎日とても嫌だったので
    高校は少し離れた電車で通う女子校へ行き自分自身を変えてみました。

    それまでの自分を知っている人は13クラス有るうちの1人だけ。
    どんな自分になりたいのか考え、実行しました。

    とても楽しい3年間でした。
    勉強はそこそこ、たまに学年1番取る程度です。
    朝は友達とモーニングし2時間目から学校へ行ったり
    下校時にお茶したり、土曜(学校は午前のみ)はランチしその後買い物へ。
    バイトしていたので年に何回か学校休んで一人で数泊旅行へ出掛けたり。
    パーティに誘われたり、
    年上〜年下まで沢山の人に告白された時期でもあります。(最大一日3人)
    先生からも特別扱いで同じ事して友達はその場で泣くほど怒られていたけれど
    私は先生が部屋を用意しその中で世間話してました。

    高校の3年間は私が一番変わった時期でした。

    まずは自分が少しでも変わろうという気持ちが大切かと。
    トピ主さんはどんな人になりたいと思いますか?
    自分の理想の人に少しでも近づけるよう変わってみてください。

    ユーザーID:9883177707

  • 部活オンリー

    部活しかしていませんでした。
    全国大会上位の部活でしたからね。
    学校でクラスの友達とか・・・そんな事より部活。
    綺麗さっぱり、何も覚えていないくらい部活一色。
    高校3年間は私の中のブラックホールの様に記憶が少ないです。
    勿論、恋愛なんぞした事無いです。
    ドラマの様な出会いも無し、女子高生らしい事も全く経験ないです。
    友達と遊びに行った事もない。
    カラオケも、遊園地も、買い物さえしたことないのです。

    で、今おばちゃんになって思いだします。
    何もかも無いくらい、必死になってやっていたあれが青春だったのね〜。

    部活でも、習い事でもいいです。
    何か一つやって見ればいいですよ。

    ユーザーID:7826712903

  • 黄金の日々

    地元公立の雄に入り、男女比8対2のガチンコ進学校ライフ。変な日本語だが…楽しく元気に暮らしまくり、感性はかわいらしく暴れまくり、それでいて西行みたいに出家したくて。お小遣いは殆ど本と文房具に消え、たまに土曜日に不二家でパンケーキとか、地元喫茶店でスパゲティかピザ。本屋が遊び場。部活も真面目に。まあなんでもありでしたね。黄金の日々。

    ユーザーID:0624042552

  • 痛い子でした

    元々は明るい性格だったのですが、高校生くらいから対人恐怖な感じになり苦労しました。
    でも、イケてる人でありたい痛い子で。
    クラスメートの顔色を伺い、恋愛やバイトに時間を費やし学業は放棄。
    人の顔色を伺う学校が辛くサボってばかりいました。

    そのうちすべてがめんどうになり、友人グループではただニコニコし、バイトも辞め学校は最小限通って家で寝てばかりいました。

    部活や勉強、友人関係。やり直せる物ならやり直したいです。

    ユーザーID:6246427634

  • それはフツーです

    みんな悩んで大きくなった…というか40過ぎても未だに悩んでるオッサンもいるんだから、特にトピ主が異常とは思わない。

    自分は、高校の頃は内気で目立たない生徒。マンガやSFイラスト描いたり、銃器雑誌読んでメカの勉強してました。学校非公認の漫研に誘われて同人誌作ったり学園祭でガンダムの着ぐるみ着て歩き回ったり。将来のことは何も考えず好きなことやってました。勉強はあんまりやってなかった。
    おかげで?大学生や社会人になってからライフル射撃で国体にも出たし、グラフィックデザインのまねごとして飯を食ってます。

    親に相談できない、苦しい、というのは、あなたが大人になりつつある(自立心やプライドが育ってきている)証拠。
    でも本当に困ったら相談していいよ。親に言えないなら保健室の先生でも電話相談でもいいから。トピ主の「困った」に答えてくれる大人は必ずいる。
    高校大学は、衣食住の心配をせずに勉強出来る貴重な時間。部活でも趣味でも好きなことに打ち込んでみたらいい。

    ユーザーID:0549084825

  • 10代は

    小学生は、元気で明るいリーダー格。
    中学入学の時、マンモス校だったので同じクラスに知らない人ばかり。そこから人見知り。
    高校入学は、女子高だったので学校も部活も女子特有のノリ(笑)片足突っ込んではいたけれど、内心冷めてたなぁ。でも楽しかったけど。友達に恵まれたと思っています。

    私は小中高とその後も、その場の環境の中でそつなく人付き合いは出来るけど、環境が変わった途端、その人付き合いは途切れます。
    でも、高校の時やバイト先など、自分が本当にまわりに恵まれているなぁ、と感謝した場所でのつながりは切れません。何故かというと、自分が切れないようにきちんと連絡を取るし、会いたい、喋りたい、と思うから。あたりまえのことなんですけどね。

    私はずっと「人は基本、ひとりで生きてゆくもの」と、大家族で育ったくせに(笑)ひとりに憧れてそういうことを思っていました。大勢の中でポツンとひとりになること、大人になった今は何とも思っていません。むしろ、そういうことに怯えるような人間にはなりたくない、と思っていたので。周りの目を気にせず堂々と、というより淡々と生きる。

    今は普通の主婦です。

    ユーザーID:1800013037

  • 激ダサでアナーキー

    自分の不勉強が悪いのですが、いわゆる偏差値低い学校に行きましたら…

    同級生は圧倒的に遊び心満載なヤンキータイプ。
    私は不勉強だったのですが真面目ちゃんだったのでヤンキースタイルに合わず、合わせられず、三年ドブに捨てたと思って必死に勉強のみしました(笑)

    お洒落ひとつせず、がり勉で
    『好きでこんな学校行ってるんじゃねーよ』って態度丸出しではさぞかし学友や教師は不愉快だったと思います。

    今思うと私に至らない所沢山あるのですが、あの頃は傷つき精一杯でした。

    ユーザーID:0763931165

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧