母親が働き続けたから、不登校になった

レス128
(トピ主2
お気に入り94

妊娠・出産・育児

あき

3歳半と二ヶ月の子育て中のあきと申します。

もうしばらく育休をもらって、仕事復帰予定です。
上の子はその間保育園は退園し、自宅で一緒に過ごしています。

今日子供2人連れて、児童センターに行きました。
子供を遊ばせていたら、みんなを集めて、行政の保健師さんから、子育てについての講義が始まりました。

内容は…
・3歳までは母親の愛情が特に大切。愛情が足らないと、大人になって精神疾患を発症する確率が高い。
・自分は働いてきたから、娘が不登校になった。全部自分が悪い。
・ここには仕事より大切な子育てを頑張っている母親がばかり集まっている。素晴らしい。

働く母親として、ショックでした。

仕事はやりがいがあって楽しく、これからも働いていきたいと思っていますが、子供が小さな時はそばにいた方がいいのか、かわいそうかなと日々葛藤しながら働いてきました。仕事以外の時間は子供と接するようにしています。

ここにいる職員さんが、この様な考え方なのかと思うと、もう行きたくなくなりました。

みなさんはどう思いますか。
私が気にしすぎでしょうか。

ユーザーID:8284575876

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数128

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 気にしすぎです

    不登校になる子はなるんです。
    わたしも子ども2人を0歳から保育所に預けて働いていますが、
    風邪以外で休んだことなんてありません。(現在高校生と中学生)

    3歳神話は根強いですが、愛情をたっぷり注いでいれば子どもはちゃんと育ちます。

    大丈夫、いろんなことを言う人がいますがきにしないで。

    ユーザーID:7754257627

  • 日々の葛藤を伝えてみたらよかった

    小さなお子さんがいてのお仕事は心身ともに毎日が綱渡りのようでしょう。

    児童センターの職員さんのお話は、この人はそういう経験をしたのだな。
    とわが身のこととは全く切り離してうけとめる。

    他の人が1つしかしないこと2つも3つもするのだから、1つしかしない人と全く同じにできるはずはないけど

    お母さんの日常の悩みや不安を受け止めることも職員さんの仕事であるはずなのだからあなたのありのままを直接話してみたらよかったのでは。
    働きながら悩みながら不安も抱えながら体張りながら毎日を乗り越えている
    トピ主さんのような人にはまた彼女が話したいことは別にあるのでは

    短絡的結論だよね 働いていたから不登校
    職員さんには負い目があるのかもしれないけど

    働いていてもうちの子供はどの子よりもいい子になりました
    って人もいるだろうし

    心の中でうちの子はそうはなりません
    傷ついているおばさん(職員の人)には他の人の助けがいるようだと
    距離を置いて眺めるのはいかがでしょうか

    ユーザーID:4566191866

  • 「必ず不登校」ではないけど「不登校の原因になる事もある」

    働きたい(仕事に楽しみを感じている)トピ主さんは、保健師さんの言葉を否定してもらいたいのでしょうが、実体験として「ある」と思います。

    絶対に「ある」のではなく「ある」人も多数いると言った方が適切かもしれませんが、自分もフルタイム(専門事務)で働き始めたら不登校になりました。色々あって、辞めたら、息子が学校に行き始めましたので、フルタイム勤務が不登校に何らかの関係性を持っていると言わざるをえません。

    家族が、自分に振りむいてもらわなくなったら、寂しいと思うのは当たり前です。寂しいと言う気持ちがどの位なのかは人それぞれです。例えば遠距離恋愛や単身赴任が何年も続いても好き嫌いが変わらない人も居れば、寂しくて自分の仕事を辞めてまでパートナーの赴任地まで行ってしまう人(男女問わず)もいる。心の病気になってしまう人もいるのは、お分かりになると思います。

    今、手元に居るお子さんが、不登校にもならずに大変優秀なお子さんに成長するかも知れません。こればかりは、今の時点では判りません。

    ただ、後悔する子育てをすると、その後悔は死ぬまで続きます。ちょっと心に留めておいて欲しいです。

    ユーザーID:7131256354

  • 具体的に知りたい

    どこの都道府県のどこの自治体で、どういった主旨でその保健士さんがその児童センターで話をしているのか、知りたいです。
     
    そして具体的な内容ももう少し詳しく知りたいです。
     
    まあ、たしかに
    >愛情が足らないと、大人になって精神疾患を発症する確率が高い。
    というようなことは、よく言われていることですよね。

    >娘が不登校になった。
    のは、小中高大のどの段階でどの程度なのか。
    その後どうなったのか。

    ユーザーID:7695691449

  • 社会のしくみ

    不登校云々は、その方の個人的な経験を話しただけで「皆様はそうならないように気を付けましょう」というアドバイスのつもりだったのでは?

    働いていたら不登校になると言われたわけではないですよね。

    仕事をしていても、仕事よりもお子さんの方が大切ですよね。


    ですが行政の保健師さんのように、育休や産休等の福利厚生が充実している職場の方ばかりでないので、生後数か月で泣く泣く働きに出る人もいます。


    また、育休が充分にとれる職場でも、キャリアのために早々に復帰してしまう人もいます。
    その方々も子供のことを考えていないわけではなく、厳しい世界で生き残る為に必死なのでしょう。


    保健師さんはそのようなことを踏まえて、「どういう立場の人でも、せめて子供が3歳になるまでは母親と密に過ごせるような社会の仕組みになるように」と言った事をお話しされたかったのだと思います。

    今の世の中は、母親が子育ての為に一度離職したら復帰は難しいです。

    不登校の話は耳が痛いですが、考えるべきは子供にとって母親にとって、どのような社会になるのが一番いいのか、ですよね

    ユーザーID:3348593451

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 関係ないです

    うちの息子の中学は、同級生に不登校のお子さん二人がいますが、どちらも専業主婦家庭です。

    >3歳までは母親の愛情が特に大切。
     働いていても愛情たっぷりに接すればいい。
     接する時間と愛情の量は必ずしも比例しない。

    >愛情が足らないと、大人になって精神疾患を発症する確率が高い。
     愛情の過不足をどうやって判定したのだろう?そこからどういう統計を取ったのだろう?

    >自分は働いてきたから、娘が不登校になった。全部自分が悪い。
     それは、働いていたからではなく、娘さんへの接し方がずれていただけ。
     働いていたって、子供をしっかり観察し、しっかり心の交流が取れている母親はたくさんいる。
     専業主婦でいたって、子供と心の交流が取れていない母親はいる。

    >ここには仕事より大切な子育てを頑張っている母親がばかり集まっている。素晴らしい。
     単なるよいしょでしょう。

    働くか家にいるかは、母と子の関係を構成するごく一部。
    その一構成部分だけで、不登校が決まるほど、親と子の関係など単純ではありません。

    ユーザーID:8354416076

  • 迷惑で根強く残る3歳児神話。

    トピ主さん三歳児神話ってご存知ですか?

    簡単な話し

    A三歳までは働かず、専業主婦or母親を専念した方が良い

    B別居or離婚などで母親が精神的に異常を示すのは望ましくないので、子供が三歳児になるまで耐えるのが望ましい

    C何をしても(泣こうが喚こうが)子供優先。母親は子供の為に辛抱しなさい。

    でした。実は三歳児神話って明確的根拠は無いって厚生白書に書いてある位有名な話しで、行政の保健師さんから、子育てについての講義はハッキリ言って無意味です。

    だから気にする事はありません。

    もし同じ講義をしてたんなら遠慮なく『厚生白書に三歳児神話の根拠は全くないし、働いてても愛情が無いから子育てから逃げてるじゃなく、将来の道を閉ざさず可能性を伸ばす為に頑張って働いているんです。』と言い放つて下さい。

    ユーザーID:3662842329

  • そんなわけないじゃん

    私の母は専業主婦でしたが、姉は不登校になりましたよー。

    母親の仕事は関係ありません。
    両親の関わり方次第です。

    ユーザーID:8195533665

  • 注意は必要かも

    個人的な話で申し訳ありません。

    私はトピ主さんより上の所謂バブル世代。この世代の母親がフルタイムで働いていたという人は、まだ少ないですから、保育園卒の友人は2人だけです。
    そして、この2人が2人とも精神的に不安定で…。
    1人は重い鬱になり、もう1人もそこまで悪化していませんが診療内科に通ってます。2人共有名大学を卒業し、一旦はきちんと就職したのですが、しばらく経ってこの様な病になりました。

    この2人に共通して言えるのは、共働きの結果、子供なのに子供としての扱いをしてもらえなかったという事。子供にいろいろな意味で過剰な負担をかけたにもかかわらず、親はそれに気づきもしなかった様ですね。

    ここ小町では共働きを推奨し、共働きでも大丈夫という意見が強いですが、後年どうなるかは人それぞれです。子供に負担がかかりすぎていないかという注意深い目と、負担が重過ぎる様なら退職するという気持ちは親側に必要だとは思います。

    講演をした保健師さんは自分の至らなかった点を実感し、深く反省なさっているのでしょうね。

    ユーザーID:1150773095

  • んなわけない

    そういう場でそういう話した時点で、
    あー仕事できなそ
    かつ、人間性にも難ありそう。
    と私なら思っちゃう。
    子供にも同じように何にも考えずに接してきたんだろうな
    働いてることが原因なわけないじゃん

    ユーザーID:4152160034

  • その保健師さん大丈夫?

    あの〜専業主婦でも子どもは不登校になりますけど…

    ユーザーID:2629996049

  • 私は聞きたい!

    愛情って 何リットルあったら足りてるの?
    それともグラム?シーベルト?
    愛情が足りてるとか足りてないとか偉そうに言う人って バカじゃない?って私は本気で思います。

    ユーザーID:3031817440

  • なんとでもいえます

    不登校経験者ですが、結果としてそこから這い上がれたのでその経験に今では感謝しているくらいです。子供は早いうちに挫折を味わわせてそこから這い上がる力をつけさせるべき…なんて言ったところで大半の人は実践しようとは思わないでしょう。
    一人の経験に基づく話なんてそんなものですよ。自分が受け入れられるものだけ受け入れればいいと思います。

    ユーザーID:2309730053

  • 役所に相談してみれば?

    近所の肝っ玉おせっかいオバチャンの説教なら「そういう意見もあるかも」で済みますが、
    「保健師センセイ」の「上から目線での発言」としては問題ありですね。
    たった一件の例だけで全てを当てはめてるし、
    不登校になりうる他の要因(イジメ、夫婦仲、家族構成、居住地の環境等)の説明が無いし。

    企業に勤めてる身から考えると、ありえないですよね。顧客の悪口を目の前で言ってるようなものじゃないですか。
    一言もの申してもいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:9861841394

  • 働く母&不登校児の組み合わせって・・・

    お母さんが働いたから子供が不登校になった、というのは、どちらかというとお母さんの働き始めが遅い家庭に多い気がしています。

    レスをしている杏子さんもそうなのではないかと。

    その保健師さんの話している「3歳児神話」は、私(42歳)が子育てしていた頃にはバリバリ健在でした。

    だから、一部の、わりとお年の方には、まだ残っている概念かもしれません。

    私個人的には、子供の成長で重要なのは3歳までにかぎらずずっとなので、あえて「3歳」を叫ぶ主張にはいまだに納得していません。
    働く母の場合子育てが難しくなるのは、いつも大人の目が光っている保育園時代よりも、独自の行動が増える小学校高学年より上だと思っています。

    ユーザーID:2447398542

  • 気になってしまったら

    主婦になったほうがいいタイプかも。
    働き続ける人は、本人は悩んでの選択と思っているかもしれないけど、はたから見たら、仕事を迷わず選んでいると思う。
    私は辞めてしまい今は主婦です。
    会社の働き続けている人で、子育てに成功?している人は。

    本人がとても優秀で切り替えがうまい
    同居または近居で家に帰ればアツアツのご飯がすぐに食べられる(子供に向かう余裕がある)

    でした。
    そうでない人は子供が学校を卒業してもニートだったり、勉強する習慣がついていなくて、中学の先生から見放されたり。。。
    要はどれだけ子供に視線が向いているかなのかしら?
    子育てに失敗?した人も充実した人生のように見えますよ、仕事が子供より大好きだから、あまり心に響いてないのかな?
    子供のことを気にしちゃうタイプなら、旦那さんとよく相談したほうがよいですよ。

    ユーザーID:2018237491

  • 大丈夫ですよ

    その方わたしはこんなだから子供が不登校になったと言っているようなもの

    自分の考えを絶対とし人に強要する
    参加者に働いている人がいる事を知っていながら
    絶対という言い方をし罪悪感を植え付ける脅し
    だいたいその職場にも働くお母さんいるでしょうに
    毎日言い続けるなんて
    人を傷つける事に良心の呵責が無い人と思います

    そんな事ができる母親だから不登校になったのよ
    子供にもしているという事ですから

    もちろん
    母親のせいだけで不登校になるわけでなく
    いろんな要因があり
    それぞれ原因は異なるでしょうけど

    その方はそうだと思います
    だから気にしないで

    ユーザーID:8536061190

  • すくなくとも、

     保健師という立場の人が、子育ての講義と言う場で言っていいことではないのは確かです。
     個人的に人にアドバイスするならともかく。
     小学校の先生が「母子家庭の子どもはろくでもない子に育つ」と教室で子どもたちに言うくらいおかしなことです。

     その保健師さんとお子さんは、お母さんが働きながら子育てするというスタイルになじまなかったのでしょう。それは、能力の問題かもしれないし、お子さんの生まれつきの性質かもしれないし、ほかの何らかの環境によるものかもしれない。
     とっても個人的な話なのです。

     どこの行政かは知りませんが、その保健師さんの上の立場の人に相談したらきっとそれはおかしいって話になるはず。
     気持ちをはっきりさせたいのなら、聞いてみてはいかがですか?

    ユーザーID:6423785515

  • 確かに不登校になったけど・・・

    幼馴染が、専業主婦だったお母さんが働き出したとたんに不登校になりました。
    でもそれは、愛情不足が原因ではないと、友達を見ていて思います。
    元々の彼女の性格が、引っ込み思案でイヤなことは徹底的に避ける子なんです。
    お母さんが朝早くからパートに出かけるのをいいことに、学校をさぼり、
    部屋でお菓子を食べながら一日中漫画とゲーム三昧で、とても幸せそうでした。
    学校帰りは、その子の家に行って普通に遊んでいましたが、友達は学校には内臓疾患の持病と嘘をついてました。
    友達の場合は、単に親の監視がなくなったから、好き放題していただけだと思います。
    確かに不登校になったけど、原因が全部愛情不足って言うのもどうなんだろう。
    ちなみに例の友達、会社には22年間ほとんど有給もとらずに働いています。
    仕事は生活がかかってるけど、学校はなんとかなるからね。
    友達は単に要領がいいだけだと思います。そういう場合もあるってことで。

    ユーザーID:1793308972

  • 関係はある、でも

    子育てに適した温かい空気のなかで育ててあげられるかどうかが重要なんだと思います。母親と子供の関わりだけに焦点が絞られがちだけど、父親やさらにそれを取り巻く環境も全部が大切なんじゃないですか。
    共働きだと時間的物理的制約を受けます。まずこの事実には目を瞑けてはいけないと思います。
    しかしそういう環境だからこそ、両親が尊敬しあい、家の大きな事から細々とした事まで協力しあう思いやりがあり、経済的な安心感がある、こんな家庭が築けていれば強みであると思います。
    反対に自分のほうが大変だと罵りあい、子供のことを押しつけあい、経済的にも独善である。こんな家庭も多いでしょう。
    かといって母親がずっと家にいれば全部うまくいくなんてないですね。
    共働きの強みと弱みをそのままひっくり返せば専業家庭の弱みと強みになりますよ。おまえ一日中家にいて暇なんだから、子供のことも家のことも全部一人でやって当たり前だろう。こういう息の詰まる家も実に多い。
    一日の終わりにバカなこと言って笑いあえる。それが幸せだと思います。それには、共働き片働きパート、どんな生活が向いているのか各人が考えればいいんじゃありませんか?

    ユーザーID:4477222828

  • 気にしすぎです

    その保健師さんはよほど後悔されてるんでしょうか。
    でもそこまで犠牲(自分が仕事を続けたせいで子供が不登校になったと思っている)をはらっても仕事はやめてない辺りに個人的に矛盾を感じますね(笑)

    さて議論されている3歳児神話についてですが
    科学的な話ではなく経験則として
    なにも出来なかった赤ちゃんが二歳のイヤイヤ期も経験し自我がしっかり出来てくる3歳。
    親子関係が出来上がってくる時期というのは感じませんか。
    今までの世話するだけの関係から人間同士の関係にステップアップする。
    その時までに信頼関係をしっかり築き上げる必要はあると思いますよ。
    それをなんとなくみんな感じるから3歳児神話って科学的根拠はなくても廃れないんじゃないかな。

    そういう風に捉えると、もちろんその関係を築くのに母親が専業か兼業かは関係しませんよね。
    だから仕事をすることに後ろめたさなんて感じず、かけれるだけの愛情かけて信頼関係を作り上げればよいんですよ。

    と保育士の私はお母様たちに話しております。

    ユーザーID:9060373541

  • 不登校、および家庭崩壊の原因にはなり得ます

    自分勝手に家庭を放り出して働いている人たちは認めたくないでしょうが、親、特に母親が仕事で子供を寂しくさせている事が原因で不登校になったり、不良になったりして家庭崩壊、という可能性は確かに現実としてあります。100%起こるわけではありませんが、可能性としては大いにある、というのが現実です。それはわかっていないとダメですよ。わかっているのと、わかろうとしないのとでは全然違います。

    ユーザーID:2909282572

  • 保健師のレベルが低い

    結局、その保健師はただ単に自分の子供が不登校になった事を仕事のせいにしたいだけです。
    保健師も所詮人間。
    逃げ口を捜しているだけです。

    気にしない、気にしない。

    ユーザーID:0744663122

  • 児童センターの職員=保健師さんじゃないでしょ

    トピ主さまが現れないのでよくわからないけどこれいつから保健師さんの言葉になったの

    トピ主さん一言も書いてないよね(私が横からでなんですが)

    児童センターの職員=公務員でもないし

    外部委託かも知れなし、ましては子育て終わった時給の有資格者(保育士、教員)のパートかもしれないよね
    だからなおさら気にすることないと思うんだけど

    ユーザーID:2908800936

  • いやいや

    その保健師はハズレ。
    でも、そのセンターの職員の方がそうとは限りません。
    保健師さんは遊び場の面倒見てるんじゃないんでしょ?
    その講演会は偶々あったんじゃないんですか?
    一回の事だけで「行きたくなくなった」は早計ですよ。
    保健師さんって当たりハズレがホントに大きいですしね。

    ウチは障害がある子がいて、
    一歳半検診やら三歳児検診も入れたらかなりの保健師さんとお話ししてますが、
    一人だけ「ハズレ」な蔑視バリバリの方がいらっしゃいました。
    他の方は「お話しできてよかった」という方ばかり。

    福祉窓口も人によって実に当たり外れが大きい。
    申請関係で嘘ばっかり教えられて振り回されてたら、先輩障害児母さんに
    「あー○○さんにやられたんじゃない?
    あのさ、×曜日の夕方に行ってもう一度一から話をしてみ」とアドバイスされ、
    その通りにしたら別の方が対応して下さり、あれまー全てがサクサクと進み…とか。

    公の職員さんについては
    「たまたまハズレに当たっても、皆がハズレとは限らない」というのが基本。
    折角遊び場があるんだから、もうちょっと行って様子を見てみたら?

    ユーザーID:0208581026

  • ダメダメな保健士だなぁ

    そんなの個人差によりますし 子供の個体の性格にもよるじゃないですか。それに事情なんて個別で違ってきますし 同じ状況に置かれても 平気なこと不安がる子 両パターンいます。
    挙句不登校って… 親だけが原因で起きますか?
    クラスメイトからの必要ないじめだったり 部活動での人間関係だったり 色々学校にも要因があるのに それまで親のせい それも働いてるから?


    いじめだって 親が専業主婦なら起きないの?
    うちの子をいじめてたのは 専業主婦のお母さんを持つ子でしたけど?
    いじめられてた子の親の私は 自営なので家で面倒見てましたが?

    何でもかんでもそういうくくりって辞めたほうがいい
    時代遅れです
    その保健士のおばちゃん クレーム出してもいいですよ

    家庭に事情ありの場合の不登校については 何とも言い難いですが ずっと家にいて監視するような親だったら 適度に距離を置いた方がうまくいくことだってあると思うんですけどね。

    子育てって小さい時だけじゃないです むしろ大きくなってからのほうが大変です

    ユーザーID:4465171506

  • ママの影響って大きい

    母親が働くイコール不登校では決してないけども、原因のひとつにはなるのかも。
    小町ではワーキングマザーがやたら推奨されがちですが、幼い子供にとって
    家族と過ごす時間は短いより長い方がそりゃいいでしょ。

    私も働くママなんで、つい「その分人一倍愛情かけてるから」とか言い訳してますが、
    子供と触れ合う時間が足りないのは日々実感してるんです。

    なのでトピ主さんが遭遇した保健師さんを真っ向から否定したいけど、出来ません。
    働いてたけどウチは大丈夫だった等のレスも、そのお子さんが一生、絶対に
    精神的トラブルとは無縁か分からないし。不登校にはならなかったとしてもね。
    どちらにしても結果論なんですがね。

    ユーザーID:2165465838

  • その保険師が講師として不適。行政にも報告しましょう

    不登校にもいろいろあるからねぇ。
    元同僚(男性)の娘さんは小5で不登校になりましたが、原因は学級崩壊。
    母親はフルタイム勤務だったのですが、父親がフリーの仕事をしていたので在宅勤務に切り替え「学校は行かなくても良いけれど勉強はしなさい」と家で勉強させました。
    中学からは私立の女子校に進学し元気一杯。大学まで卒業して現在社会人です。

    私ならその児童センターに「センターとしての方針なのか、一保健師の個人的意見なのか」確認します。

    トピ主様はやりがいがあって楽しく仕事をしているので大変良いことですが、世の中にはやりがいも楽しみもないけれど生活の為に歯を食いしばって働いている母親だっています。

    児童センターも保育園も基本的には「働かなければならない」「病気で子供の面倒がみられない」両親を助ける為のものですので、働くしか選択肢が無い人たちに「母親が働いていると子供が不登校になる」「3才までは母親が育児すべき」
    と言う考えの保健師さんは講師として不適格ですね。

    ユーザーID:7921857645

  • 気にしない

    私は仕事を持たない母親専業ですが、仕事をしているいないで愛情が変わるだなんて馬鹿くさいと思います。

    その保健師さんは、実体験が強烈だったあまりにか考え方が極端に走っているように思えます。プロの仕事としてはどうなのでしょう・・・?

    今幼稚園に通わせていますが、仕事を持つママさんたち、生き生きして輝いてるなと思うことはよくあります。
    水面下ではいっぱいあがいて努力されてるんでしょうけれど。

    ユーザーID:1373407731

  • 続き

    私の母も「専業主婦こそ母の鏡」と思いこんでる人でした。でも 正直家の家計が火の車なのにそれでも「専業主婦」を決め込んでる人でしたので 私は色々諦めることがありましたよ。

    そして 私自身働くママ友が多いですが みんな色々工夫して頑張ってますよ!長期休暇中の昼休み、自転車で家に様子を見に帰るママ。自分のお昼はほとんど食べれないとか。。。自由な時間なんてなくて 仕事から帰れば家事育児 朝起きてそれの繰り返し。でもみんな素直に親を尊敬する子に育っています。

    トピ主さん 言いたいやつには言わせておけばいいんです
    専業だろうが兼業だろうが 子供と心がつながっていればいいのですから。
    ただ 子供が「寂しい」と言った時は 大変でしょうが心を配ってあげて下さい。こどもは「親はこんなに自分のことを思ってくれてるんだ」ってわかれば絶対に安定すると思うのです。

    不登校の原因なんて色々です。大したきっかけじゃないと思われるような事でも子供の心には辛いことだってあるのですから。

    そして あんまり先のことを心配してもどうにもなりません。
    子育ては当分続きますよ〜 お互い頑張りましょう

    ユーザーID:4465171506

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧