日本の夫の小遣いは世界最低

レス166
(トピ主0
お気に入り122

恋愛・結婚・離婚

高1

妻が家計を握っている世帯率世界第一位

先日のあるテレビ番組でのお話です



日本の夫はあまりに哀れではないですか

どうしてこうなってしまったのですか

今後の日本は現状のままいくのでしょうか

ユーザーID:3395692409

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数166

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 夫が家計をやれば?

    結婚して当たり前のように奥さんに丸投げしないで、自分で管理すればいいんですよ。管理能力があるのなら。
    自分勝手なことをせず、子供の将来も考え、仕事があるからと言って家庭を顧みないようなことをしなければできるでしょう。共働きも増えたしそういう家庭も増えているんじゃないですか?

    うちは夫が「あればあっただけ使っちゃうから」と家計を私に任せています。私が「握っている」わけではありません。夫は限度額200万以上のカードと、なくなったら私に「ちょうだい」といえばいくらでももらえる小遣いを持っています。私は夫の口座から毎月生活費として10万頂いているだけです。
    毎月夫に給与振込口座の残高を報告して、「この中でいくらか定期にしてみては?」などとお勧めしたりします。定期の総額までは覚えてないでしょうけどね。

    もらっただけ、言われただけお金は使えて、そのほかお金の心配ややりくりをしなくていい状況に甘えているのは夫たちです。
    自分でやりゃあいいんです。是非お願いしたい。

    ユーザーID:1371352079

  • 日本人の生活に合っていない民主主義、男女平等社会

    >日本の夫の小遣いは世界最低

    これはこのまま行くでしょうね。

    >妻が家計を握っている世帯率世界第一位

    これは今後変わって行くと思います。

    >どうしてこうなってしまったのですか

    そもそも日本国憲法にあるような民主主義や男女平等社会など、日本人には使いこなせるハズもないのに、中途半端にそれらを扱っているから歪んだ社会となりました。

    ユーザーID:7175746416

  • 哀れではなく

    自業自得です。お金の管理の勉強を放棄したツケです。
    たとえば、雇用されている男性に以下の超基本的な質問をしてみてください。
    「昨年払った所得税はいくらですか?」
    「日本の法人税は何%ですか?」

    この状況を変えるための最良策は、全国民へ年度末の確定申告を義務付けることです。

    ユーザーID:6606239333

  • トピ主さんはうちの子供と同学年ですね

    日本は「妻が家計を握っている世帯率」世界第一位ですが「女性の家事集中度」も世界第一位です。

    また、妻の収入が増えるに従って、夫の家事育児への影響度も増えてくるそうです。
    家事育児は妻まかせではなくて、夫も家事育児を負担する以上、当然といえば当然ですが。

    共働きは増えてきています。

    妻の家事集中度も少しずつではありますが減りつつあります。
    夫の家事育児への影響度も増えつつあります。

    トピ主さんは高校1年生なのですから、トピ主さんが社会へ出て結婚を考える頃には今よりもっとこの傾向が進んでいるに違いないと思います。

    父親が育児休暇を取るのが当たり前の社会、参観に父親が半分いる社会、女性でも夫と子供を残しての出張や単身赴任が当たり前の社会が来ていると思います。

    我が子の学校でも、お父さんが平日の参観や三者懇談にいらっしゃる姿がチラホラ見かけられるようになりました。
    それでも、割合にしたらクラスに1人、2人程度ですけどね。

    トピ主さんの学校ではどうですか?

    ユーザーID:3414673222

  • じゃあなぜ

    いっぽうで、世界中の男性が嫁にしたい女性第一位は、ずーーーっと日本人女性です。

    留学していましたが、日本人女性は世界中の男性と結婚していきますが、
    日本人男性は留学していて、海外にいても、日本人女性としか結婚したくないという人が非常に多いです。

    日本人男性も、世界の男性も一番よめにしたい日本人女性。

    思いやりがあって、家庭的で、男性に協力するよき妻となるからでしょ?

    世界一の奥さんもらうんだから、すこしくらい小遣い少なくてもいいんじゃない?

    それとも大目の小遣いもらって、他国人女性と結婚したいタイプですか?

    ユーザーID:5938390252

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • 貴方の物は私の物

    だからじゃないですか?

    安月給を奥さんに握られ、自分で稼いでも自由に使えない。
    まぁ、仕事に対するモチベーションも下がりますね。

    ユーザーID:3221964357

  • 女性も色々我慢してることあるとおもうけど・・・

    今の20代は男女の収入差はなくなってきてますよね。
    もちろん昔も今のトップクラスは男であることは変わりないけど一般庶民の話で言えば・・・
    結婚したら苗字は当たり前のように男性の姓になり、もちろん共働き、子どもは平均2人以上産んでいる。
    いまだに嫁という立場を強要されている人も多くいますし家事育児の男性の参加はお手伝い程度。
    これで妻のお小遣いが夫の倍以上なら文句ないかもしれませんが、出産を期に派遣やパート、出世コースから外され経済的立場が弱くなると収入の割合で何もかもこなしている妻の小遣いが夫より少ないなんて家庭のほうが多いでしょう。

    数千万も稼いで妻は専業、なのにお小遣いは月5万とかならおかしいけど平均収入程度で普通の家庭なら当然だとおもいますけど。

    ユーザーID:9868387805

  • 収入は決まっていますが、支出は決まっていません

    >どうしてこうなってしまったのですか

    収入については、ある程度決まっていて、そのまま仕事していたら入ってきます。なので、それは一任しても問題はない。
    支出については、どういった政経家計を建てるかによって大きく異なってくるため、それの制御も一仕事です。
    しかし、食事の材料費光熱費などの管理を丸投げにしているわけですから、収入についても管理されるというのは、当たり前です。

    >日本の夫の小遣いは世界最低

    えーとですね、旦那の小遣いが月額1万だとしても、世帯収入が1万を切る国は結構あります。
    そういった国では、どんなに多くても1万を越える小遣いはありませんよね。
    世界最低というのは、簡単な計算から間違いだということが分かります。
    逆に、そういった程度の計算もできないあなたに、家計なんか任せられないと奥様が判断するのは当然でしょうし、わたしもそれに同意します。

    ユーザーID:6154296197

  • どうでもいい

    今後の日本が現状のままいくのかどうかはどうでもいいでしょう。
    結局はそれぞれの家庭次第ですよ。

    小遣い制がイヤなら、男性が人生設計をして、全ての収入と支出を管理し、計画的に金銭管理・生活管理を行えばいいことです。
    子供の教育費、自身の老後費、日々の生活費。大事なのはこの三つだけで、あとは蛇足(贅沢)です。
    家も車も家族的な趣味も夫婦で話し合いながら支出を決める、残ったお金がそれぞれの自由に使えるお金です。
    男性にそれが出来ないから小遣い制なのではないですか?

    うちはお金の管理は夫側が全面的にしています。
    子供のための貯蓄、老後のお金、家のローン、新車購入のための積み立て。
    これらを行っていると、結局夫に残る自由になるお金なんてのは月数万円もあれば良い方です。
    不満があるなら稼ぐ!
    これが私(夫)が考える日常です。

    ユーザーID:0234613555

  • 私もTV見ましたが

    妻のお小遣いも世界最低なのでは?と思いました。

    不景気でお給料は少ないし、
    家賃orローンは高いし、
    教育費は高いし、
    生活費は高いし、
    光熱費は高いし、
    老後は心配だし…と考えると削れる箇所はやはりお互いの小遣い。

    今が楽しければ良い、という国民性ではないのでネ。

    ユーザーID:1739623365

  • そのテレビを観ていないので詳細をお聞きしたい

    個人的には夫の職業費を「小遣い」と呼ぶ事にかなり抵抗がありますが、ここではトピに合わせます。

    我が夫の小遣いは生活費より多額です。
    手取りが50万円だとして、ローン返済15万円・生活費15万円・夫の小遣い20万円という比率です。

    夫も私も40代ですので、若い方々が立てるトピで時々見かける3万とか5万とかいうお小遣い額には本当に驚かされます。
    けれども今の低収入の時代ではそれも致し方ない事なのだろうと想像しています。

    低い収入に合わせて生活を送ればよいとは言っても限界があります。
    我々の時代に比べると収入が2分の1くらいかと思いますが、生活費を半分に抑え、家賃半額のアパートを選んでも、
    やはり小遣いも半分にせざるを得ないのだろうと思います。

    >妻が家計を握っている世帯率世界第一位

    家計を妻が握ること、世の男性はそれはそれは不満だろうと思います。
    私は専業主婦の経験しかなく自分の稼ぎを家族に握られる経験がありませんが、それは容易に想像がつきます。

    ただ、握らせてもらっている立場から言いますと、哀れとは全く思わないです。
    立派な立場です。

    ユーザーID:4548964639

  • 負の連鎖だから

    「おこづかい」ってネーミングが日本の夫婦の立場を明確に表してますよね。

    結婚前はお母さんに保護され、結婚すれば奥さんに保護され…。

    他の先進国は男性の家庭生活がもっと自立していて、女性の負担が少ないのではないでしょうか。

    仕事量、家事量が同等であれば女性の仕事は当然一生ものになりますから、家計管理も同等に、もしくはそれぞれの管理になる可能性もあるかもしれません。


    日本の兼業主婦は「体がもたなくなってしまったら結局家事育児を優先させなくては」というけっこうなプレッシャーを抱えているように感じます。


    いつの日か自立するのか日本男児…。

    ユーザーID:1849229250

  • 仮説ですが

    日本型の雇用慣行である「年功序列」「終身雇用」が、「妻が財布の紐を握る」状況を作ったと考えています。

    スキルや成果による給与変動が少ないため、収入の方はあまり考えても仕方がない(工夫の余地がない)一方で、マイホーム資金を貯める方法が「節約」しかないが、家にいて消費を担当しているのは妻だからです。

    この日本型雇用慣行は崩れてきていますが、「お小遣い制」は今のところ顕在です・・・が、徐々に廃れるでしょう。成果主義で収入が成果連動型になると、「お小遣い」では稼ぎ手本人の意欲向上につながらないので、結局「稼ぐ」事に支障を来すようになります。また、逆に「オレが稼いでいる」という自覚につながるので、「お小遣い」では不満に思うようにもなるでしょう。

    また、成果主義でキャリア形成も重要になってくると、自己投資も必要です。そのビジネスでどんなスキルが必要か、は本人はよく知っていますが、奥さんがよく知っているとは限りません。奥さんが采配をふるうと適切な投資が行えないので、その点でも不満が出ます。

    従って、徐々に廃れると思います。

    ユーザーID:2955520792

  • とは言え

    妻はそれ以上に我慢してる家庭が多いと思うので、しかたないのでは?

    ユーザーID:8318650546

  • 会社の設備が充実しているからじゃないですか?

    夫の会社は、コーヒーは無料だし、社食は170円で定食が食べられます。
    社内に診療所もあるし、ジムもある。

    お小遣いなんて雑誌を買う程度にしか使わないです。

    日本の企業ってけっこう至れり尽くせりですよね。
    だからじゃないですか?

    ユーザーID:3812292797

  • いいことではないですか?

    日本のことをよく知らない欧米人は、日本女性が差別されているとかよく言いますが、実は日本が先進国の中では一番女性差別がないという証ではないでしょうか。いいことですし、もっと世界に知ってもらいたいと思います。
    そういえばドイツに出張した際、女性の敬称が若い子まで既婚のフラウなので、ご主人のことを聞いたら未婚との答え。どうしてフラウなのかと聞いたら、未婚・既婚を区別するのは女性だけでありこれは差別だからとか。日本はどう呼ぶのかと聞かれ、男も女も未婚も既婚も全部「〜さん」だと答えたら、日本は女性差別がないのねと感心されました。女性差別というのはその国々で形は違いますが、日本だって捨てたものではないでしょう。

    ユーザーID:5739662152

  • だって。。。

    だって、日本では女性が家計を握るという伝統があるんですよ!
    だから「お母さん」のことを「おふくろ」って言うんです。 おふくろって、お金を入れる財布のこと。 (室町時代くらいから使われている言葉だったと記憶してます。)
     欧米では実は女性は家計を管理する能力のない存在だと見なされてるんです。欧米に住んでて実感しました。(だから女性解放運動なんてのが起こったんです。)
     
      日本男児は、金勘定は女房にまかせて、外でしっかり仕事・・・ってのが良いとされてたんだと思いますよ。
     山内一豊の妻だって、彼女が家計管理してたから、いざというときに夫に資金を渡すことができたんだし。

     哀れ、なんじゃなく、それが日本の家庭のスタイルなんです。
     女性の家庭管理能力が高く評価されてる国だったんです。(江戸時代の女性の識字率だって世界トップクラスだったらしいですから。)
       ま、最近はそういう能力を発揮する気のない女性も多いようですが。

    ユーザーID:0010801631

  • TVの情報に惑わされんな

    何をして「哀れ」と言ってるんですか?
    妻が家計を握っている世帯率世界第一位で、夫の小遣いは世界最低とTVで言っていたからですか?

    国際結婚でカナダ在住ですが、こっちも似たようなもんです。
    アメリカにも3年住んでましたが、夫が家計を握っている家庭は少なかったです。ちなみにそういう家庭のご主人は世界的に名の知れた企業の役職と、夫婦そろって弁護士という家庭だけでした。
    「やりくり」を口で言うだけでなく、実践出来る男性は少数ですよ。

    自由になる金を存分に欲しいなら、それだけ稼ぐだけの事です。
    あるいは結婚しない。子供も持たない。

    ちなみに自由になる金イコール貯金ではないですよ。
    それとね、TVや雑誌の垂れ流し情報なんぞ鵜呑みにしないほうがいいですよ。

    ユーザーID:1900678799

  • 本当に高1?新聞を読みなさい!

    高1にもなって
    「日本の夫の小遣いは世界最低」などと書いて恥ずかしくないですか?
    「日本の夫はあまりにも哀れではないですか?」と書いて恥ずかしくないですか?

    お家では新聞を購読していないの?
    購読していないなら、自分のお小遣いで新聞を買って読みなさい。


    ・世界の国々の中には1人あたりの年収が2万円とか3万円とかいう国々がありますよ。
    ・1日の生活費が100円という人々が結構いるんですよ。
    ・日本の夫の月々のお小遣いは、○万円はあるでしょ?
    ・この差、分かる?


    1日に生活費が100円あたりの暮らしをしている世界最貧国の夫のお小遣いはいくらぐらいだと思います?  
    そういう国の人々の夫は可哀相じゃないの?


    いろいろ書きたいけど、
    高1にもなったら、テレビのオモシロ系の番組作りの底の浅さを批判する目を持ちなさいよ。

    そしてトピを立てる前にネットで世界の年収をチェックしなさいよ。

    とにかく新聞を読みなさいね。
    新聞を読んでいるなら、中学生でも「日本の夫の小遣いは世界最低」「かわいそう」なんてトピは立てないと思う。

    ユーザーID:7962850400

  • 疑問

    タイトルでは世界一なのは「夫の小遣い額の低さ」、本文では「妻が家計を握っている率」になってますが、両者全然意味が違いますが、どっちですか?
    両方世界一なの?

    あなた、男性? 
    そんなに家計簿つけたいならやれば?
    銀行振り込みとかも結構手間なんで、どうぞよろしくお願いします。

    ユーザーID:5685708160

  • その代わりに

    家事育児にかける時間も、最低だと思いますよ。

    夫が生活面でもっと自立できれば、妻も外で働けるようになり、世帯収入がアップするってだけのことです。

    日本人男性が、世界的には駄目駄目だってことの証では。

    ユーザーID:0576307041

  • 哀れでしょうか?

    暮らしている社会が違うのですから、個々の経済状況、やり方も違って当然です。
    順位だけ見て、哀れというのは考えが浅いのではないでしょうか。

    と思います。

    ユーザーID:3017506709

  • ふ〜ん

    その統計、信用できるのでしょうか?
    世界一位って、他国も日本も、全く同じ条件下で調査したのでしょうか?

    テレビって視聴率稼ぎのために、大袈裟に言いますからねえ。
    私は信用しません。

    ちなみに、我が家は夫婦共に小遣い制は取っていません。
    二人とも浪費しないし、欲しいものがあれば、家計費から出しています。
    日々の細かい出費の管理は妻である私ですが、貯蓄や投資、不動産など大きなお金の管理はすべて夫です。

    ユーザーID:6617408869

  • 儒教や朱子学の影響でしょうか

    お金を不浄な物として、武士たるものは金など触らぬなんて言ってた悪癖でしょうか?
    不浄な金は女である「妻」に管理させる、まさに男性優位の思考ですね。

    グローバル化と共に、欧米の主流である、所得者自身が管理する方向に移ると思いますよ。小遣い制は過去の因習、男女差別の形骸として廃れるでしょう。

    ユーザーID:3711255075

  • 外国とは背景が違う

    まず先進諸外国では、日本よりも共働きを維持し易い環境が整っています。
    日本での一番のネックは女性の出産で、これを機に退職する人が、数年前の数字で7割程だということです。
    そして再就職が厳しいため、正規雇用+正規雇用の家庭よりも、それ以外(正規+非正規/無職、非正規+非正規)が上回る形になります。
    収入面で、夫婦が各々独立して生計を立てられる外国勢に対し、日本は夫婦が共同体として支えなくては行けない背景の違いがあるということです。

    ユーザーID:6811486759

  • 外国とは背景が違う2

    それから、支出面での一番のネックは教育費です。
    先進諸外国の中には、大学の学費無料など、日本よりも教育費が安価な国々がありますので、日本の家庭ほど、教育費のために他の支出を抑えなくてもいい環境にある訳です。
    日本は、一人の子供を育てるのにつき数千万円を用意しなくてはいけないのですから、その分、支出を抑える必要があり、また、今後は老後の費用も各家庭で賄わなくてはいけないのですから、その為の節約の一環として、夫のお小遣いを減額せざるを得ないのだと思います。
    要は、まともに生きていく為にかかる費用が、日本は高すぎることから来るものだという結論です。

    ユーザーID:6811486759

  • 小遣いって必要ですか?

     夫婦共働き夫30代半ば。夫婦の財布は別です。
     夫婦とも収入全部小遣いですが、大して使いません。毎年5万円も使わないんじゃないかな(たまーに友達と飲みに行くくらい)。
     欲しいものは特に無いし、金のかかる趣味もありません。
     充分幸せです。

    ユーザーID:3008459580

  • 世界最低の根拠は?

    GDPが世界最下位の国は入ってる?
    レートはドル建て?
    物価はどう反映されてる?
    などなど,テレビのセンセーショナリズムに惑わされずに,客観的に物事を見られる目を養って下さい。

    ユーザーID:0467353353

  • 金の管理ぐらい自分ですればよいだけの話

    任せる理由がありません。

    ユーザーID:8116956923

  • 君のお父さんは君を育てる為に頑張ってる。それが哀れな事かい?

    全国の夫を心配してくれて有難う。
    ところで、あなたは人を好きになった事がありますか?

    私は妻と家族を心から愛しています。
    私にとっての幸せは、

    ・好きな仕事ができる
    ・その結果、家族を養うに十分な収入がある
    ・それで家族が幸せに暮らせる

    ただ、それだけです。
    単純でしょう?

    もちろん自分の趣味も楽しんでいます(多趣味です)
    しかしどの趣味より、家族の幸せが何より最優先です。


    >日本の夫の小遣いは世界最低
    >妻が家計を握っている世帯率世界第一位

    あなたが大切なのは、自分のお金だけみたいですね…
    私は、あなたが言う2項目なんて二の次だと思います。

    もし、あなたが、自分の所得が何よりも大切で
    「小遣いは嫌だ、妻に家計を任せたくない」と思うなら
    あなたは一生結婚せず、自分一人で自由に生きていけばいい。


    >今後の日本は現状のままいくのでしょうか

    将来、あなたみないな考えの大人ばかりになったら
    本当に明るい未来になるのでしょうか?

    あなたもいつか、人を好きになって、その人を信じて、
    その人と家庭を築き、自分のこと以上に家族が大切だと思える
    そんな時が来る事を願うばかりです。

    ユーザーID:0919481417

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧